4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 00:45:15.13 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「春休み遊び過ぎたぁ~」

櫻子「うぅ…もうこんな時間だし…」

櫻子「もう!こんなのわかんないよ!」


櫻子「そうだ!こういう時こそ向日葵の出番だ!」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 00:52:45.07 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「向日葵っと…」カチカチ

櫻子「…」プルルルル

櫻子「…」プルルルル

櫻子「まだ出ないのか?」プルルルル

ガチャ

櫻子「あ、ひまわ

『現在電波の届かない場所にあるか電源が入って』ピッ

櫻子「」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 00:54:09.14 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「…寝よう」モソモソ

~Fin~



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 00:58:34.88 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「zzz」

携帯「ラーブラーブラーブアーイシテールー」ブブブ

櫻子「んん…誰だぁ?」

櫻子「…はぁい」

向日葵『ちょっと櫻子!』

櫻子「んー?」

向日葵『んー?じゃないでしょ、何でこんな夜中に電話なんてかけるの!』



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:01:40.83 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「ん…何だっけ…」

向日葵『あなた寝ぼけてるわね…』

櫻子「あ!!そうだ宿題!向日葵手伝って!」

向日葵『は、はぁ?まさかさっき電話したのって…』

櫻子「そう!私の宿題手伝え!」

向日葵『今日は朝が早いので寝ますわ。おやすみなさい』

櫻子「ちょ、ちょっと待った!」

向日葵『何よ…』




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:04:24.69 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「わ、私の宿題を…手伝って下さい」

向日葵『丁寧に言えば良いって問題ではないですわ…』

櫻子「うぅ…」

向日葵『それで…どれぐらい終わってないの?』

櫻子「全部」

向日葵『おやすみなさい櫻子も早く寝るのよ』

櫻子「ちょ、ちょっと!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:07:30.84 ID:Mh1tPHWg0

向日葵『あなたね…全部って…』

櫻子「だってめんどくさいし…」

櫻子「それに向日葵が宿題持ってきてくれたら写すだけだしすぐ終わるもん!」

向日葵『それじゃあ櫻子の為になりませんわ!』

向日葵『しかも今何時と思ってるの!夜中の1時よ!』

櫻子「ぐぬぬ…じゃあ私が取りに行くから」

向日葵『え?』



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:13:53.00 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「だから、向日葵が来ないなら私が取りに行くって」

向日葵『で、でも…』

櫻子「良いじゃん、家で写して学校で渡すからさ!」

向日葵『で、でもこんな夜中に出歩くと危ないし補導されるかもしれませんのよ?』

櫻子「大丈夫だって!櫻子様をなめるなよ!」

向日葵『で、でも…』

櫻子「あーもー!うじうじうるさい!もう家出るからね!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:18:21.40 ID:Mh1tPHWg0

向日葵『ちゃんと家の人に言わないと…』

櫻子「大丈夫!そろ~っと出れば…」

櫻子「ぎゃ!」

向日葵『櫻子!?どうしましたの⁉』

櫻子「ご、ごごごゴキキキ!!」

向日葵『はぁ…』

櫻子「な、なななな何だよ!はぁって!
わぁ!こっち来んなぁ!!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:20:05.95 ID:Mh1tPHWg0

撫子「櫻子…うるさい」ガチャ

櫻子「わ!な、撫子姉ちゃん!」

撫子「あんた何やってんのこんな時間に」

櫻子「えっと…喉渇いたからお茶を飲もうと思ったらご、ゴキが…」

撫子「全く…時間帯を考えなよ。花子も寝てるんだし」

櫻子「う、うん…ごめん」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:24:28.71 ID:Mh1tPHWg0

撫子「今日から学校でしょ。早く寝なよ」

櫻子「う、うん。お、おやすみ~」

撫子「何か…挙動不審じゃない?」

櫻子「そ、そんな事なないよ!」ギクリ

櫻子「さっきゴキ見たから体が…」

撫子「ふぅん…ま、程々にしときなよ」パタン

櫻子「程々…?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:27:06.52 ID:Mh1tPHWg0

向日葵『撫子さんだったの』

櫻子「まさか姉ちゃんが起きて来るとは…計算外だった」

向日葵『あなたが騒ぐからでしょ…』

櫻子「だ、だって急に飛び出してきたら誰だって驚くだろ!」

向日葵『はいはい分かったから早く来なさい…楓が起きてしまいますわ』

櫻子「分かった。んじゃ、今から出る」

向日葵『気を付けて来るのよ』



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:31:36.64 ID:Mh1tPHWg0

~10分後~

向日葵「遅いわね…」

向日葵「近所なのに…」

向日葵「ま、まさか補導された…とか…」

向日葵「ま…まぁあの子は素早いし補導員をかいくぐって来るでしょ!」

向日葵「…」ソワソワ

向日葵(どうしたのよ…せめて連絡くらいしなさいよ!)



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:33:51.54 ID:Mh1tPHWg0

向日葵(まさか…不審者に…)

向日葵「」ブンブンブン

向日葵(そ、そんな訳ないですわ!こ、こんな近所なんだし例え襲われても…)

向日葵(……ッ!)

向日葵(そんな…やだ…櫻子…!)


ピンポーン



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:35:10.46 ID:Mh1tPHWg0

向日葵「!」ビクッ

向日葵「…」

向日葵「さ、櫻子…?」

シーン

向日葵「…」

ピンポーン

向日葵「!」ビクッ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:37:18.56 ID:Mh1tPHWg0

向日葵(そ、そうだわ電話をかければ!)

向日葵「」カチカチ

向日葵「」プルルルル

向日葵「あ、櫻子!今

『現在電波の届かない場所にあるか電源が入っていない為電話に出る事が出来ません』

向日葵(そんな…じゃあ今ドアの前にいるのは…?)



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:39:16.29 ID:Mh1tPHWg0

ドンドンドン

向日葵「ひっ!」

向日葵(やだ…!誰…!?)

コンコンコン

向日葵(怖い…!櫻子…!)


『ヒーマーワーリィー!!アーケロー!』



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:41:11.73 ID:Mh1tPHWg0

向日葵「…」

向日葵「…」

向日葵「」ガチャ

櫻子「おーっす!向日葵!櫻子様がお土産に肉まんを買って来てあげたぞー!」

櫻子「ってあり?何で泣いてんの?」

向日葵「この…バカ櫻子…」グスッ

櫻子「な…!バカとは何だこのおっぱい魔人!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:43:25.37 ID:Mh1tPHWg0

向日葵「どれだけ心配したと思ってるの!」

櫻子「えっ」

向日葵「電話にかけても出ないし!」

櫻子「あっ、それは

向日葵「しかも夜中にチャイムならすし!」

櫻子「それはふいんきを…」


向日葵「もう…心配かけさせないでよ…」

櫻子「向日葵…」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:43:57.62 ID:Mh1tPHWg0

チュ



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:46:28.56 ID:Mh1tPHWg0

向日葵「!!」

向日葵「な、あ、あ、あなた何を!!//」

櫻子「ご、ごめん…こ、こんな事しか思いつかなくて…」

櫻子「心配かけてごめん…なさい…」

櫻子「こんなに向日葵に心配かけてるとは思ってなかった…」

向日葵「櫻子…」

櫻子「元はと言えば私が悪いのにね」ヘヘッ



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:47:46.69 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「っと…その…ごめん」

向日葵「…もう良いですわ」

向日葵「あなたが無事なら何よりですわ」

櫻子「おっぱ…向日葵…!」

向日葵「殴りますわよ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:50:40.18 ID:Mh1tPHWg0

向日葵「どうして電話に出なかったのよ」

櫻子「電池切れた」モグモグ

向日葵「そんな事で…」

櫻子「ん、向日葵の肉まん」

向日葵「私は……えぇ、頂きますわ」

向日葵「あとチャイム。時間を考えて欲しいですわ」モグモグ

櫻子「ご、ゴメン…驚かせようと思って…」モグモグ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:53:00.45 ID:Mh1tPHWg0

向日葵「あとさっきの」

櫻子「んー?」モグモグ

向日葵「ふいんきじゃなくてふんいき、ですわ」

櫻子「マジでか!」ブハッ

向日葵「ちょっと!口から物を出さないの!」

櫻子「ずっとふいんきかと思ってた…」

向日葵(漢字帳も作ってあげなきゃいけませんわね…)



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:55:37.22 ID:Mh1tPHWg0

~数十分後~

櫻子「んじゃ、帰る」

向日葵「はい、宿題。ちゃんと終わらせるのよ」

櫻子「おうよ!模写検定1級の腕を見くびるなよ!」

向日葵「どんな検定よ…」

櫻子「んじゃ、また明日…じゃなくて今日ね!」ガチャ

向日葵「あ、櫻子!」

櫻子「ん?」


チュッ



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:57:34.37 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「な、ななななななにすんだ!!//」

向日葵「だって…さっきのはその…ちょっとだけっていうか…その…//」

向日葵「と、とにかく!これでおあいこ!」

櫻子「…」ジー

向日葵「な、何よ…」

櫻子「おっぱいキス魔人」ボソッ

向日葵「宿題返してもらうわよ」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:01:43.00 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「あ!」

向日葵「ど、どうしたの」

櫻子「肉まん代、明日忘れんなよ!」

向日葵「くたばれ」


~AM 5:00~
櫻子「ふぃ~徹夜で終わった~!」

櫻子「さすが向日葵完璧な解答だなぁ」

櫻子「これで先生に怒られずにすむ!」

櫻子「っと、もうこんな時間か」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:04:05.54 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「1時間だけ寝よう…授業中寝てしまいそう…」

櫻子「ふわぁあ…」

櫻子「zzz」


向日葵『櫻子…』

櫻子『向日葵…』

向日葵『私…ずっと…あなたの事…』

櫻子『向日葵…!』

向日葵『櫻子…!』


櫻子「うわああああ!///」ガバッ



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:05:47.23 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「な、何だ…夢か…//」ハァハァ

櫻子「ん?今何時?」チラッ


~AM 7:50~


櫻子「うわああああ!遅刻だあああ!」

櫻子「やばいやばい!新学期そうそう遅刻するなんてぇー!」


櫻子「いってきまーす!」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:08:56.98 ID:Mh1tPHWg0

~学校~

櫻子「ギリギリセーッフ!」

あかり「櫻子ちゃん、おはよぉ」

ちなつ「本当ギリギリだったね…」

向日葵「お、おはよう…」モジモジ

櫻子「あ、向日葵…」


向日葵『これでおあいこですわ!』

櫻子(い、いやいやいやあれは…事故!そう!事故だ!深く考えなくて良いんだ)



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:11:38.26 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「えっと…おはよう向日葵!今日もおっぱいは元気か?」

向日葵「はぁ…この子ったら朝から…」

向日葵「元気よ、それで宿題は?」

櫻子「おぉ!そうだった!向日葵のおかげですぐ終わったよ~」

あかり「櫻子ちゃん向日葵ちゃんの写したの?」

櫻子「うん、向日葵は私の下僕だからね~」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:13:30.49 ID:Mh1tPHWg0

ちなつ「へぇ~昨日一緒に勉強したの?」

櫻子「いいや、今日向日葵の家に夜中取りに行ったんだ」

あかり「夜中に?危ないよぉ」

ちなつ「大丈夫だったの?」

櫻子「ふっふーんこの櫻子様を見くびっては困るのだよ、諸君」

向日葵「早く宿題出しなさい、集めてるわよ」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:15:36.75 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「おぉっとごめんごめん…えーっと…確かこのファイルに…」ゴソゴソ

あかり「あかり皆の分持って行ってあげるよぉ」

ちなつ「あ、じゃあよろしくねあかりちゃん」

あかり「うん、櫻子ちゃんあったぁ?」

櫻子「あれ?あれれれ??」ゴソゴソ

櫻子「」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:17:51.41 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「待てよ…確かに今日終わらせて…ちょっと寝たら寝過ぎて…遅刻しそうになって…」

櫻子「あああああ!」

向日葵「ど、どうしたのブツブツ言ってると思ったら叫んで」

櫻子「ヒマワーリのシュクダーイワスレータ」

向日葵「…」


向日葵「え?」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:20:55.56 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「いや、ちゃんと終わってるんだよ?ただ、机の上に置きっぱなしにしてるだけであって無くした訳じゃなくて…その…」

向日葵「…」

櫻子「えっと、その…じゃ、じゃあ!お詫びに肉まん代タダにしてあげるから!」

向日葵「…」

櫻子「えええっと…じゃあ、今日の給食の磯辺揚げも全部あげるから!許してぇ…」

向日葵「プッ…ククッ」

櫻子「え?」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:23:46.54 ID:Mh1tPHWg0

向日葵「ふふふ…全く相変わらず子供ね」

櫻子「な、何だよ…でも宿題忘れたの私だし…」

向日葵「どうせ忘れるだろうと思ってましたわ」

櫻子「な、何だよ…」

向日葵「一緒に怒られに行きましょう」

櫻子「な、何だよ!向日葵の癖に!」

向日葵「元はと言えばあなたが忘れるからでしょ」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:26:19.63 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「ぐぬぬ…」

向日葵「ほら、行くわよ。次期副生徒会長狙いが2人とも宿題忘れとはね…」

櫻子「な、何だよ!それを言うなら課題を出す学校が悪いんだい!」

向日葵「何を言ってるのよ…」

櫻子「何をー!」


ちなつ「何だかんだで」

あかり「仲が良いよねぇ、櫻子ちゃん達」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:30:49.14 ID:Mh1tPHWg0

櫻子「へへーんだ!次期生徒副会長は私だもんね!」

向日葵「あら?他人の物まで忘れるような人が生徒副会長?心配ですわね…」

櫻子「う、うるさーい!向日葵の癖に!
このおっぱいキス魔人!!!」


ちなつ(キス…?)

あかり「あれ?何か増えてるような…」

ちなつ「ううん気のせいだよ」

あかり「そっかぁ えへへ~」

ちなつ「ふぅ~ん」ニヤニヤ

ちなつ「次は何と付け足すのかなぁ?」ニヤニヤ



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 02:32:24.69 ID:Mh1tPHWg0

終わりです
最後雑ですが良い感じで終わらせたかったので…


元スレ
櫻子「宿題終わらなーいー!」