1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 02:39:55.30 ID:/dZbUPqzO

幼馴染「ねえ、今日は私と――」

女「私だよねっ!?」

友「えっと……」


男「ただし俺を除く」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 03:15:08.42 ID:Bpmy0e2xO

従姉「はっはっは。告白する前から振られた様なものだなっ」バシバシ

男「いって」

従姉「男なら一度でも惚れた女の幸せを願う甲斐性でも見せたらどう?」

男「それは……まだ気持ちの整理が……」

従姉「そういう甲斐性を周りに見せて良い男アピールしろっと言ってるのよ!」

男「なるほど」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 03:21:49.54 ID:Bpmy0e2xO

従姉「で、どっちが好きだったの?」

男「……幼馴染」

従姉「あー、やっぱりね」

男「と、女さん」

従姉「あんた最低のクズだよ」

従姉「貴方って最低のクズねッ!!」

男「二回も言うか?」

従姉「そりゃ下手すりゃ二股するんだから、罵りもするわ」

男「単に良いなって思っただけだよ。幼馴染は昔からの付き合いだし、小さい頃に遊びで結婚式をやったりって刷り込みがあるんだ」

男「けど女さんはクラスが同じになって、なんとなく仲良くなって……」

従姉「ふーん」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 03:28:41.81 ID:Bpmy0e2xO

従姉「男」

男「……」

従姉「告白して振られてきなさい」

男「えっ」

従姉「変に未練残らない様に、バッサリ振られて来なさい」

男「そうすると関係が……」

従姉「どうせ、どっちかが友って子とくっついたら関係なんて長続きしないんだから問題無いわ。早いか遅いかの差だけ」

従姉「それにね。どうせ嫌な思いするなら、早い段階で決着付けたほうが楽よ」

男「……そうだね。ありがとう、従姉。俺、関係壊すのが怖いって言う逃げ道に甘えてただけなのかもしれない」

男「決着、つけてくるよ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 03:34:43.04 ID:Bpmy0e2xO

―後日―

男「おーい、友!」

友「あ、男っ。助かったぁ……」

男「ちょっと幼馴染借りて良いか?」

友「え、それは彼女に聞いてみないと」

幼馴染「なに?」

男「大事な話があるから、少し時間をくれないか?」

幼馴染「えー、私は友君と居たいんだけど……」

男「5分で良いからさ。頼む!」

幼馴染「仕方ない。昔馴染みのお願いは無下にできないよね」

幼馴染「それで、なに?」

男「ここじゃ話難いから来てくれ」

幼馴染「おけ。いいよ」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 03:42:33.62 ID:Bpmy0e2xO

―屋上―

幼馴染「それで話ってなに?」

男「……」スゥ…

男「小さい頃からお前が好きだった」

幼馴染「……は?」

男「今お前が友を好ぎなのは知ってる。それでも……」

男「いや、だからこそ気持ちを伝えようと思ったんだ」

男(まあ、従姉の提案なんだけど)

幼馴染「そ……そんなの応えられる訳ないじゃん……」

男「分かってる」

幼馴染「……ごめん。私あんたとは付き合えない」

男「ああ。分かった」

幼馴染「え?」

男「友と上手く行くと良いな。じゃあ、さよなら」タタタッ

幼馴染「な……なんだったの?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 03:45:33.97 ID:Bpmy0e2xO

―廊下―

男(あとは女さんか……)

男(女さんには明確な恋心を抱いた訳じゃ無いしなぁ……)

男(うーん……)

男(よし。友との関係を応援するって意思表示するくらいで良いか)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 03:52:28.48 ID:Bpmy0e2xO

―教室―

友「お帰り。幼馴染さんは?」

男「ああ、じきに来ると思うよ」

友「そうなんだ」

男「そうだ、女さん」チョイチョイ

女「な、なにかな?」

男「頑張ってね。俺、応援してるから」ボソ

女「ふぇっ!?」

女「お、応援って……?」ヒソヒソ

男「友との事に決まってるだろ?」ヒソヒソ

友「なに? 何の話?」

女「そ、それはっ」アタフタ

男「秘密。ま、頑張れよ」ポン

友「え、何を頑張れって言うのさ」キョトン



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 03:58:11.85 ID:Bpmy0e2xO

ガラッ

幼馴染「……」ツカツカ

女「あ……」

幼馴染「ちょっと、男」

男「ん?」

幼馴染「さっきの何。一体どういうつもりよ?」


男「どうもこうも、俺がお前に告白して玉砕しただけじゃん」

友「告白!?」

男「ああ。振られたから、もう俺を引け目にする事無いぜ」

友「引け目って、男……」

幼馴染「男! 私は何で告白したか聞きたいの。答えて!」

男「面倒臭い奴だな……」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 04:04:53.40 ID:Bpmy0e2xO

男「俺は自分の気持ちに早く決着付けたくなっただけだよ」

幼馴染「な、なによそれ」

男「お前達を見てモヤモヤするのに疲れたんだ」

友「……」

男「自分勝手かも知れないけどな、何時までも保留してダラダラ関係を続けられる程メンタル強く無いんだよ。俺は」

幼馴染「だ、ダラダラってあんた……っ」

男「少しは俺の気持ちも理解して欲しいね」

幼馴染「!?」

友「…………」

女(きまずい……)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 04:10:03.80 ID:Bpmy0e2xO

男「そうじゃ、俺、気持ちの整理したいから早退するわ。友、適当に先生に言っといて」

友「え? ちょっと男!」

男「またな。友」

友「……うん」

女「……」

幼馴染「……」

幼馴染(またなって何よ。私にはさよならって言ったくせに……っ)



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 04:17:25.35 ID:Bpmy0e2xO

―男宅―

男「ただいま……って言っても、こんな時間じゃ誰も居ないか」

従姉「おっかえりぃ!」

男「うぇっ!? 従姉っ」

従姉「むっ。なにその反応!」

男「あ……その、びっくりして、つい……」

従姉「男クン酷いわっ。せっかく傷心の貴方を慰める為に、わざわざ家まで来てあげたのに……」シクシク

男「え……」ズキッ

従姉「ま、面倒な講義だったからサボっただけなんだけどねっ」テヘッ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 04:24:51.09 ID:Bpmy0e2xO

男「そんな事だろうとは思ってたけどね……」

従姉「それで、どうだった?」

男「……見事玉砕」

従姉「ふふっ。狙い通りじゃない」

男「まあ……そうだね」

従姉「気分、大丈夫?」

男「思ってたより楽かな……」

従姉「そっか」

男「なんか、もう目が無いって決まったからかな。すごい、心が軽くなった気がするんだ」

従姉「うん、良かった。本当に良かったよ。実は結構心配だったんだよ?」ナデナデ

男「へへ……ありがとな。従姉のおかげですっきり出来た」

男「だから背伸びしてまで頭撫でなくても良いよ」

従姉「ふふふっ。まあまあ、良いじゃない」ナデナデ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 04:34:31.29 ID:Bpmy0e2xO

従姉「あ、そうだ!」

男「なに、従姉?」

従姉「二人に告白した?」

男「告白したのは幼馴染だけだよ。女さんには友の事応援するって言っただけ」

従姉「そっか。うーん……」

男「え、俺何かマズった?」

従姉「ううん。マズっては無いと思う」

従姉「ただね、二人と同日に決別宣言ってインパクトあるのよ」

従姉「だから、幼馴染ちゃんと女ちゃんだっけ? 二人が男の事を意識し出すかもな……って」

男「ないない。だってあの二人、どう見ても友に夢中だったぜ?」

従姉「甘いっ」

男「へ?」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 04:43:30.45 ID:Bpmy0e2xO

従姉「幼馴染ちゃんは元々仲良しで、女ちゃんは男に興味があったから接触して来たかも知れないのよ!?」

従姉「男。あんた多少なりとも興味あった相手が離れて行くってなったら、どう思う?」

男「……」

従姉「だいたいあんた、キープ扱いだったかも知れないわよ。だったら可能性は高いわ」

男「なんか納得。確かにそうかも……」

従姉「何かあっても頑とした態度で接するのよ。もし誘われて乗ったら、あんたクソムシ以下のゴミ野郎に成り下がるんだからね」

男「そうだね。気を付けるよ、従姉」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 04:51:16.90 ID:Bpmy0e2xO

従姉「はいっ! と言う訳で相談タイム終了っ。ご飯食べいこ?」ニコッ

男「切り替えはやっ」

従姉「来る前にコンビニで立ち読みした時見つけたんだけど、近くに美味しい海鮮料理を出す居酒屋があるんだって!」

男「居酒屋って……。俺、あんまり持ち合わせが……」

従姉「あははッ。男の失恋傷心慰安に、私が奢ってあげるわよっ。ね、いこ?」

男「……うん。それじゃ、ご馳走になるよ、従姉」

従姉「素直でよろしいっ」クスッ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 04:59:58.74 ID:Bpmy0e2xO

―――
――


―帰路―

男「まったく……飲み過ぎだよ従姉。おんぶする身にもなってくれよな……」

従姉「いひひっ。いーじゃない、ひさしぶりのおさけなんだからぁ」ヒック

男「久し振りなら余計加減しろって!」

従姉「いーのいーの。可愛い親戚が介抱してくれるわかってるんだもんっ」ケラケラケラ

男「従姉、電車一人で乗れそう?」

従姉「むり。とめて」

男「泊めろって……」

従姉「電車むりぃっ。とめて、とめて、とーめーてぇっ!!」ジタバタ



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 05:06:34.34 ID:Bpmy0e2xO

男「一応親父達に聞くけど、駄目だったらタクシー呼ぶからね?」ピッ

従姉「おけー」

男「あ、親父? 従姉と飯食べに行くって話は母さんから聞いてる?」

男「うん。そう。それで従姉が泥酔しちゃって、泊めろって言うんだけど……」

男「えっ」

男「うん、分かった。連れて行くよ」

従姉「どうだったの?」

男「客間に布団用意してあるってさ」

従姉「にひひっ。さっすが男のご両親ね! わかってるわぁ」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 05:13:30.16 ID:Bpmy0e2xO

従姉「よーし、そうと決ればキリキリ歩く!」

男「おうっ。しっかり掴まってろよ」

従姉「ん……」ギュッ

男「……」

従姉「……男、大きくなったんだねぇ」シミジミ

男「従姉は昔から変わらないな。150くらいだっけ?」

従姉「もうちょいあるわよっ! まったく。身長のせいでさっきの居酒屋でも子供に見られるし……」ブツブツ

男「ははは……」

?「……あれ、男?」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 05:21:10.47 ID:Bpmy0e2xO

男「幼馴染……」

従姉(むむむ……っ)

男「随分遅いけど、今帰りなのか?」

幼馴染「飲み物買いに行った帰り。それで、あんた誰背負ってるのよ。誘拐?」

男「ひでぇ。従姉だよ、従姉っ。お前も会った事あるだろ?」

従姉「ちゃーす」

幼馴染「そういえば……。ご無沙汰してます、従姉さん」

男「じゃ、急ぐから行くな」

幼馴染「あ……待って、男!」

従姉(あっちゃー。やっぱりかぁ)



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 05:26:14.41 ID:Bpmy0e2xO

男「……なんだよ」

幼馴染「え、えっと……」

男「……」

幼馴染「今日の事、だけどさ……」

幼馴染「振ったからって、別に男の事が嫌いとか、そういうんじゃないから」

男「……うん」

幼馴染「だから、さ。さよなら何て言わないでよ……淋しいじゃん」

男「……悪い」

従姉(……面倒な事になる前に助けるか)



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 05:30:54.37 ID:Bpmy0e2xO

従姉「男、もうお酒抜けてきたから降ろして」

男「ん。分かった」

従姉「よっと」スタッ

従姉「さすが男の子だね。頼りになるよ」

男「従姉は軽いから、大したこと無いって」

従姉「お礼あげるから少し屈んで?」

男「こう?」

従姉「んっ……」チュッ

男「……っ!?」チューッ

幼馴染「なぁっ!?」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 05:38:11.66 ID:Bpmy0e2xO

男「いきなり何すんだよ、従姉!」

従姉「初物だぞー。有り難く受け取れぇ」ケラケラケラ

男「え……」

従姉「可愛い反応だなぁー。男も初めてか?」

男「わ、悪いかよ!」

従姉「あははっ。男は可愛いなぁ!」ペシペシ

男「うう……」

幼馴染「……」ワナワナ

男「幼馴染?」

幼馴染「従姉さん! いきなり何やってるんですか!」

従姉「……ふぅん」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 05:45:00.38 ID:Bpmy0e2xO

従姉「見た通り、酔った私を介抱してくれた男にお礼をしただけよ」

幼馴染「だからってキスだなんて……!」

従姉「へぇ……」クスッ

従姉「振った男なのに、まさか妬いたの?」

幼馴染「な!?」

従姉「今日、男君の傷心を慰めてたのよ」

従姉「振ったんでしょ? 彼ん……」

幼馴染「それは……」

従姉「振ったなら私と男君が何しようと関係無いわよねぇ?」クスクス



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 05:53:03.21 ID:Bpmy0e2xO

従姉「男君、早く帰ろ? 私、早くシャワー浴びたいな」ギュッ

男「うぇえ!?」

幼馴染「し、シャワーって……」

従姉「そうだ。今日お世話になるんだから、おじさん達にもご挨拶しないとねっ」

幼馴染「シャワー……お世話……?」

幼馴染「ま、まさか泊まる気ですか!?」

従姉「貴女には関係ないじゃなーい」ケラケラケラ

従姉「だって、振った相手なんでしょ……?」フフフッ

男(なんだこの空気……)



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 06:02:19.92 ID:Bpmy0e2xO

従姉「ねぇ……妬いてるの?」

幼馴染「そんなわけっ」

従姉「そうよねぇ。貴女にそんな資格無いものねぇ……」

幼馴染「し、資格って何ですか!」

従姉「男が昔から貴女の事好きだって気付いてたよね?」

幼馴染「!?」

従姉「なのに、違う男に尻尾振っちゃってさ……」

従姉「男君がどれだけ辛い思いしたか貴女に分かる……?」クスクスクス

幼馴染「それは……」

従姉「ふふふ。どう? 気のある相手が別の女と居る気分は?」

従姉「貴女が今受けてる衝撃以上の物を、ずっと男君は我慢して来たのよ……」

幼「……っ」

男(いとここわい)



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 06:07:52.45 ID:Bpmy0e2xO

幼馴染「わ、私はそんなつもりじゃ……」

従姉「無意識でも男君が傷付いた事に変わりは無いわ」

幼馴染「だ、だけどっ」

従姉「だけど? だけど何?」

従姉「貴女は傷付けて振った相手をまだ束縛するの?」

従姉「男君には私が居るんだから、貴女は自分の好きな人と居れば良いじゃない」

幼馴染「…………」

従姉「帰るわよ、男君」

男「あ、ああ。じゃあな、幼馴染」

幼馴染「…………」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 06:19:56.81 ID:Bpmy0e2xO

男「大丈夫かな、幼馴染……」

従姉「ふふっ」

男「なんだよ」

従姉「男は優しいね」

男「そんな事無い」

従姉「ううん。自分をキープ君にしようとしてた子を心配なんて、そうそう出来ないわ」

男「キープ?」

従姉「あの子、妙に食い下がって来てたじゃない」

従姉「あれは、貴方を手元に残したいからよ」

男「は、ははは……」

従姉「手元に残したいから、私が男とベタベタした時反応したの」

男「そうなの?」

従姉「友君、だっけ? 彼一筋なら私達が何しようと関係無いじゃない」

従姉「なのに反応したって事は、どういう事かな?」

男「…………」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 06:27:50.59 ID:Bpmy0e2xO

従姉「だいぶ強く言ったから、相当堪えてると思うけど油断しちゃダメだよ?」

男「まさか、まだ幼馴染が俺に何かするの?」

従姉「たぶん、ね」

従姉「私が居ない時に男君に媚び売りに来ると思う」

男「確かに……」

従姉「友って友達が大切なら、絶対誘いに乗っちゃ駄目だからね」

男「分かったよ、従姉」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 06:37:52.18 ID:Bpmy0e2xO

―男宅―

従姉「今夜はお世話になりますね。おじさん、おばさん」

父「何時も息子の世話をしてくれているんだ。構わないよ」

母「ええ。自分の家だと思って、ゆっくりして下さいね」

従姉「ありがとうございます。おばさん、おばさん」

父「男、客間に案内しなさい」

男「分かった。行こう、従姉」

従姉「はい。男さん」ニコッ

母「うふふ。妹に似て良い子ね」

父「ああ。まったくだな」

男(ただの猫かぶりだよ、親父、母さん!)



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 06:46:14.68 ID:Bpmy0e2xO

―客間―

従姉「つかれたー」ボフッ

男「服のまま布団に倒れ込むなよ」

従姉「んっ」

男「なにその手」

従姉「脱がして」

男「ば、ばかっ。何言ってんの!」

従姉「いーじゃーん。私達、もうキスまで済ませたんだよ?」

男「き、キス……」

男(そういえば、あの時……)

従姉「あははッ。なーに顔赤くしてるのよっ」ケラケラケラ

男「べ、別に良いだろ! 寝間着変わりに俺のスウェット貸すから持って来る!」タタタッ

従姉「ありがと。待ってるねー」

従姉「……」

従姉「……ほんと、良い子だな。あいつ」ボソッ



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 06:56:07.30 ID:Bpmy0e2xO

―――
――


男「従姉、スウェット持って来たぞ」

従姉「すぅ……すぅ……」

男「寝ちゃってる……あれだけ呑んだなら仕方ないか」

従姉「むにゃ……」

男「従姉、着替え持って来たよ」ユサユサ

従姉「……んーー?」

男「このまま寝たら服が皺だらけになるよ」

従姉「ん……うへへ……おとこぉ……」スピー

男「早く起きないと布団ひっぺがすぞー」ユサユサ

従姉「これが……えすか……ろっぷ?」ムニャムニャ

男「……」

男「えいっ」バサッ

従姉「きゃあっ!?」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 07:00:34.00 ID:Bpmy0e2xO

男「え……っ」

従姉「……」カアッ

男「何で、下着姿……?」

従姉「……ううっ」

男「い、従姉」

従姉「じっくり見るなぁ! ばかっ、出てけ!」マクラベシベシ

男「ごめんっ、従姉!」ダッ



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 07:05:36.65 ID:Bpmy0e2xO

―客間前―

男「……」ドキドキ

男(大人下着初めて見た……)

男(従姉……子供っぽいくせに意外と大胆な……)

男(うっ、血液が下腹部に……)

従姉『男。着替えたから、ちょっと来なさい』

男「!?」

従姉『居るんでしょ?』

男「う、うん。入るよ」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 07:16:04.87 ID:Bpmy0e2xO

―客間―

従姉「正座」ユビサシ

男「はい」スッ

従姉「男、私は悲しいよ」

男「……」

従姉「まさか男が寝込みを襲う外道だとは思わなかった」

男「そ、それは誤解だよ!」

従姉「布団引き剥がした」

男「うっ……」

従姉「私の下着姿じっと見てた」

男「ううっ……」

従姉「まだ誰にも見せてなかったのに……」グスッ

男「い、従姉!?」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 07:24:52.10 ID:Bpmy0e2xO

従姉「男に視姦された……」グスッ

男「」

従姉「私、きっと今夜のオカズにされるんだ」グスッ

男「」

従姉「男に……男に汚されたよぉ……」エグエグ

男「ごめん、従姉」

従姉「責任取って」

男「責任!?」

従姉「私が行き遅れたら男が貰って」

男「従姉……まさか、ウソ泣き……?」

従姉「うん」

男「従姉っ!」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 07:35:58.78 ID:Bpmy0e2xO

従姉「あはは。ごめんごめんっ」ポフポフ

男「ウソ泣きは止めてよ……」

従姉「だって男がいきなり布団引き剥がすんだもん」

男「それは……俺が悪かった。ごめん」

従姉「ダメ。許さない」

男「そんなっ」

従姉「死ぬほど恥ずかしかったんだからね」

男「ごめん……」

従姉「反省してる?」

男「うん。もう二度とやらない」

従姉「仕方ない。特別に許してあげるか」

男「ほんと!?」

従姉「ふっふーん。ただしねぇ…………」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 07:43:25.46 ID:Bpmy0e2xO

―――
――


従姉「男……もう寝た?」

男「ま……まだ……」

従姉「ふっふっふー。私に抱き枕にされて興奮してるな?」ギューッ

男「!?」

従姉「発情期の高校生に我慢出来るかなぁー?」スリスリ

男「や、やばいって従姉!」

従姉「やばい? なにが?」クスクス

男(くっ……主に下半身がヤバいとは言えないよな)

男(それにしても……許す条件が俺のベッドで従姉の抱き枕になれだなんて、何考えてるんだよ……)



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 07:53:33.94 ID:Bpmy0e2xO

従姉「ね、男」

男「……なに?」

従姉「小さい頃さ。あんたが落ち込んだ時に、こうやって私が抱き締めながら寝たの覚えてる?」

男「……」

従姉「身体は大きくなっても男は全然変わらないね」ナデナデ

男「ん……」

従姉「ふふふー」ナデナデ

男(……ああ、すごい落ち着く…………)

従姉「おやすみ、男」チュッ

男「うん……」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 08:00:01.38 ID:Bpmy0e2xO

―翌日―

従姉「おっはよーっ」ダイブッ

男「ぐえっ」

従姉「なーに変な声出してんの。朝食出来てるから早く起きなさい!」グリグリ

男「起きる! 起きるから退いてっ!」

従姉「はーい」ヒョイ

男「圧死するかと思った……」

従姉「着替えたら早く降りて来てね」ガチャ

男「わかってるよ」

従姉「あ。朝食私が作ったんだから、残しちゃだめだからねっ」パタン

男「ははは……」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 08:05:18.34 ID:Bpmy0e2xO

―リビング―

男「おはよう」

従姉「おはようございます、男さん」

男「……」

母「はい、朝食。今日は従姉ちゃんが作ってくれたのよ」カチャ

男「うん。さっき聞いた」

従姉「男さん、コーヒー飲みます?」

男「うん。じゃ、いただきます」カチャカタャ

父「従姉さん、私にもコーヒーをもう一杯いただけないかな」

従姉「はい。どうぞ、おじさん」コポコポコポ



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 08:10:17.42 ID:Bpmy0e2xO

従姉「そうだ、男さん。お弁当作っておいたので、持って行って下さいね」

男「え? あ、ありがとう」

従姉「私から貰ったって言えば予防線くらいにはなるわ」ヒソヒソ

男「なるほどね。ありがとう、従姉」ヒソヒソ

母「あら、朝から仲が良いわねぇ」

従姉「ええ。男さんは私の大切な人ですから」ニコッ

男「ぶっ」

父「どうした、男」

男「な、なんでもない。むせただけだよ!」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 08:21:21.03 ID:Bpmy0e2xO

―通学路―

従姉「私は一旦帰ってから大学行くね」

男「うん。色々ありがとな。今度、何かお礼を……」

従姉「可愛い親戚が困ってるんだもん。お礼なんか要らないわ」

従姉「でも、どうしてもお礼したかったら期待しといてあげるっ」

男「へへっ。期待してろよ?」

従姉「うんっ。じゃ、またね!」

男「ああ。またな!」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 08:27:33.87 ID:Bpmy0e2xO

友「おはよう、男」

男「おーっす」

友「随分可愛らしい人と一緒だったね」

男「従姉の事か」

友「従姉?」

男「そ。大学生の従姉」

友「大学生? 中学生かと思った……」

男「ははは。やっぱそのくらいに見えるよな」

女「おはよう、二人とも」

男「おはよ」

友「おはよう。女さん」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 08:35:22.84 ID:Bpmy0e2xO

幼馴染「おはよう……」

友「おはよう。幼馴染さん」

男「おーっす」

幼馴染「……」

友「幼馴染さん、何かあった?」

幼馴染「え? べ、別に何も無いわよ?」

友「……それなら良いんだ」

女「余り元気が無い様に見えますよ?」

幼馴染「そんな事無いよ。元気元気!」

男「……」

男「そうだ、俺消しゴム無くしたからコンビニ寄ってくわ。先行っててくれよ」

友「分かった。また学校でね」

男「おう」

男「女さん、頑張ってね」ヒソヒソ

女「う、うん。ありがとう……」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 08:44:24.12 ID:Bpmy0e2xO

友「……」

友(気を使う事無いのにな、男の奴)

女「どうしたの?」

友「ただの考え事。なんでもないよ」

幼馴染「ぼーっとして転ばないでよ」クスクス

友「流石にそれは無いよ」ハハハ

女「友君はそんなドジしませんよ」フフフ

友(やっぱり俺がはっきりしないから、男が気を使うんだよな……)

友(ごめん。男)



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 08:53:34.00 ID:Bpmy0e2xO

―昼―

女「友君、お昼行きましょう?」

幼馴染「今日は何処で食べる?」

友「うーん、食堂かな。そうだ、男は何処が良い?」

男「悪い。今日は従姉が弁当作ってくれたから、俺は屋上で食うよ」

友「なら俺も……」

男「従姉の奴、なんかファンシーな弁当作っててさ。恥ずかしいから一人で食べさせてくれないかな」

友「そっか……」

女(男君、気を使い過ぎじゃ……)

幼馴染(従姉……)

友「じゃ、食堂行こうか」

女「は、はいっ」

幼馴染「…………」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 09:01:26.42 ID:Bpmy0e2xO

―屋上―

男「おお、予想以上に気合いの入った弁当だな」パクッ

男「ん……旨い……」

男(従姉、あんなナリして料理上手いんだな)

男(従姉のエプロン姿……)

男(…………)

男(はっ。いかんいかん。何考えてんだ俺は!)ブンブン

男「さて、早く食うか」

男「……これも旨い。俺の好み分かってるんだな、従姉」

男(へへ。味わって食べよう……)



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 09:09:07.51 ID:Bpmy0e2xO

男「ご馳走様でしたっと」

男(ふいー。従姉の弁当旨かったなぁ……)

男「毎日作ってくれないかな……」ボソッ

幼馴染「何を毎日作って欲しいの?」

男「うわぁっ!?」

幼馴染「……」

男「幼馴染? お前食堂に行ったんじゃなかったのか?」

幼馴染「良いじゃない。そんな事」

男「そんな事って、お前なぁ」

男(面倒な事にならなきゃ良いけど……)



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 09:12:56.77 ID:Bpmy0e2xO

男「で、何か用か?」

幼馴染「用が無かったら会いに来ちゃダメなの?」

男「そんな事は無いけど……」

幼馴染「隣、座って良い?」

男「……ああ」

幼馴染「……」

男「……」

男(無言かよっ!!)



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 09:19:04.41 ID:Bpmy0e2xO

幼馴染「……昨日さ」

男「うん」

幼馴染「何で従姉さんに相談したの?」

男「……他に信頼して話せる人が居なかったからだよ」

幼馴染「ふーん」

男「そろそろ友の所に戻れよ」

幼馴染「友君には男の所行くって言ってるから平気だよ。友君、男の事信頼してるから」

男「そうか」

男(友が俺を信じても、幼馴染が裏切ったら意味が無いんだぞ)



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 09:24:26.90 ID:Bpmy0e2xO

幼馴染「男は……」

男「ん?」

幼馴染「男は従姉さんとどういう関係なの?」

男「……お前には関係無いだろ」

幼馴染「幼馴染みなのに?」

男「なんだそれ」

幼馴染「……教えてよ」

男「ったく。誰にも言うなよ」

幼馴染「うん」

男「従姉とは結婚の約束をしている関係なんだ」

幼馴染「け、結婚!?」

男(従姉が行き遅れたらの話だけどな)



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 09:34:34.50 ID:Bpmy0e2xO

男「ああ」

幼馴染「い、いつ約束したのよっ?」

男「昨日布団の上で」

男(正座しながらな)

幼馴染「!?」

男「子供の口約束じゃなくて大人の約束だ。親父達も従姉を気に入ってくれてる」

幼馴染「…………」

男「きっかけはお前に振られた事だけど、俺は良かったと思ってるよ」

男「もうこんな時間か。弁当箱洗わなきゃいけないから行くな」

幼馴染「……うん」

男「じゃあな」

幼馴染「…………」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 09:41:56.94 ID:Bpmy0e2xO

バシャバシャ

男(流石にここまで決定的に目が無いと分かればキープにはしないだろ)

男(……これで良いんだ。あいつを好きだったのは、もうずっと過去の事なんだ……っ)

男(それに、俺はもう……)

女「男君、ちょっと良い?」

男「女さん、どうしたの? 幼馴染ならまだ屋上だと思うけど」

女「ううん。男君に話があるの」

男「……分かった。なに?」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 09:49:03.33 ID:Bpmy0e2xO

女「男君、無理してない?」

男「無理? 俺が?」

女「男君、幼馴染さんに振られた後から、ずっと気を使ってる様な気がするの」

男「あー、まあ確かにショックは有ったけど、無理はしてないよ」

女「本当に?」

男「本当本当」

女「……それなら良いです」

男(一応予防線張っておくか)



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 10:05:22.05 ID:Bpmy0e2xO

男「女さん。俺が幼馴染に告白したのは、あいつへの想いを断ち切る為なんだよ」

男「幼馴染は俺じゃなくて友を見ている。それでも俺は幼馴染が……好きだった」

男「そんな想いを断ち切る為に。振られる為に告白したんだ」

女「はい……」

男「辛くない訳じゃ無かったけどさ、相談に乗ってくれた人が俺を支えてくれてるから平気だよ」

女「そう……なんですか」

男「それより女さんだよ。幼馴染に俺って枷が無いんだから、積極的にがんばらないと」

男「今だって俺と話してるより、友の所に居た方が良いんじゃないか?」

女「……はい」

男「それじゃ、俺は教室戻るね」

女「…………」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 10:09:57.78 ID:Bpmy0e2xO

男(さて、と)

男(あの二人がバラけてるって事は……)

友「男、放課後で良いから時間開けてくれないか?」

男「ああ。良いよ」

友「ありがとう、男」

男(当然こうなるよな……)



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 10:18:54.66 ID:Bpmy0e2xO

モブ子「あ、あの……」

男「なに? 友に用かな」

モブ子「お、男に聞きたい事があるのっ」

男「俺に?」

モブ子「うん。言いにくい事かもしれないんだけど……」

モブ子「幼馴染さんに振られたって……本当?」

男「……」

モブ子「ご、ごめんなさいっ。言いたくないなら良いから!」

男「振られたよ」

モブ「へ? ほ……本当?」

男「うん。それはもうバッサリと」

モブ子「じゃあ男君、今フリーなんだ……」ボソッ

男「ん?」

モブ子「な、なんでも無い。じゃあねっ!」タタタッ



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 10:23:16.50 ID:Bpmy0e2xO

男「なんだったんだ、今の……」

男(そういえば朝から微妙に視線を感じてるんだよな)

男(そうか、幼馴染がフリーになったから友の競争率上がったんだもんな)

男(まずい。友が気になってる女子を敵に回したかも……)



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 10:30:56.96 ID:Bpmy0e2xO

―放課後―

女「友君、一緒に帰りませんか?」

幼馴染「……」

友「ごめん。ちょっと用があるから、先に……」

女「なら用事が済むまで待って構いませんか?」

友「それは構わないけど……」

女「じゃあ用事が済んだらメール下さい。私、ロビーに居ますから!」タタタ

女(男君。私、頑張ります)

女(ありがとう……ごめんなさい……)



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 10:36:45.68 ID:Bpmy0e2xO

幼馴染「私は……先に帰るよ」

友「うん。また明日」

幼馴染「うん。またね」

友「……幼馴染さん、体調良く無い?」

幼馴染「そんな事無いよ」

友「……気を付けてね」

幼馴染「ん……ばいばい」

幼馴染(何やってるんだろ、私……)

友「…………」

友「大丈夫かな、幼馴染さん」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 10:43:09.39 ID:Bpmy0e2xO

男「そろそろ行くか」

友「ああ。中庭に行こう」

男「分かった」

男(良かった。女さん頑張ってるみたいで)

男(幼馴染はキツそうだったな。振った奴がショック受けてどうするよ)

友「どうした?」

男「ん、別に。ちゃちゃっと中庭行こうぜ」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 10:52:49.85 ID:Bpmy0e2xO

―中庭―

男「で、話って?」

友「……」

男「女さんと幼馴染、どっちかと付き合う覚悟が出来たとか?」

友「……その、逆なんだ」

男「そっか……」

男「確かに俺がお前の立場なら選べないよ。二人はそれだけ魅力的だと思う」

友「うん……」

男「でもな、それじゃ駄目だ」

友「そうは言うけど!」

友「俺は幼馴染さんも女さんも大切なんだ! 俺が選んで今の関係が壊れたら……辛いよ」

友「なにより男と関係が悪くなったら嫌なんだよ!」

男「駄目だよ、友」

男「選ばない事を選んじゃいけない。それじゃ誰も幸せになれないんだ」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 11:01:23.54 ID:Bpmy0e2xO

男「俺も関係が壊れる事が怖かったから分かるよ」

男「だけど、それを怖がって今の楽な関係を続けても誰も幸せになれない」

男「寧ろどんどん不幸になる」

友「……」

男「お前が選ばなければ楽な関係は続くよ」

男「だけどそれは、あの二人を束縛するだけだ」

男「お前に束縛されて、ズルズルと時間だけが過ぎるだけだ」

男「それが二人にとって幸せだと言えるかな?」

友「幸せだなんて言える訳ないよ、そんな状況……」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 11:14:24.35 ID:Bpmy0e2xO

男「なら、やるべき事は分かるよな」

友「……うん」

男「選ばれたお前は、はっきり応える義務があるんだ」

友「うん。今はっきりと分かった」

男「それにな。選ばれ無かった方が必ずしも不幸になる訳じゃ無いんだぜ?」

友「え……?」

男「俺は選ばれなかったけど、大切な人を見つけられたからな」ニッ

友「男……俺……っ」

男「ま、多少恨まれるのはモテるお前が悪いって事で」ハハ

友「……」

男「ちゃんと選んでやれよ、友」

友「男、君と友達で良かった。本当に……」

友「俺、けじめを付けるよ。今の関係に」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 11:18:31.96 ID:Bpmy0e2xO

―――
――


男「あの様子なら、大丈夫だよな……」

男「俺にあれだけ臭い事言わせたんだ。しっかりやれよ、友」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 11:27:40.85 ID:Bpmy0e2xO

男「俺も人に偉そうに言ってないで、自分の事をしっかりしないとな」ピッ

プルルルル

従姉『今朝ぶりー。なにかあったの?』

男「従姉、あのさ……」

従姉『なに?』

男「昨夜の約束、本気にして良いかな」

従姉『昨夜の約束……?』

男「行き遅れたら結婚しろって奴だよ」

従姉『ふぇっ!? 本気にって……』

男「あと、一つお願いがあるんだ」

従姉『は、はい。お、お願いがなに?』

男「それは――――」



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 11:36:53.26 ID:Bpmy0e2xO

―数日後―

男「おーっす」

友「おはよう、男」

幼馴染「おはよ」

男「今日も仲良く登校か。なんかこの辺りだけ気温高いじゃないか」

女「本当ですね。空間がピンクに歪んでます」

友「うっ……」

男「おはよう、女さん」

女「はい。みなさん、おはようございます」

幼馴染「なんか女さんキツくなってない?」

女「そんな事ありませんよ?」



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 11:45:47.87 ID:Bpmy0e2xO

友「男は今日も弁当作って貰ったみたいだね」

男「まーね。未来の嫁さんが家に居るからな」

女「むっ。こちらも空間がピンクに……」

モブ子「女さん、おはよう!」

女「おはようございます、モブ子さん。では私は失礼しますね」

男「うん、またね」

女「はいっ」

幼馴染「……女さん、変わったね」

友「うん……前より明るくなった」

男「失恋して一皮剥けたんだろ。俺も同じだから分かるぜ」キリッ

幼馴染「なにカッコ付けてんのよ」

男「素面で言うと恥ずかしいんだよ!」

友「ははは……」



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 12:01:42.29 ID:Bpmy0e2xO

男(俺が友と話した日、友は女さんにはっきりと付き合う事が出来ない事を告げ、幼馴染に告白した)

男(女さんも内心分かっていたらしい。友は何時だって幼馴染を良く見ていた。それにきっと気付いてたのだろう)

男(……女さん、早く元気になってくれると良いな)

男(そういえば、友と幼馴染の事を従姉に話した時)

従姉『幼馴染ちゃん天然ビッチっぽいけど長続きすると良いね☆』

男(と、恐ろしい事を言っていた)

男(まあ、正直否定出来ないから困る)

男(そして俺はと言うと……)

友「男……男っ」チョンチョン

男「ん?」



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 12:06:41.39 ID:Bpmy0e2xO

「あ、あの男さん!」

男「えっと……」

「お付き合いしてる人が居ないって聞いたので、その……」

「わ、私と付き合って下さい! お願いします!」

男「ごめん」

「えっ……?」

男「付き合ってる人は居ないけど、将来を約束した人が居るんだ。だから、キミとは付き合えない」

「そんな……」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 12:16:37.26 ID:Bpmy0e2xO

男(失恋効果か従姉のお陰か分からないが、こんな事がたまに起こる様になった)

男(断るのは気が重いけど、選ばれた以上は義務を果さなければならない)

男(既に一人待たせてるんだ。これ以上自分に束縛させちゃ悪いもんな)

男「じゃ、俺もピンク空間に耐えられないから先行くわ」

友「なんだよ、それ」

男「二人の時間を邪魔する程野暮じゃ無いんだよ!」

友「ううっ……」

幼馴染「……ごめんね、男。気を使わせちゃって」

男「さあね。じゃ、お先に!」



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 12:36:40.36 ID:Bpmy0e2xO

男(やっぱりと言うか、なんと言うか)

男(友と幼馴染が付き合い始めてから、彼らと居る時間は徐々に減っていった)

男(従姉曰く、ツレが出来ると男女関係無く起きる現象らしい)

男「ま、関係が悪化するよりマシか」ボソッ

女「独り言は危ない人に見られますよ」

男「あ、女さん」

モブ子「男君も私達と一緒に学校行かない?」

男「別に構わないけど」

モブ子「やった! こうやって徐々に距離を縮めるば……!」

男「付き合わないからね」

モブ子「心変わりに期待してるね」ニコッ

男「は、はは……」



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 12:48:19.32 ID:Bpmy0e2xO

モブ子「男君さ、将来を約束した人は居るって言っても、付き合ってる人居ないんだよね?」

男「付き合って……か。うん付き合ってはいないね」

女「何か含みのある言い方ですね」

モブ子「むうぅ……これは怪しい……」

女「何か隠してますよね? 何を隠してるんですか?」

男「それは……」

モブ子「それは?」

男「お、時間ヤバいな。急がなくちゃ!」ダッ

女「あ、逃げた」

モブ子「ま、待ってよ男君っ!」



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 12:58:13.36 ID:Bpmy0e2xO

男「はは……言える訳無いって。あんな状況」

男「俺と従姉が――――」

―――
――


―男宅―

男「ただいま」ガチャ

従姉「おっかえりぃ!」ダキッ

男「ん、ただいま。従姉」ギュウッ

男(従姉が家に既に嫁入りに来てるなんて言えないよな。普通)

男(籍を入れてないだけで、親公認で夫婦してるなんてな……)

男「従姉」

従姉「なに?」

男「選んでくれて、ありがとう」



おわる



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 13:01:39.74 ID:Bpmy0e2xO

ハーレム主人公は誠意を見せるべきだと思うんだ
だから優柔不断と天然ビッチで勝手にやっていて下さい
という話でした


元スレ
男「トライアングラー……」