SS速報VIP:【ミリマス】美咲さんの家にお呼ばれしました。
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591545424/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/08(月) 00:57:05.11 ID:jQW3nhPY0

台本形式での美咲さんとのサシ飲みだらだら会話となります。


P「いいお酒が手に入ったっていうから来てみれば…」

美咲「じゃーん!種子島でーす!」

P「まさか芋焼酎とは…どうしたんですこれ?」

美咲「実家から送られてきまして~焼酎お好きでしたよね?」

P「好きですけど…言いましたっけ?」

美咲「あ…えーと、とりあえず座って下さい。おつまみ作りますから~!」

P「行ってしまった。ひとり飲みに慣れてるなぁ…ポスト小鳥。」

美咲「何か言いました?」

P「なんでもないです。そういえば何作ってるんですか?」

美咲「卵焼きと~あとちょっと豚バラでも炒めようかと~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1591545424




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/08(月) 00:57:37.85 ID:jQW3nhPY0

P「お~いいですね」

美咲「ありがとうございま~す!テレビとか見て待って…あ、DVDもありますよ~」

P「了解です。…お、ライブのDVDが。これ見ようかな」

美咲「お待たせいたしました。あ、懐かしいのを見てますね~」

P「そうなんですよ。この時は大変だったなぁ…あ、すいません。とりあえず乾杯しましょうか」

美咲「そうですね!…じゃあいつもお疲れ様です。かんぱ~い!」

P「乾杯です。…ん~おいしい。」

美咲「おいしいですね~ポカポカしてきます。あ、おつまみもどうぞ」

P「いただきます。お、この卵焼き…明太子入ってるんですね」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/08(月) 00:58:20.73 ID:jQW3nhPY0

美咲「はい~!…おいしいですか?」

P「ええ、大好きです。お酒にもすごく合いますね!」

美咲「そうですか~えへへ~」

P「…かわいいなぁ」

美咲「え?」

P「いえっ…ああ、ライブのやつ。これピコプラじゃないですか!」

美咲「本当ですね~これはすごい衣装でしたね。」

P「いやホントありがとうございます。青羽さんがいないとダメですねウチは」

美咲「そんなことないですよぉ。あ、グラス空ですね。お注ぎしますね!」

P「お、どもども。青羽さんもどうぞ。…もう3杯目。ふたりで飲むの初めてですけど結構イケる口ですね」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/08(月) 00:58:51.10 ID:jQW3nhPY0

美咲「そこまで強くはないと思うんですけど…ありがとうございます~」

P「普段は飲まれるんですか?」

美咲「お休みの時にチューハイを飲むくらいですね~」

P「あ、焼酎は普段から飲んでるわけじゃないんですね。」

美咲「焼酎は実家でお父さんと飲むときくらいですね~」

P「それならあまり飲みすぎない方がいいですよ?」

美咲「大丈夫ですよ~美味しいですから~」

P「のんべえになったら小鳥さんみたいになりますよ?」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/08(月) 00:59:35.23 ID:jQW3nhPY0

美咲「私は音無先輩ほどオクテじゃないので大丈夫です!」

P「ん?」

美咲「え?」

P「あの青羽さん?」

美咲「そういえばPさん!このボトルにお名前書いてください!」

P「はい?」

美咲「ボトルキープです!」

P「ああなるほど。もう酔ってますね?」

美咲「酔ってますか~?」

P「まぁ一升瓶ですからね。飲みきれないですよね。…はい。書きましたよ。」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/08(月) 01:00:03.84 ID:jQW3nhPY0

美咲「は~い!ありがとうございま~す!」

P「どういたしまして」

美咲「これでいつでも居酒屋美咲に来られますよ~」

P「いつでもって」

美咲「お外で飲むより安く済みますよ?」

P「居酒屋美咲ですか…青羽さんそいうのはあまり…」

美咲「美咲。」

P「え?」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/06/08(月) 01:00:57.55 ID:jQW3nhPY0

美咲「音無先輩が小鳥なら私も美咲がいいです。」

P「…美咲。」

美咲「えへへ~Pさん♪」

P「ホント可愛いなこのヒト」

美咲「それに今なら毎日ログインすると素敵なボーナスが~」

P「何ですか?」

美咲「100ジュエルと~!あ、あと大好きって言ってあげます!!」

P「毎日来ます。」


おわり

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=13097602



元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】美咲さんの家にお呼ばれしました。