1: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:46:14.35 ID:lFlA0puU.net

エマ「着いたー♪」

彼方「おぉ~……おっきいコテージだね~」

希「こんないい所借りて大丈夫なん?」

鞠莉「ノープロブレム♪たまたま空いてた所だから♪」

果林「空気も綺麗で素敵なところね」

エマ「スイスを思い出しちゃうよ~♪」

果南「ほーらー、いつまでも玄関先にいないで荷物運んでよー」



2: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:46:33.19 ID:lFlA0puU.net

希「おっと、そうやね」

ダイヤ「こちらは夕食用の食材ですわ」

にこ「彼方、下拵え手伝いなさい」

彼方「え~、今から~?ハンモックでお昼寝してからじゃだめ~?」

にこ「あんたバスの中でもずっと寝てたでしょうが」

果林「泊まりなんだから、ちょっとくらい遅くご飯食べても大丈夫よ」

絵里「そうね、少し休んでからでもいいんじゃないかしら」

果南「なんでもいいから運ぶの手伝ってってばー」



3: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:46:45.94 ID:lFlA0puU.net

~~~

絵里「バルコニーも素敵ね」

鞠莉「でしょう?この少し肌寒いくらいの風がまた気持ちいいのよ♪」

絵里「分かるわ♪」

果林「2人とも、紅茶が入ったわよ」

鞠莉「ありがと~♪」

絵里「こんなにゆったりした時間を過ごせるのも鞠莉のおかげね」

鞠莉「やだ~♪そんなに褒めてももう何も出ないわよ~♪」

絵里「これ以上何か出されても困るわよ……」



4: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:46:59.82 ID:lFlA0puU.net

果林「ふふっ♪せっかくだから景色と一緒に3人で撮りましょう」

鞠莉「いいわね、ほらエリー♪もっと寄って♪」グイッ

絵里「えっ?私は別にいいわよ……」

果林「ダメよ♪はい、ポーズ♪」カシャッ

絵里「へ、変な顔してない?」

果林「全然、せっかくだから私のファンクラブに上げておくわ♪」

鞠莉「そんなことしたらマリーたちが果林のファンを横取りしちゃうわよ~?♪」

果林「あら、2人とも言うじゃない♪出来るものならやってみなさい♪」

絵里「えっ、私は何も言ってないわよ……」



5: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:47:15.73 ID:lFlA0puU.net

~~~

彼方「あぁ~……これはこれは……いいきも……zzZZ」

ダイヤ「もう寝てしまわれましたわ……」

希「でもこれは確かに気持ちいいね~……」

ダイヤ「ええ……たまにはこういうのも良いかもしれませんね……」

希「……」

ダイヤ「希さん?」

希「……すぅ……すぅ……」



6: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:47:27.70 ID:lFlA0puU.net

ダイヤ「希さんも寝てしまいましたか……」

彼方「すぅ……すぅ……んぅ……ふわふわ~……すぅ……」

ダイヤ「こうものんびりですと……流石に私も……」ウトウト

希「……すぅ……すぅ……」

彼方「……むにゃ……すぅ……」

ダイヤ「……すぅ……すぅ……」

希「……ふふっ……油断大敵やね♪」ムクッ

ダイヤ「すぅ……すぅ……」

希「シャッターチャーンス♪」カシャッ



7: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:47:41.25 ID:lFlA0puU.net

~~~

果南「はっ!」パカーン

エマ「わー上手♪」

果南「これ中々楽しいね♪」

エマ「でしょ♪スイスにいた頃は暖炉だったから当たり前だったんだけど、日本に来てからする機会がなくてちょっと寂しかったんだ~♪」

果南「へぇー、暖炉のある家ってなんか憧れちゃうなぁ」パカーン

にこ「リビングにあったのって暖炉じゃないの?」

エマ「あれは電気の暖炉だよ~」

にこ「触ってないのによく分かるわね」

エマ「ふふっ、生まれた時から当たり前にあったからね~」



8: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:47:59.94 ID:lFlA0puU.net

果南「ふぅ、ちょっと休憩~、にこちゃんやる?」

にこ「えっ……いや別に……」

エマ「私がついてるから大丈夫だよ♪」

にこ「わ、わかったわよ……うーん、どうしよぉ☆にこにーには重くて持ち上げられなぁい☆」テヘッ

果南「本当にー?」

にこ「もー真面目にやるわ、よっ……ん?ふぬぬ……!」グググッ

エマ「どうしたの?」

にこ「ちょっ、待って……ぐぬぬ……抜けな、い……」グググッ

果南「あれ?わざとじゃないの?そんなに深く刺してないけど」

にこ「嘘で、しょ……!」グググッ



9: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:48:15.67 ID:lFlA0puU.net

エマ「ちょっと貸して?えいっ」スポッ

にこ「えっ」

エマ「はい♪」

にこ「あ、ありがと……」

エマ「じゃあこれの、この辺を狙って」

にこ「この辺ね、ふんっ!」ガッ

果南「ちょっとしか刺さってないけど……」

にこ「い、一発で割れなくてもいいのよっ!ぬっ!はぁっ!にこぉ!」ガッガッガッ

エマ「えーっと……」

果南「うーん……」

にこ「……にこには無理ね……」ガクッ



10: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:48:28.73 ID:lFlA0puU.net

~~~

果南「おっ、着火したかなぁ?」

絵里「上手なものね」

果南「まぁね、砂浜で焚き火したりするし、細い枝くれる?」

絵里「はい、私はアウトドアな趣味があまりないから羨ましいわ」

果南「じゃあ今度は内浦に遊びにおいでよ、私で良ければ色々教えてあげるよ~」

絵里「そうね、考えておくわ♪」



11: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:48:39.85 ID:lFlA0puU.net

ダイヤ「お待ちなさい!」

鞠莉「いや~ん♪」

希「きゃー♪」

ダイヤ「二人共、写真を消してくださいっ!」

鞠莉「いやよ~♪ダイヤの寝顔なんてレアなもの消すわけないわ~♪」

希「油断する方がダメなんよ~♪」

ダイヤ「くぅ~……」

鞠莉「そんなに嫌なら捕まえてみなさ~い♪」

ダイヤ「あっ」

希「ん?」



12: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:48:52.48 ID:lFlA0puU.net

エマ「つーかまえたっ♪」ギュッ

鞠莉「エマっち!?ノ~!?」ジタバタ

果林「イタズラが過ぎるわよ~♪」ワシッ

希「ひゃぁっ!?」

果林「あら、可愛い声ね♪」クスクス

希「ちょっとぉ!」ジタバタ

ダイヤ「ふふふ……お二人共助かりましたわ」

のぞまり「い、いやぁぁぁ!!」



13: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:49:06.58 ID:lFlA0puU.net

彼方「楽しそうだねぇ」

にこ「全く、ちょっとくらい手伝いなさいよ」

彼方「串のお肉は終わり~?」

にこ「ええ、魚介を任せてもいい?」

彼方「はぁい」

希「酷い目にあった……」トボトボ

鞠莉「もぅ……ダイヤってば手加減無しなんだからぁ……」トボトボ

彼方「あっ、ちょうどいいところに来たぁ、これ運んで~」

にこ「コンロの火は着けられた?」

希「もう焼き始められるって~」

にこ「じゃあ、串じゃないお肉から焼いていくわよ」

鞠莉「Yeah♪とっておきを持って来たわよ~♪」ジャーン

彼方「ひっ!?」

希「うわぁ……」

にこ「何、それ……桐箱?」



14: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:49:22.23 ID:lFlA0puU.net

鞠莉「シャトーブリアンよ☆」ウインク

彼方「しゃ……しゃと……」アワアワ

希「カナちゃんが目を見開いてる!?」

にこ「な、なんてもの持ってくるのよ!?」

鞠莉「えー、いいじゃない♪バーンと楽しみましょうよ♪」ルンルン



15: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:49:34.80 ID:lFlA0puU.net

果林「そ、そ~っとよ……?」

にこ「わ、分かってるわよ……」プルプル

彼方「か、彼方ちゃんは、そんな高いお肉を焼くなんて大役、出来ないよ……」フルフル

絵里「ほ、ほんとに焼いて大丈夫なの?」

果南「まぁ、鞠莉が持ってきたし……多分大丈夫だよ……」

エマ「こんな入れ物に入ったお肉初めて見た……」

希「こんな紙皿と割り箸で食べていいのかな……」

鞠莉「みんな何をそんなに怯えてるのよ」

ダイヤ「貴女がとんでもない物を持ってくるからですわ!」



16: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:50:04.31 ID:lFlA0puU.net

ジュゥゥゥ…

エマ「はぁ~……いい匂い……」

絵里「これがシャトーブリアン……」

果南「塊のまま焼くなんてただでさえ贅沢な感じするのに……」

彼方「彼方ちゃんだけ……こんなもの食べてよいのか……」

希「にこっち焼き方大丈夫?」

にこ「ちゃんと調べたから大丈夫……のはず……ていうかこんな高い肉焼いたことも食べたこともないから合ってるかも分からないわよ!」

果林「他の同好会メンバーに申し訳なくなってきたわ……」

ダイヤ「全員で焼けるのを見守らなくても良いのでは……」



17: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:50:17.19 ID:lFlA0puU.net

にこ「はい」

鞠莉「ありがとう~♪ん~♪いい香り♪」

ダイヤ「全員に行き渡りましたか?」

エマ「大丈夫だよ~」

絵里「じゃあ……食べましょうか……」

果林「ええ……」



18: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:50:32.37 ID:lFlA0puU.net

「「い、いただきます……」」

鞠莉「いただきま~す♪あむっ♪ん~♪」

果南「これが……高級お肉の味……」モグモグ

果林「旨味がすごいわ……」モグモグ

希「ウチが今まで食べてたのは本当にお肉だったのかな……」モグモグ

彼方「ちょびっとなのにおいしい……」チビチビ

ダイヤ「本当ですわね……」モグモグ

絵里「BBQで食べていいものじゃないわね……」モグモグ

エマ「ボ~ノ~♪いつか妹達に食べさせてあげられるかなぁ……」モグモグ

鞠莉「な、なんだか私が想像してたテンションじゃないわね……」

にこ「持ってくるものの値段が高過ぎるのよ……」モグモグ



19: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:50:51.82 ID:lFlA0puU.net

エマ「チーズの準備出来たよ~♪熱いから気をつけてね~♪」

希「おぉ……すごい伸びる」ニョーン

ダイヤ「これがチーズフォンデュですか……」ニョーン

絵里「意外となんにでも合うのね」モグモグ

果林「本場のチーズだとやっぱり違うわね」モグモグ

彼方「ピザも準備OKだよぉ」

エマ「じゃあそれにもチーズをかけて~」

にこ「チーズ後乗せのピザなんて初めてね」モグモグ

果南「確かに、でも面白いしおいしいよね」モグモグ

鞠莉「よく考えてみれば乗ってる具材はどれもチーズフォンデュにベストマッチなんだから当然よね~」モグモグ

彼方「ん~♪今度遥ちゃんにも作ってあげよ~♪」モグモグ



20: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:51:12.49 ID:lFlA0puU.net

ダイヤ「結構残りましたわね」

にこ「まぁ使いきれるとは思ってなかったし」

彼方「じゃあ晩御飯はどうしよっか~」

鞠莉「また焼いて食べればいいんじゃないの?」

彼方「せっかくなんだし違うの食べようよぉ」

絵里「そうね……ご飯とパスタも持ってきてたわよね?」

にこ「ここからスーパーまでってどのくらい?」

鞠莉「ん~歩いてだと往復で2時間くらいかかるかも、ヘリでも呼ぶ?」

ダイヤ「こんな山の中のどこに降ろすんですか全く……」



21: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:51:28.73 ID:lFlA0puU.net

果南「運動ついでに行ってこようか?」

絵里「私も行くわ、必要なものだけ書き出してくれる?」

にこ「にこも行くわよ、無かった時のことも考えないと、彼方が必要なのは?」

彼方「アンチョビとニンニクのチューブがあれば大丈夫かなぁ」

にこ「わかったわ」

果南「よし、じゃあ走っていく?」

絵里「いや、歩いて行くわ」

にこ「なんで山道走らなきゃ行けないのよ……」



22: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:51:42.91 ID:lFlA0puU.net

~~~

希「ふむふむ……」

果林「どうかしら?」

希「運気は上昇傾向にあるみたいやね~」

果林「じゃあいい事があるって事かしら?」

希「そうやね、挑戦したいことがあるなら今から……もう少し準備に時間をかけてからでも大丈夫かな」

果林「挑戦したいことねぇ……」

希「ただ、上手くいくからって調子に乗るのは気をつけないとダメ」

果林「と、言うと?」

希「浮ついたりしてると目的を見失いがちになるよ、迷子になっちゃって結果的には時間だけ無駄になるようなことになるかも」

彼方「果林ちゃん方向音痴だもんねぇ」

果林「そ、それは今関係ないでしょっ」



23: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:51:57.21 ID:lFlA0puU.net

鞠莉「ふぅ、中々のniceなお風呂だったわ♪誰か入る~?」

ダイヤ「私はまだ結構ですわ」

果林「じゃあ私が入ろうかしら」

鞠莉「あら、何してるの?」

希「タロット占い、鞠莉ちゃんもする?」

鞠莉「Excellent♪是非見てもらうわ♪タロット以外にも出来るの?」

希「今あるのだと占星術、手相、四柱推命、紫微斗数なんかもできるけど」

鞠莉「しちゅー……しび……?やっぱりタロットでいいわ」

希「じゃあちょっと待ってねー」



24: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:52:16.57 ID:lFlA0puU.net

ダイヤ「何か作るのですか?」

彼方「うん、夕食後のデザート、涼し気にゼリーとか食べたくない~?」

ダイヤ「それにしては随分大きいですね」

彼方「ゼリーケーキだからね~、美味しいよ~♪」

ダイヤ「成程、よろしければお手伝いしましょうか?」

彼方「ありがとう、じゃあこのメモに書いてある材料を計ってくれる~?」

ダイヤ「分かりました」



25: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:52:40.19 ID:lFlA0puU.net

彼方「ダイヤちゃんはお菓子作りとかするの?」

ダイヤ「いえ、料理はしますがこういうことはあまり……」

彼方「そうなんだぁ、楽しいよ~♪食べたいもの食べれるし、人に食べて喜んでもらうのも嬉しいし」

ダイヤ「その気持ちは分かりますわ」

彼方「前はダイヤちゃん来れなかったし、今日はじっくり堪能してもらわなきゃだし♪」

ダイヤ「その節はルビィがお世話になりましたわ」

彼方「いえいえ~、その日は結局歩夢ちゃんとせつ菜ちゃんにおまかせしちゃったし……ルビィちゃんお腹壊したりしなかった?」



27: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:54:10.42 ID:lFlA0puU.net

ダイヤ「いえ、そういうことはありませんでしたが……」

彼方「なら良かったぁ」

ダイヤ「どういうことですか?」

彼方「えっ……あー……うん、色々あったみたいで……」

ダイヤ「色々とは?」

彼方「さ、さー頑張ってゼリー作っちゃうぞ~」



28: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:54:39.82 ID:lFlA0puU.net

~~~

果南「これは?」

彼方「アヒージョだよ~」

絵里「にこ、もうポトフ出すわよ?」

にこ「ええ、お願い」

果林「パスタのお皿出してくれる?」

鞠莉「はぁい」

希「他に運ぶのは?」

エマ「じゃあこれをお願いします♪」



29: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:54:56.59 ID:lFlA0puU.net

希「これは?」

エマ「レシュティだよ~♪簡単でおいしいんだよ~♪」

希「れしゅてぃ……聞いたことないなぁ」

ダイヤ「これ以上はテーブルに乗らないかもしれませんわ」

絵里「じゃあ一旦これで食べ始める?」

にこ「そうね、あとはすぐ作れるし、残ったら明日食べればいいわ」

果南「よーし、じゃあ食べよっか」

鞠莉「Yes♪」

「「いただきまーす♪」」



30: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:55:11.54 ID:lFlA0puU.net

~~~

ダイヤ「お風呂、お先にいただきました」

にこ「じゃあにこも入っちゃおうかな~」

ダイヤ「果南さん達はどちらへ?」

絵里「星を見るって3人で上の階に行ったわ」

ダイヤ「そうでしたか、お茶を入れますがどなたか入りますか?」

彼方「じゃあ彼方ちゃんの分も~」

果林「私は大丈夫よ」

絵里「私も後でいいわ」

ダイヤ「分かりました」



31: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:55:25.91 ID:lFlA0puU.net

果林「さて、と」

絵里「ヨガマット?」

果林「ええ、一緒にどう?」

絵里「私はマットは持ってきてないし」

果林「1日くらいならバスタオルでも大丈夫よ」

絵里「そうかしら、まぁいいわ、ちょっと待ってて持ってくるから」

果林「彼方も一緒にどう?」



32: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:55:36.87 ID:lFlA0puU.net

彼方「今はロッキングチェアから降りたくないのだぁ~……」ユラユラ

果林「そういうと思ったわ……ダイヤちゃんはどう?」

ダイヤ「私ですか?経験がありませんが大丈夫でしょうか?」

果林「大丈夫よ、そんなに難しくないから」

ダイヤ「そう仰るのでしたら、ご一緒させていただきますわ」

絵里「あら、ダイヤもやるの?じゃあもう1枚持ってくるわ」

ダイヤ「いえっ、自分で取りくので大丈夫ですわっ」



33: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:55:50.55 ID:lFlA0puU.net

~~~

果南「内浦と同じくらいよく見えるね~」

希「スイスだともっとよく見えるんだろうね」

エマ「そうだね~、山の上の方だといっぱい見えたよ~」

果南「1回は行ってみたいね~」

希「ね~」

エマ「私もいつかみんなを招待してあげたいなぁ♪」

果南「北極星はどっちにある」

希「えーっと……あっ、あれやね」

エマ「ほっきょくせー?」



34: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:56:06.83 ID:lFlA0puU.net

希「あー、えっと…?ポラリスならわかる?」

エマ「Polaris!知ってるよ~♪じゃああっちがDracoで、そっちはToroだね~」

果南「どらこー?」

エマ「あっ、えっと日本語だとなんて言うんだろう……」

希「えっと……あっ、りゅう座とうしかい座のことやね」ケンサクー

果南「あーなるほど、今のは何語だったの?」

エマ「イタリア語だよ」

果南「じゃあみずがめ座はなんて言うの?」

エマ「みずがめ座は知ってるよ~♪Acquarioって言うの♪」

希「そういえば2人ともみずがめ座なんやね」

エマ「そうなんだよ~♪」



35: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:56:18.00 ID:lFlA0puU.net

果南「希ちゃんは?」

希「ウチはふたご座」

エマ「ふたご座はGemelliだよ♪」

希「十二星座は全部日本語覚えてるん?」

エマ「うん♪朝の番組で星座占いとかしてるの見てたら覚えちゃった♪シンボルは同じだからね~♪」

果南「へぇー、そういう所からも覚えたりするんだね~」



36: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:56:32.69 ID:lFlA0puU.net

~~~

エマ「わ~♪可愛い~♪」

果林「彼方の作るスイーツはやっぱり最高ね」

鞠莉「oh♪食べるのが勿体ないくらいcuteだわ~♪」

絵里「本当に綺麗ね、土台は何かしら?」

彼方「パンナコッタ~、おいしいよぉ♪」

にこ「流石彼方ね、後で作り方教えてくれない?」

彼方「いいよぉ、にこちゃんならきっとすぐ覚えられるよ~」

果南「こんなの手作り出来るんだねー、お店じゃないと食べれないと思ってた」

ダイヤ「ええ、フルーツもふんだんに使われていて本当に素晴らしいです」

希「さて、せっかく作ってくれたんだし、眺めてるだけじゃ勿体ないから、食べよっか♪」

絵里「そうね、じゃあいただきます」



37: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:56:46.19 ID:lFlA0puU.net

鞠莉「ん~♪」

エマ「はぁ……幸せ~♪」

希「爽やかな味でおいしい~♪」

彼方「美味しくできて良かったぁ♪ダイヤちゃんが手伝ってくれたお陰だよ~♪」

ダイヤ「いえ、そんな、私はほとんど何もしていませんよ」

彼方「でも手伝ってくれたのは確かだし~」

ダイヤ「いえ、しかし……」

絵里「そこは素直に受け取ればいいじゃない」

ダイヤ「そ、そうですね……」



38: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:57:08.77 ID:lFlA0puU.net

~~~

絵里「……」ソワソワ

ダイヤ「どうかしましたか?」

絵里「えっ?あっ……その、豆電球だけ着けててくれないかしら……真っ暗だとその……寝付きが悪くて」

ダイヤ「私は構いませんが」

果林「あら、絵里ちゃんもしかして……ふふっ」

絵里「ちょっと、なんでこっちのベッドに入ってくるのよ」

果林「良かったら一緒に寝てあげましょうか?」

鞠莉「あら、いいわね~♪マリーもご一緒しちゃおうかしら♪」

絵里「ちょっと、3人は無理でしょ!?」



39: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:57:28.56 ID:lFlA0puU.net

エマ「あっ、いいなぁ」

彼方「えー彼方ちゃんも絵里ちゃんと一緒に寝たーい」

ダイヤ「皆さん……どう考えてもシングルベッドに4人も5人も一緒に寝れるわけないでしょう」

果南「じゃあもう2階に布団だけ敷いて寝る?」

希「それいいやん」

にこ「そんなスペースあった?」

果南「6枚くらい敷ければ寝れるでしょ」

ダイヤ「適当ですわね……」

エマ「よーし、じゃあ敷いちゃおう♪」

絵里「いや、豆電球だけ着けててくれればいいんだけど……」



40: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:57:40.53 ID:lFlA0puU.net

~~~

ダイヤ「んん……おはようございます」

エマ「おはよう♪よく寝れた?」

ダイヤ「ええ、どうなることかとは思いましたが、思いの外よく寝れました」

エマ「今、彼方ちゃんと希ちゃんが朝ごはん作ってくれてるよ~♪」

ダイヤ「そうでしたか……」

絵里「んん……」

エマ「これどうしよっか……」

果林「すぅ……すぅ……」ギュッ

絵里「んん……お祖母様ぁ……ぅぅ」モゾモゾ



41: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:57:53.31 ID:lFlA0puU.net

エマ「果林ちゃーん、起きてー」ユサユサ

絵里「あつぃ……んん……」モゾモゾ

果林「んむにゃ……」ギュッ

ダイヤ「絵里さん、朝ですよ」ユサユサ

絵里「んん……ぁ……ダイヤぁ……?」

ダイヤ「おはようございます」

絵里「ん、おはよ……ん?」グイッ

果林「んぅ……」ギュッ



42: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:58:06.58 ID:lFlA0puU.net

絵里「……」グイッ

エマ「果林ちゃーん、早く起きなさーい」ユサユサ

絵里「果林、起きて、私から離れて」グイッ

ダイヤ「果林さん、起きてください」ペシペシ

果林「ぅ……ん……もぉちょっと……」ギュッ

にこ「起きたー?朝ごはんもう出来るわよ……って何してるの?」



43: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:58:37.71 ID:lFlA0puU.net

果南「朝からオシャレだねー」

鞠莉「ん~♪せっかくだからバルコニーで食べましょ~♪」

希「コーヒーの人は何人?」

彼方「私は紅茶かなぁ~」

ドタドタバタバタ

果南「何かあったのかな?」

彼方「あっ、もしかして果林ちゃんかも~」

希「果林ちゃんがどうかしたの?」



44: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:58:57.03 ID:lFlA0puU.net

ダイヤ「果林さん、いい加減起きてください!」

エマ「よいしょっ、絵里ちゃん足元気をつけて~」

絵里「何なのよもう……」ヨタヨタ

にこ「ちょっとダイヤ、果林の膝曲げて」

果林「んぅ……」ギュッ



45: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:59:10.22 ID:lFlA0puU.net

鞠莉「何あれ……」

彼方「果林ちゃん朝弱いから~」

果南「あそこまでされて絵里ちゃんから離れないのは逆にすごい……」

希「とりあえず引き剥がさないと、えりちも朝ごはん食べれへんから、手伝おっか」



46: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:59:31.06 ID:lFlA0puU.net

~~~

ダイヤ「忘れ物はありませんか?」

鞠莉「もしあったら管理会社の人が連絡くれるから大丈夫よ~」

希「ガスと水道はOK~」

エマ「はい、寝癖は直ったよ~」ポンポン

果林「ん~……」ポケー

にこ「まだ頭が起きてないわね……」

彼方「毎日のことだからね~」

絵里「あなた達も大変ね……」

希「山道歩くの危なくない?」

果南「私がおんぶしてあげようか?」

ダイヤ「それもいいですわね」

絵里「さて、じゃあそろそろ出ましょうか」

鞠莉「はぁい♪」



47: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 18:59:43.99 ID:lFlA0puU.net

希「鞠莉ちゃん、今回は本当にありがとうね」

にこ「ほんとね、いい思い出になったわ」

絵里「流石にコテージに招待なんてことは出来ないけど、またお礼させてね」

鞠莉「そんな~別にいいわよ~♪」

エマ「またみんなで遊びに行けたらいいね~♪」

彼方「ね~♪今度は他のみんなも誘えたらいいね~♪」

果南「いいね~20人以上で何出来るのかわかんないけど」

鞠莉「うちのホテルか~千歌っちの旅館で泊めてもらうとか~♪」

ダイヤ「またそんなこと勝手に言ってると怒られますわよ」



48: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 19:00:09.75 ID:lFlA0puU.net

果林「んんっ……あれ?……ここはぁ?」

果南「あっ、起きた」

果林「……きゃっ!?ご、ごめんなさい!?」アワアワ

果南「あっ、ちょっ、今下ろすからっ!」

エマ「果林ちゃん危ないよ~!?」

希「わわっ!?倒れる倒れる!」

ダイヤ「果南さんっ!踏ん張ってくださいっ!」

果南「ちょっと、待って!足滑るっ!」

ワーワーキャーキャー



49: 名無しで叶える物語 2020/06/03(水) 19:00:14.43 ID:lFlA0puU.net

おしまい


元スレ
鞠莉「到着~♪そしてようこそ~♪」