1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 23:15:36 ID:PTHlVvc6


アルミン「ミカサに打ち明けるなんて、本当にみっともなくて仕方ないんだけど……」

ミカサ「アルミン、目が赤い」

アルミン「このごろ全然眠れないんだよ。エレンに相談したって笑われるだけだろうし、ミカサに話せば何とかなるかも、って」

ミカサ「私たちは幼馴染。話せないことなんて何もない」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 23:17:10 ID:PTHlVvc6


「おじさんと一緒に堕ちよう。ねえ君」

「嫌だあ!」

「! やっと声を聞かせてくれたね、かわい子ちゃん!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 23:18:34 ID:PTHlVvc6


アルミン「そういう場面が頭から離れないんだ。忘れようとすればするほど、もっと気持ち悪いことが次から次に頭に浮かんできて」

ミカサ「」

アルミン「気がついたら朝になってたりする。このままだと僕はどうなってしまんだろう」

ミカサ「」

アルミン「気持ち悪いよね。僕のこと軽蔑しただろう?」

ミカサ「」

アルミン「ミカサ……」

ミカサ「アルミン落ち着いて。よく私に相談してくれた」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 23:21:03 ID:PTHlVvc6


アルミン「え?」

ミカサ「さあ立って。今は感情的になっている時じゃない」

ミカサ「ねえアルミン。おじさんの幻を排除すれば、アルミンはよく眠れて、元気を取り戻せる。違わない?」

アルミン「それはそうだけど……」


ミカサは分かっているんだろうか? 僕が怖れているのは、本当は、


ミカサ「分かってる。アルミンがおびえているのはあのおじさんよりも、自分自身の影」

アルミン「!?」

ミカサ「今、あなたがしなければならないのは、それに立ち向かうこと。戦って勝つ。勝てば生きる、戦わなければ勝てない!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 23:23:31 ID:PTHlVvc6


アルミン「えっ……」

ミカサ「さあ。私をあのおじさんそして自分自身の影だと思って、ぶつかってきて!」

アルミン「それは、どういうこと?」

ミカサ「つべこべ言わない。私を倒すつもりで、全力でぶつかってくるの!」

アルミン「そうか…… よしっ」ダッ

ミカサ「フンッ!」


ドサァ


アルミン「痛った…… ミカサ、少しは手加減してよ!」

ミカサ「手加減してないとでも? ほんとに手加減してなかったら、今頃あなたはそこで気絶している」

アルミン「……」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 23:25:49 ID:PTHlVvc6


アルミン「……」

ミカサ「さあもう一度!」

アルミン「くそっ!」


ポイッ
ガシャーン


アルミン「うう……」

ミカサ「どうしたの? アルミンあなたの魂が全然感じられない! そんな体当たりでは私を倒すどころか、ここから1センチだって動かすことはできない!」

アルミン「……無理だよ。だってしょせん僕は僕だし、君はミカサなんだもの」

ミカサ「そんなの関係ない」

アルミン「か、関係ないってそんな……」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 23:31:31 ID:PTHlVvc6


ミカサ「聞いてアルミン。私は9歳の時に初めて戦った。そして勝った。相手は大人の男。私はその時、魂ごとぶつかっていく戦い方を知った。そうすれば倒せないものなんてない。たとえ相手が巨人でも。

アルミン。今があなたにとって一番大事な時。あなたは今、この戦い方を学ばなければならない!」

アルミン「分かったよ…… でも無茶苦茶だな」

ミカサ「つべこべ言わない!」

アルミン「そうか…… 行くぞ!」

ミカサ「フッ!!」


ドシーン
ガラガラ


ミカサ「そうその調子! 今のが一番いい、今の気持ちを忘れては駄目!」


エレン「うるせえなあ。何時だと思ってんだ」

ミカサ「ごめんなさいエレン、ちょっとアルミンの相談事を聞いてあげてて」

エレン「お前の相談室は真夜中にこんな騒音たてなきゃいけねえのかよ。いい加減にしろ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 23:33:52 ID:PTHlVvc6


アルミン「……ごめんよエレン。もう済んだから」

エレン「そうか? あんまりミカサに世話焼かせんなよ」

ミカサ「アルミン、これだけは忘れないで。もし魂が死んでしまったら、その人間はそれで終わり。でもあなたなら大丈夫。きっと勝てる!」

エレン「……」


バタン

ミカサの言うことが、何となく分かったような分からないような気持ちで、僕はベッドに入った。

そして……

やっぱり眠れなかった。



数日後。



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 23:37:46 ID:PTHlVvc6


おじさん「わあああ!? やっと見つけたぞかわい子ちゃん!」

アルミン「おじさんどうしてここへ?」

おじさん「探したんだよぉお、君に会うことを楽しみにして足を棒にして!」



駄目だ。

なんで僕は…… おじさんが近づいてくるのをぼーっと眺めてるんだ。

どうして僕の体は動かないんだ。



(この異端者!)

──立ち塞がるいじめっ子、巨人に食われる34班のフラッシュバック──


(戦え!)

(今の声は? ミカサ?)



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/21(金) 23:39:37 ID:PTHlVvc6


その時、思い出した。

この光景は今までに何度も、何度も見てきた。

でも、……見なかったことにしていた!


(戦え!)


そうだ。この世界は、残酷なんだ。


(戦え!)


その瞬間、体の震えが止まった。

その時から僕は、自分を完璧に支配できた。


何でもできると思った!


うおおおおおおおおおおおおおォォォォォォォォォォォォーーーッ!!!!





元スレ
SS深夜VIP:アルミン「話したいことがあるんだ」