1: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 16:43:25.95 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「…はぁ…」

ダイヤ「……はぁぁぁ…」

果南「もう!ダイヤうるさいよ!」

ダイヤ「あ、失礼しました」

果南「どうしたのさ、そんなにため息ばっかり」

ダイヤ「あ、いえ、そんなに大したことでは…」

鞠莉「Love sick ダイヤ?」

ダイヤ「ピギャ!!」

果南「鞠莉いつの間に」

果南「それよりそのー…なんだっけ?」

鞠莉「Love sick?」

果南「そうそれ」

ダイヤ「そんなわけないでしょう!」



2: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 16:44:03.13 ID:BnO8PrvP.net

鞠莉「本当に?」

鞠莉「乙女の瞳だったわよ?」

果南「ねぇ、話進めないでよ」

ダイヤ「気のせいです」

ダイヤ「疲れ目がそう見えただけでしょう?」

果南「ダイヤ?鞠莉?聞いてる?」

鞠莉「そうかなぁ、マリーの勘違い?」

ダイヤ「当たり前でしょう」

果南「ぐすっ…ダイヤも鞠莉も私のことなんか興味ないんだ…」

鞠莉「No!!No!!そんなことないわ果南、愛してるわ大好きよ」

果南「ほんと?」

果南「なら、いいか」



3: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 16:49:01.28 ID:BnO8PrvP.net

果南「で、Love sickだっけ?」

果南「よくわかんないけど、ダイヤいつの間に恋人なんて……」

ダイヤ「だから!違う!!と言っているでしょう!」

鞠莉「なら、どうしてそんな思わせぶりなため息ばっかり?」

ダイヤ「いや、それは別に…」

果南「私達にも話せないようなことなの?」

鞠莉「それなら…ちょっとショックだね」

鞠莉「せっかくまた通じ合えたと思ったのに」

ダイヤ「う…笑いませんか?」

果南「友達の悩みを笑うと思う?」

鞠莉「その通りでーす!早く話して楽になりなさい」



4: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 16:55:43.39 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「水族館でのアルバイトのことがあったのに…」

ダイヤ「そう!あれから結局誰もダイヤちゃんと呼んでくれていないのです!!」

果南・鞠莉「……ぷ」

果南「あははは、そのことね」

鞠莉「ふふ、でも、最後にどっちでもいいって言ったじゃない」

ダイヤ「やっぱり笑いましたね…」

ダイヤ「それにその最後のは…わかるでしょう!?」

果南「…くっ、ふ、あっはっは…」

ダイヤ「果南さんは笑い過ぎです!」

果南「ごめんごめん、でもそれこそやっぱりこう呼んでって言えばいいじゃん」

鞠莉「そうね、今ならみんな素直に受け止めてくれるはずよ?」

ダイヤ「いえ、それではダメなのです…それでは…」



5: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 16:58:38.45 ID:BnO8PrvP.net

果南「なにがダメなのさ」

ダイヤ「こう、自然と呼んでもらいたいのです」

ダイヤ「何も言ってないけど、こう自然とそう呼んじゃったみたいな」

鞠莉「呼んでほしいくせに変に理想だけは高いんだから」

ダイヤ「いいではありませんか、たまには」

果南「お?」

果南「それならちょうど良かったね」

ダイヤ「は?何がです?」



6: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:02:06.92 ID:BnO8PrvP.net

コンコン

ダイヤ「はい?」

千歌「失礼しまーす」

千歌「ダイヤさん、この書類なんですけど…」

千歌「あれ?果南ちゃんも鞠莉ちゃんもいたんだ?」

千歌「私後にした方がいいかな?」

鞠莉「いいえ?千歌っちベストタイミングよ」

千歌「ん?」

千歌「お話しは終わったってこと?」

果南「んー、まぁそんな感じかな」

果南「じゃ、ダイヤがんばってね?」

鞠莉「千歌っち、ダイヤのことよろしくね?」

千歌「???うん?」



7: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:06:45.70 ID:BnO8PrvP.net

千歌「ダイヤさん?何かあったんですか?」

ダイヤ「…はぁ…いえ、なんでもありませんわ」

ダイヤ「それより、書類がなんですか?」

千歌「いやー、昨日宿題のノートパラパラしてたらこれが出てきて…」

千歌「提出期限今日だったから急いで仕上げたんだけど、これで問題ないか見てもらうかなーって」

ダイヤ「あぁ、部活動に関する申請書類ですわね」

ダイヤ「本当はギリギリではなくてですね…」

千歌「まぁ、間に合ったからセーフってことでダメですか?」

ダイヤ「まぁ、間に合っている以上何も言いませんが…」

ダイヤ「せっかく持ってきていただいたので、確認致しますね?」

ダイヤ「……」

千歌「なんかドキドキしちゃう…」



8: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:12:28.96 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「…千歌さん」

千歌「はいっ!」

ダイヤ「これはご自身で一度確認されましたか?」

千歌「えっ?あ、いやー」

ダイヤ「確認していないのですね?」

千歌「いやー、終わったぁ!って思ってそのまま寝ちゃったから…」

ダイヤ「千歌さん、どうぞお座りください」

千歌「えっ?でももうホームルーム始まるし…」

ダイヤ「千歌さん?」ニコッ

千歌「はい…」

ダイヤ「確かに時間もありませんし手短に」

ダイヤ「誤字がいくつか、それときちんと句読点をつける、後は回答に抜けがあります」

千歌「あぅ…」



9: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:15:29.94 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「千歌さんが事前にチェックを依頼して頂いて良かったですわ」

ダイヤ「一緒に直しましょうか」

千歌「はい!」

千歌「ダイヤさんありがとうございます」

千歌「やっぱりダイヤさんは優しくって頼りになりますねっ!」ニコッ

ダイヤ「そ、そ、そんなことありませんわ、普通です」

千歌「それが普通だからダイヤさんは素敵なんですよ!」

ダイヤ「~っ!とにかく!早く直しますわよ!」

千歌「はーい!」



11: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:20:06.00 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「そういえば、宿題やる時にこれを見つけたとおっしゃっていましたが、宿題の方も間違いだらけだったりしませんわよね?」

千歌「え?宿題?あー、宿題…ですか?」

ダイヤ「まさか…やってないなどと言わないでしょうね?」

千歌「いやー、昼休みに曜ちゃんのを…」

ダイヤ「ダメです」

千歌「まだどうするかなんて言ってないのにー」

ダイヤ「梨子さんならまだしも曜さんは千歌さんに甘いですからね」

ダイヤ「どうせ写させてもらおうとでも考えていたんでしょう?」

千歌「ギクッ…」

ダイヤ「はぁ…」



13: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:25:06.75 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「Aqoursのリーダーともあろう人が宿題もやってないとは…」

千歌「だってだって昨日練習ハードだったからそんな余裕なかったんです!」

ダイヤ「お昼休みにお弁当と宿題を持って生徒会室に来てください」

ダイヤ「私が千歌さんの勉強を見て差し上げますわ」

千歌「ほんと?」

ダイヤ「えぇ」

千歌「やったぁ!」

ダイヤ「…意外ですわね」

千歌「何がですか?」

ダイヤ「いえ、てっきり千歌さんのことですから一緒に勉強なんて嫌に思うかと」

千歌「まぁ、正直勉強は嫌だけど…」



14: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:28:52.69 ID:BnO8PrvP.net

千歌「ダイヤさんと一緒にお昼食べて、お話してって考えたら楽しみだなって思って」

ダイヤ「ふふ、そうですか」

ダイヤ「ですが、そのお話の時間を多く取れるかどうかは千歌さん次第ですね」

千歌「私、頑張る!」

千歌「後、これも直りました!」

ダイヤ「はい、ありがとうございます」

ダイヤ「それでは、そろそろホームルームも始まる時間ですし、急いで教室に戻りましょうか」

千歌「はーい!ダイヤさんまた後で!」

ダイヤ「はい、お待ちしておりますわ」



18: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:35:08.00 ID:BnO8PrvP.net

―お昼休み―

千歌「ダイヤさんもう着いてるかな?」

千歌「失礼しまーす」

ダイヤ「千歌さん、いらっしゃい」

千歌「ダイヤさん!」

ダイヤ「順番はどうしましょうか?」

千歌「改めて見返したら宿題そんなに多くなかったんだよね」

ダイヤ「それなら、昨夜できたでしょうに」

千歌「あはは、その時はそこまで考える余裕がなかったというか…」

ダイヤ「そもそも、宿題は突発的にやるものでなく、きちんと復習と合わせてやるのですよ」

千歌「以後、善処します」

千歌「でねでね、だから先に宿題教えてもらって、その後一緒にお昼食べませんか?」



21: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:43:53.77 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「ですが、いくら宿題が少ないとはいえ、一からでは多少時間はかかるのでは?」

千歌「ううん!休み時間に一通りやってきたの!」

千歌「だから、分からないところをダイヤさんに教えてもらおうかなって!」

ダイヤ「えらく張り切ってますのね」

千歌「今まであんまりダイヤさんと二人きりって少なかったからね」

千歌「こうやって話せることが嬉しくって!」

ダイヤ「…そうですわね」

ダイヤ「初めは向かい合って対立していましたからね」

千歌「まぁね、でもダイヤさんがいないとAqoursは始まらなかったと思う!」

千歌「だから、いつもありがとうございます!」

ダイヤ「そんな…私は別に…」

ダイヤ「と、とにかく、それならさっさと宿題を片付けてしまいましょうか」

千歌「よろしくお願いします!」



22: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:48:39.11 ID:BnO8PrvP.net





千歌「終わったぁ!」

ダイヤ「張り切ってただけあって本当にすぐ終わりましたね」

ダイヤ「いつもそれぐらいの集中力でいれば、勉強も困らないかもしれませんのに」

千歌「そうなんだよねー」

千歌「でも、今回はダイヤさんっていう目的があったから…」

ダイヤ「それなら、定期的に私が勉強を見て差し上げましょうか?」

千歌「えっ?それはー…」

千歌「うん、でもお願いしようかな!」

ダイヤ「え?」

千歌「ダイヤさんの教え方分かりやすかったから!それにダイヤさんともっと一緒にいたいし!」

ダイヤ「そ、そうですか…」



23: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 17:54:31.96 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「それでは、二人だけの秘密の勉強会を開催しましょうか?」

千歌「秘密なの?」

ダイヤ「二人きり…の方がいいでしょう?」

ダイヤ(その方が勉強捗りますし)

千歌「二人きり…?」

千歌「ぅ…はい…」

ダイヤ「千歌さん?」

千歌「いえ!なんでもないですよ!?」

ダイヤ「そうですか?それなら今後は…」

ダイヤ「…っと、昼食を取りながら決めましょうか?」

千歌「はーい!」



24: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 18:02:30.89 ID:BnO8PrvP.net

千歌「わぁ、ダイヤさんのお弁当美味しそう!」

ダイヤ「ふふ、千歌さんのお弁当もとても美味しそうですわよ」

千歌「おかずの交換しましょうよ!」

ダイヤ「構いませんが…何が食べたいですか?」

千歌「じゃあ、その卵焼きを!」

千歌「ダイヤさんは?」

ダイヤ「私は別に結構ですが…」

千歌「ダメだよ!交換なんだから!」

ダイヤ「それなら、同じ卵焼きを…」

ダイヤ「お家ごとで味付けも異なるでしょうし」



25: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 18:09:22.10 ID:BnO8PrvP.net

千歌「わっかりました!はい!あーん!」

ダイヤ「…え?」

千歌「ほら、ダイヤさん!あーん!」

ダイヤ「えっと…あ、あーん…」

千歌「どうですか?」

ダイヤ「美味しい…です」

千歌「良かった!」

千歌「私が作ったわけじゃないけど」

ダイヤ「ふふ、なら今度千歌さんが作ったのを食べさせてくださいね?」

千歌「はい!任せてください!」

千歌「はい、ダイヤさんも食べさせてください!」



26: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 18:13:45.25 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「はい、どうぞ?」

千歌「む…ダイヤさん?」

ダイヤ「…やらないとダメですか?」

千歌「ダメ!です!」

ダイヤ「う…千歌さん…あーん」

千歌「あーん!」

千歌「んんーっ!美味しい!」

ダイヤ「それは良かったです」

千歌「これはダイヤさんが作ったの?」

ダイヤ「そうですね、今朝はお母様と一緒に作らせて頂きました」

千歌「ほんとに?ダイヤさんってお料理も上手なんですね!」

千歌「いいなぁルビィちゃん、ダイヤさんみたいなお姉さんがいて」



28: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 18:18:59.16 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「千歌さんにも素敵なお姉様がお二人いらっしゃるじゃないですか」

千歌「えー、でも、志満ねぇは…優しいけど、美渡ねぇはすぐ怒るし…」

ダイヤ「ですが、お二人共頼りになるお姉様でしょう?」

千歌「ん…そりゃまぁ…」

ダイヤ「私がルビィのことを愛しているように、志満さんも美渡さんも千歌さんのことを愛しておられますよ」

ダイヤ「千歌さんが二人のお姉さんが大好きなのと同じようにね?」

千歌「ダイヤさんには敵わないや」

ダイヤ「ふふ、それでも辛いことや悩んでいることがあれば、Aqoursの仲間がいます、私がいます」

千歌「ダイヤさん…ありがとうございます」

千歌「ダイヤさんも頼りになるお姉さんの一人ですよ!」

ダイヤ「ふふ、そうですか…」



29: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 18:24:16.06 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「な、なら…私のこともお姉さんのようにお話ししてくださって大丈夫ですわよ?」

千歌「ダイヤさんがお姉ちゃんかぁ…」

千歌「となると…さっきの話でいくとダイヤさんは私のこと愛してくれているってことですか?」

ダイヤ「当たり前でしょう?」

千歌「んぇ…?」

ダイヤ「大切な仲間ですからね」

千歌「あぁ…うん、そうだよね…」

千歌「私も、ダイヤさんのこと…大好きですよ!」

千歌「ん?ダイヤお姉様?とか?の方が良かったかな?」

ダイヤ「それはそれで…」ボソ



30: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 18:28:57.26 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「…ではなくてっ!その…お姉様とかではなく…」

ダイヤ「志満さんや美渡さんのように頼りにして頂いて…果南さんや鞠莉さんのように親しみをですね…」

ダイヤ「ですから…その…」

千歌「ダイヤさん?」

ダイヤ「あぁ、もうこんな時間ですわね!」

ダイヤ「そろそろ教室に戻りましょうか?」

千歌「……」

ダイヤ「…千歌さん?」

千歌「そうだね、戻ろうかっ…」



32: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 18:33:02.58 ID:BnO8PrvP.net

ダイヤ「忘れ物はありませんか?」

千歌「大丈夫です!」

ダイヤ「よし、戸締りオッケーですわ」

千歌「よーし!宿題も完璧だし、昼から頑張ろう!」

千歌「また、練習でね!…ダイヤちゃん!」

ダイヤ「…っ!千歌さん?」

千歌「どうしたの?ダイヤちゃん?」

ダイヤ「いえ…なんでもありませんわ」

ダイヤ「また練習で、それと来週もここで」

千歌「うん!またね!」

ダイヤ「千歌さん!廊下は走らない!」

千歌「はーい!ごめんねー、ダイヤちゃん!」

ダイヤ「はぁ…全く聞いてないではないですか…」

ダイヤ「さぁ、私も戻りましょうか」



33: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 18:38:25.01 ID:BnO8PrvP.net

Pan!!パーン!

ダイヤ「ピギャッ!」

果南・鞠莉「おめでとうダイヤ!」

ダイヤ「びっくりさせないでください…」

ダイヤ「それになんのことですか…ニヤニヤしすぎです!」

果南「いやー、千歌で良かったねダイヤ」

鞠莉「そうね、肝心なところでヘタレちゃうんだもの、さすがダイヤだわ」

ダイヤ「まさか…」

果南「最後千歌が気づかなかったら飛び出しちゃうところだったよ」

鞠莉「ダイヤにもあんなにいじらしい一面があったのね」

ダイヤ「果南さん、鞠莉さん?」

果南「やばっ、鞠莉逃げるよ!」

鞠莉「ダイヤも授業遅れないようにねー!」

ダイヤ「貴女達まで廊下を走らない!それにクラッカー片付けていきなさい!」

ダイヤ「はぁ…全く…」

ダイヤ「お節介な友人ですこと…」

ダイヤ「まぁ、頼りにはなるんですけど…」

ダイヤ「さぁ、教室に戻りましょうか」



34: 名無しで叶える物語 2020/07/30(木) 18:42:20.31 ID:BnO8PrvP.net

おしまい!
最後あっさりですみません…

コメントくださった方ありがとうございました!


元スレ
ダイヤ「ダイヤちゃんと呼ばれたい」