1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 19:29:03.13 ID:hIiTnI/s0

向日葵「公立受験まであと何日?」


櫻子「えぇ…と」


向日葵「2週間切ってるじゃないのよ!!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 19:37:11.98 ID:hIiTnI/s0

向日葵「それなのに何なのですの!あなたの勉強に対する姿勢と言ったら」


向日葵「このままだとはっきり言って落ちますわ」


櫻子(くそぉ…向日葵は推薦で受かりやがったくせにぃ)



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 19:44:59.64 ID:hIiTnI/s0

向日葵「こうなったら今日から私が付きっきりで基礎中の基礎から勉強を教えてあげますわ」


向日葵「一日につき最低でも5時間は妥当ですわね」


櫻子「ひっ…向日葵?いくらなんでもそんなにする必要ないと思うなぁ。私の受ける高校そこまで偏差値高くないし…」


向日葵「やると決めたらやりますのよ」フフフ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 19:47:40.84 ID:hIiTnI/s0

櫻子「えっ…だってさ、ごっ5時間って…土日はまだしも…学校ある日はさすがに」


向日葵(いいから黙って私の言うこと聞きなさいやアホっ子が…)


櫻子「いい、今何か言っ…」


向日葵「何でもないですわっ♪」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 19:52:35.06 ID:hIiTnI/s0

向日葵「土日は8時間ですの♪」


向日葵「私と同じ偏差値の高校に合格するためには当然の代償ですわ」フフフ 


向日葵「ワタクシガ イロイロナテヲツカッテ カエテオキマシタワ」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 19:57:08.99 ID:hIiTnI/s0

櫻子「はぁ?聞いてないぞ!かってに志望校変えんなし!!」


向日葵「○○高校なんて所詮馬鹿の集りじゃないですの」


向日葵「偏差値50以下なんてクズ同然ですわ」


櫻子「はっ、失敬な!私にしたらそれなりに勉強も必要だしっ」


櫻子「自分が偏差値60あるからって、偏差値40を馬鹿にすんな!」


向日葵「68ですけど。これでも志望校は下げたんですわよ?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:01:41.97 ID:hIiTnI/s0

櫻子「ああもううるさいうるさーい!」バタバタ


向日葵「とにかく、櫻子の進路の決定権は私に委ねられました」


櫻子「意味わかんねーよ!私模試なんかでも精々120点くらいだよ?今からどうしろって」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:05:17.97 ID:hIiTnI/s0

――――――――――――――――――――――――――――――


櫻子「あ~もぉわかんない!」


向日葵「ちゃんと頭で考えましょうね~、ほらここはこうだから…」


櫻子(向日葵が普段と違って容赦ない…)


櫻子(しかももう1時間ぶっ通しだよ)


向日葵「ほら、ちょっと聞いてるの?今日はこの問題を解けるまで帰りませんからね」


櫻子「はぁ…勘弁しろって」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:07:13.09 ID:hIiTnI/s0

1時間後~



向日葵「…そこに代入するとこうやって解を求めることができますわ……」ウンタラカンタラ…


櫻子(あー何だか眠いなぁ……)ウトウト


向日葵「」ムカ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:16:18.35 ID:hIiTnI/s0

さらに1時間後~



…√の計算の範囲のとき…


向日葵「櫻子、あなたときたら…」


向日葵「7×6の答えは48じゃないでしょうが!こんなの小学校2年生でも分かりますわ、ほら7の段の九九を最初から言ってみなさい!」


櫻子「しちいちが7、しちに14、しちさん24、しちし…しちし……なんだっけ」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:17:13.08 ID:hIiTnI/s0

向日葵「√の計算どころではありませんわ…」



花子「櫻子、ひま姉夕食出来たし」


櫻子「やったー!」


向日葵「仕方ないですわね。この続きは食べ終わった後でしましょう」


櫻子「~♪」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:20:03.89 ID:hIiTnI/s0

――――――――――――――――――――――――――

~勉強再開~



向日葵「解き直して御覧なさい」


櫻子「」カキカキ


向日葵「だからそこは違いますっ…って、もうこれで同じところの説明5回目以上してますわ!!本当に聞いてましたの!?」


櫻子「ちゃんと聞いてたし、向日葵の教え方が悪いんだよ!」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:21:27.31 ID:hIiTnI/s0

向日葵「あら?そうですの」


向日葵「それは失礼しましたわ」


櫻子(な…なんだよ)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:24:01.09 ID:hIiTnI/s0

―――――――――――――――――――――――

30分後~


櫻子(やばい…さっきご飯たらふく食べたせいで死ぬほど眠くなってきた)ウトウト


櫻子(………)ウトウト



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:25:27.75 ID:hIiTnI/s0

櫻子(………)ウトウト


櫻子(………)ウト …ウト…



櫻子(……!)バチン


櫻子「なな、何すんだよいきなり!?」


向日葵「あなた分かってますの?今やってるのは中二の範囲ですわよ?寝ている場合だと思っていますの」ジロ


櫻子(こ…怖い…………)


向日葵「数学が終わった後は英語、その後は理科と社会ですわ」


櫻子「え…えぇ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:29:00.43 ID:hIiTnI/s0

~夜10時~


櫻子「ひ、向日葵…10時だしさすがにもう帰ったほうが」


向日葵「まだ目標の半分の課題も終わってないじゃありませんの」


櫻子「いきなりこんなやったからってできるようになるわけじゃないし…む、寧ろ逆効果だよ!そ、そうだ歳納先輩から効率のいい勉強方法を……」


向日葵「は?何言ってますの?そんなこと言ってる暇あったらとっとと問題解きなさい」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:33:34.42 ID:hIiTnI/s0

櫻子「もう嫌だ嫌だ疲れた~~~」


向日葵「」バキッ(100斤のシャーペンを折る音)


向日葵「だだこねればいいと思ってんじゃないですわ」


櫻子「なっ、なんで向日葵がキレるんだよ…い、意味わかんねって…」


櫻子(ひっ…向日葵がいつになく怒ってる……これはたぶんガチなほうだ…)アセアセ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:36:07.70 ID:hIiTnI/s0

向日葵「ツベコベ言ってないで、やれ」


櫻子「あ…はい………」シュン


向日葵(櫻子を私と同じ高校に合格させるため…もう限られた時間しかないですわ)



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:38:49.85 ID:hIiTnI/s0

――――――――――――――――――――――――

~深夜2時~


向日葵「櫻子今日はよく頑張りましたわ~~~♪」アタマナデナデ


向日葵(結局、数学だけで終わってしまいましたけれども)


櫻子「あっ…あははは……」グスッ


櫻子(こんな地獄のような毎日が受験前日まで続くの?……………)





櫻子(死にたい…)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:39:47.39 ID:hIiTnI/s0

向日葵「今日は私がずっと膝枕をして差し上げますわ」ニコニコ



櫻子「勉強しすぎて死………ムニャムニャ」zzz





――――――――――――――――――――――――――――――



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/25(火) 20:45:12.28 ID:hIiTnI/s0

19歳となった現在、私は向日葵と同じ大学に通っている。

それも県内でも有名な国立大学だ。


高校受験の時に必死に頑張ったからこそ、今の自分があるんだと思う。


向日葵には感謝仕切れない。



ありがとう。


そしてこれからも向日葵とずっと一緒にいたいな。




~おしまい~


元スレ
向日葵「心を鬼にして櫻子に勉強教えますわ」