1: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:15:30.34 ID:pvmNjiDz.net

千歌「生徒会長選挙?」

月「うん、そろそろ交代の時期だからね」

曜「月ちゃんの天下もおしまいってわけだね」

月「ちょっと曜ちゃん僕が圧政を敷いていたみたいな言い方は困るなぁ」

千歌「生徒会長って3年生の最後までやるものじゃないの?」

梨子「そんなはずないでしょ?3年生は受験だってあるし」

月「それに引き継ぎだって色々あるからね」

千歌「ほえー、でもダイヤちゃん最後までやってたよ?」

曜「まぁ浦の星は事情が事情だからね」

曜「それに形だけだったけど投票したでしょ?」

千歌「そだっけ?」

曜「千歌ちゃん…」



2: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:16:03.26 ID:pvmNjiDz.net

梨子「音の木坂もこれぐらいの時期だったよ」

月「そうそう!それでなんだけど」

曜「月ちゃんまさか?」

月「そ!Aqoursからどうかなって思ってさ!」

千歌「はいはい!私は?」

梨子「千歌ちゃん留年するの?」

千歌「へ?」

曜「千歌ちゃん3年生でしょ?」

千歌「あ、そっかぁー」

曜「見てみたいけど」ボソ

千歌「ん?曜ちゃん何か言った?」



3: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:16:27.70 ID:pvmNjiDz.net

月「あはは、千歌ちゃんには悪いけど、今回はルビィちゃん、花丸ちゃん、善子ちゃんがターゲットかな」

月「まだ正式な立候補までは時間あるけど打診しておいてくれない?」

月「Aqoursの子なら僕も安心できるから」

月「じゃ、長々とお邪魔しました!」

千歌「バイバーイ!」

梨子「生徒会長選挙かぁ」

千歌「梨子ちゃん出たいの?」

千歌「残念ながら私達は出られないんだよ?」

千歌「留年しちゃうなら別だけど」

梨子「わかってますぅ!」

梨子「さっき私が言ったでしょ?」

千歌「そだっけ?」

梨子「このぉ!」

曜「まぁまぁ…」



4: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:16:48.96 ID:pvmNjiDz.net

曜「梨子ちゃんが言いたいのはAqoursの方だよね?」

梨子「そう、さすが曜ちゃん!」

千歌「んんー?」

梨子「月ちゃんが生徒会長を代わるように私達もいつまでだっていられないもの」

曜「私達は春までいるだろうけどさ、大体どの部活も夏には部長が代わってるかな」

千歌「なんだそんなことかぁ」

梨子「そんなことって」

千歌「私もう次やってほしい人は決まってるよ?」

曜・梨子「え?」

千歌「まぁ、最終的には3人で決めた人がいいとは思うけど」

千歌「ちなみに二人は誰がいいと思う?」



5: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:17:07.83 ID:pvmNjiDz.net

ルビィ「こんにちはー!」

千歌「ルビィちゃん!」

花丸「遅くなちゃったずら」

曜「学年集会?だっけ?」

善子「とても退屈だったわ、ふぁ…」

梨子「ちゃんと話聞いてたんでしょうね?」

善子「と、当然でしょ?」

花丸「嘘、うつらうつらしてたもん」

善子「ちょっとずら丸!」

梨子「へぇ?」



6: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:17:34.98 ID:pvmNjiDz.net

善子「ちがっ!昨日夜遅くまで、勉強!そう勉強してたから」

ルビィ「え?善子ちゃん昨日ずっとゲームしてたって…あ」

梨子「ずいぶんと愉快な勉学だったようで?」

善子「あ、えっと、その…千歌、曜助けて!」

千歌「曜ちゃんこのみかん甘くておいしいよ?」

曜「ほんとー?私のちょっと酸っぱいや」



7: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:17:52.00 ID:pvmNjiDz.net

千歌「ほら、あーん」

曜「え?あ、あーん…甘い、ね…」

梨子「残念」

善子「いやぁぁぁ」

花丸「自業自得ずら」

ルビィ「あはは、頑張ってね善子ちゃん」

善子「だから、ヨハネよぉぉぉ…」



8: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:18:14.95 ID:pvmNjiDz.net

千歌「あ、そうだ!」

千歌「善子ちゃんそんなところで何してるの?」

善子「気にしないで」

千歌「さっき月ちゃんが来てたんだけど、3人から生徒会長どうかな?って」

善子「はぁ?」

花丸「生徒会長?」

ルビィ「生徒…会長…」

千歌「そうそう!興味ない?」



9: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:18:42.49 ID:pvmNjiDz.net

善子「そんなのって大体元々生徒会にいた人がやるんじゃないの?」

曜「残念ながら、会長にはなりたくないらしくって、生徒会続けるかどうかも怪しいらしいよ」

花丸「それでなんでマル達なの?」

梨子「Aqoursの3人なら誰に任せても安心だからだって」

善子「ほんと?あの人なんとなく裏ありそうなのよね」

善子「政治的な理由とかありそう」

曜「うーん、そんなことない…って言いたいけど月ちゃんなら何か考えてることはありそう」

千歌「総理大臣の話?」

梨子「千歌ちゃんはややこしくなるから黙ってて」



10: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:19:05.38 ID:pvmNjiDz.net

千歌「うわーん、花丸ちゃん!梨子ちゃんがバカにするー」

花丸「わ、千歌ちゃん、よしよし」

曜「まぁ、悪巧みってわけじゃないと思うよ」

曜「自分の次に浦の星の子が生徒会長になることでより結束を高めようとしてる…とかかな?」

善子「それがAqoursなら良い旗印になるってわけね」

梨子「そうなったらいいなって感じだと思うけどね」

梨子「そもそもそこまで考えてるかわかんないし」



11: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:19:41.18 ID:pvmNjiDz.net

善子「まぁ、どっちにしろ私はパス」

善子「ガラじゃないわ」

花丸「マルも遠慮したいかなぁ」

善子「で、さっきから黙ってるルビィはどうなの?」

ルビィ「え?ルビィ?」

ルビィ「ルビィも…似合わないかなって」

善子「そ」

善子「私は似合うと思うけどね」ボソ

ルビィ「え?」

千歌「そっかぁ…」

千歌「じゃ、月ちゃんにそう言っとくね?」



12: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:20:27.35 ID:pvmNjiDz.net

千歌「じゃ、ここからが本題!」

花丸「まだ本題じゃなかったの?」

曜「うん、月ちゃんから生徒会長交代の話を聞いたときに、ちょっとね」

梨子「私達ももう3年生」

梨子「受験だったり何かしらで忙しい時もあるかもしれないから」

千歌「夏を目処にリーダー交代!どうかな?」



13: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:20:45.63 ID:pvmNjiDz.net

ルビィ「え?」

花丸「千歌ちゃん達夏で辞めちゃうの?」

千歌「辞めないよ?」

千歌「最終的には3人で話し合って決めてほしいんだけど…」

千歌「一応私達の意見も伝えておこうかな…」

千歌「全員一致だったんだけど…」

千歌「ルビィちゃん!どうかな?」



14: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:21:12.30 ID:pvmNjiDz.net

ルビィ「ごめんねお姉ちゃん、勝手に部屋に入るよ?」

ルビィ「…お姉ちゃん…ルビィがリーダーだって」

ルビィ「生徒会長も交代するんだって」

ルビィ「ルビィは生徒会長にはなれないけど…」

ルビィ「リーダーなんて自信…ないなぁ」

ルビィ「お姉ちゃんのリボンつけられてたら勇気出たかなぁ」

ルビィ「ルビィ…お姉ちゃんみたいに強くなりたい…けど」

ルビィ「ルビィなんかじゃ無理だよね」

ルビィ「きっとみんなにたくさん迷惑かけちゃう」



15: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:21:30.61 ID:pvmNjiDz.net

ルビィ「生徒会長だって、お姉ちゃんみたいになりたいよ、だけど」

ルビィ「…」

ルビィ「ごめんね、弱音吐いちゃった」

ルビィ「お姉ちゃんと同じ制服は着ることはできたけれど」

ルビィ「今は違う制服だから」

ルビィ「この赤いリボンをつけられればなぁ…お姉ちゃんの力借りれたかもしれないのに」

ルビィ「おやすみなさい、ダイヤお姉ちゃん」



16: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:21:54.52 ID:pvmNjiDz.net

花丸「ルビィちゃんおはよう」

ルビィ「おはよう花丸ちゃん」

花丸「生徒会長立候補のポスター貼られてたね?」

ルビィ「うん、そうだね」

花丸「ねぇ、ルビィちゃん」

「生徒会長?黒澤さんでいいんじゃない?」

「彼女、浦の星の生徒会長の妹なんでしょ?ぴったりだよ」

ルビィ「…」

花丸「あ、ルビィちゃん!」



17: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:22:13.89 ID:pvmNjiDz.net

ルビィ「ごめんね花丸ちゃん急に走っちゃって」

花丸「そんなの気にしないでいいずら」

ルビィ「ルビィなんかが生徒会長なんて向いてないのにね」

ルビィ「Aqoursのリーダーだって…ルビィじゃ…」

花丸「ルビィちゃん?」

善子「ずら丸、今日日直でしょ、私に全部押し付けないで手伝いなさい」

花丸「善子ちゃん、でも…」

善子「いいから」

花丸「うん、じゃまた後でねルビィちゃん」

ルビィ「ごめんね、花丸ちゃん…」



18: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:22:40.22 ID:pvmNjiDz.net

梨子「千歌ちゃん!見せなさい!」

千歌「い・や・だぁ!」

曜「あはは…」

梨子「あ、そんなところにみかんが!」

千歌「え?どこどこ!」

曜「千歌ちゃん…」

梨子「やっぱり!今日の小テストやけに隠すなと思ったら」

曜「どれどれー?あ、これは…」



19: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:23:15.24 ID:pvmNjiDz.net

千歌「梨子ちゃん騙した…な…ぁ…あれ?」

千歌「違うの!それは違うの!」

梨子「何が違うの?」

千歌「えーっと、ほら、解答欄がズレちゃったの!」

曜「どっちにずらしてもあんまり変わらないけど…」

千歌「あー、曜ちゃんの裏切り者ぉ」

梨子「曜ちゃんが言わなくても気付くに決まってるでしょ!」



20: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:23:40.84 ID:pvmNjiDz.net

千歌「後生ですから、後生ですからぁ!」

梨子「小テストの復習をやるからね!」

千歌「曜ちゃーん」ウルウル

曜「千歌ちゃん…」

千歌「曜ちゃん!」

曜「今日千歌ちゃんのお家行くね?頑張ろう?」

千歌「うわぁぁん…」



21: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:24:13.08 ID:pvmNjiDz.net

ルビィ「こんにちはー」

ルビィ「千歌ちゃんどうしたの?」

梨子「あー、ルビィちゃん気にしないで?自業自得だから」

曜「花丸ちゃんとよーしこーは?」

ルビィ「日直だから二人とも少し遅れるって」

曜「そっか!じゃあ、先に始めようか?」

ルビィ「あ、あの!」

梨子「うん?」

ルビィ「ほんとにルビィなんかでいいのかな、リーダー」



22: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:24:43.24 ID:pvmNjiDz.net

千歌「どうして?」

ルビィ「だって…」

千歌「うーん、私が偉そうに言えることじゃないんだけど…」

千歌「自分なんかって言うの辞めようよ」

千歌「なんかもったいないじゃん」

千歌「ルビィちゃんこんなに可愛くって、魅力あるんだから」

梨子「そうね、自分を卑下する必要なんてないわよ」

梨子「そういうのは謙虚さとは違うものよ?」

ルビィ「でも、ルビィだとみんなに迷惑かけちゃうかもだし…自信もない…」

曜「でも、花丸ちゃんも善子ちゃんもルビィちゃんが良いって言ってたでしょ?」

曜「自信は後からついてくるものだよ」



23: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:25:14.56 ID:pvmNjiDz.net

千歌「私もいつだって不安だよ?」

ルビィ「千歌ちゃんも?」

千歌「うん!でも、隣に曜ちゃんがいて、梨子ちゃんがいる」

千歌「もちろん、ルビちゃんも花丸ちゃんも善子ちゃんも」

千歌「大好きな人達が近くにいてくれるから頑張れるの」

千歌「迷惑かけたっていいじゃない!迷惑かけたらその分歩み寄って謝って…」

千歌「そうやってお互いに近づいて強くなっていこうよ」

千歌「さ、私達の出番は終わり!」

曜「今日の練習は学年別で自主練ね?」

梨子「後は任せたわよ?」

千歌「ルビィちゃん自分の心に鍵をかけないでね?」トン

ルビィ「あ…花丸ちゃん、善子ちゃん…」



24: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:25:34.32 ID:pvmNjiDz.net

善子「まだあんなこと言ってるのね」

花丸「やっぱりもうちょっと話し合ったほうがいいのかな?」

善子「何言ってるの」

善子「私達のリーダーはルビィ以外ありえないわ」

善子「あんただってそう思うからあの時迷いなくルビィを指名したんでしょ?」

花丸「そうだけど」

善子「まぁ、いいわ」

善子「大体この間からルビィには色々言いたいことがあったのよね」

善子「言い過ぎそうになったら止めなさいよ、花丸」

花丸「なるべく穏やかにね?」

花丸「千歌ちゃん達出てくるみたい」



25: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:26:02.62 ID:pvmNjiDz.net

ルビィ「聞こえてた?」

善子「バッチリね」

ルビィ「そっか、二人はやっぱりリーダーはルビィがいいと思うの?」

花丸「うん、マルはルビィちゃんがいい」

ルビィ「どうして?」

ルビィ「ルビィは…」

善子「ルビィはもう少し傲慢になっても構わないと思うわ」

善子「Aqoursのリーダーだけじゃない、生徒会長だってやればいいじゃない」

善子「ほんとは生徒会長やってみたいんでしょう?」

ルビィ「…」



26: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:26:31.06 ID:pvmNjiDz.net

ルビィ「1つだって難しいのに…そんなの無茶だよ」

善子「そんなことないわ」

善子「ルビィならできると思うから言ってるの」

善子「自分のことになると臆病になっちゃうんだから」

花丸「善子ちゃん」

善子「う、ごめん」

花丸「でも、あの時1歩踏み出せたルビィちゃんなら」

花丸「千歌ちゃんの受け売りだけど…」

花丸「大事なのはできるかどうかじゃない、やりたいかどうか…ずら!」

ルビィ「それは、ほんとはやってみたい…」



27: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:26:53.82 ID:pvmNjiDz.net

ルビィ「憧れのお姉ちゃんと同じように生徒会長にだってなりたいし、大好きな千歌ちゃんの後のリーダーに選ばれたのはとっても嬉しい」

ルビィ「だけど…ルビィは…ルビィじゃお姉ちゃんにも千歌ちゃんにもなれないっ!」

善子「そんなことじゃないかと思ったわ」

ルビィ「え?」

善子「いい?ダイヤにだって千歌にだってなる必要ないわ」

花丸「二人とも頼りになる素敵な生徒会長とリーダーだけどね?」

花丸「でも、マル達のリーダーはもっと素敵なはずだよ?」

善子「ダイヤだって千歌だって飛び越えてやればいいのよ」

善子「ルビィならそれができると思ってる」

ルビィ「でも、そんな自信…ないよ」



28: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:27:27.98 ID:pvmNjiDz.net

善子「私が堕天使ヨハネであるように、私達は何にだってなれるわ」

善子「ダイヤよりも優れた生徒会長に千歌よりも愛されるリーダーにだって」

善子「これだけは言っておくわ、自信がないなんて言って逃げるのは簡単よ」

善子「だけど、逃げてたらいつまでもレベルアップなんてしない」

善子「それは、ゲームだけじゃない」

善子「今ここにいる私達だって一緒よ」

ルビィ「善子ちゃん…」

花丸「不安だって大丈夫!」

花丸「いつだってマルがルビィちゃんの隣にいるよ?」

花丸「もちろん善子ちゃんも!ね?」



29: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:27:51.27 ID:pvmNjiDz.net

善子「ヨハネよ!ま、リトルデーモンの頑張りを見届けるくらいはね」

ルビィ「ふふ…二人ともありがとっ…大好き」ギュ

善子「こ、この3人の契約は絶対で永遠なんだからっ、そんなの当たり前よ!」

花丸「善子ちゃん照れてる」

善子「照れてない!」

ルビィ「ありがとう花丸ちゃん!善子ちゃん!」

ルビィ「ルビィやるよ!Aqoursのリーダーも学校の生徒会長も!」

ルビィ「憧れを飛び越えてみせる!」

ルビィ「だから側で支えてね?」

花丸「もちろん!ルビィちゃんの行くとこどこまでも」

善子「仕方ないから堕天使の翼でルビィの羽ばたきを支えてあげる」

ルビィ「よし!練習行こう!」



30: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:28:10.47 ID:pvmNjiDz.net

ルビィ「お邪魔しまーす」

ルビィ「リボン…曲がってないかな?」

ルビィ「今日生徒会長として挨拶するんだ」

ルビィ「その後はAqoursのリーダーとして初めての練習!」

ルビィ「あの時はこのリボンつけていられたらなんて言ったけど…」

ルビィ「今はこのリボンで良かったと思ってる」

ルビィ「お姉ちゃんのリボンをつけていたらいつまでもお姉ちゃんに甘えてたかも」

ルビィ「ルビィ最高の生徒会長に、リーダーになってみせるよ」

ルビィ「花丸ちゃんと善子ちゃんと一緒に!」

ルビィ「行ってきます!」



31: 名無しで叶える物語 2020/06/02(火) 22:28:35.73 ID:pvmNjiDz.net

おしまい!
生徒会長ネタ2つ目。
どんどん成長していくルビィちゃんが好きです。


過去分も見て頂けると喜びます。
ついったーにまとめてます。
@fffssyou


元スレ
ルビィ「そのリボンをつけていたなら」