1: ◆Tina2b6i.2 2013/09/04(水) 22:57:21.77 ID:/9bCmMGf0

-スーパー-

櫻子「今日の夜ご飯どうしよう…」

櫻子「またカレーだと二人とも怒るかな…?」

櫻子「…いや、カレーにしよう!」

櫻子「割と簡単だし!」

櫻子「~♪」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:00:44.47 ID:/9bCmMGf0

櫻子「…ん?」

櫻子「ハンバーグフェア…?」

櫻子「ふむふむ…」

櫻子「手作りハンバーグ…」

櫻子「……」

櫻子「…チャレンジ精神って大事だよね」

櫻子「あと面白そうだし!」

櫻子「よーし、今日は櫻子様の手作りハンバーグにへんこーう!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:04:16.63 ID:/9bCmMGf0


-大室家-

櫻子「たっだいまー!」

花子「おかえりだし」

櫻子「…あれ? ねーちゃんは?」

花子「出かけてるし」

櫻子「えっ、じゃあ夜ご飯は?」

花子「夜ご飯までには帰ってくるって言ってたし」

櫻子「ふーん、そっか」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:09:53.21 ID:/9bCmMGf0

櫻子「あ、そうだ! なんとスーパーで…焼肉を買ってきた!」

花子「…は?」

花子(いやいや、おかしいし…)

花子(そんなもの買えるお金は貰ってないはずだし!)

櫻子「という事で、今日はハンバーグだぞー! そんじゃ早速…」

花子「え、ハンバーグ? 焼肉じゃないの?」

櫻子「何言ってんだよ…」

櫻子「焼肉買ってきたからハンバーグ作るんだろ?」

花子(…ほんとに櫻子の相手は疲れるし)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:15:45.72 ID:/9bCmMGf0

花子「焼肉からハンバーグ作るのはおかしいし」

花子「作るならひきに…」

花子「…!」

櫻子「どうした?」

花子「…ちょっと買ってきた物見せろし」

櫻子「いいよ」

花子「……」ガサガサ

花子(…やっぱり)

花子(これ『やきにく』じゃなくて『ひきにく』だし)

花子「…これ読んでみて」

櫻子「? 焼肉」

花子(バカだし…花子でもこれくらい読めるし…)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:20:56.36 ID:/9bCmMGf0

櫻子「あっ、もしかして花子読めなかった?」

花子「はいはい、読めなかったし」

櫻子「まぁ小学生だから仕方ないよな! 小学生だし!」

花子「……」

花子(こ、ここで怒ったら負けだし…)

櫻子「それにしても…」

櫻子「こんな漢字も読めないなんて…ぷぷっ…」

櫻子「…ちょっとバカじゃん?」

花子「……」イラッ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:24:04.07 ID:/9bCmMGf0

花子「これをどう読んだら焼肉になるんだし!」

花子「こんなの挽肉って普通に読めるし!!」

花子「バカにバカって言われたくないしー!!」

櫻子「……」

花子「……はっ」

櫻子「…ひき…にく?」

花子「そ、そうだし! それの読み方は…」

櫻子「あっはっは!」

花子「!?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:28:50.43 ID:/9bCmMGf0

櫻子「ひき、ひきにくって…くくっ…」

櫻子「んな訳ないだろー! どう読んでも焼肉じゃーん!」

花子(うわぁ…)

花子「…もういいから、早く作れし…」

櫻子「いや、でもこれ焼肉でしょ」

花子「あー! じゃあそれでいいから早くしろし!」

櫻子「はーい」タッ

花子(…はぁ)

花子(こっちまで頭が悪くなりそうだし…)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:34:03.77 ID:/9bCmMGf0


-リビング-

花子(……)

花子(あれ?)

花子(そういえば、櫻子ってハンバーグ作れたっけ?)

花子(…いや、たしか作った事なんてなかったはずだし…)

花子(って事は…)

花子(…やばい!)

花子(キッチンに行ってみるし!)タッ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:39:38.84 ID:/9bCmMGf0


-キッチン-

櫻子「~♪」コネコネ

櫻子「…よし、出来た!」

花子「待てし」

櫻子「ん、花子居たの?」

花子「今来たとこだし」

櫻子「もう焼くから少し待ってろ」

花子「だから櫻子が待てし!」

櫻子「なんでだよー」

花子「なんでは花子の台詞だし! なんで材料が全く出てないんだし!」

櫻子「はぁー?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:46:13.03 ID:/9bCmMGf0

花子「…まさか」ヒョイ

櫻子「あっ、何すんだよ!」

花子「……」

花子「これ、挽肉以外に何混ぜたし」

櫻子「え? 何も混ぜてないけど…」

花子「…櫻子、ハンバーグの作り方知ってる?」

櫻子「この焼肉をこねて焼くんだろ?」

花子「ふざけんなし! そんなの本当にただの焼肉だし!」

櫻子「じゃあ他に何混ぜるんだよ!」

花子「…ちょっと待ってろし」カチカチ

花子(危ないとこだったし…)



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/04(水) 23:53:56.51 ID:/9bCmMGf0

三人まえのざいりょう

ひきにく 300g
玉ねぎ 半分
たまご 1つ
パンこ 40g
牛にゅう 少し
しお、コショウ 少し


花子「…はい、これが材料だし」

櫻子「おおっ…って何で知ってんの?」

花子「この前、撫子お姉ちゃんの料理の手伝いした時に教えてもらったし」

櫻子「ふーん…」

櫻子「…この『ひきにく』って焼肉の事?」

花子「黙って用意しろし」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:00:11.66 ID:QgIV8B860



櫻子「用意出来た!」

花子「…塩って書いたはずだし」

櫻子「塩じゃん?」

花子「ちょっと舐めてみろし」

櫻子「……」ペロッ

櫻子「砂糖だこれ!」

花子「はぁ…砂糖出すとこ見てたから良かったものの…」

櫻子「さしすせそ、の『さ』! 砂糖!」

花子「だからなんだし」

櫻子「『し』の塩と間違えただけだよ」

櫻子「…あれ? 『し』は醤油だったっけ?」

花子「……」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:06:38.41 ID:QgIV8B860

花子「じゃあ『す』は何だし」

櫻子「『す』?」

櫻子「す、す…すー…」

櫻子「…酢醤油?」

花子「なんで醤油付けたし」

櫻子「あー、酢か!」

櫻子「わかってたわかってた!」

花子「…『せ』は?」

花子(これは櫻子には絶対無理だし)



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:11:17.80 ID:QgIV8B860

櫻子「『せ』だろ? えーっと、せ…」

櫻子「…んー…あっ!」

櫻子「せうゆ!」

花子「!」

櫻子「……」

花子(まさか正解するとは…)

櫻子「いや、つっこめよ!」

花子「えっ」

櫻子「せうゆじゃなくて、醤油だし! って」

花子「…え?」

櫻子「本当は背肪、だろ?」

花子(やっぱりバカだったし…)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:16:10.68 ID:QgIV8B860

花子「…最後、『そ』」

櫻子「ソース!」ドヤァ

花子(だろうと思ってたけど…)

花子(まさか即答で、どや顔されるとは思ってなかったし)

櫻子「これは料理の基本だからしっかり覚えておけよ、花子!」

花子(…よく堂々とそんな事が言えるし)

花子「わかったから、早く作るし」

櫻子「おー!」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:20:17.56 ID:QgIV8B860



花子「そこまで時間ないから、簡単に作るし」

櫻子「わかった!」

花子「まずは玉ねぎをみじん切りにして欲しいし」

櫻子「おっけー!」

花子「その間、花子はパン粉を牛乳につけておくし」

櫻子「よーし…」

花子「ちょっ、持ち方!」

花子「…こうだし!」

櫻子「こう!」

花子「そうだし」

花子「そろそろ包丁ぐらいまともに扱ってほしいし…」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:26:47.09 ID:QgIV8B860

櫻子「玉ねぎの~みじん切り~」トントン

花子「一応切るのは出来るみたいだし」

櫻子「それぐらい出来るわ!」トントン

花子「ふーん…」

櫻子「なんたって櫻子様だか…」トントン

櫻子「ぐあー! 目がー!」

花子「…黙ってやれし」

櫻子「くっ…涙が…」トントン

花子(パン粉を牛乳にひたして…)

櫻子「……」トントン

花子(…これで後はおいておけばいいし)

カランッ

櫻子「…っつ!」

花子「櫻子!?」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:33:05.55 ID:QgIV8B860

櫻子「あはは…ちょっと切っちゃった」

花子「! 手、貸して!」

櫻子「いや、大丈夫だって…」

花子「早く!」

櫻子「……」

櫻子「…ん」スッ

花子「…はむっ」

櫻子「なっ! お、おい…」

花子「……」チュゥ

花子「……」

花子「……よし、後は…」

花子「えーっと…絆創膏…」ゴソゴソ

花子「…あったし」

ペタッ

花子「これで大丈夫だし」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:40:27.13 ID:QgIV8B860

花子「…ごめん」

櫻子「なんで謝るんだよ…」

花子「だって…花子が櫻子に、みじん切りなんてさせたから…」

花子「花子が櫻子に、包丁なんて持たせたから…」

櫻子(…あれ? なんか遠回しにバカにされてる気が…)

花子「だから…」

櫻子「……」

ポン

花子「…!」

ナデナデ

花子「な、何するし!」

ナデナデナデ

花子「やめろしー!」

櫻子「ありがとな、心配してくれて」

花子「! …べ、別にいいし」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:47:04.67 ID:QgIV8B860

櫻子「そんじゃ…続きやろっか!」

花子「でも…」

櫻子「大丈夫だって、今度は気をつけるから!」

櫻子「…それに、ケガしてもまた花子が指を」

花子「わーわー! …そ、それは忘れろし!」

櫻子「冗談だって、冗談!」

花子「むー…」

櫻子「……」トントン

花子「……」ジー



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:50:41.86 ID:QgIV8B860

櫻子「…そんな見られるとやりずらいんだけど」トントン

花子「ちゃんと見とかないと、どうせまた指切るし」

櫻子(……)トントン

櫻子「…痛っ」

花子「! さ、櫻子!」

櫻子「嘘だよー」

花子「……」

ゲシッ

櫻子「ちょ、蹴るなよっ」

花子「……ばか」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 00:55:47.58 ID:QgIV8B860



櫻子「よーし、切り終わったー!」

櫻子「次はどうすんの?」

花子「切った玉ねぎを炒めればいいし」

櫻子「えー、めんどくさい」

花子「……」

花子「じゃあ省略でいいし」

櫻子「えっ、いいの?」

花子「本当は玉ねぎを炒めてから、冷まして使った方がおいしくできるらしいし」

花子「でも、めんどくさいなら別にいいし」

花子「…花子はおいしく食べたいけど」

櫻子「わーかったわかった」

櫻子「…まぁ、私もおいしく食べたいしさ」

花子「やった!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:00:38.33 ID:QgIV8B860



櫻子「炒め終わった! 少し茶色っぽくなったけどいい?」

花子「それでいいし」

櫻子「これ冷めるまで待てばいいの?」

花子「そうだし」

櫻子「どれぐらい?」

花子「冷めるまでだし」

櫻子「えー、なげーよー」

花子「…じゃあ少しの間冷蔵庫にでも入れとけし」

櫻子「よし来た!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:05:24.32 ID:QgIV8B860



花子「もうそろそろいい頃だし」

ガチャ

櫻子「んー…」

櫻子「冷めてる!」

櫻子「次は?」

花子「さっき書いたメモのやつを全部混ぜればいいし」

櫻子「これか」ピラッ

櫻子「えーっと、焼肉に…」

花子(だから『ひきにく』だし…)

櫻子「卵!」パカッ

櫻子「炒めた玉ねぎ!」ドサッ

櫻子「塩! コショウ!」サラサラ



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:09:06.89 ID:QgIV8B860

花子「牛乳とパン粉は一緒にしてあるし」

櫻子「これだな! 牛乳ごと入れていいの?」

花子「いいし」

櫻子「おりゃー!」ドバッ

花子「後は混ぜればいいし」

櫻子「へい!」コネコネ

櫻子「…うおー! 手に付くんだけど!」

花子「いちいちうるさいし…」

花子「そういう時は手に油をぬればいいし」

櫻子「なるほど」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:14:26.70 ID:QgIV8B860



櫻子「このぐらいでいい?」コネコネ

花子「大丈夫だし」

花子「次は形を整えるし」

櫻子「いくつ?」コネコネ

花子「3つでいいし」

花子「両手でキャッチボールみたいに何回か投げると、焼いた時に崩れにくくなるし」

櫻子「へーい」ペチペチ

花子「あと、形を整えたら、真ん中をくぼませるといいし」

櫻子「なんで?」

花子「たしか撫子お姉ちゃんが、全体に火が通るようにする為って言ってたし」

櫻子「ふーん…」

櫻子(よくわからん)



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:16:30.81 ID:QgIV8B860

櫻子「……」コネコネ

櫻子「…はいっ」

櫻子「……」コネコネ

櫻子「…ほいっ」

櫻子「……」コネコネ

櫻子「…出来た!」

花子(雑!)

花子「ま、まぁ特に味に支障は無さそうだから大丈夫だし」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:20:11.59 ID:QgIV8B860

櫻子「じゃ、焼いていい?」

花子(…櫻子に任せるのは怖いし)

花子「花子と撫子お姉ちゃんの分は、花子が焼くし」

櫻子「出来るの?」

花子「多分出来るし」

櫻子「じゃあ先に焼いてみてよ!」

花子「なんでだし」

櫻子「お手並み拝見!」

花子「…はいはい」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:25:48.76 ID:QgIV8B860



花子「油をひいて、中火で両面を焼くし」

ジュー

花子「片面が焼けたらひっくり返せばいいし」ヒョイ

花子「両面が焼けたら、蓋をするし」

ジュー

櫻子「ふむ」

花子「ちゃんと中まで火が通ったら…」

パカッ

花子「皿に移して終わりだし」

花子「…よいしょ」ヒョイ

櫻子「美味そう!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:29:16.98 ID:QgIV8B860

花子「花子の記憶が正しければ、これで完成だし」

花子「ソースは、普通のソースとケチャップを大体同じ分量で混ぜればいいし」

櫻子「割と簡単だな!」

花子「じゃあ花子はご飯とハンバーグ持ってくし」

花子「櫻子のは自分で作れし」

櫻子「余裕!」

花子(…だといいし)



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:32:44.11 ID:QgIV8B860


-リビング-

花子(もうすぐ撫子お姉ちゃんが帰ってくる頃だし)

ダダダダ

櫻子「花子ー!」

花子「…なんだし」

櫻子「大変だ! キッチンに来てくれ!」

花子(やっぱり…)

花子「わかったし」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:38:22.70 ID:QgIV8B860


-キッチン-

花子「……」

櫻子「…焦げちゃった」

花子「なんで焦がすし…」

櫻子「いや、違うんだって」

櫻子「言われた通りにしたけどさー…」

花子「言った通りにしたら焦げるはずないし」

花子「そもそも一回やってみせたし」

櫻子「くっ…」

花子「…別にそれ少し焦げてるけど、食べられない程じゃないし」

櫻子「まぁ、そうだよな」

櫻子「…はぁ」

花子「……」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:44:38.09 ID:QgIV8B860


-リビング-

撫子「ん、美味しい…」

撫子「今日の当番って櫻子だったはずじゃ…」

櫻子「そうだよ!」

撫子「…これ本当に櫻子が作ったの?」

櫻子「いや、花子が全…」

花子「花子が櫻子と一緒に作ったんだし」

櫻子「…」

ナデナデ

花子「撫でるなし」

撫子(花子に作り方教えておいて正解だったかな)



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/05(木) 01:50:25.05 ID:QgIV8B860

撫子「…ところで、花子のハンバーグだけ少し焦げてない?」

花子「えっと…」

花子「…少し焦げてた方が美味しいんだし」

櫻子「…」

ナデナデ

花子「だから撫でるなし」

撫子(…?)


終わり



61: ◆Tina2b6i.2 2013/09/05(木) 01:51:23.83 ID:QgIV8B860

ありがとでした

料理って面白いんだよ


元スレ
櫻子「花子のハンバーグ教室」