1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 18:50:32.14 ID:4uzPMh0b0

マミ「スーパーの外は雨・・・」

マミ「お買い物した食材もあるし・・・」

マミ「『ティロ・フィナーレ!』なんて勢いよく振り回したら・・・」

傘()

マミ「年甲斐も無くはしゃぐべきじゃないわね・・・」

マミ「どうしましょう・・・」



>>5「あの人は・・・」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 18:52:44.47 ID:toXs1pCK0

ひろゆき



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 18:57:33.67 ID:4uzPMh0b0

ひろゆき「失礼、貴女は・・・巴マミ・・・さんでしょうか?」

マミ「?え、えぇ・・・そうですが・・・」

ひろゆき「魔法少女の方ですよね。常々お世話になっております。」

マミ「!えっ、ま、まあはい・・・」

ひろゆき「申し遅れました、私2ch元管理人のひろゆきと申します。」

ひろゆき「お帰りでしたか、時間を割いてしまってご迷惑をおかけしました。」

ひろゆき「それでは失礼します。」


マミ「なんだったのかしら・・・」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 18:59:39.73 ID:4uzPMh0b0

マミ「どうしましょう・・・せめて替えの傘があれば・・・」

マミ(チラッ)

傘(500円)

マミ(スッ)

財布(358円)

マミ「どうすれば・・・」



>>13「あれは・・・」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:01:36.83 ID:7N1E4JcV0

さやか



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:06:50.53 ID:4uzPMh0b0

さやか「マミさんじゃないですかー!どうしたんですか?」

マミ「あっ美樹さん!?い、いえあの・・・」

さやか「ふぅん?」

マミ(あたふた)
傘()


さやか「ははーん、さてはマミさん傘壊れちゃったんですね?」

マミ「えっ!あ、あの・・・そうなの・・・」

さやか「で、新しい傘を買うお金もない・・・」

さやか「マミさんもなかなかドジッ子ですねぇー」

さやか「でも大丈夫!さやかちゃんにお任せですよ!」

さやか「お使いの後だって、財布の中にはー!」


財布(>>20円)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:07:56.54 ID:nrjtbXGd0

20円



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:12:03.30 ID:4uzPMh0b0

財布(20円)

さやか「・・・」

さやか「マミさん、お金いくら持ってます?」

マミ「あの・・・358円しかなくって・・・」

マミ「傘は500円でしょう?ちょっとだけ足りないのよ・・・」


さやか「マミさん」

マミ「な、何?」

さやか「ごめんなさい」チャリン

マミ財布(358+20円)

さやか「」ダッシュ

マミ「えっ?ちょ、ちょっとまって美樹さん!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:16:15.46 ID:4uzPMh0b0

マミ「行ってしまったわ・・・」

マミ「どうしましょう・・・」

マミ「少しだけども・・・このお金、明日返さなくちゃ・・・」

マミ「でも帰る方法がないわ・・・」

マミ「どうしましょう・・・」



>>30「あの人・・・」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:18:32.51 ID:dlc352Uq0

ユウリ様



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:27:55.52 ID:4uzPMh0b0

外伝か・・・詳しくないんだが安価は絶対だしな・・・
あんまり長くする気はないからマミさんが帰れそうな安価を頼むぞ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:33:26.95 ID:4uzPMh0b0

ユウリ「あんたは魔法少女なのか?」

マミ「えっ!?ええ・・・」

ユウリ「ふーん」

ユウリ「プレイアデス聖団とは関係ないみたいだね」

ユウリ「なら、どうでもいいか」

ユウリ「じゃあねぇ」


マミ(さっきからなんなのかしら・・・なんで私が魔法少女って・・・)


マミ「それにしても、雨やまないわね・・・」

>>45「・・・」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:35:14.77 ID:KxONOIeb0

親切な唐傘お化け



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:39:29.95 ID:4uzPMh0b0

マミ「立ってるのも疲れてきちゃったし、どこかに腰掛けましょう。」

マミ「はあ・・・どうしましょう・・・」


マミ「・・・」

マミ「気のせいかしら・・・傘が動いている・・・?」

マミ「というか、こっちに・・・!?」

唐傘「やあ!」

マミ「きゃああ!?」

唐傘「そんなに驚かなくてもいいじゃないか」

唐傘「僕は唐傘!童話なんかでよく見るだろう?」

マミ「えっ・・・ええ・・・」

マミ(ついに幻覚まで・・・ソウルジェムは濁ってないのに・・・)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:43:00.92 ID:4uzPMh0b0

唐傘「僕は幻覚なんかじゃないよ!」

マミ「えっ!?なんで考えている事を」

唐傘「妖怪の端くれだからね!大体の事は出来るよ!」

マミ「はあ・・・」


唐傘「どうやら雨で帰れないみたいだね!僕の柄をもってごらん!」

マミ「柄?ええ・・・?」

マミ「こうかしら・・・?」

唐傘「さあいくよ!落ちないようにね!」

マミ「きゃあああ!」

マミ「えっ!?私飛んでる・・・!?」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:46:17.99 ID:4uzPMh0b0

唐傘「大体のことは出来るっていっただろう!さあ君の家までひとっとびさ!」

マミ「こ、こわいわ・・・でも・・・ちょっとたのしいかも・・・」

マミ「あれは鹿目さん!暁美さんも!」

マミ「あんなに小さく見えて・・・」

マミ「うふふっ!こんなに楽しい事があったなんて!」

唐傘「あはははは!」

マミ「あはははは!」

---------------


マミ「あれ・・・」

マミ「寝ちゃってたの・・・?私・・・」

マミ「あっ・・・」

マミ「雪に・・・なってるわ・・・」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27(火) 19:48:07.57 ID:4uzPMh0b0

マミ「これなら帰れそうね・・・」


マミ「・・・」

マミ「ちょっと楽しい夢だったわね・・・」

マミ「ふふふっ!」

マミ「あっ!美樹さんにお金、返さなくちゃね!」



マミさんは帰っていきました。
その後ろ姿はどこか、楽しそうでした。

おわり


元スレ
マミ「傘、逝ってしまったわ・・・円環の理に導かれて・・・」