1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 18:54:40.08 ID:llOX8mCS0

菫「というわけでチーム虎姫緊急会議を行う」

誠子「は・・・はぁ・・・」

尭深「宮永先輩がまだ来ていない・・・」ズズッ

淡「タカミーこのお茶美味しいね~」

菫「だからこそだ、照がいないうちに相手をぶち殺す作戦を立てる」

誠子「いや何言ってるんですか!?」




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 18:58:17.43 ID:llOX8mCS0

菫「お前達は私と照が付き合っていることは知っているな・・・?」

誠子「まあ・・・常に一緒ですし・・・」

尭深「気付かない方がおかしい・・・」ズッ・・・

淡「え!?なにそれ初耳だよー!!」

誠子「」

尭深「」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 19:07:25.41 ID:llOX8mCS0

菫「まあいつものことだ・・・」ヤレヤレ

誠子「そうでしたね・・・」

淡「なんか馬鹿にされてるー?」

菫「それはさておき、私なりに調べた結果相手は全国準決勝先鋒のメンバーの誰からしい」

尭深「どこから、そんな情報を・・・」

淡「じゃあ、まず誰が浮気相手か調べるんだね!?」

菫「おお、やる気だな」

誠子「いやいやダメでしょ」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 19:14:07.45 ID:llOX8mCS0

菫「さっきからなんだ、誠子はそんな非協力的に育てた覚えはないぞ」

誠子「育てられてませんから!」

誠子「私が言いたいのは相手を殺すとか物騒なことじゃなくて・・・」

尭深「宮永先輩に直接聞いてみるのがいいと思う・・・」ズルッ・・・

誠子「ちょ」

菫「いやそれはだめだな・・・」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 19:24:08.66 ID:llOX8mCS0

淡「なんで??」

菫「それで照に「もう菫には興味ないから・・・別れて」とか言われたら――――!!!」

菫「泣く、泣いてしまう、メゲる」

誠子「(すっごい豆腐メンタルだよ・・・この人)」

尭深「(あ、茶柱が沈んだ・・・)」

菫「そういうわけで照に気付かれないよう相手を抹殺し照に私以外考えられなくするのがベストだな」

誠子「全然ベストじゃありませんよ・・・なんですかそのBADENDは」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 19:34:51.82 ID:llOX8mCS0

菫「・・・頼む誠子、尭深、淡・・・私に協力してくれ」

誠子「うっ」

尭深「そういう目で見るのは反則・・・」ズズ・・・

淡「ふふん、しょーがないねこの恋愛ぷろふぇっしゃーにおまかせあれ!」

誠子「いやうそでしょ、それは」

誠子「まあ抹殺以外なら協力しますけどね・・・」ハァ

菫「ありがとうお前達、私はこんなに後輩に恵まれていたんだな」ホロリ



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 19:40:13.22 ID:llOX8mCS0

誠子「でも先輩まだ宮永先輩が浮気している証拠はないんですよね?」

菫「まあ、そうだな私もある人物からのタレコミで知っただけで勘違いの可能性もある」

菫「だが彼女が間違えるはずはないと私は思っているがな」

尭深「だれ?」

淡「だれー?」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 19:48:08.00 ID:llOX8mCS0

菫「照の妹、宮永咲だ・・・」

淡「サキーが!?」

誠子「あの嶺上の子すごかったですね・・・」

尭深「白糸台三連覇も危うかった」ズッ・・・

菫「宮永咲から聞いた話はこうだ・・・」

以下回想

TEL♪TEL♪

菫「む、電話か?」ガチャ

菫「もしもし」

咲「もしもし・・・あの・・・宮永咲です・・・」

菫「!?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 19:53:46.80 ID:llOX8mCS0

咲「弘世さんですよね・・・?」

菫「ああ、そうだが・・・」

咲「・・・」

咲「弘世さん、本当にごめんなさい!!」

菫「わっ、いきなりなんだ・・・」

咲「う、ぐす、わたし弘世さんにならお姉ちゃんを任せられると思って・・・」

菫「落ち着いて話せ・・・な?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 20:10:27.79 ID:llOX8mCS0

咲「はい・・・」

咲「実は、お姉ちゃんうう浮気してたんです!!」

菫「は・・・え・・・」

菫「どういうことだ?」

咲「団体戦が終わった後・・・お姉ちゃんと仲直りしたい・・・ちゃんとお話ししたいと思って白糸台のみなさんのホテルに行きました」

咲「それでお姉ちゃんとお話しして弘世さんとお話ししてお姉ちゃんと弘世さんが付き合っていることも知りました」

咲「私は正直びっくりしたけど、お姉ちゃんは弘世さんにならお任せできるって言って・・・」

菫「あぁ・・・そのあと家族水入らずで話したいと照が言ったんだっけな・・・」

咲「はい・・・」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 20:19:56.63 ID:llOX8mCS0

咲「それでいろいろ盛り上がって私がせっかくだから、明日2人でどこかに行きたいって言ったんです」

菫「え・・・あ、そうなのか・・・」

咲「でもお姉ちゃん「ごめん明日は用事があるんだ」って」

咲「用事ってなにって聞いたら・・・「んと、Aブロック準決先鋒戦の・・・あ、いやなんでもない」

咲「そのときなんとなく違和感を感じたというか・・・」

菫「ふんふむ」

咲「気になって後をつけてみたんです・・・」

菫「え」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 20:27:12.98 ID:llOX8mCS0

菫「えーと、それはつまり翌日照の後をつけてみたら・・・」

咲「はい・・・女の子と一緒に歩くお姉ちゃんの姿を・・・」

菫「」

咲「ごめんなさいお姉ちゃんが・・・あんな・・・・うぅ」

菫「いやふ、ふつうにともだちとあそびにいったんだろ・・・(震え声)」

咲「それにしては雰囲気が・・・抱き合ってたし・・・」

菫「」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 20:35:18.47 ID:llOX8mCS0

菫「うそだろ・・・そんな」

咲「ごめんなさい、ごめんなさい」ペッコリン

回想終了

菫「とりあえずそのあとは泣きじゃくる咲を宥めてとりあえず電話を切った」

菫「そしてわたしも泣きまくった・・・」

菫「というのが昨日の話だ・・・」

誠子「(うわー・・・)」

尭深「(それは・・・)」

淡「サキーはしすこんなんだねー?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 20:42:26.72 ID:llOX8mCS0

誠子「でもそれだと宮永先輩が悪いんじゃ・・・」

菫「照を悪くいうな、馬鹿者!!」

淡「そうだよーなにか事情があったんだよー」

尭深「きめつけよくない」ズズ・・・

菫「とにかくその女が照をたぶらかしたに違いない」

淡「そうだーそうさーそうかもー」

尭深「そうかもー」ゴクゴク

誠子「(あれ?おかしくない?)」

誠子「(というかこの2人楽しんでるよね絶対・・・)」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 20:54:40.90 ID:llOX8mCS0

菫「とりあえず先鋒戦メンバーを招集しよう」

淡「ん、スミレはサキーに浮気してた子の特徴とか聞かなかったの?」

菫「もちろん聞いたさ、だがその特徴では先鋒戦メンバーとはあてはまらなかった」

菫「ポニーテール・・・」

淡「?」

誠子「あれたしかポニーテールはいませんでしたよね」

尭深「矛盾・・・」ズッ・・・



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 21:01:12.27 ID:llOX8mCS0

菫「そのときたまたまポニーテールにしていたのか、はたまた別の誰かか」

菫「咲の話によると先鋒戦メンバーらしいから、前者だとはおもうが・・・」

淡「ポニーちゃんといえば・・・」

尭深「阿知賀の大将・・・」

誠子「高鴨穏乃」

菫「だが彼女と照はあまり接点がないからな・・・」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 21:10:10.85 ID:llOX8mCS0

淡「あーもーわけわかんないよー」

菫「ああだから、先鋒戦メンバー全員を呼ぶことにした」

菫「そして尋問する、そのために誠子の力を借りたい」

誠子「え!?なんでわたしですか・・・」

菫「おまえは白糸台に入る前は中東で傭兵をしてそのあと引退し釣り師になったと聞く」

菫「拷問とか得意そうだしな」

誠子「ないないノーウェイノーウェイ、人に勝手な設定付けないでください」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 21:20:29.25 ID:llOX8mCS0

一方そのころ・・・

照「ふあぁ・・・よく寝た、あれ菫?」

照「・・・起こしてくれてもよかったのに・・・」むぅ

照「・・・昨日はちょっとはしゃぎすぎちゃったかな」

トニカク・・・テ・・・キナイウチニ・・・ジ・・・ンヲ・・・セテシマオ・・・

照「隣の部屋なんかでやってるのかな??」

ブチョーココガイインデスバイ?ヒメコイイ・・・ン・・・ヨカバイ・・・

照「え、なんかほかの部屋からすごい音が・・・」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 21:28:10.23 ID:llOX8mCS0

菫「というわけで急にすまなかったな・・・」

怜「いやそれはええんやけど・・・」

玄「浮気なんて・・・」

煌「なんか誤解な感じがぷんぷんと」スバラッ

誠子「(あ、やっぱり誤解なのかー)」

淡「えー」

尭深「(あ、茶柱がたった)」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 21:34:06.05 ID:llOX8mCS0

怜「たぶん、昨日と言えばうちの退院祝いやなー」

玄「準決が終わった後、園城寺さんの病院にお見舞いに行って」

煌「そこで宮永さんと松実さんとすばらに出会ったんです!」スバラッ

怜「うちは大げさやと思ったんやけど花田さんが退院したら祝いをみんなでしよかーってことになって」

菫「ふんふむ」

誠子「(あーこのぶんだと、楽な顛末になりそうだなー)」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 21:38:08.80 ID:llOX8mCS0

一方そのころ

ブイイイイイン

照「ひっ・・・なにこのおと・・・」

照「菫たすけて」カタカタ

カンバルノイエデハ・・・デキナイカラナ・・・キャーセンパイダイスキッスーバダン

照「なになんなの別の場所からも聞こえて来た・・・」カタカタ



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 21:48:07.45 ID:llOX8mCS0

玄「多分ポニーテールの子は私だと思います」

玄「憧ちゃんがせっかくだからって可愛い恰好にしてくれて・・・」

菫「・・・抱き合ったとかは・・・?」ゴッ

玄「ひっ・・・ええとわたし東京に慣れてなくて人ごみでぶつかってよろけそうになって・・・」

玄「宮永さんが支えてくれた時だと思います・・・」

玄「(おねえーちゃーん、このひとこわいよー)」ガタガタ

菫「それだけだな・・・」

怜「せやでー玄ちゃんちょっとどぎまぎしててかわいかったけどそんだけやー」

玄「あわわわ」

煌「人ごみでちょっと園城寺さんと一緒にはぐれたときですねー」subara



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 21:54:37.27 ID:llOX8mCS0

淡「なんだそれだけかー」

尭深「よかったよかった」ズズッ・・・・

誠子「まーこれでとりあえずお開きにしますかー先輩よかったですね」

菫「ああ、やっぱり照は私を裏切っていなかったんだな・・・」

誠子「(いやあなた疑いまくってたくせに)」

一方そのころ

照「もーやだー!」

照「すみれー」ダッ





50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 22:01:17.04 ID:llOX8mCS0

菫「とりあえず咲には後で連絡を入れて誤解だったと言っておこうか・・・」フゥ・・・

バン!!

菫「!?」

照「すみれこわかったよーうわあああん」ダキッ

菫「え・・・とどうしたんだ照!?」

照「ふわあああああんん」ギュ

菫「よーしよーしこわくないこわくない」テレテレ

怜「(なんや見せつけてくれるやないの・・・)」

玄「え?え?え?」

煌「すばらです!」スバラッ

ブチョーヒメコー

煌「おや?何か聞こえますね?」スバラッ



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 22:06:02.20 ID:llOX8mCS0

尭深「(なんというかこの2人は・・・)」

淡「(付き合ってるっていうより)」

誠子「(親子みたいだな・・・)」

尭深・淡・誠子「やれやれ」

菫「ほら照涙を拭け」

照「ちーん」

カン!



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 22:10:21.56 ID:llOX8mCS0

SSってむずかしいね
菫さん・・・

おつかれさまでした



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 22:18:18.14 ID:llOX8mCS0



煌「この声・・・間違いありません、部長と姫子さんですね」スバラッ

コンコン

煌「失礼します」スばらっ

姫「!?」

哩「あひぃ・・・」

煌「え・・・!?」

まさか、姫子さんと部長がそんな関係だったとは・・・
なぜかその輪にわたしも混ざることになるのですが・・・
それはまた別のお話

すばらにもいっこカン!


元スレ
菫「照が浮気をしているらしい・・・」