1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 16:58:22.445 ID:gdNx4rBL0.net

ガヴリール「…」

サターニャ「いつも以上に不機嫌そうな顔してるわね」

ガヴリール「サターニャか、ちょっと相談のってくれ」

サターニャ「!!? 珍しいわね」

ガヴリール「最近シャワーしてるときに変な視線を感じるんだ」

サターニャ「え?それはおかしいわよ」

ガヴリール「なにがだよ」

サターニャ「あんたシャワーなんて月ーで浴びるか浴びないかでしょ(笑)」

ガヴリール「そういえばそうだな、こりゃ一本とられた(笑)」


おわり


ガヴリール「おいふざけんな、まじで悩んでるんだ
ちなみに月ーは大げさだぞ、さすがに週一が限界」

サターニャ「いや毎日しなさいよ」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 17:01:55.609 ID:gdNx4rBL0.net

サターニャ「だいたい何で私に相談すんのよ、ヴィネットはどうしたのよ」

ガヴリール「ヴィーネとラフィエルにはもうとっくに相談してる」

サターニャ「あ、そうなんだ…」

ガヴリール「なんか、いつも通りサターニャが仲間外れになってるから一応相談してみた」

サターニャ「大きなお世話よ!」

ガヴリール「あとさ、お前くだらない道具いろいろ持ってるだろ?
何か使えそうな道具あったら貸してくれよ」

サターニャ「(道具貸してくれよ→サターニャ様の力を貸してくださいお願いします)」

ガヴリール「いま変な脳内変換しただろ」

サターニャ「仕方ないから力になってあげるわ」フフン

ガヴリール「(うざいけど我慢だ)」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 17:09:34.560 ID:gdNx4rBL0.net

ーーーーー

サターニャ「全員揃ったようね」

ガヴリール「何でお前が仕切ってるんだよ」

ヴィーネ「めんどくさいからサターニャに任せましょう」

ラフィエル「ではサターニャリーダー、お願いします」

サターニャ「じゃあこれから
『ガヴリールがシャワー中に視線を感じて怖くて夜も眠れない事件』
について話し合っていくわよ」

ガヴリール「その事件名やめてくれない?」

ヴィーネ「事実じゃない」

ラフィエル「だから私たちに相談したんですよね?」

ガヴリール「ぐっ…」



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 17:15:18.349 ID:gdNx4rBL0.net

サターニャ「ていうか、そういう怖い話あったわよね」

ラフィエル「ありましたね」

ヴィーネ「そもそも後ろじゃなくて上にいるらしいわよ」

ガヴリール「おいやめろ」

サターニャ「あら、もしかして怖いの?ガヴリール」

ヴィーネ「意外な一面ね」

ラフィエル「新鮮です」

ガヴリール「お前ら他人事みたいに言ってるけど、今日一人でシャワー浴びるんだぞ」

サターニャ ヴィーネ ラフィエル「あ」

ガヴリール「後ろじゃなくて上に注意しろよ(笑)」

サターニャ ヴィーネ ラフィエル「…」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 17:19:37.949 ID:gdNx4rBL0.net

サターニャ「じゃあこれから
『シャワー中に視線を感じて怖くなったときの対処法』
について話し合っていくわよ」

ガヴリール「結局お前らも怖がってるじゃん!」

ヴィーネ「ガヴが変な事言うからよ!」

ラフィエル「そうです!今まで気にしたことなかったのに」

ガヴリール「悪かったよ、みんなで対策しよう」

ラフィエル「具体的にどんな視線を感じるのですか?」

ガヴリール「うーんなんかこう、食い入るように見つめられてるみたいな…
でも振り返るとそこには誰もいない」

サターニャ「怖っ!確実に幽霊でしょ!」

ガヴリール「でも不思議と殺気は感じられないんだよな」

ヴィーネ「いい幽霊さんなのかも」

ラフィエル「ガヴちゃんのお風呂を覗く変態さんという可能性もありますね」

ガヴリール「いやそれ幽霊のほうがマシなんだが」

サターニャ「こういう話知ってる?家主が留守の間に押し入れとかに忍び込んで…」

ガヴリール「おいおいやめろよ!今日玄関の鍵閉めたっけ…」

ヴィーネ「閉まってたわよ」

ガヴリール「なら安心…って何で知ってんの?」

ヴィーネ「…適当に言ってみただけよ」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 17:26:44.612 ID:gdNx4rBL0.net

ラフィエル「お風呂場に監視カメラを設置するとかどうしょう」

サターニャ「いいんじゃない?」

ヴィーネ「それなら視線の正体も分かりそうね」

ガヴリール「いいけどみんなで映像確認するんだぞ、もし変なのが映ってても知らないからな」

ラフィエル「嘘です」

サターニャ「却下ね」

ヴィーネ「やめておきましょう」

ガヴリール「お前ら全っっ然頼りにならないな」

サターニャ「あれ?お風呂に監視カメラってどこかで聞いたような」

ヴィーネ「ちょっとサターニャ、また怖い話?」

ラフィエル「これ以上はやめましょう?ね?」

サターニャ「なんだっけ…」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 17:32:12.030 ID:gdNx4rBL0.net

サターニャ「いい作戦を思い付いたわ!
こんな悪魔的教訓があるの…『赤信号みんなで渡れば怖くない』、あとは分かるわね?」

ガヴリール「どこが悪魔的だよ」

ヴィーネ「そ、それはつまり…」

ラフィエル「みんなで…」

ーーーーー

~ガヴリールの家の浴室~

ガヴリール「いや狭いよ!うちの浴室に四人も入れるわけないだろ!」

サターニャ「仕方ないでしょ!ちょっ押さないでよ!」

ヴィーネ「み、みんなでシャワー浴びれば怖くないから!」

ラフィエル「これなら視線なんて感じませんね!」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 17:38:23.337 ID:gdNx4rBL0.net

ガヴリール「確かに今日は視線感じなかったよ、でも毎日あんなに窮屈なのは嫌だ」

ラフィエル「では二人組で日ごとにペアを変えてお風呂に入る、
というのはどうでしょう?」

サターニャ「いいじゃない」

ヴィーネ「それってガヴと一緒にお風呂に入るって事!?」

サターニャ「いや別にお風呂一緒に入る必要なくない?」

ヴィーネ「そ、そうね」

ガヴリール「?」

ラフィエル「では早速明日からのペアをくじで決めましょう」

ーーーーー

ガヴリール「ヴィーネか」

サターニャ「ラフィエルと~!?」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 17:47:01.849 ID:gdNx4rBL0.net

ーーーーー

ガヴリール「ヴィーネと風呂なんて初めてか?」

ヴィーネ「そうね」

ガヴリール「とりあえず身体洗うから見張っててくれ」

ヴィーネ「任せて!変な奴がいたら私がやっつけるから!」

ガヴリール「(ヴィーネいるから今日は大丈夫だろ)」

ガヴリール「(…視線を感じる!?まさか!)」ゾワッ

ヴィーネ「誰!?」

タプリス「きゃっ!」ドタッ

ガヴリール「えっ」

ヴィーネ「もしかして視線の正体は千咲ちゃんだったの?」

タプリス「つ、月乃瀬先輩が天馬先輩を嫌らしい目で見てたのでつい…」

ガヴリール「え、どっち?」



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 18:01:22.955 ID:gdNx4rBL0.net

ガヴリール「詳しく説明してもらうぞ」

タプリス「いやあの、私はたまたま天馬先輩の家に来ただけですから!
そしたら浴室から先輩の声がしたので…」

ヴィーネ「覗いたの?」

タプリス「ご、語弊です!不可抗力です!」

ガヴリール「まあ信じてやるよ」

タプリス「月乃瀬先輩こそ!まるで獲物を狙う獣のような目つきで天馬先輩の裸体を…」

ヴィーネ「そそそそ、そんなわけないでしょ!」

ガヴリール「もういいよ、犯人はお前らじゃないことは分かった」

タプリス「な、何故です?」

ガヴリール「女の裸見て喜ぶ女なんていないよ、普通は」

ヴィーネ「…そうね」



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 18:07:58.169 ID:gdNx4rBL0.net

タプリス「なるほど、そんなことがあったんですね…許せません!」

ヴィーネ「こうなったら意地でも犯人を突き止めるわよ!」

ガヴリール「すごいやる気だな、たのむよ」

ヴィーネ「もう一度浴室を見てみましょう」

ーーーーー

タプリス「天真先輩、さっきから思ってましたけど浴室にハエいますよね」

ヴィーネ「私も言おうと思ってたけど、ガヴが気にしてないみたいだから…」

ガヴリール「あぁそいつ、もうずっといるんだ、退治するのもめんどくさいから放置してる」

ヴィーネ「……!!ガヴ、これハエじゃないわ!」

ガヴリール「えっ」

ヴィーネ「魔界通販で買える『ハエにしか見えない飛び回る小型ビデオカメラ』よ!」

タプリス「そんなものがあるんですか?」

ガヴリール「あー、犯人分かったわ」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 18:14:42.598 ID:gdNx4rBL0.net

サターニャ「…」

ガヴリール「よお、このハエみたいなビデオカメラ知ってるか?」

サターニャ「も、もちろん知ってるわよ!
それは私がガヴリールの恥ずかしい映像を撮ろうと思って買ったけど、
仕掛けた事すらすっかり忘れてたやつね!」

ガヴリール「こいつがさ、私の家の浴室にいたんだ」

サターニャ「へ、へぇ~そんな所に」

ガヴリール「なにか言うことはあるか?」

サターニャ「…シャワー中に視線を感じるのは気のせいってことね」

ガヴリール「黙れ」

ラフィエル「結局サターニャさんが原因でしたね」

ヴィーネ「でもよかった…幽霊なんていなかったのね」

ガヴリール「でもさ、タプリスとヴィーネがいたときの視線はこいつとは別物だったんだよな」

ヴィーネ「」



おわり


元スレ
ガヴリール「シャワーしてるときに視線を感じて怖い」