6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/10(金) 18:58:59 ID:xsSywk9Q

エレン「アニの髪、さらさらだな」ボソッ

アニ「んっ、耳元でささやくなあっ」

エレン「逃げるなよ、こんなにいい匂いするのに」ボソッ

アニ「んぁ、あぁ……」ビクン

エレン「アニ、髪おろしてみてくれよ」ボソッ

アニ「あ、あんたの前だけだからなっ」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/10(金) 19:10:09 ID:q8cKZzi.

エレン「ホントきれいな髪だな、いつもこうしていればいいのに」ボソッ

アニ「長くて、鬱陶しいんだよ。それに……」

エレン「それに?」

アニ「あんたと、対人格闘の訓練するとき、邪魔になったら悪いだろ」

エレン「かわいいやつめ、ご褒美をやろう」ハムッ

アニ「あっ、あぁん、耳噛むなぁっ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/10(金) 19:16:09 ID:q8cKZzi.

エレン「アニは耳弱いなあ」ハムハム

アニ「そうしたやつが何をっ、んっ」

エレン「だって、アニが髪かきわける時のしぐさたまんねえんだもん」

アニ「この前も訓練中連れ出したと思ったら……」

エレン「建物の裏に連れ込んだ時か?」

アニ「あの時も、お前は無理矢理っ」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/10(金) 19:22:21 ID:xsSywk9Q

エレン「そんなこと言って、アニも期待してたろ?」

アニ「そんなことっない…んっ」

エレン「首に手、まわしてきたじゃないか」

アニ「それは、私がちっちゃいから、エレンの顔に届かなくてっんぁ…」

エレン「アニは膝の上乗せるとぴったりだよな」

アニ「だろ?ミカサよりいいだろっ?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/10(金) 19:25:34 ID:d4c.x01A

エレン「なんだ?ミカサに嫉妬してんのか?」

アニ「別に、してないけど……」

エレン「心配すんな、俺はアニしか見てねえよ」ボソッ

アニ「んっ、エレン……」ビクン


疲れた。後は任せた



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 21:10:53 ID:1u878z36


ー格闘訓練


エレン「いくぞ、アニ、手加減するなよ!」

アニ「ああ」

エレン「はあっ」ブンッ

アニ「キレが足りない」フッ

エレン「まだまだぁっ!」ブンッ

アニ「甘い。視線が上にいき過ぎだ」ガッ

エレン「うおっ」ドテン



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 21:16:17 ID:QZhjy4TY

アニ「ほら、立て。まだ始まったばかりだぞ」

エレン「おう、次はそう簡単にはやられないぞ」

アニ「いい意気だ。来い」

エレン「おらぁっ」


ミカサ「フーッフーッフーッ」

アルミン「ミカサ落ち着いて、ただ訓練してるだけじゃないか」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 21:21:44 ID:Qa0kaOd2


ー訓練終了後


アニ「エ、エレン……あの、その……」

エレン「どうした?アニ」

アニ「さっきの訓練、その、怪我とかなかったか?」

エレン「おう、大丈夫だよ。ピンピンしてるさ」

アニ「よかった……蹴りとか強く入れちゃったし、もし怪我してたら、私……」

エレン「俺が最初に手加減するなって言っただろ?」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 21:27:29 ID:UHsG6ggQ


アニ「で、でも……」

エレン「もし、怪我しても気にすんなよ。お前のせいじゃないから」

アニ「そんなわけがあるか。気にするだろ、普通」

エレン「大丈夫だよ、俺だってそんなにヤワじゃない。それに……」

アニ「それに?」

エレン「怪我した時には、俺の、かわいいアニがやさしーく看病してくれるだろ?」ボソッ

アニ「んっ、今、“俺の”って……当たり前だろ、他のやつになんて看病させない」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 21:36:04 ID:2/gNZ6yE


エレン「よし、いい子だ。あー、足が痛くなってきたなー」

アニ「お前、さっき痛くないって……仕方ない、肩かしてやる」

エレン「助かるよ、アニ。よっと」ガシッ

アニ「重いな」

エレン「まあ、男だしな。それに身長差もある」

アニ「悪かったな、小さくて」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 21:42:43 ID:1u878z36


エレン「悪いなんて一言も言ってないだろ。いつも強気だけど、ちんちくりんなアニかわいいなあ」ナデナデ

アニ「ちんちくりんって言うな。あとさっきから、かわいいかわいいって言うなっ」

エレン「かわいいのをかわいいって言って何が悪い。いつも強気だけど、たまに子供っぽいアニかわいいなあ」ナデナデ

アニ「くそぅ……」

エレン「よし、からかいも済んだし、寮に帰るか」パッ

アニ「あっ……」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/14(火) 21:48:02 ID:SgCpYjjg


エレン「ん、どうかしたか?」

アニ「いや、なんでもない……」

エレン「なんでもないってことはないだろ」

アニ「…………あたま、撫でて」

エレン「なんだ、そんなことか。よしよし」ナデナデ

アニ(やばい、にやけ顔が隠せない)

エレン「もうしばらくここにいるか」ナデナデ

アニ「ふにゃぁ~」



41: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/07(金) 13:53:18 ID:KuXnEXwU


エレン「今日は午後から休みだったっけな、ちょっと移動しようぜ」スッ

アニ「あ………」シュン

エレン「あそこの木陰、あそこなら誰もこないだろ?」ボソッ

アニ「!?っ~~~///」ゾクゾクゾク

エレン「ははっ、相変わらずアニは耳が弱いな」ケラケラケラ

エレン「抱えてやろうか?」ハムッ

アニ「ひゃっ!?……耳はやめろばか……///」

エレン「(ほんと可愛い奴め)」ペロペロ



42: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/07(金) 13:54:04 ID:KuXnEXwU


アニ「やめろってば…ぁ……」

エレン「はいはい、行こうぜ」パッ

アニ「……はぁ、分かったよ」

エレン「拗ねんなよ、苛めたくなっちゃうだろ」ガシッ

アニ「ん……アンタいつも強引だね。手、痛いよ」ギュッ

エレン「そう言って握り返してるじゃないか。素直じゃないよな、お前も」

アニ「ふん……悪かったね」



43: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/07(金) 13:54:46 ID:KuXnEXwU


エレン「別に悪いとは言ってないだろ、そういう所も可愛いと思う」

アニ「……やっぱり私はアンタの事、見誤ってたみたいだね」

エレン「は?」

アニ「そんな歯の浮くような言葉、ポンポン吐けるとは思ってなかったよ」

エレン「そうか? あんまり意識した事は無いけどな……」ストン

アニ「あ……天然でそれとは恐れ入るよ……ったく、なんでこんなヤツに」ボソッ



44: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/07(金) 13:55:42 ID:KuXnEXwU


エレン「こんなヤツってなんだよ……まあいいか、ほらここ座れよ」ポンポン

アニ「ん……座る」ポスン

エレン「こうやって胡坐の上に座られるの結構好きだぜ」ナデナデ

アニ「ふぁ……何、どうしたの?」

エレン「抱きしめたら身動き取れなくなるだろ? 悪戯しやすい」ボソッ

アニ「ん……やめろ…囁くなぁ……ふぁ……///」ゾクゾク

エレン「まあ本気で抵抗されたらアウトだけどな」ナデナデ



45: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/07(金) 13:57:10 ID:KuXnEXwU


アニ「はぁ……しないって分かってるから達が悪いんだよ、アンタは……ん」

エレン「なあアニ、髪解いていいか?」ペロペロ

アニ「ひゃっ!?……な、舐めるのやめるなら……いいよ」

エレン「ん? やめていいのか?」ペロペロ

アニ「ふっ……ん……やめろって言ってるだろ……///」

エレン「分かったよ、じゃあ髪解くぞ」スルスルスル

アニ「ったく……私の髪なんか弄って何が楽しいんだか……」



46: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/07(金) 13:58:46 ID:KuXnEXwU


エレン「お前の髪綺麗じゃん、訓練兵にしては…ってつくけどさ」サワサワ

アニ「ふん…どうだか……髪の扱いなんてあんまり意識した事は無いよ」

エレン「なんでそれでこんなに綺麗なんだか……」サワサワ

アニ「……………」

エレン「……………」サワサワ

アニ「……………」

エレン「……………」ナデナデ

アニ「…………」ソワソワ

エレン「……………」ナデリコナデリコ

アニ「……ねえ」



48: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/07(金) 13:59:54 ID:KuXnEXwU


エレン「ん?」ナデナデ

アニ「飽きないの?」

エレン「おう」ナデリコナデリコ

アニ「そう……///」

エレン「んー、ちょっと変えてみるか」ギュッ

アニ「ひゃっ――ん、いきなりどうしたの」

エレン「別に、撫でるだけじゃアニが飽きるのかなって思って」グリグリ

アニ「な、何をっ……///」



49: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/07(金) 14:00:38 ID:KuXnEXwU


エレン「ちょっと汗の匂いがするけどいい匂いだな」クンクン

アニ「あ、ん……かぐな、ぁ………///」

エレン「え? やだよ、照れるアニ可愛いし」ボソッ

アニ「ん…みみ、駄目だってば……///」

エレン「可愛いって言われなれてないアニ可愛いよ……」ハムッ

アニ「だからっ……ん、いいかげんにぃ……///」

エレン「止めないぞ、晩飯前まで続けるからな」ピチャピチャ



50: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/07(金) 14:01:45 ID:KuXnEXwU


アニ「ひゃっ……音立てて、、なめるな…ぁ……///」

エレン「お前ももう俺の家族だからな、絶対死なせないよ」ボソッ

アニ「やめ……ん……ふっ――」

エレン「離さない、アニ。ずっと…ずっとだ……」レロ

アニ「―――ぁン……」

エレン「好きだぞ………アニ」

アニ「…ん――ぁ……わ、私も……」



アニ「私もアンタのコト……嫌いじゃ、無いよ」





おわり



51: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/07(金) 14:02:16 ID:KuXnEXwU

ここまで。

えっちいのはいけないと思う、そういうのは秘めるもの。
エレンは人に見えない所では、家族へのスキンシップが過剰……
つまり、これは私の経験談をアニに置き換えただけの事(ドヤァ)



62: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:19:27 ID:XEJ/Ggkg



エレン「そういって貰えると嬉しいな……なあ知ってるか」ギュッ

アニ「………何?」

エレン「ここ、もうちょっと奥に行ったら完全に死角になってる」レロ

アニ「ん――そ、それで……?」

エレン「言わないと分からねぇか?」ボソッ

アニ「――ぁ……ああ、分かったよ……」

エレン「じゃあ行くか、よっこいしょっと」グイッ



63: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:19:59 ID:XEJ/Ggkg


エレン「やっぱ軽いな、アニは」ケラケラケラ

アニ「自分で歩ける、降ろせっ」ジタバタ

エレン「もうちょっと待てって……っと、問題無く使えそうだな」

アニ「何…これ」

エレン「標的用マットの切れ端で作ったベット、作るのに時間かかったぞ」

アニ「ば、馬鹿……? 備品でなんてもの作るんだよ、アンタは」



64: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:20:30 ID:XEJ/Ggkg


エレン「大きな声じゃ言えねーけどフランツとユミルも共犯だ」

アニ「…………はぁ、もういい。何も言わないよ、さっさとスる事シよう…?」

エレン「ははっ、やっぱり乗り気じゃないか」




アニ「――はぁッ―ん……ふぅ――ン……」

エレンの指が膣口を優しく撫でる。
あまり快楽に耐性の無い私は、既に準備は万端だった。



65: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:21:01 ID:XEJ/Ggkg


エレン「ん? もう全然いけそうだ、やっぱりアニは濡れやすいな」

ぴちゃぴちゃと、わざとらしく音を立てて私を虐めるエレン。
耳を舐め、膣口を撫で、焦らして懇願を待っているのだ。

アニ「ン――ふっ、ぁ……ンんっ――早くっ……」

そうやって私が声を上げると、エレンはいきり立つ男根を何の前振りも無しに突き挿入れた。

アニ「はぐっ……か、ぁあ……はっ、ふっ…はぁっ……」



66: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:21:31 ID:XEJ/Ggkg


エレン「いきなり挿入れたわりにはすんなり入ったけど、大丈夫か?」

体が跳ね、全身に痺れが回ったように痙攣する。エレンの言葉に答える余裕は無かった。

アニ「ンんんっ……ふっ、ぁあぁッ――んンンっ……」

膣が伸縮を繰り返す度に男根がピクピクと動いた。
そんな小さな動きもまた、私を快楽に溺れさせる。

アニ「ひっ、ふっ――ン…ふっ…はっ、はっ、はっ……」



67: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:22:07 ID:XEJ/Ggkg


エレン「ははっ、ひっでー顔だな。もっと虐めたくなる」

まだ余裕の無い私の返答はまたず、エレンは小さく腰を振り始めた。

アニ「まっ……待てっ…ン――ふっ…ぁっ…あんっ……」

コリコリと膣の内側を削る。
優しく、優しく、じれったいほどにゆっくりと、快感を積み重ねられる。
幾度と無く受け入れてきた男根は、私の反応する場所を熟知していた。



68: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:22:49 ID:XEJ/Ggkg


コリコリコリ、ゆっくり、ゆっくりと溶かされていく。
快感は着実に積み重なっていく、けどイけない。
優しく撫でるような動作は、獣染みたセックスに慣れた私には未知の体験だった。

アニ「な…んでぇ……? 優しく、ン……ぁあっ……」

エレンは答えない。
執拗に弱点を責め、膣が痙攣し始めると動きを止め、私に快楽だけを積み重ねさせる。
イきたい、けどイけない。



69: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:23:25 ID:XEJ/Ggkg


獣のように貪られる普段なら、こんな事は無い。
イきたいようにイき、子種を飲み干す。
コリコリコリ、手を変え、品を変え、私の弱点はこんなにもあったのかと思わせるほど、あらゆる場所を責められる。

耳を齧り、丹田を摩り、内股を撫で、腰を抱きしめる。
乳房を吸い、鎖骨を舐め、咽喉にキスをし、臍を穿る。
項を指先で舐め、背骨をなぞり、耳穴を舌で穿り、臀部を揉み拉く。

アニ「ンんんんっ……ふっ…ひっ…あぁっ……まだぁ……」



70: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:23:57 ID:XEJ/Ggkg


男根をギリギリまで引き、抜けるか抜けないかの場所からじっくりと奥まで犯す。
ゆっくり、じっくり、襞の1つ1つを記憶するかのように、うぞうぞと押し広げられていく。

もどかしい、早く、早くっ。
私の体は全身が性感帯になったかのようで、どこに触れても感じてしまう。
いつの間にか押さえつけられた体は、今の状態では跳ね除ける事も出来ない。


自分から求める事も。



71: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:24:42 ID:XEJ/Ggkg


膣の半ばで止まる男根。
エレンの瞳は真っ直ぐに私を射抜き、口の端は吊り上がっている。
でも、何も言わない。

私だけがじくじくと快感に襲われているかのように、ともすれば今すぐにでも止めてしまいそうな表情だった。
目の端から涙がこぼれる。疼きは増し、強く握りしめられた手首から熱が広がっていく。
その熱が更なる快楽を呼び、私の心は狂ったように絶頂を求めていた。

アニ「ふっ、くぅ、ン……やだぁ…早くっ……もっと、きてぇっ……もどか、っぁ、しいのぉ……」



72: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:25:57 ID:XEJ/Ggkg


らしくない声が出る、この快楽に餓えた雌の声は誰が上げたのだろうか。
冷静な自分と快楽に餓えた雌の自分とが混ざり、溶け合い、1つになったかのような感覚。
イきたい、もっと気持ち良く、早く、早く、早くっ!

そして、衝撃は唐突に来た。

アニ「――――――――ッッッ!?!」

視界が明滅する、頭が真っ白になり、呼吸を忘れ、口の端からは涎が垂れる。
声にならない声と、全身に走る痺れ、痛いほどの快感に意識が飛び、さらなる快感に覚醒させられる。



73: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:26:29 ID:XEJ/Ggkg


ズン、ズンと動きは止まらない。
数センチの動き毎に絶頂を繰り返し、自由が効かない体は勝手に反応する。
その反応でまた絶頂し、快感の波は回数を増すごとに威力を高めていく。

アニ「ひぎっ、ふっ、はっ…ンんんんんんっ…あっぁあああっぁぁぁっっっ」

アニ「ンんんんッッ、ぁああっ、ふぐっ……はっ―――――っッ、かはっ……」



74: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:27:15 ID:XEJ/Ggkg


男根が膨れ上がる、ここにきて更なる衝撃の訪れを予感し、全身が歓喜する。
ドンと、エレンは一層強く突き挿入れた。
膣の入り口から子宮口まで、一息に貫かれ、子宮口を抉り潰すように亀頭を押し付けられる。


一層大きな絶頂を体験すると同時に、それは来た。



75: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:28:19 ID:XEJ/Ggkg


時間の流れが遅くなったかのように、全身で感じる。
ガチガチに膨れ上がった男根の根元から、更に1つ膨らんでナニかが迫り上がってくる。

ゴリゴリと膣壁を削りながらソレは来た。
ゾクゾクと体が震え、どうにかなってしまいそうな恐怖で腕に力が籠る。

破裂――。

子宮口に押し付けられた鈴口から爆発するように噴き出す精。
ドクドクと満たされ、それでも吐き出され続ける精は、膣内も犯す。
熱い精、火照りに火照った体にさらなる火をともし、子宮の中から全身を焼いていく。



76: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:29:16 ID:XEJ/Ggkg


ガクガクと全身が痙攣する。苦しいほどの快感と、満たされていく幸福感。

アニ「―――ぁっ――――――」

私は耐え切れずに、意識を手放した。




目を覚ますと辺りは真っ暗で、私はしばらく何故こんな所にいるのか分からなかった。

エレン「アニ? 起きたのか」



77: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:30:11 ID:XEJ/Ggkg


優しく頭を撫でられて、そこで先ほどの痴態を思い出した。

アニ「ア、アンタっ!」

エレン「ん?」

心底不思議そうに首を傾げるエレンに毒気を抜かれ、ため息を吐く。

アニ「何でも無い。後処理してくれたんだね、ありがとう」



78: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:30:46 ID:XEJ/Ggkg


エレン「初めてのヤリ方だったしな、思った以上に乱れてくれて嬉しかったぞ」

はははっ、と笑うコイツを蹴り飛ばしたくなる。

アニ「うるさいっ。今の時間は?」

エレン「晩飯の少し前って所だな、立てるか?」



79: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:31:18 ID:XEJ/Ggkg


言われて、足腰どころか全身に力が入らない事に気付いた。
そもそも動けるならこの状態からすぐに抜け出していた筈だ、思いの外頭も回っていないらしい。

エレン「無理そうだな、生まれたての小鹿みたいにプルプルしてるぞ」

笑うなら普通に笑え、中途半端に堪えられると腹が立つ。
持てる力を振り絞って睨みつけると、エレンは耐えられないとでも言うように大笑いした。

エレン「はははははっ! お前、膝枕されてる状態で睨まれても怖くねーよ」

顔が赤くなるが気にしない、さらにきつく睨むと笑いも収まった。



80: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:31:49 ID:XEJ/Ggkg


エレン「悪かった悪かったって、立ねーなら仕方ないな。抱っことおんぶどっちがいい?」

正直兵舎に向かうのにはどっちも勘弁して欲しかったが、背に腹は代えられない。
周りに誰もいないというのに私は気恥ずかしくて、最期の力を振り絞りエレンの首に手をまわして顔を降ろさせる。


アニ「そうだね――――――」



おわる



81: ◆3K3Bl8akqE 2013/06/11(火) 20:34:02 ID:XEJ/Ggkg

本当にこれでおしまい、これが経験である事を踏まえてミカ私こそが正妻であることは確定的に明らか。
別にお妾さんなら寛容な妻である私は認めてあげる(ドヤッ)


(大した事の無いエロで)すまんね


元スレ
SS深夜VIP:エレン「アニの耳元でひたすら愛を囁く」