1: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:28:46.82 ID:1ZWD1c37.net

『トップアイドルの 〇〇 です』

かすみ 「っ……」


かすみ (鏡に映る私は、無表情で答える)


『不服ですか?』

かすみ 「……いえ」


『もしかして、「それはあなたです」と言ってもらえるとでも思いました?』

かすみ 「ちがっ……」


『一番に、なりたいですか?』



3: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:31:08.04 ID:1ZWD1c37.net

かすみ 「……当たり前じゃないですか」


『なら、〇〇を一番から引きずり下ろせばいい』

かすみ 「っ!?」


『かの魔女はそうした。自分が一番になるために、忌まわしき女に毒を盛った』

かすみ 「そんなこと、かすみんにしろって言うんですか?」


『だって、1番になりたいんでしょう?』

かすみ 「そうですけど……」



5: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:36:23.06 ID:1ZWD1c37.net

『方法はいくらでもある。スキャンダルを流すもよし、ネットで誹謗中傷なんてのも……』

かすみ 「やめてくださいっ!!」


かすみ 「かすみんはアイドルなんです! そんなこと、できるわけないじゃないですか!」

『おやおや』


『ではどうする? どうやって一番になる?』

かすみ 「それは…っ。たくさん歌の練習をして、メイクとか美容とかにも詳しくなって」


『その程度の努力、既に全員やっている』


『…そして今一番の者も。須らく努力している』



9: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:41:51.92 ID:1ZWD1c37.net

『お前が進んだ分、他の者も進む』

『一番の者は同じだけか、それ以上に遠ざかる』


かすみ 「やめ…て……っ……」


『お前が追いつく未来なんて、来やしない』


かすみ 「ちがう……そんな…こと…っ……!」


『何人見てきた? 夢を諦めた者を』


かすみ 「っ!」



10: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:43:33.54 ID:1ZWD1c37.net

『子供の頃、一緒にアイドルごっこをした友達』

『高校に入ったら一緒にスクールアイドルをやろうと約束した、中学の同級生』


かすみ 「……っ……」


『貪欲に、叶いもしない夢を追いかけ』

『幻想ばかりに目を奪われ』


かすみ 「…あぁ……っ…」



12: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:46:50.91 ID:1ZWD1c37.net

『ドームのステージに立って、何万もの観客が自分のイメージカラーを照らす』


『しかし瞳を開けば』


『ベッドの上に立つ自分と、虚しい部屋の風景』


かすみ 「…………。」


『もう疲れたでしょ? 辞めにしよう、全部』


かすみ (鏡から、黒いモヤを帯びた手が)

かすみ (ゆっくりと、近付いてくる)



14: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:50:20.51 ID:1ZWD1c37.net

かすみ (鏡に映る自分の瞳は鋭く)

かすみ (偽善的な笑みを浮かべる)


かすみ 「やめてくださいっ!!!」


かすみ (目前まで来た手を、払い除ける)


『……なら見せてあげる。現実を』


かすみ 「っ!?」



15: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:51:37.88 ID:1ZWD1c37.net

かすみ (さっきはゆっくりと迫ってきた手が)

かすみ (今度はとてつもない速さで迫り)

かすみ (私の両頬を強く押さえつけた)


かすみ 「なっ……なにを……っ……」


かすみ (小指だけが、眼球へと近付いてくる)


かすみ 「…っ……! 嫌………やめっ………!」



16: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:53:00.56 ID:1ZWD1c37.net

かすみ (振り払おうとするが、圧倒的な力の前に為す術もない)


かすみ 「痛…っ………いや……いやぁぁっ…」


かすみ (そしてついに、視界が黒に覆われる)


かすみ 「嫌ぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!!!!」


ーーーーーー
ーーーー
ーー



19: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:56:20.17 ID:1ZWD1c37.net

かすみ 「…………っ!」


かすみ (目が覚めると、私は人混みの中にいた)

ドンッ!

かすみ 「あっ、ごめんなさい…」


かすみ (肩がぶつかり謝っても、私の方を見向きもせず通り過ぎていく)

かすみ (その人だけじゃない。誰も、私を見ていない)

かすみ (こんなに沢山人がいるのに、孤独だ)



20: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 21:59:38.18 ID:1ZWD1c37.net

かすみ (人混みから逃げるように歩き続ける)

かすみ (気付けば、イルミネーションの輝くビル群の中にいた)


かすみ 「あっ、あれ……〇〇ちゃん」


かすみ (ビルのモニターに映し出されたのは)

かすみ (憧れのトップアイドルだった)



21: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 22:01:34.83 ID:1ZWD1c37.net

かすみ (彼女の笑顔はまるで街中に煌めくイルミネーションのように)

かすみ (輝いていて、眩しくて)


かすみ 「……私なんかじゃ」


かすみ (ハッとして、口を手で抑える)

かすみ (言いかけてしまった“その言葉”を、抑え込み、飲み込むように)


かすみ 「……っ…………っ……!!」



22: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 22:02:56.92 ID:1ZWD1c37.net

かすみ (でも、ついに零れてしまう)

かすみ (涙とともに、その言葉が)


かすみ 「……努力しても、追いつけないのかな」


かすみ (その瞬間、アイドルを映し出していたモニターにノイズが走る)

かすみ (ノイズが晴れ、そこに現れたのは……)


かすみ 「……かすみん?」



23: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 22:05:29.39 ID:1ZWD1c37.net

『なーに、しょげた顔してるんですか!』

かすみ 「っ!?」

『そんな顔してたら、カワイイ顔が台無しですよ?』

かすみ 「……だって」

『あーもう、その“だって”とか言うのやめてくださいっ!』


『かすみんは超絶かわいいアイドルなんです! そんな顔、ファンの人達に見せるつもりですか?』


かすみ 「でも、かすみんにはもう無理なんです」

かすみ 「初めてアイドルを見た時、私にも出来るはずだって」



24: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 22:09:08.97 ID:1ZWD1c37.net

かすみ 「私も、あの景色を見たいって」

かすみ 「でも私なんかじゃ、どんなに頑張っても」


『あーーーーー!!!!! もううるさいうるさい、うるさーーーーーーーいっ!!!!!!』


かすみ 「!?」

かすみ (突然、辺りの景色がホログラムのように切り替わっていき、モニターで埋め尽くされる)

かすみ (モニターいっぱいに私が映し出され、巨大な私に包囲される)


『さっきから聞いてれば、ぶつぶつ……。誰よりも自信たっぷりのかすみんはどこいったんですか!?』



25: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 22:13:39.98 ID:1ZWD1c37.net

『ほらっ、こっちに来てください!』

かすみ 「こっち、って。一体どうやって」

『私の手を握ればいいです! 早く!』


かすみ (再び辺りの景色が切り替わった)

かすみ (レインボーブリッジの真ん中に、ぽつんと立つ私)

かすみ (目の前には鏡。しかしそこに映る私は)

かすみ (綺麗な衣装を着ていた)



26: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/06/10(水) 22:16:22 ID:1ZWD1c37.net

『……ほら、来てください』

かすみ 「…………。……っ!」


かすみ (意を決して手を握ると、ぐいっと引っ張られ、鏡の中の世界へと誘われる)


かすみ 「……! わぁ……っ!!!」


かすみ (夢にまで見た、大勢の観客)

かすみ (私だけを照らす、スポットライト)



28: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/06/10(水) 22:20:28 ID:1ZWD1c37.net

『……自分に自信たっぷりだったのが、かすみんの取り柄でしょ?』

かすみ 「っ……」

『ほら、笑ってみて』


かすみ (観客の方を向き、にこっと笑ってみせる)

かすみ (まるで地鳴りのような、大歓声があがった)


『自信が湧いてくるでしょ? …みんなも同じだよ』

かすみ 「同じ?」


『私が自信に充ちた顔をしてれば、それに元気付けられて、笑顔になる』

『それを見た私も、自信が湧いてくる』

かすみ 「……魔法みたい。まるで」


『そうですっ。アイドルはみんなを笑顔にする魔法使いなんです』



29: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/06/10(水) 22:22:26 ID:1ZWD1c37.net

『もっと好きになって。自分のことを』


『もっと信じて。自分のことを』


『それが、アイドルに必要なこと』



31: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 22:25:53.14 ID:1ZWD1c37.net

かすみ (昔、誰かに言われたような言葉)

かすみ (いや違う。誰かに、じゃない)

かすみ (私自身だ。私自身が思っていたこと)


かすみ 「……みなさーーん!! 今日は、かすみんに会いに来てくれてありがとー!!」


かすみ (思い出した。アイドルにとって一番大切なこと)

かすみ (絶対的に自信を持って)

かすみ (みんなに勇気を届ける)

かすみ (そのためには、かすみんが誰よりも笑顔で)


かすみ (……誰よりも、無敵でなきゃ)



33: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 22:28:08.35 ID:1ZWD1c37.net

かすみ 「……鏡よ鏡」

『……。』

かすみ 「この世で一番、カワイイのは誰?」


『それはもちろん……』


かすみ (もう迷わない。どんな言葉が返ってきても)


「かすみんは、無敵だから」



34: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 22:28:22.67 ID:1ZWD1c37.net





39: 名無しで叶える物語 2020/06/10(水) 22:30:57.00 ID:1ZWD1c37.net

かすみんのSSを書いているので、休憩でかすみんのSSを書きました(?)

お付き合いありがとうございました
過去作もよろしければ是非


梨子 「後悔を葬る7つのステップ」

璃奈 「愛さん……っ……苦し…い……!」 愛 「…………。」ギュウウウ


元スレ
かすみ 「鏡よ鏡、この世で一番カワイイのは?」 『それはもちろん……』