1: ◆yufVJNsZ3s 2020/08/11(火) 23:21:36.02 ID:AVuudPRF0

 雨降りは嫌だ。湿度が高いのも嫌だ。肌にまとわりつくような暑さは輪をかけて嫌だ。
 六月、七月と不快指数は極大で、梅雨明けが報じられたちょうど八月一日、俺は執務室の机に突っ伏して呻いていた。

 じりじりと肌を焼く陽の光が嫌だ。

 ああ、人間はなんて我儘な生き物なのだろう。あれだけ雨よ降るな、さっさと晴れろと請うていたのに、いざ日差しが降り注げばそれさえもまた嫌になる。
 遮光をすれば籠った空気で気分が悪くなるし、調子の悪いクーラーは三十分ごとに理由もわからず作動を止める。なんともまぁうまくいかないことか。修理の依頼はしたものの、この時期はやはり電気屋も繁忙期、即座に対応とはならない。そもそも泊地の備品であるがゆえに、申請してから承認が降りるまでがまたとにかく長い。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1597155695




2: ◆yufVJNsZ3s 2020/08/11(火) 23:22:06.13 ID:AVuudPRF0


「……なにやってるの?」

 イクがアイスキャンディを齧りながら部屋の入口に立っていた。あれほどノックをしろと――いや、空けっ放しにしていたのは俺だ。空気の通りをよくするために。
 溶けたアイスが液体となってぽた、ぽた、廊下に一滴ずつ染みていく。イクは指に、手首に伝ったそれを舌で舐めとった。なんとも扇情的な光景であったが、幸か不幸か頭は茹っている。下半身は反応しない。

「あちぃ」

「うんうん、わかる。ほんっと、あっついのね」

「茹だるぜぇ」

「熱中症にだけは気を付けてよ?」

「おう、おう」

 スチールデスクはひんやりとしていて気持ちがいいものの、すぐに人肌でぬるまってしまう。少しだけ体を動かして、まだ仄かにでもひんやりとした場所を探す。
 そんな俺の姿を見て、イクはぼそりと「毒虫みたい」と呟いた。グレゴール・ザムザの名前くらいは知ってはいるが、毒虫そのものにはとんと見識が及ばなかった。





3: ◆yufVJNsZ3s 2020/08/11(火) 23:22:45.67 ID:AVuudPRF0


 イクが裸足をぺたぺた鳴らして近寄ってくる。スクール水着。科学の粋を集めて作られた特製仕様。僅かに肌や髪が濡れているようにも見える。シャワーでも浴びていたか、海に潜っていたか。
 しゃり。随分と柔らかくなったアイスキャンディの音。少し大きめに噛み砕いた破片を、イクはその口の端に咥えて、首の角度を九十度、俺と合うように傾げた。
 少しぽってりとした、厚みのある唇が、アイスキャンディの破片とともに俺の口元へとやってくる。俺は拒まず、寧ろ積極的に受け入れるようにその破片を啄み、偶然を装って彼女の唇を、そしてその奥の舌さえも啄んでみる。
 あちらもまた拒まなかった。破片が互いの口のちょうど間で急速に溶けていき、その際に俺たちから熱は奪われているはずなのに、不思議とそんな気はしない。

 すっかりと溶けて小さくなった欠片をイクが最後に舌で押しやり、俺の口の中へと納める。彼女の舌はところどころ冷たく、ところどころ熱い。





4: ◆yufVJNsZ3s 2020/08/11(火) 23:23:13.40 ID:AVuudPRF0


 ぷは、と空気の漏れる音がした。それがどちらのものだか不明瞭なままに、俺たちは顔を離す。

 アイスキャンディはソーダ味だった。懐かしい味。安っぽい味。すぐに鼻から抜けて消えてなくなるくらいの薄らとした。それよりもよほどイクの芳香が強烈であるくらいには。

「提督」

 イクは笑った。もしくは、笑っていた。
 言葉が続くと思ったが、それ以上はなにもなかった。無言のままに手と手が重なる。彼女の左手と、俺の左手。机の上で交差するように。
 その交差はまるで不自然極まりなかったが、その意味はすぐに知れる。かちん、かつん、互いの左手、その薬指に嵌った指輪が、軽やかに、愉快そうに、ぶつかって音を鳴らす――否。イクが音を鳴らしている。





5: ◆yufVJNsZ3s 2020/08/11(火) 23:24:34.21 ID:AVuudPRF0


 右手に持っていたアイスキャンディはその殆どが溶けていて、根元の方に少し残っているだけだ。細く白い指先を水色の液体が濡らしている。
 イクが差し出してきたそれを、何のためらいもなく口に運ぶ。そのまま人差し指を舌先でくすぐった。イクは僅かに体を震えさせたが、それが身動ぎなのか身震いなのかはわからない。
 アイスの棒が机に落ちる。しかし今の俺には代わりがあった。爪の感触を確かめたり、関節を僅かに噛んだり……感じるいたずらの共犯者めいた昂揚。

 ゆっくり、遅々とした、蝸牛のような鈍さで指を口から引き抜いていく。

 重なり合った左手は汗ばんでぬめる。左手同士でうまくかみ合わないのを構いもせず、俺たちは強く手を握った。あるいは、だからこそ、強く。

 暑いのもたまには悪くない。



《おわり》



6: ◆yufVJNsZ3s 2020/08/11(火) 23:25:28.76 ID:AVuudPRF0

――――――――――
おしまい
リハビリ


元スレ
SS速報VIP:【艦これ】19とアイスを食べるだけの話