1: ◆Tina2b6i.2 2013/09/15(日) 22:11:27.32 ID:JBNaN6zd0

櫻子「…起きろ!」

向日葵「ん…」

櫻子「向日葵起きろー!」ユサユサ

向日葵「ふわぁー…」

向日葵「…どうしたんですの…?」

櫻子「朝だぞ!」

櫻子「おはよっ、向日葵!」

向日葵「おはよう…」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 22:16:56.14 ID:JBNaN6zd0

櫻子「さぁ、学校行くぞ!」

向日葵「あなたが迎えに来るなんて珍しいですわね」

櫻子「そう?」

櫻子「…あっ、忘れてた!」

向日葵「? 何をですの?」

チュッ

向日葵「……」

向日葵「…え?」

櫻子「おはようのチュー!」

向日葵「えぇぇぇっ!?」

櫻子「どうした?」

向日葵「さ、櫻子っ…なな、何を…!」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 22:22:28.46 ID:JBNaN6zd0

櫻子「何って、おはようのチューだってば」

向日葵「いやいや、なんでですの!?」

櫻子「なんでって、朝だからだよ」

向日葵「…あ、あなた…熱でもあるんじゃないの?」

櫻子「熱? ないけど…」

櫻子「あったら看病でもしてくれるの?」

向日葵「えっ? そ、それは…一応…」

櫻子「じゃあ熱あるかもっ!」

向日葵「はぁ?」

櫻子「看病してよっ! 今日学校休むからさ!」

向日葵「…ば、バカな事言ってないで学校行きますわよ!」

櫻子「むー」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 22:26:27.79 ID:JBNaN6zd0


-通学路-

櫻子「向日葵ー!」ギュー

向日葵「ち、ちょっと櫻子…歩きにくいですわよ…」

櫻子「ねぇ、手繋いでいい?」

向日葵「なっ…だ、だめに決まってるでしょう!?」

櫻子「うー…」

櫻子「…今日の向日葵、なんか変じゃない?」

向日葵「変って…今のあなたには一番言われたくないですわよ…」

櫻子「いつもだったら手繋いでくれるのに…」

向日葵(冗談…ではない様ですわね…)

向日葵(一体どういう事ですの…?)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 22:33:26.61 ID:JBNaN6zd0

櫻子「はぁ…」

櫻子「……向日葵のばか」

向日葵「……」

向日葵「…ほら」スッ

櫻子「え?」

向日葵「手、繋ぎませんの?」

櫻子「…!」

櫻子「繋ぐ!」

ギュ

櫻子「ありがとっ、向日葵!」

向日葵「す、少し急ぎますわよ!」

櫻子「うん!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 22:41:12.57 ID:JBNaN6zd0


-学校-

向日葵「ちょっと櫻子! さすがに学校では普通に…」

櫻子「えー? 普通にしてるじゃん!」ギュー

向日葵「こんなとこ誰かに見つかったら、誤解を受けますわ!」

櫻子「誤解?」

向日葵「当たり前じゃないの!」

櫻子「どんな誤解?」

向日葵「ど、どんなって…私たちが、付き合ってる…とか思われたり…」

櫻子「? 何言って…」

ちなつ「おはよう! 向日葵ちゃん、櫻子ちゃん!」

向日葵「吉川さん!?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 22:46:04.89 ID:JBNaN6zd0

櫻子「おはよ、ちなつちゃん!」

向日葵「こ、これは違うんですの! 櫻子が抱きついてきただけで…」

ちなつ「二人とも、今日も相変わらずだね!」

向日葵「え…?」

ちなつ「ベタベタしてるのは良いけど…早く教室行かないと遅刻だよ?」

ちなつ「じゃ、私先に行ってるから!」タッ

櫻子「わかったー」

向日葵「…一体どういう事ですの?」

櫻子「何が?」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 22:50:25.88 ID:JBNaN6zd0

向日葵「吉川さん、相変わらずって言ってましたけど…」

櫻子「? だって私たち、付き合ってるからじゃないの?」

向日葵「…は?」

櫻子「えっ、何その反応」

向日葵(え? 付き合ってる…!?)

向日葵(…お、落ち着きましょう…)

向日葵(えっと…朝起こしに来る、おはようのチュー)

向日葵(手を繋いで登校、抱きつく…)

向日葵(……)



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 22:54:28.41 ID:JBNaN6zd0

向日葵(たしかに、まさに恋人同士って感じですわ…)

向日葵(でも私に付き合ってるなんて記憶は…)

ギュッ

向日葵「!」

櫻子「向日葵、早く行かないと遅刻だぞー」

向日葵「そ、そうですわね!」

向日葵(いざそう考えるとドキドキしてきましたわ…)

向日葵(…なるべく意識しないようにしましょう…)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:00:04.17 ID:JBNaN6zd0


-お昼-

櫻子「おいしいねっ!」

向日葵「え、ええ」

櫻子「向日葵ー」

向日葵「なんですの?」

櫻子「食べさせてー」

向日葵「はぁ!? な、何言って…」

あかり「櫻子ちゃんと向日葵ちゃんは仲良しさんだねぇ」

ちなつ「ほんと、羨ましい位だよね」

櫻子「だって私たちラブラブだもーん!」

向日葵(ら…らぶ!?)



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:06:07.26 ID:JBNaN6zd0

櫻子「向日葵、あーん」

向日葵「…し、仕方ないですわねっ! はいっ」

櫻子「もぐっ…」

櫻子「…えへへ、ありがと!」

向日葵「たっ、食べながら喋らないの!」

櫻子「はーい」

ちなつ「いいなぁ…私も結衣先輩とそんな事してみたい…」

ちなつ「…そうだ! あかりちゃん、私に食べさせて!」

あかり「えぇ!?」

ちなつ「結衣先輩にあーんしてもらった時の練習よ!」

あかり「わ、わかったよぉ…」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:12:54.60 ID:JBNaN6zd0


-帰り道-

櫻子「~♪」

向日葵「あの…櫻子?」

櫻子「なーに?」

向日葵「そこまでくっつくと歩きにくいのですけど…」

櫻子「えー、いいじゃーん」

向日葵「まったく…」

向日葵「…そういえば、私たちが付き合い始めたのっていつからでしたっけ?」

櫻子「いつからだっけなー…」

櫻子「ずーっと前だから覚えてない!」

向日葵「そうですの…」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:17:12.70 ID:JBNaN6zd0

櫻子「なんで?」

向日葵「…いえ、特に深い意味はありませんわ」

櫻子「ふーん…」

櫻子「……」

ギュー

向日葵「ど、どうしましたの!?」

櫻子「だって向日葵、なんか元気ないもん」

向日葵「だからって…」

櫻子「こうしたら元気でるかなって思って」

向日葵「……」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:19:23.97 ID:JBNaN6zd0

向日葵「ありがとう、なんだか元気が出てきましたわ」

櫻子「ほんとっ!?」

向日葵「ええ」

櫻子「良かったー!」

向日葵(まぁ、こういうのもたまには…)

向日葵(たまには…)

向日葵(……)



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:23:02.75 ID:JBNaN6zd0


-向日葵の家-

向日葵「なんで家までついてくるんですの…」

櫻子「もっと向日葵と一緒にいたいから!」

向日葵「う…」

櫻子「だめ?」

向日葵「だめではないですけど…」

櫻子「いい?」

向日葵「…き、今日だけですわよ!」

櫻子「わーい!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:27:52.91 ID:JBNaN6zd0

櫻子「ねぇ、向日葵」

向日葵「なんですの?」

櫻子「膝枕してよ!」

向日葵「なっ!?」

櫻子「ひざまくらー」

向日葵「だっ、だめですわ!」

櫻子「ぶー、けちぃー…」

向日葵「拗ねてもだめですわよ!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:34:00.81 ID:JBNaN6zd0

櫻子「…いいもん別に!」

櫻子「ふーん、向日葵のけち」

櫻子「どうせ私のことなんか…」

向日葵「はぁ…」

向日葵「…ほら、櫻子」

櫻子「なんだよー」

向日葵「その…膝枕、してほしいんでしょう?」

櫻子「! いいの!?」

向日葵「い、一回だけですわよ!」

櫻子「やったー!」コロン

櫻子「えへへ」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:41:38.00 ID:JBNaN6zd0

向日葵「まったく、甘えすぎですわよ」

櫻子「でもなんだかんだ言って、向日葵も甘えさせてくれるよねっ」

向日葵「それはっ…」

向日葵「…そうですけど…」

櫻子「向日葵は優しいもん!」

向日葵「……」

櫻子「私ね、そんな向日葵の事がずっと大好きだよ!」

向日葵「…っ」

櫻子「昔からずーっと!」

櫻子「ううん…昔よりも、もっと大好きになってる!」

向日葵「……」

向日葵「私も、ずっと大好き…」

向日葵「……でしたわ」

櫻子「向日葵…?」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:46:56.44 ID:JBNaN6zd0

向日葵「でも、今のあなたは好きにはなれない…」

櫻子「どうしてっ!?」

向日葵「だってそうでしょう!?」

向日葵「私の好きな櫻子は、バカで、自分勝手で、どうしようもなくて…」

向日葵「…それでも!」

向日葵「私は…そんな櫻子が…」

向日葵「そんな櫻子が大好きでしたのっ!」

櫻子「……」

向日葵「だから、ごめんなさい…」

櫻子「……そっか」

櫻子「ありがとう、向日葵」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:50:22.49 ID:JBNaN6zd0

~~~

櫻子「…起きろ!」

向日葵「ん…」

櫻子「向日葵起きろー!」ユサユサ

向日葵「…さく…らこ?」

櫻子「起きるのおっせーよ! 早く学校に行くぞ!」

向日葵「ほ、本当に櫻子ですのね!?」

櫻子「はぁ? 何言ってんだよ…」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:54:43.43 ID:JBNaN6zd0

櫻子「つーか櫻子様が起こしに来てやってんだから感謝ぐらい…」

向日葵「櫻子っ!」ギュー

櫻子「なっ、何すんだよ! 離せバカ!」

櫻子「そこまで感謝しろとは言ってねぇー!」

向日葵「良かった! いつもの櫻子ですわ!」

櫻子「い、意味わかんねーよ!」

向日葵「もう離しませんわー!」

櫻子「離してくれーっ!」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 23:58:45.26 ID:JBNaN6zd0


-学校、お昼-

あかり「え、えっとぉ…」

向日葵「はい、あーん」

櫻子「ひ、一人で食べれるって!」

あかり「櫻子ちゃんと向日葵ちゃん、なんだか仲良しさんだねぇ…」

ちなつ「二人とも、何かあったの…?」

櫻子「いや、まったくわからん…」

向日葵「ふふっ♪」


終わり



53: ◆Tina2b6i.2 2013/09/15(日) 23:59:27.02 ID:JBNaN6zd0

ありがとでした

最近さくひま分が足りないよ!


元スレ
向日葵「櫻子がデレデレに!?」