SS速報VIP:えりまきうみ「ほのかいぎ」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 13:45:20.70 ID:wj4zJNcSO

海未「みんな集まりましたね」

絵里「ええ」

真姫「それじゃ、早くはじめましょう」

えりまきうみ「ほのかいぎ開催!」

海未(ほのかいぎとは、穂乃果の魅力を語る会議のとこです)

海未(偶然、私達三人が穂乃果のことが好きだと知りました)

海未(それからはこうして集まり、穂乃果について語り合っています)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422420320




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 14:04:45.45 ID:wj4zJNcSO

真姫「あの、質問があるんだけどいい?」

絵里「ええ、いいわよ」

海未「はい、どうしました真姫?」

真姫「二人って、穂乃果の部屋に行ったこと……あるの?」

海未「まぁ、勉強を教えに行ったり、最初の頃スクールアイドルについて話すときは穂乃果の部屋に集まっていましたね」

真姫「……絵里は?」

絵里「私は穂乃果が倒れた後に行ったりしたわね」

真姫「やっぱりそうなのね……」

海未「真姫?」

絵里「……! 真姫あなた……」

真姫「私だけなの……」

真姫「私だけ、穂乃果の部屋に行ったことないの!!」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 14:14:00.86 ID:wj4zJNcSO

ソルゲ組で書きたかったので……


海未「そういえば、穂乃果が倒れてお見舞いに行ったときも、真姫は部屋に行きませんでしたね……」

絵里「ハラショー……」

真姫「私も一回くらい行ってみたくて…… でも、なかなか切っ掛けが作れなくて……」

海未「切っ掛けですか……」

真姫「だから、二人はどうして入ったのか知りたかったんだけど……」

真姫「私は一年生だから勉強を教えることは出来ないし、穂乃果が倒れることなんて滅多にない……」

絵里「真姫……」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 14:31:45.38 ID:wj4zJNcSO

真姫「どうすればいいのかわからなくて……」

海未「大丈夫です! 真姫!」

真姫「海未……」

絵里「そうよ真姫。そのための『ほのかいぎ』じゃない!」

真姫「絵里…… うん、ありがとう二人とも」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 15:02:59.72 ID:Daf+tAcL0

真姫「それで、具体的にはどうするの?」

絵里「ここは、一番穂乃果の部屋に行っている海未を頼りましょう」

海未「任せてください! 穂乃果の部屋に行くにはですね……」

真姫「行くには?」

海未「行くには……」(あれ?)

海未(私って自発的に穂乃果の部屋に行ったことありましたっけ?)

海未(勉強以外だと……穂乃果から誘われて行っていたような……)

海未(……自分から切っ掛けを作ったことなんてなんて……勉強以外一回も……ない……)

真姫「それで海未! どうすればいいの!」

海未「……ません」

真姫「え? よく聞こえなかったわ。もう一回お願い」

海未「すみません!!!」ドゲザ

絵里「え!? 意気なりどうしたの海未!」

海未「穂乃果の部屋に自分から行ったことなんて、殆どありまさんでしたぁぁ!! だから切っ掛けがわかりません! すみません!!!」

絵里「海未……」

真姫「……顔を上げて、海未」





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 15:29:18.28 ID:Daf+tAcL0

海未「ですが……」

真姫「だって、私のためにちゃんと考えてくれたんでしょ? そんな海未を責められるわけないじゃない」

海未「うぅー…… すみません真姫ー……」

真姫「もう謝らなくていいから! で、絵里はどう?」

絵里「実は私も自分から行ったのはあの一回くらいで、それからは…… ごめんなさい……」

真姫「……そう」

絵里「真姫……」

真姫「やっぱり……私は行けないのかな……」グスッ

海未・絵里「!?」

真姫「こんな性格だから……穂乃果に……ヒグッ……好かれなくて……」

海未「真姫! 落ち着いてください!」

絵里「そんなこと言わないで! 真姫はとってもいい人じゃない!」





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 15:50:27.03 ID:Daf+tAcL0

真姫「でも……」

海未「! 思い付きました! 穂乃果の部屋に行く切っ掛けを!」

真姫「! ほ、本当なの!?」

海未「はい。 ですが、私達三人で行くことになります。それでもいいですか?」

真姫「勿論いいわよ! あなたたちと行けるなら尚更いいわ!」

絵里「それで、どうするの?」

海未「私達の特権を使うんです!」

真姫「私達の」

絵里「特権?」

海未「はい。では、今から穂乃果にメールをしますので許可が出たら行きましょう!」

真姫「わかったわ」

絵里「海未、頼むわよ」

海未「今度こそ任せてください!」





25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 15:59:25.29 ID:Daf+tAcL0

五分後


海未「返信は……今日きてもいいそうです」

真姫「ホントに!?」

絵里「やったわね!」

真姫「それで、一体何て送ったのよ?」

海未「私達は作詞、作曲、振り付けを考えています。なので、そリーダーの穂乃果に意見を貰いにいくと伝えました!」

真姫「それで私達の特権ってことなのね」

絵里「流石海未だわ!」

海未「それでは行きましょう! いざ穂乃果の部屋に!」

真姫・絵里「おー!」




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 16:14:19.33 ID:Daf+tAcL0

穂乃果家前


真姫「……」ドキドキ

絵里「ま、真姫少し落ち着きなさい」

海未「さて、いきますよ」ピンポーン

穂乃果「おー、海未ちゃん達いらっしゃーい! 早くあがってあがって!」

海未「はい、おじゃまします」

真姫・絵里「おじゃまします」



穂乃果の部屋


穂乃果「飲み物とか持ってくるからちょっと待っててねー」バタン

真姫「ここが、穂乃果の部屋……」キョロキョロ

絵里「初めて来た感想はどう?」

真姫「意外と綺麗でびっくりしてる……」

海未「流石に散らかしっぱなしにはしてませんよ」

真姫「そ、そうよね……」ドキドキ

絵里「大丈夫…?」

バタン

穂乃果「おまたせー! それじゃ、次の曲について話し合おっか?」





40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 19:34:35.00 ID:Daf+tAcL0

海未「歌詞はこのような感じで、これまでの思いを込めてみました」

穂乃果「うんうん! いい感じだね! μ’sの今までを表していていいよ!」

海未「あ、ありがとうございます///」

真姫「曲はこう……」

穂乃果「うんうん! イントロから盛り上がっていけそうで、とってもいいね!」

真姫「///」

絵里「振り付けは、明るい曲だから、最初はスキップして、それから……」

穂乃果「うんうん! 歌詞と曲にあったいい振り付けだと思う!」

絵里「ありがとう///」

穂乃果「ふぅ、次の曲もいいのができるね!」

海未「はい」

絵里「ええ」

真姫「ソウネ」

穂乃果「真姫ちゃん、大丈夫?」

真姫「ダイジョウブヨ」



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 19:46:27.93 ID:Daf+tAcL0

絵里「ちょ、ガチガチすぎるでしょ」

真姫「ソンナコトナイワヨ」

海未(穂乃果の部屋に初めて来た緊張で……
真姫……)

穂乃果「もしかして、体調よくないの?」

真姫「ダイジョウブ、シンパイナ……」

穂乃果「えい!」オデコピタ

真姫「!?!!!!」

絵里・海未「!!」

穂乃果「あんまり熱は……ってあれ!? 段々熱くなってきたよ!? 真姫ちゃん大丈夫!?」

真姫「ダ、ダイジョウ……///」バタンキュー

海未・絵里「真姫ーーーー!!」

穂乃果「真姫ちゃーん!?」









42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 20:02:28.88 ID:Daf+tAcL0

―――
――



真姫「あれ……私……」

穂乃果「あ、起きた?」ヒョコ

真姫「ほ、穂乃果!?」

穂乃果「うん、穂乃果だよ!」

真姫「海未と絵里は?」

穂乃果「それなら……」

海未「真姫ー……むにゃむにゃ……」

絵里「おちついてー……むにゃ……」

穂乃果「あんな感じて二人とも寝ちゃった。アハハ……」

真姫「寄りかかって寝ちゃって」

穂乃果「でも、二人とも真姫ちゃんが心配で、ちゃんと起きてたんだよ! 倒れちゃってびっくりしたんだから!」

真姫「ヴェェ……それはごめんなさい。でも、穂乃果だけが起きてるなんて珍しいわね」

穂乃果「真姫ちゃんが心配だったからね! すぐに寝てるってわかったからよかったけど」







43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 20:18:26.01 ID:Daf+tAcL0

真姫「そ、そうなんだ///」

真姫「ん? ところで、今何時なの?」

穂乃果「んーとねー、9時かな?」

真姫「ヴェェ!? え、そんなに寝てたの!? ママに連絡……」

穂乃果「大丈夫! もう連絡は入れといたから」

真姫「あ、ありがとう」

穂乃果「今夜はみんなでお泊まりだね! わー、テンション上がっちゃうよね!」

真姫(穂乃果の家でお泊まり…… 夢みたい……///)

真姫(それに、こんな元気な穂乃果……)

穂乃果「お泊まりなんて久しぶりだなー♪」

真姫(かわいい///)

穂乃果「よーし、二人を起こして、遅くなったけど夕食をたべよー!」

真姫「そ、そうね。起きなさい二人とも! 夕食の時間よ!」

海未「ふえ?」

絵里「はえ?」





44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 20:48:38.17 ID:Daf+tAcL0

夕食後


穂乃果「さて、これからお風呂だけど……どうやって入ろっか?」

海未「普通に一人づつでいいのでは?」

穂乃果「えー! せっかくのお泊まりなんだからみんなで入ろーよー!」

絵里「そもそも、みんなで入れるほど大きいの?」

穂乃果「いや、それは…… 入れても二人が限界かも」

海未「そ、それなら、公平にグッとパーでいいんじゃないでしょうか?」

穂乃果「よーし、穂乃果負けないよ!」

真姫「いや、勝負じゃないし……」

穂乃果「それじゃいくよー。グッとパーでわかれま……」

穂乃果・絵里・真姫・海未「しょ!」








55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/28(水) 21:54:35.41 ID:Daf+tAcL0

風呂場


穂乃果「いやー、海未ちゃんと入るのも久しぶりだなー」

海未「高校生にもなって、一緒にお風呂にはいることなんて、滅多にありませんよ」

海未(やりました! 穂乃果が何を出すのか見てから出すことで見事、穂乃果とお風呂です! 普段の鍛練の賜物です!)

穂乃果「じゃあ洗いっこだー! それそれー、海未ちゃん肌綺麗だねー」

海未「や、やめてください!///」

穂乃果「髪もさらさらー」

海未「恥ずかしい……///」

穂乃果「はい、ザバーン!」

海未「うぶっ!」

穂乃果「じゃあ、今度は海未ちゃんが洗ってね」

海未「は、はい」

























105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 15:01:56.56 ID:zkxwdS7h0

海未(絵里、真姫悪いですが私は一人、ユメノトビラを開いて欲望にススメ→トゥモロウしてきます!)

海未「そ、それではいきますね」

穂乃果「はーい」

海未(園田海未、いきます!)

――――
――



穂乃果の部屋



真姫「なんでこれから絵里とお風呂に入んなくちゃいけないのよ」

絵里「公平なルールで決まったんだから、仕方ないじゃない」

絵里「私は真姫と一緒に入れて嬉しいけどなー」

真姫「ヴェェ!?」

絵里「友達と一緒にお風呂なんてなかなかないしね」

真姫「わ、私は別に!」

絵里「そんなこと言って、真姫だって本当は……」

真姫「私は本当に!///」

絵里「素直にするには、あれしかないみたいね……」スッ

真姫「絵里……その手は……」

絵里「希直伝、ワシワシよー!」バッ

真姫「え、ちょっ! 絵里////!!」

ガチャ

穂乃果「二人ともー! あがったよー!ってあれ? 二人で何してるの?」

真姫「な、何でもないわよ///! さっさと行くわよ絵里!」

絵里「もー、待ってよ真姫ー」タッタッタッ

穂乃果「?」

海未「……」

海未(結局……なにもできませんでした……)グスッ



106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 15:03:43.43 ID:zkxwdS7h0

風呂場



真姫「なんであんなことしたのよ!」

絵里「だって素直になってくれないんだもん」

真姫「だからって……」

絵里「そんなことより、ほら髪洗ってあげるから」

真姫「……変なことしたらホントに怒るからね」

絵里「たまに亜里沙の髪を洗うし、自信はあるのよ」

真姫「私の話聞いてる!?」

絵里「ほら、どう?」ワシャワシャ

真姫「どうって……あれ?」

真姫(なんか、心地いい……かも)

絵里「ふふっ あまりにも良すぎて声も出ないのね」

真姫(シャンプーしてもらうのって、こんなによかったんだ……)

絵里「はい、ザバーン!」

真姫「ヴェ! なにすんのよ! 目に入っちゃったじゃない!」

絵里「家の伝統だし」

真姫「知らないわよそんなこと!」

絵里「それじゃ、次は真姫が洗ってねー」

真姫「なんで私が……」



107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 15:05:19.90 ID:zkxwdS7h0

絵里「真姫のシャンプー楽しみだわー♪」

真姫(なんでこんな期待してるのよ……まったく……)

真姫「この真姫ちゃんがやってあげるんだから、ありがたく思いなさいよね!」

絵里「感謝感激あめあられよ!」

真姫「なによそれ……」ワシャワシャ

真姫(でもなんか……)

真姫「楽しい」ボソッ

絵里「ん? なにか言った?」

真姫「何でもないわよ!」ザバーン

絵里「うばっ!」



116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 19:47:30.74 ID:zkxwdS7h0

穂乃果の部屋


穂乃果「みんなそろったところで! どうしよっか?」

真姫「お風呂で疲れたからもう寝たいんだけど……」

穂乃果「えー!? 夜はこれからだよ! これから終わらないパーティーだよ!!」

絵里「真姫、夜は始まったばかりなのよ?」

真姫「あなたのせいでしょ! まったくー……」

海未「私も眠くなってきたので、そうしてもらえると……」

穂乃果「うー…… なら今日はもう寝よっか」

真姫「それで、どこで寝るのよ? 穂乃果のベットじゃみんなは無理そうだけど」

穂乃果「そんなことないよ! ほらみんな来て!」ポンポン

海未「そ、それでは」

絵里「失礼して」

真姫「ちょ、なにしれっと隣に行こうとしてるのよ!」

絵里「冗談よ冗談。 ほら、真姫どうぞ」

真姫「べ、別にそんなんじゃ///」

絵里「いいから来る!」グイッ

真姫「ヴェェ!?」



118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 19:48:43.06 ID:zkxwdS7h0

穂乃果「いやー、みんなでくっつくと温かいねー」

海未「ポカポカですね///」

絵里「これだと直ぐに眠っちゃうわね」

真姫(安心する……)

穂乃果「それじゃ、おやすみなさーい!」

絵里・真姫・海未「おやすみなさい」



――――
――



次の日



海未「昨日はありがとうございました」

穂乃果「いやいや、全然! また来てねー」

絵里「ええ、また」

真姫「うん」

穂乃果「じゃあねー!」バイバイ



―――
――




真姫「本当にありがとう、海未、絵里」

海未「いえ、当然のことをしたまでです」

絵里「私は何にもしてないけどね」

真姫「そんなことないわ。 私のこと気遣ってくれたし……」

真姫「本当にありがとう、二人とも!」ペコリ





119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 19:49:36.38 ID:zkxwdS7h0

数日後



海未「みんなそろいましたね」

絵里「ええ」

真姫「それじゃ、始めましょう」

絵里・真姫・海未「ほのかいぎ!」


おわり



120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 19:50:43.74 ID:zkxwdS7h0

読んでくださった方、励ましてくれた方、ありがとうございました


元スレ
SS速報VIP:えりまきうみ「ほのかいぎ」