1: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:25:35.83 ID:TcrSY/0L.net

ようりこSS



2: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:26:31.12 ID:TcrSY/0L.net

~休み時間~

千歌「ふぅ~……今日のプールも疲れたよ……ねむ~い!!」

曜「でも私は楽しいな~!毎日プール入れるのって!出来ることなら一年中プールの授業があったらいいのに!!」

いつき「いや、温水プールじゃないのに冬に入るってのはちょっと……死んじゃうよ……」

千歌「……あ、プールといえば曜ちゃん、また水泳速くなった?」

曜「うん!自由形特訓したら、タイムすっごく伸びたんだ~!ストロークの形見直したの!」

千歌「なるほど~……さっすが曜ちゃん!!」

曜「えへへ~♪ありがと、千歌ちゃん!」

梨子「……」

梨子(……最近私、一つだけ気づいたことがあります)



4: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:28:03.98 ID:TcrSY/0L.net

むつ「ね~!曜って昔からずっと泳ぐの上手いじゃん!これがなに?さいのーってヤツ?」

曜「え~そんなことないよ、ただちょっと泳ぐのが昔から好きだったってだけで……」

梨子(それは……曜ちゃんがすっごく鈍感だってことです)

梨子(だって……)

梨子「……」

スタスタ

梨子「……ほ~ら、曜ちゃん?また髪濡れっぱなしだよ?」

曜「え、あ、うん。なんかこう慣れちゃったっていうか~……ほら!ずっと水の中にいるみたいなものだし!私って!!」

梨子「……」

ボフッ!

曜「わっ!?梨子ちゃん!!くすぐったいよぉ!!」

梨子「我慢してね、曜ちゃん。ちゃんと拭かないと風邪ひいちゃうし、髪だって痛んじゃうよ?」

フキフキ

曜「きゃっ!くすぐったい~!!」ワキャワキャ

梨子「……」

梨子(……私の恋のシグナルに、ぜんっぜん気づいてくれないんだもん、曜ちゃん)



5: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:29:31.30 ID:TcrSY/0L.net

梨子「……はい!できた!」

曜「ありがと梨子ちゃ

サッ!

梨子「ついでに髪も梳いてあげるね」

曜「え?いいよ梨子ちゃん、わざわざそんなことしなくても。どうせ変わんないし」

梨子「いいのいいの、ほ~ら、ちゃんと前向いてて?」

曜「あ、うん……」

梨子「~♪」

梨子(……)

サッサッ♪

梨子(……)



6: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:31:26.26 ID:TcrSY/0L.net

梨子(……もしかしたら、もしかしたらだけど)

サッサッ♪

曜「……~♪」

曜「やっぱりなんだか、梨子ちゃんに髪のお手入れしてもらえるのって、気持ちいいかも……」

曜「……まるでトリミングされるしいたけみたい、なのかな?」

梨子「ふふっ、そうかもね♪」

ササッ

梨子(……今の私が勇気を出して、このまま曜ちゃんを連れ出せたのなら)

梨子(きっと二人は急接近して、私たちだけの世界に行けちゃうのかも……)

梨子「……」フニフニ

梨子(……なんていう空想に、つい入り込んでしまうのです)

曜「……梨子ちゃん?」

梨子「え?なあに、曜ちゃん?」

曜「ほっぺ……くすぐったいよ……はなして……//」

梨子「……」

フニフニ

梨子「!!!?///」

パッ!!



9: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:32:44.18 ID:TcrSY/0L.net

梨子「ご、ごめんね曜ちゃん!!//い、今のはちょっとした不可抗力っていうか……//た、ただ髪の毛お手入れしようとして当たっちゃっただけだから!!ほんとに!!」アワアワ

梨子(何してるの私!!//無意識とは言え、曜ちゃんのお顔まで、手を伸ばしちゃうとか……//)

梨子(まだ好きってことすら言えてないのに、さすがにそれは大胆すぎるよ……//うぅ~……///)

曜「い、いや、そこまで謝ってもらわなくてもいいんだけど、別に……気にしてないし……」

梨子「……」ズキン

梨子(……きに、してない)

梨子(……)

梨子(……そうだよね、やっぱりそうだよね)

曜「……梨子ちゃん?どうしたの?」

梨子「ううん、なんでもないの、なんでも」



11: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:35:10.03 ID:TcrSY/0L.net

梨子(内気な私は、曜ちゃんに不思議とこの気持ちが伝わって、自然に仲良くなれたらいいのになぁ……なんて臆病なことを考えてて……)

梨子(もしも私の気持ちがバレちゃったら、きっと曜ちゃんにも嫌われちゃうのかも、って考えたり……だったら今の関係性を楽しもうって思えたりもするけど……)

梨子(……近くにいるけど気づいてくれないこの距離感が、やっぱりすごくもどかしいなって感じちゃうんです)

梨子「……とにかく!曜ちゃんもちゃんと髪の毛お手入れしないとダメだよ?せっかくすっごく可愛いんだもん」

曜「え~私はいいよ、可愛くなんてなれないし、めんどくさいし……」

梨子「曜ちゃん?」

梨子「曜ちゃんもちゃんと女の子なんだよ?絶対可愛くなれるんだよ?」

曜「え?じゃ、じゃあ、頑張るよ……たはは……」

梨子「……」

梨子(最近私、気づいたんです。これが『恋に恋してる』ってことなのかもしれないなって)

梨子(あなたと一緒にいるだけで、世界の全てが眩しくて)

梨子(あなたと一緒にいるだけで、こんなにも音が色づいて)

梨子(だから、だから……)

梨子(……今のままの距離感でも、十分幸せなのかもしれません)



12: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:37:48.30 ID:TcrSY/0L.net

~桜内家~

梨子「はぁ……」

ゴロン

梨子(最近、何もかも上手くいかないなぁ……)

梨子(作曲だっていいフレーズは浮かんでこないし、トレーニングを頑張ったって筋肉はちっともつかないし……)

梨子(……曜ちゃんだって振り向いてくれないし)

梨子「……」

梨子「はぁ……」

スッスッ



13: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:40:01.72 ID:TcrSY/0L.net

梨子「……」

梨子(開いてみたのは最近流行りのSNS。東京にいた時は自然とチェックするようになってたけど、内浦ではあまり使う機会が無くなりました)

梨子(画面の中の女の子たちはとってもオシャレで今風?って感じだけど……浦女のみんなだって同じくらい、ううん、すっごくキラキラしてるって思うんです)

梨子「……」

梨子「やっぱり私も、もっと大胆になった方がいいのかなぁ……?」

梨子(びしっ!と面と向かって曜ちゃんに『好きです』なんて言えるくらいに大胆に……)

梨子(……//)

梨子「……あ、この企画懐かしい」

梨子「バトンリレー、高一の頃よく友達とやったなぁ……」

梨子(普段は言えない、照れくさい言葉を文字にして、伝えたい人に伝えてくれる。そんな魔法みたいな夢の企画……)

梨子「……」

梨子(……こうすれば私も曜ちゃんに、ちゃんと想いを伝えられるのかな?)



14: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:42:03.82 ID:TcrSY/0L.net

~翌日~

曜「交換日記?」

梨子「そうなの!曜ちゃんと二人でやりたいなって思って……」

梨子(苦肉の策で考え付いたのは交換日記。これなら私でも素直な気持ちを届けられるかもって思いました)

曜「う~ん……」

梨子(大丈夫かな……古臭いとか思われたりしないかな……?)

梨子「……ダメ?」

曜「ううん、私は別にいいんだけど……」

曜「……でもほんとに私なんかでいいの?」



15: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:44:15.41 ID:TcrSY/0L.net

梨子「え?どうして?」

曜「だって文章書くの上手そう人なら千歌ちゃんや花丸ちゃんがいるし、難しい……というか良い事書きそうな人だったらダイヤさんや果南ちゃんがいるし……」

曜「……ほんとに私なんかでいいの?」

梨子「うん!むしろ曜ちゃんがいいの、私は!」

曜「なら良いけど……こういう青春っぽいのは、私だって一度経験したいなって思ってたし……」

梨子「じゃあ決まり♪はじめは私が書いてくるから、そこから一日交代っていうことでいい?」

曜「うん、大丈夫だよ!私も頑張るね!!ちゃんと書けるかはわかんないけど……」



16: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:46:31.81 ID:TcrSY/0L.net

………



梨子(って、曜ちゃんと約束したものの……)

梨子「うぅ~……」

ケシケシ

梨子「……どんなこと書いたらいいんだろ?」

梨子(言い出しっぺの私がこんなんじゃ、曜ちゃんにも申し訳ないよ……)

ゴロン

梨子「……」

梨子(もう一回はじめから、書き直そ……)



17: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:48:36.82 ID:TcrSY/0L.net

梨子「えっと、まずは日記、だから自分が書きたい内容を書けばいいのかな……?」

梨子(書きたい……交換日記だから……曜ちゃんに伝えたいこと……?)

梨子「……//」

サラサラ


『好きだよ』


梨子「……!!!?」

ケシケシケシケシ!!!

梨子(だ、だめっ!!//ダメだよ!!そんなの!!)

梨子(だって交換日記なんだよ!!しかも初めての!!いくらなんでも最初の一ページに告白なんて書いてあったら……//)

梨子(……///)キュン

梨子(あわわ……//)

ゴロゴロ



18: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:50:58.34 ID:TcrSY/0L.net

梨子「……//」ドキドキ

曜『え、梨子ちゃん、好きって………えええっ!?』

梨子『ち、違うの曜ちゃん!!?//えっと、その……』

曜『嬉しい!!梨子ちゃんも水泳に興味持ってくれてたんだね!!』

梨子『……へ?』

曜『やっぱり内浦っ子は海で泳いでこそだよ!さあ梨子ちゃん!今からあの島に向かって!全速前進~ヨーソロー!』

梨子『……』ジトー…

梨子(……やっぱり曜ちゃん、気づいてくれないかも。鈍感さんだし)

梨子(もう、曜ちゃんったら……)

梨子「……って告白はダメなの!!//なしなしそんなの!!//」



19: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:54:04.76 ID:TcrSY/0L.net

梨子(だって恥ずかしすぎるんだもん!!曜ちゃんに告白なんて!!//)

梨子「そ、そういう事じゃなくて、もっと真面目というか普通のやり取りを曜ちゃんと出来るだけで、私は満足だから……」

梨子「……」

梨子「……みんなはどういうこと書いてるんだろ」

ポチポチッ!

『交換日記 コツ:検索』

梨子「ふ~ん……」

梨子(やっぱり交換日記って女の子の間で流行ってるんだ……)

梨子「……あ、あった」

梨子「趣味とか日常の些細な事、自分が話しやすい内容がグッド、なるほど……」

メモメモ



20: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 19:57:20.23 ID:TcrSY/0L.net

梨子「最近の私のこと、か……」

梨子「……あ!あのことなんていいかも!!」

梨子(しかも曜ちゃんに聞いて欲しかったことだし!!)

カキカキ

………



梨子「……で、できた」

梨子(文章を書くたびに曜ちゃんへの想いが溢れてきて……曜ちゃんの姿を思い浮かべると恥ずかしさのあまり筆が止まっちゃうんだけど……)

梨子「い、一応、なんとかなったかな……?」

梨子「あ、あと最後にちょっと内容が重くなっちゃってないかとか気にしとかなくちゃ……曜ちゃんに嫌われちゃいたくないし……」

梨子「……」

梨子(出来るだけ普段は気恥しくて言えないような素直な想い、書いたつもりだけど……)

梨子(……曜ちゃんは喜んでくれるのかな?)



21: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:00:27.20 ID:TcrSY/0L.net

~次の日~

梨子「は、はい!これ!!」

梨子「曜ちゃんのこと考えながら、書いてきた、つもりだから……」

梨子「だ、だから……//」

曜「うん!ありがと梨子ちゃん!じゃあ早速……」

梨子「あっ!ちょっと曜ちゃん!!?//」

ペラッ!

………





22: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:03:39.84 ID:TcrSY/0L.net

———

曜ちゃんへ

初めて書く交換日記だから何を書こうかすっごく迷ったんだけど、ちょっとだけ私のことを話させて下さい。

ほんとは曜ちゃんに直接聞いて欲しかったんだけど、曜ちゃんったらいっつもみんなに囲まれてるから、全然お話できないんだもん

あのね曜ちゃん、私ね、最近少しだけ嬉しいことがあったの

それはね、なんとね!この前ピアノの先生に「音が滑らかになってる」って褒めてもらえたんだ~!!

私って力が弱いから、特に左手の薬指の音がカクカクしがちだったんだけど、最近トレーニングの成果が表れてるんだって!きっとAqoursの練習のおかげ、ってことなのかな?

私ね、最近気づいたの。もしかしたらAqoursの活動が、こうやって私を成長させてくれてるんじゃないかって

今までやってきたことは、全部全部無駄になんかならないんだってこと

これも全部、曜ちゃんや千歌ちゃんのおかげなの

だからこれからも曜ちゃんたちといっぱい楽しいことをして、曜ちゃんと一緒にいたい、かな?

これからどうか私のこと、よろしくお願いします

桜内梨子

———



24: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:06:46.09 ID:TcrSY/0L.net

曜「……」

梨子「ご、ごめんね曜ちゃん!!何書いたらいいかちっともよくわかんなくて、それで気づいたら、こんな硬い感じに……」

曜「ううん、そういうことじゃなくて」

曜「やっぱり梨子ちゃん、カッコイイなって思って……」

梨子「え?」

曜「……」

曜「……ううん、なんでもないよ」

曜「じゃあ私頑張ってお返事書いてくるから!期待しててね!梨子ちゃん!!」ビシッ!!



25: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:10:14.39 ID:TcrSY/0L.net

~渡辺家~

曜(なんて勢いよく宣言したのはいいんだけど……)

曜「あんなカッコイイこと、私には書けないよ……」

曜(つ、つい私も梨子ちゃんみたいになりたくて、大見得切っちゃったけど……)

曜「……」

ペラッ

曜「わぁ~……すごい……」

ペラッ

曜「梨子ちゃんってやっぱり大人だなぁ……」

曜(東京から引っ越してきたってだけあって、私や千歌ちゃんたちに比べて、梨子ちゃんってすっごく大人びてるって思う)

曜(きっと私たちよりたくさんのことを経験してきてるから、私たちには見えてない物が見えているんじゃないのかな……?)

曜「だからもっと仲良くなりたいってずっと思ってたのになぁ……」



26: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:13:16.06 ID:TcrSY/0L.net

曜(初めて梨子ちゃんを見た時からすごくキラキラしてて、今まで出会った誰のことよりも輝いて見えて……)

曜(もっと梨子ちゃんのことを知って、仲良くなって、友達以上になりたくて—

曜(私、ずっと梨子ちゃんのことが——

曜(……)

カキカキ


『好き』


曜「……?」

曜「!!?//」ボフン!!



28: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:16:27.01 ID:TcrSY/0L.net

ケシケシ!!

曜「な、何書いてるの!!?私!!//」

曜「……//」

曜(そんな、言えないよ、好きだなんて……//)

ジタバタ

曜(だって梨子ちゃんってすっごく可愛いしオシャレさんだし……私とは釣り合わないっていうか……)

曜(……それに絶対恋人とかいるでしょ、それこそ東京とかに)



29: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:21:13.53 ID:TcrSY/0L.net

曜(私や千歌ちゃんじゃないんだから、もっとオトナなお付き合いをしていても、おかしくないよね……)

曜「そう考えると、私って梨子ちゃんのことあんまり知らないんだなぁ……」

曜「……」

曜「……と、とにかく!私は私らしく!!いつも元気いっぱいで頑張るでありますよ!」

曜(元気いっぱい!言葉は常にはきはきと!それが私!渡辺曜なんだからね!!)

曜「普通に自然に、おかしくならないように……」

カキカキ

………



曜「……でも」

曜(私だって、梨子ちゃんのこともっと知りたい……って考えちゃ、だめなのかな……?)

曜(梨子ちゃんがどんな娘なのか、もっと深く知れたのなら、そしたら、きっと……)

曜(……毎日がずっと、楽しくなると思うんだけどな)



30: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:24:20.82 ID:TcrSY/0L.net

———

梨子ちゃんへ

梨子ちゃんと交換日記出来るなんてとっても嬉しい!!私ってあんまり梨子ちゃんの普段の様子知らなかったから、もっと教えてくれると嬉しいな!!これからよろしくお願いします!!

梨子ちゃんも毎日ピアノ頑張って練習してるんだね!すごい!!私なんてただ適当に飛び込み台からダイブしてるだけだから、たまにコーチに怒られちゃうんだよ……もっと頭を使えって、あはは……

でも梨子ちゃんのピアノの先生ってどんな人なのかな?梨子ちゃんでさえすっごくピアノ上手なのに……それよりもっとすごいってこと?それってもう世界レベルってことじゃない!!?

梨子ちゃんのピアノ、私はAqoursの歌しか聞いたことないから、今度はクラシックとか聞いてみたいな!!きっと素敵な音色なんだろうな~えへへ~考えるだけでニヤニヤしてきちゃうよぉ~♡

あ、あと梨子ちゃんの発表会も聞いてみたい!!きっと梨子ちゃんの音色って、ちゃんとしたところで聞くともっと素敵なんだろうな~

と、とにかく!長くなっちゃったけど!私もっと梨子ちゃんのこと知りたいって思ってるから!もっと梨子ちゃんのこと教えて欲しいの!!

これからもずっとよろしくね!梨子ちゃん!!

渡辺曜

———



31: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:28:03.00 ID:TcrSY/0L.net

梨子「……」

ドキドキ

梨子「……」

ペラッ

梨子「……//」

梨子(よ、曜ちゃんが褒めてくれた……私のピアノ……//)

梨子「嬉しい……頑張ってよかったな……」

梨子「それと曜ちゃん、私のこともっと知りたいって言ってくれた……」

梨子「なんか、心の中がポカポカしてくるみたいだよぉ……//」

梨子「……//」

ゴロン

梨子(たとえそれが曜ちゃんの優しさからくる言葉だったとしても……曜ちゃんが私にその気持ちを向けてくれるってことだけで、こんなにも嬉しくなってしまうのです)



32: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:31:11.94 ID:TcrSY/0L.net

梨子(ああ、曜ちゃんってすごいな、格好いいなぁ……)

梨子「……//」キュン

梨子(そんな曜ちゃんのちょっぴり仲のいいお友達でいられることが、私にはとっても、幸せです)

梨子「曜ちゃん……//」

梨子「……//」

梨子「……お返事、書こ」



33: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:34:20.67 ID:TcrSY/0L.net

———

曜ちゃんへ

嬉しい。曜ちゃん、そんなこと考えてくれてたなんて……

私もね、もっと曜ちゃんと仲良くなりたいって思ってるの。だって曜ちゃんのこと、ずっと……気になってたから

曜ちゃんにもっと知ってもらいたい。いつかは一番になりたいの……なんてお願いは、少しワガママなのかな?

あ!そうだ!この前千歌ちゃんが言ってたんだけどね、曜ちゃん、今度の週末に大きなプールで練習する予定って本当?

あのね、もし曜ちゃんさえよかったら少し見学させてもらえないかなって思ってるんだけど……ダメ、かな?

普段とは違う曜ちゃんの魅力、見れたらいいな

私ももっとピアノのこととか曜ちゃんにお話してあげたいけど、私も曜ちゃんの飛び込みのこととか、もっと知りたいって思ってるんだ

だからね、曜ちゃんのこと、もっともっと教えて欲しいな?

曜ちゃんともっと仲良くなりたいって思っています

桜内梨子

———



34: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:37:22.61 ID:TcrSY/0L.net

曜「……へぇ~、梨子ちゃん、飛び込みに興味あるんだ!」

梨子「う、うん、まあ、曜ちゃんのお話とか聞いてたら、私も見てみたいって思うようになって……」

曜「うんうん!飛び込みはすっごく楽しいんだよ!!なんというか!こう!びゅーん!って踏み込む感じとすぱっ!って空気を割く感じがね!!もうすっごいんだ!!」

梨子「へぇ~……」

曜「ま、まあ初心者の人がいきなり挑戦するってのは難しいんだけど……多分見てるだけでも楽しめると思うから!」

曜「だから私も、梨子ちゃんに飛び込み、一回見てみて欲しいな!!絶対楽しいと思うから!私が保証する!!」

梨子「あ、ありがと……じゃあ今度の週末の練習、見学させてもらえるってことでいいの?」

曜「うん!もちろん!見学は基本的に自由だし!!」

曜「えっとね、場所は沼津のね……」



35: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:40:25.20 ID:TcrSY/0L.net

~スポーツプール~

梨子(勇気を出してプール、来てみたのはいいけど……)

ピーッ!!

梨子(な、なんだか場違い感がすごいかも……私ってスポーツとか生で見たことあんまりないし……)

梨子(学校のプールとおんなじ塩素の匂いだけど、私の知ってるプールとは、なんだか別の施設のように思えてきます……)

梨子「曜ちゃん、どこにいるんだろ……」

キョロキョロ

梨子「……あ、いた」

梨子(遠くの豆粒みたいな大きさだけど、あの透き通るようなベージュの髪色とちょっと落ち着きのなさそうな立ち振る舞いは、間違いなく私の知ってる曜ちゃんです)



36: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:44:09.02 ID:TcrSY/0L.net

梨子「……」

梨子(曜ちゃんは少し体を伸ばした後、意気揚々と高い高い飛び込み台へと昇っていきました)

梨子(飛び込み台の上で一瞬立ち止まったかと思うと、そのまま足のばねを思いっきり使って……)

ザシュッ!

梨子「……すごい」

梨子(空中をくるくるって回った後に、そのまま曜ちゃんはプールの中に一直線)

梨子(もちろんそのフォームもとっても綺麗だったんだけど……私がそれ以上に綺麗だなって思ったのは、飛び込んだ時の水しぶきです)

梨子(曜ちゃんが水に触れたとき、しゅぱん!って鋭い音がして……その音が私には、とても印象的に聞こえました)

梨子(揺らぐ水面と静かな波。そこに切り込んでいく曜ちゃんの音は……とってもカッコよく、私には聞こえたのです)

梨子「曜ちゃん……」

梨子「綺麗……」

パチパチパチパチ

梨子(練習の邪魔にならないように、ただ胸の前で小さく、私はずっと拍手を送っていました)



37: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:49:16.50 ID:TcrSY/0L.net

曜「……ぷはぁ!」

ザバァ"!

曜「んっ………」トントン

曜「……」

梨子(曜ちゃんはプールサイドに上がった後も、真剣な顔で水面を見つめています)

梨子(いつになく、真剣な面持ちで。あんな曜ちゃんの表情みたことないもん)

梨子「……フォームの確認とかしてるのかな?私もよく、ピアノの先生に『自分の音を録音して見つめ直してみなさい』って言われちゃうし」

曜「むむむ……」

梨子「……」

梨子(曜ちゃんの髪は水滴まみれで、光を受けてキラキラと反射してて……)

梨子(……やっぱり目標に向かって一生懸命に、ただひたすらに頑張ってる曜ちゃんの横顔が、私はとっても大好きです)

梨子「……そういう時にそばにで支えてあげる人が、私であったらいいのにな」



40: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:54:17.61 ID:TcrSY/0L.net

曜「ふぅ……」

タッタッ!

曜「……」

曜「……?」

曜「!!」パァァッ!!

曜「!!!!!」フリフリ

梨子(……曜ちゃん?)

曜「!!」フリフリ

梨子「……」キョロキョロ

梨子(周り、人、いない……ということは……)

梨子(……もしかして、私に……手を振ってくれてるの?)

曜「!!」

梨子「……」

梨子(嘘……こんなに離れてるのに、こんなに私、目立ってないのに……)

梨子(曜ちゃん、ちゃんと私のこと気づいてくれたんだ……)



41: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 20:59:18.79 ID:TcrSY/0L.net

梨子「……ど、どうしよ、私も手、ふり返していいのかな……?」

梨子(ほんとはもっと見て欲しいんだけど、それじゃあ曜ちゃんの練習の邪魔になっちゃうかもしれないし……)

梨子(そ、それに、もし手を振ってる相手が私じゃなかったら、恥ずかしいよね……)

梨子「……」

フリフリ

曜「!!」パァァ

曜「~♪」

タタタッ!

梨子(控えめな私は、胸の横でただ小さく、『気づいてるよ』ってサインを送り返してみるのでした)



42: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 21:04:21.10 ID:TcrSY/0L.net

~練習後~

梨子「……」

梨子「曜ちゃんと約束した場所、ここでいいんだよね……?」

梨子「……」

タタタッ!

バフッ!

曜「梨子ちゃん!!!」

ダキッ!

梨子「……もう、走ったら危ないよ?曜ちゃん」

曜「えへへ~、梨子ちゃんに会えるって思ったら嬉しくって!!つい!!」

梨子「もう、曜ちゃんったら」クスッ

梨子「それで、急に私に会いたいって……何か用事?」

曜「ううん!そういうわけじゃないよ!!せっかく梨子ちゃんがわざわざ練習見に来てくれたから、ちょっと会いたくなっちゃっただけ!!」



44: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 21:09:21.64 ID:TcrSY/0L.net

曜「ねえねえ梨子ちゃん!!私の飛び込み、どうだった?」

梨子「うん、すっごくカッコよかったよ」

曜「ほんと~?ありがとっ!!梨子ちゃんが見てるって気づいた時から嬉しくって!つい舞い上がっちゃってたんだ!!」

梨子「そうなの?全然そういう風には見えなかったけど……」

曜「そうなの!!だって梨子ちゃんが見に来てくれてるんだよ!!ずっと、ずっと梨子ちゃんのこと……」

曜「……!!?//」

梨子「……曜ちゃん?どうかしたの?」

曜「ななな、なんでもないあります!!//」



45: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 21:14:22.01 ID:TcrSY/0L.net

曜「そ、それより梨子ちゃん!!どうだった、初めて飛び込み見た感想は!!すごくない?飛び込みって!!」

梨子「感想……」

梨子「……すごく綺麗だって思ったの。水しぶきの音とか、形とか……すごく曜ちゃん努力してるんだなっていうのが、こっちにも伝わってきたよ」

曜「そうでしょそうでしょ!!飛び込み選手はね、しぶき……スプラッシュにとってもこだわってるんだ!!実際の試合でも8割そこで評価されてるって言っても過言じゃないんだよ!!」

梨子「へぇ~……そうなんだ……」

曜「でも梨子ちゃんそんなところに気付けるなんて!さすがだね!!見る目あるよ!!」

梨子「あ、ありがと……」

曜「うぅ~!!今日も楽しかったな~!!梨子ちゃんが見に来てくれたから、いつも以上に楽しめたよ!!」

梨子「ううん、私の方こそ楽しかったよ、曜ちゃん。あんなに真剣な曜ちゃんのお顔、きっと普段じゃ見られなかったと思うし……」

曜「……そんなにいつもと違う顔してた?私」

梨子「うん!すっごくカッコよかったよ!」

曜「カッコイイ……//あ、ありがと梨子ちゃん……」



46: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 21:19:26.50 ID:TcrSY/0L.net

梨子「私今日、曜ちゃんの飛び込み見に来られてよかった。きっと曜ちゃんのこと、もっともっと……」

曜「……」

梨子「……どうかしたの、曜ちゃん?」

曜「ね、ねえ梨子ちゃん!!あのね!!//」

梨子「……?」

曜「わ、私今日いつもよりすっごく頑張ったんだ!!ほら、今日せっかく梨子ちゃん見に来てくれてたし……//」

梨子「……うん」

曜「だ、だからね!!あのね!!」

曜「ご褒美とか欲しいなって!!//」

梨子「ご褒美……?」

曜「……//」

梨子「……」

曜「この前千歌ちゃんに、やってあげてたみたいに……」

梨子(この前、千歌ちゃん……)

梨子「……」

………





47: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 21:24:26.71 ID:TcrSY/0L.net

千歌『はい!梨子ちゃん!!これ!!』

梨子『えっと……歌詞ノート……?』

千歌『~♪』

梨子『……もしかして千歌ちゃん、頼んでた歌詞もう作っちゃたの!!?』

千歌『えへへ~!すごいでしょ!!私だってやる時はやるんだからね!!』

梨子『すごい……いつもは締め切りを守ろうとしない千歌ちゃんが……期限の三日も前に書きあげちゃうなんて……』

千歌『うんうん!もっと褒めていいよ!!梨子ちゃん!!』

むつ『いや千歌、それあんまり褒められてないんじゃ……』

梨子『千歌ちゃん、よく頑張ったね、偉い偉い♪』

ナデナデ♪

千歌『ん~♪梨子ちゃんに褒められるのってなんだかすっごく気持ちいいよ~♪』

千歌『ねえ梨子ちゃん!もっと!もっとちょうだい!!』

梨子『はいはい、千歌ちゃん今回は頑張ったもんね、いくらでもあげるよ?』



48: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 21:29:26.73 ID:TcrSY/0L.net

梨子「……」

梨子(……もしかして曜ちゃん、あのやり取り見てたのかな?)

曜「……//」

梨子「……」

ナデナデ

曜「ふぇぇっ!!?//」

梨子「こ、こうでいいの……?」

曜「……//」コクリ

梨子「……」

ナデナデ

梨子(曜ちゃんって私と身長あんまり変わんないから、なんかこうやってしてるだけで、すっごく近くに感じられるなぁ……)

梨子「……」

曜「……//」

梨子(曜ちゃん、今日はありがと。曜ちゃんの違う一面見られて、ますます曜ちゃんのこと、好きになっちゃったかもです)

曜「……//」

梨子「……」ナデナデ

曜「……は、ハグもして欲しいな//」



49: 名無しで叶える物語 2020/07/08(水) 21:34:27.65 ID:TcrSY/0L.net

梨子「!!?」

曜「だ、だって!!私いっつもハグはされる側じゃなくてする側だったから!!誰かにハグされたことってあんまりないの!!」

曜「だ、だから、出来れば初めてはずっと、梨子ちゃんがいいなって思ってたから……//」

曜「ダメ……?」

梨子「……」

ハグッ!!

曜「!!?//」

梨子「いいよ曜ちゃん。今日だけは私に甘えても」

曜「梨子ちゃん……//」

梨子「曜ちゃん今日とってもカッコよかったから、そのご褒美♪」

曜「……//」

梨子(これくらいしか私が曜ちゃんにしてあげられること、ないから……)

曜「梨子ちゃん、ありがと……//」

ギュッ!

梨子(曜ちゃん……)

梨子(曜ちゃんの体は私より筋肉があってがっしりしてるけど、女の子らしい柔らかさも兼ね備えてて……)

梨子(……とっても、すごくすごく、暖かかったです)



59: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:18:12.05 ID:PAFiPCXW.net

———

梨子(それから私と曜ちゃんは、たくさんの日記を交換しました)

梨子(私のお菓子作りの趣味や曜ちゃんが雑貨屋さんで見つけた小物の話、最近キュンとしたドラマのことや……たまには女の子らしく、恋バナで盛り上がることもありました)

梨子(私は曜ちゃんの言葉に触れるたびに、ちょっと意外な一面を知ることが出来たりして……)

梨子(……そのたびに曜ちゃんのことが、もっともっと愛おしくなっているのを、自分でも感じているのです)

梨子(もっと知りたい、もっと曜ちゃんのこと好きになって、私のことをもっと見ていて欲しいの)

梨子(そうやって今よりずっと曜ちゃんと仲良くなれたのなら……)

梨子(……いつかは曜ちゃんに、本当の気持ち、伝えられたりするのかな?)

———



60: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:20:49.79 ID:PAFiPCXW.net

梨子「……」

ポポロン♪

梨子「……」

梨子「はぁ……」

カタン

梨子「だめだぁ……集中できないよぉ……」

梨子(最近、大好きなはずのピアノにも、あんまり身が入りません……)

梨子「むぅ~……」

ゴロン

梨子(……それはきっと、私の中に小さな悩みがあるからだって思うんです)

梨子(もともとピアノはどっちかっていうと気持ちで引くように心がけていたし……だから小さな悩みのタネが心の中をぞわぞわさせて……)

梨子(それで私も、ピアノと真摯に向き合えていない……のかな……?)

梨子「はぁ……」

ゴロン

梨子(こうやって小さなことでうじうじして、つい臆病になってしまう自分のことが、私はとっても嫌いです……)



61: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:22:25.66 ID:PAFiPCXW.net

梨子「あ~あ……」

梨子「せっかく千歌ちゃん、いい歌詞作ってくれたのになぁ……」

梨子「……」

チラッ

梨子「日記、か……」

梨子(初めて日記を交換し始めた日から数えると、もうすぐ一ヶ月を迎えようとしていました)

梨子「……」

梨子「曜ちゃんに相談……してみても、いいのかな……?」

梨子「……」

梨子(いいよね……だってたまにはちょっぴり大人な会話、してみたいんだもん)

梨子「普通の会話も楽しいけど……私だってもう一歩だけ先に、進んでみたいんだもん」

梨子(せっかく私だって女の子なんだから……ちょっとくらいのスリルも、楽しまなきゃ損……だよね……?)

梨子「……」

サラサラ

………





62: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:23:21.14 ID:PAFiPCXW.net

梨子「曜ちゃん……」

梨子(ほんとはずっと聞いて欲しかった。誰よりも一番に聞いて欲しかったの)

梨子(だって初めてできた、誰よりも大好きって思える友達なんだもん。初めてなんだよ?こんな気持ちになるなんて)

梨子(初めてなんだもん、よくわかんないよ……この気持ちも、嫉妬なのか、自分に嫌気がさしてるのかも……)

梨子(でも……でもね、曜ちゃんを好きだっていう気持ちだけは、きっと心から出る素直な言葉だって思ってるから……)

梨子「……」

カキカキ

梨子(わかってる、自分がちょっとだけズルいってことくらい。みんなの曜ちゃんを独り占めしちゃいたいなんて、ほんとは良くないってことくらい……)

梨子(でも……でももう私は、自分の心から溢れていくこの気持ちを、この不安を、抑えられそうにありませんでした……)



63: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:24:37.26 ID:PAFiPCXW.net

曜「り~こちゃん!!」

バフッ!

梨子「曜ちゃん、おはよ」

曜「うん!おはヨーソロー!!」ビシッ!!

梨子「ふふっ、曜ちゃん、朝から元気いっぱいね」

曜「えへへ~、だって今日は!!はい!!」

梨子「……」

梨子(曜ちゃんは両手を胸の前で広げ、屈託のない笑顔で私を見つめてきます)

曜「……あれ?今日、梨子ちゃんの日記の日じゃなかった?」

梨子「あ、うん、そうなんだけど……」

曜「……もしかして忘れちゃったとか?」

梨子「ううん、そういうことじゃないんだけど……」

梨子(……いいのかな、ほんとに?)

梨子(あんな大胆なこと伝えちゃうなんて、私らしくないって言うか……もしも曜ちゃんに嫌われなんてしちゃったら、ってことも心配だし……)



64: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:25:50.68 ID:PAFiPCXW.net

梨子「……」

ガサゴソ

梨子「……はい、曜ちゃん」

曜「ありがと梨子ちゃん!実は毎日楽しみなんだ~!梨子ちゃんの文章読むの!!」

曜「梨子ちゃんの文章って面白いだけじゃくて日常の何気ない気づきとか書かれてるから!あぁ、なるほどな~ってすっごく勉強になるんだよ~!!」

梨子「そ、そう……ありがと、曜ちゃん……」

曜「じゃあ……」

梨子「待って!!」

曜「……?」

梨子「あ、あのね、今回のはいつもより頑張ったって言うか……」

梨子「曜ちゃんへの私の特別な想い、込めたつもりだから……//」

梨子「だからその……め、目の前で読まれるって言うのは……ちょっと恥ずかしいかな……//」

曜「梨子ちゃん……」

曜「……うん!じゃあ家でゆっくり読ませてもらうね!!」

梨子「うん、曜ちゃん、ありがとう」

曜(……梨子ちゃん、いつもより気合入ってるって……どんなこと書いてあるんだろ?)

梨子「……曜ちゃん」

曜「ん?な~に、梨子ちゃん?」

梨子「……」

梨子「……曜ちゃん、いつも私とお友達でいてくれて、ありがとう」

梨子(いつか私も曜ちゃんみたいに、精一杯の笑顔でお返しをしてあげたいと思いました)



65: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:26:56.08 ID:PAFiPCXW.net

曜「……」

梨子『曜ちゃんへの特別な想い、込めたつもりだから……』

曜「……」

曜「……特別な想い、か」

曜「……」ドキドキ

曜「……!!」フルフル

曜(き、決めつけは良くないよね!!ちゃんと読んでから考えないと……)

曜「……」

ペラッ

………





66: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:28:18.15 ID:PAFiPCXW.net

———

曜ちゃんへ

少しだけ曜ちゃんに相談したいことがあるんだけど、お願いできますか?

あのね

曜ちゃんは、嫉妬とかしたことってある?

一番仲のいいお友達がいて、そんな人が自分じゃないお友達と仲良くなっちゃって

そしたらちょっとだけ心が寂しいこと、ないですか?

私はね、東京から引っ越してきたっていう事もあるし、東京では受験とかでみんなバラバラの学校に行っちゃうってことが多かったから、実は一番の親友って呼べる人がいないんだ

だから、曜ちゃんと千歌ちゃんたちのこと見てたら、羨ましくなっちゃったのかな?

あのね曜ちゃん。私ね、本当は誰かの一番になりたかったんだ

たとえ遠くはなれていても、心がずっと繋がっていられる、そんな素敵な関係を誰かと、ううん、曜ちゃんとなれたらいいなってずっと考えてたんだ

思春期だからかな?こんな気持ちになるなんて

あのね曜ちゃん、私はね、ずっと今の時間が続けばいいのにって思っちゃうんだ

今がすっごく幸せだから、この時間が続けばいいのにって

私って臆病だから、すぐ将来のこととか不安になっちゃうんだ。ほんとダメだよね、私って笑

でもね、そんな私のことも、もし曜ちゃんが受け入れてくれるのなら

私の未来に、ほんの少しだけでも、曜ちゃんがいてくれたらいいな

桜内梨子

———



67: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:29:34.73 ID:PAFiPCXW.net

曜「……」

曜「梨子ちゃん、そんなこと考えてたんだ……」

曜「……」

曜(……やっぱり梨子ちゃんは大人だなぁって思う)

曜(自分のこと以上に私たちを大切に考えてくれている。その優しさがすごくカッコイイなって思ってて……ずっと私の、憧れだった)

曜(誰よりも周りのことを……私や千歌ちゃんのことをよく考えてくれてる。ずっと梨子ちゃんのこと見てきたから、私にはわかるんだ)

曜「……」

曜「じゃあ、私は……?」

曜「……」

曜「……私が梨子ちゃんにしてあげられることなんて、あるのかな?」



68: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:31:49.37 ID:PAFiPCXW.net

曜「……」

カキカキ

曜「……」

曜(本当は全部伝えてしまいたい。この気持ちを全部打ち明けて、それでも梨子ちゃんが好きって言ってくれるのなら……)

曜(……私はずっと、そんな関係になれるのが、理想だった)

曜「……」ピタッ!

曜(……)

曜(……あまりにも直接的なことを書いちゃったら、梨子ちゃんに自意識過剰な娘だって思われちゃうかもしれない)

曜(私は梨子ちゃんのことこんなにも考えてるけど……梨子ちゃんは私のことあんまり考えてくれてない、ってことがあるかもしれない)

曜(ひとたびそう考えてしまうと、ペンを走らせる手も迷いで止まってしまう)

曜「……」

曜(けど……)

曜「……そうだよね、私だってちゃんと自分に正直にならないと」

曜(梨子ちゃんは素直に気持ちをぶつけてくれてるんだもん。私だってちゃんと向き合わないと不公平だよね)

曜(それに……私は梨子ちゃんともっと、深くてちゃんとした関係になりたい。なんでも笑って話せる、一番好きな友達に)

曜「……」

曜「……梨子ちゃんもおんなじこと、考えてくれてるといいな」



69: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:34:01.57 ID:PAFiPCXW.net

梨子「……」

曜『り、梨子ちゃん!!これ!!』

曜『頑張ってお返事書いたから!!梨子ちゃんに読んで欲しいの!!』

梨子「曜ちゃん……」

梨子(大丈夫かな……?『嫌い』とか書かれてないかな……?)

梨子(それにこの前、私、つい調子に乗ってあんな踏み込んだこと書いちゃったし……)

梨子「ふ、不安だけど、読むしかないよね……」

梨子「……」

ペラッ

………





70: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:40:18.37 ID:PAFiPCXW.net

———

梨子ちゃんへ

あのね梨子ちゃん、実はね

私もそういう事考えたこと、たくさんあるんだ。って言うかずっとそういう事ばっか気にしてるかも笑

私ね、中学校では三年間ずっと千歌ちゃんと一緒だったんだけどね

小さいころから千歌ちゃんと一緒って言うのが私にとっては当たり前で、この先もずっと千歌ちゃんと一緒だと思ってたんだけど、それで千歌ちゃんとちょっとだけギクシャクしちゃたんだ

なんでだろ?私が千歌ちゃんに依存しすぎちゃったからかな?笑

今でもね、そういう気持ちになること、よくあるよ。私は一番仲がいいって思ってたけど、その子にはもっと私の知らないところが、あるんじゃないかって

もちろん!梨子ちゃんもだよ!!私だって梨子ちゃんのこと大親友だって思ってるし!!梨子ちゃんのこと一番よく知ってるって、自分では思ってるもん!!

まあ全部この日記のおかげなんだけどね笑

あのね梨子ちゃん、私ね、梨子ちゃんってすっごく良い人だなぁって思ってるんだ

だってそういう気持ちになれるのってね!!誰かのこと好きだって証なんだもん!!梨子ちゃんが優しいから、誰かのことを一番に考えてて!だからそういう気持ちになっちゃうのかもって、私は思ってるんだ!!

梨子ちゃんはすごく優しいんだと思う。それは私が一番よくわかってるから!

私ね、ずっと梨子ちゃんのこと、憧れてたんだと思う

おしとやかで女子力まで高くて、それでいて芯も強いんだもん。好きにならないわけ、ないよ

だから梨子ちゃんには自分のこと、嫌いにならないで欲しい

だって私は嫌なんだよ?私が好きな人のこと、そんな風に思われちゃうのは!

私はずっと、梨子ちゃんのそばにいたい。好きなものの話をして、二人でワイワイ盛り上がれるような、そんな関係でありたいんだ

だからね梨子ちゃん、あのね?

私は今のままの梨子ちゃんが大好きだから、いつまでもそのままで、私と寄り添っていて欲しいです

渡辺曜

———



71: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:42:21.22 ID:PAFiPCXW.net

梨子「……」

ウルッ

梨子「……」ポロッ

梨子「……ぐすっ」

梨子(……やっぱり曜ちゃんはちょっとずるいなって思います)

梨子(だって曜ちゃん、私が欲しかった言葉を、いつも素直に届けてくれるんだもん……ずるいよ、そんなにカッコイイなんて……)

梨子「よう、ちゃん……」

ギュッ!

梨子(そんなことされたら、ますます曜ちゃんのこと、好きになっちゃうよ……)



72: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:44:32.92 ID:PAFiPCXW.net

梨子(……曜ちゃんが誰にでも優しいってことくらい、わかってるのに)

梨子(私のお願いが叶いっこないってことくらい、わかってるのに……)

梨子「……」ポロポロ

梨子(……私も曜ちゃんみたいになれたら良かったのにな)

梨子(真っ直ぐに自分の言葉を、曜ちゃんに私も届けられたら良かったのに)

梨子「……」

フキフキ

梨子「……だめだよね、そんなこと考えてちゃ」

梨子「せっかく曜ちゃん頑張ってくれたんだもん。私だってちゃんと、曜ちゃんと向き合ってあげなくちゃ……」



73: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:47:10.14 ID:PAFiPCXW.net

梨子「……」フキフキ

梨子(……向き合うって、どういうことなんだろう?)

梨子(私の心はいつも曜ちゃんの方ばっか向いてるけど、曜ちゃんが私の方を見てくれないなら、意味なんて……)

梨子「……」

梨子「……ううん、でも、それでも私、曜ちゃんにちゃんと伝えたいの、この気持ち」

梨子(これが私にできる、精一杯なのかもしれません)

梨子(地味で暗くて引っ込み思案な私だけど……私だって、物語の主人公になってみたいって思ってるから……)

梨子(奇跡も魔法も起こせないけど私でも、あなたがそばにいてくれるなら、お姫様にだってなれる気がしちゃうから……)

梨子(曜ちゃんみたいにみんなのヒーローにはなれないかもだけど……せめて曜ちゃんの前だけでは、カッコイイ私でいさせて下さい)



74: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:49:13.52 ID:PAFiPCXW.net

梨子「……//」

曜「……?」

曜「梨子ちゃん、どうしたの……?」

梨子「……!!」

サッ!

曜「……手紙?」

梨子「……//」コクン

梨子「い、いつもとはちょっと雰囲気変えて、手紙にしてみたの……//」

曜「へぇ~……」

曜(うわぁ~可愛い便箋!なんかすっごく梨子ちゃんっぽいっていうか……)

曜「……ねえ、読んでみてもいい?」

梨子「……//」コクリ



75: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:51:44.12 ID:PAFiPCXW.net

曜「じゃあ……」

ビリッ!!

曜「……」


『あのね曜ちゃん、私ね』



『曜ちゃんのことが、大好きです。桜内梨子』


曜「……」

曜「!!!?///」

曜(ええっ!?も、もしかして、ラブレターなの!!?これ!?//)

曜(え?あ……ええっ!!?い、いや!!どうしよ!!)

曜「……//」ドキドキ

梨子「……//」ドキドキ

曜「……//」ドキドキ

曜(だって私だよ!!ちゃんと私にって書いてあるし!!//)

曜(ゆ、夢じゃないよね、これ……私の願望が夢になってるとかじゃ……)

梨子「……//」

ギュッ!!

曜「!?//」

バクバク!!

曜(ど、どうしよう!!どうすればいいんだろ!!あわわ………//)



76: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:54:46.57 ID:PAFiPCXW.net

梨子「……よ、曜ちゃん?」

曜「はいぃ!!!!」ビシッ!!

梨子「あのね……」

曜「……//」

梨子「……お返事、待ってるから」

曜「!!?」

曜(へ、返事ぃ!!?返事って!!なに!!?)

曜(なんて言えばいいの!?『付き合ってください』とか!!?)

曜(で、でも、恋人になりたいなんて書いてなかったし、ただ好きって言われただけだし、わ、私の勘違いだったらどうしよ……)

曜「……//」ドキドキ

梨子「……//」ドキドキ



77: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 03:57:46.59 ID:PAFiPCXW.net

曜「……」

スタスタ

曜「……」

ギュッ!!

梨子「!?//」

曜「り、梨子ちゃん……//」

梨子「……//」

曜「ここここ、これからもどうか、私のこと、よろしくお願いします…………//」

梨子「曜ちゃん……//」

ギュッ

梨子「はい……//」

曜「……//」

梨子「……//」

大切な人に初めて想いを伝えられたこの日

この日の曜ちゃんの温もりを、私は絶対に忘れません



78: 名無しで叶える物語 2020/07/09(木) 04:00:46.80 ID:PAFiPCXW.net

終わりです。お粗末様でした
ここまでお読み頂き大変ありがとうございました。久々のようりこでした


元スレ
梨子「たった一つの、気持ちの正解」