曜「頼りにしてます、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「ふたりのクリスマス作戦」

曜「我が家の忘年会」

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「心を癒すその唇に」

鞠莉「いとつきづきし」

曜「平成最後だよ、鞠莉ちゃん先生!」

曜「鞠莉ちゃんとマザーズデイ」

鞠莉「曜とのなかよし温泉旅行記」

曜「紫陽花の鞠莉ちゃん」

鞠莉「スウィート・リベンジ」

曜「サラダ記念日」

曜「憧れは淡く身を包んで」

曜「鞠莉ちゃんのレモンな思い出」

曜「鞠莉ちゃんと放課後デート」

曜「鞠莉ちゃんとのレモンな生活」

曜「待ち人、来ること遅し」

曜「鞠莉ちゃん先生とお泊り勉強会」

鞠莉「クリスマス・アフター・クリスマス」

曜「お料理がしたい?」鞠莉『イエース!』












1: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:24:57.51 ID:MXjDmwAx.net

ようまり。



3: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:26:10.24 ID:MXjDmwAx.net

キーンコーンカーンコーン…

果南「んー、やっと午前中を乗り切ったー。鞠莉、ダイヤ、早くごはん食べようよー、ごはんごはんー」

ダイヤ「果南さん、そんなに急がなくても、私たちもお昼ごはんも逃げませんわ」

果南「それはわかってるけど、今日は朝ごはん食べれなかったからお腹減ってるんだもーん」

鞠莉「ふふっ、果南ったらすっかり食いしん坊モードだね」

果南「ほーらー、二人ともはーやーくー」

ダイヤ「はいはい。では、果南さんのお腹と背中がくっつく前にお昼にしましょうか」

果南「そうしましょう、そうしましょう!お昼、お昼ー♪」



4: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:26:33.98 ID:MXjDmwAx.net

鞠莉「ダイヤのお昼は何?」

ダイヤ「私はおにぎりお弁当です。果南さんは、サンドイッチですか」

果南「うん、朝買ってきたんだ」

ダイヤ「お昼ごはんを買う余裕があったのなら、朝ごはんを食べることもできたのでは?」

果南「あはは。そのときは、このまま食べなくてもお昼まで大丈夫かもって思ってて」

ダイヤ「生徒会長としては見過ごせませんね、欠食は健康によくありませんわ。勉強にもスクールアイドルにもです」

鞠莉「理事長も同意見デース」



5: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:27:09.93 ID:MXjDmwAx.net

果南「はーい、次から気をつけるよ。鞠莉は何食べるの?」

ダイヤ「見たところ、何も用意していないようですが」

鞠莉「私はね、今日はちょっと特別なの」

果南「特別?」

曜「失礼しまーす」

ダイヤ「あら、曜さん」

果南「やっほ、どうしたの。って、その手に持ったお弁当バッグはもしかして」

曜「えへへ、鞠莉ちゃん、お待たせ!」



6: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:27:34.84 ID:MXjDmwAx.net

鞠莉「ありがとう。言ってくれれば受け取りに行ったのに」

曜「いいのいいの、ちょうど体を動かしたかったから!」

ダイヤ「鞠莉さんのお昼は、曜さんが用意してくれたのですか?」

鞠莉「私がお願いしたの。曜の作るお弁当が食べてみたいって。手間をかけてごめんね」

曜「全然気にしないで、一人分作るのと手間は大差ないし!それと、これ、みんなでどうぞ」

果南「わ、みかんだ」

ダイヤ「私たちの分もあるのですか?」

曜「うん、食後のフルーツってことで!それじゃ、またね!お邪魔しましたー」



7: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:27:54.27 ID:MXjDmwAx.net

ダイヤ「あ、曜さ…行ってしまいました」

果南「せっかくなら、一緒に食べていけばよかったのに」

鞠莉「誘ったんだけど、いつもちかっちや梨子と一緒に食べてるみたいだから」

果南「なるほどね。でも、わざわざ手作りのお弁当を渡しに来て、その上私たちにまでおすそ分けしていくなんて」

ダイヤ「甲斐甲斐しいですわ」

鞠莉「曜って本当に気がつくいい子よね!」



8: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:28:39.28 ID:MXjDmwAx.net

果南「それで、注目のお弁当はどんな感じ?」

鞠莉「まあまあ、そう慌てないの。あ、ほら見て、保冷剤が可愛い!」

ダイヤ「ふふ、確かに可愛らしいですが、保冷剤ではしゃいでどうするんです」

鞠莉「わかってるって。さてさて、オープン!わぁ…!」

ダイヤ「まあ、これは…!」

果南「おー、すごい!キャラ弁だ!」

鞠莉「あざらし!ハンバーグにあざらしが乗ってる!可愛い~!」

ダイヤ「なるほど、チーズと海苔であざらしを再現しているんですね」



9: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:29:02.89 ID:MXjDmwAx.net

果南「他にはミニトマトや卵焼き、付け合わせは人参とブロッコリーのソテーかな」

ダイヤ「ふむ、彩りや栄養のバランスまで考えられている。お見事です」

果南「うーむ、さすが曜だね。こだわってるなー」

鞠莉「いいでしょー、マリーのだからあげないよ?」

ダイヤ「欲しいなんていってませんわ」

鞠莉「えっ、いらないの?」



10: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:31:19.00 ID:MXjDmwAx.net

ダイヤ「くれるんですの?」

鞠莉「あーげないっ」

ダイヤ「ですよね」

果南「あはは、なにそのやりとり」

ダイヤ「鞠莉さん、はしゃぎすぎですわ。気持ちはわからなくもないですが」

鞠莉「でも本当、見れば見るほど可愛くて、食べちゃうのが勿体無いくらいね」

果南「気持ちはわかるけど、食べなきゃお礼も感想も伝えられないよ?」



11: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:31:59.65 ID:MXjDmwAx.net

ダイヤ「そうですわ。感謝しながらいただきませんと」

鞠莉「そうね。でもその前に写真を…」

果南「貸して、撮ってあげるよ。こっち見てー。よし、おっけー」

鞠莉「サンキュー、果南。すっかりお待たせしちゃったけど、準備ができたところで」

ダイヤ「ええ」

果南「うむっ!」

ダイかなまり「いただきまーす」



12: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:32:14.67 ID:MXjDmwAx.net

――――――――

鞠莉「ごちそうさま!ん~、美味しかったぁ!」

ダイヤ「あら、もう食べ終わったのですか?」

果南「鞠莉にしては、随分と食べるのが早かったね」

鞠莉「だって美味しかったんだもの!見栄えもいいし、味付けも抜群で!でも、ちゃんと味わって食べたわよ?」

ダイヤ「ふふ、嬉しそうですね」

果南「うむうむ。よきかな、よきかな」



13: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:32:48.90 ID:MXjDmwAx.net

鞠莉「さて、と」

果南「あれ、どこ行くの」

鞠莉「お弁当箱を返してくるわ。きちんとお礼もしなくっちゃだしね。二人はみかんを食べてて」

ダイヤ「後で直接伝えるつもりですが、みかんをご馳走さまでしたとお伝えください」

果南「よろしくねー」

鞠莉「オーケイ、行ってくるわ!」



14: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:33:50.55 ID:MXjDmwAx.net

ダイヤ「鞠莉さん、嬉しそうでした。よほど美味しかったんですね」

果南「ま、それだけじゃなさそうだけどね」

ダイヤ「ええ。まったく、早くご自分の気持ちに気付けるといいのですが」

果南「やきもきさせられてばかりだよね、あの朴念仁には」

ダイヤ「あら。果南さんにしては、随分と難しい言葉を知っているんですね」

果南「む、なにそれー」

ダイヤ「怒らないでください、褒めてるんですから、うふふっ」

果南「むーっ。そんなこと言う意地悪ダイヤには、曜のみかんあげなーい!」



15: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:34:34.25 ID:MXjDmwAx.net

……………………………………

給湯室

鞠莉「すみません、流しを使わせてもらいます。はい、ありがとうございます」

鞠莉「~♪」

鞠莉「洗ったら水を拭きあげて。よし、綺麗!」

鞠莉「後はお弁当箱を返すだけ。でも、それだけっていうのも味気ないわよね、せっかく美味しいお昼をご馳走になったのに」

鞠莉「んー…あ、そうだ!」



16: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:35:13.78 ID:MXjDmwAx.net

――――――――

理事長室

鞠莉「お茶請け用にクッキーがあったはず。えーと、確かこのあたりに…」

鞠莉「あったあった!個包装だし、これだけあれば3人で食べるには充分ね」

鞠莉「いい感じの小分けの袋も見つかったし、早速2年生の教室に届けて――あれ?」

鞠莉「お弁当入れのポケットに何か入ってる。これは、手紙?――あ」

『いつもお疲れ様!午後も頑張ろうね!』

鞠莉「…ふふっ。目立たないところに入ってるから、危うく見逃しちゃうところだったじゃない」



17: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:36:37.79 ID:MXjDmwAx.net

……………………………………

曜「えへへ、それでね――」

鞠莉「失礼します」

曜「あっ、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「はぁい、曜、ちかっち、梨子!」

梨子「こんにちは、鞠莉ちゃん」

千歌「今ちょうどね、みんなで鞠莉ちゃんことを話してたんだー」



18: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:38:02.14 ID:MXjDmwAx.net

鞠莉「あら、どんな話?」

千歌「ほら、曜ちゃん」

曜「えっとね、お弁当、どうだったかなって」

鞠莉「なるほど、感想が気になってるってことね」

曜「うん。どうだった?」

鞠莉「それはもう…最っ高に美味しかった!」

曜「本当?」

鞠莉「ええ、おかげさまで素敵なランチタイムだったわ。ありがとうね」

曜「わあ、よかった!」



19: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:38:41.83 ID:MXjDmwAx.net

鞠莉「改めてご馳走さま。これ、お弁当箱は洗っておいたから」

曜「ああ、そのままでもよかったのに」

鞠莉「そういうわけにはいきません。それと、これもどうぞ」

曜「これは、クッキー?」

鞠莉「美味しいランチのお礼よ。みんなで仲良く食べてね」

梨子「えっ、私たちの分まであるの?」

千歌「ありがとー、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「どういたしまして。午後の授業も頑張って、練習でまた会いましょうね。チャオ!」

ようちかりこ「またねー!」



20: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:38:53.38 ID:MXjDmwAx.net

梨子「私たちの分まで貰っちゃって、なんだか恐縮な気分」

千歌「それもこれも、曜ちゃんがお弁当づくりを頑張ったからだよ。ね、曜ちゃん」

曜「えへへっ、美味しく食べてくれたんだぁ」

千歌「ふふ、よかったね、曜ちゃん!」

梨子「あ、ほら見て。鞠莉ちゃん、ラインに画像あげてくれてる」

千歌「おお、ほんとだ!」

曜「わあ…!」



21: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:40:18.37 ID:MXjDmwAx.net

梨子「鞠莉ちゃん、とっても嬉しそう。お弁当、本当に喜んでくれたんだよ」

千歌「さっそく善子ちゃんたちが羨ましがってるよ。これは曜ちゃん、しばらくはお弁当屋さんしなきゃだね」

曜「あはは、なんかこそばゆいよ」

梨子「照れてる照れてる」

曜「照れてなんか、えへへ」

千歌「いやー、なんていうか、ご馳走さまですっ!」

梨子「うふふっ、千歌ちゃんたら」



22: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:40:42.23 ID:MXjDmwAx.net

曜「お弁当箱もわざわざ洗ってくれるなんて。あれ、なんか入ってる。手紙…?あっ」

千歌「どうかしたの、曜ちゃん」

曜「ああ、うん。なんでも」

梨子「そう?なんだか嬉しそうだけど」

曜「なんでもないよ、えへへっ!」



23: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:41:57.68 ID:MXjDmwAx.net

『曜へ
とっても美味しかったわ、素敵なランチタイムをありがとう!
PS.今度は一緒に食べましょう! MARI』



おわり



24: 名無しで叶える物語 2020/06/29(月) 22:42:15.68 ID:MXjDmwAx.net

全弾撃ち尽くしました。お弁当ようまりでした。

↓は前に書いたものです。よろしければ併せてお願いします。

鞠莉「昼下がりのオムライス」

ありがとうございました。


元スレ
鞠莉「心もお腹いっぱいに」