1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:29:35 ID:Vdkm5jBk

ミカサ「…」

大きなお友達「ミカサたん萌え~」

ミカサ「えっ誰?」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:30:32 ID:Vdkm5jBk

○月○日
私にしか見えない妖精が私の寝床にいた。

ミカサ「アニ…アニ…」

アニ「…?あんたが顔青くしてるの初めて見た気がするよ…」

ミカサ「…あそこ」

大きなお友達「アニたん萌え~」

アニ「………あんたの布団がどうかした?」

クリスタ「大丈夫?…虫でもいた?」

大きなお友達「クリスタたんマジ女神萌え~」

ユミル「そのくらいつまんで捨てろよ」

大きなお友達「ユミル男前萌え~」

ミカサ「………いや、何でもない…気のせいだった…」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:31:36 ID:Vdkm5jBk

○月△日
キース教官にも見てもらったがやはり私しか見えないらしい。
モエ~と鳴く。人と格好が似ている。

ミカサ「私の…布団の上に何かいるんです…」

大きなお友達「萌え~」

キース「……」バサァッ

ミカサ「(すり抜けた)」

キース「何もないではないか」

大きなお友達「ハゲ~」

ミカサ「気のせい…だったみたいです、申し訳ありません」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:32:47 ID:Vdkm5jBk

ミカサ「はぁ…」

ジャン「お、おは…おはよう!ミ、ミカサ!」

ミカサ「あ、おはようございます………」

ジャン「(良し!良し!)」

サシャ「最近のミカサの目、ヤバイですね」

コニー「んん?……そうか?」

サシャ「はい!あれは死んで数時間たった死骸の目です…」

コニー「ほー」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:34:59 ID:Vdkm5jBk

×月♢日
どこから来たの?と聞いたら泣かれた。
妖精は繊細な生き物らしい。

大きなお友達「萌え~クリスタたん萌え~」

ミカサ「…帰らないの?」

大きなお友達「萌え~萌え~」

ミカサ「あなたのお父さんお母さんが心配しているかもしれない」

大きなお友達「………萌え~…」

ミカサ「帰る場所があるのなら帰った方が良い…家族と一緒にいれる時間は意外と少ない」

大きなお友達「も、ももぎゃああ」ビャー

ミカサ「!」

ミカサ「(…聞いてはいけない事を言ってしまったらしい…)」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:36:15 ID:Vdkm5jBk

ミカサ「…」

ジャン「ミ、ミカサ!おはよう!」

ミカサ「…っす…」

ジャン「(良し!良し!)」

サシャ「コニーコニー!なんで今まで秘密にしてたんですか!なんですかこの触り心地は……!!」

コニー「なでるなよ!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:38:45 ID:Vdkm5jBk

×月♡日
二人三脚というものをやった。なかなか面白い。
デコボコのアニとベルトルトは私に続いて2位だったが…
体型が似ているエレンとジャンは全然息が合っていなかった。
成績が近いもの同士でなく気が合うもの同士で組ませるべき。

ミカサ「…二人三脚も一応訓練…真面目にやる」チョンチョン

エレン「いってぇ…だってジャンが…」

ジャン「原因はお前だろうが!!一人でズカズカ進もうとしやがって!」

エレン「あ!?」

アルミン「消毒するよー」チョン

ジャン「いっーー!!」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:40:22 ID:Vdkm5jBk


大きなお友達「二人三脚でラッキースケベ萌え~」

ミカサ「ラッキースケベ?」

大きなお友達「思わずパイタッチ萌え~」

ミカサ「…」ゾク

ミカサ「……無視して寝よう」

大きなお友達「萌え~」

ミカサ「zzz」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:42:55 ID:Vdkm5jBk

×月□日
寝起きに目の前でモエ~と鳴かれるのにも少し慣れてきた。
アルミンに相談してみたら物凄い顔をされた。あんな顔初めてみたかもしれない。

アルミン「ミカサ、最近疲れ溜まってる?」

ミカサ「アルミン…」

アルミン「目の下にクマできてるよ」

ミカサ「………………相談がある」

ミカサ「実は『モエ~』と鳴く…人と姿が似ている妖精が見える…慣れてはきたけど出来ればいなくなって欲しい…」

アルミン「妖精!?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:44:52 ID:Vdkm5jBk

ミカサ「どうやら私にしか見えないようで……名前の後ろに『たん』をつけて呼ぶ癖がある…」

アルミン「そ…そう……何か解決策が無いか調べてみるよ…」

ミカサ「助かる……」

アルミン「(にわかには信じ難い事だけど…)」

アルミン「(………ミカサはまだ妖精さんを信じていた…のか?)」

アルミン「(…笑っちゃダメだ…笑っちゃダメだ…ひっひっふー)」

アルミン「(そうだ!ミカサは真剣に悩んでいるんだ!)」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:46:14 ID:Vdkm5jBk

▽月○日
今日はアルミンの誕生日。
ハッピーバースデー、アルミン。

アルミン「(二人からのプレゼントはもうお決まりになってしまった本)」

アルミン「(大切にしよう!)」

ライナー「誕生日なんだってな、おめでとう」

アルミン「!ありがとう…ライナー!」

モブ「やっぱアルミンたんだよね~」

アルミン「!」

ライナー「…どうした?アルミン」

モブ「アルライ萌え~」

アルミン「(『たん』…『萌え』…)」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:49:43 ID:Vdkm5jBk

♢月△日
今日はアルミンと二人で出かけた。
エレンを誘わなかった…誘えなかった事、許して欲しい。

ジャン「ミカサ、おはよう!きょ、今日は久々の休みだな………良かったら俺と出かけ」

ミカサ「ジャン…もしエレンに私達の事を聞かれたら、私は山へ筋トレに」

ミカサ「アルミンは町へ脳トレに行ったと伝えて欲しい」

ジャン「おう!!ミカサの頼みならなんでも!」

ミカサ「ありがとう、行こうアルミン」

アルミン「うん」

ジャン「(ミカサに頼みごとされた!良し!良し!)」

ジャン「(しかもありがとうって言われた!!)」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:53:27 ID:Vdkm5jBk

【古本屋】

アルミン「…!この本」

ミカサ「…なにか見つかった?」

アルミン「…これだ、萌え豚」

ミカサ「……」ゴクリ

アルミン「…………」

アルミン「…ミカサ、解決策が見つかりそうだ」

ミカサ「!!」ウルッ

アルミン「泣くのはまだはやいよ!」

ミカサ「!うん」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:56:03 ID:Vdkm5jBk

♢月×日

ミカサ「妖精の前で着替えをする?」

アルミン「ああ…ミカサなら多分、いや絶対効果抜群だ!」

ミカサ「良く分からないけどアルミンがそういうのなら分かった…やろう」

ミカサ「(少し恥ずかしい気もする)」

アルミン「健闘を祈る!」バッ

ミカサ「はっ!」バッ



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 15:58:47 ID:Vdkm5jBk

ミカサ「…」

大きなお友達「黒髪萌え~フヒィ」

ミカサ「…」スル

大きなお友達「!」

ミカサ「…」スルスル

大きなお友達「!!!ミカサたん萌え!!!萌え!」

ミカサ「…」パサ

大きなお友達「!?」

大きなお友達「そんな…まさか…馬鹿な」

ミカサ「…」ムキッ

大きなお友達「ありえない!!!!」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 16:00:23 ID:Vdkm5jBk


腹筋なんて

ありえない

だって華奢に見えたのに


エレン「ゆき…?」

サシャ「この時期にですか!?」

コニー「すげー!?一体どうなってやがるんだ!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 16:03:21 ID:Vdkm5jBk

アルミン「ミカサ!凄いんだ!季節外れの…」

ミカサ「アルミン…!」

アルミン「……ミカサ?」

ミカサ「妖精さんが…砕けて散っていった」

アルミン「じゃ、じゃあ…」

ミカサ「…ありがとう、アルミン…アルミンのおかげ」

アルミン「(いや…ミカサ自身の腹筋のおかげだよ…)」

エレン「ミカサー!アルミン!雪だぞ雪!」

ミカサ「雪…?」

♢月×日
短いようで長い一日だった。





20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/08(土) 16:05:39 ID:Vdkm5jBk

くぅ~w 疲


元スレ
SS深夜VIP:ミカサ「大きなお友達?」