1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:20:38.63 ID:IJvCk71D0

すこやん「うーん……まず年が違うし……」

恒子「まあ、20歳近く離れてるもんね~」

すこやん「いや、10歳くらいだよ!ってこれお約束!?」

恒子「まぁまぁ。でも私がテレビで見たすこやんの若いころは、あんまり迫力なかったけどね~」

すこやん「そ、そうかな……」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:24:32.78 ID:IJvCk71D0


恒子「で、実際のところどうなの?」

すこやん(テレビ中継されてるし、下手な事は言えないなぁ……)

すこやん「え、ええっと」

咏「そーいやこの前プロのみんなで飲んだ時、小鍛治さん若いものには絶対負けないって息巻いてたよね~知らんけど」

すこやん「咏ちゃん!そんな息巻いてないよ!」

恒子「三尋木プロ、本当ですか!?で、実際のところ、どう思います?」

咏「わっかんねー ただ私は小鍛治プロには勝てる気がしねーけど今の高校生には負ける気がしねー」

すこやん「うう……」

恒子「先輩の顔を立てて持ち上げる三尋木プロに対して、自信無さ気な小鍛治プロでした!それでは全国の中継を続けます!」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:27:58.94 ID:IJvCk71D0

全国終了後の居酒屋にて

恒子「すこやんお疲れ~」

すこやん「こーこちゃんもお疲れさま」

恒子「あ、とりあえずビールで乾杯してから。かんぱーい!」

すこやん「か、かんぱーい」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:29:11.47 ID:IJvCk71D0


~~

恒子「で、概ねすこやんの解説は好評だったわけよ」

すこやん(うわぁ……すごい酔っ払ってる)

恒子「でも納得出来ないのは、上から目線でエラソーだとか、もう過去の人間だし!とか、一部ですこやんが馬鹿にされてるってことよ」

恒子「それもこれも全部すこやんが悪いんだよっ、」

すこやん「そ、そうかな……」

恒子「あの時、私がすこやんとチャンピオンどっちが強いか聞いたでしょ?あの時、すこやんはビシッっと私の方が強いって主張すべきだったんだよ」

恒子「一部じゃね、チャンピオンより弱いアラフォー説がまことしやかに囁かれていて、私は許せないんだよ」

すこやん「あ、あの時は、主役は高校生のみんなだったし、私がでしゃばるのも……」

恒子「で、実際のところすこやんは宮永照より強いわけ!?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:31:02.70 ID:IJvCk71D0


すこやん「ま、まあ、勝てると思うけど……運が絡むのも麻雀だし……そりゃ百戦したら1回くらいは負けるかも……」

恒子「そんなの私のすこやんじゃないやい!私が中学生の頃テレビで見たすこやんはね、あんなイカサマコークシュクリューに負けたりなんかしない!」

恒子「そもそも、あんなに腕回しちゃいかんでしょ」

恒子「というわけで、次のすこやんと私の仕事、高校生雀士VSトッププロって企画だから!

    めっためたのぎっちょんぎっちょんにして、すこやんの強さをお茶の間にアピールする企画だよ!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:32:50.75 ID:IJvCk71D0

すこやん「えー……大人気ないなぁ」

恒子「去年の番組はね、大活躍した天江衣選手とキセルのプロだったんだけど、あの時プロが負けたのも悪かったんだよっ!アレのせいで、プロって実は弱いんじゃね?説があるくらいだし」

すこやん(靖子ちゃんのやつだ……でも靖子ちゃん実際弱いし……高校生に負けちゃダメでしょ、普通)

恒子「というわけで、すこやん!早速来週収録だから、よろしくー生放送だよ!」

すこやん(まあ暇だからいいけど……って多少は高校生の顔を立てて打たないと……めんどくさいなぁ)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:35:18.32 ID:IJvCk71D0


~~

記者「宮永選手、先週のインターハイでは大活躍でしたね。やはり来年はプロを考えているのでしょうか?」

照「ありがとうございます。進学か、プロか、はまだ国民大会も残っていますし、今はまだ白糸台の一員として全力を注いでいきます」

記者「幾つかのプロチームが、宮永選手へ熱いラブコールを送っています。ドラフトは数チーム競合の一巡指名がほぼ確定といっても過言ではないですが、希望のチームはありますか?」

照「もし、プロに進む、という形になったとしても、どこのチームでも精一杯頑張っていきたいと思っています」

記者「宮永選手はどこのチームのファンですかー?」

菫「大人気だな、照。」ボソボソ

照「正直めんどくさい」ボソボソ

記者「これから親善試合でプロ選手と打ちますが、今のお気持ちはいかがでしょうか?」

照「あいてが誰でも、勉強させていただくつもりで、全力で打ちます」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:36:53.36 ID:IJvCk71D0


恒子「調子に乗ってるよーすこやん。びしっと倒してね!」

すこやん「まだ高校生に伝えてないの?私が相手だって」

恒子「ドッキリの方が面白いじゃん!」

恒子「じゃあ、放送始まるよ!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:39:46.75 ID:IJvCk71D0


恒子「じゃじゃーん!テレビの前の皆様、お元気ですかー今日の実況はふくよかじゃない福与恒子と」

すこやん「解説はすこやかじゃない小鍛治健夜でお送りします……」

恒子「さて!本日のトッププロはとびっきりの目玉プロを用意しております!高校生諸氏も、去年のように簡単に勝つことは難しいのではないでしょうか?どうでしょうか、小鍛治プロ!」

すこやん「高校生のみんなも頑張って下さい……」

恒子「さて、今回は5人の若い女子高生雀士をお迎えしています!4人は、インターハイで大活躍した選手、1人はインターハイに一歩及ばなかったものの、地方大会で頑張った一般の選手です!では、どうぞ!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:41:19.91 ID:IJvCk71D0


猿「うわああ……!テレビだ!イエーイ!みんな見てるぅ~!」

恒子「まず一人目は、ダークホース阿知賀女子学院の大将、一年目にしてエースの高鴨穏乃選手です!」

猿「よろしくお願いします!福与さんのファンです!」

恒子「あとでサインあげるよー!続いて、昨年度インターミドルチャンピオンで、清澄高校の大躍進の原動力、原村和選手!口癖は、そんなオカルトありえません!」

原村「よ、よろしくお願いします」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:42:52.08 ID:IJvCk71D0


恒子「実は、原村選手と高鴨選手は小学校時代からのお友達で、中学の時に離れ離れになったものの、インターハイで久しぶりの再開を果たしたそうです!私と小鍛治プロのような運命を感じさせますねぇ~」

すこやん「ぜ、ぜんぜん例えになってないよ……」

猿(あれが小鍛治健夜……赤土さんの敵っ!灼さんからは絶対話しをするなって言われているぞ!)

すこやん(なんか裸ジャージの子から睨まれているし……)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:45:24.94 ID:IJvCk71D0


恒子「で、三人目は一般で応募があった、長野県風越女子の池田華菜選手です!三つ子の妹のお世話もする、家庭的な女の子です!
   雀力は未知数ですが、昨年度MVPの天江衣選手と清澄高校の宮永咲選手と互角に渡り合ったという、長野の隠し玉です」

池田「ふっふっふ。これでカナちゃんも全国のお茶の間デビューだし!小鍛治プロ、よろしく!」

すこやん「よろしくね。(天江衣と宮永咲と互角ってホントかなぁ?あんまり強そうに見えないけど……なんか特殊能力持ちなのかな)」

恒子(すっげー図々しい子だなぁ。応募もフツー他薦なのに、自薦だったし。でも、すこやんにない自信を持っている……!すこし、カッコいいな)



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:47:19.23 ID:IJvCk71D0


恒子「四人目は、名門姫松高校大躍進の原動力、末原恭子選手です!今日はお洒落に決めてきてますねぇ」

末原「よろしゅうお願いします」ペコリ

恒子「末原選手には、姫松高校からビデオレターが届いております」

~ビデオ

絹恵「頑張って下さいな~」

すず「応援してます!」

由子「頑張りーやー」

洋榎「めげるんやないで~」

おわり~



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:49:25.48 ID:IJvCk71D0


恭子「みんな……」ウル

恒子「なんだか適当な感じの姫松でした!さて、今回のメインの登場です!しーらーいーとーだーい高校!みーやーなーがーてーる!」

観客「ううおおおおおおおおおおお!!!」

恒子「聞いてください!この観客の盛り上がり!王者白糸台のチャンピオン!プロ注目の超高校級雀士!宮永照選手の入場です!」

照「」ペコリ

恭子(同じ高校生なのに、この盛り上がりの違い……めげるわ~)

池田「わ、私の時はこんなに盛り上がらなかったのにっ……!あとで勝負しろい、チャンピオン!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:52:42.47 ID:IJvCk71D0


原村「咲さんのお姉さん。私、咲さんの同級生の原村和で……」

照「咲の話はしないで」ボソ

原村「う……」

猿「わ、私は阿知賀の大将の高鴨です……玄さんがお世話になりました」キリ

照「ああ、阿知賀の……こちらもお世話になりました」ペコリ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:54:36.94 ID:IJvCk71D0


恒子「さて、うら若き乙女たちが揃いましたね。小鍛治プロ、いかかがでしょうか?」

すこやん「うーん、池田さん以外の麻雀はインターハイで見せて頂きましたが、どの方も、若くて勢いのある素晴らしい逸材だと思っています。」

恒子「相変わらず無難な小鍛治プロの解説でした!」

池田「やい!小鍛治プロ!猫耳が一番似合うのは広く日本麻雀史を紐解いても、私以外ありえないし!」にゃああああああ

すこやん「た、確かに……」

恒子「いや、すこやんの方が似合うよ!」

池田「な、なんだと!?勝負しろ!私は猫耳を生やす事が出来るんだぜぇ ワイルドだろぉ?」にゅああああ

すこやん「すごい能力だよ……」

恒子「と、とりあえず猫耳披露会はおいておいて、早速ルールの説明に移ります!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:57:28.03 ID:IJvCk71D0

恒子「女子高生雀士は、一人ずつ、トッププロと半荘一回を戦ってもらいます!残り二人は、番組で用意した黒子で、完全にデジタルで打ってもらいます!

   2万5000点持ちで、勝敗は単純に終了後の持ち点の差で決めます!
   
   ルールは、インターハイ準拠です!
   
   そして注目のプロは……
   
   昨年度、女子高生に敗北した日本麻雀プロの汚名をそそぐべく、おそらく後にも先にも現れないであろう、史上最強の雀士を用意しました!
   
   インターハイ優勝経験、最年少で国内主要タイトル8冠達成、永世7冠、世界のビッグタイトル獲得は数知れず、世界大会でも輝かしい経歴を持ち、現時点でも日本最強の座は譲らない!
   
   グランドムァスタアアアアア!!!!こーかーじーすーこーやー!
   
   猫耳と水着が似合う、実家ぐらしのアラフォーあらためアラサーです!!」
   
観客「パチパチパチパチ」

すこやん「ど、どうも……」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 01:59:44.26 ID:IJvCk71D0


猿(願ってもない幸運っ!!赤土さん!敵は取ります!!)

和(半荘一回では実力が図りきれませんが……相手が誰であれいつも通りの麻雀をするだけです)

池田「全国に名門風越女子の名をしらしめるいい機会だし!」

恭子(そんなん考慮しとらんよ……せっかく他のプロでチューンアップしてきたのに……小鍛治プロじゃアカンやろ)

すこやん「さすがに宮永選手とはいえ、小鍛治プロの相手は厳しいんじゃないでしょうか?」

照「いい機会です。勉強させて頂きます」ゴッ

すこやん(私を見ても物おじしない……強い子達だ……)

恒子「第一試合は、阿知賀女子学院1年大将、奈良のディクシーコング、高鴨穏乃選手です!」

猿「よろしくお願いします」ゴッ

すこやん「よ、よろしく……」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:01:47.86 ID:IJvCk71D0


――阿知賀――

玄「わー頑張ってね、穏乃ちゃ~ん」

宥「寒い……あのプロ……」

灼「頑張れ!負けるな、頑張れ!命を捨ててでも、小鍛治の腕一本取ってこい!」

憧「いいなーシズの奴、目立ってる!」

赤土「ヤバい!」

灼「どうしたの、ハルちゃん?」

赤土「この試合……中止しないと、死者が出るっ……!お前たちは、あのバケモノの実力を知らないからのんきに構えてられるんだっ……!」

憧「大げさすぎィ!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:04:48.11 ID:IJvCk71D0


電話!

赤土「熊さん!登録名レジェンドこと赤土晴江です!お久しぶりです、テレビ見てますか!?」

熊倉「ああ……見てるよ……大変な事になってるねぇ」

赤土「今すぐ、プロ協会に働きかけて、この試合、中止させて下さい!」

熊倉「そうしたいところだけど……今、プロ協会はてんやわんやだよ……国会議員を通じて、局に圧力をかけようという話はある」

赤土「なら、早く!あの子たちが……私のように……どうせ全力で挑んでしまう……」ポロポロ

熊倉「事態はそう単純じゃないんだよ……プロの中にも、宮永照を危険視しているグループがいるからねぇ……ここで宮永照がキズ物になることを望む連中がいる。

    第二の小鍛治健夜を生んではいけない、とね。」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:07:12.77 ID:IJvCk71D0

赤土「そんな……」

熊倉「あのモンスターがまだプロリーグにいた頃……プロチームのエースは全力で彼女に挑んだ。
    その大半は、もう牌を握っていない。彼女が、実質プロリーグを去る数年前には、彼女に真っ向から挑む人間はいなくなった。

   あの頃は、日本のプロ全体が衰退したねぇ。
   
   外国での大会も、いくつか出場禁止になるくらいの雀力だった。
   
   リオデジャネイロで彼女が一度敗れて第一線を退くまで……恐怖は続いた
   
   今、まだ連中は臆病なのさ。
   
   あの教訓を生かして、二度とモンスターを産まないよう……
   
   噂だが、今回の企画を練ったのは、プロ協会の上層部だという話もある。
   
   毒は同じ毒を持って制す。汚い大人が考えそうな事だ。おっと、少し話しすぎたかねぇ」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:09:07.74 ID:IJvCk71D0


一回戦  猿VSすこやん

猿「小鍛治プロ……一つだけ聞きたい事があります」

すこやん「な、何?(なんか敵視されてる……)」

猿「10年前、あなたはインターハイで一人の選手を傷つけた」

猿「覚えていますか?」

すこやん「……」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:11:50.97 ID:IJvCk71D0


猿「私はその選手に、麻雀の全てを教わりました。私は今!あなたを倒すためにここにいるッ!」

猿「リィイイイイイチ!」

恒子「阿知賀の高鴨選手、先制リーチだああああああ!!」

恒子「解説は小鍛治プロにかわりまして、戒能プロをお呼びしております」

戒能「グッドモーニング よろしくー」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:14:26.32 ID:IJvCk71D0

猿「ツモッ!!1300・2600!」

恒子「初めての和了は、女子高生チーム、高鴨!ツモが決まったああああ!!」

戒能「いいツモですねー」

恒子「小鍛治プロ、まさかの伏兵に不覚を取ったあああ!!」

恒子「高鴨選手リードですが、このままこのリードを守り切ることができるでしょうか?」

戒能「ないない ノーウェイノーウェイ あの人、最初は一発打たせてあげる事にしてるんだよー」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:18:11.22 ID:IJvCk71D0

恒子「と、いいますと?」

すこやん(強い子だ……リオ以来だな……全力で私に向かって来る人……)

すこやん(最初は適当に勝たせてあげてもいいやって思っていた)

すこやん(でも、相手を認めるからこそ……私も全力で戦わなくちゃいけない!)

すこやん「リーチ」

猿(ダ、ダブルリーチ……)


戒能「小鍛治プロの強さの秘密?

   まぁ……いくつかありますが、"テンパイ"から"和了"までの流れが恐ろしく静かですね
   
   彼女の捨て牌から、当たり牌を読むのは誰にもできませんよ。」
   



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:19:21.11 ID:IJvCk71D0


猿(好配牌だったのに……配牌ドラ3、倍満も狙える手……赤土さんは跳満をぶち込んだと自慢してたっけ)

猿(現物はある……だけど、コレを切る事は、この手を放棄する事を意味する)

猿(全国の舞台で、この手で下りる事は絶対になかった!)

猿(ダブリーに対して、確実に降りきれる保証はない。それに逃げてるだけじゃ、いずれツモられる!)

猿(当たったら事故だッ!人和もない大会ルールなら、ここは全ツッパ!)ドシュ

恒子「た、高鴨選手、おりない!でも、あの牌は……」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:20:50.54 ID:IJvCk71D0

戒能「小鍛治プロ、牌を倒しませんね……マジだね、あの人」

猿(よしッ通った!)

すこやん「ダブリー一発ツモ……裏は2つ乗って3000・6000」

猿「は……!?そ、その手……私のでなんで……和了らないの……?」

すこやん「流れが来てたから……別にナメてるわけじゃないよ……出和了りなら、マンガン止まりだし……差し馬相手だけど……」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:23:04.53 ID:IJvCk71D0


――清澄――

まこ「おかしなことやっとるのォ」

タコス「ダブリー一発ツモで4つ折れるじぇ……二巡でマンガン以上……あんなのと和ちゃんがやるのか……!?」ゾク

久(3局連続 ダブリー一発ツモ……もう天和・地和以外に止められないじゃない。

  まさに規格外
  
  和……!!逃げるのよ……アレとまともにやりあったら……)



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:25:12.27 ID:IJvCk71D0

すこやん『ツモ 8000は8300オール』
  
恒子『小鍛治プロ、圧倒的だああああ!!!高鴨選手のトビで一回戦しゅうりょー!!』

戒能『2巡でマンガン以上を仕上げる……不可避の速攻ですね、これが小鍛治健夜の強さ』

恒子『戒能プロは勝てますか?』

戒能『ノーウェイノーウェイノーウェイ

   勝てたら中東で傭兵なんかやってませんよー
   
   ツモを止める方法は確かにあります

   他家と協力して鳴き続ける事……それすら、どんどん手牌が短くなってしまうんで
   
   当たり牌掴んでジ・エンドですよ』
   



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:27:30.85 ID:IJvCk71D0


猿「うう……」

すこやん「落ち込むことはないよ……それに赤土さんの事は覚えている

 私から跳満以上を直撃した人間は、世界に5人といない
 
 敬意を表するために全力で叩き潰した
 
 あなたもいつかわかる……相手を認めるからこそ、全力で戦わなくちゃいけない時があることを」
 
 
猿「でも……私は、もう二度と……ここに戻ってこれない気がする」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:29:43.54 ID:IJvCk71D0


恒子「さあ、幸先のいいスタートを切った、小鍛治プロ!二回戦は、全中チャンプ、原村和選手です!」

和「穏乃……仇は取ります」

和(4局連続ダブリー一発ツモ……すごい偶然ですね)

和「よろしくお願いします」

すこやん「よろしく」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:33:05.14 ID:IJvCk71D0


二回戦 東一局 親 原村和

和(配牌二向聴……タンピン三色一直線のいい手です

  小鍛治プロのダブリーは気がかりですが)
  
恒子「おおーっと、ここでいきなり原村選手の手が止まったあああ!!」

戒能「珍しいですね  デジタルなら不要牌の北を捨てるのになんら迷いはないはずですが」

和(インターハイ……私を成長させてくれたのは、永水女子の薄墨初美を始めとするオカルティックな打ち手

  私のデジタルは、オカルトを受け入れ、更に高みへ登った……はずですが……
  
  それが私に警告を発しているっ……この北は切ってはならないと)
  
すこやん「……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:35:17.00 ID:IJvCk71D0


和(とはいえ、明らかに浮いているオタ風の北一枚……このタンピン三色を狙える手に……)

和(安牌として残しておくのもアリですが、なぜこの手で一巡目から逃げる必要があるのでしょう?)

和(私の一手目は北切りです)

北 バシュ

すこやん「受け攻め幾つか考えていたけど……それは悪手だよ」

すこやん「カン 嶺上開花混老頭三暗刻東……カンドラ4つ乗って24000」

和「……は?」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:38:31.48 ID:IJvCk71D0


恒子「全中チャンプ、いきなり三倍満の責任払いだああああああ!!」

戒能「一打目でこれですか、小鍛治さん。これを止められるのは、世界広しとはいえ、3人もいないんじゃないでしょーか」

恒子(すこやんカッコいいよ!)

戒能「不可避の速攻に、超火力が合わさって……死角がありませんね

   麻雀の二つの重要な要素……速さと火力を完全に極めているんですわ
   
   本来相反する両者が統合され……ノーマルな人間には止められませんよ」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:43:44.15 ID:IJvCk71D0


和(配牌ほんろーテンパイ……?いや配牌四暗刻テンパイ……?オカルト……?デジタル……?)クラっ……

和(何万回いや何億回打てば、起こりえる事象ですが……この時 この場所 そして私から)

和(そして今 再び)

すこやん「リーチ」

和(ダブルリーチ……ありえません 信じられない なんという不幸っ……)

和(インターハイからずっと……こんな理不尽な事が私ばかりにっ…)ポロポロ



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:46:21.93 ID:IJvCk71D0

それでも原村和っ……必死に計算っ……高校生最高頭脳を駆使してっ……どの牌が一番安全かっ……

和(現物はない 全てが当たり牌になりうる 私から見える牌は手牌14枚と、他家が捨てた3枚計17枚)

和(ここから対面の手役でありうる全ての手を計算  確率を分析し  数%の差ですが、当たる確率が低い牌がわかりました)

和(ですが……現物がない以上、全ての牌が当たりうる そしてその瞬間)

原村和にはある確信があった  もしここで直撃をもらうような事があれば


自分は二度と麻雀牌を触ることすらできなくなる――



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:48:38.50 ID:IJvCk71D0

十数年前  奈良

赤土「和。シュレーディンガーの猫って知ってるかい?」

和「はい。物理学者エルヴィン・シュレーディンガーが指摘した、量子力学のコペンハーゲン解釈のパラドックスの事ですね。」

赤土「そう。かいつまんで言えば、観測者は箱を開いて中を見るまで、箱の中の猫が生きているのか死んでいるのかわからないという例え話さ

   これはオカルトだと思う?」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:50:43.52 ID:IJvCk71D0


和「……量子力学は、科学的根拠があります。猫、という例えは大げさですが、原子の状態は重ねあわせとして表現され、一つの状態に固定出来ない、完全な偶然に支配されているということはオカルトではありません。」

赤土「山から牌をめくって確認する時……その時、牌は確定する。山に積まれた牌の状態は誰にも分からない

  自分が次にツモる牌……配牌すらも開く時まで分からない
  
  和には経験があるかい?自分の次にツモる牌が、何であるか、ふと予感を感じる事」
  
和「ありませんね。もし、自分のツモる牌を予知出来るのなら、麻雀という競技は成立しません。

  ただ、どの牌が来ても、一番期待値が高くなる確率を計算して打ち回すよう心がけています」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:52:19.70 ID:IJvCk71D0

赤土「フ……それが正しいんだろーな……もし山の中で、重なりあった状態で存在する牌を支配できる人間がいるとすれば?」

和「そんなオカルトありえません」

赤土「いや、ただの思考実験さ。どう思う?」

和「絶対に負けませんね……でも、そんな神さまのような人がいたとして……その人は麻雀を楽しめるのでしょうか?」


和(私から見て、小鍛治プロの手牌は、箱の中の猫……?あの人が手牌を開くまで、全ての待ちが重ねあわせのように存在している……

  あの人の手牌には、今、ありうる全ての可能性がある……?

  もしあの人が、赤土さんが言う、運命を支配する人間なら……)
  



108: 十数年前はミスです 十年前に訂正お願いします! 2012/09/07(金) 02:55:53.83 ID:IJvCk71D0


赤土「なあ、和。例えばお前は第一打目、どちらを捨てても牌効率に影響しない不要牌があった時……どちらを切っても全く確率が等しい時……どうやって捨てる牌を選ぶんだ?」


咲「王牌はドラ表示牌とその裏以外は誰にも触れる事が出来ない神聖な牌……カンをして嶺上牌をツモる時……私は神を感じる

  それでも、めくることが許されない牌はある
  
  それを覗く行為は、神様が許さないんじゃないかな」
  

久「牌山は積まれた時に、すでに決まっているというのなら

  もし全ての人間が、確率に忠実に麻雀を打つというのなら
  
  勝負は牌が積まれた時、すでに決しているはずよね
  
  でもそうじゃない。それが麻雀の面白いところじゃないかしら?」
  

和(……みなさん……私には分からない)



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:57:40.56 ID:IJvCk71D0


――生まれてはじめて彼女は自分の直感のみに従って牌を切った

和(全く……私は、何も考えずに……でも、コレで当たるのでしたら……)

すこやん「ロン」

和(もし私の気の迷いで、隣の牌を切っていたとしても  和了られる未来しか存在しなかったのかもしれません)



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 02:59:01.70 ID:IJvCk71D0


恒子「小鍛治プロ圧勝ー!原村選手は、二回牌を捨てただけ!それで勝負は決まってしまいました!(すこやん……勝ったのに、あまり嬉しそうじゃない……)」

戒能(話には聞いていたけど……こりゃ人間じゃなねーわ)


赤土「うう……穏乃に続いて和まで……」ポロポロ

灼(はるちゃん……)

熊倉「失礼するよ」がたん

赤土「トシさんっ……!穏乃が……和が……あの子達……麻雀が嫌いになっちゃったかな……?」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:01:47.94 ID:IJvCk71D0


熊倉「……そんな弱い子達に見えないけどねぇ……でもアレは少しやりすぎた……」

憧「トシ……?さん?」

熊倉「晴江……私の全盛期はとうに終わったけど……このオーラを見てくれ」キュイイイイイイイイイン

玄(研ぎ澄まされたオーラッ!私が今まで見たオーラの中で一番……)

宥「あったかいオーラ……」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:04:31.29 ID:IJvCk71D0


熊倉「アレがプロにいた時……私はとっくに現役を引退して、後進の育成にあたってたからねぇ……直接やりあった事はないんだけど……

  10年前、アレと戦ったお前に聞こう。忌憚ない意見を述べてくれ。
  
  小鍛治健夜と比べて、どうかね?」キュイイイイイイイイイン
  
赤土「……トシさん……申し訳ないんだけど、和了ることすらできないと思う。私が和了れた直後の彼女のマジのオーラは……この世の不吉の全てを孕んでいた」

熊倉「ホッホッホッ この年で挑戦者か 血湧く血湧く♪」

憧「まさか……!?トシ、あんた……」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:06:49.53 ID:IJvCk71D0


恒子「三回戦東一局、池田選手、小鍛治プロの役満に振り込んでトンだー!圧倒的、圧倒的すぎるッ!女子高生にアラフォーの壁はあまりにも高いっ!」

池田(まるで悪夢だし……3巡で国士十三面待ちテンパイ……私の手牌はボロボロのヤオ九牌だけ……何を切っても当たっていたし……ひどすぎる……なんでこんな不幸な事が私の身にばかり……)ぐにゃあ

恒子「あ、あまりにも試合の進行が早いので、ここで一旦休憩とします!お茶の間のみなさんはインターハイの名場面ダイジェストを見て、お待ちください!」

戒能「グッバーイ」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:10:08.48 ID:IJvCk71D0


恒子「すこやん、お疲れ様……疲れた?」

すこやん「ううん。現役の頃は48時間耐久麻雀とかやってたし……こーこちゃん。どうする?今、あなたとっても悲しそうな顔してる」

恒子「すこやん……あなたはずっと、こういう麻雀をしてきたの?」

すこやん「うん。嫌われている事はわかっている。でも、私にはこんな麻雀しか出来ない。

    だから、生まれてはじめて負けた時……私は真剣勝負の場から下りたんだ」
    
恒子「すこやんに勝った相手……?今はどうしてるの?」

すこやん「終局と同時に、こと切れたよ。あの子には明るい未来があった……それを全て、私との東風戦一局に捧げて……」

すこやん「もう二度と、あんな思いはしたくなかったから……」

恒子「すこやん……」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:12:34.57 ID:IJvCk71D0

戒能「未来・才能・命……全てを犠牲にして、東風戦一回やっと互角になれるってわけよ

   捨てるモノが大きければ大きいほど、麻雀の力は強くなる。
   
   悪いことは言わないよ、末原ちゃん。今すぐ棄権しな」
   
末原「戒能プロ……私の立場ならどうします?」

戒能「棄権するねぇ……それが長生きのコツさ」

赤坂「すっえはらちゃ~ん。棄権しても誰も責めへんよ~」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:15:21.04 ID:IJvCk71D0

末原「……私は、プロになりません。でも……このまま、逃げるっちゅうことは、インターハイで死力を尽くして戦った姫松の仲間や……全ての高校生への侮辱になると思うんです」

戒能「犬死するだけだと思うけど」

赤坂「まあまあ、戒能ちゃん~すえはらちゃんの覚悟は本物やな~

   なら、いいこと教えたる。善野さんを再起不能にさせたのはな…‥」
   
末原「……!そんな……」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:20:18.36 ID:IJvCk71D0


トシ「邪魔するよ」

戒能「熊倉さん。お久しぶりです、戒能です」

トシ「久しぶりだねぇ。で、アレは今対局室に?」

戒能("熊"Tシャツ……熊倉トシが本気で戦うときにだけ身に付けるという勝負服。あの噂は本当だったんだ。それにしてもダセェ)

トシ「もう年だけどねぇ。この問題は、若いモン達に委ねようと思っていたけど。あとこのTシャツは登別クマ牧場で買えるよ」

戒能「プロ協会が黙っちゃいませんよ、あなたが出張るなんて」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:23:02.32 ID:IJvCk71D0



熊倉トシ  40歳 冬

己の肉体と雀力に限界を感じ悩みに悩み抜いた結果、彼女がたどり着いた結果は感謝だった
自分を育ててくれた麻雀への限りなく大きな恩。自分なりに少しでも返そうと思い立ったのが、
一日一万回、感謝のツモ切り!!

気を整え、拝み、祈り、構えて、ツモり、捨てる
一連の動作を一回こなすのに当初は5~6秒、一万回を切り終えるまでに初日は18時間以上を費やした。



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:29:39.19 ID:IJvCk71D0


打ち終えれば倒れるように寝る。
起きてまたツモ切りを繰り返す日々。
2年が過ぎた頃、異変に気付く。
一万回をツモ切り終えても、日が暮れていない。

齢50を超えて、完全に羽化する
感謝のツモ切り一万回、一時間を切る!!
かわりに、祈る時間が増えた。

トシ「ポンッ」 パシィ

大沼(哭きが……光った!?)

山を下りた時、トシの打牌は

トシ「ロンッ」 パララ

大沼「観音様じゃ……観音様がおる」

トシ「お金かけてやるかい?」

大沼「全財産……差し上げまする!かわりに私めを弟子にして下さい!」

トシ「女の子紹介してくれたらいいよ」

音を置き去りにした



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:30:58.95 ID:IJvCk71D0


トシ「頭の固い大人たちに話は通じないのさ。年甲斐もなく火がついちまったよ……」

戒能「頼まれたんですか?誰かに。例えば赤土プロ」

トシ「いや、違うね……教え子達のためじゃなく……私自信の為にッ!……狩りに来たぜ小鍛治健夜」

戒能(熊倉さんも50年前はすごかったらしいけど。それでも、あのモンスターに勝てる気はしない)

すこやん「はじめまして」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:32:28.10 ID:IJvCk71D0


トシ「こちらこそ……国際1on1ルールでいいかい?」

すこやん「はい」

この時熊倉は感じる  目の前の小娘が  かつて自分が相対したどの強敵をも凌駕する怪物である予感を

トシ「放送はなしだ。この勝負……どっちに転んでも地獄さ」

すこやん「私も……気を引き締めないと」

恒子「すこやん……」

すこやん「こーこちゃん。下がってて。大丈夫。私は負けないよ。もう二度と……」



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:33:22.25 ID:IJvCk71D0


国際1on1ルール。10万点持ちスタート。両者は対面に座り、一方の点が0になるまで打ち続ける。

点数の移動はなく、和了られたら点は減り、和了っても点は増えない(リー棒は、和了った場合、自分の分のみ回収できる)

脇の黒子は中立であり、完全にデジタルで打つことが義務付けられている

熊倉トシも小鍛治健夜も現役時代、最も得意としたスタイルである

両者の実力が拮抗する場合、その試合は実に一昼夜に及ぶ場合もある



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:34:51.54 ID:IJvCk71D0

恒子「……すこやん……大丈夫かな」

咏「トシさん、すっげー気迫だったねぃ」

恒子「三尋木プロ……来てたんですか」

咏「本来なら、あの人がやるべき仕事じゃないんだ、私のような人間が倒さなくちゃいけないんだ

  でも私は逃げ出したんだ。これじゃ針生さんに合わす顔がないけどねぇ」
  
恒子「で、どう思います!どっちが……勝ちますか!?」

咏「わっかんねー……いや、そういっていつも逃げてるんだねぃ、私は。

  十中八九、小鍛治健夜の勝ちだ。ただ、トシさんもタダで終わらす気はないと思う……命と引き替えに……ありゃ、腕の一本は取ってくる、そんな気概だった」



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:39:04.35 ID:IJvCk71D0


トシVSすこやん  南2局 3本場 親 小鍛治健夜

トシ 39600点  すこやん 89000点

すこやん「リーチ」

トシ(またダブリーかい……攻撃は最大の防御……それを地でいっておる……スピード・火力共に史上最高峰……私も速度には負けない自信があるが……あの火力で来られたら、ちょっと分が悪い)

トシ「ポン」 パシィ

すこやん(噂は聞いていたけど……本当に光るんだ……哭きとその捨て牌が……一瞬の迷いもなく……)

打  4ピン



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:43:01.51 ID:IJvCk71D0


すこやん(一手進む……誰よりも早く……ただ進むは戻る……鳴きを入れるという行為は自分のツモを一手遅らせる行為)

トシ(通ったか)

黒子  打 1索(小鍛治の現物)

トシ「ロン」

トシ(鳴いて速度で勝る……が、脇から和了って小鍛治のダブリーを凌ぐ以外、防ぐ手がないとは……削れるのはリー棒分だけか)

トシ(しかし、黒子からあたり牌が飛び出さないことには、止める事は出来ない……それでも小鍛治にツモらせないためには鳴き続けるしかない)

トシ(ただどう足掻いてもツモられる事がある……私の点は……削られていく)



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:49:08.96 ID:IJvCk71D0

すこやん(トシさんのスピードはほぼ私と同等……いや、鳴いて進める分、一手早いよね……

     でも、トシさんは一巡私のツモを遅らせることしか出来ない。さらに、ツモる事が出来ないから、私の点数を削ることすら出来ない
     
     彼女の点棒が尽きるのも時間の問題)
     
トシ(……そう思ってるんだろ?小娘がッ!  せいぜいダブリーに頼ってな……次に私の親が回ってきた時……百式の零をお見舞いしてやるぜ)



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 03:58:45.02 ID:IJvCk71D0

南3局

トシ「来たねぇ……ダブルリーチ」

すこやん(……トシさんが一手先に……トップ・ギアってわけですか)

すこやん(私もダブルリーチかけられるけど……少々、この牌、きな臭い)

すこやん(でも、逃げるわけにはいかないっ)

すこやん(一度、逃げたら、人は楽な方へ、楽な方へ……殉じよう  生まれた時から手にあったこの能力に)

すこやん「私も……ダブルリーチ」

トシ「悪いねぇ 一発 跳満さ 12000」

すこやん(この形は……10年前の赤土選手の……)



161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:04:28.21 ID:IJvCk71D0


南4局  親 熊倉トシ

トシ 5200点  すこやん 77000点

トシ「覚えているのかい?」

すこやん「はい。まさか、私がダブルリーチ一発に打ち込むなんて、その時思っていませんでした」

トシ「今は……わかってて振り込んだ…違うかね?」

すこやん「……そうかもしれません」

トシ「7万差あれば、楽勝……か。ホッホッホッ 私もナメられたもんだ 私の半分も生きていないガキに」



165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:09:35.05 ID:IJvCk71D0


この時同席した黒子 後に語る

熊倉トシの顔  鬼の形相と化し  対面の小鍛治健夜を睨む

これが生涯最後  その覚悟で配牌を取る熊倉の手に一切の迷いはなく

雷を伴って外で降りだした雨は一向に止む気配なし

東東東北北北南南南白白白

トシ(まだお前が支配していると思っているんだろ!?

   あ……?小鍛治健夜……テメェの命脈ここに尽きたぜ……

    天和四暗刻単騎字一色小四喜の親の5倍役満……子の払いは80000ッ……後は残り2枚……西を揃えておしまいだッ……

   テメェのツモは二度と来ねェ)

すこやん「」

トシが牌を倒し  眩い光が小鍛治を包んだ



166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:11:54.12 ID:IJvCk71D0



トシ「はぁ……はぁ……はぁ……」

すこやん「素晴らしい一撃でした……私から役満を……それもダブル以上を和了った人は……初めてだよ」

トシ「……足りなかったねぇ……まさか……ツモったのかイーピン2枚……」ガクン

トシ(悪いねぇ……みんな……まだ……もうちょっとだけ……あなた達の側に……いたかった)

――岩手――

エイスリン「ナガレボシ キレイ」

シロ「……」

エイスリン「シロ?ドシテナク?」

シロ「……どこか遠くで……大きな悲しみが生まれた……気がする」



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:13:13.93 ID:IJvCk71D0


すこやん「残りの字牌は全て私の手の中です……あの異様なまでの殺気……緊急回避で大三元と小四喜……字一色までも止める必要があると感じました」

すこやん「命を代償に……やはり私を脅かす勝負の後は……涙が止まらなくなる」

勝者 小鍛治健夜  熊倉トシ再起不能により決着



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:16:06.94 ID:IJvCk71D0


恒子「すこやん!」

すこやん「私は大丈夫……熊倉さんは病院に運ばれたけど……私は何も失っていない」

咏(本物のモンスターだねぃ……熊倉さんで腕一本取れないなら……止められる人間がいないのも道理……全くの代償なしで、あれだけの雀力なんだ……)

戒能「もう中止にしましょう。高校生が勝てる可能性はゼロです」

咏(でも可能性はあるんだよねぃ……もし宮永照が命を代償にすれば……その勝負に小鍛治さんが価値を見出すならば……

   小鍛治さんもきっとその勝負に命を……少なくとも二度と麻雀を打てなくなる代償を張って…)

咏(トシさんの覚悟……いま、小鍛治健夜は燃えている……万が一にでも女子高生に負けることがあれば……

   それは、トシさんの魂への侮辱ッ!私にはわっかんねーけど、小鍛治は全てを捨ててでも勝ちに来ると思うよ)

すこやん「でも涙が止まらないんだよ……そしてまだ……もし、彼女たちがそれでも卓につき続けるなら……私は全身全霊を持って彼女たちに勝たなくちゃいけない」



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:18:31.52 ID:IJvCk71D0


4回戦  姫松高校3年 末原恭子

末原「小鍛治プロ……善野さんの事は覚えていますか?」

すこやん「うん」

末原「あンたは、あンたに全てを賭して向かってくる相手と戦う時……どんな気分なんですか?」

すこやん「……逃げていたのかもしれない……私は臆病だから……何も失わないように勝つことだけを考えて……それで一度負けた」

末原「それは善野さんや熊倉さん……無念に散った無数の挑戦者への侮辱じゃありませんか?」

すこやん「……今はもう……もし、あなたが私に全てを賭ける価値を見出すのであれば……私も全てを投げ出す覚悟で打つよ」

末原「私はこの半荘が終わった時…‥もしあンたの後塵を拝する事があるんなら……死を選びます」

すこやん「……」


恒子「……もう……見てられないよ……」

咏「いいや。あんたには最後まで見届ける義務がある。目を背けちゃいけないねぃ」



173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:20:04.77 ID:IJvCk71D0


末原「……はぁ、はぁ……(ダメや……命を賭けとんのに……6巡目まで持たせるのが精一杯なんて……)」

末原(まだ一度も……和了れとらん)

すこやん「リーチ」

末原(またダブル……一発ツモだけは防げる……しかし……もう無理や……気が……もたへんわ……)

末原(東3局でこれかい……親を止められん……もう……)

洋榎「恭子!」

末原(あかん……幻覚まで……)

すこやん「ツモ  4000は4200オール」



174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:22:14.64 ID:IJvCk71D0


洋榎「あんた、よう頑張ったで。でもな、まだ負けとらん。きっついこというかもしれへんけど

   命を捨てるっちゅう覚悟を決めたからには
   
   諦めたらアカンで
   
   綺麗に死にたいとか甘えてるんちゃう?
   
   命を捨てる行為は……もっと泥臭くて醜いもんなんや」

末原(そうか  甘えとったな  
   
   死を選んだ身  怖いものなんてあらへん)
   
すこやん「まだ……続けるの?」

末原「ああ  まだ諦めとらん……善野さんに土産、まだ用意しとらんからな」



176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:27:07.89 ID:IJvCk71D0


この東三局三本場が、末原恭子の最後の麻雀

帰る場所を捨てて戦うからには  手ぶらで死ぬわけにはいかん

末原恭子の覚悟

ダブルリーチをかけようとした小鍛治健夜  今日はじめて手が止まる

熊倉トシを相手にしたような 異様な殺気

末原恭子の底が見えない

しかし小鍛治健夜 逡巡後、己に殉じる

生まれてこの方信じてきた自分の絶対的な雀力に身を委ねる


末原「ロンや……タンピン三色……8000は8900 人和あればなぁ……生涯初の役満やった ウチに相応しい地味ィな最後……」



180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:31:11.04 ID:IJvCk71D0

恒子「小鍛治プロ、今日はじめて女子高生に振り込みです……あれ……小鍛治プロの様子がおかしい……」

戒能「あの子…………」

赤坂(命を犠牲にするほどの能力やもん  すえはらちゃん  ようやった!)


すこやん「あれ……おかしいな……真っ暗だよ……何も見えない……」

末原「善野さん……今行きます……あなたの元へ……まだ生きてたかった……悔しいなぁ……短くって……でも……楽しかった」

すこやん「か、返せ……私の光…‥返して……」


勝者 小鍛治健夜  末原恭子再起不能により決着



182: 咲の公式ルールはわからん!私はいっつも7700は8000に切り上げてる!間違ってたら許してちょ 2012/09/07(金) 04:34:52.02 ID:IJvCk71D0


恒子「すこやん!すこやん!目ェ、目ェ、見えないの!?」

すこやん「うん……おそらくもう二度と……」

咏(いくら小鍛治プロでも、命を賭す二人との連戦はこたえるか……そして最後の一人……勝敗はわっかんなくなってきたねぇ)

恒子「ドクターストップ!この試合、中止ぃ~中止ぃ~」

すこやん「こーこちゃん!だめ……それだけはだめ。もしここで中止にするなら……私は一生あなたを恨む」

照「……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ



191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:45:23.31 ID:IJvCk71D0

最終戦

照「私ははじめ……あなたが相手だと知った時、勝負をする気はなかった」

照「でも、みんなが教えてくれた」

照「ここで負けたら、私はもう二度と前へ進めない」

照「たった一度。生涯一度、絶対に負けてはいけない戦いがあるということを知った」

照「ただ単に負けたくない ただ勝ちたいだけ それは私のエゴかな?咲」

照「咲と仲直りできなくても、家族が二度と揃うことがなくてもいい。私はあなたに勝ちたい だから」

――もうこれで終わってもいい

――だから ありったけを



193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:48:44.92 ID:IJvCk71D0


宮永照が、己の輝かしい未来と帰るべき場所を代償に手にしたオーラは

小鍛治健夜が今まで見たオーラのどれよりも美しく

そして暗い闇を携えたオーラだった

すこやん(目を潰されて……捨て牌も見えない……出和了りが完全に封じられたハンデ……)

すこやん(さらに、全盛期の私をも上回る程のオーラ……当然だよね)

すこやん(宮永照という日本の宝、世界の至宝が、その将来を投げ打ってこの半荘に全てを注ぐ)

すこやん(勝てないなぁ……負ける……負けた事はある……本気じゃなかった……私だって何かを犠牲にすればって思ってた)



195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:50:38.84 ID:IJvCk71D0


すこやん(でも覚悟が足りなかった)

すこやん(そう。私が倒した敵は私にも教えてくれた)

すこやん(何を犠牲にしてでも勝たなくちゃならない勝負があるということを)

すこやん(そう。私だって……もう……ここで終わっていい)


人類史上最高雀力とうたわれる小鍛治健夜が生涯最後の相手に選んだのは

まだ名もない少女だった



199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:54:13.92 ID:IJvCk71D0


果てしない麻雀の可能性。それを完成させた小鍛治健夜と、さらにその奥の可能性に賭ける宮永照の戦いは

卓上で無数の応酬となって繰り広げられた

牌の重なり合わせ現象を支配する小鍛治健夜は、それを実質封じる対等な相手と初めて麻雀をした

ダブリーも、役満もない。ただ純粋に、偶然のみに身を委ね……

勝負はどちらに転んでもおかしくはなかった。

互いの技量・器  どちらも最高にまで高まり  後は運だけが支配していた



201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 04:59:03.39 ID:IJvCk71D0

すこやん「楽しいっ!麻雀って楽しいよ!クソみたいな配牌から、こんな素敵な手が出来る!

   和了れるはずの手でも、和了れないもどかしさ!

   配牌と出会う時の悦び!ツモる時の興奮!そして身を切るような打牌!

    私は、これを知るために、今まで生きてきたんだね……ありがとう、宮永照」
    
すこやん「ツモ……1300・2600。黒棒一本分……まくったよ、チャンピオン」


照「最後に……聞きたかった……お姉ちゃんって言葉を咲から……悔しいけどしかたない

  負けることもあるのが麻雀
  
  
  勝ち続ける咲が嫌いになった事もあった  それに憧れて私も勝ち続ける事を望んだ
  
  時には理不尽に負け  臓物が冷えるように負ける事もある
  
  でも、そんな事も含めて私は麻雀が好きだった」


勝者 小鍛治健夜



204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 05:02:14.66 ID:IJvCk71D0


咲「廻る廻る  憎しみと悲しみの螺旋 ヒトは廻り続ける」

咲「さあ、一緒に麻雀しようよ!」

恒子「……すこやんは、もう……」

すこやん「いや、いいんだ。今までありがとう、こーこちゃん」

咲「さあ、卓について。卓は宇宙。真っ暗な宇宙。一緒に楽しもうよ!」

洋榎「そうやな、一緒に楽しもうや。恭子の仇」

池田「卓につけよ。モンスター」



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 05:03:50.14 ID:IJvCk71D0

すこやん「昔の私なら  なんともなかったのに  弱くなったよ」

洋榎「せやな。昔のあんたなら、ウチらは指一本触れられんかったわ」

すこやん「勝って勝って勝って勝って勝って勝って積み続ける人生」

池田「羨ましい人生だな。私は、何度も負けたし。でも、これからお前も負け続けるんだぜ?」

すこやん「こーこちゃん……近くにいる……?声が聞こえないよ」

すこやん「死にたくないなぁ…もう少しだけ……あなたと一緒にいたかった」

咲「ずっといっしょにわたしたちと麻雀しよっ!」

おしまい


元スレ
恒子「すこやんと宮永照ってどっちが強いの?」