1: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 21:53:46.52 ID:Bk+gHFbG.net

フ゜ルルルルル…フ゜ルルルルル…

ダイヤ「あら、珍しいですわね…」

ダイヤ「はい、もしもし」

理亞「も、もしもし…Saint Snowの鹿角理亞です…」

ダイヤ「は、はい…どうなさいましたか? 理亞さんがわたくしに直接電話をかけてくるなんて初めてではないですか? 何か特別な用件でも…」

理亞「その、実は相談したいこと、というかあの、訊きたいことがあって…」

ダイヤ「? …わたくしに分かることでしたら何でもお答えいたしますわ」

理亞「じ、じゃあ…えっと、姉さまの様子が最近おかしいの。あなた何か知らない?」

ダイヤ「聖良さんの様子が…? いえ、特に変わったことはありませんが、何かあったのですか?」

理亞「うん、実は最近メールしてもすごく返信が遅かったり、電話をかけても別の人と通話中のことが多くて…もしかして姉さま、恋人でも出来たんじゃないかって。姉さまああ見えてあんまり人を疑わないし純粋だから東京の悪い人に騙されたりしてないか心配で…」



3: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 21:56:16.42 ID:Bk+gHFbG.net

理亞「あなた、姉さまと同じ大学に通ってるんでしょ? 何か知ってるんじゃないかと思って電話してみたんだけど、ごめんなさい」

ダイヤ(……おや?)

ダイヤ「理亞さん、聖良さんからは何も聞かされていないのですね…?」

理亞「え、ええ。どうして?」

ダイヤ(なるほど…まったくあの人は)

ダイヤ「ゴホン…理亞さん、突然ではありますが大事なことをお伝えしなければなりません」

理亞「え、どうしたの急に…」

ダイヤ「わたくし黒澤ダイヤ、鹿角聖良さんと真剣にお付き合いさせていただいております」

理亞「………」

理亞「えええええええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!」



4: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 21:58:10.81 ID:Bk+gHFbG.net

理亞「そ、そんな…姉さまが、黒澤ダイヤと…ルビィの姉と付き合ってる…? うそ…私に黙って…なんで…」

ダイヤ「理亞さん! 落ち着いてください! わたくしたちは健全なお付き合いさせていただいておりますし理亞さんのご心配にはおよびませんわ! 何より互いに愛し合っておりますので///」

理亞「愛し合っ…! そんなこときいてない! だいたいなんで姉さまとあんたが…!」

ダイヤ「そうですわね、最初はお互い上京したてで心細かったのもあって一緒に過ごすことが多かったのですが…そうそう、互いの妹の可愛いところなんかを紹介しあったりしてるうちにどんどん親しくなりまして」

理亞「馴れ初めが聞きたいんじゃない! 姉さま…私という妹がいながら黒澤ダイヤと交際してたなんて…」

ダイヤ「フフッ…聖良さんったら本当に理亞さんのことが好きなんですのね。普段は落ち着いた印象ですのに理亞さんのこととなるととても熱っぽく語ってくださるのですよ?」

理亞「ね、姉さま…/// って!騙されないんだから! ふん、あんたに姉さまの何が分かるっていうの! 私は16年姉さまと一つ屋根の下寝食を共にしてスクールアイドルとしても苦楽を分かち合った最高のパートナーなの。昨日今日知り合ったあんたなんか…」

ダイヤ「ええ、確かに理亞さんの言う通り、わたくしたちは交際しているとはいえまだ日も浅いです。なので実は―



5: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:01:50.76 ID:Bk+gHFbG.net

 「ダイヤー? 電話中ですかー? お風呂先にいただきますよー?」

理亞「」

ダイヤ「……と、いうわけでして、実は半同棲という形で二週間ほど前からわたくしの家で一緒に暮らしているのです。」

理亞「…今の声…姉さま…しかも呼び捨てだった…私以外の女の子を呼び捨てにした事なんて一回もなかったのに…半…同…棲……」

ダイヤ「そういうことですので、聖良さんのことは何も心配ありませんわ! 体調には気をつかうよう言ってありますし健康バランスを考えたお弁当もわたくしが毎日作っておりますので!」

理亞「手作り弁当…!? そこまで姉さまが黒澤ダイヤに侵食されていたなんて…」

ダイヤ「ご理解いただけたでしょうか…?このような形でのご報告になってしまい申し訳ありません。聖良さんの口からもお聞きすることになると思いますがその時はそれっぽいリアクションを―



6: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:03:25.05 ID:Bk+gHFbG.net

理亞「…ダメ。」

ダイヤ「え?」

理亞「絶対ダメ!! あんたなんかに姉さまは任せられない! 断固認めない!」

ダイヤ「そ、そんな! わたくし何か気に障ることでもしてしまったでしょうか…? 言ってくだされば改善に努めますし理亞さんとももっと仲良くしたいと…」

理亞「ダメなものはダメ!!」フ゛チッ

ダイヤ「ああ!理亞さん!ちょ…」ツーツーツー





理亞「ウッ…姉さま…私のことなんてもうどうだっていいんだ…ク゛スッ…うう…」



7: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:05:24.09 ID:Bk+gHFbG.net

ダイヤ「はあ…嫌われてしまった、のでしょうか…」

聖良「お先にいただきました~…どうかしましたか?」

ダイヤ「い、いえ、なんでも。聖良さん、理亞さんにはわたくしたちのこと…」

聖良「ああ、まだ伝えてはいません。今度ちゃんと二人で住む部屋を探そうって話してましたよね? それが決まったら理亞にも報告して新しい部屋にも遊びに来てもらおうかなと思ってたんです。」

ダイヤ「なるほど…」

聖良「フフッ…理亞はルビィさんと仲が良いですから、きっと私たちのことも喜んでくれると思いますよ!」

ダイヤ「そ、そうですわね…」

ダイヤ(言えない! 言えないですわ! 今さっき私たちの関係を拒絶されたなんて、この一点の曇りもない笑顔の聖良さんにお伝えするなどわたくしには…出来ない…!)

ダイヤ(でも一体どうすれば…困りましたわね)



9: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:06:34.47 ID:Bk+gHFbG.net

聖良「…何か不安なことでもあるの?」

ダイヤ「! …いえ、別に…なんでもありませんから…」ポリポリ

聖良「……」


キ゛ュッ…


聖良「今日はこうして寝ましょうか」

ダイヤ「……はい」

聖良「何があったのかは訊きません。でも私は何があってもダイヤの味方です。いつだって力になります」

ダイヤ「ありがとうございます。その言葉が何よりの励みです。それに…」

聖良「それに?」

ダイヤ「あたたかい、ですわ。こんなにも安心できる場所があるなんて、わたくしはなんて幸せ者なのでしょう」

聖良「それは私のセリフですよ。それじゃあ、おやすみなさいダイヤ」

ダイヤ「ええ、おやすみなさい」



11: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:08:06.23 ID:Bk+gHFbG.net

聖良「スゥ…スゥ…」

ダイヤ(聖良さんにお願いして理亞さんと話し合っていただければ、もしかしたら納得していただけるかもしれない…しかしそれで良いのでしょうか)

ダイヤ(理亞さんと心を通わせることができずに、聖良さんに相応しい相手であると胸を張れるでしょうか)

ダイヤ(何より信頼できない相手に姉を任せる理亞さんの気持ちを考えると…やはり理亞さんの、義妹の信頼はわたくし自身の手で勝ち取らなければ!)

ダイヤ(この安らぎに甘えてばかりではいけませんわ。聖良さん、わたくし黒澤ダイヤ、必ず鹿角家に歓迎される淑女になってみせますわ!)



13: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:09:28.76 ID:Bk+gHFbG.net

週末


聖良「ルビィさんが風邪を?」

ダイヤ「え、ええ。ですので急遽沼津に帰って看病してあげようかと思いまして。」

聖良「なるほど、そういうことだったら私もご一緒します。ルビィさんにも私からしっかりあいさつしておきたいですし」

ダイヤ「そ、それには及びませんわ! ルビィは聖良さんのことを歓迎してくれていますしせっかく沼津に来ていただくというのにわたくしがルビィに付きっきりだと聖良さんもあまり楽しめないでしょう? それに万が一聖良さんに風邪がうつったりしたら大変ですわ!」

聖良「そ、そうですか…それなら少し寂しいですがお留守番していますね」

ダイヤ「うっ…そうして頂けると助かります…今週末一緒にいれない分の埋め合わせはかならずどこかで…!」

聖良「気にしないでください。実の妹が心配な気持ちはよくわかりますから。ほら、ルビィさんが待っていますよ」

ダイヤ「ありがとうございます…それでは行ってきます」

聖良「行ってらっしゃい。気を付けて」



14: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:11:07.52 ID:Bk+gHFbG.net

ダイヤ「…はあ、わたくしたちの今後のためとはいえ、聖良さんに嘘をついて家を空けるというのは胸が痛みますね…」

ダイヤ「一瞬ですがたしかに悲しそうな顔をしていましたし…あんな顔を二度とさせないためにも、ここでわたくしが理亞さんに真の意味で認めていただかなくては」





ダイヤ「はるばる来ましたわ……函館!!」

ダイヤ「面と向かって気持ちを伝えればきっと分かっていただけるはず…!」

ダイヤ(やはり緊張しますわね…この扉を開けたら理亞さんが…いえ、何を怖気づくことがありますか。わたくしの聖良さんへの愛は本物! それを理解していただければ良いだけのこ…)

ガラララッ

ダイヤ「ピギャッ!!!」

理亞「うわあっ!!!」



15: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:12:00.82 ID:Bk+gHFbG.net

ダイヤ「あっ…あの!…ご無沙汰しております。黒澤ダイヤです。今日はお話が、お話がありますの!」

理亞「なんであんたがここに…! 今店忙しいんだけど」

ダイヤ「でしたら店内で待たせていただいてもよろしいでしょうか? もちろん、ちゃんと注文しますのでどうかお話を…」

理亞「……入って」

ダイヤ「…! ありがとうございます!!」



17: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:14:44.57 ID:Bk+gHFbG.net

理亞「で、話って何? この間も言ったけど私はあんたと姉さまが付き合うの、認めるつもりはないから」

ダイヤ「はい…そのことで。わたくしの真剣さや誠意が伝わっていないのかと思いまして。聖良さんとわたくしの関係は遊びじゃないのですわ」

ダイヤ「わたくしは心の底から聖良さんをお慕い申し上げておりますし聖良さんもわたくしのことを…お、同じように想っていただいております/// 理亞さんが心配しているようなことはなにも…ですから…」

理亞「そ、そんなの! ……わかってるわよ…だいたい姉さまは!? 一人で来たの? 函館まで?」

ダイヤ「ええ。聖良さんに相談しようかとも思いましたが、わたくしが理亞さんの義姉になるためには自分で解決しなくてはと思いまして」

理亞「義姉ッ…!? わたしの姉さまは姉さまだけ! 代わりなんていないんだから…それなのに姉さまは…」



18: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:16:41.39 ID:Bk+gHFbG.net

ダイヤ「理亞さん…?」

理亞「東京で私の知らない人といっぱい出会って、楽しいこといっぱいして、黒澤ダイヤと一緒に暮らして…私のことなんてもうどうでもいいんだ…」

ダイヤ「理亞さん……」

理亞「新しくグループも初めて、やっぱり大変なこともあるし…正直姉さまに甘えたいときだってある。グループのみんなで支えあって頑張ってるけど、やっぱりスクールアイドルとしても家族としても、姉さまがいないのってすごく寂しくて…」

理亞「姉さまが新しい生活を満喫してるのは私もうれしい。でも姉さまがどこか私の知らない、遠いところに行っちゃったみたいで…」



19: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:18:25.77 ID:Bk+gHFbG.net

ダイヤ(ああ、わたくしはなんて勘違いを…理亞さんはずっと寂しかったんですのね…スクールアイドルとして、家族としてずっと一緒にいたんですもの、当然ですわ。

ダイヤ(わたくしは聖良さんと一緒にいるのでルビィやAqoursの皆さんと別れても落ち込むことはありませんでしたが、気持ちはよく分かります…)

ダイヤ(それなのにわたくしときたら…理亞さんに寄り添うことなんてせず自分のことばかり…バカダイヤですわ…)

理亞「私が反対することが姉さまの幸せを奪うことになるって自分でも分かってるのに…でも寂しくて…ごめんなさい…もう、私のことなんて気にしないでいいから…姉さまにもそう伝えて」

ダイヤ「理亞さん」

理亞「なに…話はもう済んだでしょ…好きにしなさいよ」



20: 名無しで叶える物語 2020/05/31(日) 22:20:02.72 ID:Bk+gHFbG.net

ダイヤ「聖良さんが理亞さんのことをどうでもいいと思ってるなんて、そんなこと決してありませんわ。

ダイヤ「聖良さんったら、一緒にお出かけしても『この服はきっと理亞に似合います』とか『理亞にも食べさせてあげたいです』とか、いつも理亞さんのことを想っていますのよ。フフッ…少し妬いてしまうくらい。」

ダイヤ「たった一人の、かけがえのない姉妹ですもの。理亞さんが聖良さんを大切に思っているように、聖良さんだって理亞さんのことを大切に思っているのですよ。わたくしが保証いたします! だから自分を責めたりしないで」

理亞「でも…」


キ゛ュッ…


ダイヤ「甘えたいときは、甘えてもよいのですよ」

理亞「ウッ…うう……うわぁぁぁぁぁん!」キ゛ュッ!

ダイヤ「うふふ、ルビィには怒られてしまうかもしれませんね。わたくしと理亞さんの秘密ですわよ」



21: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:22:23 ID:Bk+gHFbG.net

理亞「…理亞」グスッ

ダイヤ「え?」

理亞「理亞って呼んで! 私の義姉なんでしょ!ルビィのことは呼び捨てにしてるじゃない」

ダイヤ「…!! 理亞」

理亞「…しばらく、このままでもいい?」

ダイヤ「もちろん。聖良さんのようには安心できないと思いますがわたくしで良ければ」

理亞「いいの。ダイヤはダイヤなんだから」

ダイヤ「やっと名前で呼んでくれましたわね。『姉さま』でもいいんですのよ」クスクス

理亞「それはっ…!ダイヤはダイヤだからいいの!」

ダイヤ「あらあら」ナデナデ



22: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:23:48 ID:Bk+gHFbG.net

理亞「私の方こそ、ルビィみたいに可愛くないし強くもない…ちゃんとダイヤの義妹になれるかな…また迷惑かけたりするかも…」

ダイヤ「互いに弱い部分をさらけ出せる、助け合える、姉妹とはそういうものでしょう? それに、理亞は理亞ですもの。そんなあなたのことを、わたくしはもっと知りたいのですわ。」

ダイヤ「うふふ、かわいい理亞を独り占めしてしまって、これでは聖良さんにも怒られてしまいますわ」

理亞「…ダイヤ」

ダイヤ「はい?」

理亞「ありがとう…」

ダイヤ「いいんですのよ、甘えたくなったらいつでもお相手いたしますわ」ナデナデ

理亞「ん……」



23: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:25:01 ID:Bk+gHFbG.net

理亞「スゥ…スゥ…」

ダイヤ「ふふ、眠ってしまいましたのね。かわいらしい寝顔、聖良さんとそっくりですわ」

理亞「スゥ…ダイヤ……ムニャ…」

ダイヤ「かわいい妹が増えてしまいましたわね」フフフッ



24: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:26:15 ID:Bk+gHFbG.net

翌日


ダイヤ「それではわたくしはこれで。本当に少しの間でしたがお世話になりました。」

理亞「…また、来てよね。今度は姉さまも一緒に」

ダイヤ「ええ、もちろん。またお邪魔しますわ」

理亞「その『お邪魔する』って言うの、やめて。ここはもうダイヤの家でもあるんだから」

ダイヤ「理亞…!」

理亞「わ、わかったらさっさと行きなさいよ! 姉さまが待ってるんでしょ!」

ダイヤ「ふふ、そうですわね。それじゃあまた、行ってきます」

理亞「うん、行ってらっしゃい」



25: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:27:45 ID:Bk+gHFbG.net

ダイヤ「着きましたわね東京。帰ってきたと言うべきか、やって来たと言うべきか…」

ダイヤ「ただいま戻りましたー」

聖良「おかえりなさい!」

聖良「ルビィさんの具合はどうでしたか?」

ダイヤ「あ…え、ええ!わたくしがこちらに戻る頃にはすっかり元気になってお庭を跳ね回っていましたわ!」

聖良「元気になって何よりです」


キ゛ュッ…


聖良「でも私は少し寂しかったです…」

ダイヤ「聖良さん…」



26: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:29:16 ID:Bk+gHFbG.net

聖良「寂しくなったので理亞にメールしたのですが返信がなくて電話にも出てくれなくて…まあ、折り返しの電話はしてくれましたし、いつにも増してご機嫌だったので姉としてはうれしい限りですが…」

ダイヤ(あー…)

聖良「…しばらく、このままでもいいですか?」

ダイヤ「もちろん。やっぱり姉妹そっくりですわね。」

聖良「え?」

ダイヤ「かわいらしい、ということですわ」

聖良「?」

ダイヤ「聖良さん、お慕いしておりますわ」

聖良「私もです。愛してますよダイヤ」



27: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:30:46 ID:Bk+gHFbG.net

数週間後


理亞「待ちきれなくて」

ルビィ「来ちゃった!」

ダイヤ「まったく、新しいお部屋もまだだというのに…狭いですがどうぞ」

ルビりあ「「お邪魔しまーす!」」

聖良「よく来ましたね! ルビィさん、お久しぶりです」

ルビィ「お、お久しぶりです! やっぱり聖良さんは美人さんだなぁ、ちょっと緊張しちゃう…」

理亞「当たり前でしょう、私の姉さまなんだから」

ダイヤ「みなさんお揃いですし、ご飯にしましょうか」

ルビィ「わーい!ルビィもうおなかペコペコだよぉ~」



28: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:32:37 ID:Bk+gHFbG.net

4人「「「「いただきます」」」」

ルビィ「久しぶりだなぁおねいちゃんのお料理」パクパク

聖良「いつも三食きっちり作ってくださるんですよ、こんなに美味しい料理を毎日食べられるなんて私は幸せものです」

理亞「おいしい…! ダイヤってやっぱり料理も上手なのね。今度教えて!」モグモグ

ダイヤ「もちろんですわ。あら、理亞ったら口元についてますわよ」フキフキ

理亞「ん…ありがと」



29: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:34:02 ID:Bk+gHFbG.net

……


聖良「呼び捨て!?」

ルビィ「わぁ~いつの間にそんな仲良しさんに!」

聖良「私だって呼び捨てされたことないのに…理亞! ずるいですよ!」

理亞「ええ…」

ダイヤ「わたくしと理亞も姉妹なのですから呼び捨てにするのは自然なことでしょう?」



30: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:35:37 ID:Bk+gHFbG.net

聖良「それもそうですね…でも! ダイヤは二人きりで甘えたくなると私のこと『聖良ちゃん』って呼ぶんですよ!ちゃんづけは私だけの特権です!」フンス

ダイヤ「ちょっ…!聖良さんッ!///」

理亞「へえ~ダイヤがねぇ~」ニヤニヤ

ルビィ「やっぱりおねいちゃんはかわいいなぁ」

ダイヤ「い、いいでしょう!? わたくしだって…甘えたいときも…あるのですから…」



31: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:37:10 ID:Bk+gHFbG.net

理亞「ルビィ、今度ダイヤのかわいいところいっぱい教えて」

ルビィ「いいよ! いっぱいあるんだぁ、聖良さんのかわいいところも知りたいなぁ」

理亞「もちろん!姉さまだって負けないくらいいっぱいかわいいところあるんだから!」

聖良「恥ずかしいですね…そういえばルビィさんとはまだあまり二人でお話したことはありませんでしたね、今度どこか二人で遊びにでも行きましょうか」

ルビィ「いいのぉ!? やったー! 聖良さんとお出かけするの楽しみ!」

理亞「ずるい…! ダイヤ! 私たちも今度遊びに行こう!」

ダイヤ「ええ、この辺でしたらご案内いたしますわ」



32: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:38:19 ID:Bk+gHFbG.net

理亞「あ、あと…」ススス

ダイヤ「?」

理亞「今度二人になったらまたギュッてしてほしい…かも…」ボソッ

ダイヤ「もちろんですわ、なんなら今ここででも…」

理亞「それは恥ずかしいからダメ!!」

ルビィ「あれ、理亞ちゃんどうしたの?」

理亞「な、なんでもないわ!」

ダイヤ「あらあら、うふふ」

ルビィ「? へんな理亞ちゃん」



33: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:39:30 ID:Bk+gHFbG.net

聖良「ふう、ごちそうさまでした。洗い物はやっておきますので皆さんくつろいでいてください」

ルビィ「あ! ルビィもお手伝いするよ」

聖良「ありがとうございます。ではお言葉に甘えて…」



35: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:41:33 ID:Bk+gHFbG.net

理亞「ね、ねえダイヤ」モジモジ

ダイヤ「あら、ここでは恥ずかしかったのでは?」

理亞「っ! い、今は二人も見てないし…」

ダイヤ「ふふふ、いじわる言ってごめんなさい。さ、いらっしゃい」


キ゛ュッ


ダイヤ「これからもよろしくお願いしますね、理亞」

理亞「こっちこそ、よろしくね。ダイヤ姉さま」

ダイヤ「!!!!!!!!!!」ガバッ

ダイヤ「今の……もう一度………」

理亞「どうしよっかな~♪」

ダイヤ「お願いします~! 理亞ーー!!」



36: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/31(日) 22:43:34 ID:Bk+gHFbG.net

おわり



はじめてのSS投稿でした。短いですが見ていただいてありがとうございました。


元スレ
ダイヤ「聖良さんの様子がおかしい?」 理亞「うん…」