1: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 14:06:03.54 ID:Vroi+jv+.net

海未「ユニットでのイベントが続きますからね。何か問題でもありますか花陽?」

花陽「ううん。なんでもないよ。ごめんね!海未ちゃん」

絵里「何かあったの?花陽。遠慮なんかしなくていいのよ」

花陽「ほんとに大丈夫だから...ごめんね変なこと言ったね」

穂乃果「かよちゃーん!練習始めるよー」

花陽「あっ...穂乃果ちゃん呼んでるから行くね...」タッ

絵里「何かあったのかしら?」

海未「確かに穂乃果がリーダーなので少し心配ですが...ことりもいるので大丈夫でしょう」

絵里「だといいんだけど...」



3: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 14:12:34.76 ID:Vroi+jv+.net

花陽(うう...しばらくユニットでの練習が続きそうだなあ...)

花陽(穂乃果ちゃんとことりちゃん...)

花陽(花陽にも優しくしてくれる2人なんだけど...)

穂乃果「かーよちゃん!」ギュ

花陽「わわっ!ちょっと恥ずかしいよぉ...穂乃果ちゃん///」

穂乃果「えへへ~びっくりしてるとこも可愛いねえ...」スリスリ

花陽(なんだかスキンシップが過剰になってきてる気がする///)

花陽(考えすぎなのかなあ...)



4: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 14:18:13.05 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「...」

花陽「穂乃果ちゃん?急に止まったけど...どうしたの?」

穂乃果「ねえかよちゃん。絵里ちゃんと海未ちゃんの2人と何話してたの?」ニコニコ

花陽「えっ...いや...特に何も話してなんかないよ...」

穂乃果「ほんとに?嘘なんかついてないよね」ニコニコ

花陽「ほんとだよ...」

穂乃果「ふーん...」
   「じゃいいや!早く練習行くよっ」

花陽(なんだか怖いよ...)



5: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 14:28:14.30 ID:Vroi+jv+.net

ことり「あっ!かよちゃん!待ってたよ~」ギュ

穂乃果「ちょっとことりちゃん!ズルいよ!穂乃果も穂乃果も~」ギュ

花陽「ちょっと2人ともぉ...」

穂乃果「照れてるとこも可愛いねえ...」

ことり「そうだねえ。食べちゃいたくなるね♪」

花陽「ひっ!冗談だよね...」

ことり「冗談だよぉ~かよちゃんはすっかり信じちゃって可愛いね」
   「ふふふっ」

穂乃果「ほんとだねえ...ふふふっ」



7: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 14:38:53.24 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「よーしっ!じゃ休憩にしようか!」

花陽「えっ...あの...穂乃果ちゃんまだ1時間しか経ってないよ」

穂乃果「いいのっ!かよちゃんすっごく頑張ってくれてるから特別だよっ!」

花陽(このところ毎日こんな感じだと思うんだけどなあ...)

ことり「かよちゃん。せっかく穂乃果ちゃんがこう言ってくれてるんだから休憩しよ?」
   「あんまり無茶しちゃだめだよ」

花陽「うーん...じゃあそうしようか...」

穂乃果「うんっ。じゃ休憩するよっ!」
   「かよちゃん真面目で偉いねえ。ふふふっ」

ことり「そうだねえ...ふふふっ」



9: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 14:50:08.82 ID:Vroi+jv+.net

ことり「かよちゃん♪クッキー焼いてきたんだけど食べない?」

穂乃果「穂乃果もほむまん持ってきたよ!かよちゃんどうぞっ!」

花陽「やったあ!ことりちゃんのクッキーもほむまんも大好きだから嬉しいな!」
  「あっ...でもあんまり食べたらまた太っちゃうよ...」

穂乃果「そうかなあ?穂乃果はそんな風に思わないけど」サワサワ

花陽「ほ...穂乃果ちゃん///お腹あんまり触らないでぇ...」

ことり「ことりも大丈夫だと思うけどなあ...」サワサワ

花陽「ことりちゃん!お尻触らないでよ...///」

穂乃果「ふふふっ」
ことり「ふふふっ」



10: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 14:58:21.49 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「かよちゃん。はいあ~ん」
ことり「クッキーも食べてね。はいあ~ん」

花陽「そんな一度に食べられないよぉ...」パクッ

ことり「ふふふっ。あっ!かよちゃん。食べかすとってあげるね♪」ペロッ

穂乃果「あんこがほっぺに付いてるよかよちゃん♪」ペロッ

花陽「ちょっとぉ...恥ずかしいよ2人とも///」

ことり「...」ペロペロ
穂乃果「...」ペロペロ

花陽「うう...恥ずかしい///」

ことり「ふふふっ」
穂乃果「ふふふっ」



11: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 15:05:40.87 ID:Vroi+jv+.net

花陽「えっとじゃあ花陽はお茶でも淹れてくるねっ!」

穂乃果「かよちゃん疲れてるから座ってていいよ!穂乃果が行ってくるから!」

花陽「そんなに疲れてないからいいよ!それにこの中じゃ花陽が一番年下だから」

ことり「もうっ!かよちゃん先輩禁止ですよ~」
   「罰としてことりがナデナデしてあげるからね♪」ギュ

花陽「うう...恥ずかしい///」

穂乃果「じゃかよちゃん待っててね」
   「ふふふっ」

ことり「ふふふっ」ナデナデ



13: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 15:11:59.28 ID:Vroi+jv+.net

ことり「かよちゃん...かよちゃん...ふふふっ」ナデナデ

花陽(こ...怖い...)ビクビク

ことり「ねえかよちゃん...ことりのこと怖い?」ナデナデ

花陽「えっ...そんなことないよ」

ことり「そうだよねぇ♪いい子いい子」ナデナデ

花陽(ことりちゃんは1人っ子だった気がするし...別に変でもないよね...)

ことり「ふふふっ」ナデナデ



14: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 15:18:58.22 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「おまたせかよちゃん!お茶どうぞ~」

花陽「穂乃果ちゃんありがとう」
  「でも、2人の分のお茶はないみたいだけど...」

穂乃果「穂乃果たちはいいのっ!かよちゃんは遠慮せず飲んでね♪」

花陽「そう?じゃあ...いただきます」

穂乃果「...」ニコニコ
ことり「...」ニコニコ



15: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 15:24:59.50 ID:Vroi+jv+.net

花陽「プハア...2人ともジッと見てたら恥ずかしいよぉ...」

穂乃果「なんだかリスさんみたいで可愛いなあって見てたの」

ことり「小動物みたいで可愛いね。かよちゃん」

花陽「///」

穂乃果「ねえかよちゃん...お茶全部飲んでくれた?」

花陽「えっ...うんっ。美味しかったよ穂乃果ちゃん。ありがとう」

穂乃果「えへへ。全部飲めて偉いねかよちゃん♪」
   「ふふふっ」

ことり「ふふふっ」



16: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 15:31:16.49 ID:Vroi+jv+.net

花陽「...」ポケー

穂乃果「かよちゃんどうしたの?眠たくなっちゃった?」

花陽「うん...なんだか急にぼんやりしてきて...きちんと昨日も寝たのにな...」

ことり「かよちゃん無茶しちゃ駄目だよ。ことりが保健室まで連れて行ってあげるね...」

穂乃果「そうだね。よしっ!じゃあ穂乃果も一緒についてくよ!」

花陽「うん...ごめんね...ちょっと休ませてもらうよ...」

ことり「かよちゃんゆっくり休んでね」
   「ふふふっ」

穂乃果「ふふふっ」



17: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 15:40:30.31 ID:Vroi+jv+.net

花陽「すぅ・・・すぅ・・・」

ことり「花陽ちゃん眠ったみたいだね...」

穂乃果「そうだね...」

「...」カシャッカシャカシャッ

「ふふふっ」

ことり「かよちゃん可愛いね」

穂乃果「だよねっ!ほんとに食べちゃいたいぐらいだよ」

ことり「食べちゃったら駄目だよ穂乃果ちゃん」

穂乃果「冗談だよぉ~」

ことり「ふふふっ」
穂乃果「ふふふっ」



19: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 15:53:39.71 ID:Vroi+jv+.net

ことり「かよちゃん起きたりしないかなあ...」ゴソゴソ

穂乃果「大丈夫だよ。1回眠ったらなかなか起きないって凛ちゃんから聞いたから」ゴソゴソ

ことり「そっか。なら大丈夫だよね」ギュ

穂乃果「...」ギュ

ことり「すごくいい匂いする...」スンスン

穂乃果「ほっぺた柔らかい...すごく抱き心地いい」ツンツン

ことり「おっぱい大きい...やらしいねぇ...」モニュモニュ

穂乃果「汗かいちゃってる...可愛い...」ペロペロ

サワサワ...モニュモニュ...ペロペロ...
スンスン...レロレロ..ツンツン...

花陽「んん...すぅ..すぅ...」

ことり「ふふふっ」
穂乃果「ふふふっ」



21: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 16:00:39.86 ID:Vroi+jv+.net

花陽「ん...」

花陽(今何時だろ...ちょっとだけのつもりだったのにな...)

花陽「って...なんで2人も一緒になって寝てるの...?」

ことり「んふふ...なんだか眠たくなっちゃって」ニコニコ

穂乃果「かよちゃんの寝顔可愛かったよ」ニコニコ

花陽「もう...恥ずかしいよ...///」

ことり「可愛い!かよちゃん!」ギュ
穂乃果「あっ!ことりちゃんずるいよっ」ギュ

花陽「やめてぇ...ああ恥ずかしい...///」

ことり「ふふふっ」
穂乃果「ふふふっ」



24: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 16:11:57.50 ID:Vroi+jv+.net

凛「最近ずっとユニットでの練習続いたからもう飽きたにゃ...」

花陽「あはは...でも各ユニットでのイベントも近いし仕方ないよ」
  「それに海未ちゃんや希ちゃんもよくしてくれてるでしょ?あんまりそんな風に言ったら駄目だよ」

凛「そうだけど...凛はやっぱりみんなと練習したいにゃ!」

真姫「花陽は練習中に私や凛がいなくても寂しくないの?」

花陽「うーん...ちょっと寂しいけど...穂乃果ちゃんとことりちゃんも良くしてくれるから大丈夫だよ」

真姫「ふーん...」

「かよちゃーん!」

花陽「あっ...2人が呼んでるみたいだから行くね」タッ

凛「かよちんばいばいにゃ~」



25: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 16:21:33.81 ID:Vroi+jv+.net

真姫「ねえ凛。穂乃果とことりって最近花陽にベタベタしすぎじゃない?」

凛「うーん...穂乃果ちゃんはもともとあんなだし。ことりちゃんはちょっと意外だったけど...特には思わないけどなあ」

真姫「花陽は大丈夫かしら?」

凛「大丈夫だよっ!穂乃果ちゃんもことりちゃんも優しいし、かよちんが嫌がることなんてしないに決まってるにゃ!」

真姫「心配だわ...」

凛「真姫ちゃん気にしすぎにゃ!かよちんなら大丈夫だよ~」

真姫「だといいんだけど」

凛「...?」
凛(ちょっと真姫ちゃん過保護すぎにゃ~)



26: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 16:31:17.09 ID:Vroi+jv+.net

ことり「かよちゃん待ってたよ~」ギュ

穂乃果「かよちゃん~かよちゃん~」ギュ

花陽「うう...///2人ともやめてよ...」

ことり「...かよちゃんこうやってされるの嫌かな...」ウルウル

穂乃果「やだよ...かよちゃん穂乃果たちのこと嫌いにならないで...」ウルウル

花陽「えっ...いや...その2人のことは嫌いじゃないからっ!」
  「えっと...変なこと言ってごめんね...」

ことり「ならいいよね~」ナデナデ
穂乃果「ね~」ナデナデ

花陽「ずるいよぉ...2人とも...///」

ことり「ふふふっ」
穂乃果「ふふふっ」



27: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 16:36:46.20 ID:Vroi+jv+.net

ことり「...」スンスン

花陽「ことりちゃん...匂い嗅がないでよぉ///」

ことり「真姫ちゃんと凛ちゃんの匂いがするね」

穂乃果「そうだね」スンスン

花陽「えっ...だって...さっきまで一緒にいたから...」

ことり「ふーん...」ニコニコ
穂乃果「へえ...」ニコニコ

花陽(こ...怖い...)



28: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 16:46:25.29 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「じゃあ...」
ことり「うんっ」

「えいっ!」スリスリ

花陽「えっ...ちょっと2人とも何してるの...?」

穂乃果「えへへ~。秘密だよ~」スリスリ
ことり「んふふ~かよちゃんには内緒だよ♪」スリスリ

花陽(2人が身体を擦りつけてきたけど...何してるの...)

花陽(なんだか...いやらしいよ...///)

ことり「ハァ、ハァ…………///」スリスリ
穂乃果「ハァ、ハァ…………///」スリスリ

ことり「ふふふっ///」
穂乃果「ふふふっ///」



36: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 19:51:42.76 ID:Vroi+jv+.net

花陽「ね...ねえ!練習しようよっ!あんまり遊んでると怒られちゃうよ...」

穂乃果「...」
ことり「...」

花陽(ううっ...急に真顔にならないでぇ...怖いよ...)

穂乃果「そうだねっ!練習しようかっ!」ニコニコ

ことり「うんっ!今日も練習頑張ろうねかよちゃん♪」ニコニコ

花陽(良かった...)ホッ

穂乃果「ふふふっ」
ことり「ふふふっ」



37: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 20:01:08.42 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「よしっ!じゃあ今日は私達だけの特別な体力づくりのトレーニングをするよっ!」

ことり「笑顔で歌って踊り続けられるように体力つけないといけないからね」

花陽(特別メニュー...体力づくりってことはランニングでもするのかな?」

花陽「うん...花陽も体力自信ないから頑張らなきゃ...」
  「ところで体力づくりのメニューってランニングでもするの?穂乃果ちゃん」

穂乃果「ううん。違うよっ!」

ことり「肺活量を鍛える特別メニューを2人で作ったんだよ~」

穂乃果「特に移動する必要もないからさっさとしちゃおうか!」
   「かよちゃん見ててね!いくよっことりちゃん!」

ことり「うんっ!穂乃果ちゃん♡」

「チュッ♡」

花陽「えっ...」



38: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 20:12:18.07 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「んんっ...はむっ...んちゅ...ふぁ...」
ことり「んふっ...ちゅる...んんっ...んちゅ...」

花陽「...」

花陽(なんで2人でキスしてるのっ!)
花陽(駄目だよぉ...///)

花陽「あの...2人でキスなんかしちゃ駄目だよ...///」

穂乃果「んえっ...なんでぇ?」トローン

花陽「だって...///私達体力づくりのトレーニングするんじゃなかったの?」

ことり「かよちゃん♡これが体力づくりのトレーニングだよぉ」トローン

花陽「ええっ...そんなぁ...恥ずかしいよ...///」

穂乃果「照れてて可愛いねかよちゃん///」
   「ふふふっ///」

ことり「ふふふっ///」



39: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 20:20:19.70 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「かよちゃんがランニング苦手だから...ほかに何かないかなって思ったんだけどなあ...」

ことり「うん...でもかよちゃんが嫌がってるから...仕方ないよ...穂乃果ちゃん...」

花陽「いや...そんな...嫌がってるなんて...」

穂乃果「かよちゃんは穂乃果たちと一緒は嫌なんだ...」ウルウル

ことり「やだよぉ...かよちゃん...」ウルウル

花陽「うう...分かったから...泣かないで2人とも...」

穂乃果「いやじゃない?穂乃果たちのこと嫌いになってない?」ウルウル

花陽「うんっ!嫌いじゃないよ」

ことり「えへへ~優しいねかよちゃん///」
   「ふふふっ///」

穂乃果「ふふふっ///」



40: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 20:30:47.85 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「じゃあさっそくかよちゃんとことりちゃんで30分やってみようかっ!」

ことり「うんっ!かよちゃん頑張ろうね!」

花陽「30分も!うう...分かったよ...///」

穂乃果(ああっ...かよちゃん嫌がってるのに...可愛い///)ゾクゾク

ことり「穂乃果ちゃん。ちゃんと時間見ててね」
   「んふふ...じゃしよっか♡んっ」

ことり「はむっ...んちゅ...んんっ...♡」チュルチュル

花陽「んくっ...んんっ...んあっ...あんっ!」チュッ
花陽(やだ...ことりちゃん舌まで入れてきたよぉ...///)

穂乃果「ハァ、ハァ…………///」

穂乃果「んっ...ふふふっ///」



41: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 20:38:22.24 ID:Vroi+jv+.net

ことり「ハァ、ハァ…………///んっ...かよちゃん...///」

花陽「ハァ、ハァ…………///」

穂乃果「2人ともお疲れ様...かよちゃん!次穂乃果とだよっ!」

花陽「えっ...またやるのぉ...もうやだよぉ...」ウルウル

穂乃果「ハァ、ハァ…………///いいからっ!やるったらやるのっ!ことりちゃん抑えてて」

ことり「はーい♪」ガシッ

花陽「いや...やめてぇ...」グスッ

ことり(かよちゃん泣いてて可哀想だけど...可愛い♡)



42: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 20:45:22.39 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「ハァ、ハァ…………///かよちゃん...いくよ...」
   「んっ...チュルチュル...んふっ...プハア...んふっ...かよちゃん♡」チュルチュル

花陽「んっ...あっ...んふっ...ああ...やめ...んんっ...」チュッ

ことり(ほ...穂乃果ちゃん強引..///)

ことり(あっ...かよちゃん...///嫌がってる...///)

ことり「んふっ...///ふふふっ///」

ことり(最高だよぉ///かよちゃん...///)ハァハァ



44: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 21:16:20.28 ID:Vroi+jv+.net

花陽「うう...ぐすっ...ひぐっ...酷いよぉ...2人とも...」ポロポロ

穂乃果(ああっ...可愛い...///)ゾクゾク
ことり(んふっ...可愛い...///)ゾクゾク

穂乃果「ごめん...かよちゃん...もう二度とこれしないからっ!」

ことり「ごめんねっ!かよちゃん!嫌だったよね...もう次はしないから」

花陽「ほんとぉ...?」グスッ

穂乃果「ほんとだよっ!だから許してっ!」

花陽「分かった...でも次したらお弁当分けてあげないからね...」ウルウル

ことり(そんなんでいいんだ...可愛い///)

ことり「ごめんねかよちゃん...」ナデナデ
穂乃果「ごめんね...」ナデナデ

花陽「んっ...///」

穂乃果「かよちゃん頭撫でられるの好きなんだ...」
   「ふふふっ///」

ことり「ふふふっ///」



45: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 21:22:33.04 ID:Vroi+jv+.net

花陽「もうしちゃいやだよ...」

穂乃果「うんっ!絶対しないから」ナデナデ

ことり「約束するよっ!かよちゃん!」ナデナデ

穂乃果・ことり(他のことはしないって約束してないもんね///)

花陽「んっ...気持ちいい///」

穂乃果「...」ムラッ
ことり「...穂乃果ちゃん駄目だよ」パシッ

花陽「どうしたの?」トロン

ことり「ナンデモナイノヨ...ナンデモ...」
   「ふふふっ///」

穂乃果「んっ...ふふふっ///」



47: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 21:33:17.44 ID:Vroi+jv+.net

花陽(変な練習があってから一週間経ったけど...)

花陽(あれからまたさらに2人に身体触られるようになった気がする...///)

花陽(着替え中に抱き着いてくるし...この前なんて...写真撮られそうになった...)

花陽(わざとじゃないって言ってくれたけど...花陽の考えすぎな気もするし...)

花陽(もし花陽の勘違いだったら...かなり恥ずかしい子だよね...)

花陽「どうしよう...」ハア



48: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 21:39:22.04 ID:Vroi+jv+.net

希「花陽ちゃん?溜息なんかついてどうしたん?」

花陽「希ちゃん...」

希「このところ...元気なさそうやけど…ウチでよければ相談乗るよ?」

花陽「...」
花陽(希ちゃんなら...2人に対してちゃんと言ってくれるし、頼りにしていいよね)

希「花陽ちゃん?」

花陽「えっと...希ちゃんあのね。相談があ...」

「かーよちゃん♪」

穂乃果「ふふふっ///」
ことり「ふふふっ///」



49: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 21:48:04.17 ID:Vroi+jv+.net

花陽「ひっ...」

穂乃果「希ちゃんもいたんだっ!奇遇だねえ」
ことり「希ちゃん♪こんにちは!」

希「おっ!穂乃果ちゃんにことりちゃんもおったんや。ヤッホー♪」

穂乃果「2人でなに話してたの?」ギュ
ことり「教えて欲しいなあ...お願いかよちゃん!」ギュ

花陽「あっ...えっと...」

希「...」
 「花陽ちゃんがダンス教えて欲しいらしくてな。それで来てたんよ」

花陽「えっ...」

穂乃果「いいなあ~希ちゃん!穂乃果たちも一緒に教えてもらっていいかな?」
ことり「うんっ!希ちゃん上手だから...ねえ希ちゃんお願い!」

「ふふふっ///」



50: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 21:52:28.99 ID:Vroi+jv+.net

希「ウチでよければええよ~」

穂乃果「やったあ!かよちゃん頑張ろうねっ」サワサワ

ことり「うんっ!楽しみだねえかよちゃん!」サワサワ

花陽「う...うん...そうだね」

穂乃果「ふふふっ///」

ことり「ふふふっ///」

花陽(うう...相談できなかったよぉ...)

希(さてと...なんかあるなあこれは...どうしようかな)



51: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 22:00:27.99 ID:Vroi+jv+.net

ことり「衣装の採寸したいからちょっとごめんねかよちゃん///」サワサワ

花陽「うう...胸ばっかり触らないで...あとお尻撫でられるとくすぐったいよぉ///」

ことり「んふっ...あはは...ごめんねかよちゃん///どうしても分からないところがあって」ハァハァ

花陽「うう...///」

ことり(可愛い///)ゾクゾク



52: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 22:10:10.86 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「生徒会の仕事疲れたぁ...」グッタリ

花陽「そうなんだ...お疲れ様でした穂乃果ちゃん♪」

穂乃果「かよちゃん...膝枕してほしいな...」

花陽「ええっ...どうしたの穂乃果ちゃん」

穂乃果「膝枕してくれないと頑張れないよ...かよちゃん...」ガバア

花陽「わわっ...いきなりお膝に頭乗せないでよぉ...///」

穂乃果「...///」スリスリ
   「...///」スンスン

花陽「くすぐったいよぉ///」

穂乃果「ハァ、ハァ…………///」



53: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 22:22:45.55 ID:Vroi+jv+.net

花陽「...」グッタリ

にこ「花陽...?あんたどうしたのちょっと変じゃない?」

花陽「うん...なんだか疲れたよ...」

にこ「放課後に部室一番乗りって思ってたらあんたぐったりしてるから心配するわよ...」
  「そんなんじゃ部活どころじゃないわね...あんた今日部室で休んでなさい」

花陽「そんなことしたらみんな着替えするのに困っちゃうよ...」

にこ「一番大変そうな人が他人の心配すんじゃないわよ」
  「着替えなんてトイレでも空き教室でも出来るじゃない。気にしなくていいわ」



54: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 22:34:36.54 ID:Vroi+jv+.net

花陽「それなら保健室で休ませてもらうよ...」

にこ「保健室でもいいけど、他の部活の子だって使うしドタバタするから落ち着かないわよ」
  「遠慮しなくていいのよ」

花陽「ありがと...にこちゃん...」トロン

にこ「他の子たちにはちゃんと言っておくから。休んでなさい」

花陽「すぅ..すぅ...」

にこ「もう寝てる...仕方ないわね...起こさないようにどこか空き教室使わせてもらおうかしら」バタン

花陽「すぅ..すぅ...」

「...」

「ふふふっ///」



55: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 22:46:38.28 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「上手く隠れることが出来て良かったね。ことりちゃん!」

ことり「うんっ!にこちゃんは妙にするどいからドキドキしたね...」

穂乃果「ふふふっ///」
ことり「ふふふっ///」

穂乃果「さてと...かよちゃん起きないようにしないとね...」

ことり「こっそりだね...こっそり...」

穂乃果「かよちゃん...かよちゃん...」サワサワ
ことり「ふふふっ///穂乃果ちゃんがっつきすぎだよぉ///」



56: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 22:53:21.72 ID:Vroi+jv+.net

ことり「かよちゃんいい匂いだよぉ...///」スンスン
穂乃果「穂乃果たちより年下なのに...すごくやらしい身体なんだから...」ツンツン

ことり「ああっ...ぷにぷにしてて気持ちいいよぉ///」プニプニ
穂乃果「タイツなんてほんと誘ってるよねぇ...ほんと困っちゃう///」スリスリ

ことり「ハァ、ハァ…………///」
穂乃果「ハァ、ハァ…………///」

「ふふふっ///」



57: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 22:58:20.92 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「ハァ、ハァ…………///」
ことり「ハァ、ハァ…………///」

穂乃果「ねえことりちゃん...」

ことり「どうしたの...穂乃果ちゃん...」

穂乃果「かよちゃんの服...脱がせちゃおうよ///」

ことり「ふぇ...///そんなあ...///やらしいよ///」

穂乃果「ハァ、ハァ…………///もう我慢できそうにないよ///」
ことり「穂乃果ちゃんたらっ///ふふふっ///」

「ふふふっ///」

「そんなことはさせないわよ」ガチャ



59: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 23:08:41.54 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果・ことり「えっ...」

真姫「間抜けは見つかったみたいね」
絵里「はあ...まさかこんなことしてるなんてねえ...」ハア
にこ「でも...一線越えられてないヘタレだったわ」クスクス

穂乃果「うっ...えっと...違うよ!穂乃果たちはかよちゃんが心配で...」

ことり「そうなのっ!ことりたちはかよちゃんの看病をしようとしてたの!」

にこ「...花陽起きていいわよ」

花陽「うう...怖かったよぉ...」グスッ

穂乃果・ことり「かよちゃん起きてたの...」



60: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 23:16:23.19 ID:Vroi+jv+.net

真姫「花陽に一芝居うってもらったのよ。言い逃れが出来ないようにね」

絵里「これで現行犯ってところかしら...」
  「海未分かってくれた?」

海未「...///」ツッー

真姫「鼻血ぐらい拭きなさいよ...」

海未「穂乃果...ことり...///あなたたちはぁ...///」ワナワナ

穂乃果・ことり「ひっ...」

海未「破廉恥すぎますっ!絵里!真姫!捕まえるの手伝ってくださいっ!」



61: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 23:32:31.25 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果「ずびばぜんでじだ!穂乃果たちが悪がったです...反省じでばず!」ポロポロ
ことり「ごめんなざぁぁぁぁい!ゆるじでぐだざい...反省じでばず!」ポロポロ

海未「そこまで泣くぐらいならはじめからそんなことしないでくださいっ!」
  「破廉恥ですっ///」

にこ「...全く希から聞いた時は半信半疑だったけどほんとだったわね...」

絵里「それで...その希はどこに行ったのかしら」

にこ「凛の相手してもらってるわ...下手に希が動くと2人に勘ずかれるかもしれないと思ってね」
  「それに...凛が聞いたらショック受けちゃうでしょ」

絵里「なるほどね」
  「真姫。花陽は落ち着いた?」



62: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 23:41:31.68 ID:Vroi+jv+.net

真姫「ええ...もう大丈夫みたい」
  「ねえ海未...花陽のほうから話があるみたいよ」

花陽「...」

海未「花陽...もう大丈夫なのですか?」

花陽「まだ2人のこと怖いけど...海未ちゃんもう2人のこと怒らないであげてほしいの」

海未「花陽...」

花陽「なんだか2人が可哀想だし...やっぱり2人にはよくしてもらったこともあるから嫌いになれないよ」

穂乃果(天使かな...)
ことり(女神さまぁ///)



63: 名無しで叶える物語 2020/07/12(日) 23:49:11.57 ID:Vroi+jv+.net

穂乃果・ことり「かよちゃん!」

花陽「ひっ...」ススッ

海未「2人とも動かないでくださいっ!」パシーン

穂乃果「うう...痛い...」ヒリヒリ
ことり「海未ちゃん...痛いよぉ」ヒリヒリ

海未「2人が二度と花陽に悪戯することのないようしっかり私の方から教育的指導をしますので...」ニコニコ

花陽「ほどほどにしてあげてね...」



65: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 00:00:07.37 ID:e0MUL8L8.net

絵里「なら...穂乃果とことりはlily whiteの練習に混ぜることにして、花陽はBiBiの練習に入ってもらうことにするわね」

海未「申し訳ありませんが...花陽のことは絵里たちに任せてよろしいですか?」

絵里「ええ。花陽のことなら心配しないで」

真姫「私たちは大歓迎よ」

にこ「仲良くできそうニコ♪」

海未「花陽もこれでいいですか?」

花陽「うんっ!しばらくの間は絵里ちゃんたちのお世話になります」
  「でも...また...いつかPrintempsの3人でも練習したいな...」

海未「そうですね...2人のことは任せておいてください!花陽も決して無理しないようにしてください」

花陽「うんっ!ありがとうみんなっ!」



67: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 00:06:34.26 ID:e0MUL8L8.net

にこ「まったく...あんた甘すぎるわよ...」

絵里「一歩間違えればあの2人に襲われるとこだったのよ...」

花陽「うん...でもやっぱりPrintempsの3人でまたステージに立ちたいから...」
  「2人のこと信じようと思って...」

花陽「それに今度はちゃんと嫌なことは伝えられそうだから...」

真姫「ふふっ偉いわね...花陽」ナデナデ



68: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 00:17:22.70 ID:e0MUL8L8.net

絵里「改めてよろしくね花陽。とは言ってもあんまり今日は無茶できないわね」

花陽「花陽は大丈夫だよっ!絵里ちゃん。ビシバシお願いしますっ」

にこ「やる気なのはいいけど今日は怖い思いしたんだから...明日から本格的に頑張ったらいいのよ」
  「ほらっ!あんたのためにおにぎりたくさん作ったんだから今日は花陽の歓迎会をするわよっ」

花陽「わあ!ほんと美味しそう...いいの?」

真姫「ええ。あなたのために準備したのよ。私が作ったのはちょっと形が変なのだけど...喜んでもらえたら嬉しいわ」

花陽「ありがとうっ!えへへ///嬉しいなあ...」

絵里「私達3人も嬉しいわ...花陽」ニコニコ



71: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 00:25:55.45 ID:e0MUL8L8.net

にこ「ほんとにね」ニコニコ

真姫「上手くいったわね」ニコニコ

花陽「こんなにたくさん...おにぎり食べていいの?みんなも食べないの?」

絵里「遠慮しなくていいのよ。ちゃんとあとで頂くから」ニコニコ

花陽「えへへ///じゃあいただきま~す♪」
  「ああっほんと美味しいよぉ~」

絵里「ほんと美味しそうに食べるのね。可愛いわ」
  
「ふふふっ///」
「ふふふっ///」
「ふふふっ///」

「ハッピーエンドね♪」カチャン



72: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 00:33:51.59 ID:e0MUL8L8.net

とりあえずおしまいです。
穂乃果ちゃんとことりちゃんのおやつにされるENDにしようか救済ENDにしようか迷いましたが
一応救済ENDで締めさせてもらいました。

おやつENDも上手くまとまれば投下しようかなと思います。
お付き合いいただきありがとうございました。



82: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 20:03:04.93 ID:e0MUL8L8.net

おやつルート入ります
>>42あたりの続きからのお話になります



84: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 20:12:05.43 ID:e0MUL8L8.net

穂乃果「ハァ、ハァ…………///かよちゃん最高だよぉ♡」

ことり「んふっ...///ハァ、ハァ…………///」

「ふふふっ///」

花陽「やだよぉ...もう意地悪しないでぇ...」ハァハァ

穂乃果「ふふふっ///」ゾクゾク
ことり「ふふふっ///」ゾクゾク

「だーめっ♡」

穂乃果「いっぱい可愛がってあげるねかよちゃん♪」ギュ

ことり「うんっ♪かよちゃん恥ずかしいだろうから人が来ないとこにいこっか♪」ギュ

「ふふふっ///」



85: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 20:22:42.31 ID:e0MUL8L8.net

2人に引きずられるようにして連れてこられた場所は体育倉庫
いつの間にか部活で残っている生徒はほとんど居なくて...不気味な雰囲気がする...

穂乃果「せーのっ!」ドサッ
ことり「えーいっ♪」ポンッ

さっきまで抱きかかえられてたのに乱暴に投げ出される
 
花陽「うわっ!」ポスッ

床にはマットが何枚も敷かれていたみたいであんまり痛みは感じなかった

花陽「やだっ!近づかないで!」

穂乃果「ハァ、ハァ…………///ふふふっ///」
ことり「ハァ、ハァ…………///ふふふっ///」



86: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 20:38:59.71 ID:e0MUL8L8.net

穂乃果「ことりちゃん。かよちゃん抑えてて...」

ことり「んふふ...はーい♪」ガシッ

花陽「やっやだ...穂乃果ちゃんやめて...」

ことり「かよちゃん力弱くて可愛い///んふふっ今日は特別メニューだよ///」スリスリ
穂乃果「これもかよちゃんのためだよ♪かよちゃんファイトだよっ///」サワサワ

耳元に直にことりちゃんの吐息を感じて背中のあたりからゾクゾクするものを感じる
いつの間にか身体を撫でまわすように触っていた穂乃果ちゃんの手が花陽の制服のあたりにすっと伸びる

ことり「ハァ、ハァ…………///」フーフー
穂乃果「ハァ、ハァ…………///」プツップツッ

穂乃果ちゃんがリボンをむしり取るようにとったあとブレザー、シャツとボタンを1つ1つ外していく
ボタンを全て外されて前が完全に開いた状態にさせられた

穂乃果「ふふふっ///可愛い下着だねぇ...かよちゃん///」
ことり「ふふふっ///もっと力強く抵抗しないと裸になっちゃうよぉ///」

「ふふふっ///」



87: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 20:44:42.30 ID:e0MUL8L8.net

花陽「やだっ!もうやめてぇ...いやぁ...」

「だーめっ♡」

ブレザーとシャツを乱暴に剥ぎ取られる
花陽を後ろから抑えていたはずのことりちゃんがいなくなっていて、床に押し倒される
床に敷かれたマットのザラザラした感じが直に素肌に感じがして...気持ちが悪い



88: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 20:57:50.73 ID:e0MUL8L8.net

花陽の両隣を穂乃果ちゃんとことりちゃんが陣取り逃げられないように両側から抑えれる

ことり「ハァ、ハァ…………///んっ...かよちゃん...かよちゃん...///」チュチュ
穂乃果「んふふふっ///かよちゃんあまぁい♡」ペロペロ

穂乃果ちゃんとことりちゃんの熱い吐息が顔にかかる
2人が顔の横からお腹のあたりを舌で舐めまわしてきて...ゾクゾクする
ザラザラした感触があってくすぐったさがあったけど
なんだか...すごく心地良い感じがするの...

花陽「んあっ...///」

花陽の口からだらしない声が漏れる



89: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 21:10:27.79 ID:e0MUL8L8.net

穂乃果「かよちゃん気持ちいいんだぁ...♡んふっ..んんっ...可愛い///」ペロペロ

花陽「やあっ……ぁ……違うもんっ…違うもんっ…」

ことり「んんっ...はむっ...んふっ...ふふふっ///」
   「かよちゃん...///嘘ついちゃ駄目ですよぉ♡」

花陽「ち...///違うもんっ…うそじゃないのぉ...」

ことり「ふふふっ///じゃあもっと気持ちいいことしてあげるね♡」

ことりちゃんが小さな隙間から手を回してきて、ブラジャーのホックを外してきた

花陽「やだやだ……」ジワッ

穂乃果「ハァ、ハァ…………///かよちゃん...///駄目だよぉ...」
   「そんな顔してたらもっと意地悪したくなるよぉ...♡」

「ふふふっ///」



90: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 21:19:20.28 ID:e0MUL8L8.net

花陽「いやっ!穂乃果ちゃん...やめてぇ...」

穂乃果「ハァ、ハァ…………///穂乃果たちよりも年下なのにすっごく大きい...♡んんっ...♡」モニュモニュ

ことり「穂乃果ちゃんがっつきすぎだよぉ♡でもほんとにいやらしいねえ...♡美味しそう♡」
   「ペロッ♡」

花陽「ひゃうっ♡!?」ビクンッ♡

穂乃果「んふっ..ふふふっ///かよちゃん...///かよちゃん...///」モニュモニュ

花陽「あぁ!そんなに…強く…いやぁ…///」

「ふふふっ///」



91: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 21:29:15.38 ID:e0MUL8L8.net

ことり「穂乃果ちゃんばっかりずるいよぉ...///んふっ..///」
   「じゃあことりはぁ...♡かよちゃんのお胸に飛び込んじゃいま~す♡」
   「えーい♡」ズイッ

花陽「きゃ…あぁ...♡んんっ...やめてぇ...///」
  「お顔をうずめないでぇ...///」

穂乃果「ことりちゃんもがっつきすぎだよぉ♡んふふふっ穂乃果も♡穂乃果もするのっ!」
   「んふふふっ///」グリグリ

花陽「あ、あん…///」

ことり「かよちゃん...気持ちいいんだぁ///」
穂乃果「んふふふっ///かよちゃん可愛い♡」

「それじゃあ...♡」

「ペロッ♡」



92: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 21:41:01.49 ID:e0MUL8L8.net

レロレロ...♡ビチョビチョ...♡ジュルジュル...♡

花陽「ん!んあ…!ふぅ…うぅ…///」

穂乃果「ハァ、ハァ…………///んんっ...♡かよちゃん...♡かよちゃん...♡」ペロペロ
ことり「んふふふっ///はむっ...♡んんっ...♡気持ちいいんだぁ...♡かよちゃん...」ハアハア

花陽「ちがうもんっ...ちがうもんっ...んあっ♡」
  「そ、そんなに…がっつか…ないでぇ…!」

ギュウゥゥ!

花陽「んあぁ!」

ことり「わぁ♡すっごぉい♡」
穂乃果「んふっ..///ちくびがやらしいことになってる♡可愛い♡」

「ふふふっ///」



93: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 21:56:17.17 ID:e0MUL8L8.net

花陽「いやぁ...ち、ちがぁ……♡そん、な…はず……っ♡」

ことり「んふふふっ///違わないよぉ...♡」

穂乃果「嘘ついちゃ駄目だよぉ♡指動かしちゃうね♡」クニクニ

ことり「んふふふっ///ほ~ら♡おむねつ~ん♡つん♡」グニュグニュ

花陽「あ、うぅ……っ♡」ビクビク

花陽「や、だぁ……♡もう…………いやぁぁ………♡」ガクガク

穂乃果「かよちゃん気持ちいいんだぁ♡感じちゃってるとこもっと見せてぇ...♡」

ことり「んふふふっ///かよちゃんすっごくやらしいね♡」

クニクニ...♡グリグリ...♡グニュグニュ...♡

花陽「っ...やだぁっ...///」

「ふふふっ///」



94: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 22:07:54.71 ID:e0MUL8L8.net

花陽「違うもんっ...違うもんっ...こんなのやだもんっ...」グスッ

ことり「ハァ、ハァ…………///もうっ///あんなにやらしい声出してたのにぃ...♡」

穂乃果「んふふふっ///ほんとかなぁ...♡かよちゃんうそつきだもん...♡」

花陽「もうやめてぇ...いやぁ...」ポロポロ

「ふふふっ///」ゾクゾク

穂乃果「じゃあ確かめちゃおうか♡せーのっ♡」
ことり「んふふふっ///えいっ♡」ガバ

花陽「やだぁっ...スカート脱がしちゃだめぇ...///」

「ふふふっ///」



95: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 22:17:33.04 ID:e0MUL8L8.net

穂乃果「んふふふっ///かよちゃん♡これはどういうことなのぉ♡」スリスリ

花陽「これは...!ち、ちが...///」

ことり「わぁ♡パンツ越しでも分かるぐらい濡れてる♡んふふふっ///」スリスリ

花陽「いやぁ...///うう......っ♡んぁ...♡」クチュ

「ねえかよちゃん♡これのどこがちがうのぉ♡」ペロペロ

花陽「や、だぁ......♡もう......いやぁぁ.........♡」ガクガク

「かよちゃん♡感じちゃったんだねぇ...♡」
「ふふふっ///」



96: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 22:30:21.69 ID:e0MUL8L8.net

花陽「い、やぁ......♡やめ...てぇ...っ♡いわ、ない...で...♡そんな、ことぉ...」

穂乃果「んふふふっ///かよちゃんはぁ♡穂乃果たちに犯されながら感じちゃってるんだよぉ♡」クチュクチュ

ことり「かよちゃんはぁ♡ひどいことされても感じちゃうんだねぇ♡」クチュクチュ

花陽「ひ、ぐっ...う、えぇ...ん...ううっ...ちがうぅ...も...ん///」

花陽「んっ…♡ハァ…ハァ…♡」

ガッ!ズルゥッ!

花陽「あ゛ッ♡ま、まっ...て...♡やめてぇ...♡」

「ふふふっ///」クチュクチュ



97: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 22:45:21.41 ID:e0MUL8L8.net

クチュクチュ...♡クチュクチュ...♡ジュプッ♡

「あ...ッ♡やめて...♡ほんと、に、だめ...っ♡」

スリスリ...♡スリスリ…♡サワサワ...♡

「ら...♡ら...ら...ら...ら゛、めぇ♡♡ら...ら゛、めぇなのぉ♡」

グチュグチュ♡グチュグチュ♡
ジュルルルル!!ジュル!!ジュチュ!!

「ん゛あぁっ♡♡だ、めぇ♡♡いやっ♡がまん、でき......な..っ♡」


グチュグチュ♡グチュグチュ♡
ガッ!ズルウッ!

「あっ♡あっ♡あッ♡ら…ら゛、めぇ♡♡ら...ら゛、めぇなのぉ♡」
「いやっ♡んんっ...!出...っ♡あっ...あっ!あっ♡あぁぁぁぁぁ♡」

プシャアアアアアア!!!!

「ふふふっ///」



98: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 22:54:29.80 ID:e0MUL8L8.net

花陽「あぁ...あ...あぁ...」ピクピク

花陽「あ、うぅ......っ♡や、だぁ......♡もう......いやぁぁ.........♡」ガクガク

穂乃果「かよちゃん♡可愛い♡」

ことり「んふふふっ///でもぉ♡物足りないねえ...♡穂乃果ちゃん♡」

穂乃果「ふふふっ///だよねぇ...♡勿体無いねえ...♡ことりちゃん♡」

花陽「ひっ..い、やぁ......」

穂乃果「ふふふっ///捕まえたよぉ...♡もっと気持ちいいことしようね...♡かよちゃん♡]

ことり「かよちゃんはぁ♡ことりと穂乃果ちゃんのおやつにけって~い♡ずっと大事にするからね♡」

「ふふふっ///」「ふふふっ///」

「明日もよろしくね♡かよちゃん♡」



99: 名無しで叶える物語 2020/07/13(月) 22:59:57.08 ID:e0MUL8L8.net

(^8^) リ`^ヮ^) Printempsの3人ですきすきぷわぷわして終了だよっ!

ちょっと可哀想だけどかよちんはμ'sの末っ子だからね。仕方ないね。


元スレ
花陽「今日もPrintempsで練習か...」穂乃果・ことり「ふふふっ」