1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 06:56:35.64 ID:MB8HYkT30

和「これ、なんですか?」

透華「龍門渕で開発した、SAO(そんなオカルトありえます)装置ですわー」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 06:58:47.27 ID:MB8HYkT30

和「これ、なんですか?」

透華「龍門渕で開発した、SOA(そんなオカルトありえます)装置ですわー」

和「へぇー、これを頭につければいいんですか?」

透華「そうですわよ。そして寝るだけです。そうすれば夢の世界へ入る事が出来ます」

和「なるほど」

透華「ぜひ、貴方にモニターになって欲しいのですの」

和「いいですよ。興味ありますし」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:00:41.58 ID:MB8HYkT30

しんしつ!

和「これをつけて、眠ればいいんですね」

和「それではおやすみさない。咲さんの夢が見れますように」...zzZZZ





和「はっ、ここは!?」

咲「起きた?ごめんね、もうすぐご飯出来るからねー。ちょっと待ってねー」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:03:36.58 ID:MB8HYkT30

和「さ、咲さんが台所に立ってる」プルプル

妹咲「お姉ちゃん、おはよー」

和「えっ!?」

姉咲「和ー、寝癖ひどいわよー。私が直してあげようかー」

和「えっ、えっ!?!?」

母咲「和、顔くらい洗って来なさい」

父咲「そうだな。あと胸元。ばっちり見えてるぞ」




和「えぇぇぇぇぇぇぇぇ!?!?!?!?」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:06:08.18 ID:MB8HYkT30

和「咲さんがいっぱい…。うへへ」

恋人咲「あっ、和ちゃん。おはようのチューがまだだったね♪ごめんね」

和「あっ、はい。むちゅううううううううううう」






ドンガラ、ガッシャン!!!!!

和「はっ!?ここはどこ…」

和「なんだ、私の寝室ですか…。いい所だったのに。あいたた…」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:09:57.99 ID:MB8HYkT30

ぶかつ

和「それにしても、昨日の夢はすばらでした」ポワー



咲「なんか今日の和ちゃん、変だね」ヒソヒソ

優希「変なのはいつもだじぇ。今日はいつもより、ボーとしてるんだじぇ」ヒソヒソ

久「心ここにあらずって感じね」ヒソヒソ



和「あっ、すいません。用事ありまして、咲に失礼します」ドヒュー



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:13:09.30 ID:MB8HYkT30

和「さて、夕方の18時ですが、私は寝ます。おやすみなさい」...zzZZZ





照「咲はやらん!」

和「咲さんを愛してるんです!お願いします!私に咲さんを下さい!」

照「…麻雀だ。私に麻雀で勝てば…、考えなくもない」

和「わかりました!望む所です!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:16:11.78 ID:MB8HYkT30

照「参りました」

和「愛は勝ちます」ドン

咲「和ちゃん、ステキ!私でも勝てないお姉ちゃんに勝っちゃうなんて!」

和「はい、愛あればこそです。麻雀にオカルトはありませんが、私の愛する気持ちはオカルトではありません」

咲「和ちゃん…」

和「咲さん…」



和「むちゅううううううううううう」





ドンガラ、ガッシャン!!!!!



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:18:35.07 ID:MB8HYkT30

和「あいたたた、ってまた朝ですか…」

和「いい所なのに…。はぁ、学校行きますか」トボトボ





ほうかご

和「すいません、用事あるので、部活出れません」ドヒュー

久「えっ…あっ…、全国大会とかあるんだけど…」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:21:47.36 ID:MB8HYkT30

和「さて、夕方の17時ですが、私は寝ます。おやすみなさい」...zzZZZ





久「うふふ」イチャイチャ

咲「えへへ」イチャイチャ

和「」



優希「和ちゃん、違うじぇ。咲ちゃんは部長に騙されてるんだじぇ」

和「そうなのですか…」

優希「ウジウジしてる和ちゃんなんか見たくないじぇ。今から部長を殴りに行くじぇ!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:25:08.03 ID:MB8HYkT30

和「やーーーーーやーーーーー、やーやーやー!」バキッ

優希「やーーーーーやーーーーー、やーやーやーだじぇ!」バキッ

久「ひでぶぅ!」



和「このバカ!」パチーン

咲「ご、ごめんなさい!ちょっと魔が差しただけなの!」

和「バカ!バカ!!バカ!!!」

咲「ごめんね…。こんな私を愛してくれてありがとう」



和「咲。むちゅううううううううううう」





ドンガラ、ガッシャン!!!!!



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:28:34.53 ID:MB8HYkT30

和「あいたた…。えっ?夢?」

和「学校ですか」トボトボ

和「とりあえず、部長には父の携帯から、地獄に落ちろとメールを出しときましょう」




久「えっ、なにこのメール」カタカタ

久「怖い、怖い、怖い」カタカタ



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:31:08.36 ID:MB8HYkT30

ほうかご

咲「和ちゃん、掃除当番」

和「ごめんなさい。私、用事がありまして…その…失礼」ドヒュー

京太郎「最低だー。俺が代わりにやるか」

咲「えっ、いいの!助かる」





和「さて、夕方の16時ですが、私は寝ます。おやすみなさい」...zzZZZ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:34:04.26 ID:MB8HYkT30

咲「誰か、草履。草履を持ってまいれ!」

和「親方様。こちらに…」スッ

咲「むぅ、これは暖かい。お主。もしや…」

和「はい、親方様の足が冷えぬよう、胸の谷間に草履を入れて温めておきました」

咲「ほぅ…お主、名は?」

和「はっ、原村和と申します」

咲「デアルカ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:38:37.38 ID:MB8HYkT30

和「なに!本能寺で須賀が裏切っただと!?ただちに戻る」パカパカ


ほんのうじ(ゆめ)

咲「余の夢もこれまでか…」

和「親方様!」

咲「和、お主どうして!?」

和「親方様のピンチとあらば、この和、北でも南からでもただちに駆け付けますぞ!」

咲「そうか…。余の夢、お主に託していいか?」

和「はい。親方様の夢、私が代わりに叶えまする」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:41:45.90 ID:MB8HYkT30

和「最後に褒美を頂きとうございます」

咲「申してみよ」

和「はい…、接吻を所望します//」

咲「デアルカ。余の初めての接吻である。ありがたく思え」

和「はっ、その唇、一国にも値します」



和「親方様。むちゅううううううううううう」





ドンガラ、ガッシャン!!!!!



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:44:05.25 ID:MB8HYkT30

和「お、親方様ぁぁぁぁぁ。あれぇ?」

和「エトペン…。あっ、私の部屋ですか。学校行きますね」トボトボ





和「」ポケー

咲「和ちゃん、体育の時間にボーとしてると危ないよ」

優希「私が保健室に連れて行くじぇ」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:45:33.83 ID:MB8HYkT30

和「ここは保健室ですか」

教師「あぁ、原村君。調子悪いみたいだね。早退する?」

和「もちロン」ドヒュー





和「さて、昼の15時ですが、私は寝ます。おやすみなさい」...zzZZZ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:51:07.50 ID:MB8HYkT30

咲「貴様が、まこ先輩を殺したぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」バチバチ

和「お前が優希を殺したからだぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」バチバチ



咲「私だって…守りたいもののために戦っただけだ!なのになんで殺されなきゃならないの!?それも、親友の和ちゃんに!!」.

和「殺されたから殺して…殺したから殺されて…それでホントに最後は平和になるのですか!?ええっ!」


咲「のどかぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」バチバチ

和「さぁぁぁぁぁきぃぃぃぃぃ!!!!!!」バチバチ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:55:06.84 ID:MB8HYkT30

和「行くのですか?」

咲「行かなくちゃ、また戦争が始まる前に…」

和「私も行きます。それが私の信じる道だと思いますから」

咲「和ちゃん…」

和「ねぇ、咲さん。キスしませんか?最後になるかもしれないので」

咲「うん…、わかった。来て、和」



和「咲…。むちゅううううううううううう」





ドンガラ、ガッシャン!!!!!



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 07:56:56.98 ID:MB8HYkT30

和「…夢ですよね」

和「学校…。行きたくないですね」トボトボ





京太郎「なぁ、和のヤツ、変じゃないか」

咲「う、うん。最近ほとんど喋らないし、なんか怖いよね」




和「…早退します」ドヒュー



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:00:39.23 ID:MB8HYkT30

和「昼の14時ですか、お昼寝の時間ですね。おやすみなさい」...zzZZZ





和「七人の咲さんを集めると願い事が叶う?」

まこ「そうじゃ、億万長者でも不老不死でも、死んだ人間をも生き返らせれるぞ」

和「…なるほど。わかりました、集めてみます」

まこ「これが咲を感知する衣たんレーダーじゃ。持っていけ」

衣「ピコーン、ピコーン、コッチコッチ→→」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:03:44.25 ID:MB8HYkT30

和「あなた強いですね。私、一勝負しませんか?」

池田「この猫拳の使い手の華菜ちゃんも舐められたものだし。いいし。受けて立つし」





和「はーめーはーめーはーーーーーー!!!!!」

池田「にゃーーーー!!!!!」

池田「参ったし。咲ちゃん持って行くし」

和「はい、この調子であと6つですね」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:06:18.03 ID:MB8HYkT30

和「集めました」


ドロローン

竜華「さぁ、願いを言え。どんな願いでも一つだけ叶えてやろうやん」

まこ(一体どんな願いを言う気じゃ…。世界征服など言えばその時はわしが、こやつを…)

和「すぅぅぅぅぅぅぅ」



和「咲さんのパンティーーーーーーー、下さいーーーーーー!!!!!!!!!!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:09:54.22 ID:MB8HYkT30

竜華「えっ…、ホンマに…。まじかーこんな人間初めてや…」

竜華「ええけどさ、別に。はいよ」


ヒラヒラー

和「おおっ、これが咲さんのパンティー!」

和「では、じっくりコトコト、煮込んで、お咲汁といきましょう」

咲「和ちゃん、パンツもいいけど本物もねー」

和「ずきゅぅぅぅぅぅぅぅん!!!!!!!!咲さん、むちゅううううううううううう」





ドンガラ、ガッシャン!!!!!



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:12:37.91 ID:MB8HYkT30

和「…またですか」

和「朝ですか。今日は学校を休みましょう。さて、お昼まで宿題でもしてから、そして…」





優希「とうとう、休んだじぇ。和ちゃん」

京太郎「全国大会、大丈夫かよー」

咲「もし私までに飛ばなければ、私が何とかするよ…。私、プロの人の所で打って来るね」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:17:20.72 ID:MB8HYkT30

和「いいともの時間です、しかし、お昼寝します。おやすみなさい」...zzZZZ





咲「橋を倒して、ルートを断て!和、君の出番だ!」

和「はいっ!みほこぉぉぉぉぉぉ!!あんただけは私が!!」

美穂子「貴方は間違っているわ!貴方も宮永さんも!」バキィ

和「咲さんを悪くゆうなぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!裏切り者のくせに!」ガキィン

美穂子「違う!私は中から変えて行こうと思って!」バシュゥゥゥゥ



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:23:08.05 ID:MB8HYkT30

咲「リフレインか…。もう何もかもダメだ…。お姉ちゃんに優しい世界なんて作れはしない」

和「このっ!しっかりして下さい!」パシーン

咲「ッッ!?」

和「貴方は玄の騎士団、団長の宮永咲ですよ!お姉ちゃんに優しい世界はどうするんですか!貴方がやらなくて、誰が他に出来ると言うんですか!」

咲「わ、私は…。私は…。怖いんだ!たまらなく、怖いんだ!また失敗するのも、何かを失うのも!!」

和「咲…」ギュウゥゥゥゥ

和「大丈夫。貴方の罪、私も背負います。私が共犯者ですから」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:25:40.79 ID:MB8HYkT30

咲「和ちゃん。ウッ…ウッ…」

和「今は泣いて下さい。でも泣き終ったら玄の騎士団の咲に戻って下さいよ?」

咲「うん、わかった…。あと一つお願いがあるんだ…。その…、キスして欲しい…」

和「ふふふ、それくらい。いつでもしてあげますよ」




和「咲、むちゅううううううううううう」





ドンガラ、ガッシャン!!!!!



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:28:35.00 ID:MB8HYkT30

和「明けない夜はないように、終わらない夢はない…。朝ですか」

和「学校…より大事な物ありますよね。休みましょう」





透華「えぇ!?原村和が、学校を休んでる!?」

久「そうなのよ。心配で心配で…。何が原因なのかわからないんだけど…。誰か知らないかと思って」

透華(もしかしてアレが原因ですの!?)



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:33:51.57 ID:MB8HYkT30

和「何時かわかりませんけど、しかし、寝ます。おやすみなさい」...zzZZZ





和「今日から君達のプロデューサーになった原村和です。よろしくお願いします」ペコリ

咲ちゃん「うっうー、新しいプロデューサーさんですよー!はーい、タッチ~」

咲やん「くっ…、おもちがアイドルより大きいなんて…」

咲様「にひひ、覚悟しなさいよねー。私がボロ雑巾のように散々こき使ってやるわー」

咲たん「ハニー!ハニー!」ギュ



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:40:00.67 ID:MB8HYkT30

和「やりましたね!咲さん、Sランクアイドルに昇格ですよ!!」

咲さん「面妖な。私如きがSランクアイドルなど…。これも全ては原村プロデューサーの手腕のおかげ…。真に感謝致しております」

和「そ、そんな//全ては咲さんがカワイイからですよ~//素材がいいから、何やらせても輝くのですよ//」

咲「…プロデューサー。Sランクアイドル昇格に一つ、ご褒美が欲しいのですが」

和「あっ、はい。何でも言って下さい」

咲「私のファーストキスを貰って下さい」カァァァァァ

和「私と咲さんは、プロデューサーとアイドルで!手を出すなんて、とんでもない!」アタフタ



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:41:52.15 ID:MB8HYkT30

咲「月がきれいですね」

和「えっ?」

咲「意味は知っていますか//」

和「さ、さ、咲ぃぃぃぃぃぃ。むちゅううううううううううう」





ドンガラ、ガッシャン!!!!!



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:45:55.35 ID:MB8HYkT30

げんじつ

透華「あれは性的な夢だと、夢の続きが見れませんの。プロテクトかかってまして」

智紀「エッチな事はいけない事だと思います」

京太郎「しかし、そんなマシーンに和がハマってたなんてなぁ…」

咲「意外。どんな夢見てるんだろうね?お菓子の国に住んでて、いくら食べても太らないとか?」

久(どうせ咲のパンツを追っかけ回してる夢だろうなぁ)

優希(姉妹丼もありですねって言ってたじぇ)



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:49:09.22 ID:MB8HYkT30

孕村家


透華「原村和、あのマシーン返して欲しいんですが」

咲「和ちゃん、一週間も休んだら流石に心配だよ」



和「...zzZZZ、...zzZZZ」

智紀「た、大変。プロテクト外されてる!?」カチヤカチャ

透華「なんですって!!!!!!!」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:53:12.89 ID:MB8HYkT30

智紀「普通では絶対に外せないように作られてるのに…。なぜ…」

優希「デジタルの天使だからだじぇ」

久「和なら、なんか何でも出来そうだわ。特にネット世界で」

智紀「これを勝手に外すと、原村和の意識が戻らない恐れがある。解決策はただ一つ。私達が原村和の夢に入り込み、ぶん殴って会心させるしかない」

咲「えぇー、めんどくさいなぁ」トホホ

久(それより咲に見せてもいいのかしら。きっとピンクワールド一面の咲世界だと思うけど)



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 08:56:53.24 ID:MB8HYkT30

和サイド、夢世界


和「ここに75層のボスが…」

咲「和ちゃん…、死なないでね」ギュ

和「咲さんは死にませんよ。私が守りますから」





和「お前がゲームマスターか!園城寺怜!」

怜「そうや、膝枕騎士団の団長でもあり、このゲームの製作者でもあり、ラスボスでもある怜や。あんたには驚かされてばっかりやわ」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 09:00:03.62 ID:MB8HYkT30

怜「あんたにチャンスをやろう。ここで私を倒せたら、ゲームクリアー。見事みんなは解放される」

和「・・・」ギリッ

咲「和ちゃん、辞めようよ!ゲームマスターに勝てるわけないよ!」

和「一つ約束して欲しい。私が死んだら、咲さんの自殺コードの凍結をお願いする」

怜「…わかった。今やる」ピポパ

和「咲さん。私は貴方に会えて幸せでした。私の分まで生きて下さい。あの女は私が必ず倒しますから!!」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 09:05:29.19 ID:MB8HYkT30

和「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

怜「奇乳スキル、遊び心で適当に作ったけど、あのスキルを使えるのは原村和のみ。やはり、あんたがうちを倒す勇者なんやな」

怜「しかし、防御スキル極限+一巡先をも使える最強の盾のうちに今のあんたで、どこまで通じるかな?」ククク



エラー、エラー、エラー


怜「なんやこれ!?エラーなんか起きるわけないこの世界でエラー!?」

怜「くっ…、戻るしかないか…、原村和!100層の、千里山の宮殿で待っとる!!しっかりレベル上げとけや!」



バシューーーン

和「ま、待ちなさい!」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 09:07:47.53 ID:MB8HYkT30

一層

智紀「とゆうわけで、原村和は、今流行りの某アニメそっくりの世界を作り出したと推測される」

久「しかし…、街の人達、咲ばっかりだわ…」

京太郎「俺、モンスターかよ!?」

透華「私、ボスキャラですの…」ワナワナ

咲「あっ、来なきゃ良かった」カタカタ



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 09:12:04.33 ID:MB8HYkT30

智紀「これから原村和に会いに行く」

久「まぁ…、往復ビンタ20発くらいで勘弁してやろうかしら」

透華「はぁ…、早く終わらせて、こんな機械叩き潰してやりますわ」

優希「だじぇー。つーか、私達、全国大会近いんだじぇ」

咲「それで和ちゃんはどこに」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 09:12:42.15 ID:MB8HYkT30

智紀「75層」

みんな「「はっ!?」」

智紀「もちろん私達が、75層にいきなり辿り着けるアイテムなんか持ってない」

みんな「「えっ!?」

智紀「原村和と同じように地味にクリアーして行くしかない」




みんな「「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!?????」」




終わり


元スレ
和「夢でキスキスキス、キキキキス。どこへもどこまでも」