SS速報VIP:【ミリマスSS】篠宮可憐 vs エミリースチュアート
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1591897500/



1: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:45:00.45 ID:TFodfIkj0

アイドルマスターミリオンライブのSSです。
可憐とエミリーがバトルしたりしなかったりするお話です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1591897500




2: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:46:18.47 ID:TFodfIkj0

 
ガラス製のティーポットにお湯を注ぐと、彩り豊かな茶葉とお花と果実が茶こしの中でクルクル。
その様子が可愛くて、思わず笑顔になってしまう。
そのまま徐々に葉が開いていき、周囲のお湯に色が染みだしていく。
茶葉の見た目よりは少し鮮やかな色。
開いた葉はお湯の滞流にのってまたクルクル。ふふ。

飽きずに眺めていると、徐々に匂いが強くなっていく。
乾燥した茶葉を出した時よりも少しだけ甘い匂い。
酸味と甘味の混ざった優しい匂い。爽やかさも感じて頭がスッキリする。
でもまだ。もう少し。
ハーブティーは匂いに味が負けがちなのでちょっと濃いめに淹れるのが私の好み。

給湯室で香りの華が咲くのをジッと待っていると、パタパタパタと軽やかな足音がこちらに近づいてきた。
 



3: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:47:06.73 ID:TFodfIkj0

 
ひょこ、と音が出そうな勢いと角度で、エミリーちゃんが顔を出した。

「こんにちは、可憐さん」
「エミリーちゃん。あ、ハーブティー淹れてるんだけど一緒にどう…?」
「わぁ…! よろしいですか? あ、それでは私、付け合わせを用意しますね」

お願いする前からいそいそと働き始めるエミリーちゃん。良い子だなぁ。
一人でのんびり楽しもうと思っていたけど、ちょっとしたお茶会も悪くない。
ちょっとだけ蒸らし過ぎてしまった紅茶をカップに注ぐと、蒸気と共に豊かな香りがフワッと広がった。
チラリと横で作業をしているエミリーちゃんに目をやると、漂ってきた香りに誘われて鼻をふんふんと鳴らしている。可愛い。
 



4: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:47:46.68 ID:TFodfIkj0

 
「はぁ~、良い香りです」
「本当、良い香り…」

事務室のテーブルについて、カップを持ち上げて鼻腔を茶葉の香りで満たす。
香りが頭の天辺まで染み渡る。

紅茶の準備をして、一息ついて思いっきり香りを楽しむ。この瞬間が一番好き。
全身の力が抜けるというか、力を入れる必要がなくなってしまう。

香りだけ楽しんで口をつけずにカップをテーブルに置く。
エミリーちゃんも同じ所作、同じタイミングでカチャリと音が重なった。
その様子が可笑しくて、お互いに思わず笑みが零れる。
 



5: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:49:23.31 ID:TFodfIkj0

 
「エミリーちゃん、ハーブティー好きなの?」
「はい、偶にですが、就寝前に母がハーブ…コホン、着紅茶を淹れてくれます」
「そうなんだ…」

途中耳に慣れない単語が聞こえたが、意味は予想できたのでそのまま会話を続ける。

言われてみると、紅茶を嗜む様子が様になっている。
一口だけ口をつけて取っ手をくるりと回し、音を立てずに砂糖をサラサラと入れていく。
容姿も相まって、お人形さんみたいだなぁ。

「ロ、ローズヒップは好き嫌いが分かれるけど…。エミリーちゃんの口に合ったなら嬉しいな」
「はい。普段はあまりロー…、ん、んん。」

エミリーちゃんが急に胸元を抑えてしまった。
どうしたのかな。むせたのかな。
 



6: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:50:28.82 ID:TFodfIkj0

 
「…薔薇果実の紅茶はあまり飲まないのですが、こちらは酸味と苦みの調和が丁度良くて」
「よ、良かった…。新しい茶葉を試してみたくて、いつもと割合を変えてて…あっ」

そういえばエミリーちゃんの出身はイギリス。
イギリスと言えば紅茶の本場だ。きっと私なんかよりずっと前から紅茶を嗜んでいるのだろう。
そう考えると慣れた手つきで…などと考えていた自分が少しだけ恥ずかしくなった。

「え、エミリーちゃんの家では普段はどんな紅茶を…?」
「そうですね…。時間帯によって色々ですが、多いのはアッ…」

急に口を噤んだエミリーちゃんは、そのままムムムと唸り始めてしまった。
どうしよう。プライベートに踏み込み過ぎちゃったかな。
 



7: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:51:19.28 ID:TFodfIkj0

 
「インド…インドの…、うぅ…、ハッ!」

何かつぶやいていると思ったら、今度は驚いたように口元を抑えてしまった。

「印国の…」

そこは印度ってことで良いんじゃ…?
と思ったが、本人は見るからに納得していない御様子。
え、えっと。こういう時はどう声をかければ…。

「可憐さん…」
「は、はいっ!」

喉の奥から絞り出すような声で呼ばれ、思わず身構えてしまう。
どうして私、こんなに緊張してるんだっけ?

「再挑戦です…! 再挑戦させてください…!!」

どうやら私はエミリーちゃんに何かを再挑戦されるらしい。
そうして、程よく冷めた紅茶をグイと音もなく飲み上げて、エミリーちゃんは去っていった。
良い飲みっぷりだなぁ。
 



8: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:53:22.14 ID:TFodfIkj0

 
◆◇◆◇◆◇

本日、プロデューサーさんは社長さんと一緒に外回り。
レッスン組は何人か来てるみたいだけど、美咲さんも衣装の確認をしに出掛けていて、事務室には私だけ。
こんな時にだけ、こっそり楽しんでいることがある。

プロデューサーさんの机のパソコンのモニター横に置いてあるアロマストーン。
邪魔にならない程度にアロマを楽しんでもらおうと、勇気を出してブレンドしたアロマオイルと共にプレゼントしたもの。
前に見た時よりも減っているアロマオイルを見て、使ってくれてるんだな、役に立ってるかなと想像しちゃったりして。

新しくブレンドの瓶をこっそり追加する。
もちろん面と向かって渡すこともあるけれど、申し訳なさそうな顔をさせるのが悪いから。
それでも毎回気付いてくれて、勝手にやってることなのにお礼を伝えてくれるなんて、律義な人だなと思う。

言わなくても気づいてくれるとすごく嬉しい、なんて。
まるで面倒な彼女にでもなったつもりかと思って、自傷気味にクスリと笑った。
 



9: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:53:58.16 ID:TFodfIkj0

 
アロマストーンの表面をティッシュでサッと拭き、
新しい香油をポタ、ポタリと二滴だけ垂らす。
ふわりと、ライムとペパーミントのすっきりした香りの後に、サンダルウッドの優しい香りが広がった。
前はフローラル系だったので今回は樹木系。気温も上がってきたので爽やかさも意識した配合にした。うん、思い通りにできている。

改めて周りを見渡して誰もいないことを確認してから、ゆっくりとプロデューサーさんの椅子に腰を掛ける。
目を閉じて嗅覚に全神経を集中させると、微かにのこるプロデューサーさんの匂い。

大好きなアロマと共に、プロデューサーさんの匂いにも包まれて、思わず深呼吸してしまう。こんな姿見られたら、幻滅されちゃうかな。
でも、プロデューサーさんの匂いがどんなアロマよりも落ち着くことがあるから、仕方ないよね。なんて、言い訳にもなってない言い訳を自分にして。
あぁ、折角だからこのまま微睡んでしまおうかな。誰かが来た時の言い訳を考えておかないと…。

……。

……。

…。


 



10: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:54:34.52 ID:TFodfIkj0

 
「良い香りですね」
「んひゃあ!?」

いきなり声をかけられて背中がビシッと張ってしまった。痛い。
眠ってはいないつもりだったが、気が緩んでいたのだろうか。人が入ってくる音に気付かなかった。
慌てて腕時計に目を移す。10分と経っていないが確実に時間が経過していた。

「も、申し訳ございません。眠ってらっしゃるとは思わず…」
「いたた…。ごめんね。ビ、ビックリしちゃって…」

顔を上げると明るい金色の髪が揺れていた。
口の前で可愛らしく手を合わせている。
プロデューサーさんの椅子に座っていたこと、変に思われてないかな。
焦っていると、エミリーちゃんが見たことのある動きでふんふんと鼻を鳴らしていた。
 



11: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:55:04.42 ID:TFodfIkj0

 
「爽やかな香りですね。薄荷でしょうか」
「薄荷…あ、うん。ミント、です。ペパーミントだけど…」
「西洋薄荷でしたか」
「西洋…」

西洋薄荷。言われてみるとそんな和名だったかも。
エミリーちゃんらしいな、と思って感心していると、何かに気付いたように再び鼻を鳴らしていた。

「柑橘系と…、あと何か、樹木のような香りを感じます」
「こ、今回はラストノートにサンダルウッドを…」
「白檀ですか」
「びゃくだん?」

さ、サンダルウッドって、白檀だっけ?
白檀って言うと、お線香に使われてるイメージがあるけど。ど、どうだっけ?
 



12: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:55:30.12 ID:TFodfIkj0

 
「びゃ、白檀とサンダルウッドって、同じ…?」
「はい。同じですよ」

エミリーちゃんは自信満々に答えていた。可愛いなぁ。

「僭越ながら、可憐さんのお好きな、芳香療法と紅茶について調べさせて頂きました! 再挑戦、です!」
「えっ!?」

その言葉を聞いて、前に紅茶を飲んでいた時のエミリーちゃんの様子を思い出した。
あれは、紅茶に関する言葉を上手く日本語に出来なかったから悔しかったのだろうか。
私には何も悪い影響はないし、エミリーちゃんが可愛いから、もう少し付き合いたい。
 



13: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:56:20.37 ID:TFodfIkj0

 
「えぇと、私はどうすれば…?」
「なんでも、可憐さんはいつものようにお話頂ければ大丈夫です!」
「そ、それじゃあ。 エミリーちゃんの家でも、アロマを焚いたりするの…?」
「精油入り蒸気拡散装置などは使いませんが、香草を部屋に活けたりすることはありますね」
「そうなんだ…。ハーブティーも飲むって言ってたし、お母さんがそういうの好きなのかな…?」
「はい、といっても可憐さんほど詳しいわけではありませんが…」

エミリーちゃんは普段通りの会話をしているつもりのようだが、笑みを零しそうになっているのがバレバレである。可愛い。
まずい。会話が終わってしまう。そうだ。前に話した会話を…。

「そ、そういえば、エミリーちゃんって、家でよく紅茶を飲むんだっけ」
「はい! 印国北西部原産の紅茶を牛乳入りで頂くことが多いです!」

おそらく用意していた回答なのだろう。
パッと笑顔の花が咲いた。可愛いなぁ。
 



14: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:57:48.53 ID:TFodfIkj0

 
「この前頂いた薔薇果実の着紅茶も美味しかったです。着紅茶の中では加密例を頂くことが多いですね」
「カミツレ…、あっ、カモミール?」
「はい!」

嬉しそう。可愛いなぁ。
劇場にも何人か紅茶が好きな人はいるけど、こうも楽しそうに話してくれるとそれだけでこちらも嬉しい気分になる。
今度お店を回るときに誘ってみようかな。

「よ、良かったら、今度茶葉を買いに行くとき、一緒に行かない…?」
「わぁ…! 是非お願いします! 私、芳香療法の専門店も見てみたいです!」
「芳香…あ、アロマ。うん、一緒に行こうね」
「楽しみです! …あっ」

またふんふんと鼻を鳴らしながら、徐々に近づいてくるエミリーちゃん。
子犬みたいで可愛いなぁと思っていると




15: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:58:18.27 ID:TFodfIkj0

 
「今日の可憐さんの香りは、催淫花ですか?」
「催淫!?」

えっ、確か私の今日の香水はイランイランで…。
そういえば、原産国では新婚夫婦のベッドにイランイランの花を敷き詰めるとか、あぁ、それで…。
急に固まってしまった私を、エミリーちゃんは「違いましたか?」と不安そうな顔で見つめていた。
しょぼんとした顔が可愛らしいけど、悲しませてしまうのは申し訳ない。

「せ、正解です。てへへ…」
「やっぱり! 可憐さんは催淫花の香りがお似合いです」
「は、恥ずかしいかな…」
 



16: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:59:01.28 ID:TFodfIkj0

 
パサッ

その時、後ろの方から、何かの束が床に落ちる音が聞こえた。

「催淫…?」

床に落ちたのは文庫本だった。
先ほどまでその本を胸に抱えていたであろうレッスンウェアの文学少女が、事務室の扉のすぐそばで震えていた。

「可憐さん、催淫…」
「ゆ、百合子ちゃん、おはよう…」
「おはようございます。百合子さん」
「アロマ…、誘惑…」

嫌な予感がする。
百合子ちゃんがゆったりとした動きで本を拾い上げる。
 



17: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 02:59:31.88 ID:TFodfIkj0

 
「可憐さんが媚薬でエミリーちゃんを誘惑…!?」

的中した。
小刻みに震えながらクルリと向きを変える百合子ちゃん。
グッと沈み込んで、脚に力を込めて。

「みんなー大変―! エミリーちゃんの貞操がー!!」
「待ってえぇぇぇ!!!」
「百合子さん可憐さん、どちらへ!?」

普段の倍近く早い百合子ちゃんをなんとかレッスンルーム直前で捕まえたら
「助けて! 私も恋しちゃう!!」
などと叫ばれて、みんなの誤解を解くのに一日かかりました。


おわり
 



18: ◆ivbWs9E0to 2020/06/12(金) 03:00:12.99 ID:TFodfIkj0

おわりました。
鼻フンスエミリーは今日も可愛いですね。
HTML依頼出してきます。


元スレ
SS速報VIP:【ミリマスSS】篠宮可憐 vs エミリースチュアート