【モバマス】彼女たちのシミとワイシャツと私戦争

【モバマス】心「プロデューサー、あのさ」 P「?」

【モバマス安価】「まゆすき」から始まる平行世界多元宇宙パラレルワールド

【モバマスSS】P「コーヒーを飲んだ後の尿の話」 奈緒「出だしから酷い」

【モバマス安価】森久保乃々「プロデューサーさんの背中に穴が....」【前編】


【モバマス安価】幸子「Pさんに構ってあげます!」【前編】




SS速報VIP:【モバマス安価】幸子「Pさんに構ってあげます!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1589973642/



1: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:20:42.29 ID:oCrDqzJY0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....Pさん)」

幸子「....」

幸子「(最近ボクの現場に全然着いてきてくれません)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1589973642




2: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:21:06.87 ID:oCrDqzJY0

幸子「(それどころか、あまりお話もできていませんし....)」

幸子「....」

幸子「(こんなにカワイイボクが目の前にいるのにどうして仕事に集中できるんでしょうか!!!)」

幸子「(どうかしていますよ!まったく!)」

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」



3: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:22:03.55 ID:oCrDqzJY0

幸子「....」

幸子「(....仕方ないですねえ)」

幸子「(シャイで恥ずかしがり屋のPさんのために)」

幸子「(ボクの方から構ってあげることにしましょう!)」

幸子「(そもそも)」

幸子「(Pさんの方から担当アイドルであるボクに手を出すことはできませんからね!)」

幸子「(ここはボクが一肌脱ぐとしましょう!)」フフーン

何をする? >>4



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 20:23:36.59 ID:APWbl6cyo

靴下を脱ぐ



5: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:26:56.04 ID:oCrDqzJY0

幸子「(さて....)」

幸子「....」ヌギ

幸子「....」ヌギ

幸子「(....まずは手始めにこの靴下を)」クンクン

幸子「(....カワイイ香りですね)」ニッコリ

幸子「(これを....)」

どうする? >>6



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 20:30:15.16 ID:fma87f+yo

小銭を詰めてブラックジャックにする



8: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:36:22.63 ID:oCrDqzJY0

幸子「(小銭を詰めてブラックジャックにしましょう!)」

幸子「(小銭小銭♪)」ガサゴソ

スッカラカン

幸子「(ちょ、ちょっとこれじゃ足りませんね....)」

幸子「(....でも靴下をブラックジャックにできないとPさんに構ってあげることが出来ません!)」

幸子「(こうなったら、誰かに小銭を貸してもらわないと....)」

幸子「(でも誰に借りたら....)」

誰に借りる? >>9



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 20:37:58.48 ID:AEWjx1Lk0

ありす



11: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:55:16.16 ID:oCrDqzJY0

ガチャリ

ありす「お疲れ様です」

幸子「あ、ありすさん」

ありす「?」

ありす「なんですか?幸子さん」

幸子「お金を貸してくれませんか?」

ありす「え゛っ!?」

幸子「お金を貸してほしいんです!」フフーン

ありす「....」



12: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:56:04.18 ID:oCrDqzJY0

ありす「....あの」

ありす「アイドル同士でそういうのはよくないと思います」

幸子「え?」

ありす「私も幸子さんもまだ未成年なんです」

ありす「お金の貸し借りという時点であまり褒められたものではありませんが」

ありす「せめて自分で責任のとれる立場になってからそういうことはすべきです」

幸子「あ、はい....すみません....」シュン

ありす「....」



13: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:56:30.90 ID:oCrDqzJY0

ありす「....はぁ」

ありす「一応事情だけ、教えてもらえますか?」

幸子「....」

幸子「靴下に小銭を詰めてブラックジャックにしようかと....」

ありす「....」

ありす「....」

ありす「....?」



14: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:56:58.91 ID:oCrDqzJY0

ありす「あの、もう一度説明してもらってもいいですか?」

幸子「靴下に小銭を詰めてブラックジャックにしようかと....」

ありす「....」

ありす「ブラックジャックとは、あのトランプゲームのことですか?」

幸子「違います」

ありす「え?違うんですか?」

ありす「それじゃあ、漫画の神様が描いた医療漫画の金字塔的作品のことですか?」

幸子「違います」

ありす「????」



15: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:57:43.75 ID:oCrDqzJY0

幸子「ブラックジャックというのは」

幸子「円筒形の布にコインを詰めて、棒状にした棍棒の一種です!」

ありす「なるほど....」ポチポチ

幸子「今回はこの、ボクの靴下に小銭を詰めようかと思っていまして」

ありす「こんなものがあるんですね....」ポチポチ

ありす「....」

ありす「?」



16: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:58:19.14 ID:oCrDqzJY0

ありす「....えーっと」

ありす「これを作るのに小銭が必要なのは分かりました」

幸子「じゃあ!」

ありす「それで、これは何に使うんですか?」

幸子「Pさんに使います!」ビシッ

ありす「Pさんに使う!?」

ありす「これ棍棒ですよね!?」

幸子「?」

幸子「はい!」

ありす「」



17: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 20:59:00.53 ID:oCrDqzJY0

ありす「棍棒をPさんに使うってまさか....!?」

幸子「その通りです!」ニッコリ

ありす「(おおおお落ち着かないと....)」

ありす「(今幸子さんを刺激したら、何をするかわかりません!)」

ありす「さ、幸子さん、なぜそのようなことを....?」

幸子「Pさんが最近忙しそうだからです!」

ありす「(忙しそうだから楽にしてあげようと!?)」

ありす「ら、楽にする方向性間違ってませんか....?」

幸子「楽に....?」



18: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:01:40.63 ID:oCrDqzJY0

幸子「ボクはただ、Pさんに構ってあげようかと思っただけで」

ありす「(構う=暴行なんですか!?)」

ありす「(幸子さん、いつからそんな半グレのような思考に....)」

ありす「....」

ありす「....幸子さん、もう一度よく考えてみましょう」

幸子「考える....」

幸子「(ありすさん、もしかして)」

幸子「(Pさんに構ってあげる他のいい作戦でもあるんでしょうか!)」

ありす「一度深呼吸をして、少し休憩しましょう」

幸子「は、はぁ....」



19: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:05:09.60 ID:oCrDqzJY0

幸子「すー」

幸子「はー」

ありす「落ち着きましたか」

幸子「落ち着くも何もボクは最初から十分に落ち着いていますけど」

ありす「....座りましょうか」

幸子「?」

幸子「....」ポス

ありす「....」ポス



20: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:06:58.49 ID:oCrDqzJY0

ありす「....」ジー

ありす「....Pさんにも、家族がいます」

ありす「ご両親、ご兄弟、恋人、はわかりませんが....」

ありす「それに、血のつながりはありませんが」

ありす「この事務所の皆さんだって、Pさんのことを大切に思っているはずです」

幸子「そうですね」

ありす「....」

幸子「....つまり」

幸子「家族も巻き込むということですか?」

ありす「全然違いますよ!!!」

ありす「私の話聞いてました!?」



21: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:17:53.58 ID:oCrDqzJY0

ありす「幸子さんは心が痛まないんですか!?」

幸子「....」

幸子「どうして心が痛むんですか?」ニッコリ

ありす「(そんな....)」

ありす「(幸子さんの心はもう完全に....)」

幸子「むしろボクが直々に構ってあげるんです!」

幸子「感謝して欲しいくらいですよ!」

ありす「(壊れてしまっている....)」

ありす「....」ブルッ



22: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:20:38.12 ID:oCrDqzJY0

ありす「....早く、呼ばないと」ブルブル

幸子「?」

幸子「急にスマホを取り出してどうしたんですか?」

幸子「ボクの写真でも撮ります?」

ありす「早く....早く....」ブルブル

ズルッ

ありす「あっ!」

カシャン

シュー



23: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:24:07.42 ID:oCrDqzJY0

コツン

幸子「....」ジー

ありす「」

幸子「....」

幸子「....落としましたよ」ニコ

ありす「」チョロチョロ

幸子「大丈夫ですか?」

ありす「すみません....すみません....」ガクガク

幸子「?」チラ



24: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:26:00.42 ID:oCrDqzJY0

幸子「一体どう110番!?」

ありす「(終わった....)」

幸子「ちょ、ちょっとありすさん!どうして警察に電話をかけようとしているんですか!?」

ありす「....」ガクガク

ありす「っ....」ゴクリ

ありす「(こうなったら最期くらい....)」

幸子「ありすさん?」

ありす「さ、幸子さんっ!」

幸子「はい!?」

ありす「人を殺めるのは、間違っています!」バーン

幸子「へ?」



25: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 21:29:45.02 ID:oCrDqzJY0

幸子「というわけなんですよ」

ありす「」

幸子「誤解を招くような言い方をしてしまって、すみません」

ありす「....本っ当ですよ!」

ありす「大体なんなんですか!」

ありす「なぜPさんに構うために、棍棒を作るという発想に至るんですか!!!」

ありす「それを作ったところで、どう使うつもりだったんですか!!!!!」バンバン

幸子「そ、それは....」

どう使う? >>26



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/20(水) 21:30:12.51 ID:NyBWVPYqo

肩たたき



29: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:05:32.12 ID:oCrDqzJY0

幸子「そんなの決まってるじゃないですか」

幸子「叩くんですよ!」

ありす「やっぱり暴力しか頭にない半グレかサイコパスだったんですね!」

幸子「肩を叩くんです!」フフーン

ありす「か、肩....?」

幸子「ええ、Pさんに構ってあげたいのはやまやまですが今はお仕事中ですからね」

幸子「肩たたきくらいならPさんの負担にもなりませんし」

幸子「日頃の疲れも癒せるかもしれません!」

ありす「....」



30: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:06:03.32 ID:oCrDqzJY0

ありす「....どうぞ」

ありす「私の10円玉貯金です」

幸子「ありすさん!」

ありす「用が済んだらすぐに返してください」

幸子「もちろんですよ!大切に使わせてもらいます!」

ありす「....」

ありす「....が、頑張ってください」

幸子「!」

ありす「それでは私はレッスンがあるので」タッ

幸子「ありがとうございます!」ペコ



31: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:07:02.78 ID:oCrDqzJY0

幸子「さて....」ジャラ

幸子「....」ジャラジャラ

幸子「....」ジャララ

幸子「....」ジャランラ

幸子「....」ジャミラ

幸子「....」ジャコビ

幸子「んっ....」ギュッ

幸子「できました!ブラックジャック!」ババーン

幸子「よいしょ」ズル

幸子「よいしょ」ズル



32: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:07:29.06 ID:oCrDqzJY0

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」ジー

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「....Pーさん!」

P「ん?」

幸子「肩たたきしてあげます!」フフーン

P「どうしたんだ突然?」

幸子「まあまあ、遠慮しないでください」

P「....」



33: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:08:07.42 ID:oCrDqzJY0

P「せっかくだし、やってもらおうかな」

幸子「さすがですPさん、これの価値を誰よりも分かっていますね!」

幸子「ボクの肩たたきなんて超プレミアものですよ!」

P「確かになぁ、ファンなら金を払ってでもしてもらいたいだろうな」

幸子「そうですそうです!」

幸子「(あれ、ファンならって、Pさん自身はボクのファンじゃないってことでしょうか)」

P「幸子ー?」

幸子「あぁすみません!それじゃあ行きますよ!」

P「よろしくー」

幸子「せーの!」ブン



34: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:09:04.07 ID:oCrDqzJY0

ミシッ

P「ん゛き゛っ゛」

幸子「どんどん行きますよ!」ブン

P「ちょっと幸子!タンマっ!」

メキメキッ

P「っ゛っ゛っ゛」

P「ヤバい!幸子!これダメなやつ!」

幸子「まだまだ!」ブン

P「や

グシャァ

P「」



36: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:12:34.54 ID:oCrDqzJY0

ちひろ「もうこんなことしたらダメですよ!」

幸子「すみません....」ショボン

P「ちひろさん、そのくらいで」

P「幸子も悪気があったわけじゃないんです」

ちひろ「そういう問題じゃありませんよ....」

ちひろ「鎖骨も肩甲骨もグシャグシャで外科手術が必要なレベルだったんですよ?」

ちひろ「骨が粉砕されていたせいで、肩の位置がおへその高さくらいまで落ちてたじゃないですか!」

P「肩を落とすってああいうことなんですね」アハハ

ちひろ「スタドリを飲まなかったらどうなっていたか....」

P「俺はこの通り!元気になりましたから!」グルングルン



37: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:13:24.42 ID:oCrDqzJY0

ちひろ「もう....スタドリ代は来月のお給料から天引きですからね!」

P「はいはい」

ちひろ「幸子ちゃんも気を付けてください」

ちひろ「Pさんが防御力に極振りしてなかったら」

ちひろ「スタドリがあっても、肩の位置は乳頭の高さくらいまでしか戻らなかったかもしれないんですよ?」

幸子「はい....」ショボン

P「ちひろさん、後は俺から言っときますから」

ちひろ「....」



39: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:14:04.26 ID:oCrDqzJY0

幸子「すみませんでした....」ペコ

P「いやいや、別にいいんだよ」

幸子「でも、Pさんが痛い思いを....」

P「アイドルの全てを受け止めるのが俺の仕事だ」

P「それに」

P「幸子が俺を思ってしてくれたこと」

P「確かに、身体は少しだけ痛かったけど」

P「逆に心は元気になったよ」ナデナデ

幸子「Pさん....////」

P「あ、でも、今度肩たたきするときは普通のでいいからな」クスリ

幸子「そうします!」



40: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/20(水) 22:15:23.65 ID:oCrDqzJY0

幸子「....」

幸子「(ボクとしたことが、失敗してしまいました....)」

幸子「(Pさんに構ってあげるということばかり考えていたせいで)」

幸子「(周りが見えなくなっていたのかもしれません....)」

幸子「....」

幸子「(....でも!)」

幸子「(ここで止まっても仕方ありません!)」

幸子「(今回の失敗を活かして)」

幸子「(次の成功に繋げましょう!!!)」バーン

2日目に続く



49: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 21:52:09.00 ID:jVQ+8iPX0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....昨日は失敗してしまって)」

幸子「(Pさんにも迷惑をかけてしまいました....)」

幸子「....」

幸子「(....つまり)」

幸子「(昨日の借りを今日返します!)」

幸子「(待っててくださいPさん!)」バーン

P「....!」ゾク

何をする? >>50



50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/21(木) 21:53:19.52 ID:TdLnpEKV0

(輿水だけに)腰を揉む



51: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:06:00.46 ID:jVQ+8iPX0

幸子「(昨日は肩を叩いて失敗しましたから)」

幸子「(今日は腰を揉みましょう!)」

幸子「....」

楓「輿水だけに腰を揉む、ふふ」

幸子「!?」

幸子「楓さん!突然現れたと思ったら思考を読まないでください!」

楓「この辺りからギャグの波動を感じたので」

楓「仕事を早く切り上げて、急いで帰ってきたんです」

幸子「そんなことしなくていいんですよ....」



52: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:06:30.08 ID:jVQ+8iPX0

楓「それで、幸子ちゃんはプロデューサーの腰を揉むんですよね?」

幸子「そうするつもりですけど」

楓「でもあれを見てください」

幸子「?」

P「....」カタカタ

楓「今のプロデューサー、座っています」

幸子「ハッ!?」

幸子「これじゃあ腰が揉めません!」

楓「腰が揉めない幸子ちゃんは」

楓「プロデューサーの座っている椅子にシット」

楓「してしまいますね♪」ウフフ

幸子「....」

どうする? >>53



53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/21(木) 22:07:13.58 ID:Ag6yL2JIo

加蓮直伝の幽体離脱からユッコ直伝のサイキックで揉む



57: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:17:17.12 ID:jVQ+8iPX0

幸子「....こうなったら」

幸子「あの技を使うしかありませんね....」

楓「あの技....?」

幸子「....」スタスタ

幸子「....」ゴロン

楓「幸子ちゃん、どうして横になるんですか?」

幸子「楓さん、ボクの身体を見張っていてください」

楓「身体を?」

幸子「....」

幸子「....あれは、数日前のこと」

楓「回想シーンですか」

楓「シーンと聞いておきます」



58: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:31:14.10 ID:jVQ+8iPX0

~数日前~

小梅『あ、加蓮さん』

幸子『?』

幸子『どこにいるんですか?』

小梅『幸子ちゃんの真上だよ』

幸子『....』チラ

幸子『一応見てみましたけど、こんなところにいるわけないじゃないですか』

幸子『そもそもボクの真上は空中ですよ?』

小梅『うん』

幸子『うんって....』



59: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:32:05.44 ID:jVQ+8iPX0

幸子『小梅さんは何を言っているんですか....』

小梅『うん、うん、わかった』

幸子『も、もう、そうやって脅かそうったって』

小梅『幸子ちゃん、今日のパンツは大人っぽいって言ってる』

小梅『不埒感あるって』

幸子『!!?!?!??!??』

幸子『ふふふふふ不埒感ってなんなんですか!?』ダラダラ

幸子『そんな適当な言葉じゃボクは騙されませんよ!』

小梅『....』



60: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:32:45.10 ID:jVQ+8iPX0

小梅『うんうん』

幸子『なんですか』

小梅『○○○の○に○○○○が○○てて』

幸子『ストップ!ボクが悪かったです!!!』

小梅『....』

小梅『幸子ちゃん、意外と大胆、だね....////』

幸子『そ、その話はもういいじゃないですか....』

幸子『....』



61: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:33:15.51 ID:jVQ+8iPX0

幸子『....ちょ、ちょっと待ってください』

幸子『それじゃまさか、加蓮さんは....』

小梅『幽霊になってる』クスクス

幸子『いやいやいやいや笑ってる場合じゃないですよ!?』

小梅『大丈夫、これ大丈夫な幽霊だから』

幸子『幽霊における大丈夫って悪霊じゃないってだけですよね!?』

小梅『ううん、さっきの加蓮さんは生霊だよ』

幸子『い、生霊?』



62: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:33:44.16 ID:jVQ+8iPX0

加蓮『ハロー』

幸子『うわぁっ!?』

幸子『小梅さんのせいでボクにも見えるようになっちゃったんですけど!?』

加蓮『いや、アタシ実物、リアルだから』

幸子『へ?』

小梅『幸子ちゃんのパンツをまじまじと見た後、すぐに体に戻ってこっちに来たんだね』

加蓮『そゆこと♪』

幸子『ボクにはもう何が何だか....』



63: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:34:47.90 ID:jVQ+8iPX0

加蓮『アタシ、幽体離脱ができるの』

幸子『幽体離脱?』

加蓮『昔ね、入院中に何度か魂が抜けかけることがあったんだけど』

加蓮『気が付いたら、魂の出し入れを自由に操れるようになってたんだよね~』

幸子『本来出し入れするものじゃないですよ....』

小梅『....』



64: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:35:20.63 ID:jVQ+8iPX0

小梅『....幸子ちゃんも、実はできたりしないの』

幸子『いやできるわけないですよ....』

加蓮『うーん....』ムムム

加蓮『....可能性はあるかも』

幸子『えぇ....』



65: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:35:58.73 ID:jVQ+8iPX0

加蓮『幸子ちゃん、過酷な企画やロケの連発で何度か魂抜けかけてるんじゃない?』

幸子『まあそれはそうですけど』

小梅『幸子ちゃんのロケはAED必須....』

加蓮『それなら幽体離脱のポテンシャル高いよ!』

幸子『はぁ』

加蓮『まずはね、目を閉じるの』

加蓮『そして、魂が抜けかけた時の光景を瞼の裏に映して』

幸子『....』グッ

加蓮『そしたら次に、既に亡くなっている大切な人を思いだして....』

幸子『....』ググッ



66: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:52:25.48 ID:jVQ+8iPX0

幸子「ということがありまして」

楓「面白そうなことをやっているんですね」フフ

幸子「加蓮さん直伝の幽体離脱を、ボクも会得したんです!」フフーン

楓「おぉ~」

幸子「なのでボクは幽体離脱をしてPさんの腰を揉んできます!」

楓「....あのー」

幸子「なんですか?」



67: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:55:19.81 ID:jVQ+8iPX0

楓「幽体離脱した時って、物体に触れることはできるの?」

幸子「フフーン、良い質問ですね」

楓「あら、この質問は想定通り?」

幸子「もちろんです」

幸子「楓さんの言うように」

幸子「幽体の弱点は、物理的な干渉が不可能なこと」

幸子「加蓮さん自身もそう言っていました」

幸子「しかしボクは!」

幸子「それすらも克服してしまったんです!」



68: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:55:48.75 ID:jVQ+8iPX0

楓「あ、これってもしかして」

幸子「いえ、回想にはいきません」

幸子「あれはとても、人様に明かすような内容ではありませんから....」フイッ

楓「(哀しい目....)」

楓「(一体幸子ちゃんに何があったというの....)」

幸子「まあ紆余曲折ありまして」

幸子「ボクは、裕子さん直伝のサイキックを会得したんです!」



69: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:56:20.43 ID:jVQ+8iPX0

楓「サイキック....」

楓「(裕子ちゃんが教えられるサイキックなんてあるのかしら)」

幸子「作戦はこうです!」

幸子「幽体離脱で体を抜け出したボクは、Pさんに気付かれることなく背後に回り込みます」

幸子「そして!」

幸子「全神経を集中、サイキックパワーの最大出力をもって」

幸子「Pさんのガチガチの腰を全力で揉みます!!!」

楓「なるほど....」



70: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 22:57:06.29 ID:jVQ+8iPX0

楓「よくわからないけど、頑張って!」グッ

幸子「任せてください!」

幸子「それでは....」スッ

幸子「」カクン

楓「私は幸子ちゃんの身体を見張っておけばいいのね」

幸子「お願いします!」

楓「....」

幸子「あ、聞こえないんでした」



71: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:11:27.25 ID:jVQ+8iPX0

幸子「それでは早速」

P「....」カタカタ

幸子「むむ....」ググッ

P「....」ピタ

P「なんだ....?」

P「腰の辺りに違和感が....」

楓「(まさか本当にサイキックが....?)」

幸子「フフーン、効いていますね!」

幸子「....集中」

幸子「....」ムムム

幸子「....これがボクの」

幸子「全力です!!!」ムムーンッ



72: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:12:33.48 ID:jVQ+8iPX0

バキベキボキィッッッ

P「?」

P「あれ?」

P「いきなり景色が逆さまに」バタン

ちひろ「Pさん!?」

ちひろ「どうしていきなり身体が二つ折りになっているんですか!?」

楓「あらあら」

幸子「あわわわわわわわわわわ」



73: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:13:03.95 ID:jVQ+8iPX0

ちひろ「もう!」

ちひろ「事務所内での幽体離脱とサイキックの使用は禁止します!」

幸子「すみません....」ショボン

加蓮「アタシは覗きくらいしか使ってないのに....」ブーブー

裕子「私なんてサイキックが成功したこともほとんどないんですが....」

ちひろ「教えたあなたたちも同罪です!」

加蓮・裕子「「そんな~....」」

P「ちひろさん、そのくらいで」



74: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:13:54.11 ID:jVQ+8iPX0

P「幸子も悪気があったわけじゃないんです」

ちひろ「二つ折りの状態で言われても....」

楓「頭って、かかとにつけることが可能なんですね~」

ちひろ「Pさんは特殊な訓練を受けているんです」

ちひろ「普通の人は真似しちゃダメですよ」

ちひろ「スタドリを飲まなかったらどうなっていたか....」

P「俺はこの通り!元気ですから!」

ちひろ「元気なのがおかしいんですよ....」

ちひろ「もう....スタドリ代は来月のお給料から天引きですからね!」

P「福利厚生の一環でなんとかなりませんか?」

ちひろ「福利厚生の一環で定価の1%引きでの販売になっています」

P「しょっぺぇなぁ....」





75: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:16:05.14 ID:jVQ+8iPX0

ちひろ「3人とも気を付けてくださいよ?」

ちひろ「Pさんが防御力に極振りしてなかったら」

ちひろ「スタドリがあっても、魂がそのまま戻ってこなかったかもしれないんですよ?」

幸子「はい....」ショボン

加蓮「はーい」

裕子「はいぃ....」

P「ちひろさん、後は俺から言っときますから」

ちひろ「....Pさんは甘すぎますよ」

P「まあまあ」

ちひろ「....もう」



76: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:21:57.82 ID:jVQ+8iPX0

幸子「すみませんでした....」

P「いいんだよ」

P「昨日も言ったじゃないか」

P「幸子が俺のためにやってくれたことなんだから、謝る必要なんてないって」

幸子「でも....」

P「....」

P「幸子、お前の武器はなんだ」

幸子「カワイイところです」

P「いや、まあそれもなんだが」



77: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:22:24.19 ID:jVQ+8iPX0

P「お前のもう一つの武器は」

P「どんな企画でもこなしてみせる、その強い心だ」

幸子「心....」

P「お前自身が考え、俺にぶつけてきてくれるなら」

P「俺は何でも受け止めてやる!」

幸子「!!!」

P「だからお前は」

P「何度でもチャレンジしてみろ!!!」バーン

幸子「Pさん!!!」

P「....」

P「待ってるぞ」ニカッ

幸子「////」



78: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/21(木) 23:24:02.17 ID:jVQ+8iPX0

幸子「(今日もPさんの恩に報いることが出来ませんでした....)」

幸子「....」

幸子「(でもPさんは、ボクを一切責めず)」

幸子「(あんな風に言ってくれます....)」

幸子「....」

幸子「(明日こそ、明日こそは....)」

幸子「(Pさんに上手く構ってあげましょう!)」

3日目に続く



85: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 22:41:46.24 ID:HwkqT6Ri0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....一昨日に続いて昨日もPさんにも迷惑をかけてしまいました....)」

幸子「....」

幸子「(....つまり)」

幸子「(三倍返ししかありませんね!)」フフーン

幸子「(待っててくださいPさん!)」バーン

P「....!」ゾクゾク

何をする? >>86



86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/22(金) 22:41:58.69 ID:plDbE5NN0

Pの血を吸う



87: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:01:06.86 ID:HwkqT6Ri0

幸子「(....今日はお詫びを込めて)」

幸子「(血を吸うしかありませんね!!!)」バーン

幸子「(さちこの『ち』は『血』の『ち』とも一部では言われているように)」

幸子「(ボクは血が大好きなんです!)」

幸子「....」

幸子「(そんなわけないじゃないですか!?)」

幸子「(血を見るのもあまり好ましくありませんが)」

幸子「(さらにそれを飲むなんて、さすがのボクでもやったことがありませんよ!)」

幸子「(でも、ボクはボクの直感に従わないと....)」

幸子「(どうしましょう....)」



88: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:01:38.54 ID:HwkqT6Ri0

幸子「....」

幸子「(とにかくPさんの血を貰ってから考えましょう!)」

幸子「....」トテトテ

幸子「Pさん!」

P「お、幸子どうした」

幸子「お願いがあるんです」

P「今日は何をしてくれるのかな?」



89: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:02:11.08 ID:HwkqT6Ri0

幸子「これで」ゴトン

P「え、何この器具は....」

幸子「この管の先に付いている太い針をPさんの腕に刺します」

幸子「そして管が繋がっているこのガラス管の上の部分を引くことで」

幸子「血を抜くことができるんです」

P「あぁ、やっぱり....」

P「....えーっと」

P「俺はなんで血を抜かれなきゃいけないんだ?」

幸子「ボクのためです」

P「....」



91: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:03:47.02 ID:HwkqT6Ri0

P「まったく、幸子はおねだり上手だなぁ」

P「そんなカワイイ顔でお願いされたら断れるわけないだろ?」

幸子「ボクがカワイイせいで....すみません」

P「で、どのくらい必要なんだ?」

幸子「ボクもよくわからないんですけど」

幸子「とある漫画で2000ccほど抜かれていましたね」

P「じゃあ倍プッシュでいくか!」

幸子「ありがとうございます!」

P「いいってことよ!」

幸子「それでは....」

P「っ....」ゴクリ

幸子「採血...!」



92: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:11:50.72 ID:HwkqT6Ri0

幸子「....」グッ

P「....」

幸子「....」ググッ

P「....」

幸子「....」グググッ

P「....」

P「今どのくらいだ?」

幸子「ちょっと待ってくださいね....」チラ

幸子「50ccくらいです!」

P「これをあと80回繰り返すのか....」

幸子「なかなか時間のかかる作業なんですね~」

P「献血するときは自動だからなぁ」

P「手動だとこんなもんじゃないか?」

幸子「それもそうですね」



94: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:14:48.19 ID:HwkqT6Ri0

~数十分後~

幸子「はぁ....はぁ....」

P「....」グッタリ

P「....今どれくらいだ?」

幸子「今....」チラ

幸子「1800ccくらいです....」

P「あぁ、もうそんなところまでいってるのか....」

P「よし、ちょっとストップしてくれるか?」

幸子「へ?」



95: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:15:15.06 ID:HwkqT6Ri0

幸子「でもまだ目標の半分にも到達してませんよ?」

P「その目標を達成するためにちょっとやらなきゃいけないことがあってな」

P「何分かあれば済むからちょっと一旦止めてくれ」

幸子「わ、わかりました」ピタ

P「ふぅ....」

P「集中するから待っててな」フー

P「....」

P「....」

P「....」

P「....」

P「....」

幸子「....」

幸子「....?」



96: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:15:44.45 ID:HwkqT6Ri0

P「....」カッ

幸子「ぴ、Pさん....?」

P「....」

P「....」

P「....」

P「ばぶ」

幸子「!?」



97: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:16:11.88 ID:HwkqT6Ri0

P「ばぶばぶ」

幸子「え、突然どうしたんですか?」

P「....」

P「....」ウルッ

P「んぁっ!んぁっ!」ポロポロ

幸子「!!??!?!!?!???」

幸子「なんで突然号泣し始めるんですか!?」

幸子「赤ちゃんプレイする時間帯じゃありませんよ!?」

P「んんぁっ!!!んぁぁぁぁっ!!!!」ピエン



99: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:22:02.36 ID:HwkqT6Ri0

P「んぁっ!んぁっ!」

幸子「なんなんですかこれ....」

幸子「まるで本物の赤ちゃんになってしまったみたいです....」

幸子「おっぱいでもあげればいいんでしょうか....」

幸子「....」

幸子「....////」

P「ハッ!」

P「....危なかった」

幸子「Pさん!元に戻ったんですか!?」

P「あぁ、もう大丈夫だ」



100: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:22:50.43 ID:HwkqT6Ri0

P「採血を続けてくれ」

幸子「いやいや!その前に今の奇妙な行動の説明をして欲しいんですけど!?」

P「....」

P「....血の成分のほとんどは骨髄で作られるんだが」

P「大人は、胸骨や肋骨なんかの限られた場所の骨髄でしか作られないんだ」

幸子「は、はぁ....」

P「だが」

P「新生児だけは別で」

P「全身の骨髄で作ることが出来るんだよ」

幸子「....」



101: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:24:28.76 ID:HwkqT6Ri0

幸子「では....」

P「あぁ、心を新生児に戻すことで」

P「全身の骨髄での血液の生産を促したんだ」

P「だがこれは諸刃の剣でな」

P「あまり深く新生児に入り込み過ぎると....」

幸子「どうなるんですか?」

P「....」

P「心が戻ってこられなくなって」

P「見た目は大人、心は新生児っていう新種のクリーチャーが誕生する」

幸子「怖すぎますよ....」ゾッ



103: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:25:22.50 ID:HwkqT6Ri0

幸子「Pさんは一体何者なんですか....」

P「俺はただのプロデューサーさ」ニコ

幸子「えぇ....」

P「幸子、早く採血を続行してくれ」

P「今の俺は、血液が生産され過ぎている」

P「このままじゃ、水を入れ過ぎた水風船のように」

P「じき身体が弾け飛ぶ」

幸子「ボクのためとはいえPさんは無茶をし過ぎでは....」

P「このくらい安いもんさ」アハハ



105: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:27:43.39 ID:HwkqT6Ri0

幸子「これが4000cc分のPさんの血液....」

P「いやー400ml献血10回分って考えたら、結構頑張ったな俺」

幸子「結構なんてものじゃないですけどね!」

P「それもそうだ!」

幸子「じゃ、ありがとうございました!」

P「おう!」

幸子「助かりました!」トテトテ

P「....」

P「....」

P「結局、俺の血液を何に使うんだろ」

P「....ま、いっか」




106: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:40:03.42 ID:HwkqT6Ri0

幸子「これで第一の目標は達成できました!」

幸子「あとはこれをどうやって飲むか、ですね....」

幸子「....」

幸子「ゲテモノは食べ慣れてますし」

幸子「動物の血液を使った料理も何度か食べました」

幸子「さすがに人、しかも見知った人の血液をそのまま飲むのは抵抗が....」

まゆ「いい香り」

幸子「!?!?!?!?!?!??」



107: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:40:29.19 ID:HwkqT6Ri0

幸子「まゆさん!?」

まゆ「呼びましたかぁ?」

幸子「まったく!これっぽっちも呼んでませんよ!!」

まゆ「....」

まゆ「....」ジー

幸子「....な、なんですか」

まゆ「それ、いいですねぇ」ニコニコ

幸子「....」



108: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:41:10.99 ID:HwkqT6Ri0

幸子「まゆさんは、人の血を飲んだことってあったり....」

幸子「ってそんなわけないですよね!」

幸子「すみません変なこと聞いちゃって」チラ

ピチャ

ピチャ

幸子「....まままままままままままゆさん?」ビクビク

まゆ「....」ピタ

まゆ「....」

まゆ「....」ピチャピチャ

幸子「そのまま飲み続けるんですか....」アキレ



109: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:42:14.80 ID:HwkqT6Ri0

まゆ「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ♪」ツヤツヤ

まゆ「やっぱり新鮮なものに限りますねぇ」

幸子「結構飲みましたね....」

幸子「まあたくさんあったのでこのくらいはいいんですけど....」

幸子「....あの、まゆさんって吸血鬼か何かなんですか?」

まゆ「同じ事務所に2人も吸血鬼がいるはずないじゃないですかぁ」ニコ

幸子「え、じゃあなんで飲んだんですか?」

まゆ「....」

まゆ「....」ニコォ



110: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:45:39.18 ID:HwkqT6Ri0

まゆ「....幸子ちゃんは」

まゆ「好きな人、いますか」

幸子「え゛っ!?」

幸子「いきなり恋バナですか!?」

まゆ「....」

まゆ「その人と、結ばれればいいなって」

まゆ「思いますか?」

幸子「それはそうじゃないですか?」

幸子「結ばれたくないのに恋をする人なんていませんよ」



111: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:47:33.97 ID:HwkqT6Ri0

まゆ「結ばれるためには」

まゆ「運命の赤い糸が」

まゆ「必要なんです」

幸子「は、はぁ」

まゆ「....この、Pさんの真っ赤な血液」

まゆ「これは」

まゆ「運命の赤い糸に他ならないわけです」

幸子「?????」



112: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:48:36.30 ID:HwkqT6Ri0

まゆ「目の前に赤い糸があったら」

まゆ「どうしますか?」

幸子「え」

まゆ「その糸を、ゆっくり、ゆっくり」

まゆ「手繰り寄せますよね」

まゆ「そのつもりで」

まゆ「啜りました」ニコォ

幸子「??????????」



113: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/22(金) 23:49:03.79 ID:HwkqT6Ri0

まゆ「素敵なものをプレゼントしてくれた幸子ちゃんに」

まゆ「お礼をしないといけませんね」ウフフ

幸子「え、いやいや、そんなの別にいいですよ」アタフタ

まゆ「この血を扱うのに、適した人を教えてあげます♪」

幸子「血を?」

幸子「そんな人がいるんですか?」

まゆ「はい」ニッコリ



117: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:05:13.04 ID:zO6oBY+W0

響子「それで私のところに....」

幸子「すみません、こんな謎の用事で....」

響子「....」

響子「ちょっと、その血液というのを見せてもらえますか?」

幸子「わかりました」スッ

幸子「これです」

響子「....」ジー



118: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:05:38.80 ID:zO6oBY+W0

響子「....これが、Pさんの血液」

響子「....」

幸子「....どうでしょうか」

響子「....」

響子「....少し味見を」ペロ

響子「....」クチュ

響子「....」クチュクチュ

響子「....」ゴクン

響子「....」

幸子「どうでしょうか....?」

響子「....」



119: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:06:13.63 ID:zO6oBY+W0

響子「そのままで大丈夫です!」

幸子「」

幸子「あの響子さん、ボクはそのままに抵抗があるからここに来たんですけど!」

響子「Pさんを想う気持ちがあるなら」

響子「むしろそのままで飲まなきゃダメですよ!」

響子「Pさんに失礼です!」

幸子「いやボクはPさん狂信者でも妄信者でもないので

響子「はい?」ニッコリ

幸子「....」

幸子「....」

幸子「....」



120: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:06:40.20 ID:zO6oBY+W0

幸子「....じゃああの」

幸子「....」

幸子「....1口だけ」

響子「はい♪」ニッコリ

幸子「....」

幸子「っ....」クピ

幸子「....」ゴクッ

幸子「....ぅぇ」



122: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:07:10.26 ID:zO6oBY+W0

響子「素材の味を楽しんだところで」

響子「次は料理にしていきましょうか」

幸子「ボクが飲んだ意味とは....」

響子「といっても、人の血液を使った料理なんてないので」

響子「本来は動物の血を使う料理を、Pさんの血液で作っていきましょう!」

幸子「大変なことになりそうですね....」

響子「ブーダン・ノワール、猪紅、ディヌグァン、イリチー....」

響子「血液料理のフルコースです!」

幸子「ひぇぇ....」



123: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:20:54.22 ID:zO6oBY+W0

響子「美味しかったですね♪」

幸子「」

響子「....」

幸子「」

響子「....幸子ちゃんもいつか、これを美味しいと思える日が来るんでしょうね」

幸子「....たぶん永遠に来ないと思います」

響子「....」

響子「....そんなことないよ」ニコ

幸子「綺麗な笑顔で言われても無理なものは無理ですよ」



124: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:21:31.26 ID:zO6oBY+W0

響子「ちなみに」

響子「私たちは愛があるので人の血液を飲んだり食べたりしても大丈夫ですけど」

響子「皆さんはそんなことしたらダメですよ?」

響子「病気になっちゃいますからね!」

幸子「突然在らぬ方向の虚空に向かって喋りはじめてどうしたんですか?」

響子「必要なことです!」

幸子「あ、はい」

幸子「(....誰も真似しないと思いますけど)」



125: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:22:58.08 ID:zO6oBY+W0

清良「それともう1つ」

幸子「!!?!?!?」

清良「採血は医療行為です」

清良「医療行為を行うには医師や看護師、臨床検査技師等の免許が必要なので」

清良「免許のない一般の方はやってはいけませんよ」

幸子「じゃあご家庭で麻雀をする時に血液を賭けるのは....」

清良「絶対ダメ」

幸子「ですよねー」



126: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 00:24:44.37 ID:zO6oBY+W0

幸子「(今日は酷い目に遭いました....)」

幸子「....」

幸子「(まあ自業自得なんですけど....)」

幸子「....」

幸子「(ただ、今日はPさんにあまり迷惑をかけなかったのはよかったです!)」

幸子「(この調子で明日からは、もっと上手に構ってあげましょう!)」

4日目に続く



132: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 20:23:39.42 ID:zO6oBY+W0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....昨日とそれ以前を比べると)」

幸子「(少しずつ調子が上がっているような気がします)」

幸子「....」

幸子「(....つまり)」

幸子「(ボクはスロースターターなんですね!)」フフーン

幸子「(今日も今日とて行きますよ!)」バーン

何をする? >>133



133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/23(土) 20:24:14.58 ID:/1MjLIzKO

山梨りんごをアピール



136: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 20:46:29.58 ID:zO6oBY+W0

幸子「(山梨りんごをアピールしましょう!)」

幸子「....」

幸子「(....そうなると)」

幸子「(りんごのプロを呼ぶしかありませんね....)」

幸子「(山梨りんごといえばあの人ですね!)」

あかり「それで私....」

幸子「ええ、あかりさんはりんごのプロであるとありすさんから聞きまして」

あかり「プロだなんて....照れるんご////」

幸子「あ、そういえばおめでとうございます」ペコ

あかり「ありがとうございます」ペコ



137: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 20:47:01.70 ID:zO6oBY+W0

幸子「それでですね」

幸子「今回は、山梨りんごをアピールしたいんですよ」

あかり「なるほど、山梨りんごを....」

あかり「....」

あかり「や、山形りんご?」

幸子「山形?どこですかそれ」

幸子「山梨りんごですよ」

あかり「私を呼んだのに山形りんごじゃないんご!?」

幸子「え?あかりさんのいつも言ってるのって山梨じゃありませんでしたっけ?」

あかり「山梨じゃなくて山形!!!」

幸子「へ~」



138: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 20:47:35.83 ID:zO6oBY+W0

幸子「何か違うんですか?」

あかり「違うも何も!山形は日本でも有数のりんごの産地で!」

あかり「山梨なんて都道府県別りんごの生産量トップ10にも入ってないです!!!」

幸子「りんごといえば青森か長野なのに」

幸子「常に山なんとかりんごと言っていたので」

幸子「てっきりボクの故郷のりんごをアピールしているのかと思っていました」

あかり「」



139: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 20:48:30.69 ID:zO6oBY+W0

あかり「私はまだまだ山形りんごの知名度を上げないみたいんご....」ショボン

あかり「もっと努力しないと....」

幸子「ま、まあでもあかりさんがりんごのプロであることは変わりないわけですし」

幸子「ちょっと力を貸してもらえませんか?」

あかり「はぁ、今は空いてるから別にいいですけど....」

幸子「あからさまにやる気無くしてません?」

あかり「山梨....」

あかり「....ふっ」クス

幸子「....」

山梨りんごをどうアピールする? >>140



140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/23(土) 20:48:42.15 ID:o5P8VOBF0

あかりのりんごろう作成キットと志希の人体錬成セットを組み合わせて新しいマスコットを作る
材料は自分の細胞だったりPの血の残りだったり他のアイドルの一部だったり



142: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:02:12.93 ID:zO6oBY+W0

あかり「山梨はそもそもりんごが有名じゃないので」

あかり「目を引くような品種もないと思います」

幸子「やはり、りんご自体の味で勝負するには分が悪いですか....」

あかり「こうなったら、搦め手で行くしかないんご!」

幸子「搦め手?」

あかり「ちょっと待っててください!」タッ

幸子「?」



143: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:02:56.71 ID:zO6oBY+W0

~数分後~

ガチャリ

あかり「持ってきました!」スッ

幸子「なんですか?このなんとも微妙なりんごのキャラクターは」

あかり「これは、りんごろうさん!」

幸子「ああ、これが噂に聞くりんごろうですか」

あかり「ゆくゆくは某ネズミや某ネコのキャラクターを凌駕する人気を得る予定です!」

幸子「無理ですよ」

あかり「それがあながち無理でもないんです」ニヤリ

幸子「というと?」



145: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:04:36.16 ID:zO6oBY+W0

あかり「とある界隈では今、りんごろうが流行りつつあって」

あかり「今年の流行語大賞候補に『こいつはりんごろう』がノミネートされるとも言われてるんご!」

幸子「またそうやって一部の狭い流行を世界全体のことのように話す....」

幸子「テレビみたいなことをしちゃダメですよ?」

あかり「た、確かに今のは言い過ぎましたけど」

あかり「私が言いたいのは!」

あかり「この一見可愛げのない、無骨なりんご感しかないりんごろうでも」

あかり「売り出し方次第では興味を持ってもらえるということです!」

幸子「まあ世間の人気キャラクター達と比べると何の魅力もありませんからねぇ」

あかり「そこで!」

あかり「山梨りんごをアピールできるようなキャラクターを作りましょう!」

幸子「ふむふむ」



148: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:26:03.38 ID:zO6oBY+W0

幸子「でも、なかなか難しいですよ」

幸子「王道のカワイイキャラクターを作っても」

幸子「余程の魅力がない限り、既存のキャラクターには太刀打ちできません」

幸子「かといって、りんごろうのようなシュール路線を目指そうにも」

幸子「その手のキャラクターたちも既に飽和気味....」

あかり「言われてみれば....」

幸子「つまり」

幸子「そのどちらでもない、まったく新しい要素が欲しいところです!」

あかり「なるほど~」



149: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:26:32.49 ID:zO6oBY+W0

あかり「でもそれが難しいんですよね?」

幸子「その通り....」

幸子「うーん....」

あかり「むむむ....」

志希「アンチバイオエシックス系キャラって新しくない~?」

幸子「この事務所の人は前置きをして現れるということを知らないんですか....」



150: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:26:59.61 ID:zO6oBY+W0

あかり「あんちばいおえしっくす?」

志希「バイオエシックス、日本語に直すと生命倫理」

志希「生命倫理って、わかる?」

幸子「字面から見るに、生命に関する倫理としか....」

志希「ま、そういうこと♪」

志希「生命倫理って、文字通り人間の命がかかわってくるから」

志希「とってもデリケートな問題なんだよねー」

あかり「難しいんご....」



152: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:31:02.53 ID:zO6oBY+W0

志希「例えば」

志希「動物の複製、クローンは作っていいけど」

志希「人間のクローンは作っちゃダメとか」

幸子「どうしてダメなんですか?」

志希「まったく同じ人間が何人もいたらどうなると思う?」

あかり「....」

あかり「....怖そうです」

幸子「体験したことがないからよくわかりませんねぇ」

志希「そう、それそれ」

幸子「?」



153: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:31:43.73 ID:zO6oBY+W0

志希「誰もわからない」

志希「誰もわからないからこそ、今の世界が根っこの部分からひっくり返るかもしれない」

志希「そうなる前に禁止しちゃおーって」

志希「実際、ヒトのクローンを作成したら」

志希「本来あるはずのなかった命が生まれることになるし」

あかり「でも動物のクローンは作っていいんですよね?」

志希「動物は喋らないし、人権もないからね~」

志希「ヒトの場合は、命が生まれた時点で雑には扱えなくなっちゃう」

幸子「....」



154: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:32:41.84 ID:zO6oBY+W0

幸子「あれ、なんでこんな話になったんでしたっけ?」

志希「だから」

志希「その危ない要素をキャラクターに取り入れたら面白いかな~って思ったんだけど」

志希「どうかにゃ?」ニヒヒ

幸子「数十秒前に人のクローンはタブーだって言ってたじゃないですか!?」

志希「今回はクローンじゃなくて....」ガサゴソ

ゴトン

志希「これを使おう♪」

あかり「こ、これは?」



155: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:33:30.03 ID:zO6oBY+W0

志希「これは....」

志希「シキちゃん特製、人体錬成セット!」

幸子「人体錬成セット....?」

志希「手順に従えば、誰でも簡単に生命を創造できる優れもの!」

幸子「....」

幸子「えーっと、ボク難しい話はよくわからないんですけど」

幸子「それって、クローンよりマズくないですか?」

志希「....」

志希「だからこそ斬新なキャラクターになるよ♪」ニッコリ

幸子「ひぇ....」ゾクッ

あかり「都会は怖すぎるんご....」ガクガク

幸子「志希さんがおかしいだけですから....」



156: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:51:08.87 ID:zO6oBY+W0

志希「材料はこちら♪」

幸子「結構ありますね....」

あかり「脂肪、せっけん1個」

あかり「鉄、くぎ1本」

あかり「りん、マッチ100本」

あかり「炭素、えんぴつ450本」

あかり「コップ1杯の石灰、1つまみの硫黄とマグネシウム」

あかり「そして水1.8リットル」

志希「これを機械に入れたら人間が出来るよ~」

幸子「ふむ....」



157: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:51:36.69 ID:zO6oBY+W0

幸子「これにアレンジを加えれば」

幸子「山梨りんごのキャラクターが生み出せると....」

志希「たぶん、ね」

あかり「大丈夫なんですか....?」

幸子「....」

幸子「数多のバラエティ番組で体を張った企画をやってきたボクの経験上....」

幸子「どうにかなります!」

あかり「不安100%んご....」



158: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:52:05.35 ID:zO6oBY+W0

志希「じゃあアレンジを決めていこー」

幸子「どうするんですか?」

志希「さっきの材料に何か別の物を足す?」

幸子「それで行きましょうか~」

幸子「あかりさんは何か足したいものあります?」

あかり「えぇ....」

あかり「うーん....」



159: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:52:47.15 ID:zO6oBY+W0

あかり「....」ガサゴソ

あかり「....」ガサゴソ

あかり「....!」

あかり「これでいいですか?」

幸子「なんですか、これ?」

あかり「りんごろうさん作成キットです!」

幸子「ただのりんごじゃないですか!」

あかり「ちっちっち」

あかり「それは間違いです」

幸子「?」



160: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:53:28.21 ID:zO6oBY+W0

あかり「これの皮を、こうやって、剥けば」

あかり「はい、りんごろうさん」バーン

幸子「....」

幸子「これ、山梨りんごじゃないんですよね?」

あかり「山形りんごです!」

幸子「ダメじゃないですか....」

幸子「ボク達が作るのは山梨りんごのキャラクターですよ?」

あかり「....」

あかり「....えい」ポーイ

幸子「あぁっ!」

幸子「勝手に入れましたね!」

あかり「入れてないんご~」

幸子「もう....」



161: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 21:53:54.66 ID:zO6oBY+W0

志希「それで、幸子ちゃんは何を入れるの?」

幸子「ボクですか?」

幸子「そうですねぇ....」

何を入れる? >>162



162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/23(土) 21:54:33.76 ID:bLGyHfVS0

七海から貰ったサバのウロコ



164: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:01:16.84 ID:zO6oBY+W0

幸子「これで!」スッ

あかり「これは?」

幸子「七海さんから貰ったサバのウロコです!」

志希「どうしてそれを入れるの?」

幸子「なんかポケットにこびり付いていたので」

あかり「幸子さんも人のこと言えないくらい酷い選び方んご!」

幸子「....」

幸子「サバのウロコって凄く細かいんですよ」

幸子「だから、細やかな気遣いのできる優しい子になって欲しいということで!」

志希「こじつけにしては上出来かな~」

あかり「そんな子供の名前を付ける感覚で....」



165: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:01:49.54 ID:zO6oBY+W0

志希「私はこれを入れよう♪」

幸子「えぇ!?」

志希「何かな?」

幸子「志希さんも入れるんですか?」

志希「ダメ?」

幸子「き、危険物は入れないでくださいよ....?」

志希「....」

志希「....」ニコ

何を入れる? >>166



166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/23(土) 22:02:10.46 ID:k4dxx7BMo

アイドルたちのフェロモンセット



168: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:11:21.26 ID:zO6oBY+W0

志希「....」スッ

ジョボジョボ

幸子「内容物を言わずに入れるのやめてもらっていいですか」

志希「....」

志希「....これは」

あかり「っ....」ゴクリ

志希「アイドルたちのフェロモンセットだよ♪」

幸子「フェロモンセット?」



169: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:12:27.55 ID:zO6oBY+W0

志希「この事務所に所属する全アイドルのフェロモンを採取して」

志希「さっきの液体に凝縮したんだ~」

あかり「よくわかりませんけど、アイドル由来の成分なら問題なさそうです....」

志希「それはどうかなー」

幸子「どうかなーって....」

志希「アイドルってみんな可愛いでしょー?」

幸子「当然です」

志希「その大量のフェロモンを、あの少量の液体に凝縮してあるから」

志希「あれを嗅いだ人は」



170: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:13:04.02 ID:zO6oBY+W0

志希「一瞬で一生分を遥かに超えるアイドルフェロモンを摂取することになると思うよ」

幸子「それじゃ、どうなるんですか....?」

志希「....」

志希「さぁ?」ニヤリ

幸子「えぇ....」

あかり「もう山形に帰りたいんご....」

志希「それじゃあ」

志希「レッツ、クッキング!」

幸子「これが何かはさておき、クッキングだけではありませんよ」



171: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:20:52.08 ID:zO6oBY+W0

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「Pさん!」

P「お、今日もまた何かやってくれるのか?」

幸子「はい!」

幸子「Pさんはボクの出身地、わかりますか?」

P「当たり前じゃないか、山梨だろ?」

幸子「さすがですねPさん!」

P「担当アイドルの出身地を忘れるわけないだろ?」

幸子「////」



172: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:21:19.46 ID:zO6oBY+W0

P「それで、山梨がどうかしたのか?」

幸子「ええ、ボクの出身地である山梨の」

幸子「りんごについて、Pさんにアピールしたいと思いまして」

P「りんご?」

幸子「そのために、山梨りんごのマスコットキャラクターを作ってみたんです!」

P「へえ、凄いじゃないか」

幸子「それをPさんに見て欲しいんですけど....」チラ

P「....」

P「もちろん、いいに決まってる」

幸子「ありがとうございます!」



173: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:21:58.64 ID:zO6oBY+W0

P「この箱の中にマスコットが入ってるのか?」

幸子「はい!」

P「結構デカいな、1メートルくらいあるぞこれ」

P「着ぐるみか?それともデカいぬいぐるみか何かなのか?」

幸子「それは開けてのお楽しみということで」

P「おぉ、楽しみだ!」

幸子「それではお願いします!」

P「オープン!」

どんなマスコットキャラクターに仕上がっている? >>174



174: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/23(土) 22:22:15.72 ID:zbzQ9Qeso

フェロモンムンムンなお魚系りんごアイドル



176: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:49:58.55 ID:zO6oBY+W0

パカッ

???「....」ジー

P「!?」

P「え、ちょっと....」

P「どなたですか?」

幸子「フフーン、驚きましたか?」

幸子「この子は、ボクたちが作った山梨りんごのマスコットキャラクター」

幸子「山梨りん子ちゃんです!」

P「名前単純すぎないか?」

幸子「りんごろうよりマシですよ」

P「確かに」



177: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:50:33.96 ID:zO6oBY+W0

P「いやちょっと待て」

幸子「?」

P「マスコットキャラクターってことはあれか?」

P「着ぐるみ系じゃなくてコスプレ系のキャラクターになるのか、この子は」

幸子「いえ、普通の人にコスプレさせているわけではなく」

幸子「一から作りました」

P「何言ってんだ?」



178: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:52:00.46 ID:zO6oBY+W0

P「しかしよくできてるな....」

P「明るい赤色の髪の毛は地毛にしか見えない」

幸子「地毛です」

P「格好はシンプルなワンピースか、マスコットキャラクターにしては落ち着いてるな」

幸子「まったく主張をしない山梨りんごの奥ゆかしさを表現しています、たぶん」

P「ふーん....」

P「あと....」

P「なんで足じゃなくて尾ひれなんだ?」

P「りんご要素は髪色しかないせいで、足の魚要素に負けてるぞ」

幸子「諸事情によりこうなってしまったんです....」

P「どんな事情だよ....」



179: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:53:34.50 ID:zO6oBY+W0

P「あとあれだな」

P「こう言っちゃなんだが、中の人には随分と素朴な感じの子を選んだんだな」

P「まあ地方の微妙なゆるキャラ感は出てるけど」

りん子「....」ツンツン

P「?」

P「どうした?」

りん子「....」

りん子「....」ニコ

P「!!!!!!!」



180: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:54:00.92 ID:zO6oBY+W0

P「なんかこの子、笑うとめっちゃいいな」ビュルル

幸子「でしょう?」ニヤリ

P「うんうん、スカウトしたいくらいだ」ドビュビュルル

幸子「!?」

幸子「Pさん!?ズボンがビショビショになってますよ!?」

P「え?」チラ

P「うわ本当だ!なんで!?」ボタボタ

幸子「ちょっと!鼻血も出てます!」

P「えーなんだよ突然....」フキフキ



181: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:54:48.32 ID:zO6oBY+W0

ドクンッ

P「!?」

P「やばい、なんか、急に動悸がっ....!」

バタリ

P「」チーン

幸子「Pさん!?」



182: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:56:15.06 ID:zO6oBY+W0

ちひろ「もうこんなことしたらダメですよ!」

幸子「すみません....」ショボン

あかり「私は無罪んご....」

りん子「....」ボー

志希「連座制?」

ちひろ「違います!」

ちひろ「というかこの子は誰ですか!?」

りん子「....」ボー

P「ちひろさん、そのくらいで」



183: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 22:57:04.66 ID:zO6oBY+W0

P「幸子たちも悪気があったわけじゃないんです」

ちひろ「そういう問題じゃありませんよ....」

ちひろ「AEDが無かったら、そのまま心臓が止まったままだったかもしれないんですよ!?」

P「まあそれはそうなんですけど」

P「結局無事だったからいいじゃないですか」フリフリ

ちひろ「....」

ちひろ「今後また酷いことになっても知りませんよ....」スタスタ

P「あはは....」アハハ

P「....」

P「それで、俺もまだ状況がよく分かってないんだが....」

P「さっきのあれはどういうことなんだ?」

幸子「説明すると長くなるんですが....」



186: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 23:08:11.86 ID:zO6oBY+W0

P「....」

P「さっぱりわからん」

幸子「正直に言うと私もです」

あかり「右に同じです」

志希「にゃはは~」

りん子「....」

P「まあさっきのことは別にいいんだが」

P「この子はどうするんだ?」

幸子「....」



187: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 23:08:38.58 ID:zO6oBY+W0

幸子「ど、どうしましょう....」アセアセ

あかり「りん子ちゃん、住む場所だけじゃなくて、戸籍とかその他もろもろ何もかもないんご!」

志希「こればっかりはアタシにも難しいかなぁ~」

P「ったく....」

P「人体錬成をする時は、キチンとそういうのを準備してからしないと....」

幸子・あかり「「すみません....」」



188: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 23:10:10.86 ID:zO6oBY+W0

P「まあ俺のツテで戸籍とか身分証は準備しとくから」

P「明日には渡せると思う」

幸子「(このツテは....)」

幸子「(あまり深堀りしない方がいいんでしょうか....)」

P「住む場所は....」

P「寮の部屋にはまだ余裕があるしそこで」

P「あとこれだけはお前らに気をつけてもらいたい!」

幸子「何ですか?」

P「男の人とはなるべく関わらないようにすること!」

P「俺じゃなきゃ死んじゃうからな!」

幸子「はーい」



189: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 23:10:38.64 ID:zO6oBY+W0

P「えーっと、りん子ちゃん」

りん子「....」

P「言葉とか文化とか」

P「あーあとフェロモンの操作とか」

P「アイドルたちから教わってくれ」

P「幸いこの事務所にはお手本に出来るアイドルがたくさんいるからな」

りん子「....」

P「?」



190: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/23(土) 23:11:15.52 ID:zO6oBY+W0

P「あ!」

P「言葉はまだわかんないんだったか、すまんすまん」

幸子「もうPさん、自分で教われって言ってたくせに~」クスクス

あかり「おっちょこちょいんご~」ケラケラ

りん子「....」ツンツン

P「どうした?」

りん子「....」

りん子「....」ニコ

P「ウッ!!!」ドビュルドバドバボトボト

バタン

P「」チーン

あかり「あ」

志希「幸子ちゃーん、AED~」

幸子「了解でーす」スタスタ

5日目に続く



195: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 21:43:36.79 ID:4mynozTA0

幸子「今日は何をしますかね~」

P「幸子、暇か?」

幸子「角田課長ですか、暇ですけど」

P「いやな、昨日のことをちひろさんに話したら」

ちひろ『寮に住まわせるなら、ゆくゆくはアイドルとして活動してもらわないといけませんね!』

P「って言ってるんだよ」

幸子「りん子ちゃんをですか?」

P「そうそう」

幸子「アイドル以前に、一人前の人間になるのもまだまだ時間がかかりそうですけど」

P「だからゆくゆくは、ってことなんだろうけどな」

幸子「なるほど....」



196: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 21:44:03.30 ID:4mynozTA0

P「それでだな」

P「とりあえず、あの子のプロフィールを埋めてきてほしいんだよ」

幸子「プロフィール?」

P「まー今の段階でわかることって言ったら、身長とか体重とか、その辺りくらいだとは思うんだが」

P「そこらへんが分かれば服も用意できるからって」

幸子「確かにそれは大切ですねぇ」

幸子「身長、体重、スリーサイズでいいんですか?」

P「そうだな」

幸子「他に、りん子ちゃんのことで何か調べておくことってありますか?」

P「他?そうだな....」

他に調べることは? >>197



197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/24(日) 21:45:27.69 ID:thX4GCWqo

家庭環境



201: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 21:54:28.76 ID:4mynozTA0

P「家庭環境とか?」

幸子「家庭環境も何も、昨日産まれたばかりなのでないような気がします」

P「あ、そっか」

P「じゃあお母さんが幸子で、お母さんが志希で、お母さんがあかりってことで」

幸子「史上稀に見る複雑な家庭環境になってますよ!?」

P「実際そうなんだから仕方ないだろ」

幸子「それはそうですけど....」

P「ま、そういうことだから頼むわ」

幸子「はーい」



202: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 21:56:06.72 ID:4mynozTA0

りん子「....」ジー

幸子「今からりん子ちゃんの身体測定をします!」

幸子「すぐ済むので動かないでください」

りん子「....?」

アイドルの名前(5人分)

>>203
>>204
>>205
>>206
>>207

(それぞれのコンマの数字の小さい順に身長、体重、B、W、Hに当てはめます)



203: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/24(日) 21:56:50.37 ID:WvPG+rJD0

諸星のきらり



204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/24(日) 21:57:37.09 ID:OjS7l+cIo

松原早耶



205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/24(日) 21:57:49.08 ID:87jCK2Ezo

佐藤心



206: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/24(日) 21:58:01.07 ID:L0ATbpYW0

神崎蘭子



207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/24(日) 21:58:01.61 ID:ZEPT5Bf3o

夢見りあむ



211: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:10:49.62 ID:4mynozTA0

幸子「まずはこれに乗ってください!」

りん子「....」

幸子「背中を後ろの棒にピッタリつけて、顎を引いて....」

幸子「動かないでくださいよ?」

りん子「....」

幸子「えーっと身長が....」

【156cm】

幸子「体重は....」

【ダイエットちゅう】

幸子「....」



213: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:11:18.80 ID:4mynozTA0

幸子「....いったん降りてください」

りん子「....」ポス

幸子「電源を切って、もう一度つけて」

幸子「はいどうぞ」

りん子「....」スッ

【ダイエットちゅう】

幸子「....」



214: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:12:51.57 ID:4mynozTA0

幸子「これは....」

幸子「認識阻害ですね....」

幸子「この事務所、その手の能力を使う人は何人かいますし」

幸子「きっとその人たちの誰かの能力を受け継いでしまっているようです....」

りん子「....?」キョトン

幸子「まあ体重は、認識阻害能力を自由に操れるようになってからでも大丈夫でしょう」

幸子「お願いしますよ?」ポンポン

りん子「....」ニコ

幸子「オッ」

幸子「こ、これは女性相手でもキますね....」



215: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:13:27.30 ID:4mynozTA0

幸子「続き続き」ジャー

幸子「バストは....」クルリ

【83cm】

幸子「ウエストは....」クルリ

【65cm】

幸子「ヒップは....」

【たぶんふつう】

幸子「....」



216: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:15:16.88 ID:4mynozTA0

幸子「また認識阻害能力ですか....」

幸子「まあ見たところ『たぶん普通』なのは間違いなさそうですし、良しとしましょう」

幸子「はい、終わりです!」

幸子「ありがとうございました」ナデ

りん子「!」

りん子「....」ニコニコ

幸子「んん........」ドキドキ

幸子「この子、近い将来ボクのライバルになるかもしれません....」

幸子「侮れません....」



217: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:16:48.88 ID:4mynozTA0

幸子「頼まれていたことも終わりましたし」

幸子「Pさんに結果を伝えるついでに」

幸子「いつもの奴をやっちゃいましょう!」

何をする? >>218



218: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/24(日) 22:19:14.35 ID:WvPG+rJD0

飛鳥のものまね(似てない)



219: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:34:17.67 ID:4mynozTA0

幸子「飛鳥さんのモノマネをします」

飛鳥「....」

幸子「よろしくお願いします」ペコ

飛鳥「....突然呼び出したかと思えば、何を言っているんだい?」

幸子「飛鳥さんとボクって、意外と共通点が多いと思うんです」

飛鳥「ボクと?」

幸子「まず年齢が同じです」

飛鳥「14歳か」



220: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:34:45.23 ID:4mynozTA0

幸子「あと血液型が同じです」

飛鳥「B型だね」

幸子「髪型も似ています」

飛鳥「....エクステを取れば、似てなくもない、か?」

幸子「そして何より」

幸子「一人称がボク!」

幸子「この事務所でボクを使うアイドルはそんなにいません!」

飛鳥「確かに」

幸子「....」



221: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:35:14.53 ID:4mynozTA0

幸子「以上です!」

飛鳥「以上!?」

幸子「はい!」バーン

飛鳥「....」

飛鳥「幸子、キミが挙げてくれた共通点は」

飛鳥「モノマネに役立つものなのかい?」

幸子「....」

幸子「モノマネは実力さえあれば、共通点なんてなくても良いんです!」

飛鳥「なぜ共通点を挙げたんだ....」



222: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:35:46.63 ID:4mynozTA0

幸子「ということで先生!」

飛鳥「先生?」

幸子「飛鳥さんのモノマネのポイントを教えてくれませんか?」

飛鳥「どうしてボクが、自分のモノマネについて教えなきゃいけないのかな」

幸子「飛鳥さんのその特徴的な行動や言動を最も理解しているのは」

幸子「飛鳥さん本人だからです!」

飛鳥「ボクをバカにしていないか?」

幸子「いえまったく!」

飛鳥「はぁ....」

飛鳥「ボクのモノマネのポイント、か....」

飛鳥「そうだな....」

二宮飛鳥流二宮飛鳥モノマネのポイント >>223



223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/24(日) 22:36:08.81 ID:jbpnPYWgo

エクステビーム



224: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:51:01.12 ID:4mynozTA0

飛鳥「....」

飛鳥「モノマネ、というのは」

飛鳥「対象に完璧に似せることが出来なくとも」

飛鳥「特徴を捉えていれば、案外似るものじゃないかな」

幸子「確かに、テレビで見る芸人さんのモノマネはそんな感じですね」

幸子「多少の粗があっても、特徴を過剰に表現できている人は似ているように見えます」

飛鳥「そういうことなんだ」

飛鳥「....そしてボク自身は」スッ

飛鳥「これさ」

幸子「エクステ?」

飛鳥「ああ」



225: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 22:51:35.46 ID:4mynozTA0

飛鳥「ボクはこれを、外のセカイで生きる証だと」

飛鳥「考えているんだ」

飛鳥「....どうだい?」

飛鳥「エクステを強調すれば」

飛鳥「キミでも案外、ボクのようになることができるかもしれないよ」フフッ

飛鳥「....もっとも」

飛鳥「ボクはモノマネなんて行為に価値は見いだせないけどね」

飛鳥「ボクはボク、キミはキミ」

飛鳥「他人の真似事をして、自分のセカイが広がるとは思

幸子「なるほどー」グイグイ

飛鳥「あまり強く引っ張らないでくれないか」

幸子「早速借りようと思いまして」

飛鳥「キミには予備の方を貸すから」

幸子「ありがとうございます!」



226: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:05:26.40 ID:4mynozTA0

幸子「エクステを強調....」

幸子「普通につけるだけでは強調にはなりませんよね....」

飛鳥「いや、まずは見た目を寄せて」

飛鳥「それから行動や言動といった細かいところも寄せていけば」

飛鳥「完璧とは言わずとも、ボクのような雰囲気に

幸子「ちょっと行ってきます!」ピュー

飛鳥「....」

飛鳥「嵐だな、幸子は」

飛鳥「....だが」

飛鳥「ボクにはないモノを、幸子は持っているのかもしれない....」

飛鳥「....ふっ」クスリ



227: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:06:15.42 ID:4mynozTA0

ツンツン

飛鳥「....」

りん子「....」ジー

飛鳥「?」

飛鳥「見かけない顔だね、キミは?」

【山梨りん子】

飛鳥「なぜ名札を....?」

りん子「....」ジー

飛鳥「....」



228: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:06:55.63 ID:4mynozTA0

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

カツン....

カツン....

P「....?」

P「何の音だ?」



229: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:07:34.38 ID:4mynozTA0

幸子『Pさ~ん!開けて下さ~い!』

P「?」

P「幸子?どうしたんだ?」

幸子『今両手がふさがっていて、ドアを開けられないんです』

幸子『内側から開けてもらってもいいですか?』

P「おー了解」



230: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:08:14.19 ID:4mynozTA0

ガチャリ

幸子「こんにちは、ボクだよ....」

P「どうしたんだ幸子、改まって....」ジー

P「ってデカ!?」

P「お前、2mくらいのところに頭があるじゃないか!」

幸子「....Pさん」

幸子「今のボクを見て、何か気付くところはありま....ないかな....」

P「めちゃくちゃデカいってことしか頭に入ってこねえよ!」

幸子「....」



231: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:08:46.75 ID:4mynozTA0

幸子「足元を見てくれないか....」

P「足元?」チラ

P「あ、そういうことか」

P「竹馬に乗ってるからこんなに頭の位置が上がってるんだな」

幸子「よく見るんだ....」

P「....」ジー

P「これ、竹馬じゃない....?」

P「....」ジー

P「....」ジー

P「!?」



232: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:10:48.71 ID:4mynozTA0

P「なんだこれ!?」

P「水色の棒が両方の側頭部から伸びてるぞ!?」

P「お前、それに乗ってるのか!?」

幸子「ああ、そうさ....」

幸子「これは、エクステを肥大化&硬質化させた後」

幸子「足を乗せる所を取り付け」

幸子「握るところに滑り止めのグリップをつけた....」

幸子「....」

幸子「....通称」

幸子「エクステ、ビーム」

幸子「さ....」フッ

P「何言ってんだコイツ」



233: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:17:10.07 ID:4mynozTA0

幸子「....」

幸子「....Pさん」

P「ん?」

幸子「今のボクは」

幸子「どんな風に見えているのかな....」

P「どんな風....?」

幸子「そう、普段のボクと比べて、さ....」

P「....」



234: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:18:33.82 ID:4mynozTA0

P「デカい」

幸子「そ、そういうことじゃなくて!」

P「....」

P「デカい竹馬に乗りすぎて扉を開けたのに入れていない」

幸子「その通りなんですけど違いますよ!」プンスカ

幸子「ほらこれ!エクステつけてるんですよ!」

幸子「一人称がボクですよ!B型ですよ!14歳ですよ!」

P「....」

P「....そういうことか!」

幸子「わかりましたか!わかったんですね!!!」

P「ああ」

P「....」



235: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:19:16.08 ID:4mynozTA0

P「エクステをつけてる幸子もカワイイよ」

幸子「ちょっ////」

P「同じカワイイでも普段のカワイさとはまた違った魅力があるな」

幸子「ボクが言いたいのはっ」

P「イメージが変わるってのも結構いいもんだな」アハハ

幸子「っ....////」

幸子「....」

P「?」



237: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:20:20.47 ID:4mynozTA0

P「どうした?」

幸子「そ、そ、そ」

幸子「そういうことじゃないんですよでもありがとうございます失礼します!!!!」カツンカツン

P「....」

P「なんだったんだ?」



238: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:35:48.14 ID:4mynozTA0

ガチャリ

幸子「酷い目に遭いましたよ....」

飛鳥「幸子、おかえり」

幸子「お待たせしてしまってすみません」

幸子「これ、借りていたエクステです」

飛鳥「!?」

飛鳥「ボ、ボクが貸したエクステとは似ても似つかないんだが....」

幸子「色々あってこうなりました」

飛鳥「何が起こってもこうはならないだろ!」

幸子「志希さんに任せたらこうなりました」

飛鳥「ああ、唯一の例外がいたか....」

飛鳥「まあこれは予備の予備の予備の予備の予備だからいいけど....」

幸子「すみません....」



239: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:36:22.29 ID:4mynozTA0

飛鳥「そういえば、この子はどこの子なんだい?」

りん子「....」

幸子「後々皆さんが揃っている時に、詳しい説明をする予定ですが」

幸子「簡単にまとめると」

幸子「昨日から入寮したりん子ちゃんです」

飛鳥「....」

飛鳥「ということは新人アイドル?」

幸子「いえ、まだ勉強中というか....」

飛鳥「なるほど、もしかして外国の子なのかな」

飛鳥「全然言葉を話さなかったんだけど」

幸子「そんなところです」



240: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:37:59.96 ID:4mynozTA0

飛鳥「....少しの間彼女と一緒にいたんだ」

飛鳥「外見はボクらと同世代に見えるが」

飛鳥「歳よりも幼く見えたり」

飛鳥「逆にずっと大人びて見えたりする」

飛鳥「不思議な雰囲気を持った子だね」クスリ

幸子「(全アイドルのフェロモンがまぜこぜですからね....)」

りん子「....」



241: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:39:22.80 ID:4mynozTA0

りん子「....ぅ」

幸子「!?」

幸子「りん子ちゃん!言葉を話そうとしているんですか!?」

りん子「....ぅ」

りん子「....」



242: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/24(日) 23:39:56.55 ID:4mynozTA0

りん子「tonight....」

幸子「....」

幸子「....」チラ

幸子「....飛鳥さん」

飛鳥「なんだい?」

幸子「飛鳥さんのそのおかしな言葉づかいを教えちゃダメじゃないですか!」

飛鳥「おかしな!?」

幸子「りん子ちゃんが覚えちゃったらどうするんですか!」

飛鳥「変....別に変というほどではないだろう....」

6日目に続く



248: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 20:50:28.45 ID:QPJXrBcY0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....)」

幸子「(少しずつ調子が上がっているような気がします)」

幸子「....」

幸子「(....昨日は上手いモノマネができましたね!)」

幸子「(....とは言えませんが)」

幸子「(初めてにしては及第点と言ったところでしょう!)」

幸子「(さらに調子を上げたいです!)」

何をする? >>249



249: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/25(月) 20:51:38.08 ID:bPPSFZdeo

ブログでも開設してみる



251: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:03:44.84 ID:QPJXrBcY0

幸子「ブログでも開設してみますか!」

幸子「事務所管理のSNSアカウントはありますけど」

幸子「文字数はどうしても少なくなってしまいますからねぇ」

幸子「手軽ではありますが、些細な言葉でも語弊を招いてしまうかもしれません」

幸子「やはり、自分の言葉を長い文章で伝えられるブログも必要でしょう!」

幸子「まあ事務所に怒られそうなので、限定公開にしてリンクをPさんに送るだけにしておきましょう!」

幸子「さてと」パカ

幸子「ブログのタイトル....」

幸子「タイトルですか....」

幸子「一番最初に見る所であり、最も見られるところでもあります」

幸子「何がいいんでしょう....」

ブログのタイトル >>252



252: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/25(月) 21:06:22.73 ID:gVrd2V1qo

幸小話



253: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:16:05.81 ID:QPJXrBcY0

幸子「....」

幸子「....『幸小話』」

幸子「これはいいですよ!」

幸子「ボクの小話をするブログです!」

幸子「『幸子』と『小話』がかかっていてセンスがあります!」

スタスタ

幸子「ま、まずい、隠れないと....!」サッ



254: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:16:54.95 ID:QPJXrBcY0

ガチャリ

楓「....」ノソ

楓「この辺りからギャグの波動を感じたのだけど....」チラチラ

楓「気のせいかしら?」

スタスタ

幸子「危ないところでした....」

幸子「ギャグモン(ギャグモンスター)のアンテナは流石ですね....」

幸子「感度良好すぎますよ....」



255: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:18:36.90 ID:QPJXrBcY0

幸子「タイトルはこれでいいとして」

幸子「他にもいろいろと設定がありますねぇ....」

幸子「....」

幸子「後は適当でいいでしょう」ポチポチ

幸子「はい開設!」

幸子「では早速」

幸子「最初の記事を書いていきましょう!」

幸子「最初、これは大切ですよ....!」

幸子「何事も出だしは重要です....」

幸子「何について書きましょうか....」

何について書く? >>256



256: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/25(月) 21:18:59.68 ID:toj8RU7lo

サルでもできる人体錬成



257: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:32:45.86 ID:QPJXrBcY0

幸子「....」

幸子「最近あった面白い話題といえば....」

幸子「....やはりあの一件しかありませんね!」

幸子「『サルでもできる人体錬成』っと」カタカタ

幸子「まああれは志希さんがいなければとてもできませんが」

幸子「ボクも人体錬成に関わったのは事実なので問題ないでしょう」



258: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:33:13.24 ID:QPJXrBcY0

幸子「....」カタカタ

幸子「....」カタカタ

幸子「....」カタカタ

幸子「....よし!」

幸子「人体錬成に至るまでの過程、そしてそれを行った後のことまで」

幸子「我ながら、なかなか面白い記事を書けたんじゃないですか!」

幸子「早速公開しちゃいましょう!」

幸子「限定公開ですけど」ポチ

幸子「そしてPさんにリンクを送って....」ポチ

幸子「あとはコメントを待つだけですね~」



259: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:33:41.99 ID:QPJXrBcY0

幸子「アクセス数が増えてます!」

幸子「Pさん早速見てくれたんですね~」

幸子「あれ?」

幸子「リンクを送った方のメッセージには既読が付いていませんね....」

幸子「どうしてでしょう?」

幸子「....」

幸子「わかりませんけど大丈夫でしょう!」フフーン



260: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:34:08.45 ID:QPJXrBcY0

幸子「ふわぁ....」

幸子「集中して文章を書いていたので、少し疲れてしまいました....」

幸子「ちょっとだけお昼寝しましょうか....」ウト

りん子「....」トテトテ

りん子「....」コロン

幸子「りん子ちゃんも....一緒にお昼寝しますか....?」ウト

りん子「zzz....」スヤ

幸子「はや....」グゥ



261: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:39:57.21 ID:QPJXrBcY0

P「幸子起きろ!」ペシペシ

幸子「んぅ....?」

幸子「なんですかPさん....?」

幸子「あ、もしかしてブログの感想ですか?」

幸子「それならコメント欄に書いてくれればよかったのに」

P「ある意味そうだけどそんなのんきな話じゃねえんだよ!」

幸子「へ?」

P「お前、ブログなんて事務所に内緒で始めちゃダメに決まってるだろ!?」

幸子「いえいえ、あれはPさんしか読めないようにちゃんとですね」

P「アクセス数見てみろ」

幸子「え?」

P「いいから」



262: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:40:39.44 ID:QPJXrBcY0

幸子「....」ポチポチ

幸子「いちじゅうひゃくせんまんじゅうまんひゃくまん....」

幸子「....」

幸子「Pさん、見すぎですよ?」ニヤリ

P「限定公開じゃなくて全体公開になってんだよ!」

幸子「あれ、そうでしたか」

幸子「すみません、確認はしたつもりだったんですけど」

幸子「しかし、いくらボクが人気アイドルだからって」

幸子「開設しただけでこのアクセス数って」

幸子「ファンの方も熱心ですね~、ありがたいです」

P「....」



263: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:45:26.93 ID:QPJXrBcY0

P「お前のファンもいるかもしれんがそれだけじゃないんだよ....」

P「というか、それ以外がメインだ」

幸子「それ以外?」

P「お前、人体錬成のこと書いただろ....」

幸子「はい、そうですけど」

P「あれのせいで今、世界中が大パニックになってんだよ!!!」

幸子「え゛ぇ゛っ!?」



265: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:56:52.90 ID:QPJXrBcY0

幸子「で、でもあんな荒唐無稽な話、普通は信じませんよ!?」

幸子「しかも発信元は14歳のカワイイアイドルですし....」

P「お前だけだったら信じなかったんだろうけどな」

P「志希の名前を出して、写真まで載っけてたら話は別なんだよ....」

幸子「まさか!?」

P「ああ、世界は」

P「志希ならやりかねない」

P「そう判断したんだ」

幸子「」



266: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:59:22.35 ID:QPJXrBcY0

P「今、事務所の電話は鳴りっぱなしだ」

P「しかも一般人からじゃない」

P「世界各国の政府や研究機関からだ....」

幸子「」ブクブク

P「大変なことになっちまったなぁ....」



267: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 21:59:50.71 ID:QPJXrBcY0

幸子「こ、こんなことしている場合じゃありませんよ!」

幸子「早く行動を起こさないと」ダッ

P「バカッ!」ガシッ

幸子「うぇっ!?」バタン

パァン

パリィン



268: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:00:19.73 ID:QPJXrBcY0

幸子「....」

幸子「....え?」

幸子「今いきなり窓ガラスが割れませんでした?」

P「....」

P「この事務所は今、暗殺者たちに包囲されている」

幸子「」

P「おそらくメインは志希なんだろうが」

P「情報の発信者であるお前も」

P「ターゲットに入っているんだろう」

幸子「」



269: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:01:25.89 ID:QPJXrBcY0

P「窓の外から見えるところにはいかない方がいい」

幸子「どうしてこんなことに....」

P「....人体錬成、無から命を作り出す技術なんて」

P「人類に明らかに早すぎるんだ....」

幸子「そうなんですか....?」

P「....」

P「これを国家レベルが行うとどうなるかわかるか?」

幸子「....?」

P「ほとんどノーリスクで、いくらでも人材を生み出すことができる」

P「軍隊でも組織してみろ」

P「世界のパワーバランスが崩れるぞ」

幸子「」



271: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:08:11.54 ID:QPJXrBcY0

P「しかもりん子ちゃんを見る限り」

P「ある程度成長した姿で生まれるから」

P「普通の人間を使うより圧倒的にモノになるのが早い」

P「....要するに」

P「他国からしたら、そんな技術を手に入れられちゃ困るってことだ」

P「おそらく、周りの暗殺者たちが事務所内の重要人物を処理した後」

P「ゆっくりと技術を拝借するつもりなんだろう....」

幸子「どどどどどどどどどどどうしましょう!?」

P「....」



272: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:14:57.15 ID:QPJXrBcY0

P「....今回ばかりは」

P「もう手遅れかもしれん....」

幸子「そんな....」

P「今のご時世、ネットに流れた情報なんて一瞬で世界中に広がる」

P「それを止める手立てはない」

P「そして、覆すこともできないんだ」

幸子「....ボクのせいで、こんなことに」

P「....」



273: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:15:44.52 ID:QPJXrBcY0

P「....幸子」

P「じき、痺れを切らした暗殺者たちが乗り込んでくるだろう」

P「落ち込んでいる場合じゃない、どうにか逃げる手段を考えよう」

幸子「でも....もう....」

P「時間がないんだ!」

瑞樹「時間ならいくらでもあるわよ?」ニコッ

P「瑞樹さん!?」

幸子「いつの間にこの部屋に!?」

瑞樹「今来たところよ?」



274: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:16:21.67 ID:QPJXrBcY0

P「そんな所に立っていたら危ないですよ!」

瑞樹「どうして?」

P「知らないかもしれませんけど、外には暗殺者がうようよいて!」

P「事務所内の人たちを狙っているんです!」

瑞樹「....」

瑞樹「ふふっ....」

P「射撃が来ない....?」

P「どうして!?」

瑞樹「....」



275: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:16:49.53 ID:QPJXrBcY0

瑞樹「....私が」

瑞樹「時の流れを止めたからよ」ニッコリ

幸子「!!?!?!??」

P「....ウワサは本当だったんですか」

瑞樹「ええ」

P「ハハ、なんてこった....」

幸子「ボクが言うのもなんですけど、この事務所とんでもないですね」



276: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:19:21.26 ID:QPJXrBcY0

瑞樹「事務所に帰ってきたら外が騒がしいから」

瑞樹「とりあえず周りの時だけ止めて入ったの」

幸子「えぇ....」

瑞樹「それでさっき、暗殺者がどうとか言っていたけど」

瑞樹「どういうこと?」

P「それがですね....」

幸子「実は....」



279: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:39:50.93 ID:QPJXrBcY0

幸子「ということでして....」

瑞樹「....ぷっ」

瑞樹「あははっ!」アハハ

P「瑞樹さん!笑ってる場合じゃないんですよ!?」

瑞樹「だって~」

瑞樹「たったそれだけのことでこんなに大ごとになるなんて....」

瑞樹「ふふっ」クスリ




280: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:40:46.41 ID:QPJXrBcY0

幸子「....瑞樹さん」

瑞樹「?」

幸子「瑞樹さんの能力で、この状況をどうにかできませんか....?」

幸子「全てはボクのせいなのに、虫のいい話というのはわかっています....」

幸子「でも、いま頼れるのは瑞樹さんしかいなくて....」

瑞樹「....」

瑞樹「できなくはないわね」

幸子「!」



281: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:41:12.53 ID:QPJXrBcY0

瑞樹「時の流れを逆転させて、数時間戻せば」

瑞樹「幸子ちゃんのブログ開設を止められるでしょう?」

幸子「それじゃあ!」

瑞樹「ただそれには一つ問題があるの」

幸子「問題?」

瑞樹「時の流れを止めるのと比べて」

瑞樹「時の流れの逆転は、負担が激しいのよ....」

幸子「というと?」

瑞樹「....」



282: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:43:21.09 ID:QPJXrBcY0

瑞樹「戻した時間の分だけ」

瑞樹「私だけが歳を取ってしまうの!」バーン

幸子「....」

幸子「数時間くらいいいんじゃないですか?」

瑞樹「ダメに決まってるでしょ!!!!」カッ

幸子「ひぃ!?」

P「幸子、瑞樹さんにそれは言っちゃダメだ」

幸子「す、すみません....」



283: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:43:48.35 ID:QPJXrBcY0

瑞樹「....」

瑞樹「....幸子ちゃんの時間をくれるなら」

瑞樹「戻してもいいわよ」ニコ

瑞樹「それなら私の負担もな

幸子「どうぞ!私の時間を使ってください!」

幸子「それで事務所の皆さんが助かるなら!」

瑞樹「!」

P「....」



285: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:44:16.60 ID:QPJXrBcY0

P「....はぁ」

P「瑞樹さん、意地悪はその辺にしてください」

瑞樹「あら、P君は分かってたの?」

P「そりゃそうですよ」

瑞樹「さすがね~」

幸子「?」

P「瑞樹さんは幸子を試したんだよ」

瑞樹「そういうこと♪」

幸子「....」



286: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:45:12.47 ID:QPJXrBcY0

幸子「なんだぁ....」ヘナヘナ

瑞樹「幸子ちゃんの気概に免じて、今回は時を戻してあげる♪」

幸子「ありがとうございます!」

瑞樹「でもね幸子ちゃん」

瑞樹「これからはもう少し、後先考えて行動するのよ?」

瑞樹「あと、何事でも細かい確認は怠らないこと!」

幸子「肝に銘じます....」

瑞樹「はい、よろしい」

瑞樹「(まあ時を戻したら、このことは覚えていられないんだけど....)」

瑞樹「....」

瑞樹「(肝に銘じたなら大丈夫かしら?)」クスリ



288: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/25(月) 22:45:53.62 ID:QPJXrBcY0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....)」

幸子「(少しずつ調子が上がっているような気がします)」

幸子「....」

幸子「(....昨日は上手いモノマネができましたね!)」

幸子「(....とは言えませんが)」

幸子「(初めてにしては及第点と言ったところでしょう!)」

幸子「(さらに調子を上げたいです!)」

6日目に続く



292: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 21:41:00.29 ID:AqGTjszP0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....)」

幸子「(少しずつ調子が上がっているような気がします)」

幸子「....」

幸子「(....昨日は上手いモノマネができましたね!)」

幸子「(....とは言えませんが)」

幸子「(初めてにしては及第点と言ったところでしょう!)」

幸子「(さらに調子を上げたいです!)」

何をする? >>293



293: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/26(火) 21:41:29.46 ID:PZIPr/+70

弁当を作る



294: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 21:52:31.39 ID:AqGTjszP0

幸子「....」

幸子「これはもう」

幸子「Pさんにお弁当を作ってあげるしかないですね!」

幸子「あの人基本的にお昼は時間が惜しいとか言って食べませんから」

幸子「きっと、温かいお昼ご飯に飢えていることでしょう!」

幸子「....」

幸子「事務所で作って、事務所にいるPさんに出すなら」

幸子「普通に作って出せばよくない?」

幸子「と考えているそこのあなた!」

幸子「わかっていませんねぇ」フフーン



295: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 21:53:49.85 ID:AqGTjszP0

幸子「単にお昼ご飯を作るのではなく」

幸子「お弁当というのがミソなんですよ!」

幸子「確かに」

幸子「お皿に美しく盛られた料理は」

幸子「さらに味を美味しくします」

幸子「しかし!」

幸子「ボクはそんな盛り付けできません!」

幸子「だったら、普通に盛るよりも」

幸子「お弁当箱に入れて出した方が」

幸子「開けるときのワクワク感の分だけ後者が勝つんです!」バーン



296: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 21:54:32.84 ID:AqGTjszP0

幸子「元々はPさんのためを思って始めたこの企画!」

幸子「これはもはや最適解なのでは?」

幸子「....」チラ

幸子「....11時半ですか」

幸子「少し出遅れましたね....」

幸子「ボクだけの力でお弁当を作るとなると」

幸子「お昼の時間を過ぎてしまいます....」

幸子「1人で完成させたいところですが」

幸子「今はボクのエゴよりも、Pさんにお昼ご飯を届ける方が大事です」

幸子「誰かに助っ人を頼みましょう!」

誰に頼む? >>297



298: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/26(火) 21:55:22.51 ID:A0/qTiLoo

ちとせ



303: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:11:26.83 ID:AqGTjszP0

ちとせ「....」テクテク

幸子「通りすがりのちとせさん!」

ちとせ「幸子ちゃん?」

幸子「頼まれてくれませんか?」

ちとせ「?」



304: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:12:12.93 ID:AqGTjszP0

ちとせ「お弁当?」

幸子「はい、どうしてもお昼の時間に間に合わせたいので」

幸子「お手伝いを頼めませんか?」

ちとせ「うーん....」

ちとせ「私、あまり料理はしないんだけど、それでもいい?」

幸子「今回は凝った物を作る予定はないので大丈夫です!」

幸子「ボクも料理はあまりしませんけど」

幸子「どうにかなるでしょう!」

ちとせ「そうだね♪」




305: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:13:17.91 ID:AqGTjszP0

ちとせ「それで、何を作るの?」

幸子「特に材料を買ってきているわけではないので」

幸子「事務所の冷蔵庫に入っているもので作れるものにします!」

ちとせ「すご~い、幸子ちゃん慣れてる人みたい」

幸子「フフーン、それほどでもありません!」

冷蔵庫の中身① >>306
冷蔵庫の中身② >>307
冷蔵庫の中身③ >>308



306: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/26(火) 22:14:26.35 ID:SVNK+2Uno

ちとせの手首から先(料理番組でうっかり食材ごと切ってしまったもの)



307: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/26(火) 22:14:32.86 ID:gGIWlxWqO

山形りんご



308: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/26(火) 22:14:54.81 ID:0rFezw7so

あの子(生前の姿)



314: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:32:16.30 ID:AqGTjszP0

幸子「まずは冷凍庫から見てみましょう....」ガサゴソ

幸子「....」ガサゴソ

幸子「ん、これは?」

ちとせ「あ、それ!」

幸子「なんですか?」

ちとせ「開けていいよ♪」

幸子「はぁ」





315: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:33:24.65 ID:AqGTjszP0

幸子「結構大きいですね、手のひらくらいのサイズがありますよ」

幸子「ブロック肉か何かでしょうか....」

【ちとせの手首から先】

幸子「」

幸子「さささ殺人事件です!!!」

ちとせ「私生きてるよ?」

ちとせ「こんなところにあったんだ~」

幸子「こ、これ、ちとせさんのなんですか!?」

ちとせ「うん、この前料理番組に出た時にうっかり切っちゃったの」

幸子「うっかりって程度じゃありませんよ!?」



316: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:33:50.31 ID:AqGTjszP0

ちとせ「それでね、あとでくっつけようと思って冷凍庫に入れてたんだけど」

ちとせ「忘れてた♪」

幸子「忘れないでくださいよこんなに大切なもの!」

幸子「というかこれどうするんですか?」

ちとせ「取っておいたの忘れてたから、新しいのをもう生やしちゃった」

幸子「相変わらずですねこの事務所は」



317: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:34:55.30 ID:AqGTjszP0

ちとせ「....」

ちとせ「....私、名案が浮かんじゃったかも」

幸子「?」

ちとせ「せっかくだし使っちゃおう」

幸子「せっかくの意味わかってます?」

幸子「いくらちとせさんの手といっても、人肉はちょっと....」

ちとせ「でも、動物の手足を使った食材って意外とない?」

ちとせ「クマノテ、豚足、モミジ、カメノテ....」

幸子「順に熊、豚、鶏ですね」

幸子「カメノテは亀の手ではなく甲殻類の一種ですけど」

幸子「それ以外は確かに....」



318: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:35:25.85 ID:AqGTjszP0

ちとせ「....私、手はいつも洗ってるから綺麗だと思うよ?」

幸子「気にしているのはそこではないです....」

ちとせ「お願い幸子ちゃん」ギュッ

ちとせ「私、あの人の身体の中に自分のお肉が巡っていく姿を想像するだけで....」

ちとせ「....んっ////」キュン

ちとせ「いい....////」ハァハァ

幸子「業が深すぎます」

ちとせ「吸血鬼の末裔だからかな?」

幸子「さぁ....」



319: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:35:54.54 ID:AqGTjszP0

幸子「....」

幸子「仕方ないですねぇ....」

幸子「本当に少しだけですよ?」

ちとせ「指一本くらい?」

幸子「爪の切れっ端で我慢してください」

ちとせ「え~」

幸子「そのくらいなら事務所のヤンデレ軍の人たちが常日頃から入れているので」

幸子「ボクが許容できるギリギリのラインです」

ちとせ「ありがとう幸子ちゃん」ニコ

幸子「自分の身体の一部を食べさせようとしているとは思えないほど爽やかな笑み」



320: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:47:30.49 ID:AqGTjszP0

幸子「ちとせさんの手はいいとして」

幸子「まともな食材が欲しいですねぇ」ガサゴソ

幸子「あ、これ」スッ

ちとせ「りんご?」

幸子「いえ、これはりんごろうの死体です」

ちとせ「死体?」



321: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:48:33.98 ID:AqGTjszP0

幸子「正確には」

幸子「あかりさんがりんごろう風に皮を剥いたりんごです」

ちとせ「お料理に使うの勿体ないね」

幸子「いえ、むしろ積極的に使っていきます」

幸子「りん子ちゃんにとってりんごろうは目の上のたん瘤なので」

ちとせ「?」



322: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:49:02.92 ID:AqGTjszP0

幸子「あとはー....」

ちとせ「ここは見たの?」

幸子「これ、なんなんでしょう」

幸子「家庭用冷蔵庫の隣に」

幸子「やたらと大きい業務用の冷凍庫があるのはアンバランスのような....」

ちとせ「....」パカッ



323: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:49:39.74 ID:AqGTjszP0

『....』

ちとせ「....」バタン

幸子「中を確認しないんですか?」

ちとせ「....」

幸子「ちとせさん?」

ちとせ「....」

ちとせ「何もなかったよ」

ちとせ「食べ物は」

幸子「そうですか、残念です....」

幸子「普通の冷蔵庫の方をもう一度見てみましょう」パカッ

ちとせ「....」



324: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:50:22.31 ID:AqGTjszP0

幸子「これはなんでしょう?」

ちとせ「お肉....?」

幸子「お肉っぽいんですけど、ラベルも何もないので」

幸子「何の肉かわかりませんねぇ....」

ちとせ「腐ってはいないみたいだし、使ってもいいんじゃない?」

幸子「このままじゃ食材がなさすぎますし、そうするしかありません....」



325: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 22:50:54.09 ID:AqGTjszP0

幸子「ということで材料はこちら!」

【チトセテの爪】

【りんごろう】

【謎肉】

ちとせ「....」

ちとせ「こういう料理はあるの?」

幸子「....地球上をくまなく探せばあるいは」

ちとせ「....」

何を作る? >>326



326: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/26(火) 22:52:28.61 ID:gvm/x0+Co

りんご入りポルペッティの赤ワイン煮



328: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:00:59.17 ID:AqGTjszP0

幸子「この材料たちで作れそうな料理って何かありますか?」

ちとせ「うーん....」

ちとせ「ちょっと待ってね」

ちとせ「Hey,千夜」

千夜「何なりと」

幸子「そういうシステムなんですか!?」

ちとせ「この材料で作れそうな料理を教えて」

千夜「ぴこん」

千夜「お嬢様の爪、りんごろう、謎肉で作れるレシピを検索しています」

千夜「1件該当しました」

幸子「あるんですか!?」

千夜「りんご入りポルペッティの赤ワイン煮はいかがでしょうか」

幸子・ちとせ「「りんご入りポルペッティの赤ワイン煮?」」



331: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:19:00.19 ID:AqGTjszP0

ちとせ「千夜ちゃんが置いていってくれたレシピを参考にして作ろう」

幸子「千夜さんも混ざりたそうにしてましたけどよかったんですか?」

ちとせ「千夜ちゃんがいると全部完璧に出来ちゃうから」

幸子「まあそれではつまらないですねぇ」

ちとせ「えーっと」

ちとせ「まずはりんごろうをみじん切りにする」

幸子「みじん切り....」

幸子「結構難しいんですよね....」

幸子「まずは皮を剥いて....」モタモタ

幸子「あっ」

幸子「あの皮が繋がった状態で剥きたいんですけど、無理そうです....」



332: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:19:51.57 ID:AqGTjszP0

ちとせ「幸子ちゃんがりんごろうをやっている間に私は....」

ちとせ「よいしょ」

ちとせ「この謎肉をフードプロセッサーでミンチにする、と」ポイ

ちとせ「ついでに爪も入れちゃお」ポイポイ

ちとせ「....」

ちとせ「....1本くらいいいよね♪」ジョキ

ちとせ「えい」ポイ

ちとせ「....」ピッ

ガーッ!

ちとせ「お~」パチパチ



333: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:20:55.91 ID:AqGTjszP0

幸子「ちとせさ~ん、りんごろうを木っ端微塵にしましたよ~」

ちとせ「お疲れ様、こっちも終わったよ」

幸子「この2つと、つなぎのパン粉と卵を入れて捏ねるんですよね」コネコネ

ちとせ「粘りが出るまでだって」

幸子「了解です」コネコネ

幸子「....」コネコネ

幸子「これ、ハンバーーーーーーーグ!ですか?」

ちとせ「イタリアの肉団子だって~」

幸子「へ~」



335: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:21:24.83 ID:AqGTjszP0

幸子「これくらいでいいでしょう!」

ちとせ「うんうん、おっけ~」

幸子「これを丸めて....」

幸子「いよいよ!お馴染みの両手でキャッチボールするやつです!」ペチ

幸子「....」ペチ

ちとせ「これは万国共通なんだ~」ペチ

ちとせ「....」ペチ



336: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:22:13.49 ID:AqGTjszP0

幸子「成型が終わったので、次はお鍋の準備ですか」

ちとせ「赤ワイン1カップ、お水も同じ量」

幸子「はーい」ジョボジョボ

ちとせ「トマトの缶詰を全部」

幸子「いい感じです」ドボッ

ちとせ「あとはローリエ、ローズマリー、お塩、ブラックペッパーを入れて」

幸子「....」サッサッ

ちとせ「そこにさっきのお肉をどぼ~ん」

幸子「飛び散るので静かに入れます」ソロリソロリ

ちとせ「あとはしばらく煮込んで完成!」

幸子「疲れました....」



337: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:22:41.63 ID:AqGTjszP0

幸子「....」ジー

幸子「これ、思いのほかいい感じじゃないですか!」

ちとせ「さすが千夜ちゃん♪」

千夜「ありがとうございます」ペコ

幸子「呼ばれるために戻ってこなくても....」

千夜「いえ、それが私の役目ですから」

幸子「そういうものですか....」



340: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:33:59.10 ID:AqGTjszP0

P「....」カタカタ

幸子「Pさん!」

P「幸子、どうした?」

幸子「実はボク....」

幸子「Pさんにお弁当を作ってきたんです!」バーン

P「お、お弁当!?」

P「どうしたんだ突然?」

幸子「今日はそういう気分だったんです」

P「へー、お前料理できたんだな」

幸子「ま、まあボクくらいのアイドルならそれはもう義務のようなものですよ」フフーン

P「そりゃ楽しみだ」



341: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:35:02.63 ID:AqGTjszP0

幸子「ただ、時間がなかったので....」

幸子「ご飯とおかず1品だけなんですけど....」オズオズ

P「んなのどうでもいいよ!」

P「幸子が俺のために作ってくれたのだろ?」

幸子「一応は....」

P「無問題無問題!」

P「早く食べさせてくれ!」

幸子「!」



342: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:36:12.10 ID:AqGTjszP0

幸子「どうぞ!」スッ

P「おお、なんだこれ」

P「変わった形のタッパーだな」

幸子「これはですね、スクリュートップキーパーという容器なんです!」

P「なんだそれ?」

幸子「蓋にパッキンがついているので、とにかく密閉力が凄いんです!」

幸子「汁物を入れてもまったく零れません!」

幸子「(と千夜さんが教えてくれました)」

P「へー、凄いなぁ」パカッ



343: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:36:43.08 ID:AqGTjszP0

P「お、いい匂い....」

P「湯気まで立ってるし....」

幸子「ついさっき思いついたので、出来立てです!」

P「嬉しいなあ....」

P「昼に温かいご飯が食べられるの、いつぶりだろ....」

幸子「毎日でも食べるべきですよ....」

P「色々あってな....」

P「幸子、いただきます」

幸子「どうぞどうぞ!」



344: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:37:55.87 ID:AqGTjszP0

P「....」パクッ

P「....」モグモグ

P「....」ゴクン

幸子「....」

幸子「....どうですか?」チラ

P「....」

P「....」

P「....」

P「....美味い」

幸子「!!!」パァッ



347: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:55:11.01 ID:AqGTjszP0

P「この肉団子、一口大で食べやすいが」

P「口の中に入れると、大きさ以上の旨みが詰まってる」

P「そして噛んだ時にホロホロと崩れる肉の食感に加えて」

P「野菜の食感もいいな、かなりしっかりしているから肉とのギャップがあってよい」

P「ハンバーグかと思ったが、これ玉ねぎじゃないな」

幸子「はい、玉ねぎではなくりんごを使っています」

P「なるほどりんごか....」

P「加熱してもこれだけ食感が残っているということは、陸奥とか紅玉、王林とかその辺りか?」

幸子「わかりません!」

P「わからんのかい」



348: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:56:00.88 ID:AqGTjszP0

P「....」モグモグ

P「ん?」

P「ぺっ」

P「なんか細長くてデカい骨付き肉が入ってた」

P「指みたいな形と大きさだったな」

幸子「あっ....」



349: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:56:29.52 ID:AqGTjszP0

P「ごちそうさまでした」

幸子「お粗末様でした!」

P「しかし、りんごを使った肉団子の赤ワイン煮込みとは」

P「本当に料理できたんだな!」

幸子「それほどでも....」

幸子「ありますね!」フフーン

P「邪道は王道をこなせないとできないからな」

P「美味しかったよ、ありがとう幸子」

幸子「////」



350: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:57:13.95 ID:AqGTjszP0

P「これ、洗って返すよ」

幸子「いえいえ!そのままボクに返してもらって大丈夫ですよ!」

P「そうか?悪いな」

幸子「そこまでがボクの仕事ですからいいんですよ!」

P「そっかー、いや本当ありがとな」

幸子「....また、気が向いたら作ってあげますよ」

P「頼むわ~、どうせ俺いつでも昼は空いてるからさ」

幸子「もう、仕方のない人ですねぇ....」



351: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:58:21.04 ID:AqGTjszP0

ガチャリ

幸子「....ふぅ」

幸子「....」

幸子「(Pさん、喜んでくれました....////)」ピョンピョン

幸子「////」

幸子「ハッ!?」チラ

幸子「....」ジー

幸子「(....このタッパー)」

幸子「(Pさんが食べた後の、タッパー....)」

幸子「....!」ゴクリ

幸子「....」



352: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:58:51.97 ID:AqGTjszP0

幸子「(いやでも、洗うって言っちゃったし....)」

幸子「....」

幸子「(....ちょっとだけなら)」

まゆ「幸子ちゃん」

幸子「ヒェッ!?」

まゆ「Pさんの食べ終わった後のタッパーの独占は条約違反ですよぉ?」

幸子「じょ、条約違反!?」

まゆ「楽しむのは、然るべきところで所有権を得てから♪」

幸子「???」



353: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/26(火) 23:59:29.65 ID:AqGTjszP0

まゆ「ということでこちらは一旦回収しますね」

幸子「あっ!?いつの間に!」

まゆ「本日の事務所内オークションは午後6時から、C会議室で行われます」

まゆ「幸子ちゃんの参加、私たちは歓迎しますよ」ニッコリ

幸子「???????????」

7日目に続く



359: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 20:23:23.33 ID:arr/B3gn0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....)」

幸子「(昨日は大成功でしたね!)」

幸子「(使用した材料に若干の不安は残りますが....)」

幸子「(Pさんはそれを知らないので関係ありません!)」バーン

何をする? >>360



360: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/27(水) 20:29:55.92 ID:uyRHyQbH0

仕事を手伝う



361: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 20:36:02.91 ID:arr/B3gn0

幸子「(昨日はお弁当だったので今日は....)」

幸子「(お仕事を手伝いましょう!)」

幸子「(アイドルであるボクがプロデューサーのお仕事を手伝えるかはわかりませんが)」

幸子「(できることだけでもやっていきます!)」

幸子「ということで何かありますか?」

P「またいきなりだなあ」

幸子「勢いはボクの武器ですから」



362: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 20:36:40.92 ID:arr/B3gn0

P「あのな幸子よ」

幸子「はい?」

P「俺の仕事は、アイドルであるお前たちを支えることなんだ」

P「それを、支えられる側であるお前が手伝ったら」

P「本末転倒じゃないか」

P「それにな、幸子たちの働きだけでも」

P「俺は十分に助けられてるんだよ」

幸子「それは重々承知しています」

P「おお....流石の自信....」



363: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 20:37:28.40 ID:arr/B3gn0

P「でも、わかってるならなんで」

幸子「ボクがそういう気分だったので!」

P「えー....」

幸子「別に難しい仕事でなくてもいいんです!」

幸子「というか難しい仕事を振られても困ります」

P「だろうな」

幸子「何かボクにできることはありませんか?」

幸子「Pさんの力になりたいんです!」

P「んー....」

P「あ」

幸子「あるんですか!」

幸子に手伝ってもらう仕事 >>364



364: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/27(水) 20:39:48.13 ID:k6dnjBHFo

アイドルのプロフィール資料の仕分け(未公開情報含む)



365: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 20:52:16.45 ID:arr/B3gn0

ガチャリ

P「....」ギィ

P「....ここだ」

幸子「なんですか....」

幸子「壁一面にファイル?がたくさん....」

幸子「あとほこりっぽいです」

幸子「この部屋、全然使われてないように見えるんですけど....?」

P「....あれを見ろ」

幸子「?」



366: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 20:53:29.69 ID:arr/B3gn0

幸子「パソコンが1台....?」

P「あのパソコンにはな、うちの事務所に所属する全てのアイドルのあらゆる情報が入っている」

幸子「プロフィールってことですか?」

P「まあ端的に言えばそうなんだが」

P「外部向けに公開されていたり、お前たちが知っているようなオモテのプロフィール」

P「だけではない」

幸子「どういうことですか....?」



367: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 20:54:12.30 ID:arr/B3gn0

P「芸能事務所だからな、アイドルが所属する前の段階で」

P「詳細な身辺調査をしているんだ」

P「主にそこで得られた情報と」

P「所属後の定期的な追跡調査がまとめられている」

幸子「そんなことしてたんですか....」

P「万が一、この情報が外に漏れたら困るから」

P「ネットワーク環境のないこの部屋のパソコン1台で管理しているんだ」

幸子「へぇ~」

P「壁一面のファイルは、パソコンで管理する前の時代のデータだな」

幸子「すごいですねぇ」



368: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 20:54:42.50 ID:arr/B3gn0

P「あのパソコンに、情報を収集してからまだ手付かずのプロフィール資料があるから」

P「それを整理して欲しいんだ」

P「手順はそこの紙に書いてあるから」

幸子「了解しました!」

P「あとこれ、書いてくれ」

幸子「これは?」

P「機密保持契約書だ」

P「ここで得た情報を外部に絶対漏らさない、ってことを約束してもらわないと」

P「この仕事はさせられないんだよ」

幸子「厳重ですねぇ」



369: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 20:55:15.36 ID:arr/B3gn0

幸子「....」カキカキ

幸子「はいどうぞ」

P「ありがとう」

幸子「ちなみにこれ、破ったらどうなるんですか?」

P「さあ」

幸子「さあって」

P「情報を漏らした人は、それを聞いた人共々いつの間にか消えてしまうからな」

P「どうなったかはわからん」

幸子「」

P「じゃ、よろしく~」ガチャリ

幸子「ただの手伝いのつもりが、思ったより大事じゃないですかこれ....」

アイドル名 >>370
未公開情報 >>372



370: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/27(水) 20:56:34.30 ID:XC/OprCL0

みりあ



372: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/27(水) 21:00:23.13 ID:7BAy6lA8o

賭博場への出入り記録と口止め履歴。稼いだ額の詳細



373: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 21:16:50.40 ID:arr/B3gn0

幸子「まずは....」

幸子「みりあちゃんですか」

幸子「みりあちゃんなんて何の裏もないのに」

幸子「細かい調査をする必要なんてあるんですかねぇ」

幸子「えーっとなになに」



374: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 21:17:36.79 ID:arr/B3gn0

『2月9日 東京競馬場第11R東京新聞杯(G3)で3連単125,560円を的中』

『翌10日に事務所にて追及したところ』

みりあ『来週のメイン、教えちゃるから』

みりあ『な?頼むわ~』

『と強引に買い目を教えられ、口止めされる』

『結果は不的中』

幸子「?」



375: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 21:18:23.71 ID:arr/B3gn0

『2月23日 小倉競馬場第9Rあざみ賞(1勝クラス)で3連複65,800円を的中』

『翌24日に事務所にて追及したところ』

みりあ『ローカルはセーフやろが!』

『と強引に口止めされる』 

幸子「???」



376: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 21:25:53.65 ID:arr/B3gn0

幸子「こ、これは一体....」

幸子「みりあちゃんの親御さんの話でしょうか....?」

幸子「そんな家庭環境とはとても思えませんけど....」

『馬券は必ず競馬場かWINSで購入しており、払戻金は全て自室のどこかに貯金している』

『そのため総額は不明、納税の義務も果たしていない』

『さらなる追跡調査が必要』

幸子「....」



377: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 21:26:22.67 ID:arr/B3gn0

幸子「馬券って子供は買えませんよね....?」

幸子「....」

幸子「いやいやいやいや!」

幸子「みりあちゃんの年齢でギャンブルだなんて、そんなわけないじゃないですか!」

幸子「きっと誰かのデータが間違ってみりあちゃんのところに入ってしまったんですね!」

幸子「ま、まあでも仕事は仕事なので、言われた通りに仕分けておきましょう!」

幸子「まったく、事務所もうっかりさんですねぇ!」



378: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 21:27:18.54 ID:arr/B3gn0

幸子「事務所の凡ミスは忘れて」

幸子「仕事を進めましょう」

幸子「次のアイドルは....」

アイドル名 >>379
未公開情報 >>381



379: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/27(水) 21:27:33.02 ID:uyRHyQbH0

的場梨沙



381: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/27(水) 21:29:03.79 ID:ftPET3hX0

実は母子家庭。パパとは何なのか、未だ調査中



383: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 21:42:27.35 ID:arr/B3gn0

幸子「梨沙ちゃんですね」

『母子家庭』

幸子「!?!!??!?!?!?!??」

幸子「ぼ、母子家庭!?」

幸子「母子家庭なわけないじゃないですか!」

幸子「梨沙ちゃんはことあるごとにパパの話をしていますし!」

幸子「趣味はパパとデートですし!」

幸子「パパと結婚したがってますし!」

幸子「何よりパパを喜ばせるためにアイドルになったんですよ!?」

幸子「それなのにそのパパはいないっていうんですか?」

幸子「ありえませんよそんなの!」



384: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 21:43:15.61 ID:arr/B3gn0

『的場理沙の血縁上の父親は既に死没している』

『そのため、彼女が非常に強い執着を示している【パパ】が何者なのかは不明』

『早急な追加調査が必要』

幸子「えぇ....」

幸子「どういうことですか....」

幸子「梨沙ちゃんのパパはいない....?」

幸子「でも梨沙ちゃんの話には頻繁に出てきますよ....?」

幸子「....」



386: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 21:44:33.44 ID:arr/B3gn0

幸子「....」

幸子「....まさか、亡くなったパパの幻影に囚われている」

幸子「わけじゃないですよね....」

幸子「....」

幸子「....それとも、パパは特定の人物を指す隠語で」

幸子「その人に強く執着している....?」

幸子「....」

幸子「....ダメです、考えていると仕事が進みません」

幸子「次に行きましょうか」

アイドル名 >>386
未公開情報 >>388



387: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/27(水) 21:44:58.93 ID:rhDCnj6Fo

南条光



389: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/27(水) 21:46:05.56 ID:iXbQDZgMo

人助けとして人に暴力を振るうことに快感を覚える性癖あり。もみ消し履歴



397: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 22:02:49.92 ID:arr/B3gn0

幸子「光さん....」

幸子「ヒーローが大好きな光さんは大丈夫ですよね....」

『特撮ヒーローに憧れており、それを真似てか自らも積極的に人助けを行っている』

幸子「ほら!光さんはこういう子なんですよ!」

幸子「あの子には信念があるんです!」

幸子「立派ですねぇ」

『校内のルールを僅かでも破る者を見かけると、問答無用で制裁を加えている』

幸子「ん?」



398: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 22:04:54.34 ID:arr/B3gn0

『頻繁に流血沙汰を起こすため、学校側から度重なる指導を受けているが』

『改善の兆しはない』

幸子「んんん?」

『入学当初は、男子生徒や上級生を恐れない姿勢を評価されていたため』

『本人の望み通り、学内のヒーローとして親しまれていたが』

『あまりの容赦のなさと、制裁を加える際の表情の影響か』

『学校内では孤立を深めている』

幸子「....」

『自らの憧れる正義と、現実のギャップに苦しんでおり』

『現在は教室に入ることが出来ず、月に数回の保健室への登校のみとなっている』

幸子「ぇぇ....」



399: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 22:06:06.95 ID:arr/B3gn0

幸子「....」

幸子「....早く仕事を済ませてしまいましょう」

幸子「こんな嘘偽り捏造ばかり読んでいては頭がおかしくなってしまいます!」バーン

幸子「仕事仕事」



400: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 22:17:39.29 ID:arr/B3gn0

幸子「終わりましたよ~」

P「おお、お疲れ様」

幸子「なんだか色々と疲れました....」

P「書類整理なんてやったことないもんなあ」

P「慣れない仕事は疲れるもんだよ」

幸子「そういう疲れではないんですけどね....」

P「ん?なんか言ったか?」

幸子「いえ、なんでもないです」



401: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 22:18:11.57 ID:arr/B3gn0

ガチャリ

幸子「(一体あの部屋の情報はなんなんでしょう....)」

幸子「(読んでいる時はあの部屋の陰鬱とした空気と閉塞感に釣られて)」

幸子「(信じかけてしまいましたが)」

幸子「(冷静に考えればありえないことばかりです!)」

幸子「(カワイイアイドルたちの情報を面白おかしく捏造して....)」

幸子「(あんなことを事務所主導でやっているならボクは怒りますよ!)」プンスカ

みりあ「....」スタスタ

みりあ「あ、幸子ちゃん!」

幸子「みりあちゃん、こんにちは」

みりあ「こんにちは~」ペコ



402: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 22:35:15.46 ID:arr/B3gn0

幸子「レッスンですか?」

みりあ「ううん、お仕事が終わったから一旦帰ってきたんだー」

幸子「そうでしたか、お疲れ様です」

みりあ「ううん、楽しかったよ☆」

幸子「仕事を楽しめる、いいことです」

みりあ「そうかな?ありがとう!」ヒラリ

幸子「ん、みりあちゃん、何か落ちましたよ?」

みりあ「え?」

幸子「『TCK 11レース 第65回大井記念 単勝』?」

幸子「?」

みりあ「いらんわそんなん、捨てとけ!」

幸子「!?」

みりあ「じゃあね~」フリフリ

幸子「....」

8日目に続く



403: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 22:35:53.77 ID:arr/B3gn0

登場キャラが増え、色々と独自設定が入り組んできたので
簡単なキャラ紹介をしておきます
安価の際の参考にしていただければと思います

輿水幸子
圧倒的カワイイ美少女
カワイイ
ブラックジャックを作れる
幽体離脱ができる
サイキックが使える
採血ができる
飛鳥のモノマネができる
ブログを開設できる
料理ができる
書類仕事ができる

橘ありす
10円玉貯金をしている

高垣楓
オヤジギャグ大好きお姉さん
センサー搭載

白坂小梅
霊が見える

北条加蓮
幽体離脱ができる

堀裕子
サイキックが使えない



404: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 22:38:24.41 ID:arr/B3gn0

佐久間まゆ
Pのことが好き
事務所内裏オークションの参加者の1人

五十嵐響子
Pのことが好き
料理が得意
事務所内裏オークションの参加者の1人

柳清良
法律に則って採血ができる

辻野あかり
山形りんごのことが好き

一之瀬志希
天才
タブーである人体錬成を行っても一切の感情を抱かない

二宮飛鳥
りん子の持つミステリアスなオーラに少し憧れている

川島瑞樹
時間を操ることができる

黒埼ちとせ
吸血鬼
Pレベルの耐久性と再生力を持つ

白雪千夜
幼い頃に火事に遭い、治療の過程で身体の約80%が義体となった
脳の半分も機械化されており、そこにSiriのようなものが搭載されている



405: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/27(水) 22:38:51.80 ID:arr/B3gn0

P
どんな傷を負ってもスタドリを飲めば完全回復する謎の存在

山梨りん子
人体錬成によって生まれた山梨りんごのマスコットキャラクター
事務所にいる全アイドルのフェロモンが混ざっているため、一般的な男性に笑顔を向けると相手は死ぬ

千川ちひろさん
怒ると怖い



412: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 22:23:58.98 ID:Ipo+wYwv0

幸子「....」

幸子「....」チラ

P「....」カタカタ

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....昨日のことは忘れましょう)」

何をする? >>413



413: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/28(木) 22:25:00.28 ID:h1loewyl0

イタズラを仕掛ける



414: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 22:30:00.47 ID:Ipo+wYwv0

幸子「(昨日は働いてしまったので)」

幸子「(今日は逆の方向からアプローチ....)」

幸子(Pさんにイタズラを仕掛けましょう!)」

幸子「....」

幸子「(....しかしイタズラですか)」

幸子「(イタズラというのは、人を担ぐことなんでしょうけど)」

幸子「(案外難しいんですよね....)」

幸子「(弱すぎたらイタズラになりません)」

幸子「(でも強すぎると相手に不快な思いをさせてしまいます)」

幸子「(バランス感覚が大切なんですよねぇ)」

幸子「(ちなみに、ボクはイタズラなカワイさしか経験がありません)」

どんなイタズラをする? >>415



415: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/28(木) 22:30:16.83 ID:j1G822ZCo

幸子が誰か殺しちゃったから一緒に山に埋めに行きましょうドッキリ



416: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 22:39:05.82 ID:Ipo+wYwv0

幸子「(とはいえ、大抵のイタズラではPさんは動じなさそうなので)」

幸子「(ここはドッキリでいきましょう!)」

幸子「(内容は....)」

幸子「(ちょっぴりハードに)」

幸子「(『ボクが人殺めてしまったので、一緒に山に埋めに行く』)」

幸子「(これは、面白いことになりそうですよ!)」

幸子「(それじゃあ早速、準備をしましょう....!)」



417: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 22:40:09.83 ID:Ipo+wYwv0

P「....」カタカタ

幸子「....」

幸子「(....セッティングは終わっているので)」

幸子「(あとはPさんに話をするだけ)」

幸子「(....しかし!)」

幸子「(人を殺めてしまったのに、自分から他人に話すのはリアリティが足りません!)」

幸子「(ここはあえて、ボクからは何も言いません!)」



418: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 22:40:51.80 ID:Ipo+wYwv0

幸子「(普段とは明らかに異なる立ち居振る舞いをしていれば)」

幸子「(Pさんは、真っ先にボクの異常に気づくでしょう)」

幸子「(その時に、何度か拒みながらも)」

幸子「(渋々真実を明かす)」

幸子「(うんうん、これこそリアル!)」

幸子「(完璧ですよ!)」フフーン

幸子「(それでは名女優輿水幸子の実力をお見せしましょう!)」

どんな立ち居振る舞いをする? >>419



419: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/28(木) 22:41:41.28 ID:p/0gMq32o

虚ろな表情で鼻歌を歌いながらるんるん



421: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 22:50:00.35 ID:Ipo+wYwv0

幸子「(普段のボクとのギャップがあった方がいいですよね....)」

幸子「(でもあまり大きすぎてもわざとらしいので....)」

幸子「(虚ろな表情で鼻歌を歌いながらるんるんくらいにしておきましょう!)」

幸子「....」

幸子「(虚ろモード!)」ウツロ

幸子(虚)「....」



422: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 22:50:42.98 ID:Ipo+wYwv0

幸子(虚)「ふんふふんふんふんふふん~♪」ルンルン

幸子(虚)「ふんふふふん~♪」ルンルン

幸子(虚)「ふんふふふん~♪」ルンルン

幸子(虚)「....」チラ

P「....」カタカタ

幸子(虚)「ふんふふふふんふふんふんふん~♪」ルンルン

幸子(虚)「ふんふふふん~♪」ルンルン

幸子(虚)「ふんふふふん~♪」ルンルン

幸子(虚)「ふんふふふふんふんふふん~♪」ルンルン

幸子(虚)「....」チラ

P「....」カタカタ

幸子「....」



423: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 22:51:10.23 ID:Ipo+wYwv0

幸子「(き、気づかない....!?)」

幸子「(常に笑顔がキュートなボクが)」

幸子「(虚ろな表情をしながら自分の持ち歌を鼻歌で歌いつつルンルンしているというのに....!)」

幸子「(まあいいでしょう、これくらいはジャブです)」

幸子「(ボクの本気を目の当たりにしてしまったら)」

幸子「(Pさんでも平常心ではいられないはず!)」

どんな立ち居振る舞いをする? >>424



424: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/28(木) 22:52:44.14 ID:QG6K9jNJ0

わざと転ぶ



425: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:03:26.55 ID:Ipo+wYwv0

幸子「....」

幸子「....」ヨタヨタ

幸子「....」コケッ

ビターン!

幸子「....」ポイ

P「!?」

P「おいおい幸子、大丈夫か?」

幸子「....すみません」

幸子「大丈夫です」

P「?」



426: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:03:58.05 ID:Ipo+wYwv0

P「どうしたんだ?顔色悪いぞ」

幸子「....いえ、なんでもないです」

P「....?」チラ

P「ん?」

P「なんだこれ」ヒョイ

【血まみれのサバイバルナイフ】

P「....」

幸子「....」

幸子「(かかりましたねPさん!)」

幸子「(わざと派手に転び、Pさんを引きつけ)」

幸子「(用意していた血まみれのサバイバルナイフを落とした体で見せる!)」

幸子「(ちなみにサバイバルナイフは亜季さんから借りました)」



427: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:04:59.80 ID:Ipo+wYwv0

P「....」

P「....幸子、これ」

幸子「....」

P「....血、なのか?」

幸子「....違います」

P「....」

P「調べればすぐに分かる」

幸子「違いますって!」

P「....」

幸子「....」

幸子「....違うんです、ボクは、ただ」

幸子「....」グッ

P「....」

P「場所を変えよう」スック

幸子「....」

幸子「....でも」

P「....大丈夫だから」

幸子「....」



429: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:08:52.32 ID:Ipo+wYwv0

~倉庫~

P「ここなら誰も来ないし、誰にも聞かれない」

幸子「....」

P「....」

P「....幸子」

P「話してくれないか」

幸子「....」

幸子「....嫌です」

幸子「....これは、ボクの問題なので」

幸子「Pを巻き込みたくありません」

P「....」



430: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:10:04.09 ID:Ipo+wYwv0

P「....俺はお前の味方だ」

幸子「....」

幸子「っ....」ウル

幸子「すみませんっ....」ポロッ

P「....」

幸子「ボク、どうしたらいいかわからなくてっ」ポロポロ

幸子「ずっと、怖くて....」ポロポロ

P「....何があったんだ」

殺した相手 >>431



432: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/28(木) 23:11:50.28 ID:lkazclvYo

小梅



436: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:15:49.87 ID:Ipo+wYwv0

幸子「....」

幸子「....ボクは」ブルブル

P「....うん」

幸子「....小梅さんを」

幸子「っ....」

P「....」

P「....ゆっくりでいいよ」

幸子「....すみません」ポロポロ

殺した理由 >>435



438: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/05/28(木) 23:16:32.61 ID:C0oF6uhY0

ゾンビにして欲しいと言われて協力したらゾンビ化に失敗した



444: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:29:46.30 ID:Ipo+wYwv0

幸子「....昨日、小梅ちゃんに言われたんです」

幸子「ついにゾンビになる方法を見つけた、と」

P「ゾンビに?」

幸子「はい」

P「でもゾンビは死なないとなれないだろ」

幸子「....だから、一旦殺してほしいって」

P「はぁ!?」

P「お前、まさかそれで!?」

幸子「....」ポロポロ

幸子「ボクだって、嫌だって言ったんですっ!」



445: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:30:46.00 ID:Ipo+wYwv0

幸子「でも、どうせ蘇るし」

幸子「ゾンビになっても基本的には生きている時と変わらないから大丈夫だ、と丸め込まれて....」

P「いやいや丸め込まれないだろ....」アキレ

幸子「でも結局、小梅ちゃんは蘇らなくて....」

P「....」

P「で、小梅の遺体はどこにあるんだ」

幸子「....まだ小梅ちゃんの部屋に」

P「....」

P「....行こう」

幸子「....」



446: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:31:16.05 ID:Ipo+wYwv0

~小梅の部屋~

ガチャリ

P「....」

P「....血の匂いが濃いな」

幸子「....」

P「どこだ?」

幸子「ベッドの上です」

P「....」スタスタ



447: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:31:59.03 ID:Ipo+wYwv0

P「....!」

小梅「」

P「....マジか」

幸子「....」

幸子「(フフーン!)」

幸子「(ボクの演技と突飛な設定だけでは不安だったので)」

幸子「(人体錬成セットを使って、小梅ちゃんのクローン(魂抜き)を作っておいて正解でしたよ!)」

幸子「(ちなみに小梅ちゃんも既にボクとのホラー映画鑑賞会×10で買収済みです!)」フフーン

P「....」



449: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:38:37.85 ID:Ipo+wYwv0

P「....俺以外の誰かに話したか?」

幸子「....話せませんよ、こんなこと」

P「....だよな」

P「今日は小梅がたまたまオフだったから、誰にも気づかれてはいないな」

P「....」

P「うーん」

幸子「....どうしたんですか」



450: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:39:21.48 ID:Ipo+wYwv0

P「小梅は小さいから、そのままスーツケースに入るかな」

幸子「へ?」

P「ここで解体してもいいんだが」

P「これ以上部屋に血の臭いと死臭が染みつくのもあれだしな~」

幸子「あ、そ、そうですね」

P「よし、そのまま持って行こう」

幸子「もしかして、山とかですか....?」

P「山、山か~」



452: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:40:16.10 ID:Ipo+wYwv0

P「まあそれでもいいんだけどな、出来るだけ発見されにくい方法がいいだろ?」

P「山ってこの近くにはないから、結構移動しないといけないんだ」

P「移動距離が長いとそれだけバレるリスクも上がるからな」

P「無事に山に辿り着けたとしても」

P「臭いを隠せて、野生動物からも掘り返されない深さの穴を掘るのは大変だし」

幸子「じゃあ海ですか?」

P「海もな、厳重に梱包してもふとした拍子に浮かんでくるんだよ」

P「完全に分解されるのも時間はかかるし、骨は残るし」

P「人間の痕跡って意外としぶといから」

幸子「そ、そうなんですか....」



454: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:47:19.84 ID:Ipo+wYwv0

P「ちょっと待っててな」ピピピ

プルルルルルル

幸子「(電話!?まさか警察じゃ....)」

P「あ、先生ですか?」

P「ご無沙汰してます」

幸子「(よかった、違うみたいですね)」

P「え?いや今日はそっちじゃなくて、私用なんですよ」

P「すみません、ちょっとお願いしたいことがあって」

P「あそこ、貸してくれません?」



455: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:48:29.16 ID:Ipo+wYwv0

P「え?そうですね~、結構久々ですかね」

P「....」

P「まあ、色々とあるんですよ、ええ」

P「それでですね」

P「なるべく可能性は0に近づけたくて」

P「....」

P「お願いしますよ、いつもより出しますんで」

P「そこをなんとか、先生しかいないんですよ~」

P「....」



456: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:49:14.46 ID:Ipo+wYwv0

P「ありがとうございます!」

P「はい!今晩伺いますんで、はい、はい、お願いします~、はい~」

P「失礼します~」ピッ

P「よし!」

幸子「何の電話だったんですか?」

P「山よりも海よりも確実な方法にしようと思ってな」

幸子「はぁ....」



457: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:50:22.77 ID:Ipo+wYwv0

P「今日の晩にやってくるから」

幸子「じゃあボクも

P「ダメ」

幸子「えっ?」

幸子「で、でも、ボクが殺してしまったのに、Pさんだけに責任を負わせるわけには....」

P「いや、俺1人じゃないとさ」

P「色々、マズいから」

P「幸子は今この瞬間から、このことは忘れろ」

P「この部屋にも絶対に戻ってくるな」

幸子「え、あの」

P「な?」ニッコリ

幸子「....」



458: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:55:59.77 ID:Ipo+wYwv0

幸子「....ド」

幸子「ドッキリでした!!!」ババーン

幸子「Pさんまんまと騙されましたね!」

幸子「この遺体は人体錬成キットで作ったんですよ!」

幸子「よくできているでしょう!」

幸子「まあよくできているのは当然なんですけどね!クローンですから!」

幸子「ちなみに小梅ちゃんは元気ですよ!」

幸子「この計画の話をしたらノリノリで協力してくれまして」

幸子「ほら、この血や臭いは小梅ちゃんが用意してくれたんですよ!」

幸子「ここまで完璧にやったらPさんも騙されますよね!」

P「....」



459: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:58:50.76 ID:Ipo+wYwv0

P「そうか」

幸子「....」ビクッ

幸子「....も、もしかして怒ってますか?」アタフタ

幸子「それならすみません、ボクもちょっとやりすぎたかなって」

P「いや、別に怒ってないぞ?」

P「この世界にいるんだ、ドッキリなんかでいちいち怒ってたらやってけないよ」

P「しかしいつもはドッキリを仕掛ける側の俺がすっかり騙されちゃったな~」アハハ

P「散々ドッキリにかけられてきたおかげで、幸子の腕は相当上がってんな!」

幸子「....」



460: ◆bL5b7ovQmQ 2020/05/28(木) 23:59:17.11 ID:Ipo+wYwv0

幸子「....そ~うですよね!」

幸子「いや~よかった!」

幸子「これでボクの実力をわかってもらえましたね!」

P「ああ、今後はどんどん」

P「さらにハードなドッキリを仕掛けさせてもらうぞ!」

幸子「えぇ....」

幸子「今以上になったらボクどうなっちゃうんですか....」

P「それは仕掛けられてからのお楽しみってことで」ニヤリ

幸子「そんなぁ....」

P「....」

P「....」

P「本当によかった」

9日目に続く









元スレ
SS速報VIP:【モバマス安価】幸子「Pさんに構ってあげます!」