1: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 00:46:53 ID:z2f/zzsY0

ジャン「あ?」

アルミン「や、やめなよエレン!」

ジャン「挨拶しただけだろーが。何でてめーにそんなこと言われなくちゃならねーんだよ」

エレン「うるせぇな。ミカサから離れろよ」ガタッ

ミカサ「エレン、喧嘩はよくない」スッ

エレン「……分かったよ」

ジャン「クソッ……」ギリッ



2: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 00:50:18 ID:z2f/zzsY0

ミカサ「……」スタスタ

ジャン「あ! なぁミカサ、その荷物重いだろ? 運ぶの手伝って――」

エレン「俺が持ってやるよ」ヒョイッ

ミカサ「私は大丈夫。無理しないで」

エレン「平気だよ」プルプル

ジャン(んだよ、力もねえくせに……)イライラ



4: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 00:53:41 ID:z2f/zzsY0

ジャン(ミカサはどこ行ったんだ? 今日は食事当番一緒のはず――)キョロキョロ

エレン「ミカサは体調悪いから俺が代わりにやるよ」

ジャン「はぁ? 今日一日見てたけど全然そんな素振りなかったぞ」

エレン「……」ギロッ

エレン「お前にミカサの何が分かるんだよ」

ジャン(なんなんだよこいつ……!!)ムカムカ



5: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 00:56:56 ID:z2f/zzsY0

ジャン「……でさ、俺がミカサに近づくだけで睨んでくるんだぜあいつ。クソムカつくよな」ハァ

マルコ「ジャン、声が大きいって……聞こえるよ」

ジャン「聞こえるように喋ってんだよ」チラッ

エレン「……」ギロッ

ジャン(クソ、また睨んでやがる……)

ジャン(俺がミカサを見るのも気に入らねーってか?)



6: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 01:02:55 ID:z2f/zzsY0

エレン「なあミカサ、お前ジャンのことどう思ってる?」

ミカサ「……ジャンは」

ミカサ「エレンとよく衝突するので、あまりいい印象がない」

ミカサ「でも、エレンにも非があることが多い」

ミカサ「ので、結論を言えば……」

ミカサ「特になんとも思っていない」

アルミン(ある意味嫌われてるより辛いなあ……)

エレン「よかった、安心したぜ」ホッ

エレン「……あとはジャンの方だな。二度とミカサにちょっかいかけられねーようにしてやる……」ボソッ

アルミン「エレン……? 顔が怖いよ?」



7: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 01:09:54 ID:z2f/zzsY0

ジャン「あークソ、今日もあの野郎のせいでミカサにまともに近づけなかったぜ」ハァ

ジャン「どうすりゃいいんだよ……」

マルコ「そうだね……ここはもう、思い切って告白してみるというのはどうかな?」

ジャン「はっ!!? いきなり!?」

マルコ「当たらずに砕けるより当たって砕けたほうがいいだろ?」

ジャン「砕けること前提なのかよ」ハハッ


エレン「……」



8: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 01:18:12 ID:z2f/zzsY0

ジャン(ミカサに告白すること考えたら全っ然眠れなかったぜ……)ガチャ

シーン

ジャン「……?」

ジャン(何だこの空気)

モブ女「……」グスグス

ジャン(泣いてんのか……? 一体何が)

マルコ「ジャン、君がそんな人間だとは思わなかったよ」

ジャン「は……?」



10: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 01:24:20 ID:z2f/zzsY0

マルコ「まだとぼけるのかい? 恥を知れよ」

マルコ「君は昨日、話があるって手紙で彼女を呼び出した」

マルコ「でも、君は来なかった」

モブ女「私、ずっと待ってたのに……」グスグス

ジャン「はあ……? 何だよそれ、全然知らねえ……」

モブ女「ジャン君のこと、ずっと好きだったのに……!」ウワーン

ウワーヒドーイ! ジャンサイテー

ジャン(どういうことだ……?)ポカーン



11: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 01:29:13 ID:z2f/zzsY0

ジャン「なぁおい、泣くんじゃねえよ! 大体俺は何も」

マルコ「君はミカサ一筋だって言ってたのに……見損なったよ」

ジャン「ま、待ってくれマルコ! 誤解だ!」

一同「……」ジトーッ

ジャン(何でだ……何でこんなことに……)

ミカサ「……」

ジャン(違う……ミカサ、そんな目で俺を見ないでくれ……)

ジャン(ミカサ……?)



12: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 01:36:29 ID:z2f/zzsY0

エレン「ひでぇ奴だな。前から性格悪いと思ってたけどよ」

エレン「ジャンって最低だよな。ミカサもそう思うだろ?」

ジャン(エレン……!!)

ジャン「てめぇだな!? 俺をはめやがったのは!!」ガシッ

アルミン「ジャン!? 何を言っているんだ!?」

ジャン「俺を完全に孤立させて、ミカサに近づけねー為にこんなことを……!!」

ミカサ「エレンに触らないで」ギロッ

ジャン「うっ……」タジッ



13: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 01:41:49 ID:z2f/zzsY0

エレン「ジャン……俺に八つ当たりする前にやることがあるんじゃねえのか」

ジャン「あ……」クルッ

モブ女「……」グスグス

ジャン「なあ、その……悪かったよ」

モブ女「もう、いい……アンタなんか大っ嫌い!!」

ジャン「……」ズキン

エレン「……」



15: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 01:49:08 ID:z2f/zzsY0

ジャン「なあミカサ! 信じてくれよ!」

ミカサ「……」スタスタ

ジャン「あいつはお前が思ってるような奴じゃねえんだ!!」

ミカサ「……」スタスタ

ジャン「話だけでも聞いてくれ! 頼む!!」

ミカサ「……」

ミカサ「……分かった」

ジャン「ミカサ……」ホッ

ジャン(あ……でも俺と話してるとこ見られたらミカサまで嫌われちまう……)

ジャン「待ち合わせしようぜ。場所は――」


エレン「……」



16: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 01:54:59 ID:z2f/zzsY0

ジャン「悪いミカサ、待たせたな――」

エレン「遅かったな」

ジャン「エレン!? 何でここに……! くそっ!!」

ジャン「そこまでして引き合わせたくねーのかよ……!!」

ジャン「大体お前、ミカサの何なんだよ!? 付き合ってもねーくせによぉ!!」

エレン「ミカサは大事な家族だよ」

ジャン「家族……? ははっ! ふざけやがって……!!」



17: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 02:04:35 ID:z2f/zzsY0

ジャン「分かってんだよ! 最初から俺の割り込む余地なんかねーってことくらい……!!」

ジャン「でも、俺はミカサを好きになっちまったんだよ!! しょうがねーだろ!?」

ジャン「それの何が悪いってんだよ!! 俺がお前に何かしたか!?」

ジャン「お前にこんなひでえ仕打ち受けるほどの何かをしたっていうのかよ!?」

ジャン「俺を悪者にして、人の恋路邪魔すんのがそんなにおもしれーのか!? あぁ!?」

エレン「……」

ジャン「なんだよ、黙ってねえで何か言えよ!!」

ジャン「俺はなっ……ただミカサが好きなだけなんだよ!!」

ジャン「それなのに……なんで……」

ジャン「なんで……こんな目に遭わなくちゃならねーんだよ……」ズルズル

エレン「……」



18: 名無し訓練兵 2015/04/12(日) 02:09:02 ID:z2f/zzsY0

エレン「言いたいことはそれだけか?」

ジャン「あぁそうだよ……クソ野郎が……死にやがれ……」ハァハァ

ジャン「なんで……なんでこんな……」グスグス

エレン「……」ハァ

エレン「そんなもん決まってんだろ」ガシッ

エレン「お前がミカサのことばっか見てるからだよ」



おしまい


元スレ
SS深夜VIP:エレン「ミカサに気安く話しかけるんじゃねえよ」