SS速報VIP:まどか「ほむらちゃん、一緒に宿題しよ?」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 16:52:11.97 ID:KYCSOCkX0

ほむら「ええ、いいわよ。どの教科にするの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1355471531




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:05:26.16 ID:KYCSOCkX0

まどか「えーとね、この・・・うぃーしゅっど?ばん・・・」

ほむら「We should ban school uniform ね。」

ほむら「学校で制服を禁止にして私服着用のみにするか、制服だけかを自分の立場で英文作成をするものね」

まどか「うん。私、英語が苦手だから。」

ほむら「大丈夫よ。今まで習った文法を利用すれば簡単に書けるわ」

まどか「ほむらちゃんはどうするの?」





5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:09:43.01 ID:KYCSOCkX0

ほむら「私は制服のほうがいいわ。今のうちに場に応じた服装を着ることになれたほうがいいもの」

ほむら「それに・・・」

まどか「それに?」

ほむら「まどかと制服でいちゃいちゃしたいもの」ギュ

まどか「わわわ///」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:13:51.55 ID:KYCSOCkX0

まどか「も、もう!今日はこの宿題が終わるまではダメだよぉ」バッ

ほむら「確かにそうね・・・」ホムゥ

まどか「早く終わらせていっぱいいちゃいちゃしちゃお?」

ほむら「うん///]

まどか「///]




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:20:11.10 ID:KYCSOCkX0

ほむら「まどかはどうするのかしら?」

まどか「私服でもいいけど、ほむらちゃんの話を聞いてたらそのとおりだと思うし」

まどか「私もほむらちゃんといちゃいちゃしたいから///」

ほむら「(嬉しいけど、すごい恥ずかしい)///」

まどか「さやかちゃんだったら「私服に決まってるじゃん!」って言いそうだよね」

ほむら「確かに・・・」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:23:33.26 ID:KYCSOCkX0

ほむら「まぁ、とにかくやってみましょう」

ほむら「少しぐらい間違っていても、先生が添削してくれるでしょうし」

まどか「そうだね。」

ほむら「頑張りましょう、まどか。」

まどか「うん!」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:27:33.06 ID:KYCSOCkX0


数十分後

まどか「ふぅ・・・」

ほむら「結構早く終わったわね。」

まどか「どうする?」

ほむら「まだ暗くなってないから、お邪魔しててもいいかしら?」

まどか「もちろんだよ!」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:32:04.71 ID:KYCSOCkX0

ほむら「・・・」

まどか「?」

まどか「どうしたの?ほむらちゃ・・・」ほむら「まどか・・・」ダキッ

ほむら「宿題をちゃんと終わらせたから、今からごほうびをあげるわ」

まどか「え?]

ほむら「----」チュ



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:36:27.55 ID:KYCSOCkX0

まどか「んっ・・・っは。」ハァハァ

ほむら「よく頑張ったわね、まどか」

まどか「ほむらちゃん・・・」

ほむら「どうしたの?」

まどか「・・・ないの?」

ほむら「えっ?」




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:40:23.96 ID:KYCSOCkX0

まどか「もうごほうびはないの?」

ほむら「えっ///」

まどか「宿題教えてくれてありがとう、ほむらちゃん。」

まどか「今度は、私がお礼をしちゃうよ。」

ほむら「それってどういう・・・」チュ

まどか「えへへ、ほむらちゃんにチューしちゃった///」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:48:11.39 ID:KYCSOCkX0

まどか「まだ終わらないよ、ほむらちゃん」

ほむら「え?」

まどか「だって、宿題が終わったらいっぱい、いちゃいちゃするんでしょ?」

ほむら「そ、そうだったわね///」

ほむら「(今日のまどかはすごく積極的ね///)」

まどか「ねぇ」ダキッ

ほむら「は、はひっ!」







14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 17:51:40.48 ID:KYCSOCkX0

まどか「もう一回ちゅーしよ?」

ほむら「うん///」

まどか「(私がいつもより、積極的だからほむらちゃん慌ててる。可愛いよぉ)」マドマド

まどか「ほむらちゃん・・・」

ほむら「まどか・・・」

ガチャ



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:03:47.99 ID:KYCSOCkX0

知久「二人ともー」

バッ

まどか「ど、どうしたの・・・!?パパ?」

ほむら「お、お邪魔してます・・・」

知久「今、ものすごい大雨が降ってきてね。しばらく止みそうにないんだよ」

ほむら「天気予報では、夜も星がみえるくらい晴れるっていってたのに・・・」

まどか「どうするほむらちゃん?」





16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:09:17.96 ID:KYCSOCkX0

ほむら「急いで帰るわ、お邪魔しました」

知久「まぁ、待ちなさい。今外にでたら風邪をひいてしまうよ」

ほむら「そうですけど・・・」

知久「だから、今日は泊まっていきなさい」

まどか「!」

まどか「そうだよ!ほむらちゃん!明日は土曜日なんだし!ね?」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:18:37.97 ID:KYCSOCkX0

知久「まどかもこういってることだし」

ほむら「わかりました、一日にだけお世話になります。」

まどか「ずっとお世話になってもいいのにな・・・(やったぁ!ありがとう、ほむらちゃん!)」

ほむら「えっ」 知久「えっ」

まどか「あれ?」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:23:43.46 ID:KYCSOCkX0

知久「じゃあ、夕ご飯ができたらまた呼ぶからその間二人でお風呂に入ってきなさい」

まどか「うん!お願いねパパ」

ほむら「(えっ!まどかと二人で・・・)」

ほむら「(そんなの考えただけでも・・・)///」

まどか「どうしたの?顔が赤いよほむらちゃん」

ほむら「な、なんでもないわ!(お風呂で主導権を取り戻そう)」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:29:21.20 ID:KYCSOCkX0

脱衣所

まどか「わぁ、ほむらちゃんの肌白くて綺麗だね」

ほむら「そんなことはないわよ?あなたのほうが健康的でいいと思うわ」

まどか「え~そんなことないよぉ」

ほむら「(胸の大きさも負けてるし、私)」ズーン

まどか「だ、大丈夫だよほむらちゃん!私たちまだ成長期なんだからっ、ね?」

ほむら「なんでわかったのよ・・・」





20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:34:04.67 ID:KYCSOCkX0

バスルーム

まどか「先にほむらちゃんが洗っていいよ」

ほむら「そう?じゃあ、私から・・・(いや、待つのよ私!)」

ほむら「まどか、せっかくだから洗いっこしましょう?」

まどか「え///」

ほむら「その嫌だったかしら・・・?」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:38:19.58 ID:KYCSOCkX0

まどか「そんなことないよぉ。じゃあ洗いっこしよ」

ほむら「ええ、わたしが先にまどかの身体を流すわ」

まどか「えっー!そんなの悪いよぉ・・・」

ほむら「気にしないで、お世話になるのだからこれぐらいのことはさせて頂戴」

まどか「んんーーー」

まどか「わかったよ、お願いねほむらちゃん」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:41:59.59 ID:KYCSOCkX0

ほむら「じゃあ、洗うわよ」ゴシゴシ

まどか「ああーー気持ちいいよ。上手だねほむらちゃん」

ほむら「クスッ、まどかおじさんみたい」ゴシゴシ

まどか「ひ、ひどいよ、ほむらちゃん!」

ほむら「クスッ、ごめんなさいね」ゴシゴシ



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:45:02.84 ID:KYCSOCkX0

ほむら「(それにしても・・・)」ゴクリ

ほむら「(羨ましいわ、この胸・・・!)」

ほむら「(平均よりは大きくないにしても、とても魅力的だわ)」

ほむら「(これぐらいの大きさが個人的にも一番ね・・・)」




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:47:28.78 ID:KYCSOCkX0

まどか「ひゃんっ!」

まどか「もう胸ばっかり触りすぎだよほむらちゃん」

ほむら「あ、ごめんなさい」

まどか「もう!次は私が洗う番だからね!」

ほむら「お願いするわ」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:54:48.55 ID:KYCSOCkX0

まどか「(ほむらちゃんは肌が綺麗だから、丁寧に洗いたいな)」コシコシ

ほむら「(まどかの洗い方、なんだかくすぐったいわ)」

まどか「(この辺はデリケートな部分だから、もっと丁寧に)」コシコシ

ほむら「(なんだか気持ちいいわ。頭がぼんやりしてきた)」

ほむら「あっ、まどかそこは、自分で洗うわ!」




26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 18:57:30.79 ID:KYCSOCkX0

まどか「そう、じゃあ違うとこ洗うね。あっ!」

まどか「そういえば」

ほむら「どうしたの?」

まどか「胸って好きな人に触られるろと大きくなるんだって」

ほむら「・・・なにがいいたいの?」




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:03:27.65 ID:KYCSOCkX0

まどか「私がほむらちゃんの胸を洗っほむら「その必要はないわ///!」

まどか「だって、ほむらちゃん、胸のことで悩んでるんでしょ?」

ほむら「そうだけど・・・」

QB「僕と契約して魔法少女になれば暁美ほむらの平均の女子中学生より遥かに小さい胸を大きくすることができるよ!」

ほむら「」まどか「」



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:09:33.04 ID:KYCSOCkX0

まどか「きゃぁぁぁぁぁ!QBの変態!」

QB「やれやれ、僕はロリコンではないし、感情もないのに。」

QB「わけがわからな(ry」ズダン

ほむら「大きなお世話よ!早く消えなさい淫獣!」





29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:13:32.83 ID:KYCSOCkX0

知久「まどかー?ほむらちゃんー?大きな声がしたけど大丈夫かいー?」

まどか「あ、うんなんでもないよパパ」

知久「ならいいけど、ご飯ができたから上がっておいで」

まどか「はーい」

ほむら「上がりましょうか、まどか」

まどか「うん!」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:18:12.38 ID:KYCSOCkX0

脱衣所

まどか「わぁーすごいかわいいよほむらちゃん!」

ほむら「そうかしら?(まどかのパジャマまどかのパジャマまどかのパジャマまどかのパジャマまどかの(ry」ドキドキ

ほむら「(あっ)」

まどか「(そういえば)」

ほむら「(主導権取り返せなかったわ)」まどか「(ほむらちゃんの胸触れなかった)」




31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:23:20.15 ID:KYCSOCkX0

リビング

まどか「ごちそうさま」

ほむら「ごちそうさまでした。すごくおいしかったです。」

知久「お粗末さまでした。」

知久「寝るまえにはしっかり歯を磨いてね」

ほむら「はい、ありがとうございます」

まどか「じゃあ、歯を磨いて私の部屋にいこうよ」

ほむら「ええ」

まどか「パパ、おやすみなさい」ほむら「おやすみなさい」

知久「はい、おやすみなさい」




32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:26:36.97 ID:KYCSOCkX0

まどルーム

まどか「あっもうこんな時間、もう寝ちゃう?」

ほむら「そうしましょうか」

まどか「同じベッドで寝よ?」

ほむら「いいのかしら、そんな」

まどか「いいよぉ、私がほむらちゃんと寝たいだけなんだから」

ほむら「///」



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:30:27.21 ID:KYCSOCkX0

ベッドでの会話

「今日はありがとうね。まどか」

「え?何が?」

「私を泊めてくれて」

「そんなこと気にしなくてもいいのに」

「いいえ」

「私ね今までずっと入院してたから、今日みたいに友達も家に泊まったことなかったの」





34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:37:08.47 ID:KYCSOCkX0

「だから、少し怖かったの初めてだから」

「緊張しちゃたんだね」

「ええ、そうともいうわね」クスッ

「だから、あまり喋らなかったんだね」

「ええ、でもすごく楽しかったのよ、大好きな人と夜を過ごせて。」

「それだったら、私にとってもだよ。ほむらちゃん」

「あ、ありがとうまどか///」






35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:41:26.59 ID:KYCSOCkX0

「もうそろそろ寝ましょう。緊張して自分でもなにを言ってるかわからなくなってきたわ///」

「私は緊張してても、言えることあるよ」

「それは私もよまどか」

「せっーので一緒に言おう?」

「「せっーの」」

「大好きよまどか」「大好きだよほむらちゃん」

終わり





37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:44:36.58 ID:KYCSOCkX0

後日談

まどか「ほむらちゃん、また宿題教えてほしいんだけど、いいかな?」

ほむら「ええ、いいわよ。どの教科にするの?」

まどか「えーとね、保健体育!」

ほむら「」

まどか「あっ、もちろん実技でね」

ほむら「」



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/14(金) 19:46:26.28 ID:KYCSOCkX0

完全に後日談が蛇足だわ
初のSSでしたが、終わりまでできたのでよかったです。
また機会4があったら書きたいです
ありがとうございました!!



元スレ
SS速報VIP:まどか「ほむらちゃん、一緒に宿題しよ?」