1: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 23:35:24.68 ID:sv4h4viJ.net

「え? 急にどうしたのよっちゃん」

「リリーがなんだか疲れてるように見えるからよ」

「そうなの? 言われてみれば、最近ピアノの練習をずっとしてたからそのせいかなあ」

「ふふ、この堕天使ヨハネの魔眼はごまかせないわ。さ、やるわよ」

「わわ、、あ、気持ちいい」

「でしょう?リトルデーモンの体調管理もヨハネの使命だからね」



4: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 23:47:49.53 ID:sv4h4viJ.net

「そうなんだ~。あ~気持ちいい~、、リトルデーモンでよかったって初めて思ったかもw」

「なによそれ、今までは嫌だったの?」

「嫌じゃないよ~。 ただリトルデーモンになっても何かあったわけじゃなかったからさ?」

「それはリリーの魔力がまだ弱かったからよ。これからは過酷な任務も与えるわ」

「こわい~w」

「いまさら泣き言は聞かないわよ?」

「ええ~? じゃ~もっと気持ちよくしてくれたら、リリーも頑張ります~」

「まったく、、使い魔のくせに図々しいわね」



7: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 23:54:39.99 ID:sv4h4viJ.net

「ご、ごめんね?」

「・・・・・・」

「よ、よっちゃん、、?」

「体、動かさないでいいわよ」

「う、うん、、」

「ふふ、リリーってほんとかわいい。そんなこわがりだからついいじめたくなっちゃう」

「えっ?、、もう!///」

「よしよしかわいいわたしのリトルデーモンさん」

「も~頭は撫でなくていいから///」



9: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 00:01:27.10 ID:HJt/m/5Y.net

「だってかわいくてつい」

「そんなかわいいかわいい言わないで/// だいたいわたし先輩なんだからねっ」

「でもリリーって流されやすいところあるし、、まぁそこがいいんだけど」

「も~、、わたしよっちゃんになめられてるなぁ」

「そんなことない、、けどちょっと胸触られても照れるだけで許しそうよねリリーって」

「えぇっ!? わたしそんな軽そう、、?」

「・・・・・・実際、触られたことある?」



12: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 00:12:24.63 ID:HJt/m/5Y.net

「ないよ!!」

「そう、、」

「当たり前でしょ、、よっちゃんの中のわたしのイメージどんななの、、」

「ごめんリリー。ちょっと気になっただけだから」

「よっちゃんのへんたい」

「・・・・・・ね、わたし触ってもいい?」

「え、どこ?」

「むね」



13: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 00:21:14.94 ID:HJt/m/5Y.net

「・・・・・・ぇえ!? だめだよ!」

「ほんとに?」

「ダメだってば! よっちゃんなに言ってるの!?」

「うそうそ、冗談よ。リリーを試しただけ」

「も~、、よっちゃんのいじわるぅ~」

「ごめんなさい。代わりにもっと気持ち良くしてあげるから。腕貸して?」

「・・・・・・ん」

「当たり前だけど、ピアノって腕にけっこうくるのね」



14: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 00:28:40.03 ID:HJt/m/5Y.net

「うん」

「そっけない態度取っちゃって、意趣返しのつもり? リリーも案外こどもっぽいわよね~」

「む~・・・・・・///」

「どう?気持ちいい?」

「うん。 ありがとうよっちゃん。いじわるしてごめんね」

「・・・・・・リリーの二の腕、ぷにぷにしてる」

「も~!! せっかく謝ったのにぃ!」

「あはは、ごめんごめん」

「もう怒ったわ、リトルデーモンやめちゃう」



16: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 00:38:04.19 ID:HJt/m/5Y.net

「あら、主たるヨハネに逆らうつもり?」

「津島さんはただの後輩よ~」

「ふ~ん、、そんなこと言うんだリリー、、」

「ふ、ふん、、」

「しょうがないから、体に教えてあげるわ」

「きゃっ!? ちょっリリー? なにするつもり?!」

「ほら、素直にうつぶせになって、、いくわよ」

「ひゃ、、」

「ほら、こんな強く揉んだら気持ちいいでしょ?」

「・・・・・・うん///」



19: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 00:45:25.40 ID:HJt/m/5Y.net

「意外とけっこう固いのね、、腰」

「も~だからそういうこと言っちゃだめだってぇ」

「ピアノのせい?」

「わたしの言うこと聞かないのね、、たぶんそうだと思うけど」

「ピアノだけ? 他に変なことしてない?」

「んぅ? 変なことって??」

「いや、いいわ、気にしないで。ね、気持ちいいでしょ?」

「うん、気持ちいいよよっちゃん」



21: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 00:51:11.60 ID:HJt/m/5Y.net

「そろそろ思い出したんじゃない? わたしがリリーの主ってこと」

「えっ? ん、ん~・・・・・・もうちょっとかなぁ♪」

「・・・・・・堕天使ヨハネを騙そうとした罪は重いわよ?」

「え?・・・・・・ひゃっ、あは、あははははは! やめっ、あはっ! だめそこほんとっ!あははは!」

「どう?認める気になった?」

「わ、わかっ、あはは! わかったからやめっ、あはっ、もーほんとっ!」

「このっ、このっ、・・・・・・あっ」

「・・・・・・っ///」



22: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 00:56:15.37 ID:HJt/m/5Y.net

「・・・・・・急に仰向けになったリリーが悪いのよ?」

「ご、ごめん・・・・・・//////」

「うん」

「・・・・・・ね、、ちょっと・・・・・・///」

「うん?」

「うんじゃなくて、、離してよ、、///」



23: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 00:59:26.63 ID:HJt/m/5Y.net

「・・・・・・どこ?」

「どこって・・・・・・///」

「・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・ねぇ、こういうのだめだって・・・・・・///」

「リリーって意外とむねおっきいわよね」

「そんなことないよ、、あぁじゃなくてだめだって・・・・・・」



24: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 01:06:13.28 ID:HJt/m/5Y.net

「それにやわらかいし」

「言わなくていいから・・・・・・/// ね、もうやめよ・・・・・・?」

「・・・・・・リリー」

「う、うん」

「上脱いでくれない?」

「え!? だ、だめだってば!!」

「そう、、わかったわ」

「うん・・・・・・」

「ふわふわ、、」

「だ、だから!/// 触るのやめてって」



25: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 01:12:37.53 ID:HJt/m/5Y.net

「だって触り心地よくて、、」

「よくてもだめだから!/// ねっ、ほらもうやめよ??」

「しかたないわね」

「うん・・・・・・って、なにしてるの///」

「触るのだめみたいだから、揉んでるのよ」

「も~! そういう理屈じゃないってばぁ・・・・・・だぁっ、、だめって!」



26: 名無しで叶える物語(うどん)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 01:18:34.99 ID:HJt/m/5Y.net

「・・・・・・もしかしてリリーって、むね触られると感じるタイプなの?」

「そんなことない!/// ね、リリー、お願いだから・・・・・・」

「・・・・・・リトルデーモンの言うことは聞けないわね」

「もー、、ばかっ、、///」

「リリー。脱いで?」

「いやぁ、、だめって、、」

「もう我慢できないわ。ごめんリリー」

「だめっ、離して!」

「全然力入ってないじゃない・・・・・・わ、やっぱりおっきい」

「あぁぁ・・・・・・/// ほんとにやめよ?お願いだからやめよ?」



36: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 19:57:16.82 ID:skSYZqfO.net

「なんでそんないやがるのよ、本当はきもちいいくせに」

「そんなことないからぁ・・・・・・」

「嘘つくのやめないと、わたしもやめないからね」

「あっ/// んっ・・・・・あ、あっ・・・・・・あんっ///」

「ほら、やっぱりリリー感じてる」

「感じてないぃー・・・・・・感じてないもん・・・・・・」

「ふーん、じゃこれはどう?」

「あっ!? それだめっ、あんっ、そこばっか触るのだめっ、やぁっ///」



37: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 20:01:41.01 ID:skSYZqfO.net

「ねぇ、わたしにもやってよ」

「えぇ!?/// だめだよそんなの・・・・・・///」

「リリーばっかりきもちよくなってずるい」

「だ、だからわたしはきもちよくなんか・・・・・・」

「ねぇお願いリリー、、わたしもう限界なの、、」

「うう、、もう、、よっちゃんずるい、、」

「脱がして?❤」

「・・・・・・もー、、」



39: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 20:08:44.61 ID:skSYZqfO.net

「あはっ、、❤ リリーの手やらしい、、」

「もー!! だから言わないで///」

「はやくぅ」

「う、うん・・・・・・こ、こんな感じでいいの?」

「きもちい、、もっと乱暴にして、、」

「えぇ?!/// わ、わかった、、」

「リリーの触りかた優しすぎるから、じれったくなっちゃう、、❤」

「ご、ごめん、、」

「直接さわって、、?」

「う/// ちょっとまってね、、」



41: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 20:15:54.49 ID:skSYZqfO.net

「上の全部とっちゃったけど、寒くないよっちゃん?」

「ううん、寒くないわ。リリーこそ寒くない?」

「平気だよ・・・・・・あー、なにやってるのかなわたし、、///」

「スカートしか履いてないリリーすごいえっちできれいよ」

「もーばか、、///」

「さっきわたしがしたみたいにして?」

「うん・・・・・・」

「あんっ❤」

「・・・・・・・・・・・・」



42: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 20:22:15.78 ID:skSYZqfO.net

「んっ・・・・・・ふふっ」

「え!? なんかおかしいことしちゃった??」

「ううん、リリーが真剣な顔してわたしのむね触ってるから、ついw」

「え、そんな顔してたわたし?///」

「ピアノひいてるときみたいだったわよ。なんかうれしいな、一生懸命してくれてるのね❤」

「だってよっちゃんにもきもちよくなってほしいから・・・・・・///」

「・・・・・・リリー、かわいすぎっ!」

「んぅっ?/// んんっ、ぷはぁっ・・・・・・だ、だからだめ・・・・・・///」



43: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 20:30:28.11 ID:skSYZqfO.net

「むね触ってるのにキスはだめなの?w」

「むねもだめだよ、、ほんとはだめ、、」

「リリーも強情ねぇ、、なんでだめなのよ」

「こういうことは、もっとちゃんとしなきゃ、、」

「もっとしなきゃ、ね。そうね、オッケーよ」

「え?・・・・・・あっ!?だめぇ!!」

「うわ、すっごい濡れてる、、わたしの指が吸い込まれそう///」

「あぁあっ❤ だめだめだめ! そこはほんとにだめだから!!」

「なんでよ、めちゃくちゃ濡れてるのよ、リリーのここ❤」



44: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 20:39:39.32 ID:skSYZqfO.net

「それでもだめなの!! さわったらだめ!」

「・・・・・・もしかしてリリーって、かなりのマゾ? 無理やりされるのが好きなへんたいさんなんだ?w」

「ち、ちが・・・・・・あぁぁぁっ❤ だめだめだめ、ほんとにだめっ、、」

「わかってるわよリリー、やめないから❤」

「あっ、んんっ、あぁぁっ!❤ 本当にっ、ほんとにほんとだからっ! おねがいっ、、いっかいぬいてくださいっ!❤」

「も~、、しょうがないわね❤ はいっ」

「あぁんっ❤ あぁっ、あっ、あぁぁぁ・・・・・・///」

「わ、リリーの足ガクガクしててえっろ、、///」

「だめぇ、、見ちゃだめぇ、、///」



45: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 20:45:22.24 ID:skSYZqfO.net

「見て、わたしの指すっごいべとべと、、///」

「いいからっ///」

「こんなに濡れてるのになんでいやがるのよ? いくのがこわいとか?」

「違う・・・・・・///」

「じゃあ、なんで?」

「・・・・・・///」

「言わないなら、もっかいしちゃうわよ?」

「だめっ、、う~、、/// と、トイレいかせて・・・・・・」

「・・・・・・え?」

「トイレ・・・・・・も、もれちゃいそうなの、、///」



46: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 20:52:07.02 ID:skSYZqfO.net

「あ~・・・・・・ふふっ、わかったわ。じゃ、行きましょう?」

「う、うん・・・・・・?」

「ほら、こっちよ」

「わっ・・・・・・よ、よっちゃん引っ張らないで。一人でいけるから///」

「だーめ。ここはわたしの家よ? 大切なお客様のリリーに案内してあげるから」

「場所わかってるからっ///」

「いいからいいから・・・・・・ほら、どうぞ使って」

「うん、、あの、よっちゃんは・・・・・・?」

「ん? 見てるわよ」

「えええ!?/// なに言ってるのよっちゃん!///」



47: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 21:02:17.28 ID:skSYZqfO.net

「ほら、もれそうなんでしょ?」

「そうだけど、、/// あ~、、ほんとに、、///」

「手伝ってあげたほうがいい?」

「いいっ/// も~ほんとに、、ほんとにでちゃうから、、ね、、?」

「うん。リリーのえっろい姿、見せて❤」

「ばか、、もういや、、/// あー・・・・・・うー、、///」

「よく見えないから、もっと足広げて?」

「あっ・・・・・・!///」

「わ~、、すごい、、/// いっぱい出てる///」

「あー、、ぁー・・・・・・///」

「なんかひくついてるし、、やっばえっろ///」



59: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/09(金) 21:39:26.49 ID:62jl5sbw.net

「は~、、/// ・・・・・・出しちゃったよぉ、、」

「・・・・・・リリー、ちょっといい?、、ペロ」

「え?・・・・・・ちょっ!!?/// よっちゃんなにやってるの!!」

「なんだろ、すごく美味しい気がする・・・・・・」

「も~めっちゃへんたいだよよっちゃん、、///」

「でも、きもちいいんでしょ?」

「・・・・・・うん///」

「やっと素直になってきたわね❤」



60: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/09(金) 22:23:01.37 ID:62jl5sbw.net

「、、///」

「舐めても舐めてもとまらないんだけど?すごい溢れてきてる❤」

「だってよっちゃんのが気持ち良すぎるから、、んんっ、、っあぁん!❤」

「リリー声おっきいタイプなのね❤ ねぇどうする? うちの親にリリーのえっちな声聞かれてたら❤」

「えっ!?/// よっちゃんの親御さんいらっしゃるの?!」

「・・・・・・嘘に決まってるじゃないw」

「もー!! ひどいよっちゃん、、」

「ごめんごめん、リリーがすごく感じてるのが嬉しくてついいじわるしちゃった」

「恥ずかしい、、///」



66: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 18:17:59.76 ID:mySpRKtG.net

「ね、わたしの部屋いこ?」

「うん、ここはやっぱり恥ずかしい、、///」

「まぁいまさらって感じもするけど」

「恥ずかしいのは恥ずかしいんだよ~、、」

「リリーは恥ずかしいので興奮するへんたいさんだからいいんじゃない?」

「ちがうよ! よっちゃんとこんなことするなんて思ってなかったから、、」

「だからこんな濡らしてるの? やっぱりへんたいなのよリリーは」

「ぁんっ❤ もぉやぁ・・・・・・❤」



67: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 18:26:32.15 ID:mySpRKtG.net

「そこのベッドすわって?」

「うん、座らせてもらうね」

「リリーって、一人でするときは中も入れる派?それともクリだけ?」

「え~・・・・・・///」

「だ、か、ら。なにいまさら恥ずかしがってるのよ。もうわたしリリーがおしっこするとこまで見たんだから」

「うう、、/// 外だけだよ・・・・・・///」

「へ~・・・・・・てことは、さっきわたしが指を入れたのが初めてってこと?」

「うん・・・・・・」

「わ~、、❤ なんだかすごくテンションあがってきちゃった❤」

「なんでよ///」

「だってリリーの初めてがわたしって、すっごいうれしい❤」



68: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 18:34:18.26 ID:mySpRKtG.net

「そんなこと言ったら、さっきのキスも初めてだよ、、///」

「え!? ほんとに??」

「ほんと。・・・・・・疑われるとちょっと悲しいよっ」

「ごめんごめん。だってリリー絶対東京で経験してると思ったからぁ・・・・・・めちゃくちゃうれしいっ、んっ❤」

「んっ・・・・・・ぷはぁ❤ よっちゃんの方こそ、こういうことあるの・・・・・・?」

「わたしっ!? ないないない、あるわけないじゃないw わたしがクラスでどんな感じかリリーも知ってるでしょw」

「でも、なんだか慣れてる感じがして・・・・・・」

「あ~・・・・・・/// だって、リリーとこういうことするシミュレーションだけはたくさん、ね・・・・・・?///」



70: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 18:50:01.05 ID:mySpRKtG.net

「そ、そうなんだ、、///」

「ふふ、安心した?」

「・・・・・・うん❤」

「心配しなくても、わたしはずっとリリーだけ見てるからね?❤」

「撫でないでよっ/// わたしの方がお姉さんだよ!///」

「よしよしぃ~❤ リリーはいじられお姉さんが似合うと思うのよね・・・・・・w」

「なにそれ~、、w」

「ふだんの、優しくてまじめで器用な、お姉さんっぽいリリーも大好きよ? でもこういうことするときはいじめた方が気持ち良さそうだから・・・・・・❤」

「そんなことないよ!/// よっちゃんがそうしたいだけでしょっ」



71: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 18:54:38.80 ID:mySpRKtG.net

「じゃあ、試してみよっか❤」

「えぇ?」

「今からリリーにえっちないじわるするけど、それでイかなかったらもういじめない❤」

「い、いたいのはなしだよ、、?」

「大丈夫! まかせて!」

「う~、、信じるけどぉ、、///」

「ちょっと待っててね❤」

「うん、、///」



72: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 19:11:43.72 ID:mySpRKtG.net

「んしょ・・・・・・。 リリー、ペン貸して?」

「うん? え~っと、いつも使ってるペンでいいのかな?」

「それそれ、いつもリリーがつかってるやつ。細長くてかわいいわよね」

「うん、けっこうお気に入りなんだ~。すべすべしてて持ちやすいし」

「これをウェットティッシュで拭くわよ」

「?・・・・・・!! よ、よっちゃんもしかして、、」

「リリー愛用のペンをリリーの中にいれちゃいます❤」

「え! え~、、/// ちょっと待ってよ・・・・・・///」

「大丈夫、シミュレーションはばっちりよ!」

「そういう問題じゃないよ、、///」



79: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 17:24:25.27 ID:Rkv8EW5s.net

「ほら、足広げてよ」

「うう、、///」

「はーやーく❤」

「わかったよぉ・・・・・・んぅ///」

「わぁ❤ リリーの、奥まですごいきれいな色してるよ」

「いちいち言わないでって///」

「なんか、見てるだけで濡れてきてるわよ?w」

「そんなとこじっと見られたら当たり前でしょ///」



80: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 17:41:28.30 ID:Rkv8EW5s.net

「もう十分濡れてるけど、一応指でならすわね❤」

「あんっ❤ んっ、んんっ! ぁん・・・・・・あっ、あっあっ❤」

「どう?きもちいい?」

「きもちいい・・・・・・もっとしてぇ///」

「ふふ、さっきまで嫌がってたのが嘘みたい❤」

「んんっ❤ だって、だってぇ/// はずかっ、あっ❤ んっ、恥ずかしかったのぉ❤」

「ほんとはさっきからずっときもちよかったんでしょ?」

「うんっ❤ よっちゃんの指きもちいいのぉ!❤」



81: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 18:01:16.46 ID:Rkv8EW5s.net

「もうかんぜんにえっちな顔になっちゃってるわよ、リリー❤」

「ふぁぁ❤ そんなことないよぉ///」

「へぇ?❤ ・・・・・・ほらっ、自分の顔よく見て?」

「あぁんっ❤ 撮っちゃだめぇ❤」

「自分がどんなにえっちな顔してるかわかった?」

「わかったから、ぁんっ! んっ、んんっ!❤ 消してぇ❤」

「じゃあ消してあげるかわりに、リリーのなかにペンいれていい?」

「えぇっ/// こ、こわいよぉ・・・・・・///」

「大丈夫よ、わたしの人差し指と太さはそこまで変わらないんだから❤ それに、指だとここまでしか届かないけどペンならリリーの奥までいじわるできるのよ?❤」

「うぁぁっ❤ ぁはあっ❤」

「ねっ、もっと奥まで触って欲しいでしょ?❤」

「あんっ❤ うんっ❤ いれてぇ///」



83: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 19:03:19.79 ID:Rkv8EW5s.net

「じゃ、いれるわよ、、///」

「ゆ、ゆっくりだよ!/// ちょっとずつにしてね、、」

「すごい濡れてるからきっと大丈夫、、///」

「あっ!、、あ、、んぁっ❤」

「す、すごいスムーズにはいって行くけど、、リリー大丈夫、、?///」

「くぅぅっっ❤ ぁあっ、ああっ❤ ぅぁぁっ❤」

「返事もできないくらいきもちいいの?/// ・・・・・・ぜ、全部はいっちゃった///」

「あぁぁぅっ❤ ちょっと、、すとっぷ、、❤」

「ペンの先っぽだけがリリーのなかから出て、くいくい上下に動いてるの、えっろ、、///」



84: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 19:10:30.90 ID:Rkv8EW5s.net

「はぁーっ❤ はぁ~っ、、❤」

「ねぇ、奥まで届いたの、、?///」

「・・・・・・うん///」

「そう、、///」

「ねぇよっちゃん、、もっかいして・・・・・・?❤」

「えぇ?/// じ、じぶんでしてみなさい///」

「ぅ、、/// くっ、、はぁぁっっ、、❤ はぅ、、はっ、はっ、っ、、❤」

「ちょっと、、リリー、、えろすぎ、、///」

「よっちゃんのせいだよ、、んっ❤ とまらないよぉ、、あぁっんっ❤」

「うわ、、うわわ、、///」



85: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 19:18:04.15 ID:Rkv8EW5s.net

「はぁーっ❤ はぁーっ、ああうぅ、、奥きもちいいよぉ❤」

「わたしが指でしたときより全然気持ちよさそうじゃない、、///」

「うぁっ❤ よっちゃんの指でぐちゃぐちゃにされるのもすきだよ、、ぁっ❤」

「ばか、、/// わたしよりペンの方が好きなんでしょ///」

「そんなことな、、ぁっあぁん❤」

「リリーがじぶんでペン入れてる姿えろすぎ、、見てるわたしも頭おかしくなっちゃいそう///」

「はうぅっ❤ だめぇ、ぁっ❤ よっちゃん撮っちゃだめぇ❤」

「ほら、見てリリー、、リリーの裸の写真、、///」

「だめだってぇ、、❤ 消してぇ、、❤」



86: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 19:29:01.44 ID:Rkv8EW5s.net

「消してあげる代わりに、、ほら、わたしがいつもつかってるペン貸してあげるから、、一緒にいれてみなさい❤」

「二本もなんてむりだよぉ、、❤ くぅぅっ!❤」

「すぐはいっちゃったじゃない、、/// えっろ、、/// ほら、それで中をぐちゃぐちゃにしなさいよっ❤」

「ぅあぁっ?!❤ だめこれっ❤ よっちゃんの太いよぉ❤」

「わたしがいっつもつかってるのよ、それ、、/// 多色ボールペンだから突起してるとこきもちいいでしょ?❤」

「あぁっ!❤ あああぁっ❤ よっちゃんがはいってくるっ❤ ぐりぐりされるぅっ❤」

「うわ~、、/// ほらっ、一番奥までいれなさい❤ 奥にぎゅーっと押し付けて?❤」

「うぅ、、うぁっ❤ あぁううぅ!!❤」

「あは、、❤ まるでオナニーを覚えたお猿さんみたいよリリー、、❤」



87: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 19:38:26.34 ID:Rkv8EW5s.net

「ごめんなさいぃ、、とまらないよぉ、、よっちゃんたすけてぇ❤」

「わたしももう我慢の限界よ、、❤ リリーいかせてあげる、、❤」

「あぁっ!❤ それっ、浅いとこで抜き差しするのだめぇっ!❤」

「これきもちいいでしょ?❤ だんだん、だんだん奥までいれてくからね、、❤」

「あっ、あんっ!❤ ぁあっんっ❤ んあっ!?❤ ぅあっ、ああぅっっ!!❤」

「こうやって一番奥から引き抜かれるとすごいでしょ?❤」

「すごいぃっ❤ だめだめぇっ!❤ いっちゃうっ!❤ いっちゃうのぉぉ❤」

「いいわよっ❤ いってっ!!❤」

「んんっ、んんんっ!❤ んぁあああっ!!❤ あーイくっ!!❤ あっあっ!❤ アぁぁっ!!❤」



88: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 19:50:55.33 ID:Rkv8EW5s.net

「はぁ、はぁ、、/// どう、リリー、、」

「あぁっ、、はぁ、、❤ もうめちゃくちゃになっちゃった、、❤ すっごいよかった、、///」

「でしょ、、?❤ このペンすこいきもちいいんだから・・・・・・っ?!」

「・・・・・・よっちゃん? はぁっ、はっ、、❤ どうしたの・・・・・・?」

「血っ、血がっ!!?」

「ほ、ほんとだ、、ペンに血が、、」

「いっ、痛くないリリー!? どうしよう、リリーを傷つけちゃった!! すぐ病院呼ぶね!、」

「痛くないよ、、❤ たぶんその血、わたしの処女膜が破れたせいだから大丈夫だよ、落ち着いて、、❤」

「あっ!? あぁ、そっか、、/// で、でもごめんね、リリーの・・・・・・破っちゃって・・・・・・」

「そんな落ち込まなくていいって。 破れたからってなにがあるわけじゃないんだから、ね?❤」



89: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 20:07:04.01 ID:Rkv8EW5s.net

「でも・・・・・・」

「ふふ、大丈夫だよ~」

「・・・・・・なっ、撫でられるのってけっこう恥ずかしいのね・・・・・・///」

「でしょ? よしよし、そんなに処女膜のこと気にしないでいいから、ねっ?」

「・・・・・・ううん、、そんなのだめよ。 わたしがリリーの初めてを全部奪ったんだから、リリーの最後までもらっていくわ!///」

「ええ・・・・・・?」

「だっ、だからぁ、、/// わたしのお嫁さんになりなさいってことよ!! ・・・・・・言わせないで恥ずかしい///」

「・・・・・・よっちゃんはさっきまでずーっとわたしに恥ずかしい思いさせてたでしょ」

「う・・・・・・」

「・・・・・・なんてね。 ありがとう❤ だいすきよっちゃん❤」

「わたしもよ、リリー❤ ちゅっ❤」



91: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 20:20:46.57 ID:Rkv8EW5s.net

花丸「え?終わり?」

善子「名付けてマッサージプロポーズ大作戦よ! どう?」

花丸「無茶苦茶ズラァ・・・・・・善子ちゃんはAVよりオラが貸してあげるから恋愛小説を読むべき」

善子「フッ・・・・・・恋愛小説なんて恋愛弱者によるただの妄想にすぎないわ。エロスのプロが作るAVこそリアルよ」

花丸「じゃあちょっとこれ梨子ちゃんに見せてくるズラよ」スタスタ

善子「それはまってーーーー!!!」ダダダ


ルビィ「ボールペンオナニーをまねするときは、ちゃんと消毒してからすルビィ! あと気持ちいいからって勢いよくしすぎると血がでルビィ!終わルビィ!」


元スレ
「マッサージするわよリリー」