1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 19:18:31.79 ID:WQBAg4580

京子「早いもんだねー」

綾乃「ホント、あっという間なのね、10年って」

京子「22過ぎてからの加速力は異常」

綾乃「あははっ、それ言えてるっ!」

京子「まぁでも大人になった今でもこうして綾乃と二人で飲めてるって幸せなのかもな~」

綾乃「ちょっ、バカっ!な、何言ってんのよ!!…///」

京子「いや~、なんだかんだこういう繋がりって大事じゃん?」

京子「それを改めて実感できたわけよ~」グビグビ

綾乃「ちょっとー、歳納京子、飲み過ぎよー」

京子「プハーッ!いいのいいの~、今日は無礼講ってことで!」

綾乃「アンタが無礼じゃないところなんて見たことないわ…」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 19:22:36.94 ID:WQBAg4580

京子「なんだかんだ私達ももう24歳だよ?」

綾乃「そうねー、気が付けばもう社会人って感じね」

京子「やっぱりあの頃が一番楽しかったよね!」

綾乃「確かに!って言ってもアンタとは大学までずっと一緒だったわけだけど」

京子「一緒にいた期間が長くても一番楽しかったのは七森中時代なのっ!」

綾乃「…アタシから見たらアンタはいつでも楽しそうに見えてたけどね」

京子「…うーん……確かに…」

京子「って、そうじゃなくて」

京子「…そうだ!」

綾乃「ん?どうしたの?」グビグビ



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 19:25:17.16 ID:WQBAg4580

京子「今から誰か呼ぼう!」

綾乃「えぇ!?呼ぶって誰を?」

京子「そうだな~……あ、千歳とかは?」

綾乃「ん~、千歳呼んでも新鮮味ないわね」

京子「まぁそりゃ綾乃達は今でも仲いいからな~」

京子「他に誰かいるかな~」

京子「…電話帳見てみよう」ポチポチッ

綾乃(本格的に誰か呼ぶつもりね…)



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 19:31:50.47 ID:WQBAg4580

京子「お、あ行にあかりがいた」

綾乃「赤座さん?赤座さんって今はどうしてるの?」

京子「あかりは高校卒業したあと専門行って今はもう働いてるよ」

綾乃「なんの専門に行ったの?」

京子「保育だって。今や立派な保育士なわけよ」

綾乃「へぇ~、でもなんか似合うわね、赤座さんが保育士って」

京子「うん、私も適職だと思ってる」

京子「ちっちゃい子にだったらネタキャラ扱いされないしね!」

綾乃「赤座さん…不憫な子…」

京子「あ、すいませーん、生中追加で~、綾乃は?」

綾乃「えーと…じゃあ、ウーロンハイで」

「ハイ、カシコマリマシター」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 19:35:48.91 ID:WQBAg4580

綾乃「で、結局誰か呼ぶの?」

京子「う~ん………呼べるような人いないなぁ~」

綾乃「そうねぇ~、みんなもう社会人だからいきなり呼ぶのはちょっと気が引けるわね」

京子「それに今日平日だしね~」

京子「駅で偶然会わなければ今日の飲みもなかったろうし~」

綾乃「でも大学卒業する時集まったの以来だからそろそろ集まろうと思ってたところだけど」

京子「確かに!次はみんな呼んでから集まるようにしよう!」

………



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 19:39:56.05 ID:WQBAg4580

綾乃「……あ、そろそろいい時間ね」

京子「あ~、のんだ~」

綾乃「もー、歳納京子、飲み過ぎよ~」

京子「う~ん…」

綾乃「ほら、行くわよ」

京子「あやの~、だっこ~」

綾乃「はいはい、行くわよ~」

京子「むぅ…ひどい」ムスッ

綾乃「私じゃ抱えられないに決まってるじゃない」

京子「……それもそうか~、でもあるけないよ~」

綾乃「はぁ……ちょっと待ってなさい」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 19:43:27.11 ID:WQBAg4580

綾乃「あ、もしもし?」

綾乃「ごめんなさい、こんな時間に」

綾乃「うん、そうなの、歳納京子が自力で歩けなくなっちゃって」

綾乃「うん…うん……本当にごめんなさいね」

綾乃「えーと……駅前の魚民……そう、東口の」

綾乃「うん…じゃあ店の前で待ってるわ」

綾乃「はーい」

………

綾乃「船見さんが車で迎えに来てくれるから、外で待つわよ」

京子「は~い、ありがとね~あやの~」ダキッ

綾乃「…!……ま、まったくもう…歳納京子ったら…///」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 19:56:04.98 ID:WQBAg4580

綾乃「うぅ~、さむっ」

綾乃「3月末になってもまだ寒いわね~」

綾乃「って何寝てんのよっ!」

京子「う~ん」ウトウト

綾乃「ほら、もうすぐお迎えがくるんだから」

京子「あやのはどうするの?」

綾乃「私は電車で帰るわ」

京子「え~、のってけばいいのに~」

綾乃「こんな時間だし船見さんに迷惑かけられないわ」

京子「そっか~、さびしいな~」ショボン

綾乃「はいはい、それは悪うございました」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 19:58:45.62 ID:WQBAg4580

ブーン、、、キキッ

綾乃「来たわね」

ガチャ

結衣「おまたせ、ごめんね迷惑かけちゃって」

京子「ゆ~い~!」ガバッ

結衣「うわっ、もうなんだよ急に…」

京子「ゆい~、ちゅ~」ウー

結衣「あぁー、もうー、面倒だなー、しっしっ」

京子「むー、ゆいはつめたいな~」

綾乃「あなた達、本当に変わってないわね~」

結衣「そうかな~?変わってないのはコイツだけだと思いたいけど」

結衣「京子はさっさと車に乗れ」

京子「へいへい」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:02:12.78 ID:WQBAg4580

結衣「それじゃ綾乃、京子が迷惑かけてごめん、ありがとね」

綾乃「ううん、いいの。私自身楽しかったから」

結衣「そっか、それなら何より」

綾乃「じゃあ歳納京子のこと、よろしくね」

結衣「うん、綾乃はどうするの?なんだったら送ってくけど」

綾乃「ううん、遠慮しとくわ」

結衣「そっか…あ、また今度飲みに行こうよ」

結衣「それかウチに飲みに来てもいいし」

綾乃「そうね、今度は千歳達も一緒に」

結衣「じゃあまた」

綾乃「うん、またね。後部座席で眠ってる人にもよろしく言っといて」

結衣「了解っ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:07:32.19 ID:WQBAg4580

───運転中───

結衣「……」

京子「ぐがー、ぐがー」

結衣「はぁ……どれだけ飲めばそんな風になるんだよ…」

京子「う~ん……ゆい~……」

結衣「ん?」

京子「……ありがとね……ふふっ」ムニャムニャ

結衣「…まったく……カワイイ寝言だな……」

結衣「私も感謝してるぞ、京子」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:13:36.02 ID:WQBAg4580

───家───

結衣「ほら、着いたぞ」

結衣「いい加減自分で歩けよな~…もう」

京子「う~ん……」

結衣「ほら、あとちょっとだから…」

京子「………ねぇ」

結衣「ん?」

京子「…………」

結衣「どうしたの?」

京子「………気持ち悪い…」

結衣「oh…」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:17:53.78 ID:WQBAg4580

結衣「ゆっくり…ゆっくり……」

京子「……うっ」

結衣「ストップ!!!」

京子「!!…………うぅ……」ゴクン

結衣「ふぅ…危なかった……」

京子「…………………………あ」ウッ!!

オエッー!!!ドボドボドボ

結衣「なんてこったい…」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:21:17.02 ID:WQBAg4580

結衣「……ふー、やっと掃除し終わった……」

結衣「吐いたら寝ちゃったし……」

結衣「まったく……」イライラ

京子「ぐがー、ぐがー」

結衣「……もう1時か……私も寝よう……」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:28:02.26 ID:WQBAg4580

───翌日───

京子「……う~ん…」

京子「ん~……もう10時か~…………ん?」

京子「10時!?」ガバッ

ガラガラッ

京子「遅刻だぁー!!!」

結衣「おう、おはよう」

京子「なんで起こしてくれなかったんだよー!!!もー!!!」アタフタ

結衣「京子」

京子「何ッ!?」

結衣「今日祝日」

京子「え!?…………え?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:33:06.53 ID:WQBAg4580

京子「というわけで朝ごはんをいただきます」

結衣「はいよ」

京子「うーん、やっぱり日本の朝は一杯の味噌汁からだね~」ズズッ

結衣「なぁ京子」

京子「ん?なあに?」

結衣「昨日のこと…覚えてる?」

京子「え?昨日?」

京子「綾乃と駅前で飲んで………飲んだ」

結衣「その後は?」

京子「うーん……記憶が無い…どうやって帰ってきたのかも……」

結衣「そうですか…」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:39:38.58 ID:WQBAg4580

京子「なんで昨日のこと聞いたの?」

結衣「いや、別に」

京子「なんだよ~、教えてよ~」

結衣「だから何でもないって…いいから早くご飯食べちゃってよ」

京子「むー、気になるなー」

結衣「気にしなくていいよ」

京子「……まさか…!」

結衣「おっ、思い出した?」

京子「……酔って昏睡している私の唇を結衣が強引に……」

結衣「そ、そんなわけあるかっ!…///」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:47:15.75 ID:WQBAg4580

京子「ごちそうさま」

結衣「うん」

京子「それにしても…う~む……思い出せない……」

結衣「いいよ、もう」

京子「う~ん………………トイレ」ガタッ

結衣「はいよ」

京子「あれ?玄関のマットなくなってる」

京子「まぁいいや、トイレトイレっと」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:52:42.28 ID:WQBAg4580

京子「ふぅ~、スッキリスッキリ!」

京子「あ、そうだ、ねぇ結衣」

結衣「うん?」

京子「玄関のマットどうしたの?」

結衣「あぁ、ちょっと汚れちゃったから洗濯中」

京子「ふーん」

結衣「今日は?家にいるの?」

京子「うーん……どうしようかなー、未定」

結衣「じゃあさ、買い物行かない?」

京子「買い物?」

結衣「うん、新作買いに行きたい」

京子「またゲームかよぉ~」

結衣「いいだろ、職業病だよ」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 20:57:06.59 ID:WQBAg4580

京子「しかしながら………ゲーム作ってる人間がゲーム買ってまでやるのかね」

結衣「逆に聞くけど編集者は原稿もらえるからマンガ読まないの?」

京子「うーん……言い得て妙だね」

結衣「ま、つまりそういうこと」

京子「あ、そうだ」

結衣「どうしたの?」

京子「昨日綾乃と話してたんだけど、今度またみんなで集まって飲みたいねって」

結衣「うん、私もその話綾乃としたよ」

京子「え?いつの間に?」

結衣「京子が後部座席で眠ってる時かな」ニコニコ

京子「あっ…(察し)」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 21:02:51.47 ID:WQBAg4580

結衣「いやー、悪いね、こんなにご馳走してもらって」

京子「いえいえ、結衣様様ですので…」

結衣「別に気にしなくてもいいのに…」

京子「そんな訳にはいかないっすよ!」

結衣「給料日前で苦しいんじゃないのか?」

京子「えぇと……まぁ……はい……」

結衣「これ、食べなよ」

京子「え!?いいの!?」ジュルリ

結衣「いいよ、一緒に食べよう」

京子「やった!結衣様様!!」

結衣「まったく……子供かお前は」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 21:08:09.53 ID:WQBAg4580

ガチャ

京子「ただいまー我が家!」

結衣「それ、毎回言ってる気がする」

京子「だってこの家好きだし!」

結衣「そっか」

京子「はぁ~…つかれた~…」ゴロゴロ

結衣「帰ってきていきなりかい」

京子「いやー、私ももう歳だからさー」

結衣「まだ24歳だし…しかも同い年だし…」

京子「ブブー!まだ23歳だよー!」

結衣「………」ジトー

京子「……ごめん」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 21:16:16.22 ID:WQBAg4580

京子「平日の昼間ってやることないね」

結衣「うーん…ドラマの再放送見るとか?」

京子「私はミラクるんみたいのが見たい!」

結衣「そんなドラマ無いだろ…」

京子「誰か作ってよ~!」

結衣「誰が得するんだよ…」

京子「わたし!」

結衣「言うと思った」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 21:21:23.87 ID:WQBAg4580

結衣「晩御飯どうする?」

京子「うーん……結衣が作ってくれるならなんでもいいよ!」

結衣「少しは手伝え」

京子「え~」

結衣「野菜の皮剥くとかだけでいいから」

京子「え~…………食後にラムレーズン(ボソッ)……」

結衣「…………わかったよ」

京子「よっしゃー!やるぞー!」

結衣(こんな調子でよく働けてるな…)



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 21:26:17.02 ID:WQBAg4580

京子「で、今日は何食べるの?」

結衣「カレーにしようかと」

京子「ふむふむ、で私は?」

結衣「野菜の皮剥いてて」

京子「了解しました!」

結衣「元気でよろしい、はい、ピーラー」

京子「任せな(ドヤァ」

結衣「はいはい」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 21:37:01.68 ID:WQBAg4580

…………

結衣「うん、出来たね」

京子「京子ちゃん頑張りました!」

結衣「あとは御飯炊けるのを待とう」

京子「あいあいさー!

結衣「じゃあ私スープとサラダ作るから、それまでテキトーにゴロゴロしてて」

京子「あいあいさー!」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 21:46:06.44 ID:WQBAg4580

京子「いただきまーす!!」

結衣「いただきます」

京子「もぐもぐ…………ん!?」

結衣「ん?髪の毛でも入った?」

京子「いや、これ…………牛肉?」

結衣「うん……そうだけど…?」

京子「結衣の作るカレーに……牛肉…だと…!?」

結衣「あのなー……私だってもういい大人なんだからウインナーカレーは卒業したよ」

京子「そっか~……こうやって少しずつ大人になっていくんだな~」

結衣「こんな所で実感するな」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 21:52:49.44 ID:WQBAg4580

京子「はぁ~、お腹いっぱい~」

京子「からの…ラムレーズン!」パクッ

京子「うまぁ~」

結衣「幸せそうだね」

京子「しあわせぇ~」

結衣「そりゃよかった」

京子「…………あの~」

結衣「ん?」

京子「もう一個……」

結衣「ダメ」

京子「ですよねー……」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 22:00:06.79 ID:WQBAg4580

…………

結衣「そろそろ寝ようか」

京子「うん、明日もまた仕事だし~いやだな~」

結衣「仕事楽しいんじゃなかったの?」

京子「楽しいけどさ~……」

結衣「まぁ……その気持わからなくはないけど」

京子「はぁ……明日もまた頑張ろう」

結衣「うん……おやすみ」

京子「おやすみ~」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 22:08:12.80 ID:WQBAg4580

───次の週───

結衣「……うん……うん……じゃあ19時で…」

結衣「はーい、じゃあまた」

ガチャ

結衣「よし、これでオッケーだな」

ガチャガチャ

京子「ただいま~…我が家~…」ヘロヘロ

結衣「おかえり、随分と疲れてるな」

京子「うん……久々の外回りはやっぱ疲れる……」

結衣「うーん……私にはわからない苦労だね…」

京子「でも結衣みたくずっとパソコン作業ってのも苦手…」

結衣「慣れだよ慣れ」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 22:13:26.23 ID:WQBAg4580

結衣「ご飯はどうする?」

京子「いただく~」

結衣「何か飲む?」

京子「ビール!ビール!」

結衣「はいはい」

…………

結衣「はい、どうぞ」ゴトッ

京子「いただく!」プシュッ

結衣「乾杯っ」プシュッ

京子「かんぱーい」カコッ

ゴクゴクッ

京子「プハーッ!うまっ!!」

結衣「…ふぅ」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 22:24:12.65 ID:WQBAg4580

結衣「ねぇ京子」

京子「ん?」

結衣「明日って仕事何時まで?」

京子「明日?うーん……多分いつも通り19時半頃には家に着くかな」

結衣「そっかー……私、明日残業になりそうなんだよね…」

京子「えー…!?そうなんだ…」

結衣「ごめん、テキトーにご飯済ましてきちゃって。先に寝ててもいいから」

京子「うん…………ねぇ結衣」

結衣「うん?」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 22:29:13.85 ID:WQBAg4580

京子「明日ってさ……」

京子「何かなかったっけ…?」

結衣「明日…?」

京子「ううん!いいや!気にしないで!」

結衣「……そっか」

結衣「あ、思い出した」

京子「ホントッ!?」

結衣「ミラクるん18巻発売日だっけ?」

京子「そう…だね…ハハッ……」

結衣「?」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 22:34:10.15 ID:WQBAg4580

…………

京子「……zzz」

結衣「もう、またソファーで寝てるし…」

結衣「ほら、京子、起きて」

京子「う、う~ん……」ムニャムニャ

結衣「ほらっ、自分のベッドに行く」

京子「うーん……おやすみ……」トボトボ

結衣「相変わらず飲むと手がかかるな…」

結衣「さて、私もそろそろ寝るかな…」

結衣「おっと…その前に……」

…………



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 22:38:57.57 ID:WQBAg4580

───3/28・朝───

京子「ふわぁ~あ……」

ガチャ

京子「おはよー……ってあれ?」

京子「メモだ…」

結衣「「今日は早く出るね。冷蔵庫にある~…………ガスは消してね。じゃ行ってきます!」」

京子「…………はぁ」

京子「さっさと食べるか……」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 22:50:06.00 ID:WQBAg4580

───夜───

京子「お先失礼します、お疲れ様でーす」

「おう、おつかれー」

京子「ふぅ……」

京子「……帰るか」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 22:53:08.76 ID:WQBAg4580

───電車───

ガタンゴトン

京子「………」チラッ

女子高生1「でさーwww」

女子高生2「マジでwwウケるwww」

京子「………」チラッ

男子大学生1「就職がさー……」

男子大学生2「そっかそっかー」

女子大生「今度温泉行こうよー!」

女子大生「いいねいいねー!」

京子「………はぁ」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 23:03:01.59 ID:WQBAg4580

京子「……はぁ」ガチャガチャ

ガチャリ

京子「ただいま~……我が家……」トボトボ

ガチャ




一同「「「おかえり!!!」」」

「「「誕生日、おめでとう!!!」」」




京子「え……?」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 23:12:05.69 ID:WQBAg4580

京子「え……?なんで……?」

結衣「京子、騙す形になっちゃってごめん!でも…驚かせたくてさ…」

綾乃「船見さん、今日までみんなに連絡したり、料理の準備とか大変だったのよ、感謝しなさいよねっ!」

あかり「急だったけどなんとか時間作って来られてよかったよ~」

あかり「最近京子ちゃんに全然会ってなかったから、会えて嬉しいな!」

ちなつ「か、勘違いしないでくださいよね…!京子先輩じゃなくて、結衣先輩に会いに来たんですから!!」

ちなつ「まぁ……でも……おめでとうございます……」

千歳「……///」

向日葵「ちょ、ちょっと池田先輩、飲み過ぎですわっ!!あぁ、もう!櫻子も!」

櫻子「向日葵はうるさいな~!そんなんだから脂肪が溜まりやすいんだぞっ!!」

向日葵「な、何をおっしゃるんですの!?…そ、それにこれだってためたくてためてるわけじゃ…///」

京子「み、みんな……」ポロッ

京子「……ありがとう……」ボロボロ



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 23:16:23.70 ID:WQBAg4580

結衣「ちょ、ちょっと…!何泣いてんの…!」アセアセ

京子「だって…だって……嬉しくて……グスッ」

綾乃「歳納京子……」

京子「みんな……本当にありがとう……」

京子「さっきまで……なんて誕生日だ…って思ってたけど……」

京子「本当に良かった……ありがとう……今日のことは絶対に忘れないから……グスッ」

…………



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 23:24:12.89 ID:WQBAg4580

結衣「ふぅ……片付けもある程度終わったな…」

京子「うん……さんざん飲んだあとに自分で片付けるのもキツイ…」

結衣「確かに…」

京子「でも……楽しかったからヨシとしますか!」

結衣「そう言ってもらえると嬉しいよ」

京子「うん!本当に楽しかった!」

結衣「うんうん」

京子「それでね……」

結衣「ん?」

京子「結衣……大好きだよっ!!」

結衣「ふふっ…///」

結衣「今度は是非しらふの時に聞きたいな、そのセリフ」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/28(木) 23:29:25.19 ID:WQBAg4580

京子「はぁ~、でもなんか、これで明日からも頑張れそうな感じ!」

結衣「そうだといいね、もうすぐ新しい季節だし」

京子「うんうん!結衣、不束者ですがこれからもよろしくお願いします!」ペコッ

結衣「こちらこそよろしく」ペコッ

結衣「あ、そうだ」

京子「ん?」

結衣「お誕生日おめでとう、大好きだよ、京子」



-おしまい-


元スレ
京子「あれからもう10年かー」