1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/11(日) 22:24:53 ID:PJAeMqQo

アルミン「」

ミカサ「無さすぎる」

アルミン「」

ミカサ「……」

アルミン「」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/11(日) 22:26:15 ID:PJAeMqQo

ミカサ「あれは昨日のこと」

アルミン「」

~~~~~~~

ミカサ「ああ、エレン……やっと一つになれるのね、私たち……」

ミカサ「来て……」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/11(日) 22:27:55 ID:PJAeMqQo

ミカサ「……」

ミカサ「……っ!」

ミカサ「……っ!……エレン……!」

ミカサ「……エレン!エレン!」

ミカサ「なんでゴムを私の頭に被せようとするの……やめて!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/11(日) 22:29:59 ID:PJAeMqQo

ミカサ「違うの、それはオチンチンに被せるの」

ミカサ「そう、そう」

ミカサ「……違う、そこじゃない。オチンチンは膝の裏にはない」

ミカサ「股の間よ、エレン。そう」

ミカサ「……違う」

ミカサ「なんでエレンのオチンチンが私の股の間にあると思ったの」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/11(日) 22:31:44 ID:PJAeMqQo

ミカサ「……」

ミカサ「……エレン!」ダダダッ

ミカサ「エレン!違う!止まって!エレン!」

ミカサ「エレン!あなたの股の間!あなたの股の間!クリスタの股の間じゃない!」

ミカサ「あなたのオチンチンはあなたの股の間にしかない!エレン!」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/11(日) 22:35:23 ID:Hj/ky6zk

ミカサ「そう、そう……ほら、あったでしょ?ね?」

ミカサ「それに被せるの……そう、いい子ねエレン」

ミカサ「そう……いや、いやいやいや」

ミカサ「被せるのはオチンチンだけでいいの。下半身を覆う必要はないのエレン」

ミカサ「どうやったのそれ。人魚みたいになってるエレン」

ミカサ「オチンチンだけでいいの。そういうサイズと形状になってるでしょ?見ればわかるでしょ?」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/11(日) 22:38:41 ID:Hj/ky6zk

ミカサ「そう……よし……よし……はいストップ!それでOK!」

ミカサ「ああ、やっとなのね……来て、エレン……」

ミカサ「……んっ!」

ミカサ「……っ!んんっ、エレン!違う!」

ミカサ「その穴じゃない!その穴じゃない!」

ミカサ「そこは毛穴!エレン!そこは毛穴!」

ミカサ「しかも頭皮の毛穴!エレン!あなたの思い描くセックスはなんなの!エレン!」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/11(日) 22:42:38 ID:PJAeMqQo

ミカサ「エレン!エレン!」

ミカサ「違うの!そこじゃないの!頭皮の毛穴じゃないの!」

ミカサ「入ると思ったの!?毛穴が広がって入ると思ったの!?」

ミカサ「入った先には頭蓋骨があるの!ほんとに入ると思ったの!?」

ミカサ「……」

ミカサ「違う違う違う違う違うその毛穴でもない!」

ミカサ「ああああああそっちでもない!まず毛穴じゃない!エレン!エレン!ああああああ!!」バキャァッ

ミカサ「……ハァッ…ハァッ…ついぶん殴って気絶させちゃった……」

ミカサ「明日アルミンに相談しよう」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/11(日) 22:43:54 ID:PJAeMqQo

~~~~~

ミカサ「ってわけ」

アルミン「」




元スレ
SS深夜VIP:ミカサ「エレンにセックスの才能が無さすぎる」