1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:24:49.12 ID:6Z1xWHX90

まどか「いっつも寒い寒いって言ってたもんね」

ほむら「えぇ、何度もあなたの家にお邪魔させてもらったりして申し訳ないことをしたわ」

まどか「うぇひひ、でもおとまり会は楽しかったなって」

さやか「にしてもなんでコタツ?エアコンはなんかダメだったの?」

ほむら「エアコンよりもコタツを体験してみたかったのよ」

ほむら「いままで空調が効いた病室だとかは体験してきているけどコタツは未体験で」

さやか「あーそれであえてコタツを買ったんだ」

ほむら「昨日は設置だけして寝たから帰ってからのお楽しみなのよ」

さやか「あー下手すると出られなくなりそうだねそれ」

まどか「うぇひひ、そうだね」

ほむら「出られなくなる?コタツって机と布団で密閉空間を作って中でヒーターがついてるだけよね?」

さやか「こればっかりは体験してみないとわかんないかなぁ」

まどか「そうだねーいっつもパパにそこで寝ると風邪をひくって言われちゃうんだよね」

ほむら「?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:31:31.08 ID:6Z1xWHX90

さやか「コタツといえばみかんだよねぇ」

ほむら「あ、そのイメージなら私もわかるわ」

ほむら「本によくでてくる組み合わせよね」

まどか「あれってなんでなんだろうね」

さやか「季節があってるからじゃない?」

ほむら「一応ちゃんとした理由はあったと思うけど」

まどか「そうなの?」

ほむら「ちゃんと覚えてはいないわ、ごめんなさい」

さやか「まぁまぁ、それでやっぱりコタツも買ったしみかんもーって買っちゃってたり?」

ほむら「わ、悪い?別にいいでしょ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:40:12.00 ID:6Z1xWHX90

ほむら「あんなにいろんな本でみかんとコタツって組み合わせを見せられてきたら試したくなるじゃない」

さやか「別におかしいなんて言ってないって」

まどか「私もコタツでみかんを食べるのはとっても好きだよ」

ほむら「まぁ何はともあれ布団の中で寒さを凌ぐ生活からはさよならできそうね」

さやか「これで気兼ねなく遊びにいけるね」

ほむら「私の家に遊びに来ても何もないわよ?」

さやか「いまはコタツがあるでしょ?」

ほむら「ああ言えばこう言うんだから……」

さやか「というわけで明日は休みだしほむらの家に遊びに行こっかまどか」

まどか「うぇひひ、じゃあほむらちゃんのおうちに遊びに行ってもいいかな?」

ほむら「えぇ、まどかなら大歓迎よ」

さやか「って私は!?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:46:52.31 ID:6Z1xWHX90

―次の日―

さやか「おまたせまどか」

まどか「あ、おはようさやかちゃん」

さやか「んじゃ早速ほむらの家に遊びに行きますかー」

まどか「それなんだけど……」

さやか「どしたの?」

まどか「ほむらちゃんからメールも電話も返ってこなくて」

まどか「いつもすぐに返してくれるからもしかして都合が悪くなっちゃったんじゃないかなって」

さやか「うーん、考えてもしょうがないし一応家に行ってみようよ」

まどか「うん、そうだね」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:51:37.11 ID:6Z1xWHX90

―ほむホーム―

ピンポーン

さやか「うーん」

ピンポーン

まどか「やっぱり何かあったのかなぁ」

ピンポーン

さやか「おーい、ほむらーいないのーってあれ?開いてる」

まどか「え?だ、大丈夫なの!?」

さやか「うーん、寝てるだけならいいけど……悪いけど入るよほむらー」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:59:03.82 ID:6Z1xWHX90

ほむら「すぅ……」

さやか「あ、コタツで寝てたんだ」

まどか「よかったー」

さやか「まったく、遊びに行くって言ってあったのに寝ているとは……それに鍵も開けっ放しだったし」

まどか「うぇひひ、でもコタツはすごく気に入ったみたいだねほむらちゃん、とっても寝顔が可愛い」

さやか「ベッドがあるのにこっちで寝てるしね」

さやか「まぁ寝てるなら寝かせておいてあげてもいいんだけどコタツで寝てるのはいただけないかなぁ」

まどか「そうだね、風邪をひいちゃうかもしれないし」

さやか「よーしちゃちゃっと移してあげますかー」

まどか「うん!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:09:31.81 ID:6Z1xWHX90

さやか「これでよしっと」

ほむら「んん……」

まどか「にしてもやっぱりほむらちゃんのお家って寒いね……」

さやか「確かにね……コタツがあるだけでコタツ外の温度は変わらないだろうし」

まどか「うぇひひ、ちょっとだけコタツを借りちゃうねほむらちゃん」

さやか「そうそう、ほむらが起きるまでだけコタツに……」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:13:52.93 ID:6Z1xWHX90

ほむら「んー……時間は……いけない!もうこんな時間!まどかとさやかが!」

まどか「あ、おはようほむらちゃん」グテー

さやか「おはよー」グテー

ほむら「あ、あれ?二人がいる?」

さやか「鍵開けっぱなしになってたよー」

さやか「あとコタツで寝たらだめだって言ったじゃん」グテー

まどか「そうだよー風邪引いちゃうよー」グテー

ほむら「あの、すごく説得力がないんだけど……」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:18:43.62 ID:6Z1xWHX90

ほむら「なんにせよ微睡んであなた達に迷惑をかけてしまったわね」

さやか「気にしなくていいってー」グテー

まどか「そうだよほむらちゃん、いつも私達が迷惑かけてばかりだもん」グテー

ほむら「そ、そう、許してもらえたみたいでよかったわ」

ほむら(それにしても二人共コタツが随分好きなのね……)



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:24:58.10 ID:6Z1xWHX90

ほむら「それで、コタツが増えてるぐらいで見所なんてないしどこかに出かける?」

まどか「うーん、もう少しほむらちゃんの家にいたいなって」グテー

さやか「そーそー、まだ午前だしのんびりしようよー」グテー

まどか「あ、私おみやげにってパパからみかん持たされたんだー」

さやか「私ももってきたよみかん」

ほむら「そ、そうなの?食料を貰えるのは助かるけど……」

まどか「喜んでもらえてよかったぁ」グテー

さやか「だねー」グテー

ほむら「えっと、じゃあ皆で早速食べる?」

まどか「そうだねー」グテー

さやか「いいかもねーグテー」

ほむら(なんだか二人共いつもと違って様子がおかしいような……)



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:37:59.39 ID:6Z1xWHX90

ほむら「じゃあせっかくだし……皆で食べましょう」

ほむら「二人分だとただ上に置くわけにもいかない量になるわね……カゴがたしか台所にあったはず……」

まどか「うぇひひ、とっても甘いみかんなんだってー」

ほむら「あったわ、これにみかんを……」

さやか「ほらほら、はやくコタツに入りなよほむら」グテー

まどか「そうだよー向い合ってお話しようよ」グテー

ほむら(二人共机の上に頭を乗せて眠そうな顔をしているけど眠いのかしら……)



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:41:15.99 ID:6Z1xWHX90

ほむら「これでよしっと」

さやか「んー」グテー

まどか「わーみかんがいっぱいー」グテー

ほむら「みかんの皮ってお風呂に入れたりできるしありがたいのよね……」

さやか「へー」

まどか「そうなんだー」

ほむら「って二人共たべないの?」

さやか「皮むくのがねー」グテー

まどか「そうだねー」グテー



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:51:35.65 ID:6Z1xWHX90

ほむら「えっと、食べる?」

まどか「いいの?」グテー

ほむら「えぇ、あなた達が持ってきてくれたものだし、皮ぐらい剥いて渡すわよ」

さやか「らっきー」グテー

ほむら「で、えっと、手を出してもらえないと渡せないのだけど」

まどか「この距離なら届きそうだし食べさせてほしいなって」グテー

ほむら「え!?」

さやか「あーたしかにそれなら手をださなくてもいいかもねー」グテー



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:53:00.82 ID:6Z1xWHX90

ほむら「じゃ、じゃああーん」

まどか「あーん」

ほむら「ど、どう?」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんが食べさせてくれたおかげでとっても美味しいなって」

ほむら「そ、そう///」

さやか「ほむらーこっちもー」

ほむら「え、えぇ、あーん」

さやか「あーん」

ほむら(親鳥になった気分ね……というか二人共どうしてしまったのかしら)



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:58:51.12 ID:6Z1xWHX90

まどか「ほむらちゃんって白いところもちゃんととっちゃうんだねー」グテー

さやか「あそこに栄養があるんだからだめだよほむらー」グテー

ほむら「え、ご、ごめんなさい」

まどか「あ、せめてるんじゃないんだよ」

まどか「几帳面なんだなぁっておもったんだー」グテー

ほむら「そ、そう」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:00:35.76 ID:S9n1v6DY0

ほむら「あの……二人共さっきから様子がおかしくない?」

ほむら「ずっとグテーっとしているし」

ほむら「もしかして私の家に入るまでに体が冷えて風邪っぽいとか」

ほむら「私をベッドに運んだせいで疲れて眠いとかなら……」

まどか「ちがうよー」

さやか「強いて言うならコタツの魔女かなぁー」グテー

まどか「だねー」グテー

ほむら(コタツの魔女!?)



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:10:52.00 ID:S9n1v6DY0

ほむら「すこしお手洗いに行ってくるわ」

さやか「あいよー」グテー

まどか「わかったよー」グテー


ほむら「……」ピッピッ

プルルルル

マミ「もしもし、どうしたの暁美さん」

ほむら「突然ごめんなさい、コタツの魔女に心当たりはあるかしら?」

マミ「コタツの魔女?」

ほむら「そう、コタツの魔女」

マミ「ごめんなさい、わからないわ」

ほむら「もしかするとまどかとさやかがその魔女に……」

マミ「え?ど、どういうこと!?」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:18:46.88 ID:S9n1v6DY0

ほむら「今二人が私の家に遊びに来ているのだけど」

マミ「えぇ」

ほむら「どうも様子がおかしいから聞いてみたらコタツの魔女のせいかなって言われて」

マミ「……」

ほむら「もしかしてこれって大変なことなんじゃって思って」

マミ「わかったわ、佐倉さんをつれてあなたの家に向かうから二人から目を離さないで」

マミ「もし魔女のせいならどこかにふらっと行ってしまうかもしれないし」

ほむら「そうね、わかったわ」

マミ「できるだけ急ぐわね」

ほむら「お願い」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:28:42.41 ID:S9n1v6DY0

さやか「おかえりー」

ほむら「二人共どこにも行っていなくてよかったわ……」

まどか「どこにもいかないよ?」

さやか「そーそーコタツから離れられるわけないじゃん」

ほむら「それって……」

さやか「コタツの魔女の呪いは強いなーってね」グテー

まどか「うぇひひ、そうだねー」グテー

ほむら(どんどん進行しているってこと!?)



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:35:13.54 ID:S9n1v6DY0

ほむら「ほ、ほら二人共もっとみかんを食べましょう!」

ほむら「どんどん剥いてあげるから」

まどか「本当?うぇひひ、とっても嬉しいな」グテー

さやか「いやー助かっちゃうねー」グテー

ほむら(みかんを食べさせることで足止めにぐらいなるかもしれないし……)



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:44:59.47 ID:S9n1v6DY0

さやか「やっぱりみかん食べてると余計にこうコタツに引き込まれるよねー」

まどか「そうだねー」

ほむら「!!」

さやか「どしたのほむらー」

まどか「そんなにおかしな事言ったかなぁ?」

ほむら「い、いえ……」

ほむら(みかん食べさせるのはむしろ逆効果だったの!?)



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:56:54.63 ID:S9n1v6DY0

ピンポーン

ほむら(きた!)

ほむら「鍵は開いてるわよー」

マミ「お邪魔するわね」

杏子「おかしいって二人はどうなんだよ」

さやか「あれ、マミさんと杏子じゃん」グテー

まどか「こんにちはー」グテー

マミ(だらけきってるわね……)

杏子「お、コタツじゃねぇか」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 01:05:46.21 ID:S9n1v6DY0

杏子「ちょうど寒かったんだよね、入っていいかい」

ほむら「構わないけど……」

杏子「んしょっと」モゾモゾ

杏子「あーこのあったかさはやっぱりいいなぁ」グテー

さやか「だよねー」グテー

まどか「そうだねー」グテー

ほむら「きょ、杏子がやられてしまったわ……」

マミ「お、落ち着きなさい暁美さん、魔女の気配はしないわ」

ほむら「で、でも、じゃあ原因は……」

マミ「原因は……」

マミ(なんでなのかしら?)



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 01:14:06.72 ID:S9n1v6DY0

マミ「と、とにかくコタツに入っているとこの子たちがどんどん引きこまれているというならすぐに出してあげるべきよ」

ほむら「そ、そうね」

マミ「佐倉さんには悪いけど、美樹さんと鹿目さんのほうが長く取り込まれているんだし危険ね」

ほむら「わかったわ、まどかは私に任せて」

マミ「えぇ、じゃあ私が美樹さんをコタツから出すわね」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 01:23:44.18 ID:S9n1v6DY0

ほむら「まどか、隣いいかしら?」

まどか「うん、大丈夫だよ」グテー

ほむら「ね、ねぇまどか、外に出かけに行きましょう」

まどか「うーん、もうちょっとゆっくりしたいなって」

ほむら「で、でもせっかく遊びに来たのだし暇でしょう?」

まどか「ほむらちゃんのお家でほむらちゃんと楽しくおしゃべりできてるから大丈夫だよー」グテー

ほむら「そういってもらえるのは嬉しいけど……」

まどか「コタツ似はいらないと寒いよ?ほむらちゃんもちゃんとあったまらないと」

ほむら「え、えぇ……」

ほむら(いけないわ、これじゃあ引っ張りだすどころか引き込まれるわね……)



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 01:36:14.96 ID:S9n1v6DY0

まどか「こうしてると背中は少し寒く感じちゃうよねー」

杏子「あー、割烹着とかほしくなるんだよなぁ」

さやか「あー暖かいんだよねー」

まどか「コタツであったまりながら冷たいアイスを食べると贅沢な気分になっちゃうよねー」グテー

さやか「そうそう、冬にアイスが食べたくなるとコタツがほしいんだよねー」グテー

杏子「コタツだとすぐに溶けたりもしないしなー」グテー

マミ「皆動こうとしないわね……」

ほむら「どうしたら良いのかしら……」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 01:44:35.85 ID:S9n1v6DY0

マミ「口づけらしきものもないわね」

ほむら「ならいいのだけど……」

マミ「魔女の気配はしないし……こうなったらでてくるまで見張るしかないかしら」

ほむら「つまりまどかやさやか、杏子を囮にするといいたいの?」

マミ「私だってできるならしたくはないけど……この何もわからない状態じゃ対策を打つことも……」

ほむら「たしかにそうかもしれないけど……」



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 01:46:34.79 ID:S9n1v6DY0

さやか「なんでほむらとマミさんは深刻そうな顔してるんだろうねー」グテー

杏子「コタツに入ってなかったら寒いだろうになぁ」グテー

まどか「隣に入るのかなっておもったらそのまま行っちゃうんだもん、よくわかんないや」グテー

杏子「あーみかん食べようかなぁ」グテー

さやか「食べたらいいじゃん」グテー

杏子「でも皮むくのが面倒だしなぁ」グテー

まどか「あはは。普段なら大した手間じゃないって気にもしないのにコタツに入ると気になっちゃうよねー」グテー

杏子「そうなんだよなぁ」グテー



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 02:01:53.27 ID:S9n1v6DY0

まどか「ほむらちゃん、コタツにはいらないの?」

ほむら「え?えぇ、寒いし入るわ」

さやか「マミさんは入らないんですか?」グテー

マミ「え、えーと……じゃあおじゃまさせてもらおうかしら」

杏子「でも5人だと二人で入る場所ができるな」グテー

まどか「じゃあほむらちゃんと私が二人で入ろっか」

ほむら「え?」

まどか「さっき隣にきてくれた時になんだか暖かいなぁって思って」

ほむら「じゃ、じゃあお言葉に甘えて……」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんの家なのにへんなの」グテー



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 02:14:53.05 ID:S9n1v6DY0

マミ「あ、あれ?何よこの暖かさ……力が抜けていくわ……」グテー

さやか「マミさんってコタツは初めてですか?」

マミ「えぇ」

さやか「コタツはいいものですよ」グテー

杏子「ああ」グテー

まどか「あったかいねー」グテー

ほむら「そ、そうね」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 02:28:28.60 ID:S9n1v6DY0

杏子「あーあったけぇ」グテー

マミ「佐倉さん、顔に机の跡がついてるわよ」グテー

さやか「コタツといえばお鍋やりたいなぁ」グテー

まどか「真ん中のお鍋をつつきながらおしゃべりって楽しいよねー」グテー

ほむら「え、えーとお鍋なら少し材料を買ってくれば作れると思うけど」

さやか「そろそろお昼ごはんの時間なのにお鍋の話なんてしてたらお腹すいちゃうね」グテー

まどか「皆でお鍋いいなぁ」グテー

マミ「そうねぇ」グテー

杏子「ああ」グテー

ほむら(遠まわしに買ってこいって言われてるのかしら私……)



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 02:41:12.19 ID:S9n1v6DY0

ほむら(というか気がついたらマミまでグテーってしてる……)

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんはグテーってならないの?」

ほむら「え?」

まどか「やってみるととっても気持ちいいんだよ」グテー

ほむら「わ、わかったわ」グテー

ほむら(ま、まどかと見つめ合う感じになってしまったわ///)

まどか「うぇひひ、やっぱりコタツに入るとグテーってしちゃうよねー」

さやか「だねーこれは逆らえないねー」グテー

杏子「ずっと入っていたいんだよなぁ」グテー

マミ「購入を考えてみようかしら」グテー

ほむら(こういうのんびりする時間もいいかもしれない)グテー



その夜、パジャマパーティーならぬコタツパーティーが開催され、夕飯はほむらちゃん特性鍋が出されたという


オチもなにもなくただのんびりぐったりしたかったんだ、コタツにいると眠くなるよねってわけで寝ます


元スレ
ほむら「コタツを購入して、ついに私の家にも暖房機器ができたわ」