SS速報VIP:男「架空の映画の予告だけを作る仕事?」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:19:13.32 ID:/rIHX+GB0

男「何の存在価値があるんですかそんな仕事」

老人「ご想像にお任せするのじゃ」

男「はぁ・・・何で俺に」

老人「まあまあ、つべこべ言わず始めるのじゃよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506176353




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:32:32.75 ID:/rIHX+GB0

老人「では始めようかの」

男「あのまだ俺納得してないんですけど」

老人「ちゃららちゃっちゃら~万年筆~」

男「ドラえもんみたいに言われても困りますって」

男「そもそも秘密道具じゃないじゃん」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:33:17.05 ID:/rIHX+GB0

老人「この万年筆は非売品じゃ!すごいじゃろ!」

男「非売品でもいいけど別に万年筆じゃなくても」

男「パソコンでよくない?」

老人「理由がある」

男「なんすか」

老人「うーむ、・・・パソコンは苦手なんじゃ」

男「勿体ぶったくせ何その2秒で考えたみたいな理由」

老人「別にいいじゃろ!」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:37:11.80 ID:/rIHX+GB0

老人「では、テーマを設定する」

男「しれっとやる前提になってますね」

老人「こほん。今回のテーマは、ずばり『建国』じゃ!」

男「あら意外に真面目」

老人「最強国家を作るのじゃ!」

男「ゲームのチュートリアルにありそうですね」

男「まあ、面白そうだし」

男「やりますか」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:38:01.15 ID:/rIHX+GB0

~スター・ウォーズのテーマ~

やあ!オレはスピルバーグ監督に憧れる大学生・岩尾光だ!
ひょんなことから留学することになったオレだけど、行きの飛行機が墜落!
やっとのことでたどり着いたのは、南アメリカの貧乏な集落!
集落民「ヘイジャパニーズ!俺達と一緒に独立しようぜ!」
最初は信じられなかったけど、集落にはたくさんの能力者がいて!?
オレと集落民たちのスターウォーズが幕を開ける!
ひそかな夢・・・この日々をいつか映画化するために!



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:38:45.95 ID:/rIHX+GB0

男「B級映画っぽいななんか」

老人「ブラボーじゃ!」

男「マジすかありがとうございます」

老人「来週も頼むぞ!」

男「行けたら行きます」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:44:00.14 ID:/rIHX+GB0

~一週間後~

老人「やっほー!じゃ!」

男「なんで俺の部屋に来た・・・」

男「ストーカージジイなのかこの人」

老人「ストーカーとは心外な!お前しか希望がないのじゃ!」

男「もっとひどい」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:45:10.38 ID:/rIHX+GB0

老人「さて、今回のテーマじゃが・・・」

老人「『サスペンス』じゃ!」

男「相変わらず渋いところ突いてきますね」

老人「顔がくしゃくしゃじゃからの!渋い顔だけに!」

男「全然面白くないっすよ気づいてます?」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:46:37.12 ID:/rIHX+GB0

~007のテーマ~
各国の首脳だけを狙った連続暗殺事件が起きた
証拠はどこにもなく、
容疑者は、70億人。
イタリアの最強スパイ・カルツォーネは国連直命で犯人の捜索に挑む。
立ちはだかるのは、謎の黒服の敵
黒服「我々が支配者となるのだ」
カルツォーネはひとり、世界を守る戦いへと身を投じる!
カルツォーネ「俺に守れないのは・・・女との約束だけさ」
異次元のスペクタクルサスペンス、ついに降臨。
カルツォーネは世界を、そして愛する女達を守れるのか・・・!



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:50:47.95 ID:/rIHX+GB0

男「こんなもんですかね」

老人「エクセレントじゃ!」

男「ジジイの癖に横文字好きだな」

老人「来週もよろ、じゃ!」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:51:16.56 ID:/rIHX+GB0

~一週間後~

老人「やっはろー!」

男「今何時だと思ってるんすか・・・」

男「朝5時ですよ」

老人「来ちゃった☆」

男 (キモッ)

老人「『キモッ』とは何事じゃ!」

男「ついに思考まで読めるようになりやがりましたか」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:54:33.65 ID:/rIHX+GB0

老人「今回のテーマ、いくぞ!」

男「よっしゃ」

老人「『日常』じゃ!」

老人「ただし、度を超えるものにせい」

老人「宇宙人大歓迎じゃ!」

男「今回注文多いですね」

老人「日常系が好きなんじゃよ」

男「んじゃ、にゃんぱすー」

老人「にゃんぱすー!がんばるぞい!にっこにっこにー!ぴょんぴょん!」

男「案外やべージジイだった」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:56:29.44 ID:/rIHX+GB0

~ETのテーマ~
やあ!私の名前はイオン!
大好きなモルくんに会いにいくため自転車をこいでいると、びっくり!
目の前に超絶イケメンな宇宙人が落ちてきた!?
宇宙人「君と心の化学反応させてくれ!」
言い寄ってきた宇宙人と、いつの間にやら同居することになった私。
UFOに乗ったり宇宙に行ったり・・・
けれど、同居がモルくんにバレて大変なことに!
さらに宇宙人保護罪で宇宙人くんは連行、私は逮捕されちゃった!
私の日常、どうなっちゃうの~!!



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:04:08.22 ID:A1Ju4qd/0

男「音楽が宇宙人ってところ以外全く合ってない」

男「しかも大学で化学やってるせいで名前にも反映されてるし」

老人「フィーバー!」

男「もう英語のストック無いですか」

老人「なかなかやりおるのう」

男「そりゃ3回目ですしね」

老人「わしもお前のこと・・・だんだん好きになってきたかも」

男「部屋にある塩酸ぶっかけますよ」

老人「・・・・・・」

老人「来週も頼むぞい!」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:15:59.68 ID:A1Ju4qd/0

~一週間後~

老人「ちぇけらー!」

男「グラサン似合ってねえ」

老人「今日もテーマの発表じゃ!」

老人「邪魔なテレビはポチッとな」

男「古っ」

男「最近選挙したり国できたりUFOでたり忙しいんすよニュース」

老人「わしのほうが大事じゃろ」

男「別に・・・」

老人「分かった!それはつんでれじゃ!」

男「そろそろ津軽海峡に沈んでこいや」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:21:21.38 ID:A1Ju4qd/0

老人「こほん。『兵器もの』をお願いするのじゃ!」

男「やけにマイナー行きますね」

老人「・・・見たいの☆」

男「キモい」

老人「今度は口に出しおったか」

男「だってキモいんだもん」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:23:32.24 ID:A1Ju4qd/0

~トップガンのテーマ~
史上最高の呼び声高い物理学教授・アーロン。
天才の異名を持つ数学研究者・若林。
若くして歴史学の権威たる男・シュベライネル。
そして、努力でのしあがった生物学者、ソルティア。
彼ら四人は、とある政府からの命令で最強の空軍を作ることになるーー
「ここは重力加速度だろう!」
「いや違うね、微分の公式だ」
「ここでカルビンベンソン回路を用いれば・・・」
「俺ここにいるのおかしくない?」
凹凸な四人が1つの論文という協奏曲を奏でるとき、世界は動き出す!
学者×4のミリタリサーチ、テイクオフ!



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:25:18.29 ID:A1Ju4qd/0

男「なんか上手くなってきた」

老人「スタンディング・オペレーションじゃ!」

男「立つ命令ってなんだよ」

老人「それはともかく、ありがとうなんじゃ」

男「?」

老人「次で最後じゃ!」

老人「期待するとよいぞ!」

ヒラッ…




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:28:40.21 ID:A1Ju4qd/0

男「ん?なんか落ちたぞ・・・」

老人「ふんふふんふふーん♪」

男「あ、行っちゃった・・・」

『次のニュースです。各国の大統領や首相が連続して何者かに暗・・・』



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:29:27.81 ID:A1Ju4qd/0

~一週間後~
老人「こんにちはなのじゃ!」

男「はい、こんにちは」

老人「礼儀正しくなったのう~」

男「いいから本題いきましょうよ」

老人「今日はやけにやる気じゃな」

老人「ではいこうかの」

老人「本日のテーマは・・・

「「『世界大戦』」」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:34:27.55 ID:A1Ju4qd/0

老人「!?」

男「分かってんだよ爺さん」

男「あんたが世界の支配者になろうとしてんのは」

老人「何故じゃ」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:35:07.29 ID:A1Ju4qd/0

~一週間前~

男「ジジイ万年筆落としてったな・・・」

男「なんだこの紙?」

『アジトココ

わしは金曜いないからパスワードかけること

○×□△』



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:37:24.86 ID:A1Ju4qd/0

~金曜日~

男「むっちゃ遠かった」

男「アニメイトの地下にアジト作るとかジジイガチ勢だな」

パスワードニンショウカンリョウ。ヒラキマス。

男「マジで開くんかい」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:41:54.04 ID:A1Ju4qd/0

男「文書室?なんだここ」

男「本全部厚いな、人殺せるんじゃないか」

男「ん?『ジジイの工○本』?」

男「見てみるしかないでしょ」」

男「・・・・・・なん・・・だと?」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:42:30.98 ID:A1Ju4qd/0

~デスノートサントラ~
どこにでもいる平凡な大学生、ΧΧΧΧ。
彼はある老人から万年筆を手にいれる。
それは、「書いた映画の予告を現実世界に具現化する」能力だった・・・!
少しずつ力の強大さに気づく彼。しかし老人が万年筆を奪い、彼の記憶を消した!
老人は世界の支配者となりゆく。
ΧΧΧΧは為すすべなく倒れ、世界は老人のものとなった・・・

~回想終了~



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:51:45.27 ID:A1Ju4qd/0

男「もうあの文書を見て悟りましたよ」

男「そして、実際に起こった建国、殺人、UFO、最近の兵器開発」

男「さらに、建国で自分の国家を作り、首脳を殺して世界を混乱させ、最強の兵器を開発した」

男「UFOは殺人の宇宙人説を作り出すためだ」

男「これで、世界大戦への全てのピースが揃う」

老人「勘づかれたなら仕方ないのう」

老人「じゃが書いてあった紙のインクは、にじんでも『消えない』」

老人「この予告は残るんじゃ」

男「そうはいかないんすよ」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:52:22.97 ID:A1Ju4qd/0

老人「なんじゃと!?」

老人「塩酸を紙にかけた!?」

男「正確には塩酸と次亜塩素酸ナトリウム、ですがね」

男「この二つがあれば、化学反応の結果インクを消すことができるんですよ」

男「化学学んどいて正解っすね」

老人「なぬぅ・・・」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:53:24.32 ID:A1Ju4qd/0

老人「ならば、お前を殺して万年筆を奪ってやるのみ」

男「無理っすよ」

男「俺が何にも対策してないと思ってる?」

~ターミネーターのテーマ~
記憶を失った男、ΧΧΧΧ。
彼は伝説の万年筆を手にいれ、最強ともいえる技ーー予告拳を体得した。
その代償は、これまでの万年筆で具現化したもの、
そして万年筆そのもの。
ΧΧΧΧ「今この手で野望を止める」
決意の拳はいま、解き放たれる!



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:53:58.69 ID:A1Ju4qd/0

老人「そうか・・・」

老人「自分で予告を作ったんじゃな・・・」

老人「完敗じゃ」

男「老人、ちょっとだけ俺は楽しかったっすよ」

男「せめて、安らかに眠ってください」

男「ーーーー予告拳ッ!!」

老人「・・・・・・ありがとう」バァン



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:54:37.84 ID:A1Ju4qd/0

男「・・・ふぅ、終わったな」

男「じゃ、映画館行きますか」

男「俺の予告がどれだけ酷いのか見にね」




元スレ
SS速報VIP:男「架空の映画の予告だけを作る仕事?」