SS速報R:塩見周子「シオヅケサトウヅケ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1594046048/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:34:08.39 ID:a0+/0AZa0

アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:35:42.53 ID:a0+/0AZa0

「ちょ、や……んむっ、んっ!」

 静謐なエントランスを置き去りにしてドアがするりと閉じ、エレベーターが外界から隔絶された鉄箱となった瞬間、男は傍らの少女を掻き抱いた。筋張った五指を銀砂のようなショートヘアに走らせ、細いおとがいを上向かせ、当然のように薄い唇を貪る。もう片手で成熟と未成熟の間にしか存在しない絶妙なアカ身の載った腰をぐいと引き寄せ、自らの懐にすっぽりと閉じ込めた。
 ここまで2秒も経っていない。

「あっ、ちゅぱっ、むちゅ、んっ、ふぁ……」

(こんな、とこでキスっするなぁ……っ!)

 不意を突かれた少女は、貪られるような接吻に眉を顰め、しかし、されるがままに口内を明け渡し無遠慮な舌を招き入れ、覆い被さってくる男の身体を、その奥の甘硬さを受け止める。少女のさながら柳のような、普段の飄々とした態度は微塵もない。こく、こく、と喉が鳴っているのは、流しこまれるよだれを天の施しのように飲み下しているからに他ならない。




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:38:38.31 ID:a0+/0AZa0

「んっ、あむっゅ、んちぅっ、んむ、んっ、」

 少女は短髪と薄化粧、ボタンシャツにデニムのホットパンツ、そしてあまりの線の細さのせいで妖艶な美男子にすら見える。が、鞠を割ってシャツの中に双つ並べたような美乳と、インディゴの生地をパンパンに満たす美尻は、紛れもなく特上の雌のそれ。
 ねちゃ、にちゃ、れろ、くちゅ……、高層へ向け静かに駆動する箱の中で、厭に粘質的な音が上から下へ滴り落ちてゆく。


 少女は、アイドルだった。名は塩見周子。
 類稀な容姿と独特のキャラクター、纏うオーラは幽艶にして、確かな基礎の上に成り立つエッジの利いたパフォーマンスーーデビュー当初から実績を積み重ね、歴代シンデレラガールの座にも名を連ねたその少女は、今やこの国の芸能界でその名を抜きには語れぬ存在、といえる。


「あ、んちゅぅ、んっ、やぁ、ふぅ、あ、」

 そして才能だけで渡っていけるほど、芸能界という濁流は甘いものではなかった。






4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:39:37.49 ID:a0+/0AZa0



 れろ、くちゅう、ちろっ、ちろっ、はむ、

「特別な人物」に出会えなければ、如何程の才の持ち主であれ、呆気なく波間に消えて逝く。


「しゅぽ、れろ………ぉ、ほっ」

(べろ、熱、深ぁ……)

 時間にして十数秒、男は周子の生温い口内からいかにも名残惜しそうに音を立てて舌を抜き、顔を離す。久しぶりの空気が冷たい。荒い呼吸が重なり、舌の間をつらと唾液が伝いブリッジを描く。

「ぷはっ、ほっ、はぁ、はっ、」

 舌を引き摺り出されたまま喘ぐ周子。
 男は、彼女の髪に触れていた手で、今度は自らの髪を梳く。
 浅黒い指が流れるのは、昨日今日染め上げたかのような、不自然なまでに明るい金髪。
 それはやはり持って生まれた色ではなく、若気の至り、としても度を超えた発色の代物で、そして「若気」は些か過ぎた齢であった。付け加えると、男自身の容姿は特別劣ってもいなかったが、その目鼻立ちにはお世辞にも似合いの色とは言い難かった。それこそ周子ほどの容姿を持ってすればあるいは、といったところだ。
 であればこの髪の色は、寝ている間に悪戯でもされたかーーそれか、周囲に彼の愚行について諫言できる人物がいないか、そのどちらかだ。




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:40:55.35 ID:a0+/0AZa0

 ずゅっ、ずっ、すり……っ、

「ちょ、と、やぁ、だっ、って」

 それぞれ位置の違っていた金髪の両手が、今度は息を合わせて周子のメリハリのきいたボディラインを滑降し、ホットパンツの尻の縫い目で逢着する。

(くっ、触り方、やらし……っ)

 そしてボウリング球大の饅頭を真ん中で二つに分けるように、じっくりと力を込めて揉み込んだ。

「くっ、んふっ、う、すぅ……っ、っく」

 ギシ、ギシ、カリ、カリ……荒い布目に爪を立て、時折腰骨辺りまで掌を這わせて、そのもどかしさ自体を愉しむかのように、念入りに摩擦する。その嗜虐心に同調するように、粗い生地が敏感な柔肌を無慈悲に擦り下ろす。 

(擦れて……赤くなっちゃうやん……っ)

「あ、や、ん、あ………………っぁ」

 一瞬だけ性感帯が爪弾かれる。視界にちりッと、小さな小さな火花が跳ぶ。

「っう……ぅ!」

 少女の声の周波数が変わった。金髪の指は依然として図々しく蠢いているが、ペースは一定で、ことさら局所を弄り出した訳でもないーー切っ掛けは、金髪と周子の「狭間」にあった。

 むくっ、むくむくぅ………ぴとっ、

(あ、おっき、い……)

 正面から尻を揉みしだいていた金髪のスラックスが雄々しく盛り上がり始め、周子にピタリと触れたのだった。触れ合う位置は、ちょうどホットパンツのベルト下、あわせの金具が鎮座するY字の接合部。
 つまり子宮の座標。
 頭ひとつ分は身長の違う二人だが、周子の長すぎる脚とサンダルのヒールのせいで、奇しくも股下の位置は同じ高さになっていた。
 周子はピストルを押し付けられた心地になる。ズドンと撃たれるその威力は嫌というほど知っている。




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:42:10.83 ID:a0+/0AZa0

 ずり、ずり、ずっ、ず…………っ、

「も、あ、だ、だめだって、もう……っ」

(こ、これに、アタシはいつもめちゃくちゃに……っ、)

 周子は、金髪がキスを止めた理由を察した。
 哀れな少女が、これまで散々自分を泣かしてきた肉砲を押し付けられてどういう顔をするのか、どういう声を上げるのか、しみじみと見下ろして楽しんでいるのだ。
 そのうちに金髪は、尻を撫で回したまま、周子との密着度合いを更に強め、腰も折れよとばかりに抱き潰してくる。

「やっ、あか、はっ、あー、っ、くうぁ、あはぁ………!」

(ちから、強い……ぎゅーぎゅーされたら、逃げられないやん…っ)

 美乳が分厚い胸板の緩衝剤となってぎゅむぎゅむ押し潰れ、思わず切ない吐息を漏らしてしまう。

「は…………ぁ、んっ、ここ、じゃ、」

 ブルブルと膝が震え始める。はじめて抱かれてからしばらくの間は、どうしてこんなにも尻に執着するのかが周子には分からなかった。グラビアもやる手前、ヒップラインにだって当然自信はある。が、自分より立派なものをもった娘は幾らも居るし、この金髪は、そのコらも当然手中にいれていて、存分に味比べはしているのだから。
   
 けれど、ある夜。例によって散々に乱され気を失う寸前、周子は唐突に悟った。
 それはその夜五度目の射精を、またしても膣中で受け止めたその刹那のこと。麻の着物を着せられ玩具の狐面で顔を塞がれ、伝奇モノの生贄のように一方的に性交された時のこと。




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:43:22.69 ID:a0+/0AZa0

 狐面の内側の暗闇に怯える周子へ、男(この頃は黒髪だった)は、散々勿体ぶった前戯を施した。奪われた視界と引き換えに敏感になった耳をカラスのように啄み、人工甘味料のような毒性の淫語を囁いた。同じく神経質な肢体の方にも搦手を施し、陰核をかわし、乳首の芯を外し、麻の衣擦れまで使って尽く直撃を避け、その代わり普段の倍近い時間と手間をかけられた周子は、やがて、打ち上げられた魚の様にぴちぴちと悶えた。全身は砂糖水を湛えた布のように重く、性感帯に指一本でも触れられれば弾け飛びそうなほど高められた。もう止めを刺してくれと泣いて頼んだが散々勿体ぶって同様の責を2時間に渡って行い、

 そして、快楽と痛痒の間で朦朧としていた周子は、予兆なしでズッポリと女陰を挿し貫かれた。

「~~~~~~~ッひ?!、~~ぎっ、~~~~~イ゛っ!!」


 メーターはあっけなく振り切れた。周子は声にもならない絶叫をし、血の汗を噴出し、ジョロジョロと失禁した。男が全力で抑え込まなければ跳ね飛ばされそうなほど腰がうねり背は逆海老に反った。

 ぎちっ、ぎちゅっ、じゅぽっぐじゅちゅぽぬぷつるぷちゅ!!

「あぎっ。ひはっあ、かはっあっらめっ、あっ、あっ、あ………ア゛ア゛っ!!」
 
 男は、我慢していたのは自分だと言わんばかりに暴走(スタンピード)した。官能が狂桜のごとく内側で爆ぜ続ける周子の五体を取り押さえ、挿入箇所を支点にしてそこだけはずっぽりハメこんだまま、操り人形のように弄んだ。周子は四肢をまるで関節技のように訳のわからない体位に捻られながら、折られながら、曲げられながら、深く浅く犯された。身動きの取れないままハメ潰されるのはさながら幾重もの男肉の迷路に迷い込んだようで、目隠しをいいことに途中から三人、四人の男が紛れ込んで代わる代わる嬲られているのでないかと思ったくらいだった(あとから見せられた録画では間違いなく男一人と周子ひとりだった)。




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:44:53.29 ID:a0+/0AZa0

「がふっ、うぁっあぁ!! あやきっ、いっイギっ、ひやぁぁぁ!!!?」

 荒波のように寄せては返す快楽で焼き切れてゆく神経と、尻にがっしりと爪を立てる感触だけが花火のように鮮明に散る。

 ぬぷー、ぬぷー、ぬぶーっ、ぬっ、ぬっ。ぬっ。ぬっ、

「あーっ! あっ、あかはっ、ぁっああ!! も、もっうっ、じぬっ! うぁっやあっ!」

 そして立て続けの絶頂の最中、恐らく捻れた後背位に体位を変えられ尻を捉えられた刹那、周子は理解した。
 つまり、繁殖欲だ。
 性行為の本来の意義。このメスを孕ませてやるという本能が、尻を捕まえ逃さないという行為に繋がる。だから、この人は、こんなにも自分のお尻を掴んで抜き差しするし、行為に至る前も、こんなにも執着してくるのだ。

 びぼっ!! びゅー!!

「っっ、~~~~~~~~っ、!」

 直後、身動きできないように肉楔を子宮まで打ち込まれ、ドロドロ熱々の白濁餡が最奥で撒き散らされた。
 周子はもう声も出せず、腰を二、三度クイッ、クイっと痙攣らせて、ついに失神した。

 だがその時、種付けられながら至った悟りは、今も覚えている。
 だからそれ以降、尻を揉まれるたびに、この男は最終的に自分を孕ませたいのだと感知してしまい、その後に来る行為と教え込まれた悦びが否応なしに想起され、

…………潤(ジュン)っ、

「も、ぅ、あ…………」

 泣き声のような。
 あらがいとあきらめ、ひとにぎりのきたい。
 そんな、雄の気分に縋るしかない雌の声を、出してしまう。




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:46:15.25 ID:a0+/0AZa0

 ーーその声で鳴かせて、ひとつ実績を解除したとでも思ったのか。
 金髪の手は次に、周子の太腿の正面に回り、それぞれ両のポケットへ差し入ろうとしてくる。機能性は無く、ほぼ装飾に過ぎないポケットはあまりに窮屈で、ソテツのように浅黒く逞しい指先は半分も入らない。

「んっ、っ、う、だめだって、ばぁ……ん」

 その、指先が、カリ、こりっ……ッ、と、硬いデニム生地の奥を引っ掻く。当然ながらポケットの底では、周子の秘匿された領域には到底届かない。が、熱の篭ったその空間を他人に弄られるというのは、想像以上の戸惑いを周子にもたらした。 
 カリっ、カリっ、スリスリ、スリ……ィ、

「ね、だめだって、ね、ここじゃ、ぁ、」

 エレベーターには当然監視カメラがあり、その回線の先には警備が常駐する管理室に繋がっているはずである。だが、そこの警備員が画面を見ていようがいまいが警報が鳴らされることはない。通報ボタンが押されるか、あるいはまさに本番をおっ始めたのならまだしも、エレベーター内で男女が絡み出したくらいではーーたとえその片方が未成年者であろうとーー舌打ちこそすれいちいち割って入ることなどないのである。

「ね、せめて、っ、部屋まで、うう、んっ、」

 強張った顔をなんとか取り繕い、周子はやんわりと金髪の腕を抜こうとする。手首に巻きついた硬質な時計に触れる。と、金具の隙間にネイルが取られ、一瞬痛い思いをする。
 途端、すっ、と金髪の指がポケットから抜かれた。同時に、上昇を続けていたエレベーターが静止する。
 金髪は、何事もなかったかのように周子の隣に立ち位置を戻し、だらりと垂れ下がった少女の腕に手を添えてくる。隙に付け入るそのあまりの自然さに、周子は反射的に指を絡めてしまう。




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:47:34.28 ID:a0+/0AZa0

(手ぇ、おっきい、指、ゴツゴツして、力、つよ……)

 そのことに、指を絡めてしまってから気付く。金髪の振る舞いはまるで紳士が淑女へ行うエスコートであり、その実野獣が獲物を巣に持ち帰る習性の一動作である。どうしてだろう、腰に手を回されるより手を握られる方が、もう戻れない場所へ連れて行かれそうな気がする。ドアが開く。縦に長く、横に広く、それでいて部屋数はごく少ない、白く静謐な廊下。住んでいる者の地位がおのずと知れるが、当然ながらその人間性までもを保証するものではない。
 広がる余熱に足の運びを取られつつ、なんとか金髪に歩調を合わせる。一瞬前まで劣情をほしいままにしていたとは思えない堂々たる歩みに思うところもあるが、今更それを言っても仕方あるまい。どの道、今夜引き返すことも決してない。

「はあ、はっ、ふう、ふ……ぅ」

 僅かなよろめきを押し隠して進む。

(今夜は、何、されんのかな。また、ナカ、ゴリゴリほじくられて……縛り、するのかな。イヤイヤ言っても堪忍してくれなくて、溺れるくらい、タネ付け……っ、)

 一歩踏み出すごとに一歩セックスに近づくという事実は、時そのもののように止まることはなく、周子の思考もそこに集約してゆく。淫蕩な記憶がきゅうきゅうと周子の脳を溶かしてゆく。もう何度も繰り返したはずなのに、一度も慣れることのない大きすぎる感情。10回のライブより1000回の収録より、一晩のセックスでカラダとココロに刻まれる跡の方が深く、広い。今夜もまたカラダの外に中に残される痕跡。外のアトは仕事に響くから、絆創膏でも隠せる程度。その代わり、内側につける痕跡は、一生掛かってもきっと消えない。

「どうぞ」

 ああーー気がつけば部屋の前。扉はすでに開けられ、勝手に電気が点いて、促されるまま、飾り気のない玄関に足を踏み入れて、

ーーバタンっ、

 閉ざされるドアの音を背中で聞いて、

ガチャ、

 




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:49:01.04 ID:a0+/0AZa0


 オートロックが、合図になった。

「あ、ふむっ、んっ、んあっ、んっ、ちょっ、んっあえろっ、えぅ」

(あっ、やっぱり、ドア閉じたしゅんかんっ……、ちから、つよいっ、)

 壁に縫い止められ唇を貪られる。
 身体を弄られるシャツを破かれる。
 贈答品の包装に興味はないと言わんばかりの乱雑を、周子はその全てをなされるがまま受け止める。

「ちゅっ、んちゅっ、あ、あ、あっ。」

(立って、られないっ、)

 舌の扱いがウマすぎて足腰が立たなくなり、周子は金髪の身体に腕を絡め足を絡める。キスの勢いのあまり後頭部が壁を二度叩き、金髪の掌が割って入ることで三度目はなかったが代わりに接吻の深さはいや増した。

「はほぅ、んちゅぅ、ん、あんっ、やっ、やらっぁ、んっんっ、」

(きすだめっ、なんも、考えられなくなっ、)

 勝手に涙が出る。喉の奥までズポリと触手のような舌を差し込まれ、すぐに抜いたと思えば眼球から顎まで犬のように顔中を舐め尽くされる。さっき食べたもののにおいがする。でもアタシもたぶん同じ匂いをさせていると周子は思う。ぴた、と金髪の舌が静止すると、それは今度はメスのほうから奉仕しろという命令に他ならない。

「あ…………」

(ベロ、おっき……)

 たゅ、ちゅろっ、ぇろ、れろぉ……

「んふっ、ーっ、んーー、はぁおむ……ぅ、」

 でろりと長く、太く、魔羅そのもののように突き出された金髪の赤黒い舌を、周子はこれまで教え込まれた通りに口を窄めてねろねろと舐めしゃぶり、ぱくぱくと甘噛みし、滴る唾液をじゅろろらろんと甘露の如く飲み下す。




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:49:55.34 ID:a0+/0AZa0

 れろちゅぽっ、ちゅぱっ、ちゅぷっ、ぶちゅっ、くちゅっ、

「んっ、あんっ、らんぼー、しなぁっ、んみゅっ、ちゅあ、あっ、あらや、あふっうっっう!!」

 仕事上、自分の録音の声はよく聞くようになった。だからアイドルになる前ほど、録音した声に違和感はない。
 だが、録画した自分のセックスを観せられる時、周子はいつも驚く。呼吸すら困難なほど苦しい時の喘ぎも、これ以上イカされたらおかしくなるということへの恐怖の悲鳴も、どれもオスに媚びて艶かしく淫蕩に誘っているようにしか聞こえないのだ。そしてその声に従うかのように、この男は、自分を明け方まで犯し尽くす。だから、きっと悪いのはアタシ。

「ふあ、あふちゅっ、やらぁんちゅぱっれろりゅりろっ、んちゅっ、んっっぁ、」

 右も左もなくぴちゃぴちゃと粘淫音がひたうち、時折の嬌声が弱点を曝け出す。愛撫は開始され、金髪の自由な方の手はブラジャーからまろび出した片乳を餅のようにぶにぶにと捏ね、くりくりと小豆のように乳首を潰す。

「ひゃ、あ、ぁ……ッ! んあっ、かはっ、う、く……ぅ!!」

 掻き毟るに近い乱暴な手つきは痛いに決まっているし、周子に浮かぶ表情は苦悶と言えなくもない。が、感じているのはただただ快楽で、漏れるのは嬌声を堪える女狐の甘い唸りだ。これまで施された調教の甲斐あって、周子には罠に嵌った痛みすら、股をじっとりと濡らす要素となっていた。
ぐい、ぐり、ぐりぐり、ぐいっ、グ……ッ

「あっ、嗚呼っ、っま、ああっ、んちゅっれろちゅっ、んぁっあっああっあ、あ」

 静止を口で塞がれ股座に膝を捻り込まれ、周子はじりじりと太ももをO字に開く。その情けない蟹股間を、金髪が膝で擦り上げるようにして撫ぜるほどに、源泉から愛液がしとどに溢れ下着を濡らし、ホットパンツの裾からとろりと垂れた本気汁がすらりとしたふくらはぎを伝う。足元へ流れ落ちた雫は、足裏とサンダルの狭間でにちゃにちゃと擦り潰された。ブラジャーはとうに壊され打ち捨てられた。白い肌に残る赤い痕が、狂おしいまでの愛撫を物語る。




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:50:57.30 ID:a0+/0AZa0

 ずろ、ずろろろろっ、れっるゅっ!!

「ほあっ、あ、は、は、はふっ、はあっ、」

 その時は金髪が周子の口内を犯していた番だったが、不意にずろんと舌が抜かれ、ようやく顔が離される。すでに両者の呼吸はぜえぜえと荒く速く、周子の白肌は赤みがかり、まろび出た舌といい口元といいネトネトした涎が淫に光沢を放っていた。

ーーそら、あっち向いて、

 命令。周子はその意図を悟る。
 精一杯の抵抗をしてみる。

「あの、シャワー、」
 
 頭を鷲掴みにされた。

「あ………」

 それが答えだった。
 ただ、力加減され、痛くはなかった。どちらかといえば髪を撫でる趣で、実のところ男としてもそのつもりだったのだろう。汗まみれの少年のような短髪が、丁寧に解きほぐされてゆく。
 さしゅ、さしゅ、さしゅ、さら………っ、

「んん、…………っ、」

 しかしその手には、全てを有耶無耶にする魔力が備わっていた。周子は首を震わせ、金髪の手首に浮いた太い青筋を見るうちに狐に化かされたように蕩け顔になり、ついには促されるまま金髪に背を向け、壁に手をつきーー震える尻を突き出した。自分がなにをしているか、自分がこれから何をされるか、完全に、理解した上で。

(されちゃう、されちゃう、玄関で、立ったまま、サンダル履いたまま、後ろから串刺しにっ、あっ、うっ、)

 エレベーターで盛り、玄関で獣性を剥き出しにし、なし崩しで立ったまま犯すこの流れを、金髪は大層気に入っていた。周子に限らず何人ものアイドルが、ここで靴も脱がないうちに下着を脱がされ、壁に押し付けられ、肉棒を乞う姿勢をとらされた。
 そしてまるで、足が長いとどういう目に合うか、教え込むかのように、頭のてっぺんまで丹念に串刺しにして、子宮から脳味噌まで響く勢いで肉棒を叩き込み、どっぷりと精を注いでやった。そういえばここの壁小さな傷が多いなと思う。


 思いながら金髪は、周子の腰に手を伸ばしてベルトを解き、するりと抜き取る。そして、




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:53:24.01 ID:a0+/0AZa0


ーーギッ、

「え、へ、えっ、?」

 壁にもたれた細い首へすばやく巻き付け、一番細くボタンホールを留めた。

「っ!」

 ぶるっ、と周子の脊椎が震える。無論腰に巻くベルトなので、首でホールを締めたところで窒息するようなことはまずない。しかしその圧迫感たるや想像以上で、革の余った部分を犬用のリードのように背中に乗せられると、本当に自分がこの金髪の所有物になってしまったかのような心地になってしまう。
 周子の混乱などどこ吹く風で、金髪は改めて柔腰に手を伸ばし、まるで自らが用を足すときのようにホットパンツの釦をひらきチャックを下ろしーーやけに瀟洒なショーツごとずり下ろした。

ーーとろっ、
ぽた、ぽた、

「う、あ…………っ」

 ぷりんっ、と、白桃が現界する。
 粘り気のある愛液がとろり、ピッチリ閉じた女唇から甘露の糸となってショーツのクロッチへ垂れ落ち、ひたひたと染みを深める。内腿の暗部を掴み上げ、眼下に晒す。遊んでいそうな外観に反し、見れば見るほどキレイな一本筋だ。こうして見ると指の一本だって入りそうにないし、これまで散々交わった時も、挿入のはじめはかなり難儀した。しかしいずれも、最後には自分の弾頭をまるまると飲み込み感極まってしまうのだから、つくづく女体とはわからないものだ。もしかしたらこの娘はセックスのはじめに毎回必要以上に緊張してしまって、筋肉が硬ってしまっているのかもしれない。
 金髪はあらわになった丸尻を、今一度じっくりと揉み込む。




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:54:50.66 ID:a0+/0AZa0

「はぁ、んあっ、ふぅ、う、く………ぅ」

 すりすり、すべすべ、さすさす、こねこね、腰近辺や太腿の裏側、骨盤の真横、谷間の内側ーー部位によって違う脂のノリ方。それにより触感が変わり音まで変わり、そのいずれもが極上の味わいだった。布地越しに揉んでいたときとは比べ物にならない。
 金髪は気紛れに、両の親指に力を込め、桃の谷間を割り開いた。

「こ、こら……ぁ、いけずっ、そこ、はずかしっ、い……」

 慌てて抗議する周子を無視し、まじまじと陰部を眺める。ひくひく縮こまる菊座の窄まりは極々小さく色素も薄く、和栗で拵えた茶巾絞りといった可愛らしささえあった。まさか舐めたら甘いなんてことはないだろうが、陰毛の一本もないそこを不浄と呼ぶのも憚られるーーそう思わせるだけの手入れがされていた。さすが、一流アイドルはこんなところまで行き届いている。そういえば他の娘もそうだったなと、男はこれまで手籠にしてきたアイドルたちの端正にして百花繚乱の顔立ちと、端正ながら千差万別の窄まりを、生物学者のようにひとつひとつ脳裏に並べた。

「え、や、ちょっと、ほんと、堪忍……っ、あ、おしりは、あの、えと、」

 うろたえる様子がおかしくなり、金髪はようやく指先の力を緩める。すると強張っていた背中、薄い筋肉の内側の骨から明らかに緊張が抜け滑らかになる気配がして、今度こそ笑ってしまう。笑いながら金髪は言う。

「使わないさ。準備もしてないのに」

 いずれ仕込んでもいいかもな、そう付け加えながらすみやかに自らのスラックスを解く。シワだらけになったスーツ地が、履いたままの革靴の上に蟠る。
 そして、蜂のように括れた腰を掴み、末広がりの尻の角度を一瞬で調整して、

ーー使うのはこっちだ。

 ず、ずぷっ、

 白玉に菜箸を通すくらいの気安さで、

 ずずるりゅりゅううりゅううっ、

 二十センチ超の砲身を、根本まで、一息に女体へ埋め込んだ。
 




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:55:56.88 ID:a0+/0AZa0

 


「? っ、 あぅあ、え、あっ、っ、あ、っ、ッ、え、   え ? 」


 その瞬間は、いつの間にか済んでいた。

(え、え? はいっ、た?)

 不意打ち、ではないはずだった。毎回挿入される時が一番緊張するし、生尻を曝け出された時点で来るべき挿入には覚悟を決めていたのだから。しかし、金髪の菊門への戯れのせいで如意と不如意がごった返し、それが来ないとわかった安堵で全身の筋肉が弛緩した一点を逃さず過たず、周子は中心をくるりと穿たれたのだった。熟練の鍼灸師もかくやという手練。
 驚いたのは周子だ。

「あ、は、は、はいって、んね、はっ、」

 他人事のような言い草だった。
 まるで過程をすっ飛ばして結果だけもたらされたかのようだった。子供の腕ほどの太さと長さと硬さの肉棒を、すっと股の中に一本通されているというのに。だからまるで古いドラマにでてくる、撃たれたことに後から気づく探偵役か、これまた古い映画で、腕が吹っ飛ばされたことに気付かないまま手を振り続ける兵隊さんの役みたいだなと、のんきに考えた一瞬が確かにあって、

 づっ……………ちょっ!

………ふるっ、

「え? え?」

 ぶるっ、

「…………あ、」

 そんな一瞬は一瞬でしかなく、
 亀の鼻先が肉めしべの付け根をつついた瞬間、
 撃たれた胸から千切れた腕から鮮血が迸るように、

……ふるふるっ、ぶるっ、ぶるっ、ぶるっ!!!

 たったの一刺しで周子は壊れた。

「…………あ、えあっ、ああっあっあ、あ…………!! あアっ!!! 嗚呼゛ッ!!」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:57:27.47 ID:a0+/0AZa0

 圧縮された快感が逃げ場を求め暴濫し、身体中の隙間へ流れ込むように全神経に殺到した。痙攣にあわせて、ばるんっ! と剥き出しの乳果実が左右ばらばらに跳ねっ返る。

(なにこれ、なにこ、れっ、知らないっ、しら……!) 

 腹から喉元、脳天まで迫り上がる途方もない圧迫感と、逆に背筋から尾?骨、爪先まで伝い落ちる、電気のように冷たいもの。
 壁を見る周子の目がぐるんと回る。
 唇から涎がこぼれる。

「いや、ぁ、あーーーーーっ゛!!!!」

 じつにあっけなく周子は絶頂した。
 ペニスを包み込む痙攣を堪えつつ、小娘を一撃で殺した金髪は、野狐を狩った猟師の笑みを浮かべる。
 中から外から蠢動する膣内をペニス全長で味わいつつ、一考する。これまで抱きつくしてきた女達のデータベースから「塩見周子」を引っ張り出す。
 周子の中肉は小豆天井とでもいうべきか、挿入の初めは入口から奥までキツイくらいの締め付けで迎えられ、天井のつぶつぶも鈴口をつついて小気味良く反発してくる。が、肉棒が馴染んでくるにつれて煮立てた豆状に肉芽がぷちぷちとほぐれだし、あたかもつぶあんの塊を亀頭ですり潰している心地になる。そしてしまいには、さながら汁粉のように熱くとろとろの甘豆蜜が最奥から溢れ出すのだ。そして耐えるようにくぐもっていた声は、豆を挽くにつれひいひいと高鳴りだし、最後には甘く高くさえずるようになる。
 いわば処女を犯す征服欲と、太夫に包まれる多幸感の両方が常に愉しめるのだ。
 もっともその手練れは周子の天性のものであり、意図してそうしているわけではない。裏を返せば彼女自身は、貪欲に快楽を求めるカラダへ心がついてゆかず、ただただ哀れな小舟のように快楽に翻弄されることになる。




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:58:22.04 ID:a0+/0AZa0

 くいっ、くいっ、

「あ、や、うごか。ないで……っ、」

 泣き言を垂れる少女を尻目に、これまで散々味わってきたその具合を思い出して金髪の口端が更に歪む。埋め込んだ竿が肉饅頭の中の小豆をぷちぷちとすり潰して粒餡に仕立ててゆく感触。百枚の小ぶりの舌で舐め尽くされる具合もある。普段薄い体臭が味濃く変わった気さえする。この様子だと今の一発で相当仕上がった具合だ。
 よし、決めた。
 金髪はぶるぶると痙攣する周子の尻をロデオマシンにそうするようにがっちり掴み、最奥まで通した肉串を、女孔の淵までヂリヂリと引き抜き始める。

「あ、おっ、ほっ、ほおっ、ぉ……っ!」

 目を白黒させながら喘ぐ周子は、ペニスにマン肉を絡ませ、万力のような力で追い縋ってくる。途方もない摩擦熱が粘膜間を奔る。この締まりは、意識してやっているモノではないはずだ。無理やり排泄させられるような虚脱感に抗うが故の執着。 
 嗜虐心が湧く。
 一気に腰を抜き、女肉の渦を振り解く。

 ずろりっ!

「へぎっ?! ぃあ、あ、あ~~~~~~~~~~ッッッ!」

 ペニスごと内臓まで引き摺り出される錯覚で周子の意識が遠のく。全身からネトついた汗が吹き出す。女身の内側でまた二十センチが蠢いた。今度はハッキリと分かった。男根のカエシが少女の肉壁に鉤爪よろしく引っかかり、まっとうな神経をズタズタに引き千切りながら走り抜け、亀頭の切っ先だけ膣口に埋めた状態で止まる。抜身の肉刀には、今の一刺しで胎内から迸った愛液が、沸騰さながらに泡を吹いてテラテラと纏わり付いている。




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/06(月) 23:59:39.47 ID:a0+/0AZa0

「あ、は、はーは、はーっ、はーっ!! フーっ!、ふぅ、はぁ、はぁ、はぁ……!!」

 二十センチ二十センチ計四十センチ、身長の何割かを体内でめちゃくちゃに掻き混ぜられるのだから当然といえば当然か、中距離を全力で走らされた後のような喘鳴。肘が笑う膝が笑う。上体は壁を舐めるように顔ごともたれかかり、宙ぶらりんの両乳は背中の裏で収穫時期を迎えた梨のように瑞々しく、腕は挫かれたように折れ曲がり支えの用をなさない。本気汁がぼたぼたと流れ足は生まれたての哺乳類のようにガクガクと震え、金髪が腰肉を掴んでいなければすぐにでへたり込んでしまっただろう。
 だが、当然、休ませるために支えているわけではない。
 金髪は再度照準を合わせる。

 ちなみに、今の腰砕けの少女に立ちバックで挿入するには、10センチ少々、『下』に打ち下ろす必要がある。
 金髪は躊躇いもなくエンターキーを押す。

 ばすんっ!!

「あ゛ッ!!」

 まるでけものの吠え声。
 女壺に分銅を落とすような一撃。
 周子の性感と精神に亀裂がはしる。
 そして間髪入れずに女肉から抜錨する。

 ずりゅぅ!!
 
「ひいッ゛?!」

 腹を掻っ捌いて生肝を貪られる弱き獲物の絶叫。
 雄鎖に絡みつく淫肉海藻は千々に乱れ散る。

 ばすんっ!
 
 じゅぽっ!




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:00:28.51 ID:mIrMZpZS0


 ばすんっ!
 
 じゅぽっ!


 ばすんっ!
 じゅぽっ!

「あっ! はおあっ! やあっ! にゃきゃ、はぁあ!」

 挿し、抜き、どれひとつをとってもメス一匹殺して余りある一撃。
 それでも、ある時まではひとつひとつの動作を確認する、さながら稽古のようだった動きが、

 ばすっ!!
 じゅぷっ!!
 ばすっ!!
 じゅぷっ!!
 ばすっ!!
 じゅぷっ!!

「っ、ひっあっあっ、うあっ! やらぁl!」

 徐々に、連続したひとつの流れになり、そして、

 ばすじゅぷばすじゅぽばすじゅちゅぐちゅりゅちゅっっ!!!!!!

「あっあああああああ嗚呼゛っ!! やらあっ! あういくイクイクイグっイクぅ!!!!」

 いつしか杭打ち機のように機械的なピストンになる。三十センチ、三十センチ、計六十センチの天国と地獄を止めどなく往復させられる。周子は片道どころか一センチごとに絶頂にトバされる。首のベルトの金具がリズミカルに鳴る。壊れたおもちゃのように痙攣し叫び続けるくせにイク時はイクと言えという調教の成果は喉に染み付いているらしい。でもカラダがイクのに声も心も追いついていない。とうとう壁にもたれることすらできず周子は顔からフローリングに墜落しそうになるが、金髪が腕を掴みかろうじて阻止する。もちろんそれは終わりを意味しない。



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:01:22.74 ID:mIrMZpZS0

「あっあっあっあ。だめぃっ、いやっ、やっあっイくのやだやだやらあっ!?」

 ゴトっと上半身を床に這わされ、尻は高々と掲げられ、両手首を逆手に握ったチョッパー乗りの姿勢でバスバスと剛直が叩き込まれる。くぐもった悲鳴が床を舐める。金髪は猛然と腰を振りながら周子の首のベルトを掴んでみる。『本当に死ぬ可能性がある』から首絞めファックの趣味はない(全くしないこともない)。が、それを握っているだけで美少女が雌豚に堕ちその女体を征服しているという全能感がどっぱどぱに放出されてくるし、戯れにちゃりんちゃりんと金具を鳴らしてみると被虐趣味をうえつけられた周子の媚肉がにゃくにゃくのろのろと歓喜の悲鳴をあげてくる。どこまでも滑稽。

「ほら、一発目、イクぞっ! ナカで受けろっ!」

「あや、っ、なか、ぅ、あっ、嗚呼゛ぁ!!」

 ベルトを投げ捨て、苛立たしげに自分の髪を一度だけ触る。そしておんなの腰肉と腹肉のあい中を跡が残るくらい強く掴み、男はスパートをかける。ここでの交わりにおいて金髪は周子の反応(せったい)を期待しない。彼女のナカの具が極上であることは百も承知だがそれは後でじっくり堪能する話で、今は、今日その顔と体を見た瞬間から精巣で毒毒と生成されエレベーターの戯れで暴発寸前になっていた特濃の白濁を、「とりあえず」この中に搾り捨てなければ収まりがつかないということ。ゴミはゴミ箱に。




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:02:58.71 ID:mIrMZpZS0

「あかは、あな、あか、んてっ、やらっ、あっあっあっぁつ、あ゛!」

 そして射精の間際、ありったけの力を込めて、膣底へ錨を叩き込む。 

 瞬間、きっと胎内で放物白線が描かれた。
 空き瓶に注がれる新鮮な牛乳。
 いつかどこかでみたようなコマーシャルが周子の脳裏をはしった。

濁(ドブ)ッ!

「アッ!」

 火傷したように、腹の奥で一瞬の冷たさがあって、刹那、途方もない熱衝撃。

 膣内射精(ナカダシ)、膣内射精(ナカダシ)、膣/内射/精(ナカ/ダシ)、

「あ! あああああ! アアアッ!」

 容器に、子宮に内側から亀裂が入るほどの圧力が加えられる。滂沱と注がれる白濁が膣肉のビラビラの一枚一枚までコーティングするようにみっちり詰め込まれる。

溝(ドビュ)ッ、毒(ドク)ッ、ドクっ、ドクッ、

「あー! イッ、ひぐっ! うっ! あ゛!!!ぁ」

 沸騰白濁でイきながら焼かれる。焼かれながらイく。

 膣内射精ッ(ナカダシッ)、膣/内射精(ナ/カダシ)、膣内射/精ィ!(ナカダ/シィ!)、

毒(ドク)ッ、毒(ドク)ッ、毒毒毒(ドクドクドク)、ドクっ、ドクッ、

「あー! あー! あー! あッ、アァ゛!」




24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:04:11.25 ID:mIrMZpZS0

 牛乳なんて生やさしいモノじゃない。たとえるならアイスクリームに熱々のエスプレッソをかけて饗するアフォガード、いや宇治金時へ注入される熱々の練乳。
 逆立ちの火山から噴出された粘着質な白い溶岩が、子宮の壁と言わず根っこと言わず勃勃と飛び散り、内膜をじゅうじゅうと焼き焦がす。火傷のように鋭くそして後を引く快楽で女体は内側から何度も爆ぜる。

「あひっ、あうっ! イぐッ、ひぃぐッ」

 意識まで溶かされながらそれでも周子は感じ取るーー注ぎ込まれる精液が他に行き場もなく周子の女院の奥底に滞留し、壺の底でトグロを巻き、どっしりとあぐらをかくのを。まもなく溶岩はその灼熱で少女の子宮のフタを焼き、炉心を溶かしーー大切な人しか使ってはいけない部屋へなだれおちるのだ。
 バチっ! バチっ!

「はへっ、えっ、あえっ」

 それ以上の思考を脳が放棄した。
 脳裏に花火が乱れ散り咲く。

「あっ?ぁっ!  あっづ! あっ~~~~ッッッっ!!!!!!」

 泥(ドロ)っ、泥(どろぉ)、蕩(とろ)お……ぉ、

「~~~っ、ぁ、っ!! っ、ぇ、っっッ!!!! っ」

 ありったけの精液が胎内へ吐き散らかされた結果、ふる、ふる、と周子の身体は内臓から痙攣した。もう声も出ない。あけっぴろげになった子宮口目掛けて次から次に胤が殺到し、宮内の壁を濁酒じみた白ヘドロで汚してゆく。亀頭に袋叩きにされた子宮が耐えかねて卵を吐き出す。それに我先に群がる一億の火の玉。槍の穂先が卵を小突く。孔をこっちに向けろと脅す。その先はーー周子にはわからない。ただ、逃げ場はないような気がした。いま串刺しにされている自分と同じように、遅かれ早かれ、きっと。

「、っ、す、ふ、う、は…………ぁ、ぁ」

 空気漏れのような断末魔とともに、熱に溶かされた正気が四散してゆく。まるで、少しの間でも休息を求めるように、少しの間でも現実から目を背けるかのように、睡魔が少女の意識を閉ざす。




25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:05:29.24 ID:mIrMZpZS0

「あー、まあまあ射精たな……」

 ぐったりした少女の背中を見下ろしつつ、金髪は一仕事終えたとばかりに息をつく。未だ萎えず、むしろウォーミングアップは十分で本番はこれからと言わんばかりになお硬くなるペニスを、金髪は周子の熱い胎内から抜こうとするが、ギチギチのマン肉が海藻のように絡み付いてなかなか抜けない。雌の本能が逞しい雄棒を逃さないように咥え込んでいるか、あるいは軽い膣痙攣を起こしているのか。

「ちょいと、失礼、と」

 何度も腰を叩きつけられたせいで真っ赤になった尻に手をあてがい、
 ぐぐ……っ、 

「え、へぇぁぇ、え、」

 力任せに引き抜いた。

 ずっどりゅろんっ!!

「ぁふっ、うっ、う、う゛っ」

 と、ベロのはみ出した周子は短く呻いた。それだけでまたイッていた。その膝立ちの下半身が肉のくさびを失い、切り分けた残りの薄っぺらなカステラのように、どさっ、と横へ倒れた。勢い余って仰向けにまで転がる。前髪は乱れて汗だくの額に張り付き、ツンと上向いた両の乳房が荒い呼吸で上下する。

「あ、はぅ、はぁ、はっ、ぁ、はっ、はあ、かはっ、ぁ、ぁ……」

 ごぷ………………、とぷっ、

 そして着地の衝撃で股座からホイップよろしく、精愛液の攪拌泡がごく少量ピュッと溢れ出た。すなわち射精の大半が、もう後戻りのできない子宮の奥深くへ飲み込まれた証だ。
 金髪は少しばかり達成感を覚える。
 が、まだ足りない。
 左足から先に靴を脱ぐ。




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:06:38.46 ID:mIrMZpZS0

 続けて脱いだ右足の爪先を、フローリングではなく、ぱくぱくと呼吸するような周子の女淫にヌゥッと差し込んだ。

 ヌゥ………ッ、

「あ、え、あえ、てぇ。え、えっ、あ。」

 周子は自分でさえ聞いたことのない声を上げる。 
 されたこともないことをされているのだから当然か。
 一日の労働で散々汗と垢を滲ませ、相応の刺激臭を放つ靴下越しの爪先を、肉吸いが周子の意思とは関係なく労う。これまで戯れに差し込まれてきた様々な性具とも玩具とも野菜とも文房具とも違う蝕みに動揺し、性器を足蹴にされていることへの憤りにまで思考が及ばない。ただ、小ぶりなジャガイモのような足の親指とビー玉大の人差し指が連座でG線を弾いたのは確かで、

「え、あえっ、あっ、ああっ、はぁ、ウッアッ、」

 よりにもよってそんな行為で、自覚すらないまま、またしても周子は沼から立ちのぼるあぶくのようにだらしなくイく。死者に電流を流したように仰向けの上半身が跳ねる。ワレめから足の甲まで潮が飛ぶのを見て、金髪は爪先を抜く。その目には感動すら浮かんでいた。
 そして目を白黒させて喘ぐ周子のつむじの辺りに蹲踞し、鼻先に、飴細工のように艶びかるペニスをーーべちゃりと載せた。




27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:08:24.36 ID:mIrMZpZS0

「は、へっ、え……」

 さながら、白い皿に盛り付けた、黒赤い金太郎飴の趣。
 鼻梁にテラテラした性愛液をなすりつける。まだまだ暴れ足りない肉棒は少女の小顔よりもだいぶ大きく、額から顔面を闊歩し開けっぱなしの口にまで至る。ああ、コレより大きい顔の娘などいなかったかそもそも、と、金髪は思い直す。
 ともかく中出ししてイかせた女の顔に、引っ張り出したばかりの陰茎を載せるーー征服欲の発露という他ないその行為。女の尊厳を踏みにじるに等しいソレに、周子は、しかし、

…………ぺろ、

「あ、へふぁ、あ、れろぅ、ぷほじゅちゅおっ、あむちゅぅ、あんちゅっ、」

 ちゅぽっ、ぷちゅっ、ふりゅっ、ぴちゃっ、ちゆっ、

 淀みや迷いはなかった。
 決まりきった階級がなせる儀式のように、あるいは本能がそうさせるかのように、何を考えているのかなど本人にすらわからないまま少女は汚れた肉棒へ唇を寄せ舌を伸ばす。そして唾液粘液性愛液で美顔が穢れるのも厭わず、逞しい幹を音を立てて舐め上げ、狂信者の様相で、カリ首まで丁寧に舌を這わせた。薄化粧が精脂で厚塗りされる。

「ふ、う……ぁ、いいぞ」

 べちゃ、れるっ、くちゅ、んむっ、あほぁあむっ、んっ、つぅ……、
 褒められたことがうれしいかのように、伸ばした舌を今度は平たくして巻き付ける。自らの疲弊など度外視で目一杯口を開き雄をしゃぶりたくる。

「はっ、ふぅ……よし、そら」

 ぬるま湯のような口内放置も、決して悪くはない。しかし金髪は舌で奉仕させるだけでは飽き足らず、頭蓋骨を抱えるように周子の頭を支え持ち、おとがいを上げさせた。




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:09:08.47 ID:mIrMZpZS0

 そして構造上ぽっかりと開いたクチにペニスを押し込んだ。
 
がぽっ、ぬ、ぬろおぉ、

「くふっ、うぬぅ、んぅ、あまぅ、むゃぁ……れるちゅ、ちゅ゛、ぁ………」

 唇を通り殺到する肉塊を必死で受け止める周子。
 口から白い首へそして腹から尻穴まで至らん剛直を串打ちする様は、さながら鮎の塩焼き。周子はベルトのたわむ喉をへこへこと伸び縮みさせ、懸命に両唇を窄め?を膨らませて肉飴坊を迎え入れる。
 んもっ、ぐちゅぽっ、くちょっ、れろるちょ、くぽっ、ぴむちゅちゃぴちゃ……、
 清潔な玄関に淫猥な水音が滴り落ちる。

「はぁむっ、んむっ、ほっ、おっ、んふぇ、むにゅっふぅ、あむぁう、」

(おちんちん、おっき、クチ、喉まで、つかわれてるっ、)

 自分の頭をオナホールのように使われて、あまつさえ額に陰嚢がぺちぺちと打ち付けられるその被虐感で、周子はなお濡れた。既に泥泥の精液を仕込まれた膣内に、とろり、とさらに愛液が分泌される感覚。周子の手が、痙攣する指が自らの、大振りの豆大福じみた乳房と皮付き落花生ほどに赤らんだ女陰核に伸びる。
 ちゅこっ、くちゅ、たゅこりゅ、ぷちゅっ、くちゅぱっ、みじゅちゆ、

「あ、んくふほぉ、んはぁ、はぉ、んれるろっ、ちゅっちゅっじゅるるるるるふっ、」

 上の口と下の口、同じようで違う淫粘音。
 上位者である肉棒に奉仕する、柔らかい口吻と舌遣いの二奏。
 その肉棒の残滓を潤滑油に、自らの淫魔を固い指と爪で慰める虚しさ。
 どちらにせよ惨めなおんなのありようを双方が理解し、共に、浸る。




29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:09:55.46 ID:mIrMZpZS0

「……っ、ああ、いいクチだ。もったいぶる必要はないな。まだまだ夜は長いし。そら、だすぞっ」

 がぽがぽがゃぼぐぽじゅぽどゅぽどぼっ!
 カクカクと腰を前後させる。金髪は、外回り中トイレに篭って自慰する営業職のような手荒さで、ちょうどよく締めてくれる周子のクチを使いペニスを扱いた。

「ん~~~っ! んっおっぽっもぅおっ!」

 しごかれる。
 モノみたいにつかわれる。
 歌うためのクチも、ベロも、ノドも、オナニーの道具にされる。
 アイドルとして鍛えた器官をぞんざいに扱われるその暗澹をエサに、周子の指はなお深く激しくなる。
 でも到底届かない。
 このクチが奉仕しているものが掻き混ぜた女央までは、とてもとても。
 周子がぽっかりあいた自らの空洞へ手の甲まで挿入れて、その耐えがたい空白をうめようとした瞬間、

「ふぅ、?、んっ!」

 金髪は息を止めて、そして、周子の喉奥から口元まで引いていた亀頭を、唇の裏でハザさせた。

 どびゅっ! びゅぷっ、びゅっ、ぶっ、

「つうっ。ん、んっ、んっうぁむっ、ほぷっ、うふぅ……」

(あ、きた、きたぁ、あ、せーし、にがぁい、)

 周子の口内でペニスが暴れ、脈打ちに合わせて白濁がどっ、どっ、と流し込まれる。強引に射精した故、量、勢い、粘り、どれをとっても最初の膣内出しには比べるべくもない。が、だからこそ周子は、じっとりと浸透してくる白濁の食感を、匂いを、味を熱さを、あまさず感じ取ることができた。
 ベロの表裏、前歯から上下の親知らず、歯茎と咽頭の手前、唾液腺、すべてに青精がこびりつく。濃いにおいが喉から鼻に抜け、脳をベーコンのように燻製する。ベーコンが生肉に戻らないように、浅漬けが生野菜に戻らないように、精液漬けの脳が元に戻ることはない。




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:11:11.45 ID:mIrMZpZS0

(あついっ、すごいっ、ニオイ、ほかのこと、なんにも、かんがえられなくなるっ、)

 金髪はペニスをずろっ、と引き抜き、再び、周子の鼻先に、でろり、と我が物顔でのせる。
 でろりっ、びちゃぁ、

「は、はーっ、ふぁー、はぁー、が、」

 抜かれたときのカリ首の大きさのまま開きっぱなしで熱い息を吐く周子。抜けた陰毛が頬にノイズのように張り付き、長い舌を犬のようにはみ出させて、額に載せられた性異物を凝視しようと、白目じみた上目遣いに寄り目にまでなって、それでもなお醜くならないことに、金髪は皮肉でなく本心から感服する。

「はほっ、っほっ、ほっ、ほぉ、お…………」

 その美貌を、ナマコペニスの飾り台にしている。
 金髪の口の端から本人も気付かない涎が垂れる。

「よく味わって。飲み込む前にクチを開けて見せて」

 周子は命令通りに、開けっ放しだった口を閉じ、粘着質な毒菓子を唾液で攪拌する。
 にちゃ、れろっ、につゅにちゅ、くつゅっ、ちゅぽ………っ、
 お行儀の悪い子供のように、聞こえよがしにクチをくちゃくちゃいわせ、熱い迸りを堪能する。できそこないの白玉のように実体なく舌の表に裏にこびりつき、いくらかは喉に絡み鼻に抜け、はしたなくも噴き出した息は顔上のペニスにそよぐ。
 
 そして周子の口は開けられた。

「ぱほぁ…………ん、べぇ、ぁ…………は、はぁ、ふぁ、あ。あ………っは、」

 薄い上唇が窯の蓋のように開き、暗い洞の中から長い舌が下唇へ遡る。本来真っ赤なソレは性濁液のドブで隙間なく蹂躙され、コンデンスミルク過多の摘みたて蛇苺の趣で収穫者を誘った。




31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:11:59.56 ID:mIrMZpZS0

 グロテスクなオブジェのようになった少女を見る男が、生唾を飲み込むまでのその間、周子はずっと、潤み濁った目で男の喉元を見ている。

「飲んで」

 金髪の命令に、だらりと開けていたクチを閉じ、

 そして目を閉じた。

「「ごっくん、」」

 音を立てて白濁を飲み下した。
 金髪もまた、同じタイミングで生唾を飲み込んだ。
 音の止んでいた空間で重なる嚥下。

 目を閉じたまま、ゆっくりとクチを開く。

「ほ、ふほっ、ほー、ほぉ、ほー、ふぉ…………、」

 何事もなかったのように、真っ赤な舌がまろびでた。
 
 金髪は口を拭う。
 閉じた目蓋、その奥の視線に射抜かれた錯覚。
 これほど汚されてなお美しいそのカオに、背筋を氷柱に差し替えられた心地になる。
 今まで一方的に嬲っていたつもりの少女が、一瞬、天秤を傾けた。追い詰められて発露した傾国の素質に、男として畏怖さえ覚える。流石は一流アイドル。全てを手玉に取る日はそう遠くないのかもしれない。
 だが。
 だが今は俺のモノだ。
 今は俺のいいなりだ。
 もっと。
 もっと汚したい。
 汚さなければならない。




32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:12:49.57 ID:mIrMZpZS0

 金髪は、小動物にするように掌を被せてペニスを持ち上げる。すでに固くなり始めていたのは周子への怖れからだと自覚しつつ、

 こりっ、ずりっ、ずり、ずっずっ、ずじゅ、

 周子の目が開いて、明らかに当惑が浮かぶ。憑いていた妖狐が離れ、搾取されるもの相応の顔になったことに、金髪は内心安堵しつつ、

「お前の顔、擦るのに向いてるな」

 呆気にとられた周子の鼻筋で、まぶたで、頬骨で、顎で、筆で書くというよりは硯に墨を磨るようにペニスを押し付け、方々に粘液を塗りたくる。

 ぬりっ、ぬりゅっ、ぐりゅっ、ぐりぐりぐりっ、ずりゅゅ、びゅちゅっ、ぐゅちゅ、

「……………、ぁ、はぁ、ふぁ、は、あ、はっ、あ、」

 混乱しながらも周子は舌を伸ばしたが、肉墨がおかまいなしに顔中這い回るので、途中で諦め、男の為すがままにした。 
 周子は反芻する。
 擦るのに向いた顔。
 この男にはファーストキスも純潔も奪われ、その他思いつく限りの「初めて」を捧げ抱かれ続けたが、まさかこのようなカタチまであるとは。あますとこなく塗り潰されてゆくこの身の見えない行末を、周子は蕩けた目で茫然と眺めることしかできない。しかし、これまでと違うカタチで蹂躙されていることに、周子は救いようもなく興奮した。擦られた場所がますます紅潮し、媚熱が皮下から放散する。




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:13:42.85 ID:mIrMZpZS0


 じゅっちゅっ、ずちゅっ、ぶちゅっ、ぎゅちゅっぎゅちゅちゅっ、

 既に十分立ち直った怒張を、金髪は荒々しく擦り続ける。
 それは畳で自慰を覚えた少年のように、意味も分からずただ射精することだけを目的とした一種の無邪気ささえある速さで、

 びゅんぬつっ、

「あう゛っ、」

 ペニスが痙攣し、口内で射精した二度目とさほど変わらないくらいの精液が迸って、美少女の顔を侵略した。
 びゅんつっ、びゅろっ、ぶびゅっ、ぴゅっ、ぴゅろりゅっ!

「あっあっあっぁつ、」

 蕩然とした周子の目へ鼻へ頬へ額へ唇へおとがいへ、筆を振ったように飛沫が描かれる。周子は汚されてゆくことが悲しくて嬉しくて声を出して喘ぐ。野に廃油が撒かれるような、熱した葛湯を注がれたような、重さのある顔射。顔中が熱く、どろりとした質量を感じる。目にしみるのが何かわからない。汗が精液と混じり、涎が精液と混じり、涙が精液と交わる。飛び出した直後わずかに保っていた精液のダマはすぐに崩れ、薄い汁となって重力に惹かれ耳に喉首に伝いおちてゆく。

 周子はただ天井を見上げていた。
 周子の意識はその様を天井から見下ろしていた。

 




34: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:15:01.42 ID:mIrMZpZS0


 金髪は周子を抱え上げ、廊下の奥へと攫っていった。




 また、悲鳴が上がる。
 しかし流石は高級マンション。施された完璧な防音はいかなる大音声をも外へ漏らさない。浴室でリビングで、キッチンでトイレで、そして寝室で、その性能をカタログ通りに発揮する。





 
 悲鳴はどこにも届かない。






35: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:17:35.04 ID:mIrMZpZS0

 塩見周子【レ】

「あっあっ、ナカ、あっ、ちゅっぅ、あつっ、熱いっ、ちゅるっ、んちゅ、」

 嬌声がタイルに湯船に氾濫する。肩まで湯に浸かっての対面座位で、抜き差しはほとんど無い代わりにかき混ぜるような円運動で陰唇はじわじわ広げられ子宮はぐっちょり擦り切らされる。執拗なくちづけはむしろ周子の方から。そうしないと意識が保たない。なにせ風呂の温度は41度。のぼせ上がって周子の顔は真っ赤に茹であがり熱で脳も正気も溶けてゆくから舌を噛まれでもしないと気つけにもならない。両腕ごと背骨を折り抱かれて肺が押し潰され酸素が欠乏している。ジャグジーの気泡が肌を撫でるだけで軽く気をやる。それでもナカに射精されれば分かる。熱い湯とそれより熱い精が膣の中で攪拌され、精の一部は薄く溶け、子宮の浸透圧と同調する。

#お風呂 #ソーププレイ #対面座位 #抱き潰し #キスハメ #中出し #種付 

 白菊ほたる【レ】

 奥山沙織【レ】

 持田亜里沙【レ】

 アナスタシア【レ】

 綾瀬穂乃香【レ】

 鷺沢文香【レ】

 高森藍子【レ】

 久川凪【レ】

 松山久美子【レ】

 




36: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:19:34.39 ID:mIrMZpZS0

 塩見周子【レ】

「イクイク、い、イ゛ッ! ひあっ、またれてるっ、えへぇっ、おなか、どぷどぷぅ、て!!」

 聖餐のようにダイニングテーブルに仰向けに載せられ真一文字に貫かれる。トッピングはいつかの水着。女体は横に男体は縦にという対位を卑怯なまでに利用する腰の入った抽送は、どこか舟を漕ぐ動きにも似ている。規格外のペニスは、腰を引けども引けども膣内に入ったままだし、押し込めばどこまでも奥深くまで分け入ってきて周子はまさしく気が狂う。ひとつきひと抜きごとに五回はイく。遅すぎる射精の瞬間両手首を掴まれ肩が抜けるほど引っ張られる。腕の間で絞り出された乳房が蠢動し水着からはみ出た乳首が残像を描く。ナカが、焼け爛れる。イキ散らかり過呼吸になった女を見下ろしながら男は満足げに傍においた酒を飲み、汚穢まみれの結合部に黄色い唾を吐くと、溢れ出した精愛液が幹に伝い落ちツラリと混じる。

#ブルー・ホライゾン #水着 #ビキニ #机上位 #ガチハメ #連続絶頂 #中出し #種付 #巨根 #唾吐き

 
 西園寺琴歌【レ】

 榊原里美【レ】
 
 原田美世【レ】

 神崎蘭子【レ】

 松本沙理奈【レ】

 大和亜季【レ】

 十時愛梨【レ】

 海老原菜帆【レ】

 及川雫【レ】




37: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:21:29.12 ID:mIrMZpZS0

 塩見周子【レ】

「あヤバっ、それおかしくなっ、あぎひっ、い、イ゛?! がごっ、がぼっ、ふイギっ! いビッ!!」

 キッチンのシンクに手を突き立ちバックで貫かれる。金髪のゴツい片手は周子の延髄のあたりを木の根の様に掴み、全開の蛇口の下に罪人の様に吊るす。余興で着せたエプロンは当然なんの意味もなさない。ピストンは遅めでぶら下がった両乳の揺れはそれ程だがこのプレイの本質は窒息。水責めで呼吸が苦しくなればばなるほど逆ハート型の尻はよく締まり簒奪者を喜ばせる。雄肉を咥え込む雌壺と同様に、小瓶から一本取り出したホワイトアスパラガスの突っ込まれた菊座がガプンガプンと蠕動する。今日からアナル一年生。肉だけでなく野菜も食べましょうといったところか。すぐに立たなくなるメスの下半身をクリトリスごと引っ張り上げられるともう周子自身も何を叫んでいるかわからない。よくみれば腰から持ち上げられて爪先はぷらぷらと浮き、まさしく吊りはじめたばかりの刑死者の様にビクンビクンと痙攣している。喜びすぎた犬の様にブンブン振られるアスパラを引っこ抜くと周子はバッタの様に太腿を振り上げて大イキした。そのせいで射精の際ペニスが抜け、尾てい骨の上の柔尻にドピどピと放射する。極絶頂の後、周子の体はくの字に折れ、シンクに顔を突っ込み排水口の横ではみ出した長い舌を激流にさらす。すぐ隣に投げ入れられたアスパラは少し欠けている。

#キッチン #裸エプロン #立ちバック #後背位 #尻ぶっかけ #アナル #二穴 #異物挿入 #水責め #首絞め


 五十嵐響子【レ】

 白雪千夜【レ】

 柳清良【レ】

 鷹富士茄子【レ】

 松尾千鶴【レ】

 和久井留美【レ】

 首藤葵【レ】
 
 西島櫂【レ】

 向井拓海【レ】





38: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:23:31.86 ID:mIrMZpZS0

 塩見周子【レ】

「あが、がほっ、くぽっずろっれろるっ、じゅこ、ぐぷぅぐぷっどふっごゅむっ、」

 便座の上に素裸で蹲踞し雄棒にクチ奉仕する。胸には歯形腹にも歯形、ヘソにはルージュの薔薇模様。手で目元を覆っているのは今更の恥じらいではもちろんなく、その方がソソるという金髪の意向によるものでしかない。しかしその効果は愚直なほど覿面。もう十近く射精したモノとはとても思えない山脈のような隆起が雌トンネルを出入りする。あり得ないことだがこの男は射精するほどにその血を滾らせ硬く強く太くなるのではないかと周子は呆れ果て、その実、オスとしての強さに平伏している。ふとじょろろろろろと音がして下を見れば哀れ、書き足された正の字の隣で擦られまくり掘られまくった爛れ陰唇から精愛混じりの小用が、ししおどしの水のように真下へ注がれている。これまで絶頂する度に散々巻き散らしていたのか透明でこそあるが、ビラビラの爛れ陰唇をグワと押し開きカメラに晒しているそのザマは聖水というよりは野良の獣の排泄物と呼ぶのがふさわしい。全てかなぐり捨てた周子の頭を男が撫ででやると、うすよごれた牝狐はくうんと嬉しそうに鳴く。と、20センチ超のペニスが地下鉄のように周子の細い喉に突き進んで、扁桃腺に横付ける。男は撫でる手付きを頑なに固定しそのまま奥に射精。周子は目を白黒させディープスロートの洗礼を受ける。精液に、溺れる。

#便所 #正の字 #身体に落書き #タトゥー #おしっこ #放尿 #フェラ #ディープスロート #歯形 

 相原雪乃【レ】

 小早川紗枝【レ】

 櫻井桃華【レ】

 黒川千秋【レ】

 浅利七海【レ】

 二宮飛鳥【レ】

 小松伊吹【レ】

 的場梨沙【レ】

 依田芳乃【レ】





39: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:24:57.11 ID:mIrMZpZS0

 塩見周子【レ】

「あ、またらしてる!! ホンとできるって、て、デキるっ、あっ、んっ、嗚呼嗚呼ア゛!!」

 やはりというか、これまでは遊びだった。金髪のホームはなんといってもベッドの上。トライアドプリムスピンクチェックスクールポジティブパッション、その他名のつくユニットは一度はこの褥で纏めて抱かれている。それはLiPPSとて例外ではなく、奏とキスし志希を右手で周子を左手でイカせフレデリカにアナルを舐めさせながら美嘉に中出したのはつい2週前の話。その皇帝のごとき酒池肉林を可能にするのは、一部屋丸ごと埋め尽くす大海の如きベッドだ。金髪と契約しているハウスキーパーは富裕層の間でもその人ありと知られる実力者だが、それでもここまで大げさな寝室は他に覚えがない。清掃で訪れる都度、その荒れ狂った事後のシーツや部屋部屋の惨状を見るにつけ、ここで何が行われているかは、努めて考えないようにしている。


 どぢゅんっ! どちゅっ! どぢゅっ、ぢゅっ、ぢゅぢゅっ、ぢゅじゅくっ、ずゅんッッッっ!

「ヒィっ! いっ! イッ! イぁッ! りゃめ、もうぁぁめっ、あっ、アッ、アア!!!」

 思いつきの性玩具を使っては投げ使っては投げ、絞る前の雑巾のように濡れ潰れた周子に挿入してもう8度変えられた体位の、今の構えは正常位。5人相手だろうが遅れを取らない性豪を1人で相手取ればどうなるかは自明で、むしろ意識があるだけ見上げたものという他ない。しかしそれももう終わる。




40: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:26:32.36 ID:mIrMZpZS0

真上から組み敷かれ、撞木で打たれるような衝撃。抽送の力のピントを身体の裏に合わせられたような塩梅で、点を突かれるというより面を殴られるようなショックで子宮ごと全身がぺしゃんこになる。片手では足りないくらい射精しているはずなのに、射精しながら少しも萎えないまま子宮を貫かれ続け、いよいよ周子は正体をなくす。極楽奈落に振り落とされぬよう、木の幹のような男の首に抱きつき、巌のような男の腰に足を巻きつける。そうなるともう精の抜け道などあろうはずもなく、一滴残らず射精は周子の膣内にめり込み、一粒残らず子宮に至る。それがどうなるかは運次第だがーーもう、まぐれは続かないだろう。
 金髪は周子の耳にべっとりと唇を寄せる。

「孕め、孕め周子、孕めっ」

 舌が耳朶を穿った。
 それがとどめだった。
 周子の絶叫に、凶笑が炙り出た。

「あ、あ、うんっ、はらむっ、あかちゃ、へ、えぇへぇ、らひてぇ、らしてらしてえへぇっ、え、え゛!」

 金髪は一際深く突き刺し、周子は一際強く足を絡み付けた。周子の脳裏で亀頭の切っ先と子宮の小部屋が直結した。周子のなかで、フグのように男根が、膨らみ、

ーーぼびゅっ!!!!

「ア゛ぁ!!!!」

 種子を、ばら撒いた。




41: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:29:33.67 ID:mIrMZpZS0


 びゅーくっ!! びゅぶちゅっ!! びゅくるっ、びゅびゅぶびゅっ!!

「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、ああ、」

 射精一回ごとにイく。精液一滴ごとにイく。精神一匹ごとにイく。データ消去ソフトのように無意味な数字の羅列が脳細胞を埋め尽くし、神経が精液で押し流され、脳が真っ白に漂白される。後に残るのは本能だけ。
 
 強い雄と子をなすという、本能だけ。




 人間の卵子は適切な精子を“選定”するが、それはパートナーのものとは限らない:研究結果ーーWIRED誌



#正常位 #串刺し騎乗位 #側位 #立位 #後背位 #対面座位 #背面座位 #立ちバック #駅弁 #寝バック #目隠し #ギャグ #ディルドー #三穴 #バイブ
#性奴隷 #ピアス #スパンキング #洗濯バサミ #喉輪 #中出し #溢れ精液 #妊娠 #受精 #アヘ顔 #失神 #失禁 #陵辱 #和姦 


川島瑞樹【レ】

高垣楓【レ】

三船美優【レ】






42: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:31:28.47 ID:mIrMZpZS0










ーーざぶーん、

「あー、さすがにヤリすぎたな……」

「い、いや、もう堪忍なぁ……Pさん、ホントに容赦なしやったし……しんどぉ……死ぬかと思ったぁ…………あたた、お湯しみるぅ……」

「明日、てか今日か。起きられるかな…………10時に美容院なんて久しぶりだぞ。ったく、イタズラで真っ金金に染められましたなんて恥ずかしくて言えないっての」

「んふふー、だったら、やっぱりシューコちゃんが染め直してあげよっかー? ほらほらこのとーり反省してるので、遠慮せんときー」

「ちゃんと染め直すだろうな?」

「んー…………ペアルックとか? ブリーチ、試してみる?」

「ぜんっぜん反省してないし……」




43: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:32:49.34 ID:mIrMZpZS0

「まあ、事務所内の一等地与えられてんのに居眠りしてたのも悪いってことで、おあいこおあいこー」

「それを言われると……ぐぬぬ」

「しかし、ふむふむ、よーやく日焼け、落ち着いてきたね。LiPPSでハワイ行ったのって、半年前だよね。色抜けんの遅くない?」

「その後にバリ行ったからな」

「……あー、それってウワサの、美優さん楓さん瑞樹さんの……3人同時ご懐妊、ってやつ? 美優さんと楓さんはその気で計画立ててPさんの分までお金出して。危ういと思ってお目付役に同行した瑞樹さんが、まあ、現地でタガを外されてって聞いたけど。ホント、もってるというかどうかしてるというか……仕事の調整どうやってんの?」

「けっこうなんとかなるもんだよ。協力してもらえば」

「協力」

「主に菜々さんと心さんだな。次ははぁととナナパイセンだぞ☆ って約束で」




44: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:33:56.74 ID:mIrMZpZS0

「えっげつな……それにしてもすごいねぇPさん、アタシ達をハワイにご招待して2週間ハメまくったあと、間髪入れずにバリにご招待されて美女3人と合同妊活なんて。へぇ。じゃあ、アタシは?」

「周子か」

「ほらアタシさ、ガッコー、行ってないじゃん。その分面倒少ないし、親もまあ、Pさんならっていってくれそうだし。うまくいけば一番若く孕ませられる雌だよ。お買い得だよー。あ、ウサミン成人は、まあ、殿堂入りってことで」

「そうだな……」

「そのミョーな間、もしかして計算中? シューコちゃんを孕ませて上手く回るかシミュレーションしてるわけね。おーこわ」

「うーん」

「孕めって言ったじゃーん。もしかしてその場のノリ? 男に二言があるわけ? 悲しい旦那様。およよ」



「ーーじゃあ今度からはピルなしで、な」



「…………やったぁ。へへ、子供はどっちの髪の色かな」

「……どっちにしろ黒だろ」





45: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:34:58.01 ID:mIrMZpZS0

 ふふ。
 志希ちゃんには即バレるだろーなー。匂いとか、変わりそうだし。で、知らんぷりしたらあの子、わけわかんなくなって逃げ出しちゃいそうだから、その前にとっ捕まえて、そっちも妊ましちゃえ。あの子にとって学校なんて大した問題じゃないだろうし。
 フレちゃんも迫ったら絶対逃げない。まあ短大がどんなもんかは、ちょっとわかんないけど、だいじょぶだいじょぶ。
 奏ちゃん美嘉ちゃんは……少しお預けだね。その分今以上に可愛がってあげてね。
 それから紗枝はん。
 紗枝はんもさすがに今は厳しいだろうけど、突き詰めたら食いっぱぐれることはないだろうからーーふふ、思ったより「失敗」、アリかもね。

 あーあ、何人のパパになっちゃうのかな。
 やっぱりPさんって、自由人だねー。




46: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/07/07(火) 00:35:29.08 ID:mIrMZpZS0

これでおしまいです。
ありがとうございました。


元スレ
SS速報R:塩見周子「シオヅケサトウヅケ」