1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 22:51:20.73 ID:BiDDos870

あかり「特徴がないのが特徴、終わりがないのが終わり、赤座あかりです」

ちなつ「いきなりなに?」

あかり「キャッチコピーだよ。これであかりの存在感も増すと思って」

京子「特徴がないのが特徴って認めちゃってるけどいいの?」

あかり「いいんだよ。だってこれも個性だから」

結衣「終わりがないのが終わりとは?」

あかり「かっこいいでしょ?」

結衣「あぁ……うん」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 22:52:59.74 ID:BiDDos870

あかり「そうだ、今日はみんなのキャッチコピーを決めようよ!」

あかり「みんなも欲しいでしょ?」

京子「えぇ~、私はいいかな。あかりと違って存在感の塊みたいな生き物だし」

あかり「ぷぷっ、京子ちゃんは分かってないなぁ」

あかり「キャッチコピーの有無によって存在感は変わるんだよォ」

あかり「キャッチコピー無しの人生なんて、裸で南極に放り出されるようなもの」

あかり「いいの?あかりに存在感で負けちゃうよ?」ヘイヘーイ

京子「クソッ!そこまで言われちゃだまってられねぇ!」

京子「歳納京子が命じる、ここにいるみんなで私のキャッチコピーを考えろ!」キュピーン

三人「イエス、ユアハイネス」


ちなつ「あ、京子先輩も考えてくださいね」

京子「なにっ!?おのれ……!!」

結衣「面倒だなぁ、なにも思いつかないや」

あかり「そ、そんなこと言わずに一緒に考えようよ!」アタフタ



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 22:54:28.70 ID:BiDDos870

結衣「そうだ、みんなで京子の特徴を羅列していこう」

結衣「それを参考にして決めるんだ」

ちなつ「さすが結衣先輩っ!素敵なアイデアですぅ!」クチュリエ

結衣「さ、早くみんなで羅列するんだ。私はテトリスやってるからゲームオーバーするまでには完成させろよ」

京子「え?結衣は参加してくれないの?さっきハイネスしてくれたのに?」

結衣「だってテトリスやりたいから……」

あかり「そ、そんなこと言わずに一緒に考えようよ!」アタフタ

結衣「はい、あかり一万円」

あかり「ヒヒッw、仕方ないなぁ」スッ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 22:56:24.72 ID:BiDDos870

あかり「よし、それじゃあ京子ちゃんの特徴を三人で言っていこう!」

ちなつ「ミラクるんが好き」

京子「天才美少女」

あかり「絵が上手い」

あかり「あとは……」

結衣「あ、クソ。ゲームオーバーだ」

京子「え?もう?」

結衣「よくよく考えたら私テトリスなんてやったことないし、別にやりたくもなかったしね」

京子「じゃあなんでテトリスなんてやってたんだよ」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 22:57:57.29 ID:BiDDos870

結衣「それで、キャッチコピーはもう決まったのか」

ちなつ「まだ特徴すら出揃ってません」

結衣「使えないなぁ」

京子「お?なんだかんだ言って結衣も興味津々じゃん」ヒューヒュー

結衣「テトリスと天秤に掛けた結果そうなったんだ。もしこの部屋にアリが入ってきたらそっちを見に行くよ」

あかり「今のところ見つかった特徴はミラクるんが好き、天才美少女、絵が上手、この三つだよ」

結衣「三つしか出てないのか、あまり私を失望させないでくれ」

あかり「結衣ちゃんがあんなに早くテトリス終わらせると思わなかったから」

結衣「あかり、一万円返せ」

あかり「それとこれとは話が別だよ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:00:15.34 ID:BiDDos870

結衣「うーん、もうこれ以上長引かせたくないなぁ」

ちなつ「まだ五分程しか経ってませんけどね」

結衣「そうだ、ミラクルキチガイとかでいいんじゃないか?」

京子「え」

結衣「だってミラクるんが好きで、自分から天才美少女とか言い出すキチガイだろ?ピッタリじゃないか」

あかり「絵が上手は?」

結衣「あって無いようなもんだろ」

京子「キ、キチガイだと……?この私が……?」


京子「あああああああああああああ!!!!」ガシャーン

結衣「うわぁ!京子が錯乱したぁ!!」

ちなつ「きょ、京子先輩!落ち着いてください!」

京子「うがああああああああ!!!!」

結衣「ほら、お前の大好きな福沢諭吉だぞ!?これでも食べて落ち着けよ!」

ちなつ「あっ、京子先輩があかりちゃんに向かって行った!あかりちゃん危ない!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:02:32.55 ID:BiDDos870

京子「死ねえええええええええ!!!!」ブン

京子「死ねえええええええええ!!!!」ブン

京子「死ねえええええええええ!!!!」ブン

京子「死ねえええええええええ!!!!」ブン

京子「死ねえええええええええ!!!!」ブン

京子「死ねえええええええええ!!!!」ブン

京子「死ねえええええええええ!!!!」ブン


あかり「京子ちゃんは何時まで経ってもあかりには辿り着けない」

GEO『……』ゴゴゴゴゴ

あかり「ふふっ、『終わりがないのが終わり』だよォ」


第一部~永久ラビリンス編~ 完



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:04:18.23 ID:BiDDos870

ザァーーーーー

あかり「雨だねぇ」

結衣「フンッ!」ドゴッ

京子「ぐはっ!!」

あかり「結衣ちゃん、どうして京子ちゃんを殴ったの?」

結衣「いや、だって雨だなんて見りゃわかるだろ?」

結衣「いちいち言うなよって思ってさ」

あかり「どうして京子ちゃんを殴ったの?」

京子「うぅ……」グスッ



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:06:32.67 ID:BiDDos870

ちなつ「それで、どうやって帰るんですか?私たち傘持ってませんよね」

結衣「私はタクシーで帰るつもりだよ。金なら腐るほどあるしね」

あかり「うわぁ!」コケッ

ボゥッ

結衣「あぁ!?私の札束が!!」

あかり「結衣ちゃんごめんね……あかり転んだ拍子に結衣ちゃんのお金燃やしちゃった……」

結衣「あぁ……私は一体どうやって帰ればいいんだ……」


京子「いや!諦めるのはまだ早い!」

ちなつ「あ、京子先輩が復活した」

結衣「この状況でどう諦めるな
って言うんだよ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:08:35.77 ID:BiDDos870

京子「いくら雨だからって、探せば傘の一本や二本あるはずだ」

京子「探すんだよ!!」ドンッ

ちなつ「えぇ……本当にあるんですかぁ?」

京子「この学校だって広いんだ、きっとある!!」ドンッ

結衣「もういいよ、諦めよう」

京子「どうしてだよ!?」

結衣「札束の無い私なんてカレーの入ってないカレーパンマンだ」

結衣「とても探す気になれないよ」ハァ

あかり「カレーの無いカレーパンマンってただのゴミ袋だよね」

ちなつ「お金燃やしちゃったの誰だっけ」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:12:05.51 ID:BiDDos870

京子「なんだよみんな!好き勝手いいやがって!」

京子「いいよ!もう私だけで探してくるから!」

京子「あとで泣きついてきても知らないからな!」

バタン

ちなつ「もし京子先輩が傘見つけてきたらどうしますか?」

結衣「殴ってでも奪い取るよ」

あかり「えへへ、ゴミ袋でもやっぱり結衣ちゃんだね」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:14:34.48 ID:BiDDos870

ー30分後ー

結衣「マリル」

ちなつ「ルンパッパ」

あかり「パイパン」


あかり「あっ」

ちなつ「またあかりちゃんの負けかぁ」

結衣「あかり弱過ぎ」

あかり「うーん、どうしてだろう」

ちなつ「そりゃ『パ』になるとパイパンしか言わないからでしょ」

結衣「それにこれポケモンしりとりだぞ?パイパンってなんだよ」

あかり「えへへ、ごめんね?あかり捕まえたポケモンさんにはみんなパイパンって名前つけちゃうから」

ちなつ「イーブイにも?」

あかり「うん、例外は無いよ」

あかり「ディアルガさんもパルキアさんもアルセウスさんもみんなみんなパイパンだよぉ」

結衣「まぁ、あいつらは確かにパイパンだろうな」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:17:03.88 ID:BiDDos870

ちなつ「ん?おや?あの窓の外に見えるのは京子先輩じゃないですか?」

京子『~~♪』

あかり「傘見つかったんだね」

結衣「どれどれ……あ、本当だ」

結衣「クソッ!あいつ一人で帰るつもりだな」

結衣「そんなことさせてたまるか!みんな、行くぞ!」

あかり「おー!!」

ちなつ「娯楽部の力を見せつけてやりましょう!」


ー校門ー

京子「いやぁ~、傘見つかってよかったなぁ」

京子「みんな置いてきちゃったけど仕方ないよね、クズばっかりだし」

京子「だから私は歩いて帰ろう」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:19:56.02 ID:BiDDos870

ー下駄箱ー

結衣「クソ、京子のやつもうあんな遠くまで行ってやがる」

ちなつ「発見した時既に校庭でしたもんね」

あかり「ま、まずいよぉ……どうするの?結衣ちゃん」

結衣「私が京子の傘に忍び込む……忍び込む!」
ちなつ「シャランラ」

あかり「でも、どうやって京子ちゃんのところまで行くの?」

あかり「傘の無い私たちはどう足掻いても濡れちゃうよ」

結衣「馬鹿野郎!!」

結衣「なにかを得る為には同等の対価を支払わなくちゃいけないんだ」

結衣「いいじゃないか!京子の笑顔が奪えるなら!少しくらい濡れたって!」

あかり「え?濡れるの前提?」

ちなつ「用は京子先輩の傘を奪い取るまでにあまり濡れなきゃいいって訳よ」

結衣「そういうことだ、それに私たち娯楽部の仲間だろ?」

結衣「悲しいことも楽しいことも、みんなで共有するって約束したじゃないか!」

あかり「結衣ちゃんが悲しみ以外を持ってきたの見たことないけどね」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:21:56.95 ID:BiDDos870

タッタッタッタッタッ

ちなつ「あ!京子先輩を発見しました!」タタタタタ

結衣「あかりっ、ちなつっ、手筈通り京子の傘を強奪、のちに制裁を行う」タタタタタ

あかり「里を抜けた者への罰だよぉ」タタタタタ

結衣「船見班、出動!」


ちなつ「あぁ!京子先輩がもう敷地外へと進出しました!!」

結衣「なにっ!?急げ!速度をあげるぞ!私たちがビショビショになるまでに京子の傘を奪うんだ!」タタタタタタタタ

あかり「よし、京子ちゃんが眼前に迫ってきたよぉ!」

ツルッ

あかり「おっとっとっ」ガシッ

あかり「えへへ、ごめんね。ちなつちゃん」

ズズズ

あかり「あれ?」

あかり「うわぁ!!ちなつちゃんの髪があかりの腕を食べ始めた!!」

結衣「なにやってんだよ!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:24:26.35 ID:BiDDos870

あかり「あかりが捕食されてる!!結衣ちゃん!助けてぇ!!!」

結衣「うわぁ!ちなつちゃんの髪が絡まってきた!」

ちなつ「ちょっと二人とも、あまり暴れないで!」

あかり「おっとっとっとっ、またバランスが……」

ブロロロロロロ

ちなつ「あ、あれってトラッーー」ドンッ

グチャ

キキィィィーーーー!!!


パラララララ

京子「あ、血の雨だ。傘持っといてよかった」

第二部~空から落ちるは紅の雨編~ 完



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:28:31.40 ID:BiDDos870

ー茶道部ー

あかり「わーい、今日は結衣ちゃんのお家でお泊り会だぁ~!」

ちなつ「ふふっ、あかりちゃんったらはしゃいじゃって」

あかり「だってみんなでお泊りするの久しぶりなんだもん」

あかり「これが昂らずにいられますかよwwwwwwwwヒヒッw」

結衣「ははっ、今日のあかりは
元気だなぁ」


京子「ちょっと待って」

結衣「なに?」

京子「お泊り会ってなに?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:31:29.68 ID:BiDDos870

ちなつ「あれ?京子先輩聞いてないんですか?今日は娯楽部みんなで結衣先輩のお家に泊まらせていただくんですよ」

京子「おかしいなぁ、私は娯楽部に含まれてないのかな」


あかり「あれ?ひょっとして京子ちゃんハブられちゃった?」

あかり「ププーw存在感が薄いからそうなるんだよぉwwwwwwwww」

結衣「いや、京子はあえて仲間はずれにしたんだ。存在感のせいじゃないよ」

京子「そうなんだ、よかった」ホッ



京子「って、よくなーい!!!」ガシャーン

ちなつ「うぇ!!?」ゴスッ



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:34:52.43 ID:BiDDos870

結衣「どうしたんだよ、急に大声だして」

京子「どうして私を仲間はずれにするんだよ!娯楽部の部長は私だろ!?」

結衣「だって、お前この間私たちを置いて一人で帰ったじゃないか」

結衣「おかげで死にかけたんだからな」プンプン

あかり「本当大変だったんだよぉ」

ちなつ「……」ドクドクドク

京子「じゃあ……本当に泊めてくれないの?」ウルッ

結衣「うっ……///」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:36:34.11 ID:BiDDos870

結衣「し、仕方ないな。今回だけだぞ///」

京子「ありがとう!結衣大好きぃ!!」チュゥ

結衣「ん……京子///はむちゅ……///」レロレロ

あかり「仲直りできたみたいでよかったよぉ」グスッ

ちなつ「……」ドクドクドク



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:38:48.16 ID:BiDDos870

ー結衣の家ー

あかり「おじゃましまーす」

ちなつ「ふわぁ、また結衣先輩のお家に足を踏み入れることができて感動ですぅ」

京子「ははっ、大袈裟だなぁ」

京子「もっと気を抜いて楽にしていいんだよ?」カーッ、ペッ

結衣「やっぱり敷居をまたがせたのは間違いだったなぁ」



結衣「まぁ、なにもない所だけどくつろいでてよ」

京子「いつもの結衣の部屋だね」

あかり「なにもないんじゃない、『なにもない』があるんだよ」

ちなつ「あっそ」

結衣「それじゃあ、私はご飯の準備してくるから」

ちなつ「や~ん///結衣先輩の手料理が食べられるなんてチーナ幸せですぅ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:41:29.14 ID:BiDDos870

京子「さて、なにして待ってようか」

あかり「しりとりでもやる?」

京子「えぇ~、嫌だよ。どうせあかり『パ』になったらパイパンしか言わないんでしょ」

あかり「そ、そんなことないもん!」プンスカ

ちなつ「じゃあ、やってもいいけど次しりとりでパイパンって言った人は自殺ね」


ちなつ「しりとり」

京子「リンパ」

あかり「パイパン」


あかり「あっ」

ちなつ「はいー、罰ゲーム自殺ぅ」

あかり「えぇ~、そんなぁ!」

あかり「せめて命だけは取らないでぇ~!!」エーン

ちなつ「んー、それじゃあ、こういうのはどう?」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:43:55.16 ID:BiDDos870

結衣「お待たせ、ご飯できたよ」

京子「やったぁー!」

ちなつ「結衣先輩の作ってくれたご飯とても美味しそうですぅ!」

結衣「ふふっ、ありがとう」

結衣「ん?この丸い物体はなに?」

京子「あぁ、それあかりだよ」

ちなつ「罰ゲームでセルフスカルファックしてもらってるんです」

あかり「うぅ……お顔が狭いよぉ」ジタバタジタバタ

結衣「んー……でも、これだとご飯食べられないな」

結衣「せっかくあかりの分も作ったのに……」ショボン

あかり「ちなつちゃん!結衣ちゃんも悲しんでるよ!そろそろやめてもいい!?」ジタバタジタバタ

ちなつ「膣で口が圧迫されてるのかな、なに言ってるのかよくわからないや」モグモグ

京子「ご飯食べさせてって言ってるんじゃないの?」

結衣「多分そう言ってるんだろうな」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:46:30.09 ID:BiDDos870

ちなつ「あ、じゃあお尻の穴から流し込みましょうよ」

ちなつ「きっとあかりちゃんも喜んでくれますよ」

ちなつ「ねっ?あかりちゃん?」

あかり「ねっ?じゃないよぉ!!」ジタバタジタバタ

結衣「うん、私もこのまま食べてもらえないのは不本意だ」

結衣「よし!流し込もう!」

京子「そうと決まれば善は急げだ!あかり、私たちが食べさせてあげるからな?」

クパァ

あかり「いぃやぁぁああああああ!!!!!」ジタバタジタバタジタバタジタバタ


ゾリュゾリュゾリュ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:48:17.92 ID:BiDDos870

京子「ふぅー、美味しかった」

ちなつ「結衣先輩っ、とっても美味しかったですよ!」

結衣「そう言ってもらえると私も嬉しいよ」ニコッ

あかり「うぅ……」ジタバタ

ちなつ「あ、あかりちゃん。もう顔出していいよ」

キュポン
あかり「もぉ~!ちなつちゃんのせいで酷い目にあったよぉ!」

ちなつ「元はと言えば、あかりちゃんのせいでしょ」

結衣「そういえば、あかりはどうしてセルフスカルファックなんてしてたんだ?」

京子「しりとりで負けた罰ゲームだよ」

結衣「あぁ……そういうことか」

ちなつ「あかりちゃん愛液と涙が混ざり合ってすごいことになってる」

京子「うわっ、あかり顔が愛液まみれだぞ。洗ってきなよ」

あかり「本当だ……気持ち悪いなぁ」トコトコ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:50:52.04 ID:BiDDos870

ちなつ「それにしても、結衣先輩はやっぱりすごいですねぇ」

ちなつ「中学生なのに立派に一人暮らししてて、あんなに料理上手なんですもん」

結衣「まぁ、私金持ちだしね」

ちなつ「薄々勘付いてはいたけど、やっぱりそうだったんですか」

結衣「うん、そりゃあもう。困った時はだいたいお金の力で解決してきたくらいだし」

京子「ウインナーのほうがお肉より安いとか訳の分からないこと言ってたくらいだしね」

結衣「いや、だってそうだろ?」

結衣「私が普段食べてる肉と比べたらハーゲンダッツとガリガリ君みたいなもんさ」

ちなつ「よかった、結衣先輩が事あるごとに札束をチラつかせてたのは私の見間違いじゃなかったんだ」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:52:40.29 ID:BiDDos870

あかり「ふぅ~、さっぱりしたぁ」

ちなつ「あかりちゃんおかえり」

京子「顔に五百円玉がいっぱい張り付いてるけど、どうしたの?」

あかり「蛇口を捻ったら出てきたんだよぉ。仕方ないからこれで顔を洗ってきたんだぁ」

結衣「金で顔を洗うのは気持ちよかっただろ?」

あかり「血で顔を洗ってるみたいだったよ」

京子「ところで、どうして札束を握りしめてるの?」

あかり「蛇口を捻ったら出てきたんだよぉ。仕方ないからこれで手を洗ってきたんだぁ」

京子「へぇ~、お金持ちの家は蛇口から万札が出てくるのか」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:55:25.75 ID:BiDDos870

結衣「さて、それじゃあゲームでもするか」

あかり「わぁい、ゲーム。あかりゲーム大好き」

京子「なんのゲームやるの?また命賭けるやつ?」

結衣「いや、今日やるのはいつものゲームじゃない」


結衣「闇のゲームだ」

ピカッ

ちなつ「うわっ、結衣先輩の千年パズルが……!!」

結衣「さぁ、始めようか。闇のゲームを」

あかり「闇のゲームってなにやるの?」

結衣「さぁ?私もよく考えてなかった」


結衣「……ポケモンでもするか」


第三部~絶滅危惧種ウロボロス編~ 完



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/09(日) 23:57:55.36 ID:BiDDos870

あかり「それで、その後朝になるまでずっとポケモンしてたんだぁ」

櫻子「へぇ~、お泊り会かぁ……楽しそうでいいね」

ちなつ「まぁね、でも楽しいことばかりじゃなかったよ?」

櫻子「そうなの?」

ちなつ「うん、京子先輩が今まで一度も歯を磨いてないことが発覚したし、結衣先輩は眠くなったらヘンなお薬を注射しはじめるし」

向日葵「あぁ、だから歳納先輩の歯は黄色くて汚らしいんですのね」

向日葵「というか、給食の時間にそんな汚い話しないでください!!」バンッ

あかり「きょ、京子ちゃんは汚くなんかないよ!!」

あかり「ほら、京子ちゃんかわいいでしょ!?」ズイッ

向日葵「おえええぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」ゲロゲロゲロ

ちなつ「うわぁ!京子先輩の写メを見た向日葵ちゃんが吐いたぁ!!」

向日葵「その汚物を私に近づけるなぁ!!!」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:01:19.96 ID:FrOt/hkh0

櫻子「う~ん……でも、船見先輩がお薬やってたのは予想通りだなぁ」

ちなつ「えっ、なんで?」

櫻子「あの人たまに教室とか廊下の床舐め回したり虫食べてたりしてたし、あの異常性が薬のせいなら納得できるよ」

あかり「え?結衣ちゃんそんなことしてたの?」


向日葵「ショックですわ、お二人がそんなクレイジーな方々だったなんて……」

あかり「いや、あの二人は普段から割とクレイジーだったよ?」

櫻子「確かに」

ちなつ「そうだ!今度は生徒会と娯楽部のみんなで一緒にお泊り会しようよ!」

ちなつ「そしたらきっと誤解も解けるはずだよ!」

櫻子「誤解なんてあったかな」

あかり「でも、楽しそうだね!」

櫻子「私先輩たちに相談してみるよ!」

あかり「やったぁ!」キャッキャッ



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:04:42.91 ID:FrOt/hkh0

向日葵「せっかくですけど、私は辞退させていただきますわ」

あかり「えぇ、向日葵ちゃんは参加してくれないの?」

向日葵「あんな蛮族と同じ屋根の下一夜を明かすなんて……とてもじゃないけど恐ろしくてできませんわ!」

ちなつ「そんな……」

あかり「むむむ、向日葵ちゃんがお泊まりしてくれないって言うんだったらあかりにも考えがあるよ……」


あかり「そーれ♪」

向日葵「あっ、ちょっと赤座さん///」

あかり「一緒に泊まるって言ってくれるまでくすぐっちゃうんだから!」

向日葵「きゃぁ///赤座さん、くすぐったいですわ///」

あかり「ほれほれ~♪」ムニュムニュ

向日葵「あ///そ、そこは!///」

ちなつ「私もやるぅ!」チュゥ

向日葵「んむぅ///……あんっ……」レロレロ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:05:57.77 ID:FrOt/hkh0

櫻子「……」ムラムラ

櫻子「あかりちゃんとちなつちゃんばっかりズルーい!私も向日葵をレイプするー!」

あかり「おいで、櫻子ちゃん。櫻子ちゃんも一緒に犯そうよ♪」

ー2時間後ー

向日葵「イクゥ~!!!///私もお泊り会イクゥ~!!!///イキますわぁー!!!!!//////」アヘアヘ

あかり「やったぁ!あかりたちの大勝利だぁ!!」

ちなつ「これでお泊り会できるね!!」

先生「で、あるからしてこの公式をーー」

櫻子「先生!うるさい!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:07:05.76 ID:FrOt/hkh0

ー放課後ー

あかり「向日葵ちゃんレイプしてたらいつの間にか授業終わってたね」

ちなつ「本当、いつから授業始まってたんだろう」

櫻子「うーん、多分向日葵が潮噴き出した辺りだったと思うけど……」

あかり「まぁ、いっか」

あかり「それじゃあ、あかりたち部活に行くから。生徒会の人たちによろしくね」

ちなつ「お泊り会の交渉忘れないでね~」

櫻子「うん!任せて!」

櫻子「ほら、向日葵も早く行くよ」

向日葵「アヒィ……」ビクッビクッ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:09:11.72 ID:FrOt/hkh0

ちなつ「櫻子ちゃん上手くやってくれるかな?」

あかり「きっと大丈夫だよ、櫻子ちゃんを信じよう!」

ちなつ「ふふっ、あかりちゃんはやっぱりいい子だね」

あかり「えへへ、そうかな?」

あかり「あ、一万円札が落ちてる。きっと捨てるつもりなんだよね、貰っとこう」スッ

ちなつ「まぁたあかりちゃんはネコババして」

あかり「えへへ……あれ?また降ってきた」

ちなつ「上になにかあるのかな……?」

結衣「アハハッ!アハハハハッ!拾え!ゴミ共!!」

ちなつ「あっ、結衣先輩が屋上でお金ばら撒いてる」

あかり「しょうがないなぁ、結衣ちゃんってばまたお薬使っちゃったんだね」

あかり「仕方ないからお金は全部あかりがもらってあげようヒヒッw」


第四部~火の鳥 キチガイ編~ 完



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:11:29.17 ID:FrOt/hkh0

『んんっ///はぁんっ///いやぁ///』

京子「はぁはぁ……」クチュクチュ

結衣「んっ……あ///」クチュクチュ

ちなつ「あぁ///……ダメ///」クチュクチュ

あかり「んぅ///……」ビクンッビクンッ

パチッ

綾乃「ナニをやっているのよ!」

四人「きゃぁあああ!!!??」

綾乃「歳納京子!もう下校時間よ!いつまでも残ってないでーー」

綾乃「ん?」

ガラッ

西垣「よっ、諸君」クチュクチュ

りせ「……///」クチュクチュ

綾乃「会長に先生まで、一体なにを……」

西垣「決まっている、引率だ」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:14:22.92 ID:FrOt/hkh0

綾乃「なんのですか?」

京子「合宿っ」

綾乃「へっ……」

ガラッ

櫻子「こんにちはー、遊びにきたよ!」

向日葵「おじゃましますわ」

綾乃「大室さんに古谷さんまで……」

千歳「あれ?綾乃ちゃん聞いてなかったん?今日は生徒会と娯楽部のみんなで合宿をするって話やったんやけど」

綾乃「えっ……えっ?」

向日葵「もしかして櫻子……杉浦先輩に連絡するの忘れてましたの?」

櫻子「うーん……どうだったかなぁ」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:16:49.14 ID:FrOt/hkh0

綾乃「な……」

綾乃「なによなによー!!私だけ仲間はずれにしてー!!」

綾乃「ムキー!!!」ダンッダンッ

向日葵「す、杉浦先輩……」

京子「綾乃っ!」ダキッ

綾乃「あっ……歳納京子」

京子「大丈夫……大丈夫だからね」ギュッ


京子「落ち着いた?」

綾乃「んなわけないでしょ!!」ゴスッ

京子「へぶっ!?」

結衣「あぁ、あの茶番失敗することもあるんだ」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:18:42.63 ID:FrOt/hkh0

綾乃「学校で寝泊まりするなんて許されないわ!こんなの中止よ!」

りせ「……ボソボソ」

綾乃「会長?」

西垣「お前の役職はなんだ?と言っている」

綾乃「生徒会副会長です……」

りせ「……ボソボソ」

西垣「私が生徒会長でお前が副会長、この意味が解るな?と言っている」

綾乃「つ、つまりどういうことですか?」



りせ「この私が七森中で一番強いってことなんだよォ!!!」バキッ

綾乃「あぁ!?私のもみあげがぁ!?」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:20:09.44 ID:FrOt/hkh0

西垣「返して欲しければあなたも合宿に参加することね。と言っている」

りせ「ちょ、西垣ちゃんwワシまだなにも言うてへんがなw」ガハハ

京子「ということは……」

結衣「あぁ!!」

あかり「やったぁー!!」ピョンッ

ちなつ「これで合宿ができるってことですな!!」

千鶴「第五部、完!!!」


第五部~砕けるリアルと夢物語編~ 完



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:21:15.28 ID:FrOt/hkh0

綾乃「ま、まぁ!会長の命令じゃ仕方ないわね///それじゃあ、私も付き合ってあげるわよ///」

京子「えっ?別に嫌だったら参加しなくてもいいよ」

綾乃「えっ」

あかり「まぁ、許可さえもらえればそれでいいしね」

ちなつ「通称七森中のキチガイ隔離病棟娯楽部の私たちだって人の嫌がることを強要するほど落ちぶれちゃいませんよ」

結衣「綾乃、迷惑かけて悪かったな」

結衣「ほら、金だ。これで許してくれないか?」


綾乃「……」

綾乃「うぅ……」ポロポロ

千歳「綾乃ちゃんが泣いたー!!泣きよったでぇー!!」ヒャッホー



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:22:38.43 ID:FrOt/hkh0

櫻子「……」

櫻子「杉浦先輩も一緒に合宿しましょうよ」

櫻子「一人ぼっちは寂しいですからね」ニコッ

綾乃「キュゥ……べぇ……」グスッ

綾乃「うわあぁぁぁぁぁん!!!!」ダキッ

櫻子「よしよし」ナデナデ


櫻子「落ち着きましたか?」

綾乃「んなわけないでしょ!!」バキッ

櫻子「へぶっ!?」

千歳「綾乃ちゃん激しいわぁ~」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:24:18.29 ID:FrOt/hkh0

京子「さっ、一通り茶番も済んだところで綾乃も荷物の準備してきなよ」

綾乃「言われなくてもそうするわよ」

綾乃「ほら、千歳も大室さんも古谷さんも、早く行くわよ」

千歳「え?うちらも?」

綾乃「当たり前じゃない、私たちは生徒会役員なのよ?一心同体でしょ?」

向日葵「そんな仲間みたいに言われても困るのですが」

綾乃「さぁ~!地獄の底まで着いてきてもらうんだからね~♪」

千歳「しゃあないなぁ」ヤレヤレ

千歳「それじゃあ、ウチら綾乃ちゃんの手伝いしてくるわ~」

京子「おう、わかった」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:26:07.44 ID:FrOt/hkh0

あかり「さて、なにして遊ぼうか」

京子「じゃーん」

ちなつ「わぁー」

あかり「着ぐるみパジャマ」

結衣「かわいい」


ちなつ「でもこれどうしたんですか?結構高かったのでは?」

京子「ゲーセンで恫喝してきた。ちょっと脅したら一発だったよ♪」ハハハ

あかり「京子ちゃんすごーい!」

結衣「よし、さっそく着てみよう」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:27:29.97 ID:FrOt/hkh0

ちなつ「ニャーンwwwwwwかわいいですか?wwwwwwwww」

あかり「あかりわんわんだぁwwwwwwwwwwww」

結衣「パッ、パンダ私パンダwwwwwwwケケッwwww」

千歳「うちのはアブラムシやwwwwwwwwww」

櫻子「私はフンコロガシwwwwwwwwwwww」

向日葵「私のはゲンゴロウですわwwwwwwwww」

京子「あれ?三人とも綾乃に着いていったんじゃないの?」

千歳「あれは幻や」

結衣「そうか」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:29:52.62 ID:FrOt/hkh0

あかり「京子ちゃんはどんなの?」

京子「私のはとびきりかわいいぞぉ!」

あかり「ボウフラ?それとも水カマキリ?」ウキウキ

京子「オリモノ!!」

千歳「かわええなぁ~」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:31:02.86 ID:FrOt/hkh0

京子「結衣、ちょっと踏んでみて」

結衣「えっ……?」

京子「早くしろォ!!!!」

結衣「……」

結衣「……」フミッ

京子「オリモォノ」

結衣「……」フミッ

京子「オリモォノ」

結衣「……」

グチャッ!グチャッ!グチャッ!グチャッ!

京子「あああああぁぁぁああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

櫻子「歳納先輩がミンチにされていくね」

ちなつ「すごい、本物のオリモノみたいになっちゃった」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:32:22.37 ID:FrOt/hkh0

ガラッ

綾乃「ただいまー」

向日葵「あ、杉浦先輩が戻ってきましたわ」

結衣「ここはお前の家じゃないぞ、出てけ!!」

バタン

あかり「ゆ、結衣ちゃん!杉浦先輩がかわいそうだよ」アタフタ

結衣「そうかな?悪い、綾乃。入ってくるところただいま以外でやり直してもらえないか?」

結衣「ただいまは癪に障るんだ」

綾乃「失礼します……」

結衣「おかえり、綾乃」ニコッ



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:33:16.50 ID:FrOt/hkh0

綾乃「あら?こんなところに梅干が落ちてるじゃない。もったいない」ハムッ

ちなつ「あっ」

綾乃「ん~♪潰れてるけど甘くて美味しいわ」

櫻子「どれどれ……」ハムッ

櫻子「わぁ~、本当だ!すごく美味しい!」

千歳「そんなに美味しいならうちも……」ハムッ

あかり「あ、あかりもぉ~」ハムッ

あかり「うわっ、美味しいー」

千歳「ホンマやなぁ~」

結衣向日葵ちなつ「……」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:35:21.55 ID:FrOt/hkh0

向日葵「あのっ……それは歳納ーー」

ちなつ「ストップ」

向日葵「んぐっ」

ちなつ「わざとじゃなくても、京子先輩を食べちゃったってわかったらみんな悲しむでしょ?」

ちなつ「だから……ねっ?このことは私たちだけの秘密にしとこ?」

向日葵「吉川さん……」ウルッ


結衣「結構イケるな、これ」ムシャムシャ



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:36:10.51 ID:FrOt/hkh0

あかり「それにしても、京子ちゃんは美味しいね!」

櫻子「本当だね!チョコボールよりもずっと美味しいよ!」

千歳「それに、歳納さんの血肉がうちの身体の一部になったって思ったら興奮してきたわwwwwwwwwww」ウヒョヒョ

綾乃「えっ、これ歳納京子だったの?」

綾乃「まぁ、いいけど」モグモグ


ちなつ向日葵「……」

ちなつ「私たちも食べようか」

向日葵「はい」


第六部~巡る命は梅の香り編~ 完



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:37:04.25 ID:FrOt/hkh0

京子「第一回!チキチキ、娯楽部VS生徒会対決!負けたら絶命、ガチでガチな真剣勝負ぅ~!!」

あかり「えぇ~、また命持ってかれちゃうの?」

ちなつ「もう正直飽きたんですよね、命のやり取りってのも」

向日葵「娯楽部って想像以上にスリリングな部活動でしたのね」

千歳「だから大室さんは遊びに行くたんびに小指が無くなるんやな」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:38:19.19 ID:FrOt/hkh0

綾乃「それで、みんな変な服着てるけど、それってなんなの?」

千歳「着ぐるみパジャマらしいで」

綾乃「へー、私のは?」

京子「ないよ」

綾乃「な、なんですってぇ~!?」

結衣「なんで綾乃の分用意してやらないんだよ」

京子「綾乃は人間役だから必要ないと思って」

綾乃「うぅ、せめて……せめてかわいいチワワのやつでいいから私にもパジャマを……」

櫻子「また杉浦先輩ったら高望みしちゃって」


京子「そんなにパジャマが欲しいの?」

綾乃「えぇ、私だけ制服なんて仲間はずれみたいで嫌じゃない!」

京子「じゃあ、奪い取ればいいじゃん。これから生徒会と娯楽部でバトルするからさ」

京子「綾乃が勝ったら相手からパジャマをもらって、綾乃が負けたら命を差し出すの」

綾乃「面白そうじゃない、望むところよ!」

櫻子「いいのかなぁ」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:41:09.18 ID:FrOt/hkh0

京子「もう面倒だから一人代表決めてそれで終わりにしよう」

結衣「お前が企画したのに?」

ちなつ「じゃあ、生徒会の代表は杉浦先輩として、こちらの代表は誰がやるんですか?」

京子「しりとりで負けた人がやればいいと思う」

結衣「うん、そうだね」

あかり「ちょっと待ってよぉ!!」

ちなつ「なにか?」

あかり「なにか?じゃなくて、
しりとりだったらあかりの負けが確定しちゃうよぉ!!」

結衣「パイパンって言わなきゃいいだけだろ、薬が切れそうでイライラしてるんだ。早くやるぞ」

京子「あかり、『パ』からだ」

ちなつ「先行はあかりちゃんに譲るよ。さっ、どうぞ」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:42:11.96 ID:FrOt/hkh0

あかり「えっと、えっと……」

あかり「パ、パイ、パイパ、パイ、パ…………」

あかり「パ、パ、パ、パイ、パパパパパパパパパパパパ…………」


あかり「パパパパパパパパパパパパパパパパパパパパ」ブブブブブ

櫻子「あかりちゃんが壊れたぁ!!」

綾乃「小刻みに震えちゃってバイブみたいね」

あかり「パーッwwwwwwパパパラッパwwwwwwwwパパパラッパwwwwwwwww」ブブブブブ



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:43:08.58 ID:FrOt/hkh0

千歳「これはどうなるん?」

京子「戦う前から壊れちゃったし、もう綾乃の勝ちでいいよ」

綾乃「いいの?やったぁー♪」ピョン

向日葵「ふふっ、おめでとうございますわ」

結衣「それじゃあ、あかりから服剥ぎ取っていいぞ」

綾乃「よいしょっと」スルッ

櫻子「む!?これは……」

ちなつ「どうしたの?櫻子ちゃん……おわぁ!?」

ちなつ「こ、こいつケツの穴に尻尾刺しとる!?」

京子「なるほど、道理であかりのパジャマだけ尻尾が動くはずだ」

綾乃「……やっぱりこの服はいいわ」

あかり「Everybody stutters one way or the other
So check out my message to you.
As a matter of fact don't let nothin' hold you back.
If the Scatman can do it so can you.」ドンドンディンブブブブブ



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:44:15.45 ID:FrOt/hkh0

京子「ん~、お腹空いたなぁ」

綾乃「そう?私たちは別に空いてないけど」

京子「えー、結衣はお腹空いてるよね?」

結衣「いや、私もお腹いっぱいかな」

結衣「というか、最近空腹になることがないんだ。注射打ってるだけで全てが満たされるから」

京子「むぅ~、なんだよ」


京子「あっ、そうだ!私チョコレート持ってきたんだった!」

京子「みんなで食べようと思ってたけど、私一人で食べちゃおーっと」モグモグ

あかり「別に羨ましくもなんともないね」ペッ



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:45:03.28 ID:FrOt/hkh0

千歳「チョコええなぁ」

櫻子「ハハハ、池田先輩は食いしん坊さんですね」

千歳「いやぁ~、うちチョコ小さい時に食べたきりなんよ」

京子「へぇえ!!?!?チョコ食わないってどんな可哀想な人生送ってきたんだよ!!!????」

京子「たんと食え!たぁんとな!!」

千歳「それじゃあ、いただきまーす」ハムッ


ちなつ「あ、誰がナプキン持ってきてない?私今生理きちゃったみたい」

向日葵「汚らしいですわねぇ」

綾乃「はい、タンポンでいいなら私が持ってるわよ」

ちなつ「わぁ、ありがとうございます♪」グモッ

綾乃「どういたしまして」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:46:17.30 ID:FrOt/hkh0

千歳「綾乃ちゃん」

綾乃「んっ?」

千歳「オラァッ!!!」ガバッ

綾乃「きゃぁ!!ち、千歳!?」

千歳「いいから脱げや!!!マンコ見せろ!!!!」

京子「な!?ど、どうしたんだ!?」

千歳「ハァハァ、気持ちよくしたるで?気持ちよくしたるで?」クチュクチュクチュクチュ

綾乃「いや///んっ、あっ///イクゥーーーーー!!!!!//////」プッシャァ


千歳「いやぁー////綾乃ちゃんレイプしてもうたぁ///」キャッキャッ

結衣「ど、どうなってんだ」

千鶴「姉さん……はっ!?」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:47:44.96 ID:FrOt/hkh0

千歳「きゃぁー/////」クチュチュチュ

向日葵「池田先輩の手でイカされてしまいますわぁーーー!!!!//////」プッシャー

結衣「千鶴!どうなってるんだ!?」

千鶴「チョコを食べると、姉さんの中でレイプが目を覚ます」

千鶴「それだけ」

結衣「なんだ、そうか」

千鶴「とにかく、こうなった姉さんをーー」

千歳「千鶴にも間髪居れずファックや!!!!」ズボッ

千鶴「アヒィィィィィィィーーー!!!///////」ガクガクガクガク


結衣「ハハッ、喘いどる喘いどるw」

京子「笑ってる場合か!!」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:49:21.42 ID:FrOt/hkh0

千歳「船見さんにもファーック//////」ズボッ

結衣「んほおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!//////」アヘ

ちなつ「きゃあー!!!!私の
結衣先輩が!!!」

千歳「吉川さんも指姉妹にしたるわぁ//////」

ちなつ「やめてください!!私は今生理中ですよ!!??」

千歳「関係あらへん!レイプやぁーー!!!」クチュチュチュ

ちなつ「はぁぁぁあああああああああんんんん!!!//////」プッシャァ!!

ピチピチ

あかり「うわぁ!?ちなつちゃんの経血が飛び散ったぁ!?」

京子「クッ、ちなつちゃんまで……」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:51:15.08 ID:FrOt/hkh0

京子「よし、私が止めてみせる」

あかり「ダ、ダメだよぉ!京子ちゃんまでレイプされちゃったら」

京子「大丈夫、これ以上犠牲を出す訳にはいかないからな」

櫻子「歳納先輩……」


京子「こいっ!千歳!」

千歳「歳納さぁ~ん!!!//////」

ガシッ

京子「んちゅ……あむ……」


結衣「って、受け入れるのかよ!!」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10(月) 00:52:06.69 ID:FrOt/hkh0

千歳「うぼぇぇぇぇぇぇぇえ!!!!!くっさあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ゲロゲロゲロゲロ

向日葵「!?一体なにが……!」

結衣「そうか、京子は歯を磨かない」

結衣「長年の汚れが溜まりに溜まったおかげでとんでもない激臭を放っているんだ!」

櫻子「つまり……」

結衣「あぁ!勝ったんだよ!」

あかり「やったぁー!!」

こうして、瞬間的ながらもレイパーへと変貌した池田先輩をなんとか倒すことができました。
警察にも通報したけれど、責任能力が無いとかなんとかで無罪となりました。
池田先輩は今も何食わぬ顔で学校に通っています。
あれから特に変わったことはありませんが、結衣ちゃんが覚醒剤の違法所持で捕まりました。
でも、直ぐに親の権利で釈放されたので、今でも悠々自適と一人暮らし中です。

唯一変わったことと言えば、あの日の活躍以降京子ちゃんの評価が急上昇したことです。
極悪レイパーを倒したことで、京子ちゃんファンクラブが設立されました。
今では毎日京子ちゃんの姿を見に娯楽部の中にまで信者が押しかけてくるくらいの人気です。
やっぱり娯楽部の部長はすごい、あかりはそう思いました。

第七部~散りゆく花は百合の花編~ 完


ゆるゆりwwおしまい


元スレ
あかり「ゆるゆりwwはっじまーるよー」