1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 20:29:35.56 ID:Dd7YNBZZ0

花子「そのまま返すし。櫻子はひま姉に迷惑かけすぎだし」

櫻子「いや、そういうことじゃないんだ」

花子「じゃあなんだし」

櫻子「お前、向日葵に育てられたんだよ」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 20:35:03.75 ID:Dd7YNBZZ0

花子「櫻子……ついにそこまでバカに?」

櫻子「覚えてなくても無理はない。赤ちゃんの頃の話だからな」

花子「意味わからんし」

櫻子「向日葵ってさ、おっぱい大きいだろ?」

花子「それがなんだし」

櫻子「あれはお前が吸ってたからだよ」

花子「はあ!?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 20:45:35.14 ID:Dd7YNBZZ0

櫻子「まぁ向日葵も承知の上だから気にするな」

花子「いや、ひま姉まだ母乳でないに決まってるし」
櫻子「別にミルクあげるためじゃないよ」

花子「話がまったくわからんし」

櫻子「当時、花子はかなりの甘えん坊でな。なにかと『ママ、ママ』と泣いてたんだよ」

花子「あ、赤ちゃんだから仕方ないし」

櫻子「ママー ハナコデチュー」

花子(イラッ)



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 20:55:23.59 ID:Dd7YNBZZ0

櫻子「でも母さんも働いてたからな。産後とはいえ花子だけ見てるわけにもいかなかったんだ」

花子「……」

櫻子「時に撫子姉ちゃん、時に私と家族総出でお前の面倒を見――」

花子「櫻子は嘘だし」

櫻子「――まぁ、完璧とは言わないけどな」

花子(絶対こいつも花子サイドだったし)



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 21:04:29.13 ID:Dd7YNBZZ0

櫻子「だが、そんな周りの愛情にも関わらず花子は『マミー』と泣き叫ぶ。とんだ恩知らず」

花子「だまれし」

櫻子「でもある日、転機が訪れる。向日葵が私を慕って遊びにきたんだ」

花子「余計な言葉はさむなし」

櫻子「なんと向日葵をみた瞬間、花子が飛びかk」

花子「それ嘘だし?」

櫻子「はい」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 21:14:12.30 ID:Dd7YNBZZ0

花子「次は許さんし」

櫻子「叩くことないだろ……まぁ、向日葵みてお前が落ち着いたのは本当」

花子「そりゃ櫻子よりひま姉の方がずっといいし」

櫻子「お前ひどいな。で、そのまま向日葵に抱っこしてもらってたんだよ」

花子「ひま姉はやさしいし」

櫻子「そしたらな、向日葵が急に『あっ』て……ウヒッ」

花子「……なんで顔赤いんだし」

櫻子「いや、思い出したら、ちょっと……おい、ひくな」

花子「さすがに……それは……」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 21:25:39.06 ID:Dd7YNBZZ0

櫻子「話戻すぞ。私は最初、花子のお漏らしとかだと思ったんだ」

花子「まぁそりゃそうだし」

櫻子「今現在も花子お漏らしするしな」

花子「しないし! してるのは櫻子だし」

櫻子「え……湯船でしてるの知ってたの?」

花子「また話がズレ――いまなんて言」

櫻子「……」

花子「おい」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 21:35:14.80 ID:Dd7YNBZZ0

櫻子「それはおいといて、花子が向日葵のおっぱいに吸い付いてたわけだ」

花子「おい」

櫻子「たぶん安心して母さんと間違えたんだろうな」

花子「その時にとめろし。ひま姉に申し訳ないし」

櫻子「向日葵も笑ってた。楓もいなかったからな、妹みたいだったんだろ」

花子「誰かにも見習ってほしいし」

櫻子「そうしてようやく花子が離れたと思ったら服が伸びてるし、よだれでベタベタだし。謝れよ」

花子「ひま姉、ごめんし」
櫻子「私にも」

花子「だまれし」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 21:45:25.64 ID:Dd7YNBZZ0

花子「話はわかったし。でもそれだけでひま姉の胸――」

櫻子「いや、まだ続きがあってな」

花子「続き?」

櫻子「服が伸びたって言ったろ? 途中からその心配いらなくなったんだよ」

花子「え、まさか」

櫻子「うん。後半戦はお前、直に吸い付いてた。これには向日葵も苦笑い」

花子「う、嘘だし!」

櫻子「本当だよ。だって思い出すと――ウヒ」

花子「ひま姉、ごめんし……」

櫻子「『さーちゃん、恥ずかしいよぉ』ってね ウヒョウ」

花子(姉妹揃って申し訳ないし)



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 21:55:44.40 ID:Dd7YNBZZ0

櫻子「お前が乳離れするまで続いてたかな」

花子「……」

櫻子「あとさ、おまえ乳製品好きだろ?」

花子「う、うん」

櫻子「それたぶん向日葵から貰えなかった分を補充してんじゃね?」

花子「!?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 22:06:33.57 ID:Dd7YNBZZ0

櫻子「というわけで、向日葵に感謝しろよ」

花子「ひま姉は好きだし。でも感謝って……」

櫻子「深く考えるな。ほら、向日葵に『ありがとう』って言ってこい」

花子「……うん」

櫻子「あと私にも感謝し」
花子「行ってくるし」

櫻子「さみしい」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 22:21:25.06 ID:Dd7YNBZZ0

向日葵「はーい、あら花子ちゃん」

花子「……ひま姉」

向日葵「どうかしましたの? 櫻子がまた何か?」

花子「んっと、違くて……」

向日葵「とりあえずお上がりなさいな」

花子「うん」

向日葵「どうぞ」

花子「おかあさ……」

向日葵「はい?」

花子「なんでもないし」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 22:35:56.61 ID:Dd7YNBZZ0

向日葵「それで、何か悩み事でも?」

花子「えっと、ちっちゃい頃……お世話に……」

向日葵「ちっちゃい頃?」

花子「ひま姉の、胸を……その、えっと」

向日葵「……花子ちゃん、ちょっとこっちに」

花子「??」

ギュッ

花子「ひ、ひま姉!?」

向日葵「落ち着きました?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 22:49:18.13 ID:Dd7YNBZZ0

花子(ひま姉にぎゅっとされてると落ち着くし……)

向日葵「ふふ、何年ぶりかしら」

花子「花子、やっぱりひま姉に抱っこされてたし?」

向日葵「赤ちゃんの頃はよくこうしてましたわ」

花子「ひま姉にお世話になりっぱなしだし」

向日葵「抱っこくらいで大袈裟ですわ」

花子「抱っこだけじゃないし!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:02:38.47 ID:Dd7YNBZZ0

向日葵「ど、どうしましたの?」

花子「櫻子にきいたし。花子、花子……」

向日葵「花子ちゃん?」

花子「ひま姉のおっぱいに育てられたし!」

向日葵「!?」

花子「ひま姉、ありがとうだし! おっぱいありがとうだし!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:13:38.32 ID:Dd7YNBZZ0

櫻子「花子、今頃は向日葵と感動の再会だね」

撫子「櫻子、あんた勘違いしてるよ」

櫻子「なにを?」

撫子「ひま子のおっぱい吸ってたのさ」

櫻子「花子でしょ?」

撫子「あんたよ」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:25:45.61 ID:Dd7YNBZZ0

櫻子「いやいや、そんなわけないよ」

撫子「抱っこされてる花子みてやきもちやいてたでしょ。覚えてない?」

櫻子「……ちょい待ち」

撫子「『ひまちゃんはわたしのだもん』って甘えだしたじゃん」

櫻子「マジで?」

撫子「ひま子が急に『あっ』とか言い出すから驚いたよ」

櫻子(やっべ、マジやっべ)

撫子「たぶんひま子は覚えてるんじゃない?」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:38:26.64 ID:Dd7YNBZZ0

撫子「花子がなつかなくなったのもその辺くらいからじゃなかった?」

櫻子「え、初めはなついてたの!?」

撫子「そりゃそうよ」

櫻子「なんてこっt」

花子「櫻子ぉ! 出てこいし!」

撫・櫻「!?」

花子「……ひま姉、顔がひきつってたし。許さんし」

櫻子「待て、勘違いなんだ。あ、お詫びに私のおっぱい吸っていいから! な!」

花子「だまれし! 覚悟しろし!」


櫻子「みんなおっぱいが悪いんだぁぁぁぁぁぁ!!」


おわり


元スレ
櫻子「花子は向日葵に感謝して生きろ」