1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 21:55:23.31 ID:B68AlqON0

菫「聞こえなかったか?キスさせてくれと言ったんだ」

宥「ふぇっ、え、えっと、どうして……ですか?」

菫「それが私の『対価』だからだ」

宥「た、対価?」

菫「ああ、お前の妹がドラを捨てれないように、ウチの照が打点を上げ続けなければいけないように」

菫「私も誰かを狙い撃ちする為には誰かにキス……接吻をしなければならないのだ」

宥(こ、この人あったかくないよぅ……)

菫「だからキスさせてくれ」


みたいな感じでお願いします



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 22:14:47.20 ID:B68AlqON0

>>5元ネタ的には異性なんだよなぁ……

京太郎「さーてトイレは何処だ……え?」

がばっ!

菫「……」ムチューーーー

京太郎「ぶはっ!?……い、いきなり何を……」

ゴッ!
京太郎「」

菫「おい、水持ってないか」

宥「えっ、あっ、はい」スッ

菫「」ぐいっ

ガラララララ……ペッ!

京太郎「」ベチャァ

宥「あ、あの、どうしていきなり彼にキスをーーーーむぐっ!?」

菫「……」ムチューーーー

菫「……ぷはっ……口直しだ、ありがとう」

お願いします!誰か書いてください!なんでもしますから!



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:40:39.26 ID:hw/+I+Mq0

宥(どうしよう…へんな人に絡まれちゃったのかな…)

菫「…すまない、初めてだったか?」

宥「ふぇっ!?な、何がです…?」

菫「…その様子だと、もうファーストキスは済ませていたみたいだな」

菫「残念だよ」

宥「あ、あの…私はこれで…」

玄「あ、お姉ちゃんこんなところにいたんだ!探したよー」

宥「く、玄ちゃん!きちゃだめ!」

菫「…ふっ」

菫「姉妹丼か。すばらだな」ジュルリ


って展開でお願いします



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 23:57:27.53 ID:hw/+I+Mq0

玄「あれ、お姉ちゃん白糸台の部長さんとお知り合いだったの?」

菫「初めまして、宥の妹さん。折角だから私も玄ちゃんと呼ばせてもらってもかまわないかな?」

玄「別に構いませんよ!なら私も折角だし菫さんと呼ば___んんぅっ!?」

宥「!?」

菫「ちゅる…ちゅぱ…れろっ…」

宥「あ、だ、ダメ…!!」ドンッ

菫「ぷはぁ…ご馳走様」

玄「……あっ」

玄「うわわ、うわわわわ/////////」カァァァァ

宥「く、玄ちゃん落ち着いて!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:07:49.19 ID:DdnJkqVs0

菫(…先ほど千里山の1年生を狙撃しても思ったことだが)

菫(やはり、松実宥以外への狙い撃ちは上手く行くようだ)

菫(何故、彼女だけが狙撃できないのだろうか…)

玄「ぅぅぅぅ…いきなりキスだなんて…」プシュー

宥「玄ちゃん、もうホテルに戻ろう?」

玄「ふぇ…?あ、うぅ…」ポケー

菫「無駄だ、私の狙撃を受けたものは一定時間何も考えられなくなる」

宥「………」

菫「その様子だと妹さんはしばらくは動けないだろう。
どうする?置いて逃げるか?…いや、そんなこと出来ないだろうな」フッ

菫「松実宥、もう一度いう。キスさせてくれ」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:14:31.83 ID:DdnJkqVs0

宥「…妹には」

菫「ん?」

宥「妹には、手を、出さないでくれますか…?」

菫「ああ。私からは手を出さないことを約束しよう」

宥「…妹はいつ元通りに」

菫「だいたい1時間後だ」

宥「それまでこんな寒いところに居させるのは嫌だから」

宥「どこか暖かいところに運ばせてください…」

菫「…そうだな、そこに空き部屋がある。私も手伝おう」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:23:04.88 ID:DdnJkqVs0

空き部屋

宥「むぐっ…ぷはっ…はぁっ、い、いきなり…!」

菫「あれだけの条件を提示したんだ。好きにキスさせてもらっても構わないだろう?」

菫「ちゅっ…ちゅぱ…」

宥(こ、こんなよくわからない場所で…)

宥(どうしてこんな目に…)

宥(でも、玄ちゃんを守るためだから…)

菫「じゅるっ…ぴちゃっ…ちゅる…」

宥(ううう…舌までいれてきて…)

宥「ふぅっ…はぁっ、んぁ、ちゅ…」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:34:08.51 ID:DdnJkqVs0

10分後

菫(これだけ狙っても落とせないとは驚きだな…)

菫(ここまで来ると意地でも落として見せたくなる。その上…)

菫「…なかなかキスが上手じゃないか」

宥「…」

菫「いつも妹としているからか?」

宥「…!」キッ

菫「にらまないでくれ。折角の可愛い顔が台無しだ」

宥「誰の…!せいだと…!」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:41:13.06 ID:DdnJkqVs0

菫「だからにらまないでくれ」ハハハ

宥「…もう用件は終わりましたよね。私たちはこれで」

菫「あぁ、ありがとう。助かったよ」

菫「でも彼女はまだ物足りないのじゃないかな?」

宥「?」

菫「そうだろう?玄ちゃん」

玄「…はぁっ…はぁっ」

宥「えっ…」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:48:22.56 ID:DdnJkqVs0

宥「どうして…さっき1時間は動けないって…」

菫「済まないな。無能力者相手だとだいたい1時間は動けないのだが」

菫「能力者相手だと時間に幅が出てくるようだ」

玄「…はぁっ…お姉ちゃん…んっ…」

宥「んっ…玄ちゃん、今はっ…んはぁっ…」

玄「お姉ちゃん…お姉ちゃんっ…」ハテッ

宥「おっと、玄ちゃん大丈夫!?」

菫「…とはいえ、体に力が入らないのは変わらないみたいだな」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 00:56:46.93 ID:DdnJkqVs0

玄「んっ…じゅる、ちゅっ、ぺろ」

宥「ぁ、ダメ…玄ちゃん、首筋はぁっ…」////

菫「…では私も んっ、ぷはぁ…」

宥「はぁっ…んぅぅっ…んっ、んぅぅ!」

宥「んっ、んぐっ、うぅぅ…」

宥(玄ちゃんと弘世さん、二人から無理やりキスされて…)

宥(こんなの…こんなのあったかくない…)ウルウル



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:06:56.80 ID:DdnJkqVs0

宥「ふっ、ふぁあっ…」

菫「…ふぅっ。綺麗な指をしているんだな松実宥…れろっ」

菫「顔だけじゃない、耳も、うなじも、手のひらも、全て綺麗だよ…れろれろ…」

宥「うぇっ…ひっ…っ…」

玄「…お姉ちゃん泣いてるの?」

宥「うぅっ…く、くろちゃ…」

玄「どうして?いつもならあったかいって喜んでるのに…」

宥「だって、こ、こんなの…」

玄「気持ちよくないの?」

宥「あっ、ひぐっ、ああっ…」

玄「一緒に気持ちよくなろうよ、お姉ちゃん!」

宥「だってぇ…こんなのぉ…わ、私…」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:21:52.58 ID:DdnJkqVs0

玄「お姉ちゃん…私のあそこ、あったかくなってきたよ」

宥「うぅ…」

玄「だから…いつもみたいに、もっとあったかくして欲しいなって…////」

宥「ぐすっ。うあっ、くろちゃ…」

玄「…むー、今日のお姉ちゃんなんだか冷たいよぉ…」

玄「…仕方ないから菫さんにお願いするよっ」

宥「!」

菫「おいおい私はついでか?酷いな…ほら、玄ちゃんおいで」

宥「そ、それは…だめ!そ、そんなの…!」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:29:45.79 ID:DdnJkqVs0

玄「わーい菫さーん」ギュウウウ

菫「ふふっ、玄ちゃんは可愛いな」ナデナデ

玄「菫さん…はちゅっ…ちゅる、んっ、じゅるっ…」

菫「んみゅちゅっ、玄ちゃんは積極的だな…ちゅぱっ…」

宥「ぁ……あぁぁ………」





57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:37:09.07 ID:DdnJkqVs0

……

玄「菫さんっ…すみれさっ…んっ…」ハァハァ

菫「玄ちゃん、力を抜いて」クチュクチュ

玄「あっ、ひゃっ、そ、そこ…気持ち、いい…ですっ…!」

菫「玄ちゃんのなかも、きつくなってきてるよ」

玄「はぁっ、そっ、そんなっ…言わないで、下さいっ、恥ずかしい…」///

菫「ふふっ、いまさらそんなこと言ってもだな…」

玄「あっ、ダメ、ダメです…わたし…イキそうですっ…」

菫「私がちゃんと支えてるから、安心してイってくれても大丈夫だ」

玄「はぁっ、ふぁ、んっ……!」




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:43:40.02 ID:DdnJkqVs0

宥「……嘘つき」ボソッ

菫「ん?」

宥「玄ちゃんには手を出さないって言ったのに…」

菫「…別に嘘はついていない」

宥「…嘘つき」

菫「…はぁ。言っただろう?『私からは』手を出さないと」

菫「『松実玄』の方から求めてきた場合にも応じないとは言っていないさ」

宥「……そう」

宥「ならしょうがないよね、玄ちゃんから求めたんだもの…」

宥「う、ううう」

宥「あああああああああああああ」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:51:51.35 ID:DdnJkqVs0

2時間後

玄「お姉ちゃん、あったかい?」

宥「う、うんっ、…玄ちゃんはっ、あったかくなれたっ…?」

玄「うんっ!ほら、お姉ちゃんも菫さんとキスしよう…?」

宥「うん、ちゅっ、ちゅぱっ…じゅるっ、ちゅるっ…」

菫「はぁっ、ぷはぁ…ちょっと、息がっ…苦しっ…」

宥「ふぁぁっ、れろっ、ちゅる、んっ、はぁ…」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:52:54.58 ID:DdnJkqVs0

玄「えへへっ、お姉ちゃん。これでおそろいだね」

宥「ふふっ、そうだね…おそろいだね。玄ちゃん」

玄「おねえちゃんのおもちにもキスしてもいい?」

宥「玄ちゃん私のおねも大好きだもんね…いいよ、おいで…」

玄「わぁいえへへー」

宥「玄ちゃん気持ちいい?」

玄「うん!」




宥「これからもっと一緒に気持ちよくなろうね!」

カン!



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:53:34.88 ID:DdnJkqVs0

そんな感じのSS読みたいんでまじお願いします



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 01:57:27.36 ID:cclpUu2Q0

おつー


元スレ
菫「キスさせてくれ」宥「ふぇっ?」