SS速報VIP:「ねえ、大丈夫かい?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590859379/



1: ◆xa8Vk0v4PY 2020/05/31(日) 02:23:00.06 ID:uUnHeNjQ0

「うん、無理に喋らなくていい。でも、ここは危ないね。次の電車も来てる」

「少しだけ歩けるかい?…そう。じゃあ、手を出して」

「うん……しょ…っ!」

「もう少し…もう少し…」

「よし、ここなら大丈夫だ。お疲れ様」

「顔色が良くないね。ちょっと待ってて」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1590859379




2: ◆xa8Vk0v4PY 2020/05/31(日) 02:23:45.90 ID:uUnHeNjQ0

お待たせ。スポーツドリンクだけど、飲めるかい?」

「……飲めるかと聞いておいてなんだが、かなり汗をかいているね」

「脱水の可能性がある。吐き気があっても、多少無理してでも飲んで欲しいな」

「…うん、そうそう」



3: ◆xa8Vk0v4PY 2020/05/31(日) 02:24:53.02 ID:uUnHeNjQ0

「お金?いいよ、単なる私のお節介だ」

「……マジメだなあ。うーん、そうだな……」

「吐き気はないんだね?お腹は空いてるかい?」

「……ふふっ。水分を取って、腸が動いたのかな」

「じゃあ、ちょっと付き合ってくれるかい?」




4: ◆xa8Vk0v4PY 2020/05/31(日) 02:25:21.72 ID:uUnHeNjQ0

「助かるよ。ラーメンは好きなんだけど、女一人じゃ入りにくくてね」

「食べれる?うん、好きなのを頼んでね」

「お金?いいって。私が君を連れまわしてるんだ。アルバイト代とでも思ってくれ」

「……じゃあ、この後もちょっとついてきてくれるかい?」



5: ◆xa8Vk0v4PY 2020/05/31(日) 02:26:05.46 ID:uUnHeNjQ0

「いい眺めだろう?私が見つけたんだ」

「風が気持ちいいし、柵もないし、人目もない」

「何よりタイミングが関係ない。空を見上げて歩くだけだ」

「電車に飛び込むよりずっと楽だろう?」

「……やっぱり図星か。分かりやすいね、君」




6: ◆xa8Vk0v4PY 2020/05/31(日) 02:26:49.86 ID:uUnHeNjQ0

「いやいや、別に咎めたりするわけじゃないさ」

「君は君で色々あったんだろうね。初対面の私じゃ知る由もない事が」

「……ただ、そうだね。ここは、死にやすい」

「電車なんかより、よっぽど。いつでも死ねるさ」

「いつでも死ねる。そう思ったら、少しは気が楽になるんじゃないか?」

「……そう」

「リアリストだね。確かに電車の時と同じかもしれない」



7: ◆xa8Vk0v4PY 2020/05/31(日) 02:27:21.48 ID:uUnHeNjQ0

「……これは憶測だけど、君は自分の事より人の世話の方が得意なんじゃないか?」

「あるいは、人の目の前だとある程度行動的になれるけど、自分一人だと途端に何もできなくなるとか」

「……ふふっ。君が分かりやすいんだよ」



8: ◆xa8Vk0v4PY 2020/05/31(日) 02:28:05.13 ID:uUnHeNjQ0

「じゃあ、そうだな…」

「まず、友達を作ってみようか」

「君は友達の前なら、カッコつけた相手の前なら、きっと……」

「…きっと最期の一歩を踏み出せる」

「それが君の目標だ」



9: ◆xa8Vk0v4PY 2020/05/31(日) 02:28:35.39 ID:uUnHeNjQ0

「……うん、いい顔だ」

「じゃあ、目を瞑ってくれないかな。一応耳も塞いだ方がいい」

「流石に良心が痛むからね。付き合ってくれてありがとう」


「バイバイ」


元スレ
SS速報VIP:「ねえ、大丈夫かい?」