1: ◆Tina2b6i.2 2013/08/06(火) 23:13:49.15 ID:hb0e8rnq0

-大室家、リビング-

櫻子「雨かー…」

櫻子「雨かよー…」

花子「櫻子うるさいし」

櫻子「だって雨じゃん!」

花子「知らんし」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:17:05.45 ID:hb0e8rnq0

櫻子「はぁー、やだなー…」

花子「だったら家から出なきゃいいし」

櫻子「なんだとー!」

花子「なんで怒るし…」

撫子「櫻子」

櫻子「あ、ねーちゃん」

撫子「あんまりさ、その…」

櫻子「わーかってるって」

撫子「ならいいんだけど」

花子「?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:23:38.95 ID:hb0e8rnq0

撫子「…私ちょっと買い物に行ってくるから」

櫻子(…!)

花子「でも雨降ってるし、明日にした方が…」

櫻子「私も行く!」

花子「はっ?」

撫子「ん、じゃあ行こっか」

櫻子「おー!」

花子「……」

花子「花子も一緒に行くし」

櫻子「花子は留守番だからだめだ!」

花子「意味わからんし!」

撫子「……」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:29:07.11 ID:hb0e8rnq0

撫子「…花子、雨降ってるし転ぶと危ないから、留守番お願い出来る?」

花子「えっ…」

花子「……わかったし…」

撫子「ごめんね」

花子「…うん」

撫子「じゃあ、行ってくる」

花子「…行ってらっしゃい」

櫻子「行ってきまーす」

ガチャ

バタン

花子「……」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:31:26.02 ID:hb0e8rnq0



花子「はぁ…」

花子(撫子お姉ちゃん、多分嘘ついてたし…)

花子(いつもだったらいいよって言ってくれるのに…)

花子(なんで櫻子だけ…)

花子(……)



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:34:28.72 ID:hb0e8rnq0

花子(もしかして花子、撫子お姉ちゃんを怒らせちゃったかな…)

花子(…いや、でも怒るような事した覚えとかはないし)

花子(怒らせるなら花子より櫻子の方だし…)

花子(昨日だってバット持ってきて怒られてたし)

花子(…なのになんで櫻子だけなんだろ…)

花子「…ぐすっ」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:37:29.38 ID:hb0e8rnq0



ガチャ

櫻子「たっだいまー!」

撫子「ただいま」

花子「おかえりだし」

撫子「ごめん、少し遅くなった」

花子「どこ行ってたの?」

撫子「あー、ちょっと…ね」

花子「そう…」

櫻子「ねーちゃん腹減ったー」

撫子「はいはい、櫻子これ持ってっといて」

櫻子「わかった」

撫子「じゃあ、私夕食の用意するから」

櫻子「んー」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:40:23.87 ID:hb0e8rnq0

花子「…櫻子、それ何だし」

櫻子「こ、これは…えっとー…」

櫻子「……」

花子「……」

櫻子「……」ダッ

花子「あっ! 待てし!」ダッ

櫻子(まだこれを見せる訳には…!)

花子「何で逃げるし!」

櫻子「花子が追っかけてくるからだろ!」

花子「櫻子が逃げるから追ってるんだし!」

櫻子「くっ!」

ガチャ

バタン

カチッ



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:42:24.95 ID:hb0e8rnq0

花子「ちょっ、櫻子! ここは撫子お姉ちゃんの部屋だし!」

花子「勝手に入ったら怒られるし!」

ドンドン

花子「開けろし!」

花子「……」

花子「…もう知らないし!」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:44:31.49 ID:hb0e8rnq0


-リビング-

花子「ごちそうさまだし」

櫻子「ごちそーさまー!」

撫子「ごちそうさま」

花子「よいしょっ…」

撫子「花子、食器は私が片付けておくから、お風呂入ってていいよ」

花子「わ、わかったし…」

撫子「うん」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:49:49.33 ID:hb0e8rnq0



花子(なんか撫子お姉ちゃん、様子が変だったし…)

花子(…ちょっと牛乳飲んでからお風呂入ろっと…)スタスタ

櫻子「…ねーちゃん、花子行ったよ」

花子(…?)

撫子「じゃあ食器はお母さんに任して、私の部屋行くよ」

櫻子「おっけー」

花子(えっ…)

櫻子「…あれっ、花子?」

撫子「なっ!?」

花子(!)サッ

櫻子「…気のせいだったか…」

撫子「驚かすなよ…」

櫻子「ごめんごめん」

花子(……)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:52:51.84 ID:hb0e8rnq0


-お風呂-

花子(撫子お姉ちゃん、櫻子と何か話してたし…)ゴシゴシ

花子(花子には内緒で…)

花子(…花子は邪魔なのかな)

花子(花子のこと、嫌いになっちゃったのかな…)

花子「…ぐすっ」

花子(…泣いてないし)

花子(シャンプーが目に入っただけだし…)

花子(……)

花子「…あっ」

花子「これボディソープだったし…」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:54:36.33 ID:hb0e8rnq0


-撫子の部屋、前-

花子「……」

撫子『朝……』

櫻子『…ぐらい…?』

花子(まだ二人で話してるし…)

花子「…はぁ…」トボトボ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/06(火) 23:58:34.16 ID:hb0e8rnq0


-花子の部屋-

花子「……」カキカキ

花子(…これで今日の分の絵日記は書き終わったし)

花子(そろそろ寝よっと…)

花子(……)

花子(…やっぱり、花子に何か原因があるのかな…)

花子(だから撫子お姉ちゃんと櫻子は花子を仲間外れに…)

花子(仲間外れに…)

花子「…うぅ…ぐすっ…」

花子「…寂しいよぉ…えぐっ…」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/07(水) 00:02:02.32 ID:ysRdqBlz0


-翌日-

ピピピピ…

花子「ん…」

花子「…もう7時だし…」

花子(……)

花子「…よしっ」

花子(今日は撫子お姉ちゃんに、ちゃんと理由を聞いてみるし!)タッ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/07(水) 00:05:11.14 ID:ysRdqBlz0



花子(……)スタスタ

花子(あれ…? リビングから声がするし…)

花子「撫子お姉ちゃん?」
パパパン!

花子「わッ!?」ビクッ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/07(水) 00:09:57.47 ID:ysRdqBlz0

撫子「誕生日おめでとう、花子」

櫻子「おめでとー、花子!」

向日葵「おめでとう、花子ちゃん」

楓「花子お姉ちゃん、お誕生日おめでとうなの!」

花子「えっ? えっ?」

花子「…!」

花子「もしかして…これって…」

撫子「うん、花子の誕生日パーティーだよ」

撫子「ひま子と楓にも来てもらったんだ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/07(水) 00:15:21.43 ID:ysRdqBlz0

櫻子「実は昨日から準備してたんだぞー!」

楓「楓もお手伝いしたんだよっ」

花子「そう…だったんだ…ぐすっ…」

向日葵「花子ちゃん!?」

櫻子「な、なんで泣くんだよ!」

花子「だってっ…昨日から、撫子お姉ちゃんと櫻子が…花子を…ひっく…仲間外れにしてると思って…」

花子「だ、だから…花子のことが…嫌いに…えぐっ…なったって…」

撫子「花子…」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/07(水) 00:21:20.30 ID:ysRdqBlz0

撫子「…ごめんね…寂しい思い、させちゃったね」

花子「うぅ…」

撫子「…花子は私の大切な妹」

撫子「だから、絶対に嫌いになる事なんてないよ」

花子「…うぇーん!」ギュッ

撫子「……」ナデナデ

櫻子「早くケーキ食べよう! ケーキ!」

向日葵「…櫻子、雰囲気ぶち壊しですわ…」

楓「ぶちこわしー…」

櫻子「うっ…だって早く食べたいもん!」

撫子「はいはい…じゃあケーキ食べようか、花子」

花子「…うんっ」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/07(水) 00:25:16.08 ID:ysRdqBlz0



花子「…もぐしもぐし」

櫻子「どう?」

花子「おいしいし」

櫻子「だろーっ!」ドヤァ

向日葵「櫻子はつまみ食いしかしてなかったじゃないですの…」

撫子「まだ楓の方が手伝ってくれてたよ」

楓「がんばったのー」

櫻子「私だってイチゴ乗せるぐらいしたし…」モグモグ

櫻子「うめぇ!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/07(水) 00:29:51.54 ID:ysRdqBlz0

撫子「…そうだ、花子」

撫子「…はいこれ、誕生日プレゼント」

花子「シール…しかもこんなにいっぱいだし!」

撫子「この前集めてたでしょ? 気に入ってもらえたらいいんだけど…」

花子「ありがとう、撫子お姉ちゃん! 大切にするし!」

櫻子「私からはこれだー! どーん!」

花子「わっ、かわいいし!」

櫻子「ふふん、これはネコの抱き枕だぞっ」

向日葵「私は本をプレゼントですわ!」

楓「楓は貝がらでネックレスを作ったの!」

花子「こんなにたくさんのプレゼント…」

撫子「みんな、それぐらい花子のことが大好きなんだよ」

花子「えへへ…」

花子「花子も、みんなが大好きだし!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/07(水) 00:36:02.64 ID:ysRdqBlz0


-夜、花子の部屋-

花子「……」カキカキ

花子「よしっ、書けたし!」

花子(ケーキもおいしかったし、プレゼントもたくさん貰ったし…)

花子(今日は幸せな一日だったし!)

花子「…ふわぁー…」

花子(…そろそろ寝るし)



花子(……)ギュッ

花子(…櫻子に貰ったネコの抱き枕)

花子(柔らかくて、なんか心地いいし…)

花子「…おやすみだし」

終わり



32: ◆Tina2b6i.2 2013/08/07(水) 00:37:03.82 ID:ysRdqBlz0

ありがとでした

花子様誕生日おめでとう!


元スレ
花子「幸せな一日だし」