10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 01:34:38.90 ID:DjYtaGHG0

京子「あの、先生!」

綾乃(もっもも、もしかして気づかれた!?)

京子「トイレ行ってきていいですか?」

教師「しょうがないな、行って来い」

京子「うーす」

結衣(まったく…京子のやつ)


綾乃(どうすんのよ…)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 01:40:31.56 ID:DjYtaGHG0

綾乃(こ、これは私もトイレに行くべきなのかしら…)

綾乃(ななな、何考えてるのかしら私ったら)

綾乃(いいわけがないでしょうがっ…)

綾乃(とと、歳納京子とトイレで二人きりなんて…///)



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 01:46:36.36 ID:DjYtaGHG0

教師「杉浦、この問題黒板で解いてくれないか?」

綾乃「ふぇっ…は、はい」

綾乃(なんでよりによってこんな時に…)

綾乃(座っているのも辛いのに…)シズシズ


結衣(ん?なんか綾乃の歩き方不自然じゃ…)

千歳(綾乃ちゃん、そんな難しい問題じゃあらへんのにな)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 01:59:43.75 ID:DjYtaGHG0

綾乃「あの…先生」

教師「どうした?」

綾乃(どうしよ…みんなの前でトイレに行ってもいいですかだなんて恥ずかしいわ)

綾乃「うぅ……」

教師「ああ、行ってきていいぞ」

綾乃「えっ…」

教師(まあ年頃の女の子はしゃーないよな…)

綾乃(そそ、そんな…)



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 02:08:52.62 ID:DjYtaGHG0

~廊下~

綾乃(まさかこの流れになるとは…)スタスタ

綾乃(…)



綾乃(歳納京子……いるのよね?)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 02:17:04.54 ID:DjYtaGHG0

綾乃(とと、とにかく今はそれどころじゃないわ)ガタッ ギィー

京子「あ…」

綾乃「え…」


京子「うわぁっ…ああ、綾乃!?///」

綾乃「ととっ、とっ、ととと、とっ、としっ、歳納…きょうこ」ガタガタ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 02:24:19.91 ID:DjYtaGHG0

京子「ここ、これは違うんだ綾乃……授業をさぼって一人でアレをしていたとかそういうのじゃなくてっ」

綾乃「……っ」ウルウル

京子「あっ、綾乃…?」

綾乃「ぐすっ……」


ポタッ

ポタッ
.
.
.

京子「綾乃……も、もしかして…?」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 02:28:27.95 ID:DjYtaGHG0

綾乃「……漏らしちゃった…」ボソ

京子「えっ…」

綾乃「どうしよ…漏らしちゃった…じゃない……ぐすっ」

京子「あ、綾乃とりあえず落ち着こう…ね?」

綾乃「ぐすっ…私……私…ぐすっ」

京子(どど、どうするべきなんだ…)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 02:32:19.58 ID:DjYtaGHG0

綾乃「制服……濡れちゃった……ぐすっ」

京子「綾乃、とにかく一旦落ち着いて……」

京子(私が鍵をかけ忘れたのか、そもそも元から壊れていたのか…)

京子(いっ…いや、今はそれどころじゃない)

京子(どうしよ…どうしよ…)



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 02:40:36.87 ID:DjYtaGHG0

京子(とりあえず、私の制服を貸すか…)

綾乃「ぐすん…ぐすっ……」

京子「あ、綾乃…?私の制服着ていいから教室戻りなよ」

綾乃「そんなことしたら……と…歳納京子はどうするのさ」ウルウル

京子「まあ私ならべつに皆にバレたっていいかなって…ね」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 02:45:08.67 ID:DjYtaGHG0

綾乃「そ、そんなのだめよ…歳納京子に迷惑掛けるじゃないの……ぐすっ」

京子「うん……でもさ、綾乃は生徒会の副会長だし…バレちゃまずいと思うから」

京子(さすがにこれは私であろうと辛い……)



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 02:50:19.59 ID:DjYtaGHG0

綾乃「でも……」

京子「とりあえず床拭こっか…」


綾乃「ええ…」

綾乃(歳納京子の目の前で漏らしちゃった上に、拭くのまで手伝ってもらうなんて…)

綾乃(もう死にたい気分だわ……)



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 02:55:03.11 ID:DjYtaGHG0

京子「この雑巾新品そうだしいっか」フキフキ

綾乃「えっ…とととと、歳納京子?あ、あなた素手よ?」

京子「いいじゃん、後で手洗うんだし」フキフキ

綾乃「そそそ、そういう問題じゃないと…」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 03:00:42.34 ID:DjYtaGHG0

京子「それに誰がしたかわからないのだったらさすがに嫌だけど、綾乃のだからねー」

綾乃「ちょっ、そっ…それはどういうことよ」

京子「」クンカクンカ

綾乃「やっ…やめっ…お願いだから///」

京子「もう冗談だってば。いくら私でもそこまで変態じゃないよ」アハハ

綾乃「ほ、本当もう…冗談でも許さないんだからねっ!」

綾乃(ごめんなさい私が全部悪いのに……)



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 03:06:57.75 ID:DjYtaGHG0

京子「だいたい拭き終わったし、制服交換しよ」

綾乃「あ、あの……と、歳納京子?」

京子「ん?どうかした?」

綾乃「あの言いにくいんだけど、さっきトイレで…」

京子(げっ…やばっ)

綾乃「鍵も開いてたし、なな、何してたのかなって……」

京子「そ、それは……」

京子(なんて説明すればいいんだ)



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 03:14:31.93 ID:DjYtaGHG0

綾乃「べ、べべ、べつにどうしても言いづらいことだったらいいのよっ」

綾乃「ただ…そのぉ…ちょっと気になっただけで…///」ボソボソ

京子(こりゃまいった///)

京子(けど正直に言った方がまだ…)



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 03:23:32.02 ID:DjYtaGHG0

京子「さ、最初はふつうにトイレしてただけなのさ、うん最初は」

京子「でも授業めんどいなーとか思ってたら、なんか暇つぶしにその…」

綾乃「と、歳納京子?///」

京子「ちょっと上から触ってたら気持ちよくなってきて…」

京子「お、オナニーとまではいかないぞ///」

京子「ただなんとな~く…してたらさ……い、いきなり戸が開いてさ。綾乃にちょうど変なところを見られちゃったもんね」アハハ

京子「あはは…は……///」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 03:31:52.14 ID:DjYtaGHG0

綾乃「そ、そうだったの……というかなんとなくはしてたのね…」

京子「あ、綾乃だって人のこと言えないくせに」

綾乃「ななっ、そ、そんなのしてるわけないんだから!」

京子「もう綾乃ー、二人だけの秘密なんだから隠すなよー」ホレ

綾乃「ばっ、馬鹿言ってるんじゃないわよ!こっ、この私が一度でもそんな行為…」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 03:38:47.41 ID:DjYtaGHG0

京子「綾乃はいつも誰のこと考えてしてるの?」

綾乃「だっ、だからしてないって!」

京子「私は綾乃でもできるんだけどなぁ」エヘヘ

綾乃「ちょっ、それどういう意味///」

京子「なんてね♪からかっただけ」

綾乃「ゆっ、許さないんだからね!」

京子「綾乃がお漏らししたことは誰にも言わないよ?」

綾乃「ちょ、そ…それは本当お願いします///」

京子「あはは」

綾乃「と…というか、ここまで来たんだからあたりまえでしょ!」

京子「もう綾乃ってば」エヘヘ



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 03:45:53.65 ID:DjYtaGHG0

綾乃「もうずるいってば///」

京子「うん、綾乃がお漏らししたこととかもうとっくに忘れたよ」

綾乃「だっ、だからそういうのがずるいって言ってるのよ!」

京子「あっ、時間…」

綾乃「そ、そういえば…もうそろそろチャイムが鳴ってもおかしくないわね…」

京子「あ、綾乃早く、私の制服に着替えて!」

綾乃「えっ、ええわかったわ!」

綾乃(でもこのまま私の制服を歳納京子に着せるわけにも…まだビショビショだし)



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 03:51:54.25 ID:DjYtaGHG0

~教室~

ガラッ

綾乃「す、すいません先生」

教師「おう大丈夫か?あと授業は五分だぞ」

綾乃「ええ…」

教師「そういえば歳納、あいつやたらとトイレ長いな。あとで説教してやらんと」

綾乃(ど、どうしたら…)


ガラッ

京子「すいません!お腹の調子が思ったよりも悪くて」

綾乃「ととととと、歳納京子!?」

綾乃(せ…制服は大丈夫なの……)



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 04:00:34.23 ID:DjYtaGHG0

教師「ん?なんか制服がやたらと濡れている気がするが…」

京子「え、そそ、そうですかね?」

綾乃「……」ドクドク

結衣「京子…お前まさか」

京子「ゆ、結衣ってばそんな……」ヒドイ

結衣「は…はぁ?」

結衣(まっ、まじで?事態はなんとなくわかった)

結衣(ここはなんとしてでも私がフォローしてやんないと)



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 04:07:35.77 ID:DjYtaGHG0

結衣「お、お前はいつもおっちょこちょいだな」

結衣「先生、京子が制服を濡らしちゃったみたいなのでジャージに着替えてもいいですか?」

教師「か、構わんが…というかもうチャイムも鳴ると…」


キーン コーン カーン コーン



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 04:14:11.49 ID:DjYtaGHG0

更衣室


結衣「私もさすがに焦ったよ。まさかこの歳でとはな…」

京子「結衣ぃ…」

結衣「なんだ、まあそんな気するなって」

京子「あ、ありがとう…」

結衣「そんな改まってすることでもないだろ」クスッ

京子「結衣の存在って本当助かる!いつもありがと!」

結衣「お、おう…」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 04:21:03.37 ID:DjYtaGHG0

結衣「そういえば綾乃と一緒だったんでしょ?いや何かあったのかな…って」

京子「それはいろいろと秘密っ!」

結衣「はい、そうですかい」

京子「でも結衣にだけ教えてあげる!」

結衣「えっ」

京子「私、綾乃のこともっと好きになったかも!」

結衣「そ、そっか…」

結衣(何があったかわからないけど、ちょっと悔しい気もするな)




おしまい!



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 04:29:27.14 ID:DjYtaGHG0

綾乃ちゃんは歳納京子の制服を着ていることにウキウキしている様子が見受けられますでしょう



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/28(金) 04:39:36.80 ID:DjYtaGHG0

エピローグ


~授業中~

結衣(京子と綾乃はまたトイレか…)



綾乃「も、もう歳納京子ったら…つ、次は私の番なんだからね!」

京子「えへへ、綾乃頬っぺた赤くなってるよ」

綾乃「そそ、そんなの当たり前でしょうが///」

綾乃「こう……かしら」サワ

京子「あんっ……ごめ、声出ちゃった」

綾乃「い、いいのよ…二人だけなんだから」

京子「二人だけの秘密たくさんつくろうね!」



ほんとのおわり!


元スレ
綾乃「お、おしっこいきたいわ…で、でも今は授業中…」プルプル