1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 18:44:35 ID:dw986thM

マルコ「あっ、ごめん。ジャン、もしかして僕と組みたかったの?」

ジャン「ち、ちが」

アルミン「えっ、ジャ、ジャンごめんね、僕が他の人と組むよ」

マルコ「え、アルミン…」シュン

アルミン「あ、え、えっと」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 18:49:42 ID:dw986thM

アルミン「三人組でもいいか教官に聞いてみようか」

マルコ「えっ…。みんな二人組なのに僕らだけ三人だと有利になるとかで駄目なんじゃないかな」

アルミン「あっ…」

マルコ「えーとどうすればいいかな」

ジャン「…いやもうお前らで二人組組もうってことになってたんだろ?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 18:52:24 ID:dw986thM

マルコ「あ、うん」

ジャン「ならもうそれでいいっていうか」

アルミン「で、でもジャンが」

ジャン「いやいやいや」

ジャン「俺は別にマルコが組む相手いないなら組んでやろうかなって思ってただけだし?」

アルミン「…う、うん」

ジャン「だから俺は他の奴と組むよ」

マルコ「そっか、ごめんねジャン」ホッ



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 18:56:45 ID:dw986thM

ジャン (露骨にホッとした顔しやがって…)

マルコ「ジャンと組みたい人なら他にたくさんいると思うよ」

アルミン「それもそうだね」ホッ

ジャン「当たり前だろ!じゃーな」



マルコ「あー。びっくりした。ジャンって僕と組むつもりだったんだね」

アルミン「急に言い出したからびっくりしたね」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:00:57 ID:dw986thM

マルコ「…というかまだジャン誰とも組んでなかったんだね」ハハハ

アルミン「もうみんなだいたい決まってるんじゃないかな?」




モブ「わりぃ、ジャン。俺もう決まっててさ」

トーマス「ジャンはマルコと組むのかと思ってたよ」

ジャン「…。」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:04:50 ID:dw986thM

ジャン「ライナーは誰と組むんだ?」

ライナー「俺はベルトルトと組む約束をしてるぞ」

ジャン「…コニーは?」

コニー「俺はサシャと組むけど?」

ジャン「へ、へぇ…」

ジャン (くそ…なんでみんなもう決まってんだよ!)



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:07:12 ID:dw986thM

エレン「お前らなんの話してるんだ?」

ベルトルト「次の野外訓練、誰とペアを組むかって話だよ」

エレン「あー…」

コニー「エレンはもう決まってんのか?」

エレン「ミカサ」

ジャン「糞が」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:11:00 ID:dw986thM

ジャン「だいたいよぉ野外訓練で男女ペア可なのがおかしい!」

ライナー「おいおいジャン、嫉妬はみっともないぞ」

ジャン「嫉妬なんかじゃねえよ!!」

コニー「うるせーなジャン。さっさと組む相手探してきたらどうだ?」

エレン「えっ!ジャンまだペア決まってないのか」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:13:33 ID:dw986thM

ジャン「悪りぃかよ!」

エレン「いや…そのなんかごめん」

ジャン「!!」

ライナー「ジャン大丈夫だ、他にもまだ決まってない奴はいる」

ジャン「うっせーよライナー!というかそんなこと気にしてねぇし???」

ベルトルト (可哀想に)



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:19:12 ID:dw986thM

ジャン「お前まだ決まってないんだろ、組もうぜ」

モブA「い、いや…ごめん。僕なんか足手まといになるだけだしっ」

ジャン「…」


モブB「嫌だよお前、成績下位な俺らを見下してるし」


モブC「お前にはもっといい相手がいると思うぜ」

ーーーー

ジャン「俺にどうしろと?!」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:21:46 ID:dw986thM

クリスタ「ジャン、どうしたの?」

ジャン「クリスタ…はどうせユミルと組むんだろ?知ってる」

クリスタ「え、えっと、なんの話…?」

ジャン「次の野外訓練だよ」

クリスタ「ああ!うん、ユミルと組むことになると思う」

ジャン「…やっぱりな」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:24:23 ID:dw986thM

クリスタ「ジャン…?」

ジャン「仲いいと思ってた奴にはもっと仲のいい奴がいた時ってどうすればいいんだろうな」

クリスタ「えっ、えっと、うーん…」

ジャン「俺…このままだと1人で野外訓練することになるかもしれねぇ」

クリスタ「えっ?!」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:41:19 ID:dw986thM

クリスタ「そんなこと…ジャンにはマルコが」

ジャン「アルミンと組むんだとよ」

クリスタ「えっ!」

ジャン「他の組んでくれそうな奴らもみんな決まってたし…他の決まってない奴らにもことごとく断られるし…」

クリスタ「…。」

ジャン「最悪だ」

クリスタ「…じょうぶ!」

ジャン「えっ?」

クリスタ「大丈夫!ジャンを一人になんかさせないよ!!私に任せて!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:44:45 ID:dw986thM

ジャン「任せてってお前、そんなこと」

クリスタ「大丈夫だから!ジャンは安心してね!」ニコッ

ジャン「おう(女神…)」

クリスタ (ジャンを一人にさせない為に頑張らなくっちゃ!)



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:47:42 ID:dw986thM

次の日

クリスタ「ジャン!!」タタタ

ジャン「あっ、クリスタ」

クリスタ「あのね、教官に話してみたの!そしたらね、」

クリスタ「三人組でも大丈夫なんだって!」

ジャン「!!」

クリスタ「だから…」

ジャン (私たちと組もう!ってことか…)



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:50:44 ID:dw986thM

クリスタ「マルコとアルミンと組めるよ!!」

ジャン「えっ?」

クリスタ「三人組でも大丈夫らしいってマルコに話してみてね」ニッコリ

ジャン「あ、ありがとな、そうする」

クリスタ「ううん!」



ジャン (マジかよ……)ハァ



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 19:57:24 ID:dw986thM

マルコ「ジャン、どうしたの?ため息なんかついて」

アルミン「クリスタとなんの話してたの?」

ジャン (お前ら二人とも罪悪感で俺に話しかけてるだろ!)

ジャン「あのさ…」

マルコ「なんだい」

ジャン (せっかくのクリスタの善意だ…言ってしまおう)



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:04:41 ID:dw986thM

ジャン「三人組でもいいんだとよ」

アルミン「えっ?」

ジャン「その、野外訓練が」

マルコ「どういうこと?」

ジャン (辛い)

ジャン「いや、だから」

ジャン「野外訓練、別に三人組でもいいらしいぞ」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:07:54 ID:dw986thM

アルミン「えっ、あー、そうなんだ!」

マルコ「それ本当のことなの?」

ジャン「クリスタが教官にそう聞いたらしい」

ジャン (言うんじゃなかった何この空気)

アルミン「…」

マルコ「…」

ジャン「…」

アルミン「な、ならジャンも僕たちと組む?」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:11:47 ID:dw986thM

マルコ「えっ、でもジャン、他に組む人とか決まってるんじゃ」

アルミン「あっ、そうだったの?」

ジャン「ま、まだ決まってないけどよ…」

マルコ「あ、そうだったんだ」

ジャン「…」

アルミン「…」

マルコ「…」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:23:12 ID:dw986thM

ミカサ「…?(アルミンの顔が引きつってる?)」

アルミン「良かったね、三人組がオッケーで」

マルコ「うーん、僕は二人組の方がいいと思うんだけど…」

アルミン「え、なんで?」

マルコ「三人組可とは言っても、原則二人組ってことになってるんだし、訓練方法も二人組前提のものになると思うんだけどなぁ」

アルミン「それはそうかも」ハハハ

ジャン「あ、いや…うん、そうだな」

ジャン (死にたい)

ミカサ「…」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:31:28 ID:dw986thM

マルコ「別にジャンと組みたくないってわけじゃないんだよ?」

ジャン「おう」

アルミン「そ、そうだよジャン!」

ジャン「うん」

マルコ「ジャンには他に組んでくれる人がいるよ!」

ジャン「…」

ミカサ「アルミン、さっきからあなた達は何を話しているの?」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:37:33 ID:dw986thM

アルミン「ミカサ!」

ジャン「!」

アルミン「次の野外訓練の話だよ」

ミカサ「…エレンと私がペアになる訓練」

アルミン「そうそう、それそれ」

ミカサ「アルミンはマルコと組むことにしたの?」

アルミン「うん」

ミカサ「そう」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:42:50 ID:dw986thM

ミカサ「三人組でいいなら…ジャンを入れて三人組にはしないの?」

マルコ「えっ…」

アルミン「原則二人組だし二人組の方がいいかなってマルコが」

ジャン「…第一俺は三人組で組もうなんて言ってないしな!!!」

マルコ「そうだよね!」ホッ

ジャン (…)



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:52:49 ID:dw986thM

ミカサ「…ジャンは組む相手が決まっていない」

ジャン「!ああそうだよ!」

ミカサ「マルコ、あなたとジャンは友達のはず」

マルコ「…?」

ミカサ「なら何故、原則二人組だからというくだらない理由でジャンと組むのを嫌がる」

マルコ「…。」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 20:58:39 ID:dw986thM

マルコ「別にジャンと組みたくないわけじゃないよ。ただアルミンと組むのはずっと前から決めていたことだし」

ミカサ「…」

マルコ「第一、ミカサだってエレンとせっかく二人組になれたのに、三人組ありになってサシャやアニが加わるのは嫌だろ?」

ミカサ「…(?マルコって…もしかして…)」

ジャン (ん…?マルコってそういう意味でアルミンのこと)



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:06:02 ID:dw986thM

マルコ「つまり、そういうことだよ」

ジャン「いやどういうことだよ!はっきり言えよ!!」

アルミン「あー、つまり、ジャンは恋人同士でペアを組んでる人達の中に割り込もうとしてる、ってこと、だよ」カアッ

ジャン「?!」

ミカサ「?!」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:13:25 ID:dw986thM

マルコ「はぁ。言うつもりはなかったんだけどね」

アルミン「ごめんよマルコ」

マルコ「いいんだよ、アルミン」

ジャン「」

ミカサ「…お幸せに」

ジャン (ミカサが無表情になってる)



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:18:09 ID:dw986thM

ジャン「その…すまん。」

マルコ「いいよ、言ってなかった僕らが悪いんだし」

アルミン「お互い様だよジャン!」

ミカサ「そもそもジャンが謝ることじゃないと思う」

アルミン「じゃ、そういうことだから、僕たちは行くね」



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:20:54 ID:dw986thM

マルコ「アルミン…今夜もやらないか」

アルミン「ふふふ、マルコはとんだ淫乱さんだね」

マルコ「ふええ…」

アルミン「今夜は、離さない」




ミカサ「…聞いてはいけないものを聞いてしまった」

ジャン「俺は何も聞いてない、聞いてないぞ…」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:23:17 ID:dw986thM

ミカサ「それで、ジャンは結局ペアをどうするの?」

ジャン「あっ」

ジャン「…どっかに入れてもらうよ」ハァ

ミカサ「もう決めてあるの?」

ジャン「決まってないけど決めるしかねーだろ」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:28:19 ID:dw986thM

ミカサ「なら私たちと組めばいい」

ジャン「えっ?!」

ミカサ「?」

ジャン「本気で言ってんのか?」

ミカサ「嫌なら別に構わない」

ジャン「エレンがいるのを考慮しても嫌じゃないです!!!」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:32:45 ID:dw986thM

ミカサ「そう…ならエレンには私から言っておこう」

ジャン (よっしゃあああ)

ジャン (それもこれもマルコとアルミンが付き合ってたおかげだな!!)



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 21:39:02 ID:dw986thM

ジャン「ホモ最高!」

ーーーー

アルミン「と、このように、ホモには1人の少年の運命を大きく変えていく力があるのです!!」

子鹿「そんなフィクションストーリーを見せつけられても納得できるか!!!ホモが危険ではないという証拠にはなっていないではないかぁ!!!」

アルミン「証拠など必要ありません!ホモは人類の味方です!!」

エレン「犯してやる…一人残らずノンケを…」

子鹿「やっぱ危険じゃん!!構わん打て!!」

ミカサ「危ない!!」

チュドーン


ーーーその日、人類は始めてホモに勝利した…。

終わり


元スレ
SS深夜VIP:マルコ「えっ?僕はアルミンと組むけど」ジャン「」