3: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:13:12.60 ID:r6pGEsbi.net

千歌「……ただいま」

志満「お帰り、千歌ちゃん。夕飯もう少しで…」

千歌「今日はいいや。疲れちゃったから」

志満「……そう。お腹減ったら降りてきてね」

千歌「ん」

美渡「……」



4: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:14:00.76 ID:r6pGEsbi.net

志満「何かあったのかな」

美渡「さあな」

志満「後で様子見に行こうかな」

美渡「ああ、うん…」

志満「とりあえず取り分けられる物はお皿によそって…」

美渡「なあ、志満」

志満「んー? どうかしたー?」

美渡「元気付けるってどうしたらいいの?」



5: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:14:33.63 ID:r6pGEsbi.net

志満「それは元気付けたい相手の喜ぶことをしてあげるとかじゃないの」

美渡「そうだよな。それが普通だよな」

志満「煮え切らないなぁ。どちらかと言うと元気付けなきゃいけないのは美渡の方じゃない?」

美渡「いや、私は良いんだって。私は…」

志満「……ははーん」

志満「千歌ちゃんの事でしょ?」

美渡「ぐっ」

志満「お節介ねぇ、美渡は」

美渡「そういう志満は案外ドライだよな、千歌に対して」

志満「そんな事ないよ。ちゃんと慰めたりしてるもの」

美渡「なんかそういうとこ志満だなって感じ。深く関わろうとしないと言うか」



6: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:15:02.17 ID:r6pGEsbi.net

志満「下手に首を突っ込まないようにしてるの、私はね」

美渡「やっぱそうなのかな。私、千歌を構いすぎなのかな…」

志満「あら。美渡もそういうの考えたりするのね」

美渡「失礼だなー。相変わらず毒がありますこと」

志満「うふふ」

美渡「こーわ」

志満「でも良かった」

美渡「何がだよ?」

志満「何でも♪」

志満「(美渡もちゃんと『お姉ちゃん』出来てる。ちゃんと出来てるからね)」



7: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:16:23.15 ID:r6pGEsbi.net

美渡「志満は時々そうやって笑うよな。なんか色々見透かされてる感じがしてこえーよ」

志満「あらあら? それがお姉ちゃんに対する態度?」

美渡「その笑顔もやめてマジやめて」

志満「……本題に戻すよ」

美渡「あ、ああ…」

志満「美渡は今まで通り千歌ちゃんに寄り添ってあげて」

美渡「良いのかな?」

志満「言ったでしょ? 私は下手に首は突っ込まないって」

美渡「いやそれだと私は下手に首突っ込む不謹慎なヤツじゃん」

志満「そうよ」

美渡「そうよじゃねーよ!」



8: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:16:59.14 ID:r6pGEsbi.net

志満「美渡が千歌ちゃんを構う。ちょっと喧嘩になる。千歌ちゃんが私のとこに来る。千歌ちゃんを慰めて元気付ける。これで完璧ね」

美渡「私、汚れ役じゃん!」

志満「これが高海家姉妹システムよ」

美渡「道理でいつも喧嘩した次の日はケロッとしてる訳だ」

志満「いぇい、長女の特権」

美渡「千歌に嫌われるのは必然的ってかぁ…」

志満「何を今さら。何年こんな感じで過ごしてきたの」

美渡「今さら気付きたくなかったよ、こんな事」

志満「ほらほら。システム始動よ。美渡が構って、私が慰めるで解決!」

美渡「押すなっての!わかった、わかりましたから!嫌われ役は慣れっこだっての!」

志満「任せるわね、美渡」

美渡「へーい」

志満「……」

志満「嫌われ役、ねぇ」



9: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:17:36.22 ID:r6pGEsbi.net

*───*───*

志満『千歌ちゃん、そろそろお夕飯…』

梨子『千歌ちゃんは良いよね。私、一人っ子だからお姉ちゃんとか憧れるな~』

千歌『そーお?梨子ちゃんも憧れるんだ、お姉ちゃん』

梨子『だって美渡さんも志満さんも素敵じゃない』

千歌『えへへ。そーかな?』

梨子『実際、どうなの?』

千歌『へ?何が?』

梨子『どっちのお姉ちゃんが好き、とか』

志満『!』

千歌『べ、別にそんなのないけど…』



10: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:18:17.59 ID:r6pGEsbi.net

梨子『でも、ほら。二人とも性格がかなり違うし、頼りになるとこも違ってくるでしょ?』

千歌『それはまあ、確かにあるけど…』

志満『(あ、あるの!?)』

千歌『逆に梨子ちゃんは志満姉と美渡姉のどっちがいい?』

梨子『私? 急に振るのね。うーん…』

梨子『志満さん、かな?優しいし、綺麗だし。悩み事とかも相談乗ってくれそう』

志満『(梨子ちゃん…! 今度よしよししてあげよう!)』

千歌『ふーん、そうなんだ。ちなみに美渡姉は?』

梨子『明るくてお茶目で可愛い人、かな?けど、時々ちょっと怖い所あるし…』

志満『(美渡はそう見られてるんだ…)』



11: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:19:00.32 ID:r6pGEsbi.net

千歌『お茶目で可愛いって…! ぷぷっ!』

梨子『でも見てたら実際そうだよ?一緒にいると楽しそうなのは美渡さんだし』

千歌『そっかそっか。梨子ちゃんには志満姉たちがそう見えてるんだね』

梨子『そうだよ。だから賑やかで羨ましいなって』

千歌『ふふふっ。そう見られてるなら見られてるで嬉しいな』

梨子『何それ~? というか私も言ったんだし、千歌ちゃんも言ってみてよ!』

千歌『うーん。内緒にしてくれる?』

梨子『え?なんか怒られるような事なの?』

千歌『なはは。何て言うか、恥ずかしいと言うか』

梨子『やっぱりそういうものかな?』



12: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:19:52.36 ID:r6pGEsbi.net

千歌『自分の母さんや父さんの好きなとこ言ってって言ってるようなもんだし』

梨子『た、確かに…』

千歌『教えるのは教えるけど、内緒の方向で…』

梨子『り、りょーかい。なんかごめんなさい…』

志満『(私もごめんなさい…!)』

千歌『えっとね。私が好きなのは───』

*───*───*

志満「バカね。"嫌われ役"は元々いないのよ、美渡」

志満「さて、取り分けの続き、続き」



13: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:20:31.15 ID:r6pGEsbi.net

美渡「……千歌?」

千歌『……』

美渡「入っていいか?」

千歌『……来ないで』

美渡「分かった。じゃあ、ここで」

千歌『……』

美渡「……」

美渡「あー、なんだ。今度は何があったんだ?」

千歌『……べつに』



14: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:21:08.77 ID:r6pGEsbi.net

美渡「んな訳ねーだろ。お前が夕飯食わないなんて何かあったに決まってんだろーが」

千歌『……美渡姉にはかんけーないもん』

美渡「ああ、関係ない。だけど、私も飯食う前に辛気くさい雰囲気の中で食いたくないの」

千歌『……じぶんかって』

美渡「そう。それが私だ。よーく分かってんだろ?」

千歌『……美渡姉のばか』

美渡「バカ千歌に言われる筋合いはないし」

千歌『…美渡姉のあほ』

美渡「アホもお前だ」

千歌『いつもいつも首突っ込んで来てさ。余計なお世話だよ』

美渡「構って欲しいのに何言ってんだよ」

千歌『構って欲しいのは美渡姉のくせに』

美渡「言うようになったな~。バカ千歌のくせに」



15: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:21:44.36 ID:r6pGEsbi.net

千歌『……』

千歌『あのね』

美渡「ああ」

千歌『わたし、どうしたいのかなって思って』

美渡「どうしたい?」

千歌『わたしも今年で高校卒業でしょ?』

美渡「なるほどな」

千歌『何さ。わたし、まだ全部言ってないんだけど』

美渡「私には関係ねえのに、全部話そうとしてたのか?」

千歌『美渡姉のいじわる』

美渡「言っとけ」



16: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:22:11.43 ID:r6pGEsbi.net

美渡「……ま、要するに将来何がしたいか、だろ?」

千歌『よくわかったね』

美渡「関係ないのに毎回首突っ込んでるからな~」

千歌『あはは。そっかそっか』

美渡「そうだな…」

美渡「千歌はなんでスクールアイドルなんてやろうとしたんだ?」

千歌『キラキラ輝いてて、眩しかったから…?』

美渡「そう。んで、お前はキラキラ輝いてた」

千歌『輝いてた、かな?』

美渡「他の子とかには及ばねーけど」

千歌『ぐっ。一言余計』

美渡「それでも、少なくとも必死に頑張るお前の姿を見て、心動かされたヤツはいるかもだろ?」

千歌『いるかな?』

美渡「いるいる」

千歌『なんかてきとー』



17: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:22:37.99 ID:r6pGEsbi.net

美渡「……例えばの話だ」

美渡「今まで何やっても"中途半端"だった人間が、顔色変えて必死に頑張るようになったらさ、応援したくなるだろ」

千歌『そりゃ、うん』

美渡「"中途半端"なままの人間は、何をしたいかも分からずに日々を過ごして、気付けばなるようになってる」

美渡「楽な方に行って、辛い事から逃げて、気付けばなるようになってる」

千歌『……』

美渡「けど、気付いたその時には遅いんだよな。将来ってのは…」

千歌『えへへ』

美渡「さすがにクサいこと言い過ぎたか…」

千歌『美渡姉は"中途半端"なんかじゃないよ』

美渡「……誰が私の事なんて言ったよ」

千歌『何年妹やってきたと思ってるの?』

美渡「うっせえよ、バカ千歌」



18: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:23:18.03 ID:r6pGEsbi.net

千歌『……じゃあ、わたしどうすればいーかな?』

美渡「お前がスクールアイドルになってどうしたいかってのは、その時その時に自分で決めたんだろ?」

千歌『まあ、うん』

美渡「じゃあ、おんなじだ。焦る事はねーんだよ。何がしたいとかやりたいをしっかり考えりゃ、勝手に将来も見えてくるって」

千歌『でも現実そんなに甘くないじゃん』

美渡「めんどくさい事は考えなくていいから。したい事見つかるまで迷えばいいじゃん」

千歌『この一年じゃ見つかるかわかんないじゃん』

美渡「バーカ。無理に一年で見つけろなんて言ってないし」

美渡「挑戦して挫折しても、また別の何かに挑戦出来るくらいの根性くらい、今のお前にはあるだろ?」

千歌『……うん!』

美渡「ふふっ」

千歌『じゃあ、今からどういう行動を…』

美渡「それは自分で考えろっと」

千歌『……えへへ、美渡姉の意地悪』



19: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:23:43.74 ID:r6pGEsbi.net

美渡「なんだ。案外元気じゃん。泣いてんのかと思った」

千歌「な、泣いてないしっ! 泣いてないもんっ!」

美渡「びっくりした。急に開けるなっての…」

千歌「むーっ!」

美渡「夕飯は?」

千歌「……食べる」

美渡「じゃあ今日カキフライだったから一個よこせ。相談料」

千歌「はあ!? 相談なんて頼んだ覚えないし!」



20: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:24:10.27 ID:r6pGEsbi.net

美渡「優しい姉ちゃんが相談に乗ってあげたってのに…」

千歌「いやいやいや! 優しいって誰が?」

美渡「んっ」

千歌「無い無い」

美渡「……お先っ」

千歌「あっ! 待て、このぉ!!」

美渡「んがっ、放せバカ千歌!」

千歌「放すもんかあああああ!!」



21: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:24:41.44 ID:r6pGEsbi.net

志満「あらあら。解決しちゃったかしら?」

志満「おかずを温め直してっと…」


*───*───*

千歌『えっとね。私が好きなのは、美渡姉だよ!』

梨子『へぇー。あんなに喧嘩してるのに』

千歌『えへへ。色々あるんだよ』

千歌『まあ、だいっっっきらいだけどね!』

梨子『ふーん……え!? どういう事?』

千歌『なーいしょ!』

*───*───*


志満「そうねぇ…」

志満「私から千歌ちゃんにカキフライあげたら丸く収まるかな、なんてね」



22: 名無しで叶える物語 2020/05/29(金) 00:25:11.92 ID:r6pGEsbi.net




元スレ
美渡「襖越の背中合わせ」