1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 20:42:49.42 ID:M0Yc4Bpg0

マミ「何これ?」

ほむら「そ、それじゃ///」ダッ

マミ「ちょっと暁美さん!」

マミ「もう、何なのかしらこれ?」ガサガサ

マミ「これはタイツとパンツ?」

マミ「しかも少し温もりを感じる」

マミ「そういえば暁美さん珍しくタイツ履いてなかったわね」

マミ「え、ってことは、これって///」

みたいなの





6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:04:29.67 ID:ymDk4JO+O

マミ「え、ってことは、これって///」

マミ「………………」

マミ「洗濯しておいて、ってことかしら」

マミ「全く世話が焼けるわね、暁美さんたら」ポイッ

ゴウン ゴウン

マミ「……やっちゃう私も甘いわね」



こんな感じか



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:07:05.36 ID:k/DmkFcY0

マミ「……ということがあったのよ」

杏子「それでほむらのストッキングが干してあったのか」

マミ「何かのおまじないかしら? 第二ボタンください、みたいな」

杏子「まどかたちのクラスで流行ってるのかもね」

マミ「三年生では聞いた事ないわ……」

杏子「…そりゃお前…… いや、いいや」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:13:55.83 ID:k/DmkFcY0

マミ「でも暁美さんのタイツとパンツ… これは使えるわ……」ブツブツ

杏子「…な、何する気だよ」

マミ「だって下着類よ! しかも脱ぎたてを渡してきたのよ!」

マミ「何かのおまじないだとしても、普通に考えたらどうかしら?」

杏子「変態はいけないと思います」

マミ「そうよ。その路線で攻めれば…」

杏子「おまじないのつもりがマジ突っ込みで不意打ちされ」

マミ「上手い具合にクリーンヒットする事間違いないわ!」

杏子「ちょっとセクハラっぽいのは気が引けるけど、まぁいっか」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:18:03.77 ID:k/DmkFcY0

——後日 マミ部屋——

杏子「マミのホットビスケットはいつ食べても最高だな!」

ほむら「ホントですね~」ニコニコ

マミ「まだまだあるから、遠慮しないでね」

ほむら「は~い!」

マミ(これよ…… このいい笑顔…!)

杏子(いやぁ、最高に崩しがいのあるカオだよなぁ)





17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:22:40.51 ID:k/DmkFcY0

杏子「そうだほむら、この間マミに何したの?」

ほむら「へっ…? 特に何もしてないですよ」

マミ「さっき暁美さんが来る前に、これの話してたのよ」サッ

ほむら「ああ、それ……」

杏子(バレたのに、意外と平気そう)

マミ(やっぱり変な意味じゃなくて、何か私たちの知らないワケがあったのね)

まどか「? なんでほむらちゃんのタイツがマミさんの家にあるの?」

マミあん(なん… だと……)

まどか「あ、もしかしてパンツも?」

マミ(鹿目さんが知らないということは)

杏子(クラスで流行ってるとかじゃない……!?)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:27:12.86 ID:k/DmkFcY0

ほむら「そう。マミさんにはいてもらったの」

マミまどあん「はいて!?」

ほむら「えっ…?」オロオロ

マミ「あ、暁美さん… このパンツ、私がはくものだったのかしら?」

まどか「ほむらちゃん何してたのさ……?」ドキドキ

ほむら「何って… ただ私のパンツはいてもらおうかなって」

ほむら「あと、いつものタイツも一緒に……」

杏子(どうなってんのコレ…?)



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:30:54.62 ID:k/DmkFcY0

マミ「あのね暁美さん」

ほむら「はい……」

マミ「これは何か意味があるのかしら?」

ほむら「意味も何も…… パンツ交換したり、しません?」

まどか「しないよほむらちゃん……」

杏子「うん… パンツなぁ… せめて洗わないと」

ほむら「そうだったんですか… 私てっきり」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:35:18.25 ID:k/DmkFcY0

マミ「あの… 暁美さんって、その…… 変わった子なのね…」

杏子「やっぱ転校生ってミステリアスな、こう、アレだよな! うん」

まどか「その筋の人、なのかな…… マミさんとは別のジャンルで」

杏子「え、マミもなの!?」

マミ「違うわよ!」

ほむら「わ、わたしも違うの! 違うから三人とも引かないで!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:40:53.10 ID:k/DmkFcY0

ほむら「私って、入院する前は東京にいて…」

ほむら「む、向こうでは普通だったの…」

まどか「仲良くなったら、パンツ配るのが?」

杏子「引っ越しソバみたいなもんか……」

ほむら「配るっていうか、一晩穿いてもらうんだよ」

ほむら「それで洗わずに返してくれたら、『これからもよろしくね』みたいな意味になるんだよ」

マミ「ごめんなさい、そうとは知らずに洗っちゃって…」

ほむら「ううん、いいんです。私こそ、勝手に全国的にそうなんだって思ってて」

杏子「群馬と東京の間にもカルチャーギャップっていうのがあるんだなぁ」

まどか「意外なとこから勉強になったね……」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:46:10.58 ID:k/DmkFcY0

——こうして三人は——

まどか「仁美ちゃん、いいこと教えてあげようか?」

仁美「あら、何ですの?」

まどか「こういうのが流行ってるんだって!」

仁美「……!?」

——ほむ知識を見事鵜呑みにし——

杏子「さやか今日も来てたんだな! ほら、パンツあげるよ!」

さやか「はぁ!? あんた急にどうし…」

杏子「ああ、恭介のもあるよ!」

上条「いらないよ! 持って帰りなよ!」

——流行の最先端を独走した… つもりだった——

マミ「これは同じクラスのあの子に……」

マミ「こっちのは同好会の後輩にちょうどいいわね」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:51:08.55 ID:k/DmkFcY0

——ほむホーム——

ほむ母『それじゃあ、また電話してね』

ほむら「あ、切る前にお姉ちゃんいる? いたら代わって」

ほむ姉「はいよ、代わったよ~」

ほむら「この間、お姉ちゃんに教えてもらったのがあったじゃない」

ほむ姉「何だっけ?」

ほむら「仲良くなったら、パンツはいてもらうってやつ」

ほむ姉「ああ、あれ……」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 21:53:14.36 ID:k/DmkFcY0



ほむら「あれね、こっちの子は知らないみたいだよ」

ほむ姉「……やっちゃったの?」

ほむら「うん、みんなビックリしてたよ~」

ほむ姉「そう… じゃああんまりやらない方がいいかもね」(やっべ、どうしよ……)

ほむら「でもありがとう! これがきっかけで、また皆で盛り上がっちゃった♪」

ほむ姉「そ、そっか… よかったなぁ~ ほむらに友達できて」

ほむら「こっちで一人暮らしも楽しくなりそう! それじゃあもう切るね。お休みなさい!」

ほむ姉「はいよ、おやすみ~」 ガチャン

ほむ姉(他に何吹き込んだっけ……? もう忘れちゃったよ)

ほむ姉(変な友達増えないといいけどなぁ)


  おわり


元スレ
ほむら「巴さんこれ使って下さい///」