1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2013/03/10(日) 20:51:45.82 ID:coNNJrBH0

――――昼休み・学校廊下――――


千鶴「・・・」スタスタ

京子(千鶴発見!よし、今日はこっそり近づいてみようっと・・・)コソコソ

千鶴「・・・」スタスタ

京子(よし、バレてないバレてない・・・にひひ、驚かしてやろうっと)スッ

京子「ちっづるーーーー!!」ドンッ

千鶴「うっ!?」ズシャアッ

京子(あ、やば!力入れ過ぎた!)アセアセ

千鶴「~~~~・・・!!」ブルブル

京子「ご、ごめん千鶴・・・悪かったよ・・・」オロオロ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 21:41:38.63 ID:GNtFQk8j0

千鶴「・・・ぅうっ、い、いた、痛い、痛い・・・!」ウルッ

京子「ご、ごめんね・・・」

千鶴「ぐ、ぅ、・・・!はぁっ!はぁっ!」ウルウル

京子(・・・!)キュンッ

京子(ち、千鶴、かわいい・・・!)ゾクゾク

千鶴「~~~~・・・・・・!!」ウルウル

京子(千鶴、いじめたい・・・!)ゾクゾク

京子「・・・」

京子「・・・千鶴!!」バッ

千鶴「・・・!!」ビクッ

京子「・・・」ニヤニヤ

千鶴「・・・」ビクビク



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 21:46:05.95 ID:GNtFQk8j0

京子「千鶴、膝打ったの?血、出てるよ?」ニコッ

千鶴「・・・」ズキズキ

京子「・・・保健室、行こうか?立てる?肩貸すよ」スッ

千鶴「・・・」


――――保健室――――


京子「あれ?先生いないね、千鶴」

千鶴「・・・」

京子「・・・なんか喋ってよ」スッ

千鶴「・・・!」ビクッ

京子「・・・叩くよ?」

千鶴「・・・!う、と、歳納、お、お前・・・!」

京子「なに、千鶴?事故だよ、事故。しょうがないよ」ニコッ



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 21:50:46.47 ID:GNtFQk8j0

京子「それに・・・普段千鶴、私のこと叩いてるのに、何で私が叩いたらダメなの?」

千鶴「そ、それはお前が!!」

京子「・・・大声出すと膝に響くよ?」サワッ

千鶴「う、うぐあぁぁぁ!い、痛い痛い痛い痛いぃ!!」ズキィッ

京子「あはは・・・千鶴、ケガしてるんなら大人しくしてなよ」クスクス

千鶴「っっ・・・!!」ズキズキ

京子「そうだ・・・そのケガじゃ一人で動けないでしょ?今日は私の家で看病してあげるよ・・・一緒に早退しよ?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 21:55:55.85 ID:GNtFQk8j0

千鶴「こ、この程度のケガで早退とかしなくていい!そ、それになんでお前と・・・!」

京子「・・・この程度のケガ、ねぇ?」サワッ

千鶴「!!??っっっっっ・・・!!!!」ズキズキィッ

京子「先生には、私が言っとくからさ・・・じゃあ、私と千鶴のカバン持ってくるから、大人しく寝ててね・・・?」

千鶴「~~~~」ズキズキ・・・

京子「約束だよ・・・?」ボソッ

千鶴「・・・!」ビクッ

京子「ふふっ、じゃあね、千鶴・・・」トコトコ

千鶴「・・・」ビクビク



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:03:10.95 ID:GNtFQk8j0

――――――――――


千鶴(今日の歳納、何か変だ・・・)

千鶴(抵抗にしようにも、膝痛くてまともに動けないし・・・肩貸してもらわないと、まともに歩けない)ズキズキ

千鶴(・・・表面のキズは大きいけど、骨が折れてるって感じじゃないな・・・良かった・・・)

千鶴(・・・でも、動かしたらかなり痛い・・・寝てたら治るんだろうけど・・・)

千鶴(アイツ、今から私と一緒に早退するつもりらしいし・・・うぅ、ずっと寝てたい・・・)


京子「ちーづる、何考えてんのー??」サワッ


千鶴「っっっっ!?うぐっっ!ぁ、ぁああぁぁぁああ!!!!」ズキズキズキズキ

京子「大きい声出さないで・・・」サッ

千鶴「・・・むぐ、ぐ、ぐぅぅ」ウルッ

京子「ボーッとしてるからついイジめたくなっちゃうじゃん、千鶴ったらぁ」クスクス

千鶴「・・・!と、歳納、お、おぉ、お前、膝治ったら、覚えてろよ・・・!」キッ

京子「まだ、そんなこと言うのかな、千鶴ちゃん?」スッ

千鶴「っ・・・!わ、分かった!た、頼むから、キズ口触るのは止めてくれ!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:09:27.06 ID:GNtFQk8j0

千鶴「それに・・・お前、さっきキズ口触った時にお前の指についた血、消えてるし、洗ったのか?」

京子「あはは、そんなことするわけないじゃん・・・指をね、こうやったんだよ」ペロッ

千鶴「・・・!!」ゾクッ

京子「千鶴の血、おいしかったな~。そうだ!もうキズ口触らないからさ、その代わり、後で直舐めしたいな?」ペロペロ

千鶴「!・・・へ・・・変態・・・!!」ブルブル

京子「・・・ありがとう」ニヤァ

千鶴「うっ・・・!お、お前・・・!」

京子「それで?どうするの?キズ口触られるのと、直舐めされるの、どっちがいい?」ニヤニヤ



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:14:50.59 ID:GNtFQk8j0

京子「触るとばい菌入っちゃうし、京子ちゃん的には、直舐めをオススメしたいんだけどね?」ニヤニヤ

千鶴(クッ・・・!どっちも嫌だけど、舐めると消毒になるっていうし・・・)

千鶴「・・・じ、直舐めで、いいよ・・・」ボソッ

京子「え?何?なんて言ったの?触っていいって?」スッ

千鶴「・・・!い、いいいやいやいや、じ、直に舐めて!!お、お願いだから・・・!」ビクッ

京子「あはは、どっちが変態だか・・・それじゃあ、とりあえず私の家に行こう?じゃ、ゆっくり立って・・・?」

千鶴「う、うぅ・・・」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:21:47.83 ID:GNtFQk8j0

――――京子の家――――


京子「さ、上がって上がって。あんまり体曲げると、膝痛いでしょ。靴、脱がせてあげるよ」スッ

千鶴「・・・」

京子「・・・千鶴のかわいいお膝が私の目の前に・・・!ああ、もう、舐めてもいいよね・・・っ!?」ハァハァ

千鶴「・・・!ま、待て!まだいいだろ!?ゆっくりしてからで!」アセアセ

京子「ちぇー・・・まぁ、楽しみは後にとっとく方がいいよね~」

千鶴(ホッ・・・)

京子「それに・・・もうちょっと待ったら膿が出てくる頃だよね・・・千鶴の膿、どんな味だろうなぁ・・・」ニヤニヤ

千鶴(・・・!コ、コイツ、本気で言ってるのか・・・!)ゾクッ

京子「やーん、そんな顔で見ないでよ、ち、づ、る?」フーッ

千鶴「!!っっっぃたぁっっっっ・・・!」ズキィッ

京子「ごめんごめん、『偶然』、息がキズ口に当たっちゃったね、ごめんね」クスクス

千鶴(も、もう嫌だぁ・・・!逃げたい!!)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:26:52.45 ID:GNtFQk8j0

――――京子の部屋――――


京子「さ、入って入って、看病しないとねっ」ニコニコ

千鶴(・・・こ、これが歳納の部屋か、アニメグッズがいっぱい・・・)

京子「あ、ミラくるんが気になる?かわいいでしょ?」

千鶴「・・・アニメのことはよく知らない」

京子「えー?千鶴、本好きだから素質あると思うんだけどなー?」

千鶴「どういう理屈だ・・・それになんだ素質って」

京子「ふふっ、千鶴ってやっぱり、いい返しするよね~」クスクス



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:33:01.33 ID:GNtFQk8j0

千鶴「う、うるさいな・・・お前に褒められても嬉しくないっ」

京子「・・・素直じゃないなぁ千鶴は・・・ま、とりあえずベッドに座って?」

千鶴「あ、ああ・・・」ポフッ

千鶴(ふぅっ・・・やっと一息つける・・・)ホッ

京子「・・・ふふ、そのベッド、私がいっつも寝てるベッドなんだよ?」ニコニコ

千鶴「・・・お前の部屋のベッドだから当たり前だろう」

京子「私のニオイとか、体温とか、髪の毛とか、フケとかがあるベッドなんだよ?」ニコニコ



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:38:46.86 ID:GNtFQk8j0

千鶴(ほ・・・ほんとに何言ってんだコイツ・・・前からおかしい奴だとは思ってたけど・・・)

京子「まぁたそんな顔してぇ・・・今日はね、千鶴と仲良くなるためにおうちに誘ったんだよ?」ダキッ

千鶴「!お、おぅ・・・」ビクッ

京子「千鶴、いっつも私を避けてるから、二人っきりになれてすっごい、嬉しいの・・・」ギューッ

千鶴「・・・」

京子「千鶴、私いっつも千鶴と仲良くなりたくて近づいてるのに・・・なんで避けるの・・・?」フーッ

千鶴「ひゃっ・・・!!み、耳はやめろ・・・!」ブルッ

京子「いいから教えて・・・?私のこと嫌いなの・・・?なんで・・・?」

千鶴「・・・しょ、初対面であんなことされたら、好きになるわけがないだろっ!」ツンッ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:44:46.62 ID:GNtFQk8j0

京子「ごめんね、あの時は千歳と間違えちゃったんだよ・・・どうしたら許してくれる・・・?」

千鶴「き、急に言われてもな・・・でも、そもそもなんでお前、そんなに私と仲良くなりたいんだ?」

千鶴「私が言うのもなんだけど、話しかけても嫌がる相手と仲良くなりたいって、普通思わないだろ」

京子「それはね・・・私が普通じゃないからかな?あはははっ・・・」

千鶴「・・・!」イラッ

千鶴「誤魔化すなって!歳納、お前のそういうところがなぁ・・・!」イライラ

千鶴(ん・・・?何で今私、イラついてるんだ・・・?)ハッ

千鶴(こいつが私のことどう思ってるのか知りたいのに、はぐらかされたから・・・?)

千鶴(ち、違う!こ、こんな奴にどう思われてるかなんて、気になるわけない!気のせいだ、気のせい!)ブンブン

京子「ど、どうしたの、千鶴・・・?顔赤いよ?熱も出てきちゃったの?」オロオロ

千鶴「い、いや!大丈夫!大丈夫だから!」アセアセ

京子「良かった・・・でも、千鶴今、『お前のそういうところが』の後、なんて言おうとしたの・・・?」ジッ



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:51:30.06 ID:GNtFQk8j0

千鶴「っ!、え、えーと、そ、それはぁ・・・」タジッ

京子「・・・き、嫌いって、言おうとしたの・・・?」

千鶴「う、うぅ・・・」オロオロ

京子「・・・あはは、ごめんね、困らせちゃって・・・そうだよね、やっぱり千鶴、私のこと、嫌いなんだよね・・・」シュン・・・

千鶴(・・・!)

京子「いくら私でも、普段の反応見てたら、千鶴がどう思ってるのかくらい、分かるよ・・・」

千鶴(歳納・・・)

京子「どうしても、千鶴と仲良くなりたくて・・・無理矢理こんなことして・・・千鶴は嫌なの、分かってるのに・・・」

京子「それなのに、早退させて、家にまで連れてきちゃって、ほんとに、いい迷惑・・・だよね」

千鶴(・・・)



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:57:49.21 ID:GNtFQk8j0

千鶴(・・・迷惑・・・迷惑、か。どうなんだろう)

千鶴(確かに歳納には色々なことされてきたけど・・・それは、私と仲良くなりたいから、か・・・)

千鶴(私はあんまり友達いないから、正直、構われること自体は・・・少し嬉しい)

千鶴(それに、歳納にはぐらかされた時のあの気持ち・・・あれは本当に気のせいか?)

千鶴(あれは・・・)

京子「・・・ち、千鶴?」オドオド

千鶴「・・・」

千鶴「・・・ああ、お前の言う通りだ。いい迷惑だよ、ほんとに」

京子「・・・っっ!うう、ごめんね、私、千鶴のこと、ぜんぜん考えずに、、勝手なことばっかり・・・!」ウルッ

千鶴「違う、そうじゃない、そんなこと言ってるんじゃない」

京子「え、で、でも、ち、千鶴は、私のこと・・・」メソメソ

千鶴「・・・そんな風に悲しい顔されるのが、迷惑だって言ってるんだよ・・・」ダキッ



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:01:51.01 ID:GNtFQk8j0

京子「!・・・ち、千鶴・・・!!」ドキッ

千鶴「・・・ごめんな・・・悲しいよなぁ、話しかけても嫌がられるのは・・・ごめんな・・・」ナデナデ

京子「ち、ちづるぅ・・・!」ドキドキ

千鶴「私も、意地になってたのかもな・・・相手のこと考えられずに、勝手なことばっかりしてるのは私の方だよ」ナデナデ

京子「・・・っっ!!う、ううん!そんなことない!千鶴は、優しいよ!だ、だって!!」

京子「さっきまであんなひどいことしてた私に、こんなに優しく、してくれるんだから・・・優しいよ・・・あったかいよ・・・」ギュッ

千鶴「・・・いや、あれは、今までお前にひどいことしてきた私への罰だよ、これでおあいこだ」ニコッ

京子「・・・!」キュンッ

京子「も、もぉ!千鶴、優しすぎるよぉ・・・ばかぁっ・・・」ギューッ

千鶴「あはは、なんで誉めながら怒るんだ?よく分からないヤツだな」ナデナデ

京子「も、もう!千鶴ぅ!」フルフル

千鶴「ごめんごめん、でも、これからお前のこと、分かっていきたいって思ってるよ?」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:07:53.19 ID:GNtFQk8j0

京子「・・・!!///も、もう!ばかぁ!」カァッ

千鶴「ふふっ・・・あ、そろそろ、キズの手当てしてくれないか?このままってわけにはいかないだろ」

京子「あ!ごめんっ!じゃ、今救急箱持ってくるねっ!」バッ

千鶴「いや、ちょっと待て、歳納!」ガシッ

京子「え・・・?でも、救急箱がないと手当てなんて・・・」

千鶴「ふふっ、もう忘れたのか?私のキズ、直舐めしてくれるんだろ?」ニヤッ

京子「え、えぇ!?ち、千鶴ぅ・・・」モジモジ

千鶴「お前が提案してくれたんだろ?舐めたら消毒になるっていうし・・・あ、でも、ちょっと膿出てきちゃってる・・・」

千鶴「・・・さすがに汚いよな、ごめん、救急箱取ってきてくれ」

京子「ち、千鶴の膿なら汚くない!!」

千鶴「えっ・・・」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:13:53.26 ID:GNtFQk8j0

京子「汚くないっていうか・・・む、むしろ舐めたい・・・!」

千鶴(うっ・・・コイツ、さっき言ってたこと本気だったのか・・・)

京子「だ、だめかな・・・千鶴・・・やっぱり、イヤ・・・?」ジッ

千鶴「い、嫌っていうか・・・こ、こういうのもなんだけど、あんまり美味しいもんじゃないと思うぞ」

京子「ううん、千鶴のならおいしいよ、きっと・・・」

千鶴「う、うーん・・・」

京子「ちづるぅ・・・」ジッ

千鶴「うん、うん・・・いいぞ、じゃあ、舐めてくれ・・・痛くしないでくれよ?」

京子「うん、頑張るねっ・・・よいしょ」スッ

千鶴(な、なんか緊張するなぁ・・・)ドキドキ

京子「じゃあいくね・・・?」ペロッ

千鶴「ん・・・」ピクッ



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:20:07.37 ID:GNtFQk8j0

京子「っ!ご、ごめん!痛かった!?」パッ

千鶴「いや、大丈夫だ。続けてくれ」

京子「ほんと・・・?無理しちゃダメだよ・・・?」

千鶴「いや、いい、早くしないとキズ塞がっちゃうよ」

京子「っ!ご、ごめん!・・・んっ・・・」ペロペロ

千鶴「ん・・・ああ、いいぞ、歳納・・・そんな感じだ・・・」

京子「あむっ・・・ふっ・・・はふ・・・」ペロペロ

千鶴「・・・その・・・ど、どうだ?私の・・・味は?」

京子「んむっ・・・お、おいひぃ・・・んっ・・・///」ペロペロ

千鶴「そ、そうか・・・なら、良かった・・・///」

京子「う、うんっ・・・はぁっ・・・ん・・・///」ペロペロ



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:27:37.80 ID:GNtFQk8j0

千鶴「・・・ふ、ふふ、ちょっとくすぐったいな、あははっ」

京子「ら、らいじょうぶ・・・?」ペロペロ

千鶴「うん、大丈夫大丈夫・・・それにしても、やっぱりお前ってよく分からないよ」

京子「な、なんでぇ・・・?はむっ・・・ん・・・」ペロペロ

千鶴「ついさっきまで強気に私を引っ張ってたのに、急にしおらしくなっちゃうんだからな」

京子「そ、それはぁ・・・ち、ちづるがぁ・・・んっ・・・ふっ・・・」ペロペロ

千鶴「それと、さっきの質問の答えをまだ聞いてなかったな」

京子「・・・?」ペロペロ

千鶴「なんでお前は、私と仲良くなりたかったんだ?教えてくれよ」

京子「・・・!ち、千鶴のばか!」ピタッ

千鶴「へ・・・?な、なんで・・・?」

京子「そんなの、す、す、す・・・」フルフル

千鶴「す・・・?酢?お酢か?」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:35:15.49 ID:GNtFQk8j0

京子「・・・!!もぉ!!ほんっとにばか!!千鶴ばか!!」カァッ


京子「す、好きだからに決まってんじゃん!!好きだから仲良くなりたかったのぉ!!!!」


京子「・・・はぁっ・・・はぁっ・・・!」フルフル

千鶴「・・・へ・・・?い、今・・・な、なんて・・・?」

京子「はっっ・・・!!///」カァァーッ

京子「・・・ばかーーーー!!!!」ポカポカ

千鶴「い、痛い痛いって・・・はは、そうか、好き・・・かぁ、私のことを・・・お前がなぁ・・・」

京子「当たり前じゃん!!好きじゃない人のキズ口舐めたりするわけないじゃん!ほんっとばか!」プンプン

京子「本ばっか読んでるから、そんなに無神経になるんだよ!もう、本禁止ぃ!!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:44:11.26 ID:GNtFQk8j0

千鶴「でも、お前だって、この部屋の様子じゃアニメばっかり見てるんだろ?一緒じゃないか」

京子「・・・!!ばかーー!!千鶴ってほんっっとにばか!!!!」

千鶴「はははは・・・さっきからバカしか言ってないぞ、歳納」

京子「!!うぅっ・・・!ち、千鶴のいじわるぅっ・・・」メソメソ

千鶴「ごめんごめん・・・あ、お前が舐めてくれたから、大分痛み引いてきたよ」

京子「ほ、ほんと!?良かったぁ・・・!!」キラキラ

千鶴「ああ、本当だ。ありがとうな・・・」ナデナデ

京子「ん・・・ちづるぅ・・・」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:54:03.44 ID:GNtFQk8j0

千鶴「歳納・・・それともう一つ、ありがとうって言いたいことがある」ナデナデ

京子「な、なにぃ・・・?」ポーッ

千鶴「・・・勇気出して告白してくれて、ありがとうな」ニコッ

京子「っっ!!う、うんっ!!・・・そ、それで、千鶴は・・・その、ど、どう・・・?」モジモジ

千鶴「うーん・・・そうだなぁ・・・」

京子「・・・」ドキドキ

千鶴「・・・い、今のところは保留・・・ってことで・・・」

京子「・・・!!だめーーーー!!それだめ!!絶対にだめーーーー!!!!」ポカポカ

千鶴「あはは、い、痛いって・・・いきなり過ぎてまだ心の整理がついてないんだよ」

千鶴「・・・それに、さっきも言ったように、これからお前のこと、分かっていくつもりなんだ・・・ゆっくりとね」

千鶴「お前のこと・・・ちゃんと分かってから、返事したいんだ・・・それまで、待っててほしい」

京子「う、うぅ・・・そ、そういうことなら・・・」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:02:29.04 ID:p0XxbLR20

京子「で、でも!そんなのってずるいよ!私は勇気出したのにぃ・・・」モジモジ

千鶴「うーん、それもそうだな・・・じゃあ、何か一つ、お前が条件付けていいぞ」

京子「!う、うん!分かった・・・じゃあ、えっと・・・うーん・・・」

京子「・・・そうだ!じゃあ、さっきなでなでしてくれたのが気持ちよかったからぁ・・・」

京子「そ、そのぉ・・・こ、これから、私がなでなでしてもらいたい時に、なでなで、してくれる・・・?」ジッ

千鶴「え、な、なでなでぇ・・・?」キョトン

京子「うん!なでなで!さっきなでなでしてくれたの、すっごい気持ちよかったのっ」

京子「だから、私がなでなでしてほしい時に、千鶴がなでなでしてくれたらぁ・・・」モジモジ

京子「千鶴が返事してくれるまでガマンできる気がするの・・・だめ?」ジッ

千鶴「うーん、そっかぁ・・・まあ、そのくらいなら・・・」

京子「っっ!ほんとっ!?わーい!じゃあ、早速、なでなで~~!」ダキッ

千鶴「い、いきなりかあ?・・・しょうがないなぁ・・・」ナデナデ

京子「んっ・・・えへへ、きもちいい・・・ちづる、だいすきぃ・・・」ギュッ

千鶴「ふふっ・・・」ナデナデ



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:09:16.13 ID:p0XxbLR20

千鶴(歳納・・・こんなに私のこと想ってくれてたんだな・・・何で今まで気付いてやれなかったんだろう)

千鶴(ふふっ、歳納の言う通り、読書ばっかりしてて頭でっかちになってたかな。本読んでるだけじゃ分からないことだらけだ)

千鶴(これから先、もっと色んな人・・・例えば、こいつとかと・・・)

千鶴(もっと色んな話をして、色んなことして・・・色んな経験していきたいな)

千鶴(でも、いきなりは無理かな・・・ゆっくり・・・ゆっくり、お前と過ごして、お前のこと、分かっていきたいから・・・)

千鶴「私を置いていかないでくれよ、歳納・・・?」ナデナデ

京子「へ・・・?なにぃ・・・?」キョトン

千鶴「いや、なんでもない、なんでもないよ・・・ふふっ」ナデナデ

京子「んっ・・・ちづるぅ・・・」ギュッ






―――――――――――



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:15:58.21 ID:p0XxbLR20

――――翌朝・学校――――


京子「あ、おっはよーー!千歳と・・・千鶴ぅ・・・///」カァッ

千鶴「お、おはよう・・・歳納・・・///」カァッ

結衣(ん・・・?なんかこの二人いつもと様子が・・・)

千歳(っ!!うちの百合センサーが反応しとる・・・!?)

結衣(それに千鶴さん、膝どうしたんだろ?大きい絆創膏貼ってるけど・・・)

京子「ち、千鶴ぅ・・・そのぉ・・・なでなで、して・・・?」モジモジ

千鶴「!!だ、だめだって・・・皆が見てるし・・・!」アセアセ

京子「そんなの、関係ないよ・・・ほら、昨日、私の家でやってくれたみたいに、やさしく・・・ね?」モジモジ

結衣「え、昨日・・・?そういや昨日、二人とも早退してたよね、それに、京子の家・・・?」キョトン



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:21:59.63 ID:p0XxbLR20

千鶴「え、そ、それは、その・・・廊下で転んじゃって膝擦りむいて・・・歳納の家で・・・あの、その・・・」オロオロ

千歳(!千鶴、昨日、膝のケガのこと聞いても何も言ってくれへんかったのに・・・)

千歳(そういうことやったんやなぁ、ふふっ、恥ずかしがり屋さんやなぁ、ほんまに)クスッ

千鶴(や、やばい・・・!冷静になって考えてみると、昨日、私はなんて恥ずかしいことを・・・!///)カァッ

京子「千鶴ぅ・・・?いいでしょ、昨日みたいにさ、ねぇ、な・で・な・で・・・?」ジリッ

千鶴「!!う、うわああああ!うるさいうるさいうるさーーい!!」ダッ

京子「あっ!ちづるぅーーーー!待ってよぉーー!!約束したじゃーーーーん!!!!」ダッ

千鶴「お、大声で言うなーーーー!!!!」タッタッタッ

京子「なでなでーー!!つ、つかまえた!!」ガシッ

千鶴「ええい、離せ!!離せ離せ離せーーーー!!!!」ドゴッ

京子「ぶほっ!!や、やだ!!ぜっっっったいに離さない!!大好きなんだもん!!!!」ギュッ

千鶴「っ!?///お、お前、こんなところで何を・・・!!///」カァーッ


千歳「うふふふっ!あの二人、えらい仲ようなったなぁ、何があったんかなぁ」クスクス

結衣(そ、そうか・・・?やっぱり、いつも通りにしか見えない・・・)

終わり



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:47:17.56 ID:d1hRBTua0

おつおつ


元スレ
京子「・・・!!もぉ!!ほんっとにばか!!千鶴ばか!!」