1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 00:55:27.934 ID:p56lireoM.net

ガヴリール「おいおいおいおい」

ヴィーネ「死んじゃうわよサターニャ」

サターニャ「グピグピグピグピ」

ラフィエル「サターニャさんっ炭酸抜きコーラですか!?」

ヴィーネ・ガヴリール「?」

ラフィエル「たいしたものですっ!」

ラフィエル「炭酸を抜いたコーラはエネルギーの効率が極めて高いらしくレース直前に愛飲するマラソンランナーもいるらしいです!」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 00:58:59.018 ID:p56lireoM.net

ヴィーネ「なんでもいいけど……」

ガヴリール「昼飯がそれって……」

ラフィエル「それに特大タッパのおじやとバナナ!」

ラフィエル「これも即効性のエネルギー食です!それに梅干しも添えていてバランスもいい!」

ラフィエル「それにしても授業直前にあれだけ補給できるのは悪魔的な消化力というほかないです」

サターニャ「よしっ……と」

キーンコーンカーンコーン



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:00:10.406 ID:p56lireoM.net

体育の時間

サターニャ「わーはっはっはっどうよガヴリール私の俊足は!!」

ガヴリール「うぜぇなあいつ」

ラフィエル(サターニャさんは今日も元気ですねぇ……しかしお昼ご飯のがっつきようサターニャさんは欠食ぎみなのかもしれません)

ラフィエル(ここは天使としてサターニャさんをサポートしなくては!!)

ラフィエル「サターニャさん!これを飲んでください!!」

サターニャ「何これ?」

ラフィエル「水10リットルです!!!」

ヴィーネ(それサターニャが廊下に立たされてた時にもってたバケツ!!)



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:01:32.856 ID:p56lireoM.net

ガヴリール「ラフィさ、ほんっと優しいのな」

カァァァァァ
ラフィエル「飲むんですっ!」

サターニャ「えっちょっとこれはさすがに無理……」

ガヴリール「強くなりたければ喰らえ!」

サターニャ「!!?」

サターニャ「……わかったわ!このままじゃ飲みにくいから果糖を加えるわ」

14キロの砂糖水!!!!



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:03:08.580 ID:p56lireoM.net

ラフィエル(サターニャさんのため私は食事を作ってあげるようになりました)

ラフィエル「焼き魚にたっぷりの大根おろし。キュウリの浅漬けメカブに……ご飯と味噌汁……ど真ん中にステーキですっ!」

サターニャ「たっ食べていいの!?」

ラフィエル「どうぞっ♪」

サターニャ「いっただっきまーす」ハチミツジュブブ

ラフィエル「!?」

ラフィエル(上等の料理に蜂蜜をぶちまけた!!?)

ラフィエル「たいしたものですね……」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:05:06.368 ID:p56lireoM.net

ラフィエル「ご機嫌な朝食ができました!サターニャさーん起きてくださーい」

サターニャ「んん~眠いわ」

ラフィエル「ほら学校行く時間ですよ早く食べてください」

サターニャ「う~ん」ハチミツジュブブ

ラフィエル「!!!???」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:06:34.909 ID:p56lireoM.net

ラフィエル(サターニャさんは甘党だったのでしょうか……)

ラフィエル(メロンパンがお好きなのは知っていましたが……)

ラフィエル(そういえば実家が洋菓子店と言っていましたね……それなら不思議では……ないですね)



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:08:04.258 ID:p56lireoM.net

喫茶店

サターニャ「ガヴリール!!!邪魔しにきたわよ!」

ヴィーネ「ガヴちゃんと働いてる?あマスターいつものください」

サターニャ「じゃあ私はオレンジジュースとケーキ!!最近よく喉渇くのよ」

ラフィエル「私はカフェオレでお願いします」

ガヴリール「ん、だってマスター」

マスター「中継点の天真くんが機能していないよ……」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:09:15.979 ID:p56lireoM.net

サターニャ「ヴィネットはコーヒーに砂糖入れないの?」

ヴィーネ「ここのコーヒーは美味しいからそのままでも十分よ」

サターニャ「じゃあその砂糖私が貰うわね!」ドボボボ

ラフィエル(オレンジジュースに角砂糖!?それにケーキも添えて……あのバランスのいいケーキセットが……)

ラフィエル「たっ……たいしたものですね……」



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:11:08.804 ID:p56lireoM.net

マスター「そうだ、君たち飴があるんだけどいるかい?」

ヴィーネ「いいんですか?ありがとうございます」

サターニャ「安物のキャンディーね」モゴモゴ

サターニャ「オレンジジュースとよく合うわ」グビグビグビ

ラフィエル(ざわざわ……ざわざわ)

サターニャ「マスター!オレンジジュースお代わり!角砂糖10個付けて!」

ラフィエル「サターニャさん……!」

ラフィエル「それ以上いけない!!」アームロック



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:12:27.926 ID:p56lireoM.net

ヴィーネ「ラフィ!?どうしたの!?」

サターニャ「痛い痛い痛い!!離しなさいよぉ~!」

ガヴリール「なんだなんだ」

ラフィエル「サターニャさん!病院に行きましょう!!」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:14:36.786 ID:p56lireoM.net

医者「馬鹿は保護されている」

ラフィエル「…………」

医者「馬鹿は奇行をしても馬鹿だから仕方ないと見逃されがちです」

ラフィエル(いきなりタブー中のタブーに触れてきましたね)

医者「手遅れなんですよ……もう彼女は糖尿病というほかない」

ラフィエル「…………」

医者「早急な食生活の改善が必要ですアドバイスしますからこれからの食事は私の指示通りのメニューを作ってください」

ラフィエル「…………」



サターニャ「インスリン注射?なにそれ」

ラフィエル「偉大な悪魔になるための薬です!!」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:17:05.876 ID:p56lireoM.net

クリスマス

ラフィエル(私はサターニャさんをケーキから遠ざけました)

ラフィエル(これ以上甘い物を彼女に与えてはいけない)

ラフィエル(彼女の食生活を見逃してきた私の責任は重いです……)

ラフィエル (私はダメな天使です……!!)

サターニャ「モゴモゴモゴモゴ(縄解きなさいよぉ!!)」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:19:01.109 ID:p56lireoM.net

サターニャ「ふっふっふっふっプレミアムメロンパン最後の一個を入手したわ」

サターニャ「最近は甘いもの食べてなかったから楽しみだわ~一体どれほどおいしいのかしら」

犬「ワンッ!!」メロンパンウバイッ

サターニャ「ああっ!犬っ!待ちなさい!ああ……メロンパンが……」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:20:03.836 ID:p56lireoM.net

物陰

ラフィエル「あなたは知っていたのですね……サターニャさんの身体のこと」

犬「クゥゥーン……」

ラフィエル「協力してください」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:21:02.290 ID:p56lireoM.net

数日後

犬「クゥゥーン!!!」

サターニャ「あれは、犬?なんで檻になんかに入れられて……どこに運ばれるの……?」

ラフィエル「そうですねあのままだと保健所に運ばれて……」



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:22:55.263 ID:p56lireoM.net

サターニャ「はーはっはっは!ペット禁止だったけどなぜか犬を飼うことができたわ!」

犬「ワン!」

ヴィーネ「よかったわね!サターニャ」

ガヴリール「(おいこれでよかったんだよな)」

ラフィエル「(はいありがとうございます)」

ガヴリール「(事情は知らないがラフィの頼みだ……それにサターニャのためなんだろ?)」

ラフィエル「(はい……いずれお話しできるときがくると思います)」



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:24:20.862 ID:p56lireoM.net

サターニャ「犬を飼ってからメロンパン取られっぱなしだわ」

ラフィエル「ふふ災難ですねサターニャさん」

ラフィエル(お医者さんは病気を説明していましたがサターニャさんには理解できなかったようです……しかしそれでいいのかもしれません)

ラフィエル(そうです……私が守護らなくては!!)



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:26:05.841 ID:p56lireoM.net

先生「それでは補習を始める」

ラフィエル(最近はストレスでよく眠れず勉強もできませんでした……不覚です)

サターニャ「さっさと終わらせるわよ!おっと」

ラフィエル「サターニャさんペン落とされましたよ」

サターニャ「手が痺れちゃってさあははははは」

ラフィエル「…………」



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:27:19.986 ID:p56lireoM.net

サターニャ「黒板の字が見えないわ」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:28:02.020 ID:p56lireoM.net

サターニャ「トイレトイレ」



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:29:31.938 ID:p56lireoM.net

ラフィエル「夕ご飯ができましたよサターニャさん」

サターニャ「んーまたメカブ?好きねあんた」

ラフィエル「健康にいいですからね」

サターニャ「ふぅーん毒も栄養も食らう心構えが食には必要だと思うけど……うーん箸が持ちにくいわ」ポロっ

ラフィエル「…………」

ラフィエル(まずいです……泣きそうです……)

サターニャ「ん?この味噌汁なんかしょっぱくない?」

ラフィエル「え?」



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:31:11.805 ID:p56lireoM.net

ラフィエル「いまなんと?」ギロッ

サターニャ「え?いやだから味噌汁がしょっぱいって」

ラフィエル「そんなわけありません!!!」

ラフィエル「私はサターニャさんの健康を気遣って!塩分にも気をつけて作っているんです!しょっぱいわけがありません!!!」

サターニャ「そっそんなこというなら飲んでみなさいよ」

ラフィエル「…………」ズズズッ

ラフィエル「……表に出てください」



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:33:51.879 ID:p56lireoM.net

ラフィエル(足がふらつく……ふふ私もそろそろ限界のようです)

ラフィエル(私たちは保険証がないので医療費が多くかかってしまいます……)

ラフィエル(夜勤のアルバイトをしてお金を稼いでいましたが先日から身体の具合が悪く……)

ラフィエル(お医者さんに行ったら入院が必要だそうですが……サターニャさんを一人にさせてはいけませんし)

ラフィエル(もう終わりなのかもしれません)

ラフィエル「……サターニャさん喧嘩を、しましょう」

サターニャ「ええ!?どうしたのよ急に!?そんなに怒ってたの?」

ラフィエル「本気の殴り合いです!どちらかが死ぬまでやりあいましょう!」

ラフィエル(もう終わりにしましょう……?サターニャさん)



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:34:45.953 ID:p56lireoM.net

サターニャ(ラフィエルは突然殴りかかってきた)

サターニャ(ガヴリールのような軽い拳じゃない)

サターニャ(思いのこもった重い拳)

サターニャ(私にはなにがなんだかわからないけど応えてやらなければいけないとわかった)

サターニャ(私は彼女を殴り返した人を殴ったのは初めてだ)

サターニャ(殺られる前に殺る……っていうか!ラフィエルがマジ殴りすぎて本気でやらなきゃ殺されちゃう!)



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:36:10.387 ID:p56lireoM.net

ざわざわ

野次馬A「みろよ二人ともフラフラだ警察に電話したのか」

野次馬B「それがどういうわけか携帯が繋がらねぇんだまるで不思議な力で妨害されているみたいだ」

ガヴリール「ん?なんの騒ぎだ?」

ヴィーネ「喧嘩みたいね関わらない方がいいと思うわ行きましょガヴ」

ガヴリール「おい待てヴィーネあれっ」

ヴィーネ「………!?ラフィとサターニャ!?どうして!?」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:37:04.264 ID:p56lireoM.net

地上最弱の夫婦喧嘩

後にこの事件は周辺地域でこう呼ばれるようになった

病弱な女子高生二人が涙に汗、尿まで垂流しながら殴り合うその様は

まるで天使のようだったという



45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:38:27.299 ID:p56lireoM.net

観客に降り注いだその汗や涙を不潔と感じるものはいなかった

その美しい情景に合わせるならばそれらは聖水と表現できるだろう

飛び散る液体のうち尿が一人の少女の口に入り込む

ガヴリール「甘い………」

その瞬間少女はすべてを理解した



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:39:31.303 ID:p56lireoM.net

永遠に続くかと思えた時間が

終焉を迎える

ラフィエルが両手を掲げゆっくりとサターニャに近づく

サターニャは膝をつき呆然と彼女の歩みを見つめる

ラフィエルがサターニャを抱きしめる

ミシミシミシミシ

嫌な音が周辺に響き渡る



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:40:50.874 ID:p56lireoM.net

血を吐き倒れこむサターニャ

それを見下げるラフィエル

駆け寄ろうとするヴィーネをガヴリールが止める

ラフィエルは座り込むとサターニャを今度は優しく抱きしめ目を瞑った



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:42:33.065 ID:p56lireoM.net

一ヶ月後

ヴィーネ「退院おめでとうサターニャ、ラフィエル」

ガヴリール「まったく心配かけさせやがって」

ラフィエル「すいません……私どうかしてました……それとあの味噌汁はやはり少ししょっぱかったです」

サターニャ「まっまあ?大悪魔である私のことを思ってのことだったんだから今回だけは許してあげるわ!」

ラフィエル「サターニャさん……!」ウルウル



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:44:27.041 ID:p56lireoM.net

ヴィーネ「水を差すようで悪いけど結局糖尿病は治らないのよね」

ガヴリール「それについては私に考えがあるぞオイッ二人とも昼飯は学食でうどん奢ってやるついてこい」

ラフィエル・サターニャ「……?」



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:45:51.330 ID:p56lireoM.net

サターニャ「久しぶりの学食ね」

ラフィエル「美味しそうですね」

ガヴリール「おいサターニャ覚えてるか?七味唐辛子かけると美味くなること」

サターニャ「あーそうだったわね!7回かけるから七味唐辛子なんでしょ!」

ガヴリール「いや違うね病人はその三倍21回振りかけていいんだ」

ヴィーネ「ちょっとガヴ!」

ラフィエル「ガヴちゃんさすがにそれは……」

サターニャ「わかったわ!」



54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:47:11.899 ID:p56lireoM.net

パッパッパッ

ヴィーネ「うわぁ真っ赤じゃない」

ラフィエル「サターニャさん無理しなくていいんですよ」

サターニャ「美味しそ~!いっただっきまーす!」ズルルル

サターニャ「んん!?ん!んん!?」

ラフィエル「!!?サターニャさんの身体が赤く光っています!」

ヴィーネ「まさか!?これは……」

ニヤリ
ガヴリール「毒が……」




「「「「「裏返った!!!!」」」」

終わり



56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:50:10.073 ID:p56lireoM.net

犬(スゴイね♡人体)



58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 01:52:08.737 ID:b9W8cBCj0.net

なんだこれwww


元スレ
ラフィエル「ほう炭酸抜きコーラですか」サターニャ「よしっと……」