5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:23:47.63 ID:QGICdgQvO

咏「えりちゃんのおっぱい揉みしだきたい」

健夜「……………」

恒子「……………」

健夜「…………」ピトッ

咏「お?」

健夜「…熱は無いね」

恒子「頬っぺたツネっても痛覚あります?」

咏「うは、ひでー言われよう」

健夜「だって…ねぇ?」

恒子「うん」

咏「わっかんねー」





7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:26:03.25 ID:QGICdgQvO

咏「いや、思うっしょ。ぜってー思う。間違いない」

健夜「考えたこともないよ」

咏「えりちゃん舐めんなよ?」

健夜「舐めてないよ」

咏「まさかこれから舐める予定!?」

健夜「今までもこれからもそんな予定立ってないよ!!」

咏「…いいなぁそれ。えりちゃんペロペロしたい」

恒子「」

健夜「…こーこちゃーん?」

恒子「……あ、ごめん。思考停止してた」

咏「しっかりしなよふくよーん」ケラケラ




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:28:05.95 ID:QGICdgQvO

恒子「しかし、なんで急に」

咏「急じゃないけどねぃ」

健夜「十分急だよ」

咏「最近はいつも思ってるけど」

恒子「わぉ」サッ

健夜「」サッ

咏「…逃げんでも良くね?」

恒子「私はともかくすこやんは逃げなくても」

健夜「余計なお世話だよ!!」

咏「えりちゃんにしかする気ないって~」

健夜(針生さん逃げて超逃げて)





11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:31:35.84 ID:QGICdgQvO

恒子「針生さんの胸ってどんなもんでしたっけ?」

咏「そうッ!!」ガタンッ

健夜「わッ!」ビクッ

咏「えりちゃんはアニメ版だとあんまりないんよ。パッと見Bくらい」

咏「でも、漫画見てみ~?」

咏「…いっがいと良いもん持ってるんだよねぃ~!身体のラインを出すシャツの感じがエロいのなんの!」

咏「更にだ、咲日和を見るともっとわかりやすくデカい!しかも美乳オーラ!!」

咏「揉みしだきたくね?」

健夜「…え?えーっと?」

恒子「メタネタ仕込むとは燃えてるなー」

咏「メタネタとか知らんし」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:36:09.92 ID:QGICdgQvO

咏「いっつもスカーフしてるから判りにくいけどねぃ~」

恒子「よく観察してますねー」

咏「いつでも見てるぜぃ」キリッ

恒子「きゃー三尋木プロかっこいー」ヒュー

咏「知らんけど照れるねぃ」テレテレ

健夜(こーこちゃんが違和感を感じなくなってきたのかツッコむ人が居ない…)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:39:13.53 ID:QGICdgQvO

咏「で、どうすりゃえりちゃんのおっぱい揉めるかね?」

恒子「わかんねー」

咏「だよねぃ~!」ケラケラ

健夜「………」

咏「すこやんは?」

健夜「へッ!?」

咏「えりちゃんおっp」

健夜「わかった、分かったから何度も言わないで!!」

恒子「わがままだなぁすこやん」

健夜(あれ、私がおかしいの?)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:43:23.16 ID:QGICdgQvO

恒子「ストレートに頼む?」

健夜「怒られるよ」

咏「唐突にグイッと」

健夜「怒られるどころの騒ぎじゃないよ!」

恒子「唐突にガバッと」

健夜「悪化してるよ!!」

咏「唐突にチュー、っと」

健夜「なんの話!!?」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:46:38.88 ID:QGICdgQvO

恒子「万策尽きたか…」

健夜「“頼む”と“襲う”しか選択肢なかったよね!?」

咏「でもえりちゃん、あれで押しに弱いからな~」

恒子「そうなんですか?」

咏「やれやれって顔しながら『わかりましたよ…少しだけですからね?』とか」

恒子「ほう…」





24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:52:31.57 ID:QGICdgQvO

恒子「『まったく三尋木プロはもう…』みたいな?」

咏「おーそんな感じ」

恒子「『…す、少しだけ、ですからね?』」

恒子「そういって頬を染めるえりに、咏の心臓はドクンと跳ね上がった」

恒子「『どうすれば…いいんですか…?』不安げな瞳は潤み、輝きを増している。咏は安心させるように微笑みながら」

咏「大丈夫だよ、えりちゃん。全部任せて…!」

恒子「そして服に手をかけ……!」

健夜(…なにこれ)



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 00:57:07.37 ID:QGICdgQvO

咏「やっべ、ふくよん才能あるよ。小説とかの。わかんねーけど」ドキドキ

恒子「マジですか。光栄っす!」

咏「マジマジ。書いてよ」

恒子「三尋木プロと針生さんで?」

咏「良い値で買うぜ?」

健夜(……いやいや)

恒子「この後はどうします?」

咏「されるがままになるえりちゃんで」

恒子「おっけーっす。腕が鳴るぅ!」

健夜(……いやいやいや)



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:02:15.51 ID:QGICdgQvO

健夜「そこは違うでしょ…」ボソッ

咏「おっ?」

恒子「んっ?」

健夜「針生さんはもう少し抵抗するよ!」

健夜「そこを咏ちゃんが無理矢理押し倒すっ!」

健夜「咏ちゃんの体型だと押さえ込むのは不可能!そこからの拘束プレイ!」

健夜「仕事に真面目なお姉さんが年下に攻められて涙目ってのはおうd」

恒子「………」ニヤニヤ

咏「………」ニヤニヤ

健夜「」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:04:36.02 ID:QGICdgQvO

恒子「いやーすこやんにそんな趣味がー」ニヤニヤ

咏「わかんないもんだねぃ~」ニヤニヤ

健夜「」

恒子「続きをどうぞ?年下に攻められるお姉さんが?」

咏「いいねぃいいねぃ、興奮してきたよ」ニヤニヤ

健夜(…死にたい)

健夜(まさか、抑えられなくなるなんて…!)ガクゥッ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:09:33.71 ID:QGICdgQvO

健夜「………コホン」

恒子「お?」


健夜「話、反れちゃったね。えっとなんの話だっけ?」

恒子「おんやぁ無かったことにするつもりかな~?」

咏「すこやんよ、誤魔化してももう無駄だぜぃ?」

健夜「…………」

恒子「楽になっちまいな?」

咏「聞いてあげるぜ?」

健夜「…………」

健夜「……じゃあ、ちょっとだけ」

~2時間ほど省略~



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:14:09.49 ID:QGICdgQvO

健夜「…ってのが理想かな」

咏「…お、おぉう…」ドキドキ

恒子「飲み物買ってきたよーあれ、すこやん終わった?」

健夜「うん」ツヤツヤ

恒子「で、急に出現したライバルの登場の後どうなったの?」

健夜「さっき説明したよ?遊園地デートでー」

咏(…すこやんってSMプレイ好きなのかねぃ…)




35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:19:55.97 ID:QGICdgQvO

恒子「あ、はい三尋木プロにはこれー」

咏「お、おぅサンキュー」

恒子「すこやんこれー」

健夜「ありがとー」

恒子「で、私っと」

健夜「たくさん喋ってノド渇いちゃった」

咏「そういやそーだねぃ」

咏・健夜・恒子「ゴクゴクゴク…」

・数分後・

恒子「つーかぁ、ヒック、もう正面から襲っちゃっていーんじゃないっすかぁ~?」

咏「だ~よねぃ~おっぱいの1つや2つねぃ~」ケラケラ

健夜「今電話しちゃいなよ電話ーッ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:26:38.27 ID:QGICdgQvO

咏「電話ぁ~?なんでかわかんねーっ」

恒子「つーかココに呼んじゃえィ!」

健夜「そぉれいーね~!ヒック」

咏「わっかんねー」ケラケラ

恒子「なに言ってんのー!味方が3人いるっつーのに~!!」

咏「みかた~?」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:28:42.81 ID:QGICdgQvO

健夜「こーこちゃんー咏ちゃんも味方にしてど~すんの~、ヒック、咏ちゃんはこれから戦場を駆けてもらおーってんのに~」

恒子「そーだったそーだった!てへっ」

健夜「あーかわいいかわいい」

咏「どーゆーことー?」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:32:16.60 ID:QGICdgQvO

恒子「だからねー?えりちゃん呼ぶじゃん?」

咏「てめーえりちゃん言うなよな~」ペチペチ

恒子「扇子で叩いても痛くないしーっ!」ニシシ

健夜「えりちゃんがきたらね、こーこちゃんと私で押さえ込むんだよ~」

恒子「そーすればおっぱいどころか揉みまくり触りまくりって?」

咏「うっは、大人えげつねぇ~!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:37:29.37 ID:QGICdgQvO

恒子「これがオトナじゃーッ!」

健夜「ぃえ~いッ!」

咏「でも、そっかーえりりんのおっぱい揉みまくりかー」

恒子「えり…りん…?」

咏「えりちゃんって呼び方取られちゃったしねぃ~」

健夜「かっわいー!えりりんかっわいー!!」ケタケタ

咏「取るなよ~?えりりんは渡さねぇからな~?」

恒子「ヒュー!惚れるぅー!」




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:43:28.80 ID:QGICdgQvO

恒子「じゃー作戦かーいぎぃー!」

健夜「ィッエーイ!」

咏「イェーイッ!」

恒子「1、電話でえりちゃん呼ぶ!」

恒子「2、酒飲ませる!」

恒子「3、すこやんと私で抑え込む!」

恒子「4、そこd」

健夜「咏ちゃんがえりちゃんをイかせるぅーッ!」

咏「大胆~!って私にやらせることかよ~!」

恒子「おんやぁ~?じゃー私がやってもいいのぅ~?」

咏「絶 対 駄 目」

恒子「すいませんでした」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:50:23.07 ID:QGICdgQvO

咏「じゃー呼んじゃうぜぇ~?」

健夜「呼んじゃえー!!」

恒子「パーティーのはっじまりだぁぁい!!」

――――――

えり「………」ペラッ

えり(………落ち着く)

えり(たまの休日。掃除もして買い物もして、お風呂も済ませて)

えり(…一人でくつろげる時間って、大事…)

えり(…明日は夕方からだし、少し位夜更かししても大丈夫。読み終わってない本、読んでしまおう)




47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 01:56:01.91 ID:QGICdgQvO

えり(それにしても、よっぽど疲れが溜まってたんだな…)

えり(…まぁ、大体検討はつくけど)

えり(だからこそ、休日を有意義に過ごそう…)

えり(えっと、本の続き…)

~♪

えり「…電話?」

えり(こんな時間に? 誰から…)

『三尋木プロ』

えり「……………」

えり(…嫌な予感しかない)

えり(…無視…でも仕事の急用だったら…?)

えり(…………)

えり「……はぁ……」

ピッ



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:00:53.96 ID:QGICdgQvO

えり「もしm」

咏『えっりりぃぃぃん!!』

えり「…………」イラッ

咏『今ヒマ?ヒマでしょ?だよねー休日だもんね休日の夜だもんねーっ!』

えり「………あの、みひろg」

咏『ふくよん家に今すぐ!』

えり「は?」

咏『だぁかぁらぁ、ふくよん家!』

えり「…福与アナの家?そこにいるんですか?」

咏『じゃなきゃ呼ばないって~』

えり「……」イラッ



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:10:58.99 ID:QGICdgQvO

咏『とりあえず今すぐ来てねぃ!待ってるぜぃ!』

えり「あの、三尋木プr」

ガチャッ ツーッツーッツーッ…

えり「…………」ズキズキ

えり(…察するに…飲み会。福与アナの家ということなら、小鍛治プロもいるはず)

えり(小鍛治プロなら、悪酔いはしてないと思うけれど…)



恒子「よぉくやった!」

健夜「これで後はイかせるだけ、ね♪」

恒子「すこやん悪役~」ケラケラ

咏「悪い顔してるねぃ~」ペチペチ

健夜「ふふっ♪」



えり「」ゾクッ

えり(…今、悪寒が)ブルブル




54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:18:27.37 ID:QGICdgQvO

えり(…多分、私も飲まされるだろう。あのテンションだし)

えり(…それなら…車で行けば良い。それを理由に飲まない)

えり(……うん、それでいこう。私は呼ばれただけ…)

えり「……あ」

えり(そういえば、たしか……)ゴソゴソ

えり「…やっぱり、あった」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:20:42.21 ID:QGICdgQvO

えり(…うん、これだけあれば)

えり「おつまみ、作って持って行ってあげようかな」


咏「えりちゃんあー見えて優しいからねぃ~、おつまみとか持ってきてくれっかも」

恒子「こんな戦場に駆り出されるとも知らずにおつまみを…!」

健夜「やーさしーいっ」


えり「」ゾクッ

えり(…なんだろう、持っていったら負ける気が…)

えり(…何に負け? 何考えてるんだろう。さっさと作って行こう…)



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:28:29.54 ID:QGICdgQvO

…………………

ピンポーン

咏「…来たね」キラーン

健夜「…ふふっ♪」キラーン

恒子「今参りまーす♪」トタトタ

咏(…作戦)

健夜(スタート!)

恒子「どーぞどーぞ~」

えり「お邪魔しま……うわ」

咏「えりり~ん」ニコォ

健夜「いらっしゃぁい」ニコォ

えり「」ゾクゥッ



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:32:14.76 ID:QGICdgQvO

えり(…な…なんだろうこの感じ…)ゾクゾク

恒子「おやえりちゃん、その手にしたものは…?」

えり「あ、ああ……」

えり「……えりちゃん?」

恒子「ん?」

えり「………」

健夜「どしたのえりちゃ~ん」

えり「小鍛治プロまで…」

咏「えりりん~?」

えり「三尋……えりりん!?」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:37:03.19 ID:QGICdgQvO

えり(…これは…思った以上に…)

えり(……よし)

えり(さっさと帰ろう)

えり「あの、これみなさんで食べてください」

恒子「おおおおお!!」

健夜「咏ちゃんすっごぉい!!」

咏「えりりんならそうすると思ってた!!」

えり「は、はぁ…」

恒子「なに?なに?」

えり「あの、ポテトフリット…」

健夜「ポテトフリットォォォォォォォ!!!」

えり「!?」ビクッ

咏「さっすがァ!本格的ィ!」

恒子「ひゃっほぉぉぉ!!」

えり(帰りたい…!)



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:46:15.64 ID:QGICdgQvO

咏「まーまーとりあえず座りなー?」ポンポン

えり「は、はぁ…」

恒子「ほーぅ?さりげなぁく隣に座らせちゃう?」

健夜「咏ちゃんやるぅ~」

咏「知らんし~」

えり「…………」

咏「ほれえりりん、駆けつけ一杯」

えり「いえ、私車なのでお酒は…」

健夜「なんだってぇ!?」バンッ

えり「!?」ビクッ

健夜「作戦、失敗……!?」ボソッ

恒子「…諦めんのはまだ早いぜ?」コソッ

健夜「でも…!」

恒子「…まぁ見てな?すこやん」




66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:50:33.86 ID:QGICdgQvO

恒子「そんじゃーこんな時間だしぃ…」

恒子「今日はみんなウチに泊まってけーっ!」

えり「!!」

咏「おおおお!」

健夜「その手が!」

健夜・えり((その手があったか!!))

えり(…まずい、これは想定の範囲外…!)

えり「…あの、私明日は早いので…」

咏「えりりん明日は夕方からだよねぃ~?」

えり「何故知っ……!」

咏「ほっほっほ」ケラケラ

えり(…あぁ…)



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 02:54:53.82 ID:QGICdgQvO

えり「…あの、私は遠慮しておきます」

恒子「えー!えりちゃんのいけずぅ~」

えり「そのかわり、なにか買い出しとか、お料理とかなら…」

えり「お腹空いてません?冷蔵庫失礼しますね」スッ

えり(これで、なんとか…!)

健夜「待ってえりちゃん」パシッ




70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 03:00:47.07 ID:QGICdgQvO

えり「はい?」

健夜「…」グビッ

えり「あ、あの、小鍛治…プロ…?」

えり(手…振りほどけな…)

健夜「」グイッ

えり「きゃ…!」フラッ

健夜「」ガシッ

えり「ッあ、あの、こか、じ…プロ…!」

えり(逃げ…られな…!)

チュ

咏「!?」

恒子「!?」




76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 03:07:54.17 ID:QGICdgQvO

健夜「ン~…ヂュ、ピチャ…」

えり「~~~!!ん――ッ!!」ジタバタ

えり(こ、れ…お酒……!?口移しって…そんな滅茶苦茶…!)

健夜「ん~…んふふ…レロッ、チュル…」

えり「ンンッ…ん、ぅぅうう!」ジタバタ

健夜「チゥゥ……」ナデッ

えり「んぐっ!?」ゴクン

健夜「…んふっ♪飲んだ?」

えり「っ…はぁ、はぁ、はぁ…!ゴホッ」




77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 03:14:43.58 ID:QGICdgQvO

健夜「うふふ~えりちゃんの唇、やわらか~」

咏「…す こ や ん?」

健夜「」サァァ

咏「…すこやん?ねぇ?何したかな今。わっかんねーんだけど」

咏「教えてくんない?」ゴゴゴ

健夜「え、あの、飲む飲まないで焦れったいもんで、つい、」

咏「ついぃぃ??“つい”でいいの?“つい”でチューしていーの?」

健夜「そのぉ……」


えり「ゴホッ、ケホンッ!」

恒子「大丈夫っすかぁ?」

えり「…大丈夫に見えますか…」

恒子「ですよね~」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 03:23:48.98 ID:QGICdgQvO

咏「とりあえずさぁすこやん」

健夜「ほんとすいません“つい”ですいません許してください」ドゲザ

咏「そこで土下座したまんま待ってて」

健夜「え?」カオアゲ

咏「ステイ!!」

健夜「わ、わんっ!」


えり(…頭、くらくらする…)

えり(あんな、一口で…いや、アルコールのせいだけじゃ…)

咏「えりりん!」

えり「は―――」

咏「」グビッ





84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 03:30:26.13 ID:QGICdgQvO

えり(まさか)

咏「チュゥゥ」ドサッ

えり「んぅぅ―――ッ!!」ジタバタジタバタ!

恒子「たぁのしそーだね~」

健夜「…ステイって…ステイ…ブフッ」(壺に入った)

えり「んン!~~!!」パシパシ

咏「チュルッ…チゥ…!」

えり「んく……ッ」ゴクン

咏「……よし、消毒完了」

えり「はぁ、はぁ…はぁ…」クタッ

咏「すこやんみたいに巧くいかなかったなぁ…ちょっと溢しちゃった」ペロッ

えり「ひゃッ!?」ビクッ


恒子「いつまでやってんの~?」

健夜「さぁ?」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 03:37:36.30 ID:QGICdgQvO

えり(…もうやだ…帰りたい…!)

咏「ねぃえりり~ん、すこやんとどっちが美味しかった?」

えり「は、ぁ…?」


咏「すこやんと、私」

えり「そんなの、わかりません」

咏「あれ?わかんなかった?」

咏「じゃ~ぁ~っと」グビッ

えり「ちょ」

咏「んーんっん(もう一回)!」チゥゥゥ!

えり「~~~~(いやああああ)!!!」バンバンッ

恒子「私も混ざろっかな~…えりちゃんにチューしてないの私だけだし~」

健夜「私のようになりたくなければ辞めたほうがいいよ」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 03:43:30.35 ID:QGICdgQvO

…………

咏「美味しかった?」

えり「っ、はぁ、はぁ…おいし…です、から…も、やめて……」グッタリ

咏「ん♪」ニコッ

健夜「…咏ちゃーん、もういいかなぁ?」

咏「ん?……あ~忘れてた~」
健夜「わーおずっと土下座してたよ」

恒子「いーこいーこ~」ナデナデ

健夜「…おおぅ…」

健夜(地面に擦り付けてた顔をあげてみれば)

健夜(…なんとも美味しそ……ゲホン、出来上がったえりちゃんが)



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 03:53:22.50 ID:QGICdgQvO

えり(…どうしてこんなことに…)

えり(…頭働かない…身体、動かない…)

えり(…いいや、もうどうにでも…)

チュ

えり(………は)

恒子「んー…」

えり「……!?」

恒子「えっへへ~♪」

えり「なッ…な……ッ」

恒子「仲間外れは良くないと思うんだな、コレが」

えり「それが、キスって…どんな………」

えり(…あ、無理)ガクッ

恒子「…おろ?」

恒子「えりちゃ~ん?」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 03:56:29.46 ID:QGICdgQvO

恒子「…………」

恒子「えりちゃ~ん?」ペチペチ

えり「………」グッタリ

恒子「寝た、というか…気、失った?」

咏「あれ、えりりん?」

健夜「あちゃー、咏ちゃん激しすぎたんだー」

咏「あーそーかもねぃ」

恒子(…私のせいかなーこれは)

健夜「…でもさ、咏ちゃん」キラーン




95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 04:00:53.16 ID:QGICdgQvO

咏「お?」

健夜「一番最初の目的、覚えてる?」

咏「…おぉ…!」

咏「えりりんのおっぱい…」ゴクリ

健夜「…目の前だよ?」ニヤリ

咏「…!」キラキラキラ

恒子「すこやんってお酒飲むと逞しくなるよね~」




96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 04:08:02.01 ID:QGICdgQvO

咏「ふぉ、ぉ、ふぉぉおお……!」ワキワキワキ

恒子「咏ちゃん目が獣の目ー」ケタケタ

健夜「ファーストタッチは咏ちゃん、どうぞ!」

咏「え?」

健夜「どぞっ!」

咏「いや…そこじゃなくてねぃ?」

健夜「え?」

咏「ファースト?」

健夜「うん」




97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 04:10:37.64 ID:QGICdgQvO

咏「…セカンドがあるの?」

健夜「う……うぅん!?」

咏「…うんって言いかけたよねぃ?」

健夜「いッ言いかけてないッ!ファーストのみ!ファースト!」

咏「本音は?」

健夜「私も揉みたい」

咏「す こ や ん」ゴゴゴゴ

健夜「ぴゃ―――!!」


恒子「…………」

恒子「…………」ジー

えり「…………」グッタリ

恒子「…………」ソロッ…




99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 04:18:03.41 ID:QGICdgQvO

恒子「…………」

恒子「……えぃっ」サワッ

恒子「…………」

恒子「…………」フニッ

恒子「おお……」フニフニッ

恒子「ふぉ……」モニッ

えり「ん……っ」ピクン

恒子「!」


健夜「う、咏ちゃんあれみて、こーこちゃんが」

咏「顔をあげるな、ステイ」

健夜「わ、わぅぅ…!」




103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 04:28:06.87 ID:QGICdgQvO

恒子「こ、これは…」モニッモニッ

えり「んん……ぅ…?」

恒子「あ」モニッモニッ

えり「…福与…さ…ん…?」

えり「!?」ハッ

恒子「あーこれは~その~」モミモミ

えり「な、なにを…!離してくださいッ!」

恒子「それが……」ムニムニ

恒子「…えりちゃんのおっぱいが良すぎて…」モミモミ

えり「何を言っているんですかあなたは!?」

恒子「も、もうちょい…!」

えり「嫌ですぅッ!」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 08:17:47.16 ID:QGICdgQvO

恒子「いや、でもぉ…」フニュフニュ

えり「でもじゃないです!」

咏「そーそー!」バシィッ

恒子「あふん」

咏「ファーストは私って話だったよねぃ?」ゴゴゴゴ

恒子(うわ、やべー)タラリ

咏「ふくよん!!」

恒子「はいぃ!ステイしてm」

咏「…えりりん押さえて」ボソッ

恒子「……!」



122: おはようございます 2012/08/27(月) 08:24:46.06 ID:QGICdgQvO

恒子「…りょーかいぃ」ニヤリ

咏「…さ、て、とぉ」

えり(なんなんだ、一体…!)

えり(身体…あ、やっぱり動かすのはもう少ししないと無理かな)

恒子「えりちゃ~ん」

えり「………」ピクッ

えり「……なん、ですか」

恒子「えいっ」シュルッ

えり「えっ!?」




123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 08:28:25.80 ID:QGICdgQvO


えり(スカーフを盗られた?)

恒子「しつれ~ぃ」グイッ

えり「ぃッ…!」

恒子「…こうして、とぉ…」ギュ

えり「あの…!これ、は…!」

恒子「……曰く」

恒子「拘束プレイってやつ?」

えり「」ゾクッ

えり「…え……ほ、本気で…?」

恒子「みたい~」




124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 08:33:59.69 ID:QGICdgQvO

恒子「……おー……」ゴクリ

恒子「顔赤くて、表情を歪ませて」

恒子「着衣の乱れる…拘束された、えりちゃんかぁ…」

恒子「しかも酒を無理矢理飲まされてクラクラ」

恒子「…エロいね。興奮する…」

健夜「見れない私への当て付け?」

恒子「すこやんまた土下座ステイ?」

健夜「今度は足が痺れない座り方禁止」

恒子「ほう」

健夜「…感覚がないよ」

恒子「ファイト~」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 08:41:11.16 ID:QGICdgQvO

咏「いくよ~えりり~ん」ワキワキワキ

えり「待、ちょっと、これ外して!嘘ですよね!?」

恒子「マジマジ」オサエッ

えり「はなしてぇぇぇ!!」ジタバタ

咏「…ふっ…ふふふ…この瞬間を、どれだけ心待ちにしたかねぃ…!」ワキワキワキ

えり「手の動きが卑猥ですううう!!」

咏「そりゃ、卑猥なことやろうとしてっし?」

えり「いやあああ!!」ジタバタ

健夜「あー、これが放置プレイってやつかー寂しいなー」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 08:48:46.77 ID:QGICdgQvO

咏「…やっぱ服の上から…」ソロソロ

咏「…おぉ…やばい…緊張する…」ゴクリ

咏「……えいっ」ツンッ

ポヨンッ

咏「………」フニッ

えり「いやぁぁぁ!」

恒子「暴れなーい」

咏「…お…おお…」フニッフニフニッ…

咏「………」モミッ

咏(服の上からでもコレか…!)モニモニ

咏(す、すばらぁぁ…!)モニモニ!モニモニ!


健夜(……忘れられてるよねー)



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 08:57:40.69 ID:QGICdgQvO

えり「も……やだぁ……」グスッ

えり(なんで…こんなことに…)

えり(やっぱりあの電話、無視すれば良かった…)

えり(小鍛治プロから始まって、全員とキスする羽目になって)

えり(今は、縛られて三尋木プロに……)

えり(…どう、なっちゃうんだろ…私…)

えり(…………)

えり「…ッ…、ぁ、う…!」ビクッ

えり(!?)

咏「…お?」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 09:05:19.48 ID:QGICdgQvO

咏「今の、…」

えり「な、なんでも…ありません!」

咏「……ふぅん?」ニコッ

咏「まぁ、良いけどねぃ?」モミュモミュ

咏「やっぱり、えりりんのおっぱい最高だわ」コネコネ

えり「…んッ……ふぅ…!」

えり(嘘でしょ…嘘…うそ…!)

咏「…ふふ」グニグニ

えり「ひ、……っ…ぁ…」

えり(なんで…なんでぇ…!)ギュゥ

えり(…声…出ちゃう……)

えり(嫌、なのに…!)

えり(嫌なのに……!)



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 09:21:48.14 ID:QGICdgQvO

恒子「………ゴクッ」

恒子(…やばい)

えり「…っ…は、ぁぁ……!」

恒子(…興奮してきた)ムラムラ

恒子「ね、ね…咏ちゃん?」

咏「ん~?」モミュモミュ

恒子「私も…さ、その…ほら、ね?」

咏「…少しだけ、ねぃ?」

恒子「ん…!」

えり(なんの、話…?)

恒子「じゃ…失礼して…」

えり「…むぅッ!?」

恒子「少しくらいなら噛んでも平気ですよ~」

えり「は、んんん!」

健夜(指をくわえさせるとはまたマニアックな…)ジー



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 09:29:41.75 ID:QGICdgQvO

咏「おー、いいね。エロい」フニフニ

えり「ふぁ、ぅ…!はぁ…ッ!」ゾクッ

恒子「誰も触らないとこって、気持ちいいでしょ?」

えり(指が、暴れ回って…)ツゥ

恒子「えりちゃんの舌、ヌメヌメしてエロいね」

恒子「…こーゆーとこ、キモチよかったりするんだけど…」

えり「ふぁあッ!」ビクッ

恒子「あ、良い反応」




139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 09:38:54.18 ID:QGICdgQvO

咏「………」

咏(…そろそろ、かねぃ)

えり「ふぁ、ぅ…ん、はぅ…!」

咏「………」スリッ

えり「ひぁう!?」

恒子(…ちぇっ潮時か)ツプッ

咏「………」ムニムニ…サスサス

えり「ぁ、はぁぁ…!」ビク

咏「えりり~ん?あのねぃ」

咏「手のひらに、カタいのが当たってるんだけどぉ…」ニヤ

えり「!?」

咏「もしかして…」

えり「ゃ、違…そんな…うそ…」

咏「嘘じゃないって~ほら」クリッ

えり「くぁ…ッ」




140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 09:48:28.40 ID:QGICdgQvO

咏「なにかねぃ~これ」スリスリスリ

えり「んぁ…ッ…く、ぅぅ…!」

えり(服が、擦れて…!…だめ、…ぁあ…!)

咏「……」ニヤニヤ


恒子「……お?」

健夜(うぁぁ…あの真面目なえりちゃんが…溺れかけてる)ハァハァ

健夜(たまんないなぁ…!)

恒子(…あそこにも獣が…)

1 恒子(どーせ咏ちゃんが独占してるし…)

2 恒子(ステイ解除したらどうなるだろ)ワクワク

安価>>143



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 09:52:02.97 ID:L66ZldTBO





146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 09:55:31.92 ID:QGICdgQvO

恒子(どーせ咏ちゃんが独占してるし…)

恒子「…すこやーん」

健夜「ほっ!?」ビクッ

恒子(どんだけ熱中してみてたんだよ)

健夜「な、なにこーこちゃん?」

恒子「いや~退屈してないかと」

健夜「いや、全然」

恒子(真顔だ)




148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 09:59:20.92 ID:QGICdgQvO

恒子「とりあえず、ステイ解除」

健夜「いいの!?」

恒子「おー」

健夜「」ガバッ! ダッ

恒子(!?)

健夜「あぐッ」ドテッ

恒子(凄い勢いでえりちゃんのところ行こうとしたらコケたー!?)

健夜「…うう…」ズリズリ

恒子(しかも諦めてないー!?)




149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 10:02:55.36 ID:QGICdgQvO

恒子「…こらまてぃ」ガシッ

健夜「~~~!!」バンバンッ

健夜「足掴むのやめてえ!」

恒子「え?」

健夜「痺れて、しび…ッ」バンバンッ

恒子「…へーぇ?」チョンッ

健夜「うぎゅッ!?」

恒子「へへへ」チョンッ チョンッ

健夜「反則ッ反則!!」

恒子(面白い)



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 10:14:22.39 ID:QGICdgQvO

――――――

えり「ッ、くぅうん…!」

咏「どしたの~えりり~ん」カリカリッ

えり(やだ、声…抑えられない…!)

咏(我慢してる我慢してる…)カリカリ…

えり「ん…っ…んん…!」

咏「…………」スリスリスリ、クリッ

えり「ぁ、…っっ…んく…ッ」

咏(…声、聞きたい)





154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 10:27:06.30 ID:QGICdgQvO

咏(…でも、えりりんのおっぱいもうちょっと堪能したいし…)

えり「はぁッ…ぁ……っ」

咏(…へへ)ハム、チュ

えり「ひぅッ!?」ビクッ

咏(服の上から、舐めちゃお)ジュ

えり「あぁ…ッ!」

咏(もう片方も…)クリクリ…

えり「やめ、っ…いやぁ!」

えり(服、張り付いて…濡れてく感覚が…!)

咏「ん~…チュパ、ヂュ…」

えり「いゃ、…!ぁ、…ン…!」

咏「ほんとに嫌なのかねぃ~?」クリクリ…

えり「な、…ぁあ…!」



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 10:33:57.31 ID:QGICdgQvO

咏「こぉんなに感じちゃってるんだぜ?」クリクリ

咏「ほら、コリコリだよ?」コリコリ…

えり「あぁッ…!」ビクッ

咏「えりりんは、無理矢理やられて感じちゃうんだねぃ~?」コリコリ…コリコリ…

えり「ちが、ぁぁあッ!あ、あぁ…!」

咏「うんうん、か~わいいよ」チュゥ…カリッ

えり(うそ、うそ…うそ…!)

えり(私は…!私、…そんな……!)




159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 10:39:51.77 ID:QGICdgQvO

咏「チュゥゥ…ピチャ、れろれろ…」コリコリッ クリッ

えり「く、ぁあ…!だめ、ぁん…だめぇ…!」

咏「だめ?…なにが~?」

えり「はぁ、ぁ!…あぁ…っ」ゾクゾク

えり(無理矢理、やられ…て……んん…っ)ビクンッ

咏「れろっ、ハミハミ…」キュッ キュッ

えり(私、は……?)



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 10:45:34.51 ID:QGICdgQvO

――――――

健夜「ハァッ…ハァ…」

恒子「痺れ、なくなった~?」

健夜「…う、うん…」

健夜(…疲れた…)グッタリ

恒子「じゃーすこやん、ちゅーしよう」

健夜「…えっ」

恒子「うむ。ぶっちゃけると、アソコ見てたらだな」

咏「ハム、…チュパチュパ…気持ちい?」

えり「ゃ、やだ…も、やだぁ…!」

恒子「やりきれない思いがフツフツと」




161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 10:51:54.67 ID:QGICdgQvO

健夜「あー…」

健夜(…さっき、少し距離のあるところから見てても興奮したけど)

健夜(こーこちゃんは間近だったもんなぁ…攻めてたし)

恒子「てことで、お互いの欲を解消できると思うんだけど~」
健夜「…たしかに」

恒子(ぶっちゃけ少し濡れてるんだよね…)

健夜(正直濡れてるんだよね…)




162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 11:00:07.24 ID:QGICdgQvO

健夜「あっちは2人で完結しちゃってるし」

健夜「いいよ?」

恒子「よっしゃ」ドンッ

健夜「わっ」ドサッ

恒子「んちゅー」ギュー

健夜「ん…」



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 11:13:39.41 ID:QGICdgQvO

――――――

咏「そろそろいいかねぃ~♪」ゴソゴソ

えり「え…」

咏「脱がすよ?」プチ、プチ

えり「!?」

咏「あ、でも縛られてるからボタン開けるだけだねぃ」

えり「ま、待って!」

咏「嫌?」

えり「やめて、ください…!や、です…っ」

咏「…それはいけないねぃ~えりりん。ここまできて、さ」

咏「…おぉ~…やっぱり結構あるねぃ、おっぱい。Dくらいあるん?」

えり「…ッ…」ギュゥ

咏「先っぽもピンク色…ツンとたって、そんなに弄ってほしいのかねぃ?」



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 11:22:00.00 ID:QGICdgQvO

健夜『仕事に真面目なお姉さんが年下に攻められて涙目ってのが…』

咏(…とーか言ってたけど)

えり「ぅぅ…、やめ…お願い…」クスン

咏(相当だわ、こりゃあ)

咏(…据え膳とは違うけど)

咏(こんな美味しいシチュエーションでえりりんのおっぱいにありつけるとは!)

咏(……おお、ヤバい。緊張する)ドキドキ

えり(…もう、だめだ…逃げられもしない。縛られて抵抗もできない)グスッ

えり(さっきまでは服越しだったけど…今は…)




170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 11:30:55.95 ID:QGICdgQvO

咏「…………」サワッ

えり「っ!」

咏(…やっぱり、服着てるときとは訳が違う…)フニ、フニ…

えり「……~~っ」ギュゥ

咏(白い肌が、手のひらに吸い付いてくる…)フニュフニュ…

咏(手から少しこぼれるくらいの、えりりんの……!)モミモミッ

咏「…………」モミモミ グニッグニッ

えり「…ん…んん…!」

咏(止まんない…)クニュクニュ…コネコネコネ



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 11:41:07.28 ID:QGICdgQvO

――――――

恒子「はぁ…はぁ…」

健夜「ふぅ…」

恒子「すこやん、キス激しすぎ~…」

健夜「そう?」

恒子「キスだけで身体グッタリだよ…」

健夜「そうかなぁ、さっきよりはマシだと思うんだけど」

恒子「さっき?」

健夜「…えりちゃんにお酒飲ませたとき」

恒子「あー、あったあった」

健夜「…さっきは泥酔してたから。今はちょっとマシになったけど」

恒子「えりちゃん、そんなに凄いの食らった後に咏ちゃんが追い討ちかー」

恒子「そりゃ意識も飛ぶわー」ケラケラ



173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 11:43:51.44 ID:QGICdgQvO

健夜「意識飛ばしたのも戻って来させたのも、こーこちゃんじゃん」

恒子「あれ、バレた?」

健夜「うん、知ってた」

恒子「そか~…」

健夜「…………」

恒子「……どうする?」

健夜「…さっきお願いされたのはキスだけだよ?」




177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 11:54:24.90 ID:QGICdgQvO

恒子「つれないなぁ」

健夜「酔いがマシになってきたからね」

恒子「…じゃあまた酔わせれば良いんだ?」

健夜「へ?」

恒子「」グビッ

健夜「あ」

恒子「ん~」チュー

健夜「~~~~!」ゴクン

恒子「ぷはっ!むずかしーねこれ」





178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 11:56:48.13 ID:QGICdgQvO

健夜「……」

恒子「あちゃ、溢しちゃったかーごめんごめん」

健夜「」グビッ

恒子「え」

健夜「んっ」チゥ

恒子「んぐ!?」

健夜「んちゅ…ヂュ…」

恒子「んっ!んんんー!」ゴクッ

健夜「…こうやるんだよ」ニコォ

恒子(アルコール回るのはえー)ドキドキ



180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 12:08:27.36 ID:QGICdgQvO

――――――

えり「っ、ぅ…!く、んん…!」

咏(えりりんのおっぱい、えりりんのおっぱい、えりりんの)モニュモニュモニュモニュ

えり(激しく、やられると…先が、擦れて…!)ビクッ

咏(えりりんの……ん?)

えり「っぁ、はぁぁ…!ぁッ…///」ビクビク

咏「…物足りないって顔してるねぃ?」ニヤッ

えり「…!?」





182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 12:17:16.25 ID:QGICdgQvO

咏「嫌なんじゃなかったっけ~?」

えり「い、いや…です…!」

咏「…そんな、すごいソソる顔で言われてもねぃ」

咏「説得力ないわー」ムニムニ…スリッ

えり「はぅッ!?」

咏「んふふ」モミュモミュ クニュ…クニュ…

えり「ぁあ…ッ、ん、…ンン…!」

えり(わざと…そんな、ぁ…!)




183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 12:29:51.26 ID:QGICdgQvO

咏「うん、いいねぃ。エロいよ、その顔」ニヤニヤ

えり「は、ぁ…はぁ…」

咏「ご褒美」キュッ

えり「ゃあぁ!?」ビクッ

咏「ずっと弄ってほしかったんだよねぃ?」キュッ キュッ

えり「ゃ、ぁ、あぁッ…!」ゾクゾク

咏「ほら、どう?弄ってあげてるよ?」クニクニ…クニュ、クニュ

えり「あ、ぁん…ッ ゃ、はぁあ…!」ビクン

咏「気持ちいいの?」クリクリ…クリュッ

えり「ぃ、あぅ…!や、ぁあん…っ」




184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 12:39:16.33 ID:QGICdgQvO

咏「ねぇ、えりりん?」クニクニ…

えり「は、ぁん…!み、ひろぎ、ぷろぉ…!」うるっ

咏「なぁに~?えりり~ん♪」コリコリ…

えり「あぁんっ!」ビクンッ

咏「なぁに?キモチイイ?」コリコリ

えり「っ、あ、はぁ…きもち、い…ッ」ピクン

咏「!」

えり「みひろぎぷろぉ…!」うるうる

咏「…えりりん…」





195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 13:28:33.70 ID:QGICdgQvO

咏(…あれ、えりりんって…)コリコリ…

えり「っ、はぁあ…ん…!///」

咏(こんなに、色っぽかったっけ?)クリクリ

えり「ぁ、んん…、や…ッ!」ピクン

咏(えりりんは可愛いし、美人だし、スタイルもいいけど…)ハミッ

えり「ひゃあぅッ!」ビクッ

咏(…こんなに、女らしい表情してたっけ)レロレロ

えり「ぁあ…んっ、はぁ…ぁ!」




196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 13:34:23.88 ID:QGICdgQvO

――――
お風呂

恒子「ふぃ~…」チャポン

健夜「…………」

恒子「極楽極楽~」

健夜「…………」

恒子「…おーいすこやーん」

健夜「……はぁ……」ドンヨリ

恒子「うわー暗いなーオイ」

健夜「……だって……もう……」

恒子「酔ったイキオイだってーしゃーないしゃーない」

健夜「あぁ………」

恒子「風呂入って酔いが覚めるとかどんだけベタなんだか」



198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 13:40:05.11 ID:QGICdgQvO

健夜「だって…」

恒子「まぁ咏ちゃんをヤる気にさせたのすこやんだし?」

健夜「う゛っ」グサッ

恒子「えりちゃんに一番最初にチューしたのもすこやんだし?」

健夜「う゛ぅ゛ッ」グサグサッ

恒子「それがきっかけであの二人あんなになってる訳だし?」

健夜「…………」チーン

恒子「えりちゃんにはあとで土下座、プラスなにかやらないとねー」

恒子「あ、やるはやるでもヤっちゃダメだよ?」

健夜「」





200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 13:46:39.63 ID:QGICdgQvO

恒子「さーてと、すこやーん背中流してー?」

健夜「………」

恒子「すこやーん?」

健夜「…謝ってくる」

恒子「ちょっ!?」

健夜「少しの罪悪感と凄い羞恥心に押し潰されそう」

恒子「罪悪感少ないのかよ!」
健夜「行ってきます!」

恒子「まーまー待て待て」




201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 13:51:40.75 ID:QGICdgQvO

健夜「行ーくーのー!行ーかーせーてー!」

恒子「えりちゃんがイッてからな!」

健夜「うまいこと言った!いややっぱそんなにうまくない!」

恒子「とりあえず落ち着いてよ」

健夜「落ち着いてるよ!」

恒子「裸で言われてもな~」

健夜「えッ!?」

健夜「…ってお風呂なんだから当たり前でしょ!?」

恒子「うむ、いつものすこやんだ」



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 13:59:09.75 ID:QGICdgQvO

恒子「あっちはあっちでお楽しみなんだからさー、ね?」

健夜「…咏ちゃんしか楽しんでないよね」

恒子「えりちゃん縛ったの私だしね!」キリッ

健夜「威張ることじゃないよ!」

恒子「そこにすこやんが乱入しても意味ないってー」

健夜「そう、だけど…」

恒子「もし乱入するなら酒飲んでから引っ掻き回してきな」

健夜「私もアレだったけどこーこちゃんも相当なこと言うよね」

恒子「えりちゃんがエロいんだよ」

健夜「後で一緒に土下座しようね、こーこちゃん」



205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 14:03:45.07 ID:QGICdgQvO

恒子「いやいや、えりちゃんエロいって。咏ちゃんの言ってたことも判るよ」

健夜「おっp……胸って?」

恒子「そー。スタイルいいよね」

健夜「………」ペタ

恒子「気にするほど小さくないよ」

健夜「!?」




208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 14:17:50.10 ID:QGICdgQvO

――――

えり(ふわふわ、する…)

えり(もう、どうでもいい。ただ……)

えり(今はただ、溺れていたい)

咏「えりりん…」

えり「みひろぎ、ぷろ…」

えり「お、ねが…い…早く…」

えり「…せつない、の…」モジモジ

咏「っ」ドキッ

えり「ふれて、ください…」うるうる

咏(…殺す気か)




210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 14:29:06.60 ID:QGICdgQvO

咏「……」チュク

えり「ぁッ…!」ビクッ

咏「すげー、…こんなに濡れてんだ…」チュクチュク…

えり「言わな、いでぇ…!はず、かし…」

咏「ほら見てよ、これ、えりりんの…」トロッ

えり「ゃ、ぁ…ッ…」カァァ

咏「恥ずかしいの、トロトロだ?」

えり「ゃ、いやぁ…!」

咏「チュルッ…へへ、舐めちゃった」

えり「ぁ…うう…ぅ…」

咏「ほら、舐めてみ?」

えり「んむぅ…っ!…ん、ちゅ…はむっ…」ペロ

咏(…舌使いが…)ゾクゾク



212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 14:42:57.20 ID:QGICdgQvO

咏「ほら、こんなに濡れてるから。指が入るのもスムーズだ」ツプッ

えり「はぁ、ん…!んく、ぅ…っ!」ビクッ

咏「あったかい」クチュ

えり「あぁぅ…っ!」

咏「クリも弄ったげるねぃ」クリクリ チュクチュク

えり「んぁあ! ぁ…!」ビクッ

咏「お、いいねぃ。ココかい?」チュクッ

えり「あぁ、ん…!」ビクンッ

咏「ココね、おっけ」チュクチュク… クリュッ、グリグリ…




213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 14:53:08.58 ID:QGICdgQvO

えり「ゃ、だめッ!そこだめぇぇ!!」ビクビク

咏「だめなの?やめちゃう?」

えり「ぁ、う…違っ…」

咏「…なにが違うの~?」

えり「…ぁ、の…、」

咏「うん?」

えり「…きもち、よすぎて、…だめ…」

咏「…………」

えり「それ以上やられると、おかしく、……!?」




215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 14:56:48.50 ID:QGICdgQvO

咏「知らんし」チュクチュクチュク!

えり「ひぁン…ッ!」ビクッ

咏「おかしくなってよ」クリクリ…

えり「ゃ、あ!あぁッ!だめ、ゃ、やぁあ…!」ガクガク

咏「おかしくなっちゃいな?」クチュ、クニックニクニッ クリュクリュッ

えり「ぁ、も…だめ、わた、しゃ、や…ああぁ………ッッ!!」ビクンッ

~~~~



217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 15:00:44.40 ID:QGICdgQvO

――――

恒子「さっぱりすっきり~♪」

健夜「…酷いよこーこちゃん、急に」

恒子「しゃーないじゃん、お互い裸だし?すこやん肌白いし?」

健夜「…でも…」

恒子「ちなみにお風呂場で急に襲った話です!」

健夜「違うよ!?てか誰に言ってるの!?」

恒子「照れるな照れるな~」

健夜「あれは急にこーこちゃんが背中流s」

恒子「真偽はご想像におまかせします!」

健夜「だから誰に言ってるの!?」



218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 15:06:51.92 ID:QGICdgQvO

恒子「さてさて、こちらの二人はどうなって…」コソッ

恒子「………」

健夜「どうしたの?」

恒子「シーッ」

健夜「……?」

恒子「…!!」

健夜「こーこちゃ」

恒子「逃げるよ」




219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 15:08:36.41 ID:QGICdgQvO

健夜「え?」

恒子「いーからはやk」

ガチャッ

恒子「あ゛」

えり「…どちらへお出かけですか?」

恒子「…い、いや~その…御機嫌麗しゅう~えr…針生さん」

えり「ええ、お陰様で」

えり「とても晴れ晴れとした気分ですよ」ニッコリ

恒子(氷の微笑み)ブルッ

健夜(お風呂あがりなのに寒い)ガタガタ



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 15:15:55.81 ID:QGICdgQvO

えり「……………」

恒子「……………」ドゲザ

健夜「……………」ドゲザ

咏「……………」ドゲザ

えり「…なにか言うことは?」

恒子「悪のりしてすみませんでした」

健夜「きっかけつくってすみませんでした」

咏「えりりん大好きですみませn」

えり「三尋木プロ?」

咏「…拘束プレイ、焦らしプレイに言葉責めしてすみm」

えり「みッ三尋木プロ!?」ガタッ

恒子(すげー)

健夜(すみませんすみませんすみません羞恥心が羞恥心が酔っててすみませんすべてにすみませんだから許して)




224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 15:27:01.50 ID:QGICdgQvO

えり「…まぁ、反省している様ですし、…頭をあげてください」

健夜「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

恒子「落ち着いて」

咏「にょほほ」

えり「…三尋木プロ…」アタマカカエ

えり「あなたのしたことは一歩間違えたら犯罪ですよ?」

咏「ほ?」

えり「酔ったからと言って他人を酔わせて襲うなんて…」

えり「私じゃなければ通報もありえます。あまりお酒は…」

咏「ん~?えりりん以外にする気ねーし」

えり「……え?」



227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 15:37:33.07 ID:QGICdgQvO

えり「あの…それはどういう…」

咏「ん?まんまの意味だけど」

えり「……?」

恒子「しかしえr……針生さんやっさしーい!」

えり「…もう“えり”でいいですよ…」

恒子「マジですか?まぁキスした仲だし」

えり「福与さん?」ニコッ

恒子「」ドゲザッ

咏「それ言ったらここにいる全員とちゅーしたよね、えりりん」

えり「…失礼ですが」コホン

えり「…貴女方が無理矢理したんでしょう!!」

健夜「返す言葉もありません」ドゲザ




228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 15:41:57.44 ID:QGICdgQvO

えり「まったく…」

健夜「なんていうかなんでもするから許してください」

恒子「なんでもするから許してください!!」

咏「すげーなー二人とも」

健夜「一番やらかした人が何言ってるの!!」グイッ

咏「おぶっ」ゴツンッ

健夜「頭下げて!!」

咏「あの健夜さん?痛いんだけど、さっきのお返し?ステイの」

健夜「なんでもしますからこの羞恥心から解放してくださいお願いします」

恒子「すこやん、台無しだよ」

えり「………」



229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 15:45:07.11 ID:QGICdgQvO

えり「別にいいとさっき言った筈ですが…」

恒子「」パァッ

咏「」パァッ

えり「…そうですね、せっかくそこまで言っているのであれば」

えり「お願い、叶えてもらいましょうか」ニコッ

恒子「」

咏「」

健夜「ありがとうございますありがとうございます」




232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 15:51:56.51 ID:QGICdgQvO

~次の休日~

えり「……」カチャ

健夜「……」ドキドキ

えり「…合格です。筋が良いですね」

健夜「ほ、ほんとに!?」

えり「欲を言えば、卵がもう少し半熟気味だともっと良いですよ」

健夜「う…精進します」

えり「いえ、短い期間の中、よくここまでできましたね」

健夜「ちょっと、頑張ってみた…」テレッ

えり「今度、一緒にお料理しましょうか。色々教えてあげられるかと」

健夜「ほ、ホントに?」

えり「小鍛治プロさえ良ければ」

健夜「ありがとう!すっごく嬉しい!!」




234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 16:00:59.70 ID:QGICdgQvO

~~~

えり「まず小鍛治プロへの“お願い”ですが…」

健夜「ん…」ドキドキ

えり「今度の休日、私の家に来て、ご飯作ってください」

健夜「…え?」

えり「朝は良いとして、昼と夜…特に昼ですね」

健夜「あ、あの…私お料理って作ったこと…」

えり「覚えてきてください」

健夜「」

えり「…材料とレシピを渡しましょう。お願いできますね?」

健夜「……う、うん。頑張ってみる…!」




235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 16:06:31.09 ID:QGICdgQvO

ピンポーン

健夜「あ…」

えり「今行きます」

ガチャッ

恒子「た、ただいま…です…」

えり「お疲れさまでした」

恒子「えーっとぉ…あのぅ…」

えり「あがってください、お茶出しますから。答えあわせはそこで」

恒子「う、うん……」ドキドキ

健夜「あ、こーこちゃん、お疲れさま」

恒子「ん、ありがとー…外暑かったぁ~」

えり「麦茶でいいですか」

恒子「あざーっす!」

えり「…答えあわせして、間違いが3つ以上の場合は温かい麦茶を出しますね」

恒子「え゛」



237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 16:09:53.68 ID:QGICdgQvO

えり「では…」ゴソゴソ

恒子「………」ドキドキ

えり「…ん」

恒子「!」ビクゥッ

えり「……合格です」ニコッ

恒子「ま、マジですか!?」

えり「ええ。やればできるじゃないですか」

恒子「やったぁーッ!」

えり「今冷たい麦茶、持ってきますね」

恒子「やったよすこやーん!」

健夜「うん!やればできるじゃん!」

健夜「正直ちょっと諦めてたよ!!」

恒子「う゛ッ」グサッ



238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 16:15:38.48 ID:QGICdgQvO

えり「おまたせしました、麦茶どうぞ」

恒子「ありがとーございますっ」ゴクゴクゴク

恒子「っぷはー!生き返る!達成感ある~!」

えり「ちなみに間違いは1つだけありました」

恒子「え」

えり「まぁ、ささやかな間違いです。牛乳はどこ製のものと言いましたか?」

恒子「あ……低脂肪で、パックの色ばっかり見てた~…」ガクッ

えり「それだけ覚えているならあとは2択です。少し運が悪かっただけでしょう」

えり「よく頑張りましたね」ニコッ

恒子「頭撫でて~?」

えり「はいはい」ナデナデ

恒子「へへっ♪」



239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 16:19:53.55 ID:QGICdgQvO

~~~

えり「次に福与さんへの“お願い”です」

恒子「よ、よしきたっ!」ドキドキ

えり「次の休日、お使いをしてきてください」

恒子「…オツカイ?」

えり「ええ。私の家まで。お金はちゃんと払います」

恒子「…それだけですか」

えり「ええ。それだけ」

恒子「な、なんだぁ~緊張して損したぁ~」

恒子「そんならお安い御用!何を買って持って行けばいいですか?」

えり「まだ決めてません」

恒子「…へ?」



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 16:25:14.26 ID:QGICdgQvO

えり「当日お伝えします。家に寄って買う物を聞いてからお使いに行ってください」

恒子「あーなるほど」

えり「ただし、口頭のみです」

恒子「え?」

えり「買う物は口頭で説明します。メモの類いは渡しません」

恒子「え、えッ!?」

えり「もちろん、間違いが酷い様なら買い直していただきます」

えり「…私の家からスーパーまで徒歩10分、ちなみに次の休日、気温は30度をこえるそうです」

恒子「ええぇぇーッ!?」

えり「頑張ってくださいね」ニコッ



242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 16:33:10.25 ID:QGICdgQvO

健夜「お仕事とかしてても、なにか忘れてることとか多いから。1発は絶対無理だと思ってたよ」

恒子「へへーん!スーパーアナウンサーこーこちゃんを甘く見るなよ?」

えり「今回でスーパー度合いも増したでしょうし、お仕事にも生かせるでしょう」

恒子「え?」

えり「期待してますよ」

恒子「な…っ」

健夜「…もしかして…狙ってた…?」

えり「……あ、三尋木プロの様子見てきますね」タッタッタ…

恒子「…えりちゃん絶対狙ってたよ…」

健夜「…私の料理も多分…」

恒子「………」ドキドキ

健夜「………」ドキドキ



243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 16:39:20.11 ID:QGICdgQvO

コンコン

えり「三尋木プロ?」ガチャッ

咏「おぅぃ、えりりーん」

えり「えりりんはやめてください、えりりんは」

咏「いや知らんし」

えり「…で、調子はどうです?」

咏「バッチリっしょ!」

えり「…………」ツゥー…

えり「…………」フッ…

えり「…不合格」

咏「え゛え゛え゛!?」

えり「やり直し」




246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 16:45:11.12 ID:QGICdgQvO

咏「そりゃねーよえりりーん!」

えり「ではまた後で」

咏「オニーっ!あくまーっ!」

えり「なんとでも。貴女には一番被害に合いましたから」

えり「…へ、変態…」カァァ

パタン

咏「」

咏(……ちょっと、反則でしょ……)ドキドキ

咏「…うし、あともう少s」

えり「あ、それと」ガチャッ

咏「!?」

えり「それが終わったら本棚の整理もお願いしますね?」

えり「では」パタン

咏「……そりゃねーよ……」



247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 16:51:45.26 ID:QGICdgQvO

~~~

えり「最後に三尋木プロですが」

咏「お、おうっ!」

えり「部屋の掃除、頼みます」

咏「…へ?」

えり「部屋の、掃除」

咏「…どこの」

えり「私の家の」

咏「…そ、そーゆーのは、ちょっと…」

えり「なにか?」

咏「あ~…わっかんねー…」

えり「貴女はカバンとかロッカーとか規模が小さいと整理整頓できてるんですから」

咏「そーだけど」

えり「それが部屋になっただけです。どうってことないでしょう?」

咏「うぐぐ…へーい…」




251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 17:00:34.45 ID:QGICdgQvO

えり「…さて」

えり(晩ごはんは小鍛治プロのほかに福与さんもいるから任せて良いだろうし…)

えり(三尋木プロは…あの調子だとしばらく時間がかかるだろう)

えり(それまでの時間は…)

えり(…この前読み終わらなかった本、読んでしまおう)

えり(あぁ…有意義な休日…)ペラッ

えり(…幸せ…)

ガシャーン

えり(…………)




252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 17:03:11.01 ID:QGICdgQvO

咏「あわわわわ」

健夜「ちょっと咏ちゃん!?」

恒子「あちゃー派手にやりましたねー」

えり(…………)

えり(…………)

えり(…………)パタン

えり(みんなで部屋の片付け…か…)

えり(…一応、絆創膏用意して…)

咏「え、えりりーん!」

えり「はいはい…」

えり「今行きますよ」



おわり




256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 17:09:09.48 ID:QGICdgQvO

おかしい
ほのぼのギャグを書こうと思ってたらいつのまにかエロ書いていた

皆様保守支援応援ありがとうございました



260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 17:17:10.51 ID:QGICdgQvO

時間あるのでおまけ

えり「…で、何を倒したんですか」

咏「ごめんよー!」

えり「……ああ、本棚。良かった小さい方で」

健夜「でも、本が割りと散らばっちゃって」

恒子「おーこれはウィークリー麻雀トゥディ!」

えり「ああ…」

恒子「すごーい!昔の結構あるー!」

健夜「ちょっとこーこちゃん…」

恒子「あれ?これフセンついてる?」

えり「あ、それは…!」

恒子「…ははーん?」

えり「いえ、その、仕事ですから!深い意味はありませんから!なんですかその顔はっ!」

『三尋木プロ特集』



263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 17:22:08.49 ID:QGICdgQvO

咏「ところで晩ごはんは何ー?」

えり「小鍛治プロに既に頼んであります」

健夜「青椒肉絲、だって」

咏「え」

えり「………」

咏「え」

えり「………」

咏「…ちょっと急用が」

えり「みんなで、食べましょうね?」ニッコリ

健夜「え、何?」

恒子「咏ちゃん、タケノコだめなんだよ」

健夜「え、でも…」

健夜「……?」

健夜(貰ったレシピには、タケノコのかわりになるものが書いてあったけど…)

健夜(言わなくていいのかな?)



264: おまけ3 2012/08/27(月) 17:29:31.14 ID:QGICdgQvO

恒子「…でもさー」

健夜「ん?」

恒子「やっぱりどっか咏ちゃんに甘いよね、えりちゃん」

健夜「そうかな?」

恒子「だってさ、私たちのお願いは、咏ちゃんに比べて軽かったかもしれないけど」

恒子「“手伝う”とかは一切なかったじゃん?」

健夜「あー」

恒子「実際のところどーなんですか?」

えり「いえ、特に意味はありませんよ」

恒子「そーかなー?」

えり(…言えない)

えり(…三尋木プロに襲われたとき、最後の最後によがっちゃったから)

えり(あんまり厳しいことできないなんて…)

えり(…絶対に言えない)




268: おまけ4 2012/08/27(月) 17:37:41.45 ID:QGICdgQvO

咏「……」ドキドキ

えり「………」ツゥー

えり「…合格です」ニコッ

咏「おっしゃあ!」

えり「お疲れさまでした」

咏「なんかご褒美ちょーだい!」

えり「…あの、これ私への謝罪の意味も込めた私からの“お願い”の筈では」

咏「知らんし」

えり「……」イラッ

咏「ごっほーびごっほーび」

えり「…はぁ。簡単なものなら良いでしょう。頑張っていましたしね」

咏「じゃーねぃ…、あ!」

咏「えりりんのおっぱい揉みしだきたい」

えり「………は?」

おわり



271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 17:48:15.46 ID:QGICdgQvO

これにて終了!
………しゅう……りょ…

>>140の別ルートとか書いてもいいかな?(コソッ



273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 17:49:47.49 ID:QmTZhGnr0

もちろんそれはすばらです!



275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 17:56:21.48 ID:QGICdgQvO

ありがとう!>>140から

恒子(ステイ解除したらどうなるだろ)ワクワク

健夜「ふぉぉ…」ハァハァ

恒子「すっこやん♪」

健夜「おふッ!?」ビクゥッ

恒子(そんなに驚かんでも)

健夜「なっななななにかな?」

恒子「ステイ解除」

健夜「?」

恒子「ステイ解除って言ったら…どうする?」

健夜「…ほ、ホントに?」

恒子「ホントに」

健夜「」キラキラキラーン

恒子(獲物を狙う獣の目だ…!)



277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 18:02:35.02 ID:QGICdgQvO

健夜「えりちゃんを押さえるのはいいんだよね…?」

恒子「う、うん…最初の作戦でそれはOKで…」

健夜「…押さえ方は、言われてないよね…?」ハァハァ

恒子「うん、言われてな」

健夜「よっしゃあああああ」

恒子「すこやん足の感覚……って」

健夜「」ザッザッザッ

恒子「匍匐…前進…だと…?」



278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 18:08:48.63 ID:QGICdgQvO

えり「ッ、くぅうん…!」

咏「どしたの~えりり~ん」カリカリッ

えり(やだ、声…抑えられない…!)

咏(我慢してる我慢してる…)カリカリ…

えり「ん…っ…んん…!」

咏「…………」スリスリスリ、クリッ

えり「ぁ、…っっ…んく…ッ」
咏(…声、聞きt)

健夜「ドーンッ!」

咏「!?」

えり「…ふぁ…?」




280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 18:13:16.72 ID:QGICdgQvO

咏「ばっ、てめすこやん!ステイって」

健夜「ステイ解除いただきました!」

咏「え?」

恒子「てへっ」ペロッ

咏「ふくよんんんんん!?」

えり「え…え……?」

えり(た、助かった…?小鍛治プロなら…)

健夜「大丈夫?体勢、変えられる?」

えり「ありがとう、ございます…」

えり(信じてました…小鍛治プロなら助けてくれるって…!)



282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 18:19:12.15 ID:QGICdgQvO

健夜「とりあえず、床に座る感じで。起き上がれる?」

えり「こう、ですか…?」

健夜「そうそう。で、咏ちゃん、えりちゃんの背中から腕回して」

健夜「で、私が足…」

えり「……え?」

健夜「これなら、手も足も出せないでしょ?」ニコッ

えり「え?え?」




283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 18:21:20.38 ID:QGICdgQvO

咏「…続きといこうか、えりりん」ニヤッ

えり「ええええええ!?」

えり(小鍛治プロ…信じた私が、馬鹿だった…)

健夜「あ、そぉ~だっ!」ゴソゴソ

健夜「じゃーん♪これ使おーっ」

えり「え?あの、え?」

健夜「目隠しー♪」

えり「いッ……」

えり「いやああぁぁぁああ!!!」

恒子「う~ん、良い感じに滅茶苦茶になったね。さすがすこやん」




285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 18:31:31.32 ID:QGICdgQvO

えり「うそ…そんな……!」ワナワナ

えり(なにも見えないし…)

えり(また、敵が2人…今度こそ逃げられない…!)

サワッ

えり「やッ…」ビクッ

ナデナデ…

えり「やぁあ…っ!」

えり(誰が、どこに触るか…わからない…)ゾクッ

チュ

えり「んっ、んんぅ――!」

えり(今、私にキスしてるのは、誰…?)

ナデナデ

えり(今、胸に触れたのは…誰…ッ)

えり(や…やだ…!)

えり「こわ…ぃ……!」ビクッ



287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 18:38:36.03 ID:QGICdgQvO

健夜「…こわい?」

えり「っ、こわ、い…です…や、やだ…ッ」

えり「取って…これ、取ってぇぇ…!」

健夜「…ごめんね、それはダメ」

健夜「じゃあ、これから触るところは全部、口で言っていくから。それでいい?」

えり「っ……ぅぅ…!」グスッ

健夜(子供みたいに怯えるえりちゃん…たまんないなぁもう!たまんないなぁ!!)ムラムラ

咏「………」

咏「……えりちゃん?」ボソッ

えり「はぅッ…」

健夜(そんなえりちゃんに耳元で息混ぜながら喋る咏ちゃん!反応しちゃったえりちゃん!)

健夜(たまんないなぁもう!たまんないなぁ!!)ムラムラ



291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 18:50:52.12 ID:QGICdgQvO

咏「さっきえりりんが感じてたトコ…触るよ?」ボソボソ

えり「っぁ…!」

えり(声が…直接、頭に話しかけてるみたいな…!)

咏「……」スリッ

えり「んぁぁッ!」ビクンッ

咏「今、えりりんの胸の先っぽ、触ってるよ?服の上からもわかるくらい、かたくなってるねぃ?」クリクリクリ…

えり「あぁあ…っ、ぁ、や、ぁ…!」

咏「敏感だね、えりりん」キュッキュッ

えり「やめ、ぁ、んん…!」ビクンッ

えり(やだ、こんなに…身体、反応しちゃ…!)

健夜(視界が遮られたことによって聴覚や触覚に頼ることになったってことは)

健夜(すごくビンカンってことだもんね♪)



293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 19:01:40.11 ID:QGICdgQvO

健夜(さーてと、私も…)

健夜「えりちゃん?脚、触るよ」

えり(あし、…って…どこ…?)

健夜(わざと“太もも”とか場所を言わずにおく)

えり(…っぅ、あし、触られて…る…?ない、よね…止めてくれたの…?)

健夜(わざと時間を置くことで相手に意識させて…)

健夜(少しの刺激にも敏感に反応するようにして…そこに)

健夜(息を、吹き掛けると)ふぅ

えり「ひゃんッ!?」ビクンッ

健夜(かーわいーい)

えり(なに…なに、いまのっ…!)



305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 19:41:28.92 ID:QGICdgQvO

健夜(触ると言っても手で触るとは限らない…)ペロッ

えり「やッ…!」

健夜(舌で触ったりもして…ね?)ツゥー

えり「はぁ、あぁ…!」ゾクゾク

咏「………」ムッ

恒子「」チョイチョイ

咏「?」

恒子「」クイッ

咏「………」

咏(へぇ…)ニマッ

咏(…やっぱオトナって、えげつないねぃ)

恒子(ふふ)ニンマリ




307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 19:51:42.82 ID:QGICdgQvO

咏「…あれーふくよん、なにしてるの?」

恒子「シーッ言っちゃダメじゃないですか」

えり「…え…な、なに…?」

健夜「言っちゃいなよ、可哀想だよ~」

恒子「実は、動画撮ってまーす!」

えり「な……!?」

えり「う…嘘…嘘ですよね…!?」

恒子(もちろん嘘)

恒子(しかし黙る、それがオトナ)

えり「そんな…そんなの……ッあぁ!?」ビクッ

咏「じゃーえりりんのかわいいとこ、たくさん見せてあげないとねぃ?」コリコリ…

えり「ぁ、あ、やだ、やだぁッ!!」





310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 20:03:57.62 ID:QGICdgQvO

咏「服、ボタン開けるねぃ~」プチ、プチ

えり「いやぁ!お願い、止めて…やめてぇ…!!」


恒子「ふふふ~、カメラ写り良いですね~」

えり「いやああああ!!」

健夜「だーめ」チュ

えり「んッ……ん―ッ!」

健夜「ん、ちゅ…レロッ…むちゅ…」

えり「ん、は…ぁ、ンン…ッ!」

健夜「…は、」ツゥ

えり「はぁ、はぁ……」トロン

えり(ぼーっとして…なにも…考えられない…)




314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 20:16:25.68 ID:QGICdgQvO

咏「えりりん、服のボタン全部外した…丸見えだねぃ?」

えり「い…やぁ……」

咏「白い肌も、汗ばんでるのも、おっぱいも、ピンク色の先っぽも、ぜぇんぶ見えてるの」モミッ

咏「…えりりんのおっぱいやわらかい…」フニフニ

えり「あ…っぁ…」

健夜(…ちょっとやり過ぎたかな?大人しくなっちゃった)

健夜(…ちょっと、刺激を…)ナデッ

えり「んん…ッ!」ビクッ

健夜(内腿…足の付け根に近いところ)ナデナデ

えり「っぁ、あぁん…っ…」



316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 20:24:14.20 ID:QGICdgQvO

恒子(…………)ゴクリ

恒子(…2人のプロから与えられた快楽に溺れることしかできなくなった美人アナウンサー…目隠しアリ)

恒子(…そんじょそこらのAVより凄いよね…)

恒子(…ま、マジで、ちょっと…カメラカメラ…)


えり「あぁ…ッ、あ…ん…っ」

健夜(限りなくアソコに近くて、無防備なところ…)

健夜(ここ周辺を刺激してあげれば…)

えり「っぁ、は、…あぁ…!」

咏(かわいいなぁ、もう…!)ムニムニ コネコネ





319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 20:32:26.43 ID:QGICdgQvO

咏「えりりん…」モミュモミュ…グニッグニッ

えり「ぁ、あ……んん…!」

咏「……」ミミカプッ

えり「ひ、ぅ…ッ!」ビクッ

健夜(!)

健夜(咏ちゃん、よくわかってるぅ!)

咏「ハミッ…ハミハミ…チュバ」





320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 20:37:24.67 ID:QGICdgQvO

健夜(…一回、やってみたかったんだ…)ゾクゾク

健夜(両耳かぷっ)カプッ


えり「やぁあ!?」

健夜(唾液を溜めた舌を置くまで…)

健夜「んん…チュパ、ちゅる…」ヂュッ

咏「レルッ…ピチャピチャ…」

健夜(視界、そして…聴覚も塞がれる。そして頭に広がる音は…)





321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 20:40:23.43 ID:QGICdgQvO

えり「あぁぁっ…!ひ、いやぁッ!」

健夜(いやらしい唾液の水音と…快楽に溺れた自分の喘ぎ声に支配される…そこで)

咏「ちゅる、ピチュ…ペチャ」スリスリスリ…

えり「あぁあんっ!ぁ、あぁ…!」ゾクゾクゥッ

健夜(弱いところを攻めてあげれば……!)

えり「ぁ、ゃぁあ!…いや、ぁ…ぁん…!」

えり(おかしく、なる…!もう…もう…!)



324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 20:48:50.56 ID:QGICdgQvO

健夜(…両耳カプしたら、もう一個、やりたいよね…)

健夜「…咏ちゃん」

咏「?」

健夜「体勢、変えられる?」

咏「………」コクッ

スッ

えり「…?」

ドンッ

えり「きゃ、ぁ…!」ドサッ

恒子(押し倒される美人アナウンサーEさん…!)

恒子(彼女の運命やいかに)ドキドキ





326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 20:57:08.75 ID:QGICdgQvO

えり「ぇ、なに…っ」

咏「…ん」ハミッ

えり「ぁああ…っ!」

健夜(やってみたかった両乳首舐め)

健夜(…咏ちゃんは、唇で刺激を与えながら舌を這わせるタイプ…かな)

健夜(そうすると…)チロッ

えり「んんッ!」ビクッ

健夜(舌だけを使って…最初は焦らすように…)チロチロチロッ

健夜(だんだんと、舌の動きを大きくして…)ベロッベロベロ

咏(うわぁ、もうコリコリ…)チュゥ

えり「…あぁん…ん…っ…ぁ、あ…!」




328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 21:03:55.82 ID:QGICdgQvO

えり(片方に、んんっ…舐められ、てて…)

えり(もう、片方が…ぁあッ!吸っちゃ…やぁ…!)

えり(左右で、違う刺激に……!)ゾクゾク

健夜「」ベロベロベロ

咏「」コロコロ…チゥゥ

えり「ぁ、もう、だめ…!」

えり「舌、でザラザラで…ぁ、あ…!」

えり「んんぁっ…吸わない、でぇ…!」ビクンッ

健夜「チュゥゥ!」

咏「ペロペロ」コリュコリュッ

えり「あぁぁ……!!」ビクンッ



330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 21:16:22.83 ID:QGICdgQvO

咏「…軽くイったかねぃ?」

健夜「うん…」ソロソロ

えり「はぁっ、…はぁ…はぁ…」クタッ

咏「…すこやん」

健夜「あ。…美味しいとこは、咏ちゃんだったね」

咏「そゆこと」

健夜「じゃ、私は咏ちゃんおすすめのおっぱいでも…」

咏「…えりちゃん、スカートあげるよ?」

えり「んん…」

咏「わぁ…まだ溢れてる」

えり「ゃ…」

咏「……チュ」

えり「ひッ…!?」





332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 21:20:55.78 ID:QGICdgQvO

咏「ヒクヒクしてる…キモチよかったんだ~?」

えり「み、みひろぎ、ぷろ……ッ!ゃあ…っ」ビクッ

咏「ん、ちゅぅう…レロッ」

えり「ゃああぁ!?なに、して…」

咏「舐めて、吸って…」

えり「やめ、きたなぃ、です…!」

咏「綺麗だよ。…わぁ、クリトリス真っ赤」

えり「ゃッ…」

咏「チュゥ」

えり「やあぁッ!」ビクッ

咏「ちゅぱ、チュ、コリュッ」

咏(かる~く、歯たてて…)コリュッコリュコリュッ

えり「や、だめ、それだめぇ…!」



333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 21:29:56.38 ID:QGICdgQvO

健夜「駄目じゃないんでしょ~?」

えり「ぁ、あぁん…ッ!、っ、ぁ、こ、かじ、んんッ…ぷろ……?」

健夜「そーだよ」モミッ

健夜「…わぁ、ホントだ。えりちゃんのおっぱい、凄い」ムニュムニュ

健夜「大きくて、暖かくて、触り心地いい」グニッ

えり「ぁ、ふ…ッ…」ビクッ

健夜「先っぽも、…かたいね?」コリッ

えり「あん…っ!」





334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 21:34:42.10 ID:QGICdgQvO

咏「…チュゥ…レロレロ…」コリュコリュコリュッ

健夜「……」コリコリ…コリコリコリ

えり「ぁ、あぁん…! ゃ、…!!」

えり「だ、め、そんな…ぁッ…とこ、ばっかり…!」ガクガク

えり「いじ、っちゃ、だめ、ぁ、あぁ…!」

えり「も、…っだめ、ぁ…ッ……っんん!」

恒子(ガマンできなくなって出てきてしまった)チュ

恒子「ん…チュ…レロォ…」

えり「ん、ふぅ…っ、んむっ…!」

恒子(やば…っ舌、使い…凄…)ゾクッ




337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 21:39:57.18 ID:QGICdgQvO

えり「ん、んんっ…っふ、ぁあ…!や、もう、だめ、ぁ、あぁ…ッ!」ガクガク

咏「…ペロペロ…コリュッコリュ…」

健夜「…良いんだよ?」クリクリ…コリコリッ

恒子「ちぅ…チュ、チュゥゥゥ…」

えり「あぁぁ……~~ッッ!!」ビクンッ


―――――――


恒子「…………」

健夜「…………」

咏「…………」

恒子「……え、っと……」



339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 21:44:46.86 ID:QGICdgQvO

恒子「…どうします?」

健夜「……どーもこーも」

咏「……嫌われた……ぜってー嫌われた…わかんねー…もう…」

健夜「…お姫様は」

恒子「身なりだけ整えて、現在ベッドにでおやすみになっておりまする…」

咏「やりすぎた…完ッ全にやり過ぎた…!気ぃ失っちゃうとか…!」

恒子「…あの、こんなときになんなんですけど、1つ良いですか」

健夜「…なに」

恒子「…さっきの様子を撮ったカメラがココに」

健夜・咏「!?」バッ




341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 21:51:52.37 ID:QGICdgQvO

咏「嘘じゃ、なかったん…!?」

恒子「そのつもりだったんだけど…あまりの激しさについ録画ボタンを…」

健夜「いっいっいっいつからっ!?」

恒子「多分、咏ちゃんがえりちゃんの服のボタンはずした後あたりから…」

健夜「………」

咏「………」

恒子「や、やっぱり消した方が」

健夜「その前にデータ、送っといて」

咏「ウチにも頼む」

恒子「…正直カメラワークには自信がある」ニヤリ

咏・健夜・恒子(ガシィッ)





347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 21:58:54.38 ID:QGICdgQvO

恒子「女の」

健夜「友情は」

咏「永久不滅……!」

「「「・・・・・」」」

咏「…えりりんとの、仲…」ドンヨリ

健夜「…仲良くなれると思ったのに…」ドンヨリ

恒子「…頼れる先輩と後輩という関係に憧れをもっていた…」ドンヨリ

咏「…しょぼくれたって、なんにもならんよね…」

健夜「……うん……」

恒子「自分の正直な気持ちを、ぶつけよう」

咏「えりりんとの仲が壊れるくらいなら、なんだってやってやる…!」

カタッ トントントン…

咏・健夜・恒子「!!」



349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 22:06:16.30 ID:QGICdgQvO

……………

えり「…ん…ぅ……?」

えり(ここ…どこ……)

えり(たしか、三尋木プロに呼ばれて福与さんの……)

えり(………)

えり(……………)

えり(………………!)バッ

えり「服、着てる…」

えり(…ゆ…め…オチ…?)

えり「えっと、鏡…」ゴソゴソ

えり(…勇気がでない…)

えり「…えいッ!!」バッ

えり「…………」

えり「…夢…じゃ、ない……」

えり(…誰よ…こんな、見えそうなところにキスマークつけたの…)



351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 22:15:07.69 ID:QGICdgQvO

えり「…………」

えり「…………」ジワッ

えり「っ…」フルフル

えり(…なんで、あんな…酷いこと…)

えり(………)ブルッ

えり(真っ暗闇の世界…誰だかもわからない手が…私の、身体を……)

えり(身体中に残る、紅い…跡…誰が、…誰……)

えり(両手も拘束されて…触覚に頼っても、聴覚に頼っても…すべて、性的な…)

えり「っ…くぅ…」ギュゥ

えり(…本当の恐怖を感じるなんて…いつ以来…だろう…)ガクガク





353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 22:22:46.40 ID:QGICdgQvO

えり(………)ギュゥ

えり(……行か、ないと……)

えり(行かないと…なにも…解決しない…)

えり(…さすがにもう…大丈夫…だと…)

えり(……………)

えり(…一回だけ)

えり(…一回だけ…子どもみたいに泣いても…許されるよね……)グスッ

………………




354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 22:27:22.32 ID:QGICdgQvO

……………

えり(大丈夫、よね?)

えり(……………)グッ

えり(扉を開ける勇気が出ない…)

えり(…というか、どうして私戸惑ってるの?)

えり(これから叱られに行く生徒みたい…)

えり(むしろ、私は怒る立場…!)

えり(…行ける!)ガチャッ

キィ…

咏「」ドゲザ

健夜「」ドゲザ

恒子「」ドゲザ

えり「」



356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 22:34:33.26 ID:QGICdgQvO

えり「」

えり「」ハッ

えり(あまりの光景に思考停止していた)

えり「…………あの、」

咏「調子に乗ってすみませんでした!」

健夜「酔っ払っててすみませんでした!」

恒子「録画ボ………嘘ついてすみませんでした!」

えり「…………」

えり「……録画…ボ?」

恒子「えッ!?いやぁ、その!」アセッ

えり「頭は下げていなさい」

恒子「すいましぇぇぇーっ!」ドゲザ




357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 22:39:28.53 ID:QGICdgQvO

えり「…嘘、とは?」

恒子「いや、そのぅ…」

健夜「あの、こーこちゃんが」

えり「私が聞いているのは福与さんです」

健夜「あぅぅ…」

恒子「だから、あの、途中でカメラで動画撮ってますって言ったのが、嘘…です」

えり「何故そのような嘘を?」

恒子「そ、それはぁ…」

恒子「…………」

えり「答えてください」

恒子「嫌がるえr…針生さんがめちゃ可愛いと思ったからですぅぅぅすみませんすみません!!」



359: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 22:45:54.16 ID:QGICdgQvO

えり「…福与さんは、人が嫌がる姿を見ると嬉しいのですか?」

恒子「えっ、あっ、そういう…」アセッ

えり「頭は下げて」

恒子「ひゃいッ!!」

えり「…どうなんですか?」

恒子「いや、えっと…!」

えり「…三尋木プロ、どうですか?」

咏「うぇぇっ!?なんでっ」アセッ

えり「頭」

咏「うぐっ…」ドゲザ

えり「…三尋木プロと小鍛治プロは視界が自由だったでしょう。嘘だというなら、知っていたはずです」

咏「…」





360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 22:50:29.50 ID:QGICdgQvO

えり「どうなんですか」

咏「……その人と、シチュエーションがあってれば…その…嬉しい、というか」

咏「…興奮する、よねぃ」

えり「なるほど…それで私はシチュエーションに合っていた、と?」

咏「……うん」

えり「それで?」

咏「え?」

えり「興奮しました?」

咏「えええッ!?」ガバッ

えり「頭下げて」

咏「……」

えり「どうなんです?」

咏「…興奮…しました」

咏(なんだこの羞恥プレイ…わかんねー…)



363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 22:59:22.47 ID:QGICdgQvO

えり「次に、小鍛治プロ。酔っ払って、と言っていましたね」
健夜「は、はい」

えり「あなたは酔っ払うと他人に…く………口付けするんですか」

健夜「えぇぇえぇッ!?」

えり「頭」

健夜「あぐぅ…」ドゲザ

えり「違うんですか?」

健夜「えっと、そのぅ……キスは、違うかな…」

健夜「酔っ払うと、素が出ちゃう」

えり「…………」ポカン

えり「………素」

健夜「…う、うん…」

えり「…あれが、小鍛治プロの……素」ビックリ

健夜(羞恥心がジワジワと…ごめんなさいごめんなさいもう許してください)



367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 23:11:05.86 ID:QGICdgQvO

えり「最後に三尋木プロ。調子に乗った、とは?」

咏「だから、そのぅ…」

咏「状況に流されただけなのに、思い上がって…えり…ちゃんに酷いこと…」

えり「…これで大体聞けましたね。顔、あげてください?」

咏・健夜・恒子「「「……」」」オズオズ

えり「………」



369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 23:18:49.09 ID:QGICdgQvO

えり「皆さんの話は大体わかりました。しかし…」

えり「聞かせて貰わないと、納得しないものが、一つ」

えり「…何故、あんなことをしたんですか」

咏「そ、それについてなんだけどねぃ?」

えり「はい」

咏「…………」

咏「……っ!」グッ

咏「私がしたかったんだ。すこやんとふくよんは関係ない」

健夜「う、咏ちゃん…?」

咏「あのね、……私、さ…えりちゃんの……」

恒子「待った!!」

咏「え?」

恒子「待った待った、それはズルい」




371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 23:23:15.25 ID:QGICdgQvO

えり「ズルい…?」

健夜「こーこちゃんがいうなら私も言うよ!?」

恒子「いくらすこやんでもさせるか!」

咏「あのさ!私!ずーっと前から!!」

恒子「今まであんまり話したことはなかったけど!今日がキッカケというか!!」

健夜「たくさん傷つけちゃったから!ちゃんと責任を取ります!!」

咏・健夜・恒子「「「私と恋人になってください!!」」」

えり「………」

えり「………え?」




374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 23:29:45.29 ID:QGICdgQvO

咏「おまっ、おまあああ!?」ガーン

恒子「恋の花というのは、いつ咲くかわからないから楽しいんだぜ?」

咏「だって、私はずっと前から」

健夜「時間は関係ないよ!」

恒子「そーだそーだ!!」

えり「……」ポカン

咏「ねーえりりん!!私だよねーッ!ずっと一緒だったもんねーッ」

恒子「えりちゃん、私とのキスどうだった!?」

健夜「…えり…さんが良いって言うなら、お酒飲まなくても素の状態に…」

咏「おまえらエッチのことばっかじゃないか!」

恒子「最初におっぱい揉みたい言ったのは誰だッ!!」




376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 23:34:37.53 ID:QGICdgQvO

咏「おっぱい含め、えりりん愛してんだよ!!」

恒子「どーだか!」

咏「てんめー!!」

えり「………」ズキズキズキ

健夜「…大丈夫?急にごめんね?」

えり「…いえ…」ズキズキ

健夜「ベッドで休む?休もうか。ほら行こう?」グイッ

えり「わっ…」

咏「ああああああ何やってんだすこやあああん」

恒子「抜け駆け許すまじ!!」グイッ

えり「きゃっ」

恒子「え・り・ちゃん…♪」

えり「あの…」

咏「抜け駆け許すまじは誰だあああ!!」ドーンッ

恒子「おぶっ」



378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 23:40:50.84 ID:QGICdgQvO

咏「長い付き合いだもんね?」ギュ

えり「み、三尋木プロ…」

咏「やだ、それ。咏って呼んで?」

健夜「はいはいうたうた」

咏「うるっさいよ!うるっさいよ!!」

えり「………」

恒子「えりちゃんのためならなんでもできる!!」

咏「んなもんできるわ!ふくよんよりできるね!!」

えり「……………」

健夜「えりさんと一緒なら、世界ランクも一位になれる…」

咏・恒子「「一人でもできるだろ!!」」

えり「……………」ワナワナ



379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 23:45:36.87 ID:QGICdgQvO

恒子「じゃーあれだ、勝負だ!」

咏「受けて立とうじゃないのさ!」

健夜「たとえ火の中水の中…!」

えり「」ブチィッ

えり「いいっ加減にしなさあああああい!!」


おわり…?

恒子「ちょ、勝負!!勝負は!?」

咏「勝負するまでもなくえりりんは私のだよ」

健夜「容赦しないよ!」

えり「…………はぁ」



383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/27(月) 23:55:12.97 ID:QGICdgQvO

>>140の選択肢2の人々がえりさんの“お願い(>>232)”を叶えにきました○

~次の休日~

えり「………」

健夜「はい、あーん♪」

えり「…あの、自分で食べられますから」

健夜「せめてものお詫びで…本当に酷いことしちゃったから、なんでもしてあげたいんだ…」

えり「…小鍛治プロ…」

健夜「だから、あーんっ♪」

えり「それは違うと思います」

健夜「そうかなぁ?」

えり「そうです」

健夜「…じゃあ、やりたいからやってるの」

えり「それはそれでお断りします」

健夜「…むぅ」



389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 00:00:36.08 ID:duuouiRYO

健夜「じゃあ、とりあえず1口だけ、1口だけ!」

えり「………」

健夜「ね?」

えり「…わかりました、1口だけですよ」タメイキ

健夜「やったあ!」ピョンッ

カラン…

えり「何か落ちましたよ」ヒョイ

健夜「あ゛」

『媚薬』

えり「………」

健夜「………」

えり「………」

健夜「…はい、あーん♪」

えり「不合格、作り直し」

健夜「そんなぁ…」ガクッ



392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 00:08:00.52 ID:duuouiRYO

ピンポーン

えり「はい?」

恒子「ただいまっ!あ・な・た(はぁと)」

えり「お帰りなさい、成果は?」

恒子「お帰りなさいのちゅー…」

えり「ああ、これですね」バッ

恒子「あーんちょっとは乗ってよ~」

えり「…重いですね、ずいぶん」

恒子「まぁねー」

えり「ありがとうございます。お疲れさまでした」ニコッ

恒子「」キュンッ

恒子「んもぅ~」テレテレ

………
えり「……なんというか……」

恒子「あってる?あってる?」




394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 00:14:36.40 ID:duuouiRYO

えり「…ええ。あっていると言えば…あっていますが…」

恒子「ほんとにっ!?」

えり「…たとえば、たしかに私はチョコレートを頼みました」

恒子「買ってあるよね?」チラ

えり「ええ。…ハート型のチョコレートケーキ、ホールで」

恒子「上にはクリームで“I LOVE ERI”ってちゃんと書いてもらったよ」

えり「…たとえば、このカップ。…何故色違いで2セット。しかもまたハート」

恒子「一緒に暮らすなら必要でしょ?」テレテレ

えり「…………」




395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 00:21:45.17 ID:duuouiRYO

えり「…記憶はたしかなようです。しかし…あまりの暑さにネジが飛びましたか」

恒子「恋の炎は熱いもの!」キラーン

えり「…合格にしましょう。合格でいいです。お疲れさまでした」

恒子「頭撫でて~」

健夜「ちょっとこーこちゃんっ!抜け駆け禁止!」

恒子「おーすこやん、お昼まだー?」

健夜「…ま、まだ…」

えり「小鍛治プロは不合格でしたので」

恒子「プッ」

えり「…あなたに笑えた義理はありませんよ」





398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 00:30:33.18 ID:duuouiRYO

コンコン

えり「三尋木プロ、…あら?」

えり「いない…?たしか、ここの掃除を……ん?」

えり「………」ツゥー

えり「…埃一つない…」

えり「…じゃあ本人は…?」

…………

咏「~♪」

カチャ

えり「…ここでしたか」




400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 00:34:30.74 ID:duuouiRYO

咏「えりりん!」パァッ

えり「なに勝手に人のベッド入ってるんですか」

咏「ここ、落ち着く~」

えり「落ち着くって…」

咏「んふふ~えりりんの匂いがする~」

えり「…匂いますかね」

咏「この匂い好きなんよ~今だけ独り占め~」ゴロゴロ

咏「そういやえりちゃ~ん、アレどこにあんのさー」

えり「アレ?」

咏「エロ本」

えり「」

咏「ベッドの下にもねーし」

えり「私は中学男子ですか。そんなの持ってません」

えり「というか、勝手に家捜ししないでください!」



401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 00:42:12.58 ID:duuouiRYO

えり(…さて)

えり(小鍛治プロのお昼ご飯ができるまで、少し時間があるし…)

えり(…今度は大丈夫…よね?媚薬はさっきちゃんと回収…)ゴソゴソ

『睡淫剤』

えり「」

えり(…ダブル、トラップ?小鍛治プロ、こんなの持ち歩いて……)ハッ

えり(そういえばさっき…)

咏『お腹減ったんだけどすこやんまだなん?マジかー。とりあえずつまみ食いしてくるねぃ』

えり「…マズい」ガタッ




402: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 00:49:33.94 ID:duuouiRYO


タッタッタッ

えり「三尋木プrッぐは……っ」ドサァッ

えり(た、タックル!?)

咏「えりりぃ~ん」トロン

えり(…遅かった…)

健夜「咏ちゃんちょっと何やって…あ!つまみ食いしたでしょ!?」

咏「………」

えり(嫌な予感)

咏「えりりんが食べたい…」

えり「どいてください、お願いしますどいてください!」

咏「どいたら逃げるっしょ?」

えり「全力で」

咏「やだ~!」

えり「小鍛治プロ、ちょっと小鍛治プロ!?助けてください!」





405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 00:56:11.14 ID:duuouiRYO

健夜「ふぁい?」モグモグ

えり「」

健夜「咏ちゃんに食べられるくらいなら一緒に食べるぅ!」

えり「福与さあああああん!!たすけっ、たす……んんッ!」

恒子「…え、なに勝手に仲良くしてんの!?」

えり「どうすれば仲良くに見えますか!?」

恒子「私も混ぜろーッ」

えり「いやああああああ!!!」

えり(有意義な休日は……諦めよう…)ガクッ


おわり




412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 01:03:17.81 ID:duuouiRYO

結局伸ばし伸ばしでこんなところが終着点!
えりちゃんマジ天使

皆様支援応援保守ありがとうございました
今度こそ終了です。…終了の筈
ではまたどこかで



413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 01:19:56.18 ID:PtJMGMh50

おつおつ
すばらでしたよー


元スレ
咏「えりちゃんのおっぱい揉みしだきたい」