1: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 19:52:45.51 ID:ceptZguN.net

よしりこSS



8: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 19:55:37.48 ID:ceptZguN.net

昼休み 教室

ガラガラッ

ルビィ「あっ、梨子ちゃん!」

梨子「ごめんねルビィちゃん、善子ちゃんいる?」

ルビィ「うん!ちょっと待っててね!」

テクテク

ルビィ「善子ちゃん!梨子ちゃん来てるよ!」

善子「えっ!?そう、ありがとっ!」

タタタッ

善子「ごめんリリー!ちょっと前の時間の数学の課題が手こずっちゃって……」

梨子「ううん、大丈夫だよ」

善子「ちょっと待ってて!すぐ準備してくるから!」

タタタッ



9: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 19:56:57.36 ID:ceptZguN.net

屋上

善子「~♪」

梨子「ずいぶん楽しそうね、善子ちゃん」

善子「えっ!わかる?ねえ聞いてよリリー!今日家庭科で調理実習あったんだけどね、もうすっごく美味しかったの!」

梨子「美味しかったって何が?何か作ったの?」

善子「ええ!真紅の宝珠が散りばめられた神々の花園……アップルパイよ!」

梨子「へぇ~……」

善子「私普段はスイーツなんて食べないんだけど、すっごく美味しいわねアレ!もう頬っぺたが落ちちゃうかと思ったわ!」

善子「クラスの友達がすっごくお料理上手くってね、その子に教えてもらったんだけど……もうサクッ!ふわっ!って感じで、林檎もすっごく瑞々しくて!美味しかったわ~♪」

梨子「ふーん……」

梨子(……私だってアップルパイくらい作れるのに)



10: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 19:59:02.30 ID:ceptZguN.net

善子「他にもその子とは遠足の行動班でも一緒だったんだけど、意外と話が合って……こ、これでヨハネもクラスの人気者デビュー!?なんて思っちゃったりして!クックックッ……」

善子「……」チラッ

梨子「……」

善子「……ねえ、聞いてるの?リリー」

梨子「ふぇっ!?き、聞いてるよ!大丈夫だよ!」アセアセ

善子「ならいいけど……」

善子「……ねえリリー、ひょっとして考え事?」

梨子「ええっ!?」

善子「ねえ……あ、あのね……悩みごととかあるなら……ヨ、ヨハネでよければ相談にのるわ!!リトルデーモンの心のケアも、主君であるヨハネの務め、だから……」

梨子「うん……」

善子「だ、だから話したいことがあるなら!気軽に

花丸「たとえ悩みごとを抱えていたとしても、善子ちゃんだけには相談したくないと思うずら」



12: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:00:13.13 ID:ceptZguN.net

善子「ずら丸!?どうしてここに!?」

花丸「善子ちゃん、委員会の当番いつまで経っても来ないから様子を見に来たずら。やっぱりここにいたんだね」

善子「ええっ!?今日当番私だったっけ!?」

花丸「ほら、よく見るずら」ファサッ

善子「ほ、ほんとだ……」

花丸「というわけで梨子ちゃん、善子ちゃん借りてくね?」

梨子「え、あ、うん……」

善子「ごめんリリー!この埋め合わせはいつか絶対にするから!!」

梨子「ううん、大丈夫だよ。いってらっしゃい」

善子「ありがとっ!」

タタタッ



13: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:02:28.79 ID:ceptZguN.net

梨子「……」

梨子(……せっかく善子ちゃんの好きなおかず、作ってきたのにな)

パクッ!

梨子「……」モグモグ

梨子「……うん、美味しい」

梨子「……」

梨子(でも……たとえ私がどんなにアプローチしても、そこには越えられない壁が一つ……一つだけあるということが……)

梨子(ちょっとだけ、ちょっとだけだけど……




……寂しい、って思ったりします



14: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:04:30.60 ID:ceptZguN.net

午後

先生「よーし!それじゃあ始めるぞー!教科書開いてー!!」

梨子(はぁ……)

梨子(まあ善子ちゃんは善子ちゃんの都合があったわけだし……全部私の都合に合わせてくれるってわけじゃないし……)

梨子(仕方ない、よね……)

ワーワー!!!

梨子「……」チラッ

梨子(一年生、今の時間体育なんだ……)

梨子(……あっ、善子ちゃん見つけた)

梨子(いいなぁ……楽しそうだなぁ……)

梨子(それに……)

善子「……!!!」

ワイワイ!!

梨子(……善子ちゃんって意外とクラスに溶け込めてるのね)

梨子(ちょっとだけ安心……かな?)



15: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:05:55.30 ID:ceptZguN.net

ワーワー!!

善子「……!!」ワイワイ

梨子「……」ボーッ

梨子(私って善子ちゃんのこと、意外と知らないんだなぁ……)

梨子(だって……クラスではあんなに楽しそうに笑ってること、知らなかったんだもん……)

梨子(いいなぁ……羨ましいよ……)

梨子(私の前でも、おんなじくらい弾けた笑顔、見せて欲しいのに……)

善子「……?」

チラッ

善子「……!?」パァァッ!!

善子「……!!!」フリフリ!!



16: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:07:17.27 ID:ceptZguN.net

梨子「……?」

梨子(善子ちゃん、もしかしてこっちに手、振ってくれてるの……?)

梨子「……」

梨子(そんなわけないよね……さすがに自意識過剰よね……)

梨子「はぁ……」

梨子(で、でも……)

チラッ

善子「……!!!」ワイワイワイ!!

梨子(もし……もし、仮にだよ?)



17: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:08:37.34 ID:ceptZguN.net

梨子(善子ちゃんの見てる先に、私が少しでも、ほんのひとかけらでも映り込んでいたら、どんなに嬉しいことなのでしょう……)

梨子(……なんて、妄想せずにはいられないのです)

梨子(でも、私じゃきっと、善子ちゃんの一番にはなれないから、私なんかじゃ善子ちゃんには釣り合わないから)

梨子(だから……)

梨子「……」フリフリ




私には控えめに小さく振り返すことしか、できませんでした



18: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:10:40.15 ID:ceptZguN.net

梨子「……」ボーッ

先生「この作品の中では二人の人物がおなじ女性に対して恋心を抱いてしまうわけだな?」

梨子「……」


カキカキ


『津島善子』


カキカキ


『桜内梨子』


先生「そんな二人……といっても『先生』目線で展開されていくのだが……の心の葛藤、機微が繊細に描写されている。よし、それじゃあ……」

梨子「……」カキカキ

梨子「……///」キュン


『♡』


梨子「……」

梨子(……って、何やってんだろ、私)


ケシケシ


梨子「……はぁ」

梨子(こんなんじゃまるで小学生みたいだよ……)



20: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:12:15.75 ID:ceptZguN.net

梨子「……」ボーッ

善子「……!!」キャッ!キャッ!

梨子「……」

梨子(初めて善子ちゃんと出会った時、最初は変わった娘だなぁって思いました)

梨子(ちょっとだけ痛々しいところはあるけれど、でも誰よりも真っ直ぐな想いを秘めていて、それでいてとっても優しい娘)

梨子(今も昔も、善子ちゃんはそういう娘です)

梨子(でも……)

チラッ

善子「……!!」ワイワイワイ!!

梨子(……善子ちゃんにはもう、たくさんお友達がいるんだよね?)



21: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:13:23.13 ID:ceptZguN.net

梨子「……」

梨子(私は心のどこかで、善子ちゃんのことを縛り付けていたのかもしれません)

梨子(趣味がちょっとだけ合うかもってだけで、私は勝手に自分を善子ちゃんに重ねていたのかもしれません)

梨子(ずっと二人だけでいられたらいいのにって思って、私だけのところに閉じ込めていようとして……)

梨子「……」

梨子(やっぱり、良くないよね、そういうのは……)

梨子(……)

梨子「はぁ……」

梨子(私ってやっぱり、考え方、重いのかなぁ……?)



22: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:14:35.27 ID:ceptZguN.net

先生「えーでは次のページ。桜内、読んでくれ」

梨子「……」

梨子(そうだよね……やっぱり千歌ちゃんたちみたいに明るい方が……)

梨子(その方が善子ちゃんだって、きっと……)

先生「桜内……?桜内!!!」

梨子「!!?」ビクン!!

梨子「は、ひゃい!!」

梨子(か、噛んじゃった……)

先生「教科書の続き、読んでくれ」

梨子「え、あ、はい!えっと……」

梨子(ど、どうしよ、聞いてなかったからわかんないよ……)オロオロ



23: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:15:58.91 ID:ceptZguN.net

梨子(……助けて!曜ちゃん!)

チラッ

曜「くかー……」

梨子(って寝てるし!もう!!)

梨子(でも……)

チラッ

梨子(……ありがと曜ちゃん!教科書開いといてくれて!)

ペラペラッ

梨子「『私は思い切って自分の心をKに打ち明けようとしました。尤もこれは……』」

先生「……おい桜内、それさっきやったとこだぞ?」

梨子「……///」カァァッ



25: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:22:43.01 ID:ceptZguN.net

放課後 練習

鞠莉「ワン、トゥー、スリー、フォー、ワン、トゥー、スリー、フォー……オッケー!ラストいくわよ!」

善子「とうっ!くるっ!しゅたっ!!……ギランっ!完璧ね!」

鞠莉「そうね、少し休憩にしましょうか」

梨子「はい善子ちゃん、お水!」

善子「ありがとリリー!ごくごく……ぷはぁ!さすが悪魔印の聖水ね!生き返るわ~!」

鞠莉「善子~、今日の練習キレッキレじゃない~、何かいい事でもあったの?」

善子「クックック……よくぞ聞いてくれました!」



26: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:23:56.26 ID:ceptZguN.net

善子「今日の体育のハンドボールで意外にも活躍できたから、ちょー楽しかったわ!ヨハネの魔球で勝利をつかみ取ったと言っても過言じゃないし!!クラスメイトからもすごいって褒められたんだからね!!」

梨子「……」

梨子(知ってる、だって全部見てたもん。教室から)

善子「これでついに私にも友達……リア充になれる日も近いかもっ!?」ギランッ!

鞠莉「あら、それは良かったわね。でも友達作りだけじゃなくて勉強の方も頑張らないとだめよ?善子出席日数ピンチなんでしょ?」

善子「んにゃっ!?そ、それは……ってどうしてそんなこと鞠莉が知ってるのよ!?」

鞠莉「当然デース!理事長は全校生徒一人ひとりの状況を常にチェックしてるのデース!!」

鞠莉「だから善子もスコア、落とさないようにね?」

善子「わ、わかってるわよ!!」



27: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:25:02.40 ID:ceptZguN.net

鞠莉「……」

梨子「……」

鞠莉「……そうだ善子。出席日数と言えばね、なんかダイヤが進級スコアのことでチェックしたいことがあるって言ってたから、行ってきてくれるかしら?」

善子「え、そうなの?」

鞠莉「多分あの子今日は生徒会室にいると思うから、お願いね~」

善子「ええ!わかったわ!」

タタタッ

梨子「……」

鞠莉「……で、梨子はずーっと一人で何を考えていたのかしら?」

梨子「……え?」



28: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:26:05.63 ID:ceptZguN.net

梨子「あ、いや、別に考え事をしてたっていうか……」

鞠莉「もう!梨子ったら練習中もずっと上の空だったじゃない!バレバレよ!!」

梨子「……ごめんなさい」

鞠莉「責めたいわけじゃないわ。むしろ逆よ逆。ほら……ね?」

トントン♪

梨子「……?」

鞠莉「悩みごとがあるなら、マリーで良ければ聞いてあげるわよ?」



29: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:27:02.14 ID:ceptZguN.net

梨子「……」

鞠莉「~♪」

梨子「……ねえ鞠莉ちゃん、鞠莉ちゃんはさ、嫉妬……とかしちゃうことってあるの?」

鞠莉「嫉妬?嫉妬って、ジェラシー?」

梨子「うん、その嫉妬……」

鞠莉「そうね……そんなのしょちゅうよ」

梨子「ふーん……」

鞠莉「……私の場合はね、ほら、果南やダイヤってずーっと内浦で暮らしてるでしょ?だから私が知らない二人のことを、みんなたーくさん知ってるんだろうなーって不安になること、よくあるのよ」

梨子「……」

鞠莉「梨子も転校生だから私の気持ちわかるんじゃない?」

梨子「確かに、千歌ちゃんや曜ちゃんに対してなら、そんな風に考えたこと、ある、かも……」



30: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:28:09.61 ID:ceptZguN.net

鞠莉「醜いわよね、そんな感情は……だって自分本位なんだもの」

梨子(うん……そうだよね、やっぱり……)

鞠莉「でも……いいんじゃないかしら?」

鞠莉「私は自分本位なことが悪いとは思わないわ。だって人生って楽しむためにあるんですもの!!」

鞠莉「誰かと一緒だとすごく楽しい。相手が一緒だともっと楽しい。そういう単純なことで、私たちって一緒にいるのよ、きっと」

梨子「そう……なのかな?」

鞠莉「私の持論だけどね。だから梨子も、自分の気持ちに嘘だけはつかない方がいいと思うわ。後悔しないためにも、ね?」

梨子「ま、鞠莉ちゃん……」

梨子(……鞠莉ちゃんの言う通り、なのかな?)

梨子(私にはまだ、よくわかりません……)



31: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:29:58.22 ID:ceptZguN.net

鞠莉「あ、それとね!」

ドンッ!

梨子「ふえっ!?//鞠莉ちゃん!?//」

鞠莉「……私だって善子に嫉妬することくらい、あるんだからね?二人がこーんなに想い合ってたなんて、ちょっとジェラシー感じちゃうんだから♪」

梨子「え、えぇ!?//」ドキドキ

鞠莉「……ま、半分はジョークなんだけどね♪」

梨子「……//」プシュー

鞠莉「ほーら、そんなことより早く善子のところに行ってあげなさい!」

トンッ♪

梨子「ええっ!?よ、善子ちゃん!?//ど、どうして急に善子ちゃんの名前が……//」

鞠莉「今更しらばっくれても無駄よ!ほら!早く行ってきなさい!善子もきっと待ってるわよ?梨子のこと!!」

梨子「う、うん……//」

梨子(だと、いいんだけど……)



32: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:32:07.22 ID:ceptZguN.net

廊下

テクテク

善子「もう……鞠莉のあれはいったい何だったのよ……ダイヤに聞いたら別に用事はないっていうし……」

スタスタ

善子「とりあえず早く練習に戻らなきゃよね……」

タタタッ

善子「……?」

ドンッ!!!

善子「んにゃぁ!?」

梨子「ひゃっ!?」



33: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:33:00.25 ID:ceptZguN.net

梨子「ご、ごめんなさい!私少し急いでて……大丈夫ですか?怪我とかありませんか?」

善子「え、ええ……大丈夫……」

善子「……ってリリー!?」

梨子「善子ちゃん!?」

梨子「ご、ごめんね善子ちゃん!!大丈夫?怪我、ない?」

善子「ええ、私の方は、でも……」

梨子「あうっ!」

善子「リリー、膝、擦りむいてるじゃない」

梨子「こ、これくらい平気よ……」

善子「そういうわけにもいかないわ、ほら」

ダキッ

梨子「わわっ!?//」

善子「保健室、行くわよ?」

梨子「う、うん……//」



34: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:36:39.48 ID:ceptZguN.net

保健室

善子「ちょっと沁みるけど我慢してよね」

梨子「う、うん……」

プシュー

梨子「んっ……」

フキフキ

ペリッ

善子「……うん!これでよし、と」

梨子「……」ポーッ

梨子「……ありがと、善子ちゃん」

梨子(やっぱり善子ちゃん、カッコイイなぁ……)



35: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:37:22.69 ID:ceptZguN.net

梨子(……はぁ)

梨子(それよりも、私、先輩なのに、後輩の善子ちゃんにお世話されちゃってるって……)

梨子(……私、情けない)

善子「礼には及ばないわ。元はといえば私の前方不注意だし……」

梨子「そ、そんなことないよ……」

善子「……それよりも」

トンッ

善子「やっと二人きりになれたわね、リリー」



36: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:38:43.71 ID:ceptZguN.net

善子「ねえリリー、その……」

善子「わ、私の思い違いだったら、恥ずかしいんだけど、その……」

善子「……ねえ、私に何か隠してること、あるんじゃない?」

梨子「……」

善子「あ、あのね、リリー……」

ギュッ

善子「そ、その……私ね、少し、不安なの……リリーに隠し事されちゃうっていうのは……」

善子「だ、だってそうでしょう……?いつも私がリリーと一緒にいられるってわけでもないし、やっぱり私の知らないリリーがあるっていうのも仕方ないことって思うけど……」

ギュッ

善子「で、でも、それでもやっぱり気になっちゃうっていうか……」

梨子「……」



37: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:39:43.43 ID:ceptZguN.net

梨子(そうなんだ……善子ちゃんでも不安に思うこと、あるんだ……)

梨子(じゃあ……私とおんなじ気持ち、ってことなのかな?)

善子「……」ウルウル

梨子「……//」キュン

梨子(そうだよね……!うん!きっとそうよね!!)

梨子(なーんだ、そんな簡単なことだったんだ……)

梨子「……くすっ」

善子「んにゃっ!?ちょっとリリー!今私のこと笑ったでしょ!!」

梨子「ううん、笑ってないよ、ふふっ♪」



38: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:40:41.35 ID:ceptZguN.net

善子「嘘!絶対笑ってる!!もうっ!!……べ、別にいいじゃない!!//リリーのことが少しくらい気になってても!!//だ、だって、その……//」

善子「……///」フルフル

善子「え、ええ!!そうよ!!//リトルデーモンの様子を監視するのもヨハネの務めなんだからね!!そういうことなんだからね!!//」

梨子「うん、わかってるよ、善子ちゃん♪」ナデナデ

善子「ううぅ~……//」カァァッ

梨子「ごめんね善子ちゃん、お詫びに私も話してあげるから、さ?」



39: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:42:09.99 ID:ceptZguN.net

善子「一年生の教室での私の様子が気になってた?」

梨子「う、うん……だって善子ちゃん、すっごく楽しそうにしてたから……それに最近花丸ちゃんやルビィちゃんとも仲良くなってるみたいだし……」

梨子「そ、それで、善子ちゃんの中で私の存在が小さくなっちゃって、いつか消えてなくなっちゃうかもしれないっていうのが、私、不安で……」

善子「リリー……」

善子「……なーんだ、そんなことだったのね……心配して損したわ」ヘナヘナ

善子「私てっきり、嫌われてるんじゃないかと……」

梨子「うん……ごめんね、善子ちゃ、んっ!?」

ガバッ!!

善子「ふっ、バカね。そんなわけないじゃない。リリーが私の中から消えてなくなるなんて、ありえないわ」

梨子「で、でも……」

善子「あのねリリー、だって私、好きなんですもの。リリーのことが」



40: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:43:54.01 ID:ceptZguN.net

梨子「!!!?//」

梨子「よ、善子ちゃん!?そ、それって、どういう……//」

善子「もちろん、恋人としてって意味よ」

善子「だ、だから、あの……リリーさえよければ……//」

梨子「よ、善子ちゃん……//」



ズサッ!!



善子「……え?リリー?」

梨子「……」



梨子(だめ!善子ちゃんの顔見れないよ!!だ、だって……)


梨子(顔あげちゃったら、私の涙……見られちゃうもん!!それはだめっ!!)


梨子(だ、だって、私の方が年上なのに……せめてこういう大切な場面だけでも、カッコつけさせて欲しいのに……)



梨子「……善子ちゃん、ずるいよ」



41: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:47:36.05 ID:ceptZguN.net

梨子「ずるいずるいずるい!!善子ちゃんだけずるいの!!」

善子「ちょっ!?リリー!?」

梨子「私、善子ちゃんの先輩なのに……それなのに善子ちゃんばっかカッコよくて、大人っぽくて……」

梨子「だ、だから、せめて告白だけは私の方からしようと思ってたのに……」

善子「……」

梨子(でも、最後くらい、カッコつけてもいいよね?だって……)


梨子(私、善子ちゃんの先輩なんだもん)



42: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:48:13.90 ID:ceptZguN.net

梨子「……ねえ、善子ちゃん?」



スーッ



善子「ちょっ!?//リリー!?か、顔、ちか……//」


梨子「ほら善子ちゃん、ちゃんと目、閉じて?」


善子「え、ええ……//」


梨子「……いくよ//」


善子「う、うん……//」プルプル


梨子「……//」ドキドキ





チュッ




善子「……んっ//」


梨子「……///」


善子「……ね、ねえリリー、い、今のキスって……//」

梨子「……//」カァァッ



ギュッ

梨子「……ほ、ほら!よっちゃん、練習戻ろ?鞠莉ちゃん待ってるよ」





初めてのキスは保健室のベッドの上—



—柔らかな西日が綺麗な、夏の初めの日のことでした



43: 名無しで叶える物語 2020/05/27(水) 20:49:42.48 ID:ceptZguN.net

終わりです。お粗末様でした
本当は長編にしたかったのですが力不足でした…いつかリベンジしたいです…


元スレ
善子「ちょっ!?//リリー!?か、顔、ちか……//」梨子「ほら善子ちゃん、ちゃんと目、閉じて?」