1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:13:14.78 ID:3XFWoKP90

マミ「放課後、私の家に来てくれないかしら?」

まどか「マミさん?」

ほむら「どうしたの?深刻な顔して…」

まどか「私たちだけ…ですか?さやかちゃんと杏子ちゃんは…」

マミ「…二人だけに話さなきゃいけないことなの」

ほむら「…」

まどか「あの、学校じゃ、ダメなんですか?」

マミ「学校じゃ…ちょっと…ね」

まどか「えっ…あの…」

ほむら「…わかったわ」

マミ「…お願いね?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:15:22.03 ID:3XFWoKP90

まどか「ほむらちゃん…マミさん、何の話かな?」

ほむら「えぇ…」

ほむら(何かしら…巴マミのあの表情…)

ほむら(かなり…憔悴していたようだけれど…)

まどか「まさか、強い魔女が出てきたとか…」

ほむら「…私たちだけで話していても、結論なんか出せないわ」

まどか「う、うん…」

ほむら「とりあえず、放課後に」

まどか「そうだね…」

ほむら(…悪い兆候でなければいいのだけれど)



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:20:04.28 ID:3XFWoKP90

カチャカチャ

マミ「…」

マミ(そろそろ、二人が来る時間かしら)

マミ「はぁ…」

マミ(…駄目よ、弱気になってちゃ)

マミ(二人の先輩として、誤った道は正さなきゃ…)

マミ(何より二人のためにならない…)


ピンポーン


マミ「!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:25:06.38 ID:3XFWoKP90

カチャ

マミ「どうぞ」

まどか「い、いただきます」

ほむら「ありがとう」

マミ「…」

まどか「お、美味しいです!マミさん!」

マミ「…」

ほむら「…それで?話っていうのは?」

まどか「!」

マミ「そうね…自分で呼びつけておいて、いつまでも引き伸ばすのも失礼よね」

まどか「…」

マミ「その…私も、あなた達に言うべきかどうか、悩んだわ。すごく…
   でも、あなた達の人生に深くかかわることだし…先輩として、忠告させてもらうわ」

ほむら「…」

まどか「…」

マミ「見たわ、劇場版のオープニング……」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:30:35.59 ID:3XFWoKP90

まどか「…え?」

ほむら「は?」

マミ「うん、とても…素敵なオープニング…よね?」

まどか「え?えぇ…と…はい、そうですね?」

ほむら「…?えぇ、よく出来ていたと思うわ」

まどか「…あ、でも私の小さい頃のシーンは少し恥ずかしかったかも…」

ほむら「ふふ…可愛かったわよ、まどか」

まどか「えひひ…照れちゃうなぁ」

マミ「えぇ…すごく、心に染み入る映像だったわ…そこまでは」

まどか「…え?」

ほむら「…?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:37:18.48 ID:3XFWoKP90

マミ「その…その後のシーンで、あなた達二人が…その…」ブルブル

まどか「…え?えーっと…」

ほむら「…あそこかしら?私とまどかが草原で…」

まどか「あっ…椅子に座ってたシーン?」

マミ「…えぇ、そのシーンよ……」ブルブル

ほむら「オープニングの中でも屈指の名シーンだと思うのだけれど?」

まどか「うん、ちょっと恥ずかしかったけど、
    ほむらちゃんとの最高の友達感が出てたと思うんですけど」

マミ「はっ…」

マミ「……恥ずかしいなんてものじゃないでしょ!?」バンッ

まどか「え…?」

ほむら「な…」

マミ「あんな…あんなのッ…!どうかんがえてもヤリすぎよ!!
   あれってどう考えてもペッティングじゃない!!」

まどか「!?」

ほむら「!?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:42:38.53 ID:3XFWoKP90

マミ「いくら劇場版だからってやりすぎよ!?
   わかっているの!?あなた達二人のレズペッティング動画が全国…
   いえ、全世界公開されているのよ!?」

まどか「ペ、ペッティングって!?」

ほむら「巴マミ!?」

マミ「あなた達が…その…恋人同士なのは分かっているわ…
   でも!二人の真っ最中の映像を大公開するってのは違うでしょう!?
   そうじゃなくても同性愛は世間から疎まれる存在なのよ!?」

まどか「マミさん!?マミさん!!」

ほむら「何を言っているの巴マミ!?いや、何を言っているの巴マミ!?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:49:29.18 ID:3XFWoKP90

マミ「な、何!?あんなことをしておいて今更言い訳するって言うの!?」

ほむら「言い訳も何も…あれの何がいけないって言うの!?」

まどか「それに、ほ、ほむらちゃんとはそんな…べ、別に恋人同士じゃあ…!!」

マミ「え…?」

まどか「ほむらちゃんは…親友ってだけだし…」

ほむら「そうよ、まどかとはただ最高の友達ってだけよ」

マミ「そ、それって…身体だけの関係ってこと…?」

まどか「へ?」

マミ「レズセックスフレンドってこと!?尚更いけないわよ!!!」バンッ

まどか「マミさん!?マミさん!!」

ほむら「さっきから何を言っているの!?巴マミ!!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 21:54:45.90 ID:3XFWoKP90

マミ「付き合っていないからって何をしても良いってわけじゃないのよ!?」

まどか「ど、どうしちゃったんですか!?」

マミ「どうもこうもないわよぉ!!」

ほむら「落ち着きなさいマミ!!」

マミ「こ、これが落ち着いていられるわけないでしょう!?
   後輩二人がそんな爛れた関係だったなんて…!!」

まどか「そ、そんなやらしいことしてません!!」

ほむら「そうよ!ただお互いのほっぺたをくっつけあって…」

マミ「ちょちょちょちょっと!!
   そんなプレイの内容なんて事細かに報告しないでいいわよぉもお!!」ガッシャアァァ

まどか「ま、マミさーん!!」

ほむら「プレイ!?貴方はどこまで愚かなの!?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:00:32.28 ID:3XFWoKP90

ほむら「どんな勘違いをしているのか知らないけど!よく見直してみなさい巴マミ!!」

まどか「ほら!劇場版サイトから宣伝PVが見られますから…」カタカタ

マミ「え、えぇぇ!?二人のレズプレイ動画を見ろって言うの!?本人達の前で!?」

ほむら「レズでもないしプレイもしてないって言っているでしょう!?」

マミ「い、嫌ッ!!嫌よぉ!!そんな特殊なプレイに私を巻き込まないで!!」

まどか「マミさん落ち着いて!落ち着いてちゃんと見てください!!」


<アナタハワタシノ、サイコウノトモダチダッタンダネ!!


マミ「ひ…きゃあ!やだっ…ぜ、絶対入ってるじゃない!?入ってるじゃないコレ!!」ガッシャアアァァ

ほむら「ちょっと!?何が入っているって言うのよ!?」

まどか「マミさん!?マミさああぁぁん!!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:11:36.96 ID:3XFWoKP90

マミ「ぐすっ…ぐすっ…もう、もうやめて…こんなことしたって、どうにもならないわ…!」

まどか「え、えぇー…」

ほむら「あ、あなたには何が見えているの…巴マミ…」

まどか「ど、どうしちゃったんですかマミさん!」

マミ「それはこっちのセリフよぉ…でも、負けないわ…私!
   あなた達が私をレズ道に引きずり込もうとしていても…!!」

ほむら「レズ道!?」

マミ「絶対にあなた達を更正させて見せるんだから!!」

スッ

マミ「来なさい!紅蓮の異端審問官!」

マミ「リリアーチェオ・インクイズィトリーチェ!」

杏子「シー!」

ほむら「え」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:18:19.46 ID:3XFWoKP90

まどか「きょ…杏子ちゃん…?」

杏子「まどか、ほむら…今のあたしは、アンタ達を裁く異端審問官」

マミ「紅蓮の断罪者、百合の伐採人リリアーチェオ・インクイズィトリーチェよ!」

杏子「あたしは…アンタ達を裁く!」ジャキ

まどか「ど、どうしちゃったの…こんなのおかしいよ!」

杏子「おかしいのはまどか!アンタだろ!あんな貝合わせ動画なんて…異端そのものじゃねーか!!」

ほむら「貝合わせ!?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:25:14.98 ID:3XFWoKP90

杏子「あたしが呼ばれたって事は…二人とも、その罪を認めないって事だな?」

マミ「えぇ…残念ながら説得は無駄だったみたいね…」

ほむら「杏子!あなたも脳がやられたの!?」

まどか「杏子ちゃん…わ、私たちそんなっ…ただ仲の良さを演出しただけだよ!?」

杏子「…言い訳は無用だよ!あんた達みたいなレズビアンはね、この世に存在しちゃいけないんだ」

ほむら「レズビアンて!!」

まどか「え、えぇぇ…ど、どういうことなの…」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:30:18.98 ID:3XFWoKP90

ほむら「そもそも私たちはレズビアンじゃないし付き合ってもいないのよ!?」

杏子「なんだと…!?ってことはレズセフレ…」

マミ「悲しいことに、そうらしいわ…」

まどか「だから違います!違うってば!!」

ほむら「どんだけ脳がわいているのよ!!」

杏子「どういうことだおい…!ちゃんと…ちゃんと避妊はしてるんだろうな!?」

ほむら「するわけないでしょおおぉぉ!!」

杏子「えぇぇぇ!?避妊もしてないだとぉ!?何がどうなってやがる!?」

まどか「なんでそんな反応なの!?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:36:26.83 ID:3XFWoKP90

杏子「おまえら…まさか生がいいからって避妊具は使わないってか…」

マミ「なんてことなの…性の乱れはここまで進んでいたなんて…」ガクガク

ほむら「いやそもそも必要ないでしょ!?」

杏子「そういう認識なのかよ!?保険の勉強でならっただろーが!!
   望まれない子供を作るだけだってのが!!」

まどか「そもそもつくれないよ!?」

マミ「鹿目さん!!外に出せば良いってものじゃないのよ!?」

ほむら「何も出ないし出してないわよ!!」

マミ「嘘おっしゃい!出しまくりのくせに!!」

まどか「もうやだ…やだよぉ…」ポロポロ



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:41:27.93 ID:3XFWoKP90

マミ「佐倉さん…これ以上の審問は無駄のようね」

杏子「あぁ…そうだな…」

マミ「異端審問官、判決を」

シャキン

杏子「有罪」

まどか「えええええええぇぇぇ!!」

ほむら「横暴よ!無実よ!!冤罪よ!!!」

杏子「死罪」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:46:00.71 ID:3XFWoKP90

ほむら「そもそも何の罪なのよ!?」

杏子「百合罪」

ほむら「百合罪!?」

マミ「百合の伐採者は、どんな小さな百合の芽でも見逃さないのよ」

杏子「こんなに育っちまった大輪の百合を手折るのは、流石に気分が悪いけどな…」

まどか「目が悪いよ!!」

マミ「判決も下ったところで…さっそく刑を執行するわ」

ほむら「ちょっと!?」



マミ「来なさい!蒼き死刑執行人!!」

マミ「リリアーチェオ・ジュスティッツェーラ!」

さやか「シー!」

ほむら「え」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 22:52:00.02 ID:3XFWoKP90

まどか「さ、さやかちゃん…?」

さやか「残念だよ…まどか。まさか幼馴染のアンタを手にかけることになるとはね…」

ほむら「ま、待ちなさい美樹さやか!!」

さやか「…ッ!いい加減に罪を認めろよ転校生!」

ほむら「認めるわけないでしょぉ!?」

杏子「おまえら…幼馴染がガチレズだったさやかの気持ちも考えろ!!」

ほむら「幼馴染にレズ呼ばわりされるまどかの気持ちも考えなさいよ!!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:00:41.85 ID:3XFWoKP90

さやか「知ってる?二人とも…」

まどか「な、何が…?」

さやか「アンタたちの例のペッティングフィルム…ヤフオクで108万円で落札されたらしいよ」

ほむら「そ…それはすごいわね…」

杏子「なっ…なん…だと……!?」

マミ「うそ…もう世に出回ってしまっているの…!?」

さやか「アンタ達に、これからの人生後ろ指刺されるような行き方して欲しくないから…」

シャキン

さやか「アンタ達の命は、私が裁く!!」

まどか「ひっ…う、嘘!!」

ほむら「ど、どうしてこんな…ッ!!」

さやか「覚悟!!」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:04:04.11 ID:3XFWoKP90

『お待ちなさい!!』


さやか「!?」

杏子「っ!誰だ!」

マミ「まさか…!」

ほむら「今度は何!?」

まどか「もうやだよぉ…」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:06:25.54 ID:3XFWoKP90

仁美「ごきげんよう、皆さん」

マミ「現れたわね!」

マミ「深緑の百合姫、志筑仁美…!!」

まどか「え…仁美ちゃん…?」

ほむら「すごい嫌な予感がするわ」

杏子「出やがったな、百合の体現者!!」

さやか「レズビアン・ナイトメア!」

仁美「間に合ってよかったですわ」

マミ「…一体、何の用かしら?」

仁美「見物に」

マミ「見物…?趣味が悪いわね、死刑執行の見物なんて?」

仁美「何のことですか?私が見物するのは…」


仁美「美しい百合の花、ですわ」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:10:16.63 ID:3XFWoKP90

仁美「さやかさん」

さやか「仁美…」

仁美「無理をしないでください」

さやか「な…何を言ってるのかわかんないよ」

仁美「ふふ…本当はわかっているくせに…」

さやか「何がさ!」

仁美「しますわ…百合の香りがプンプンと…」クンクン

さやか「なっ…何をっ…!!」

仁美「お相手は…」クンクン


仁美「佐倉さん、あなたですね?」

杏子「!?」ビク



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:13:39.83 ID:3XFWoKP90

マミ「え…?」

さやか「なっななな…なに言っちゃってるのかなあぁぁ仁美!?」ガクガクガク

杏子「そっそそそうだよなっなななんでアタシが
   さやかなんかとレズセックスしなきゃなんないのさ!?」ガクガクガク

さやか「あっ…ば、ばか杏子!」

仁美「あら?何もわたくしはそこまで言ってませんわよ?」

仁美「…ただ、百合の香りを辿っていった…それだけですわ?」

杏子「なっえっ…あっ…!」ブルブル

仁美「でも…さぞ美しいのでしょうね……」

仁美「過去は敵であり…今は断罪者という絆で結ばれたお二人の…」

仁美「背徳的で甘美な…百合の華は」

マミ「う…嘘…っ…そんな、二人が……!?」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:16:38.83 ID:3XFWoKP90

マミ「ど、どういうことなの二人とも!?」

さやか「いっ…いやその…」

杏子「つ、つい…」

マミ「ついじゃないでしょ!?あなたたち、自分の立場が分かっているの!?」

さやか「ご、ごめんなさいマミさん!!」

杏子「さ、さやかは悪くない!!全部アタシが悪いんだ!!」

さやか「杏子!?」

杏子「アタシから誘ったんだ!だから悪いのはアタシだけで…」

さやか「そんなっ…杏子!そんなことされても…わたしは全然うれしくないっ!!」ガッシ

杏子「あっ…さやかっ…!!」ギュウ

さやか「きょうこぉ…」

杏子「さやか…さーやかああぁぁぁ!!」

仁美「あぁっ…美しい!美しいですわ!!」パシャパシャパシャ

マミ「そんな…いや…イヤアアアアアアアアアァァ!!」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:20:41.35 ID:3XFWoKP90

さやか「あっ…だめだよ杏子……こんなところで…み、みんなが見てるよぉ…」

杏子「い、いいじゃん…先っちょだけ、先っちょだけだからっ…」

さやか「こらっ…あん…もぉ…」

マミ「いっいやああぁぁ!!ちょっと待って!!私の家をヤリ部屋にしないでえぇぇ!!」

仁美「ふふ…巴先輩も、無理をしなければよろしいのに…」

マミ「な、なんですって!?いつ私が無理をしたというの!?」

仁美「一人が寂しくて…仲の良いまどかさんと暁美さんが、
   さやかさんと佐倉さんがうらやましくて…」

マミ「そんなっ…そんな事っ…!?」ブルブル

仁美「仲間に入れて欲しいのでしたら、一人が寂しいのでしたら…」

マミ「や、やめて…」

仁美「ご自分も、百合の華を咲かせればよろしいのですわ?」ニコ

マミ「っ…!!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:23:59.48 ID:3XFWoKP90

さやか「あっあっ!あたしってほんとレズ!!」

杏子「一緒にイッてやるよさやか…ひとりエッチは、寂しいもんな…」

マミ「待って!!」

さやか「マミさんっ!?」

杏子「マミ!?」

マミ「わ、私も…」

マミ「私も混ぜてええぇぇ!!」

さやか「あっ!マミさああぁぁん!!」

杏子「あぁっ!マミ!マミぬるぬるだよ!ぬるぬるだよマミ!!」

マミ「あ、あぁぁぁっ!!美樹さん!そこを!佐倉さん!そこをぬるっと!」

さやか「甘い!甘いですマミさん!!」

杏子「マミ甘い!マミ甘いよ!!」

レズ「「「ああああぁぁぁ!!」」」

仁美「あーっはっはっは!あーっはっはっはっはっはっは!!」パシャパシャパシャ



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 23:27:40.30 ID:3XFWoKP90

仁美「うふふ…素敵ですわ…三人とも…」

仁美「ふぅ…今日も良い百合を育てることができました…」

仁美「でも、これだけでは終わりませんわ…」

仁美「この夢のような百合を世界へお届け致します…」

仁美「わたくしのナイトメアは、まだまだ止まりませんわ…」

仁美「この世を一面の百合畑とする…その日を夢見て…!!」


まどか「気持ち悪っ」

ほむら「そうね」

まどか「帰ろっか」

ほむら「そうね」


魔法少女マジか☆レズか劇場版 ~志筑仁美のナイトメア~

おわり


元スレ
マミ「鹿目さん、暁美さん…大切なお話があるの」