1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 02:25:11.08 ID:O/6nsc4S.net

希「にゃんでにゃん……ウチにゃんもしてへんのに……」

希「スピリチュアルパワーが関係あるんかにゃ……」

希「……」ピコピコフリフリ

希「ていっ!」ペシッ

希「あれ……えい!」ペシッ

希「えいっ! えいえいっ!」ペシペシッ

希「にゃははっ! 尻尾で遊ぶの面白いにゃ~」

希「……って、そんな場合じゃにゃいやん!」


はい



6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 02:34:37.14 ID:O/6nsc4S.net

希「このまま学校行かれへんやんにゃ……」

希「猫耳やし、猫尻尾やし……」

希「うう……これじゃ凛ちゃんと丸かぶりやんにゃ……」

希「にゃんでこんにゃことににゃるんよ……」

希「ぐすっ……普通にしゃべるだけでこんにゃことににゃるし……」

希「……とりあえず学校行かにゃいと」

希「猫耳は帽子かぶれば大丈夫……尻尾はスカートの中で腰に巻くようにすればいいやんにゃ」

希「人に見られたくにゃいにゃ……うう、とにかく頑張らんと! ファイトやんにゃ!」

希「……でもこの耳」フニフニ

希「手触り抜群やね……とっても気持ちいいやん」

希「お次は尻尾……んんっ……///」ビクンッ

希「……し、尻尾は弱いんやね」

希「とりあえず学校行こう……」



24: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 11:34:31.64 ID:O/6nsc4S.net

希「帽子ちょっと深く被れば見えにゃいやんにゃ?」

希「よ、よし……いってきます!」



・・・



希「……」ビクビク

希「だ、誰もいにゃいやんにゃ……」

希「うぅ……通学路で誰かに見つかったら大変やもん……」

希「もうササッといっちゃお……」ササッ



25: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 11:42:37.94 ID:O/6nsc4S.net

希「校門までたどり着いた! あとは……」


「のっぞみちゃーん!」ダキッ


希「ふにゃっ!?」

凛「おはよー!」

花陽「おはようございます」

希「り、凛ちゃん……はにゃよちゃんも」

花陽(はにゃよ?)

凛「ねえねえ、なになに今の! ふにゃーって」

希「び、びっくりしちゃっただけやから……!」

凛「希ちゃんもあんな声出すんだね!」

希「っ……か、からかわんといて!」

凛「はーい!」

花陽「ねえ、いまはにゃよって……」

希「ふぇっ!? ご、ごめんっ……か、噛んじゃったんよ! 許して!」

花陽「う、うん……別にいいんだけど」

凛「朝の希ちゃんは面白いにゃ」

希「うぅ……///」



27: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 11:48:46.15 ID:O/6nsc4S.net

花陽「ねえ希ちゃん……どうして帽子被ってるの?」

希「そ、それは……」

希(聞かれることに考えてにゃかった……!!)

希「え……えと、ほら……今日は暑くにゃるみたいやし……!」

りんぱな『にゃ?』

希「ぁぅぁぅ……///」

凛「希ちゃん、ちょっと変だよ?」

花陽「うん……あんまり無理しないでね……?」

希「う、うん……ありがとね……」

希(ぐすっ……もう嫌や……)



31: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 11:58:11.82 ID:O/6nsc4S.net

~部室~

凛「おっはよーにゃー!」

花陽「おはようございます」

希「お、おはよー……」

希(うぐぐ……どうしよかにゃ……)

希(このままやと、練習中に見られちゃうやんにゃ……)

希(真姫ちゃんみたいな練習でも被れそうな帽子やにゃいし……)※キャスケット

希(……どうしようかにゃあ……)



33: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 12:04:59.68 ID:O/6nsc4S.net

希(うーん……)

穂乃果「希ちゃん?」

希「ほえっ……!?」ビクッ

穂乃果「かわいい帽子だね!」

希「そ、そう?」

穂乃果「似合ってるよ~」

希「あ……ありがと」

穂乃果「いいなあ……私あんまり帽子似合わないから羨ましい」

希「そんにゃ……」

穂乃果「にゃ?」

希「ぁっ……」

穂乃果「うふふ、凛ちゃんの真似?」

希「あ、あはは……そうにゃんよ……」

凛「凛はそんなににゃーにゃー言ってないにゃー!」

希「そ、そう?」

凛「そうだよ! ねえ、かよちん真姫ちゃん!?」

真姫「知らないわよ」

花陽「あ、あはは……」

凛「ひどいにゃ……」

希「うふふ……」

希(誤魔化せたかにゃ……?)



35: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 12:19:17.32 ID:O/6nsc4S.net

絵里「はいはい、遊んてないで練習いくわよ? 早く着替えなさい」

みんな『はーい』


希「……」

希(こ、ここで着替えるのはダメ、みんにゃに見られちゃう)

希(よし……トイレでこっそり)コソコソ

海未「希?」

希「ひぅっ!?」ドキーン

海未「どこに行くんですか、早く着替えないと」

希「ち、ちょっとお花を摘みに……」

海未「は、はあ……しかしトイレにカバンが必要なのですか?」

希「……生理で」

海未「ああ……失礼しました。どうぞ行ってきてください」

希「う、うん……ごめんね~」バタバタ

希(なんとか乗り越えれた……!)



39: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 12:27:08.21 ID:O/6nsc4S.net

~トイレ~

希「あ、あかん……大変にゃこと忘れてた……」

希「ウチの練習着ってズボンやん……」

希「このままやと尻尾が隠せにゃい……どうしよう!」

希「考えにゃいと、考えにゃいと……」アタフタ

希「ぅえぇん……どうしよぉ……」

希「みんにゃに見られたくにゃい……」

希「ぜったい気持ち悪がられる……そんにゃん嫌や……!」

希「あーんもう嫌やー!」

希「……あっ」



42: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 12:32:17.90 ID:O/6nsc4S.net

~屋上~

希「お、お待たせ……」

穂乃果「あれー?」

凛「希ちゃん着替えてないよー?!」

海未「ぁ……もしかして」

希「う……うん、その……」

海未「では今日は無理せず見学していてください。水分と鉄分補給は忘れず」

希「ごめんねー……」

穂乃果「希ちゃんどうかしたの?」

海未「月の物ですよ」

穂乃果「つきのもの?」

希「あ、その……生理で……」

穂乃果「あーなるほど。じゃあ無理しないでね」

希「うん……ごめん……」

希(海未ちゃんに生理って言っておいて助かった……)

希(嘘つくことににゃっちゃったけど、明日は練習着にスカート持ってくるから許して……)



43: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 12:38:38.90 ID:O/6nsc4S.net

海未「ワンツースリーフォー」


希(はあ……ウチも練習したいにゃあ……)

希(カラダがウズウズしちゃう……猫やからかにゃ……)

希(それより、生理って嘘ついてサボっちゃったことが心苦しい……)

希(熱で学校を休んで、おうちで教育テレビ見てるみたいにゃ……そんにゃ罪悪感……)

希(うぅ……はやく練習終わってぇ……)


・・・


海未「朝練はここまでにしましょう」

みんな『ありがとうございましたー!』


絵里「希、平気?」

希「休ませてもらったから大丈夫」

絵里「無理しちゃダメよ? 授業中でと何かあったら私に言ってくれればいいから」

希「う、うん……ありがと、えりち」

絵里「ええ」

希(最大の難関を忘れてたよ……)



44: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 12:54:56.20 ID:O/6nsc4S.net

~教室~

希(最大の難関……授業……)

希(授業中は帽子かぶれにゃい……)

希(どうしよう……だれかたすけて……)ガクガク

絵里「希?」

希「ひゃいっ!?」

絵里「大丈夫……? 震えてる……そんなに重かったなんて知らなかったわ」

希「だ、大丈夫だから……」

絵里「無理せず保健室に行く? 授業中に貧血で倒れる……なんて考えるだけで怖いもの」

希「うん……そ、そうしよかにゃ……」

絵里「呂律まで回ってないわよ……そうすべきよ」

希「じ、じゃあそうさせてもらうねー……」ソソクサ

絵里「また後で様子見に行ってあげるから」

希「ありがとー」

希(助かった……!!)



45: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 13:11:11.83 ID:O/6nsc4S.net

~保健室~

保健医「熱はないみたいね。ベッド空いてるから、好きなところでゆっくり寝てなさい」

希「ありがとうございます」

希(助かった……)


・・・


希(これなら心配しにゃくて大丈夫やんにゃ)

希(授業は……あとでえりちにノート見せてもらえばオーケーやし)

希(カーテンあるから、帽子とっても大丈夫よね)

希(はあ……朝から大変でちょっと疲れた……)

希(少しだけ寝ようかにゃ)モゾモゾ

希(おやすみにゃさい……zzZ)



46: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 13:16:47.70 ID:O/6nsc4S.net

・・・

にこ「……///」

保健医「熱があるわね……」

にこ「ぼーっとします」

保健医「でしょうね……早退する?」

にこ「少し寝たら治ると思いますから」

保健医「でも……」

にこ「ライブも近いから休めないんです……」

保健医「無理に練習する方が良くないわよ……?」

にこ「はい……」

保健医「んもう……わかった、ベッド寝ていいわ。私は少しだけここを開けるけど、鍵は閉めておくから」

にこ「……すみません」



47: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 13:19:22.02 ID:O/6nsc4S.net

にこ「うぅ……風邪ひいた……」

にこ「でもライブあるんだから、練習休めないわよ……みんなの足引っ張るわけにはいかないし」

にこ「はあ……ゆっくり寝て……」シャッ

にこ「……あれ?」

希「くぅ……すぅ……」

にこ「……希、なにしてんのよ」

にこ「あー……生理とか言ってたわね。そんな重いのかしら」

にこ「帽子も落ちてるし……えっ」

希「すぴー……」ネコミミピコピコ

にこ「な、なにこれ……猫耳……!?」



55: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 13:31:53.82 ID:O/6nsc4S.net

にこ「えっ……なによそれ、コスプレ……?」

希「んー……」ピコピコ

にこ「じゃ、ない……わよね……」

にこ「コスプレが、こんな動くわけないもの……」

にこ「嘘……じゃあこれ、本物……?」

にこ「……」チョン

希「んっ」ピクッ

にこ「ぅわ……あったかかった……」

にこ「……本物じゃないの……」

にこ「な、なんで……希にこんなの生えてるのよ……」



58: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 13:36:32.83 ID:O/6nsc4S.net

にこ「人間の耳は……あるわよね、うん」

にこ「なるほど……だからずっと帽子被ってたわけね。授業も帽子脱がなきゃだから保健室に来た、と」

にこ「ふうん……」

にこ「……もうちょっと触ってみたい」

にこ「いいわよね……? 爆睡してるみたいだし……」サワサワ

希「ん、ぅ……」ピクピクッ

にこ「……気持ちいい」クリクリ

希「んー……むにゃ……」モゾモゾ

にこ「ぁ……動いたから布団はだけたわよ……」

にこ「…………え?」

希「ふにゃ……」シッポフリフリ

にこ「……尻尾まで!?」



59: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 13:39:51.76 ID:O/6nsc4S.net

にこ「尻尾も耳も希の髪の色と同じ……」

にこ「ふわふわしてそう」

にこ「……触りたい」

にこ「なによこれ……希のくせにちょっと似合ってるし」

にこ「……」ネコミミサワサワ

希「ん、む……」

にこ「気持ちいい……」サワサワ

にこ「次は尻尾……」シッポサワサワ

希「っ……ん、ぁ……ふ」ピクッ

にこ「ぅえっ……な、なによ今の声……///」

にこ(起きたのかと思ってびっくりしたじゃないの!)



63: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 13:48:36.35 ID:O/6nsc4S.net

にこ「びっくりさせないでよね……」サワサワ

希「ぁ、んっ……ふぁ……っ」ビクビクッ

にこ「なんて声よ……寝てなさいよ……///」

希「んくっ……ぁ、ぅふ……あ」

にこ「……///」

にこ(なんかえっちな声ね……)

にこ「も、もうやめとこ! これ以上やって起きられたら困るわ」

にこ「私も熱っぽいし、隣のベッド借りるわよ~……」

にこ(なによあの声……な、なんか変な気分になっちゃうじゃない……///)



67: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 14:38:41.45 ID:O/6nsc4S.net

・・・


希「ん、むにゃ……んー……」ピクッ

希「はふう……」モゾモゾ

希「ぁ……お布団はだけてる……」

希「寝返りかにゃ……」

希「よかった……誰か来たら見られてるとこだったにゃ」

希「ふう……いま何時やろ」

希「ケータイケータイ……あ、あった」

希「……まだ二限目かぁ」

希「ちょっとトイレ行ってもう一眠りしよかなゃ」ゴソゴソ



68: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 14:40:08.46 ID:O/6nsc4S.net

希「あれ……お隣のベッドのカーテンが閉まってる……」

希「……」チラリ

にこ「くぅ……」

希「にこっち……そっか、朝調子悪そうやったもんね」

希「ごゆっくりおやすみにゃさい……ね」ナデナデ

にこ「んー……zzZ」

希「さてさて……トイレトイレっと」



69: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 15:02:43.53 ID:O/6nsc4S.net

~昼休み~

絵里「希……ずっと帰ってこないから心配したのよ?」

希「ごめんね……ぐっすり寝ちゃってたんよ」

絵里「そう……平気ならいいんだけど」

希「また様子見て辛かったら早退するつもりやし」

絵里「無理しないでね。みんなも心配してるから……ほら、メール」

希「えっ……ほんまや。ウチのケータイにはにゃかったのに」

絵里「直接聞くのはアレだったんじゃない? でもまだ呂律は回ってないわね……」

希「あ、あはは……」

絵里「それに帽子……ごはんの時くらい脱いだら?」

希「ぅえっ……こ、これはあかん!」

絵里「……どうして?」

希「どうしても……」

絵里「……」ジー

希(や、やばい……えりちを誤魔化す手段がにゃい……)

希(朝は外だったから言えたけど、ここ室内やし……)

希(ぴ、ピンチや……デンジャラスや……)

希(だ……ダレカタスケテー)



73: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 15:48:55.05 ID:O/6nsc4S.net

にこ「希、絵里」

希「!!」

絵里「にこ……?」

にこ「お弁当食べに来た」

絵里「ああ……そうね、食べましょっか」

にこ「いつも一緒に食べてるでしょ」

希「そ、そうやね」

にこ「ったく……いちいち教室で暴れてんじゃないわよ」

絵里「ぅ……ごめんなさい……」

希「う、ううん……」

にこ「……貸しひとつね」ボソッ

希「!?」

希(ま、まさか……!!)



75: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 15:59:51.64 ID:O/6nsc4S.net

・・・

絵里「ごちそうさま……さて、私ちょっと行ってくるわね」

希「にゃにかあったん?」

絵里「生徒会で少しね」

希「じ、じゃあウチも……」

絵里「いいのよ、希はゆっくりにことお話でもしてて。それじゃ」バッ

希「……」


希「……にこっち」

にこ「ごめん、見た」

希「……」

にこ「……」

希「気持ち悪かったやろ……? 猫耳と、尻尾なんて……」

にこ「……別に」

希「嘘は言わにゃくていいよ」

にこ「嘘言うわけないでしょ……結構似合ってたし」

希「……」

にこ「大丈夫、誰にも言わないし」

希「……何か企んでる?」

にこ「にゃにも企んでにゃいわよ」

希「……真似せんといて」

にこ「ふふん。ただ友達を助けるのに理由がいる?」

希「にこっち……」

にこ「ま、μ'sのみんななら何を見せても気持ち悪いとか思わないわよ」

希「……でも」

にこ「なら黙っとく」

希「うん……ありがと」



81: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 16:18:14.86 ID:O/6nsc4S.net

にこ「んで、これからどーすんの? 授業」

希「もう保健室に戻るわけにはいかにゃいし……どうしたらいいんかにゃ」

にこ「さあね……起きたらあったんでしょ?」

希「うん……」

にこ「なら、なくなるまで我慢するしかないでしょ。授業も……あっ」

希「?」

にこ「いいこと思いついたわ!」

希「いいこと……?」



83: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 16:27:10.85 ID:O/6nsc4S.net

・・・

絵里「ただいま……なんとか終わったわ」

希「おかえり」

にこ「んじゃ、私も教室に戻るわね」

絵里「ごめんなさい、ゆっくり話ができなくて」

にこ「その代わり希とたくさんお話ししたからいいわよー」

絵里「あら……うふふ、それじゃあまたあとで」

にこ「ええ」



絵里「ごめんね、二人にしちゃって」

希「いいんよ」

絵里「……あら、帽子とったのね」

希「ん……」

絵里「ふふっ……似合ってるじゃない、そのカチューシャ」

希「ぅん……ふふ、にこっちがくれたんよ」

絵里「へえ……いいわね、私もつけてみようかしら?」

希「うん、いいと思うよ」

希(カチューシャで耳を隠すように……ふふ、さすがにこっちやね)

希(感謝してにゃいと)



87: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 16:47:50.90 ID:O/6nsc4S.net

希(にこっちのおかげで授業を受けることができた)

希(ちょっと猫耳が盛り上がってるど、髪の毛の色と全く一緒やから大丈夫)

希(練習もスカートや長ズボンにすれば分かりにくいし)

希(ハーフパンツやとはみ出て見えちゃうしね……)

希(そんにゃこんにゃで、学校帰り)



91: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 17:08:53.94 ID:O/6nsc4S.net

~のぞホーム・脱衣所~

希「はあ……練習サボっちゃった」ヌギヌギ

パサッ

希「ん……」フリフリ

希「ちゃんとお尻から生えてる……」サワサワ

希「ぅひ……ん、ぁ……」ゾクゾク

希「あ、あかん……触ったらゾクゾクしちゃう……///」

希「もうやめとこ、うん!」

希「しっかり尾てい骨から生えてるし……自由に動かせる」フリフリ

希「尻尾だけ毛が生えてる……身体も毛むくじゃらってわけじゃにゃいみたいやね」

希「悟空の尻尾とまるで同じ……か。にゃるほどにゃるほど」



93: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 17:14:07.71 ID:O/6nsc4S.net

希「耳も……」ミミフサギ

希「……猫耳の方でも聞こえる」

希「猫耳を塞げば人間の耳で聞こえる……」

希「何もにゃければ両方の耳を使うわけやから、普段よりよく聞こえるみたいやね」

希「んー……リビングのエアコンもしっかり聞こえる」

希「……」

希「……身体能力はどうにゃってるんやろ」

希「うーん……人目につくのは嫌やし、夜まで待とうかにゃ。とりあえずシャワーあびよっと」



95: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 17:28:19.55 ID:O/6nsc4S.net

~夜中~


希「猫の身体能力、見せてもらおうやん!」ピョンピョン

希「よーし……ふっ!」ダッ

ピョン

タンッ

希「……身体が軽い……」タタンッ

希「よぃ……しょっ!」ダンッ

クルクルッ

スタッ

希「はあ……はあ……」

希「すごい動きやすい……」

希「猫になった理由は分からへんけど……にゃにかデメリットがあるわけじゃにゃい……?」

希「……デメリットと言うにゃら、猫耳と尻尾と、猫語のままってことかにゃ……」

希「ふむ……」

希「……でも、やっぱり早く元に戻したほうが良さそうやんにゃ……」

希「みんなにも話さにゃいとやし……」

希「……どうしよ」



97: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 17:37:54.64 ID:O/6nsc4S.net

~翌朝~

希「……」コソコソ

希「登校時間は緊張するにゃ……」

希「ううん、これからもっと……練習とかあるんやから緊張しっぱにゃしやね」

希(それにこの校門前……昨日は凛ちゃんに特攻されたから気を付けにゃいと……)


「おはよう希ちゃん!」ムギュ


希「!」

穂乃果「今日もかわいい帽子~!」

希「ほ、ほのかちゃん……」

穂乃果「えへへ、おはよ!」

希「お……おはよう、穂乃果ちゃん……」

穂乃果「うんっ!」



98: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 17:57:29.61 ID:O/6nsc4S.net

穂乃果「もう大丈夫なの?」

希「う、うん……起きたらちょっとマシににゃってたよ」

穂乃果「……にゃ?」

希「ぁ……」

穂乃果「また凛ちゃんの真似してるの?」

希「い、いや……今のは噛んだだけで……」

穂乃果「ふむん……そっかそっか! じゃあ部室いこー!」

希「お、おーっ」

希(気を付けにゃいと……)



99: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 18:13:40.29 ID:O/6nsc4S.net

~部室~

希「おはよ」

にこ「ええ、おはよ」

絵里「今日は元気そうね、希」

希「おかげさまで」

穂乃果「おっはよー!」

海未「うるさいですよ……静かにしたらどうです」

穂乃果「はーい」

希「昨日はごめんね、今日はウチも練習できそうやから」

海未「でも、無理は禁物ですよ。少しでも違和感を感じたらやめさせますからね」

希「うん」

希(よかった……今日は普通に練習できる)

希(身体も軽くなってるしびっくりしちゃうかにゃ?)

希(ふふん♪)


「あーっ! また希ちゃん帽子被ってるにゃー!」


希「えっ――」

凛「凛にも被らせてほしいにゃ~!」バッ

希「ぁっ……!!」

凛「ふふん!……って、あれ……」

絵里「ぇ……の、希……」

にこ「ぁっちゃあ……」

海未「そ、その頭のは……」


希「ぁ、あ……」ネコミミピコピコ


穂乃果「ほんもの、なの……?」



103: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 18:40:40.57 ID:O/6nsc4S.net

穂乃果「の、希ちゃん……」ソッ

希「や、やめっ……」

穂乃果「動かないで」

希「っ……」


フニフニ


希「ん、ぅ……」ピクッ

穂乃果「すごい……本物だ……」サワサワ

希「ふぁ、んっ……やめっ……」ビクビクッ


絵里「ま……まさか昨日……」

海未「……そういうことでしたか」

にこ「……」

凛「えっ、えっ……えーっ!!?」

花陽「希ちゃん猫になっちゃったのぉ!?」

希「……そうみたい」

穂乃果「ほえぇ……」クリクリ

希「も、もうええやん……やめて……」

穂乃果「ぁ……ごめーん」



真姫「おはよ……って、何かあったの?」

ことり「……?」



107: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 18:53:35.60 ID:O/6nsc4S.net

・・・

海未「朝目が覚めたら……」

絵里「猫耳と尻尾が生えていた……」

真姫「……信じられないわね」

花陽「でも目の前で実際に起こってるし……」



希「あ、あの……」

穂乃果「尻尾もあるよ~」サワサワ

凛「本物の耳だにゃ~!」フニフニ

ことり「かわいぃ……❤」ハムハム

希「ひ、ゃっ……ひゃめへぇ……///」ビクビク



真姫「どうやら尻尾は敏感なようね。性感帯なのかしら」

花陽「あ、ありがちだね……」

海未「破廉恥な……///」

絵里「……でも猫耳尻尾の希……」

うみぱなえり『なんだかかわいい(ですね)……』

真姫「ふん」

真姫(……確かに似合ってるわね)



126: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 20:54:16.01 ID:O/6nsc4S.net

海未「では、尻尾と耳が見えるので昨日は練習しなかったと?」

希「はい……」

絵里「生理も嘘だったのね」

希「すみません……」

真姫「もう……どうして話さなかったのよ」

希「だって……気持ち悪がられるんやにゃいかって……」

花陽「思うわけないよっ! 希ちゃんはどんな風になっても希ちゃんだもん!」

凛「そうにゃそうにゃ!」

ことり「そうだよぉ!」シッポナデナデ

穂乃果「私たちが希ちゃんを気持ち悪いなんて思うわけないでしょ!」ネコミミナデナデ

希「っ……み、みんにゃ……」ウルウル

希「ぅう、っう……ぅぅ……」

にこ「……ね、言ったでしょ? 誰もバカにしないって」ナデナデ

希「ぅん……っ」



132: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 21:25:17.58 ID:O/6nsc4S.net

・・・

希「ぐすっ……えへへ、みんなありがとにゃ……」ニコリ

にこ「ふふん」

海未「では練習しましょうか。希も一緒ですよ」

希「う、うん……っ!」

凛「よーし、いっくにゃー! 希ちゃんも!」

希「え、ええっ!?」

穂乃果「せーのっ!」

希「い……いっくにゃー……?」

ことり「かわいいーっ!!」ギュー

希「にゃっ……にゃにするんよ~っ///」

ことり「猫耳ふわふわしてるぅ~❤」

希「あうぅ……///」

にこ「はいはい、さっさと行くわよー」

みんな『はーい』



134: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 21:45:19.32 ID:O/6nsc4S.net

海未「ワンツースリーフォー」パンパンッ!

希「はっ……はっ……」タッタッ

海未(希の身のこなし……とてもしなやかです)

絵里(猫だから、かしら……)

凛(希ちゃんすごい……!)

穂乃果(うん……すごい!)

花陽(すごい揺れてるよぉ……///)

ことり(はぁぅう……猫耳ぴこぴこしてるぅ……❤)

希「はっ……ほっ……」キュキュッ


希(身体動かすの楽しい……)ユッサユッサ

希(嬉しいにゃあ……うふふ、みんにゃ優しくて……)ポヨンポヨン

希(よーし!)



139: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 22:26:20.03 ID:O/6nsc4S.net

海未「朝練はここまでにしましょう」

みんな『ありがとうございましたー!』


希「はふぅ……あつい……」パタパタ

穂乃果「すごかったね希ちゃん!」

希「え……?」

穂乃果「いつも以上に動きが激しくてさ、とってもおっぱい揺れてたよ!」

希「ぅ……ぇ……///」

凛「身のこなしもおっぱいもとっても激しかったにゃ~」

希「にゃ……にゃに見てるんよぉ……///」

花陽「あ、あんなに揺れてたもんね……///」

希「にゃっ……そ、そんにゃん……見にゃかったらいいことやろー!」

穂乃果「希ちゃんが前に出るところがあるから見えちゃったんだよ!」

希「そんにゃあ……///」

絵里「ちょっと希……前見ないと危ないわよ」

にこ「階段なんだからちゃんと降りなさいよ」

希「ぁ……うん、ごめ……んにゃっ!?」ズルッ

ことり「希ちゃん!!」

真姫「希!」



140: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 22:43:10.46 ID:O/6nsc4S.net

希「ぅわっ……っ」クルッ

スタッ

希「ほっ……」


みんな『おお……』


凛「す、すっごいにゃ……!」

にこ「まさに猫、ね……」

真姫「猫並みの身体能力、しなやかさね……」

希「……」ガクガク

絵里「大丈夫……? 怪我なんか……」

希「し、してにゃいけど……」ガクガク

希「こ……怖かったにゃ……」ヘタッ

ことり「尻尾もびくびくしちゃってるね……」ナデナデ

希「や、やめへぇ……///」ビクビクッ

海未「こ……こら、ことりっ!」

ことり「ぁ……ごめんなさい……」

希「はあ……はあ……///」

希(めっちゃ怖かった)

希(でも、すごい……! 猫の力……)

希(も、もしかしてこれなら……窓から飛び降りても……)



142: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 22:53:56.35 ID:O/6nsc4S.net

希(ま、まあそんにゃ怖いことしにゃいけどね……)

希(……猫の力、すっごいにゃ……)

希(これにゃら、ダンスも今まで以上……)

希(よし……頑張ろ!)




希(と、最初は猫の能力に驚いていたけれど)

希(しかしウチは、猫の怖いところをまったく考えていにゃかった)



146: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 23:17:11.97 ID:O/6nsc4S.net

~ある朝~


ことり「今日は希ちゃんにプレゼント持ってきました!」

希「プレゼント……ウチに?」

ことり「はいっ! 猫さんはマタタビが好きってよく言うから買ってきたの!」

希「……マタタビ」

絵里「ああ、確かによく言うわね。猫はマタタビにメロメロになっちゃうって」

花陽「よく聞く話だよね」

凛「そうなんだ……すごいにゃ~」

ことり「だからね、ほら! ひとつ食べてみて?」

希「う、うん……ぱく」

希(ん……)モグモグ

希(にゃんやろこれ……)

希(にゃんだか、あたまがふわふわしてくる……)

希「……///」ポーッ

穂乃果「あれ……希ちゃんの顔が赤くなってるよ……?」

ことり「あ、あれ……」

希「ん、ぇへ……///」フニャ

希「ん~……」ゴロゴロ

花陽「おお……効いてる……!」

海未「で、ですが……なんだか色っぽい表情ですね……///」

希「えへへ……///」

絵里「な、なんでかしらね……あはは……///」



149: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 23:37:17.63 ID:O/6nsc4S.net

希(ぷわぷわする……///)モジモジ

希「ことりちゃん……///」

ことり「ど、どうしたの……?」

希「にゃんか……カラダ、熱い……」ヌギヌギ

みんな『!!?』

希「またたびたべたら、熱くにゃってきた……///」ヌギヌギ

ことり「の、のののぞっ……のぞみちゃん!!?」

絵里「なにして……なんで脱ごうとしてるのよ……///」

希「にゃんでやろ……身体熱くて、うずうずしちゃうんよ……」モジモジ

海未「や……やめなさい希! 破廉恥です……!」ガシッ

希「んん……///」スリスリ

海未「ひゃっ……///」

希(ぁ……こうやってすりすりすると気持ちいい……///)



154: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 23:46:40.99 ID:O/6nsc4S.net

希「んにゃあ~……❤」ゴロゴロ

海未「ぅう……///」ナデナデ


ことり「いいなあ海未ちゃん……いいないいないいなぁ……」

穂乃果「ことりちゃん……」

絵里「ま、マタタビ食べたらあんな風になるの……?」

花陽「そ……そのはずですけど……///」

凛「希ちゃんがああなると、なんかえっちだにゃ……///」

ガチャッ

真姫「遅くなってごめんなさい……って、どうかしたの?」

穂乃果「あ、真姫ちゃん」

真姫「……希、どうかしたの?」

にこ「実はねー……」



155: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 23:58:44.32 ID:O/6nsc4S.net

・・・

真姫「食べさせたの? マタタビ……」

ことり「う、うん……猫さんはマタタビ好きって聞いたから……」

真姫「確かにマタタビを食べると人懐っこくなるって言うわね」

穂乃果「そうなの?」

ことり「うん。だからあげようと思ったんだけど……」

真姫「あれって性的興奮なのよ」

ことり「ふぇっ!?」

みんな『!!?』

真姫「中枢神経が麻痺して脳が鈍ってる、ある意味麻薬みたいなものでね」

真姫「その作用で性的興奮も増幅されて、恍惚としたり体をいろんなものに擦り付けたりするの」

真姫「ほら……希の顔、見てみなさいよ」

希「……///」ポー


凛「……えっちだにゃ」

にこ「確かに色っぽいわね……」

真姫「もうちょっとしたら寝ると思うから、海未、頑張って」

海未「は、はひぃ……///」

希「ん……❤」スリスリ



158: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 00:14:34.93 ID:keK03hwx.net

希(玉ねぎとチョコが大丈夫だったから、ちょっと安心しちゃってたん)

希(猫の恐ろしいところ……)

希(それはジワジワとウチの内側を侵食していた)

希(マタタビはその序章にしかすぎにゃい)

希(女性としてもウチの体質と、猫としての体質……あれが襲いかかってくるのだった)



163: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 00:23:13.36 ID:keK03hwx.net

~月に一度~


希「そろそろ生理来る頃にゃんやけど…………」

希「ん、はぁ……にゃんでやろ……」

希「……ムラムラする」

希「にゃんやろ……もしかして、生理の代わりに……?」

希「ふぅ……ふぅ……///」

希「ムラムラする……///」

希「で、でも学校行かんと……」ウズウズ

希「っ……あ、あぅ……したい……///」

希「が、我慢……我慢しにゃいと……もう時間もにゃいんやから……」

希「ぁうぅ……///」モジモジ

希(は、発情期にゃんかに負けにゃいもん……!)



170: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 00:50:47.70 ID:keK03hwx.net

~部室~

希「はあ……はあ……///」

真姫「大丈夫……?」

希「ぁ……う、うん……///」モジモジ

真姫「もしかしてマタタビ?」

希「そ、そんにゃ感じ……」

真姫「もう……あんなに食べるなって言ったのに」

希「あはは……あれ、けっこう好きににゃっちゃって……///」

希(発情期のこと嘘ついちゃった……)

希(迷惑かけるとダメやもん……で、でも……)

希「さ、触りたい……っ」ボソッ

希(むらむら……治んにゃい……///)モジモジ

希「ぁ……あかん……頭がぼーっとしてきた……」

真姫「希……ちょっと寝てから練習来なさい」

希「はあ……はあ……」



173: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 00:59:29.74 ID:keK03hwx.net

希「はあ、はあ……はあ……」フラフラ

真姫「の……希? 寝ないの……?」

希「ま、きちゃ……///」ポー

真姫「ぅえっ……ま、まさかあなた……!」

希「我慢、できひん……❤」ガバッ

真姫「きゃっ……!?」

希「はあ……はあ……」モゾモゾ

真姫「っ……や、やっぱり発情期ね……! やめなさい希……っ!」ググッ

希「む、むり……もう、我慢できにゃい……///」ヌギヌギ

真姫「なっ……な、なにしてんのよぉ!」

希「はあ……はあ……///」グイッ

真姫「ひゃっ……や、やめっ……脱がしちゃ……///」

希「しよ、えっちしよ……///」パサッ

真姫「っ……///」

希「きすしていい……? しちゃうね……ちぅ」

真姫「んむっ……んん……!!?」

希「ちゅっ……れろ」

真姫「んふ、むっ……むふ……///」ビクビク

希「ぷはっ……はあ……」

希「……いただき、ます……❤」



178: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 01:16:28.90 ID:keK03hwx.net

希「はあ、んっ……ぁふ……///」ビク

真姫「っ……はあ、はあっ……」モゾモゾ

希「もっとして……まきちゃ……❤」

真姫「ノーカンなんだから……こんなの、絶対ノーカンなんだから……っ」ウルウル

希「にゃんでもいいから、もっとえっちしよ……❤」

真姫「わ、わかったわよ……もう、希のばかぁ……///」

希「きすして……?」

真姫「っ……え、ええ……///」

希「おっぱいももっとぉ……❤」

真姫「わかってるわよ……///」

希「あそこ、指でぐちゃぐちゃにして……❤」

真姫「いっ……いちいち言わないでよー!」

希「ん、ひぁっ……あは❤」ビクビクッ


・・・



真姫「……はあ」

希「……すみませんでした///」ドゲザ

真姫「ったく……ノーカンだからね」

希「はい……」

真姫「……ふん」

希「ご、ごめんにゃ真姫ちゃん……」

真姫「もういいわよ……」

希「うぅ……///」

真姫(……い、意外と悪くなかったし……優しくしてくれたし///)

真姫(って……違う違う! あれはただの発情期! ノーカンよノーカン!)ブンブン

希「はあ……///」

希(真姫ちゃんに悪いことしちゃったけど、でもちょっとマシになってよかった……///)



181: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 01:29:15.28 ID:keK03hwx.net

~授業中~

希「……///」ムラムラ

希「っ……はあ……」モンモン

希「ん、んっ……///」モジモジ

希(ぅう……///)

希(あかんって……そんにゃ、触っちゃ……)モゾモゾ

希(うぅ……さっきパンツ変えたばっかりにゃのにビショビショ……///)

希「はあ……はあ……///」

希(えりち……たすけて……///)チラッ



絵里「っ?!」

絵里(な、なんで発情してるのよ、希……///)

絵里(こ……こんなところで誘われても困るわよ……///)

絵里(うぅ……)



187: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 01:39:52.96 ID:keK03hwx.net

~トイレ~

希「けっきょく抜けてきちゃった……///」

希「まあ、どうせ授業にゃんて耳に入ってにゃかったし……少しでも抑えにゃいとあかんよね」ガチャッ

希「はあ……はあ……///」

希(えっちしたいえっちしたいえっちしたいえっちしたいえっちしたいえっちしたいえっちしたい……)

希「っ……あ、あかん……///」

希「我慢できひん、もう……っ」ヌギヌギ

希「ぅあ……は❤ とろとろやん……❤」

希「こ、ここ……指で触ったら気持ち良さそうやんにゃ……///」

希「はあ、はあっ……誰も来ませんように……っ」クチュ

希「にゃんっ……ぁひ……///」ビクビクッ

希「っくあ、ひぅ……ぁ……」ビクッビクッ




クチュクチュ

ァ、ンッ…ファ…❤



絵里(し、心配で見に来たけど……)

絵里(やっぱり発情期……///)

絵里(ど……どうするべきなのかしら……///)



194: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 01:48:15.96 ID:keK03hwx.net

絵里(が、頑張りなさい絢瀬絵里! 希がここまでお膳立てしてくれてるのよ……!)

※してません

絵里(ここで何もしないなんて、女が廃るわよね……うん!)


アフ、ヒゥ…ッア…❤


絵里(よ、よし……)

絵里「……希」コンコン


希「っ……ぇ、りち……?」

絵里『大丈夫? 心配で見に来たんだけど……』

希「っ……だ、大丈夫やから……教室戻ってええよ?」

希(む、むしろ早く帰って……ウチは続きやりたいのに……!)ウズウズ

絵里『本当に? 私に出来ることがあるなら言ってちょうだい』

希「ほ……ほんまに大丈夫やから、ね? もうウチは気にしにゃいで……」

希(お願いやから帰って……おにゃにーさせて……!)



198: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 01:57:39.41 ID:keK03hwx.net

絵里『……開けなさい希』

希「ぅえっ……い、いやや」

絵里『いいから開けなさい……早く』

希「にゃ、にゃんでよぉ……」ウズウズ

希(そんにゃことしにゃいでいいから、早く戻って……)

絵里『お願いよ、開けてちょうだい』

希「ぅぅ……あ、開けたら帰る……?」

絵里『……ええ』

希「……」カチャッ

キイィ

絵里「は、入るわね……///」

希「ぅ……にゃ、にゃによぉ……///」

絵里「……オナニーしてたのね」

希「は、発情期みたいで……だからそっとしてて……///」

希「みんにゃを襲うわけにはいかにゃいから、おうしておにゃにーしてるん……だから、はやく……///」

絵里(希……なんて艶っぽい表情なのかしら……)



199: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 02:00:19.73 ID:keK03hwx.net

希「えぃち……///」

絵里「っ……!」ドキッ

希「えりち……?」

絵里「……わ、私が手伝ってあげるわ!」ソッ

希「ぇ――――んむっ……!?」

絵里「ちゅ、はむ……れろ」

希「んふ、くちゅ……ちゅぴ」

絵里「ぢゅる……にゅる、ちゅく」

希「っぷは……はあ、はあ……///」ポー

絵里「はあ、はあ……///」

希「ぇ……り、ち……?」

絵里「ごめんなさい……私もムラムラしてきちゃった……❤」ガバッ

希「っ……ふぁっ❤」

絵里「こんな、とろとろにして……うふふ❤ 触ってあげましょうか?」

希「いいん……? ウチ、でも……///」

絵里「私に任せて……たくさんいかせてあげるわ❤」

希「ぅ、うん……きもちよくしてにゃ……❤」



201: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 02:03:29.73 ID:keK03hwx.net

・・・

希「はあ……はあ……///」

絵里「ふう……ふう……❤」

希「も、あし……がくがくして、立てにゃい……///」ガクガク

絵里「そ、そう……わたし、先に戻ってるわね……」

希「ぅん……怒られるかもやし、その方がいいよ……」

絵里「ごめんなさい……えと、ノーカン……ね?」

希「そうしてもらえると、助かる……」

絵里(別に私はノーカンじゃなくてもよかったのに……む、むしろその方が……///)



希(本当にどうにかしにゃいと……発情期って大変やんにゃ……///)



209: 寝落ちするまで頑張る(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 02:31:11.48 ID:keK03hwx.net

~昼休み~

にこ「発情期ィ!?」

希「そ、そうみたい……///」

絵里「だから朝からずっと顔が赤かったみたいなの」

にこ「ってことは……その、し、しないといけないんじゃ……」

希「……もうえりちと真姫ちゃんと……」

にこ「」

絵里「真姫とは練習前、私とは授業中にトイレでって感じよ」

にこ「」

希「にゃ、にゃんとかしにゃいとやね……」

絵里「また私がしてもいいのよ?」

希「え、遠慮します……」

絵里「むぅ……」

希「あんまり、その……無闇に誰かとしちゃうにゃんて、嫌やもん」

希「好きでもにゃい人に襲われるのは苦痛やんか」

にこ「ったく……しょーがないわね、私に考えがあるわ」

希「へ?」



210: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 02:40:16.53 ID:keK03hwx.net

~放課後~

希「……///」

海未「調子悪そうですね……大丈夫ですか?」

希「う、うん……///」

穂乃果「無理しちゃダメだよ?」

希「ありがとにゃ……///」

ことり「もし辛かったら、ことりが面倒見てあげるからね?」

希「ぁ……はーい……///」

希(はあ……)


~回想~

みんな『発情当番!?』

にこ「そう……希が発情期に入った時、それを面倒見る当番を決めるわ」

真姫「当番って……つまり、その人は発情期中、ずっと希に襲われるってこと?」

にこ「襲われるも結構、襲うも結構。兎にも角にも希が暴走しないように見張っておく当番が必要なのよ」

凛「なんか……は、恥ずかしいにゃ……///」

希「う、ウチはいいって言ってるんよ? でもにこっちが……///」

にこ「希はいいの。とにかく、発情当番に参加したい人は挙手! それでシフトを決めるわ」

にこ「参加したい人ー!」

みんな『はい!』

希「」

~回想終わり~


ことり「希ちゃん、辛かったら言ってね?」

希「う、うん……ありがと」

希(で……今日の当番はことりちゃんににゃったわけやね)



240: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 12:39:42.63 ID:keK03hwx.net

希「はあ……はあ……///」

希(もうキツイ……)

ことり「つらい?」

希「だ……大丈夫……///」

希(出来る限りは我慢しにゃいとやんにゃ……)

希(みんにゃに迷惑かけるわけにはいかにゃいもん……自分でも出来ることはしにゃいと)

希(……たぶん家に帰ったらずっとサカりっぱにゃしやろね……)

ことり「よしよーし」ナデナデ

希「ふにゃ……ぁぅ……///」ビク

ことり「うふふ、気持ちいい?」

希「ん、ぅ……///」ビクビク

ことり「発情期の猫さんって、首元を掴まれると力が抜けてえっちするんだって思っちゃうみたいだよ?」

希「はえぇ……?」

ことり「やっぱり辛いよね……ふふ、しちゃう?」

希「っ……///」

海未「こ、ことり! そんな……あなたは……!」

ことり「海未ちゃんも当番に参加してるでしょ!」

海未「そ、それは……猫の発情期はみんなで協力しなければならないと聞きますから……///」

海未「け、決してあなたのように……せ、性行為をしたいわけじゃないんです!!」

ことり「むぅ……」

希「そ、そうよ……わざわざ、ウチのためにそんなことしにゃいでいいんよ……?」

ことり「希ちゃんは、もう全部受け入れちゃうくらいの姿勢でいてよ!」

希「ぅええ……///」

ことり「それじゃあヌギヌギしましょうね~❤」

希「うぅ……///」



244: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 12:47:45.48 ID:keK03hwx.net

希「にゃう……///」スッポンポン

ことり「体毛は生えてないんだ……!」

希「う、ぅん……耳と尻尾だけみたい……やね……///」

ことり「なるほど……それじゃあ、いかせてもらいますね!」

希「っ……あ、あのことりちゃん……?」

ことり「?」

希「み、みんにゃが見てるから……せ、せめて部屋の移動を……///」


みんな(園田さん星空さんを除く)『どうぞお構いなく』


ことり「だって❤」ガバッ

希「にゃっ!? んぁ、ふにゃぁぁぁ~……❤」



255: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 13:53:31.77 ID:keK03hwx.net

・・・

希「あ゛……ぅ、ふあ……///」ビクッビクッ

ことり「はあ……❤」ツヤツヤ



みんな『……///』

ほのりん『zzZ』

海未(耳塞いでうずくまり)「///」カタカタ


ことり「あと4日くらい発情期だもんね……しっかり頑張ってね♪」

希「は、ひぃ……///」



257: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 14:00:58.72 ID:keK03hwx.net

~のぞホーム~


希「つ、つかれた……///」

希「猫ってずっとこんにゃのに悩まされてるんやね……」


※漢字で表記されている場合でも『な』は『にゃ』になります


希「つらいにゃあ……」

希「でも……みんにゃのおかげで今はちょっとマシ……」

希「シャワー浴びてご飯食べて、サカらないうちに寝よう……」



265: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 14:24:56.18 ID:keK03hwx.net

・・・

希「ん、ぅ……」モゾモゾ

希「ぁぅ……にゃんやろ、無性にゴロゴロしたい……」ゴロゴロ

希「あー……でも、こうしてたらちょっとマシかも……」

希「おにゃにーばっかりも辛いし……やりすぎて痛いし……」

希「にゃあぅ……にゃぁーぅ……」ゴロゴロ

希「ぅぅあ……にゃぁぁ……」

希「ぁぅ……ふぎゃぁ……」

希(にゃにこの声……まるで猫みたいやん……)

希「まあ、猫にゃんやけど……ぁぁあもう早く終われー……」ゴロゴロ



271: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 14:38:32.59 ID:keK03hwx.net

~穂乃果の場合~

穂乃果「よしよしおいで~」チョイチョイ

希「にゃ、にゃに……?」

穂乃果「猫ちゃんはナデナデすると気持ちいいんでしょ? ほらほら」

希「……はあ」

穂乃果「穂乃果が優しくナデナデしてあげちゃうよ!」

希「そ、それじゃあお願いしようかにゃ……」ノソノソ

穂乃果「膝枕してあげるね」

希「う……うん……///」ポフ

穂乃果「なでなで~」ナデナデ

希「んにゃ……ぁう……///」

穂乃果「きもちいい?」

希「もっと強く……」

穂乃果「はーい!」ナデナデ

希「ふにゃあ~……❤」

希(にゃんやろ……すっごい気持ちいいにゃあ……///)



274: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 14:48:13.59 ID:keK03hwx.net

~海未の場合~

海未「き、今日は私が撫でてあげますね」

希「ごめんにゃ……」

海未「いえ……な、撫でるだけで済むので……///」ナデナデ

希「んぅ……」

海未「えと、どこを撫でてほしいとかありますか?」

希「ぇっと……おにゃか……」

海未「お腹ですか……では……」サスリサスリ

希「ふぎゃ……んにゃあ……///」

海未「あ、あの……声が……」

希「んぅ……熱くにゃってきた……」ヌギヌギ

海未「ぅえっ……な、撫でるのやめますか……?」

希「うぅん……もっと」

海未「は、はい……」ナデナデ

希「ふぁあ……ん、んっ……❤」ムラムラ

海未「あ、あの……希?」

希「んっ……ぅあ……」ビク

海未「のぞ……希……体勢が……///」

希「にゃあに……?」

海未「そ、その……な、なぜそんな足を広げてるんですか……///」

希「わかんにゃい……///」

海未「ぅえぇ……っ!?」



275: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 14:57:07.74 ID:keK03hwx.net

希「はあ……はあ……///」モゾモゾ

海未「だ、大丈夫ですか……!?」

希「ぅみちゃ……///」スリスリ

海未「ひゃっ……な、なにを……///」

希「ご、め……にゃんか、むらむらしてきて……」

海未「はぁぁ……っ!?」

希「も、むり……我慢できにゃい……///」ガバッ

海未「ふきゅっ……!?」

希「はあ……はあ……」トロン

海未(な、なんて顔してるんですか希……! だらしなく舌を垂らして、息も荒く……///)

海未(ま……まるで薬で狂わされたような……///)

希「はあ、はあ……」

海未「っ……ごくり……」

海未(希の歯が……すごい、本物の猫のように尖って……)

海未(だらりと垂れた舌もざらざらして……)

海未(こ、こんなモノで刺激されてしまったら……どうなってしまうのでしょうか……///)

希「いい……?」

海未「っ……は、はい……///」



285: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 18:41:46.80 ID:keK03hwx.net

~凛の場合~


凛「凛は希ちゃんと遊んであげるにゃ」

希「……遊ぶの?」

凛「そう! ほら……えっと、あれだよ! 運動すればえっちな気分じゃなくなるやつ!」

希「昇華やったかにゃ……?」

凛「んーと、たぶんそれ!」

希「そ、そんなのでいいんかにゃあ……」

凛「いいのいいの! ほら希ちゃん、この猫じゃらしが目に入らぬかー!」ヒュッ

希「にゃっ!」パシッ

凛「おお……それっ!」ヒュッ

希「えいっ!」パシッ

凛「にゃ! いくにゃっ」ヒュッヒュッ

希「にゃ……んにゃっ!」パパッ

凛「にゃにゃ~っ!」ヒュンヒュンッ

希「ぅにゃあ~!」パシッ


真姫(猫が二匹……)

ことり「か、かわいい……❤」パシャパシャ

絵里「ことり、あとで送って」

ことり「うんっ!」パシャパシャ


凛「にゃにゃっ!」ヒュッ

希「ふぎゃっ!」バシッ



290: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 19:27:06.44 ID:keK03hwx.net

~花陽の場合~

花陽「ねえ……希ちゃん?」

希「んにゃ……?」ゴロゴロ

花陽「えっと、その……花陽とは、しなくていいの?」

希「さっきおにゃにーしたから今は収まってるんよ」

花陽「そ、そうなんだ……じゃあ私は何もすることないんだね」

希「ううん……はにゃよちゃんにもお仕事はあるよ?」

花陽「え?」

希「にゃでにゃでしててほしいにゃ」

花陽「う、うん……こうかな?」ナデナデ

希「ぁぁう……いいやん、そんにゃかんじ……///」

花陽「ひざまくらしてあげよっか」

希「お願いしよかにゃあ……」ゴロゴロ

花陽「ふふっ……気持ちいい?」

希「きもちぃ……///」

花陽(そのわりに、お尻が持ち上がってるんだけど……///)

花陽(う、後ろから見たらパンツ見えちゃうよ……尻尾でスカート盛り上がってるんだから!)



真姫「あれはロードシスよ」

にこ「なにそれ」

真姫「雄猫の陰茎を受け入れるための姿勢」

にこ「ぅ……///」

絵里「つまりそういうことなのね希!」ガタッ

穂乃果「ストーップ!!」ガシッ

絵里「くっ……離しなさい穂乃果! 希がさそってるのよ!?」

穂乃果「シフト守らないとダメだよ!」

絵里「ぐっ……く、ぐすっ……」ポロポロ

穂乃果(マジ泣きしてる……)



299: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 19:45:24.40 ID:keK03hwx.net

~穂乃果の場合~

穂乃果「ふにゃ~」ゴロゴロ

希「んにゃあ」ゴロゴロ

穂乃果「ふぎゃっ!」

希「にゃあっ!」

穂乃果「にゃ~ぉ」

希「にゃ?」

穂乃果「にゃー!」

希「んにゃにゃっ!」



ことり「……」パシャパシャ

絵里「ことり」

ことり「うん」パシャパシャ

真姫「何してるの?」

海未「猫ごっこだそうです。穂乃果も猫になって一緒に遊べば気分も楽になる、と」

凛「凛も混ざるにゃー!」

真姫(あんまり効果なさそうだけど……まあ発情期はストレスが溜まりやすいから、ああやって解消してあげるのはいいことよね)



300: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 19:51:13.25 ID:keK03hwx.net

~真姫の場合~

真姫「希」

希「にゃあに?」

真姫「パンツ脱いでお尻こっち向けなさい」

希「にゃっ……にゃ、にゃにするん!?」

真姫「綿棒で膣を刺激し、排卵を促すのよ。多くの飼い主はこれで発情期をやりすごすの」

希「っ……!?///」

真姫「大丈夫、知り合いの猫でやらせてもらったことがあるから」

希「う、うち猫じゃにゃいよ!」

真姫「任せなさい、痛くしないわ」

希「そ……そもそも綿棒にゃんかじゃむりー!」

真姫「いいからさっさとしなさいよ!」バシッ

希「ふぎゃあっ!?」




ことり「指の方がいいんじゃないかな……」

絵里「の、のぞみが……他の女に犯されてっ……ぁぐぅっ……!!」

穂乃果(これは重症だぁ……)



309: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 20:02:57.61 ID:keK03hwx.net

~絵里の場合~

絵里「部室の大部屋に行くわよ」

希「ふぇっ……にゃ、にゃにするん……?」

絵里「目の前に発情した猫がいるのよ? うふふ、することは決まってるじゃない❤」

希「ひっ……や、優しくしてにゃ……?」

絵里「もちろん❤ それじゃあ後はよろしく」ガチャッ




にこ「絵里のやつ、ちょっと調子乗りすぎじゃないかしら」

ことり「ずっと楽しみにしてたみたいだし……」

真姫「ちなみに猫は一度の発情期に50回以上SEXすることもザラよ」

海未「」

真姫「でも続けざまにやろうとすると殴られるから気をつけるべきね」

穂乃果「どういうこと?」

真姫「男性でいう賢者モードのようなもの。性交直後は雌猫は雄猫に対しての一切の興味を失うの」

フギャーッ!!

真姫「あ、絶頂したかしらね」

海未「で……その状態で続けざまに行おうとすると……」

真姫「ええ、殴られたり引っ掻かれるってわけ」


ガチャッ

絵里「真姫ぃ!! 希が、希が引っ掻いてきたわよ!!?」

真姫「ほらね」

花陽「な、なるほど……」



314: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 20:31:20.55 ID:keK03hwx.net

~ことりの場合~

無人の教室

ことり「はい、こっち向いて~」

希「にゃっ……にゃあ……///」

ことり「はぁぁぁんっ! かわいぃい❤」パシャパシャ

希「ぅう……///」

ことり「次はこの衣装ね!」

希「にゃっ!? そ、それ水着……しかも布地の面積がほとんどにゃい……」

ことり「大丈夫! そのあとは裸になってもらいますから!」

希「嫌や!」

ことり「そんなこと言っていいのかにゃ~?」ナデナデ

希「ん、ふきゃ……そ、こぉ……///」

ことり「腰や背中を優しくなでられるとえっちな気分になるんだよね~?」

希「ふにゃぁ……///」

ことり「うふふ……かわいい❤」



絵里「はぁー……はあっ……の、のぞみぃっ……」●REC



凛「HQ、HQ」

にこ『こちらHQ。どうぞ』

凛「絵里ちゃんを発見したにゃ。どうぞ」

にこ『了解。ただちに捕獲、のち部室へ連れ帰れ』

凛「ラージャー」



317: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 20:35:30.00 ID:keK03hwx.net

~にこの場合~

にこ(ヘッドホンつけてパソコン中)「ん~ふふ~♪」シャカシャカ

希「……にこっちー」

にこ「ん……」ネコジャラシ

希「!!」

にこ「ふん~ふんふふ~♪」ヒュンヒュンッ

希「にゃっ! ふにゃっ!」パシッ



花陽「ほほえましいねぇ」

真姫「そうね」

絵里「……」

穂乃果「絵里ちゃんどうしたの?」

絵里「この世の天国だわ」ポロポロ

穂乃果「あ、うん」



320: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 20:49:59.92 ID:keK03hwx.net

・・・


希「みんにゃのおかげで発情期を乗り越えれたよ、ありがとね」

絵里「次はいつかしら」

希「たぶん、生理の代わりみたいにゃ感じと思うから……一ヶ月後かにゃ?」

絵里「わかったわ」

希「……えりちとはもうしにゃいよ」

絵里「!?」

希「えりちいっつも激しいし……ちょっと痛い時があるもん」

絵里「や、優しくするわ!」

希「嫌やって言ってるのに次に行こうとするし……」

絵里「そ……それは、ほら……相手に興味を示さないことがあるなんて知らなかったから……」

希「ふん……ウチはもうえりちとはしません」

絵里「」

凛「自業自得にゃ」

にこ「一カ月、反省なさい」

真姫「自分の欲に溺れた罰ね」

絵里「みんながひどいわ穂乃果……」

穂乃果「私も絵里ちゃんが悪いと思うよ」

絵里「」



331: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 22:01:47.27 ID:keK03hwx.net

希(発情期を無事に乗り越えて、また平穏にゃ日々が流れるようににゃった)

希(けれど問題は山積み)

希(猫ににゃってしまったウチに降りかかる火の粉は発情期や見た目の問題だけではにゃかったのだ!)

希(それは何かと言うと……)



みんな『えぇっ!? 次のライブで歌えない!!?』

穂乃果「ど、どうして?! 次の曲は希ちゃんがセンターなのに……」

海未「なにか理由があるんですよね? 話してください」

にこ「そうよ! あんた、くだらない理由でそんなこと言ってたら尻尾握るわよ!?」

希「あ、あんにゃ……」

絵里「希……その曲、歌ってみてくれる?」

真姫「絵里?」

希「……うん、わかった」



334: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 22:08:17.07 ID:keK03hwx.net

にこ「希のセンターって『LOVELESS WORLD』よね?」

絵里「ええ。出だしだけでいいわ、歌ってみせて」

希「う、うん……」


希「見つめてよ~見つめにゃいで~」


みんな『あっ』


希「……こうにゃっちゃうんよ」

みんな『……』

真姫「なるほどね……『な』が『にゃ』になるわけ」

絵里「LOVELESS WORLDは特に『な』が多いから、確かに目立っちゃうかもね」

にこ「私と二人だけで歌う部分もそうよね……消えない消えない炎、とか」

ことり「可愛いんだけどなぁ……」

海未「ですが、ライブとなると話は別ですよ」

穂乃果「ってことは……あれ?! 一大事だ!」

希「ぅん……」



337: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 22:19:14.43 ID:keK03hwx.net

花陽「こ、これはまずいよね……」

真姫「流石に凛だって、そんなににゃーにゃー言わないものね」

凛「言わないにゃー」

真姫「……」

凛「なにかにゃ真姫ちゃん?」

真姫「……とりあえず希は、『な』が言えないか練習してみましょ」

凛「ねーねーなあにー?」ユサユサ

真姫「ああもう、なんでもないわよー!」

凛「なんでもないことないにゃー!」

花陽「ふ、ふたりとも落ち着いて……」



穂乃果「それじゃあ希ちゃん、とりあえず私が言うことを復唱してみてね」

希「う、うん」



339: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 22:26:39.15 ID:keK03hwx.net

穂乃果「花陽ちゃん」

希「はにゃよちゃん」

穂乃果「7」

希「にゃにゃ」

穂乃果「ナンバープレート」

希「にゃんばーぷれーと」

穂乃果「ナイロン」

希「にゃいろん」

穂乃果「中目黒」

希「にゃかめぐろ」

穂乃果「INAX」

希「いにゃっくす」

穂乃果「斜め七十七度の並びで泣く泣くいななくナナハン7台難なく並べて長眺め」

希「にゃにゃめにゃにゃじゅうにゃにゃどのにゃらびでにゃくにゃくいにゃにゃくにゃにゃはんにゃにゃだいにゃんにゃくにゃらべてにゃがにゃがめ」

穂乃果「かわいいー!!」ムギュー

希「うぅ……」

絵里「可愛いけどマズイわね……」

希「どうしよ……」



341: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 22:32:04.04 ID:keK03hwx.net

海未「ですが、これは本当に一大事ですよ……?」

希「そのライブ、ウチお休みしたほうがいいんかにゃ……」

真姫「そうよね……歌えないんじゃあね……」

絵里「……」

にこ「必要ないわ」

希「っ……にこっち」

花陽「にこちゃん……何か案があるの?」

にこ「ないわよ……ないけど、この9人じゃないと意味ないのよ。1人でも欠けたらそれはμ'sじゃないの」

希「にこっち……」

ことり「……そうだね、うん!」

凛「それじゃあみんなで練習するにゃ! 『にゃ』って言えるように……って、あれれ、噛んじゃったにゃ~」

希「うふふっ……ありがとう、みんにゃ。……迷惑ばっかりでごめんね」

絵里「いいのよ。仲間なんだから、それくらい」

穂乃果「そうだよ! 今まで希ちゃんがたくさん助けてくれたから、今度は私たちが助ける番なんだよ!」

海未「そういうことです。さあ練習しましょうか、『な』を言えるようになるまで」

希「……うんっ!」



344: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 22:41:44.75 ID:keK03hwx.net

真姫「理屈は分かんないけど、希は『な』を『にゃ』と言ってしまうのよね」

希「うん」

真姫「まず『にゃ』を発音するときと『な』を発音するときの違いは口の形よ。そこに注意して発音してみましょ」

絵里「どうするつもり?」

真姫「あーって言ってみなさい」

希「あー」

真姫「その要領で、同じように口を開けるのを意識しながらなーって言うのよ」

希「ぁ、にゃっ……む……ぅあー」

ことり「言いづらそうだね……」

花陽「おくちをもごもごさせてたしね」

真姫「むぅ……もう一回よ」

希「ん、ぅ……ぬぁー」

絵里「うーん……聞こえなくもないけど、ぬぁー、よね」

海未「『な』ではありませんね……」

希「……」



349: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:42:20.88 ID:keK03hwx.net

真姫「『にゃ』の口の形は『い』段の形なの」

希「ふむふむ」

絵里「確かに、『に』のあとに続けて『や』を挟み込む感じね」

真姫「でっしょー? だからまず『あ』段を使いこなしましょう」

にこ「あかさたな……って言ってみるとか?」

希「あーかーさーたーにゃー」

にこ「まあそうよね」

穂乃果「じゃあ、なにぬねの!」

希「にゃにぬねの」

海未「言えませんね……」

ことり「むむむ……」

希「やっぱりあかんよ……ウチ、次のライブはおやすみするから……」ウルウル

にこ「諦めてどうすんのよ……」

希「だって、何度やったって……」

にこ「気合い出しなさいよ! 出来るまで私が付き合うわよ」

希「にこっちぃ……」ウルウル

穂乃果「私たちも付き合うよ!」

花陽「そうだよ……友達だもんっ」

絵里「いろいろ案を出してみましょ?」

ことり「おーっ!」



351: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:16:27.88 ID:AToZgPep.net

・・・

絵里「あれから2時間……けっきょく何も変わんなかったわね……」

にこ「カラオケに英語に……どれも効果なしね」

希「みんにゃ、ごめん……」

海未「ううむ……」

真姫「どうすれば……」

ことり「惜しいところはあったんだけど……」

穂乃果「うーむ……」

花陽「次の案……もぐもぐ、何かないかなぁ……もぐもぐ」

凛「かよちんまたおにぎり食べてるにゃー」

花陽「ぁ……あ、あはは……お腹すいちゃって……」

真姫「そんなお米ばっかり食べてると太るわよ。炭水化物がいちばん太るんだから」

花陽「気をつけます……」

穂乃果「お米……あっ!」

みんな「?」

穂乃果「早口言葉だよ!!」

希「早口言葉……?」



353: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:26:17.48 ID:AToZgPep.net

穂乃果「早口言葉ってさ、どういう風に言ってる?」

希「えっ……そ、そりゃ普通に……」

穂乃果「普通に言うと、よく噛んじゃうよね」

希「ん……まあそうやね」

穂乃果「でもさ、紙に書いて……それを読み上げるように言ったら噛まないでしょ?」

希「あー……そうかも」

真姫「なるほどね。それいいかも」

穂乃果「でしょ!」

海未「では、生麦生米生卵と……紙に書きますね」サラサラ

希「うん……」

穂乃果「今まで何でやらなかったんだろ……紙に書いて読ませればよかったよね!」

絵里「本当にできるの?」

穂乃果「じゃあ紙に書いたなまぐみなまごめなまままも言ってみてよ」

にこ「あんたが噛んでどうするのよ……しかもそんなゆっくりで」

穂乃果「い、いやぁ……苦手でして……」

海未「さあ書けました」

穂乃果「それじゃあ希ちゃん!」

希「う、うん……」



357: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:37:31.82 ID:AToZgPep.net

穂乃果「生麦生米生卵!」

にこ「がんばりなさい希!」

希「にゃ……ぬぁ……む……」

海未「ファイトです!」

ことり「がんばれ❤ がんばれ❤」

希「むむ……んぬ、むぁ……にゃ……っ」

絵里「希!」

希「にゃま……に……ぬむ……」

まきりんぱな『希(ちゃん)!』

希「っ……に、な……な、ま……」

みんな『!!』

希「な、まむぎ……にゃ……ぬぁ、なま、ごめ……っ……な、またまご!!」

みんな『やったー!!』

希「や、やった……言えた……」

穂乃果「希ちゃんやったねー!」ギュッ

希「うん、うんっ……穂乃果ちゃんのおかげ!」

穂乃果「わーい!」



359: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:44:01.40 ID:AToZgPep.net

希(穂乃果ちゃんのおかげで『な』を言う方法を見つけられたウチ)

希(この日からライブ当日まで、おうちで紙を見にゃがら何度も練習を繰り返して繰り返して)

希(そうしてやってきたライブ当日)

希(ウチがセンターのライブは、大成功に終わった!)




希「はあ……一時はどうにゃるかと思ったにゃあ」

絵里「あら……にゃになってるわよ?」

希「普段はいいやん……なって言うの結構しんどいんよ?」

絵里「そうなの……まあ、そっちの方が可愛いからいいんだけど」

希「にゃ、にゃによ……照れるやん……///」

絵里「うふふ、猫希は可愛いわよ」ナデナデ

希「んっ……の、喉にゃでんといてよ……///」

絵里「気持ちいいでしょ?」

希「う、ん……///」ゴロゴロ

絵里(ああもう可愛い!! 持って帰りたい……エリチカ抱き枕にしたい!)

希「んふふ……♪」



361: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:51:19.30 ID:AToZgPep.net

希(ライブが終わってひと段落ついた、ある日のこと)

希(今日はことりちゃんがバイトの日)

希(ことりちゃんはバイトの日は、いつも部室に顔だけ出してすぐに帰る)

希(けれど今日は、にゃぜか……ウチは手を引かれてそのまま誘拐されちゃった)

希(にゃっ……にゃんでにゃん……!?)


~メイド喫茶~

ことり「やっぱり似合ってるよぉ~❤」

希「ぅう……///」ネコミミピコピコ

ことり「猫耳メイドさん、とっても可愛いよ!」●REC

希「にゃ、にゃに撮ってるんよー!」シッポフリフリ

ことり「かわいいかわいい猫耳メイドさんだよ?」

希「かわ……///」ピコピコ

希「って違ーう! にゃんでウチここでメイド服着てるん!? それと尻尾と耳は隠さにゃいと……」

ことり「大丈夫だよ♪ ここには猫耳と尻尾もあるからっ」

希「そ、そんにゃあ……///」

ことり「じゃあ……ほら、私も尻尾と猫耳つける!」カチャッ

希「ぁ……かわいい」

ことり「えへへっ♪」



362: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:55:05.63 ID:AToZgPep.net

ことり「これ、私の髪の色と合わせてるから違和感ないでしょ?」

希「ぁ……ほんまや。ほんまに生えてるように見える」

ことり「うふふ、とってもリアルでしょ? 希ちゃんの猫耳と比べても遜色ないくらい!」

希「うん!」

ことり「だから、これなら問題ないよね?」

希「ほぇ?」

ことり「希ちゃんは今日からしばらく、ここでメイドさんをしてもらいます!」

希「……」

希「ぇえーっ!!?」



393: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 19:34:50.08 ID:AToZgPep.net

希「ま、まって……ほんまに!?」

ことり「ほんまですっ♪」

希「いや、そんにゃ……にゃ、にゃんでウチが……?」

ことり「かわいいから?」

希「そ……そんにゃ理由で……というか、こんにゃ格好あかんって!」

ことり「大丈夫です! 猫耳メイドさんは大人気だから」

希「ち、ちがっ! こ、こんにゃの、見られたらこわいやん……」

ことり「むぅ……大丈夫なのにぃ」

希「もしバレたら……」

ことり「うーん……じゃあ私が猫耳と尻尾を付けて接客してくるから見てて?」

希「えっ……」

ことり「大丈夫! こんなリアルな尻尾とお耳なんだよ? 任せて♪」

希「……」



397: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 19:54:47.96 ID:AToZgPep.net

・・・

ことり「おかえりにゃさいませ、ご主人様♪」

お客さん「こんにちは……あ、ミナリンスキーさん!」

ことり「こんにちは♪ えへへ?本日は猫さんなんです♪」

お客さん「ほ、ほんものだ……!! しかも猫耳尻尾だ……!」

ことり「似合ってますか?」

お客さん「とっても似合ってます!」

ことり「嬉しいですっ♪ すぐにメニューをお持ちしますね~」

お客さん「おぉぉ……!!」



398: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 20:10:16.70 ID:AToZgPep.net

ことり「こんにゃ感じ♪」

希「た、確かにコスプレと思われるやろうけど……でも」

ことり「大丈夫! 私と希ちゃんはにゃんにゃんシスターズだからっ!」ギュッ

希「ぅえぇえっ……!!?///」

ことり「ほらほら、接客レッツゴー!」グイグイッ

希「そ、そんにゃぁ~!///」


・・・


ことり「それじゃあ行ってきてね」

希「う、うん……///」



カランカラン



希「お……おかえりにゃさいませ……ご、ご主人様……///」

絵里「」

希「ぇっ……え、えりち!?」

絵里「……」

希「あ、あの……?」

絵里「か、かわいい……」

希「えっ」

絵里「の……希……」

希「う、うん」

絵里「ちょっとだけ抱きしめさせて……」

ことり「え、絵里ちゃんお触りは厳禁ですにゃ!」

絵里「ちょっとだけだから、先っぽだけよ!」

ことり「ダメですー!」

絵里「の、のぞみぃー!」

希「い……今は我慢してにゃ……」

絵里「くっ……我慢するわ……」

ことり「ほっ……」



405: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 21:47:33.22 ID:AToZgPep.net

・・・

希「メニューでございます」

希「ご注文はお決まりににゃられましたでしょうか?」

希「かしこまりました、ご主人さま」



絵里「はらしょおぉお……!!」キラキラ

海未「何事かと思いましたが、なるほど……これならコスプレと思われるので問題ありませんね」

穂乃果「なんの話?」

海未「まだ猫耳と尻尾にコンプレックスがあるようなので、少しでも改善できればと話し合ってたんです」

真姫「それでこうなったわけね」

絵里「はらしょー……///」キラキラ

にこ「でも、どうして改善させる必要があるわけ? 普段通り隠してれば問題ないじゃない」

海未「この前のライブでもありましたが、耳と尻尾を意識するあまり、動きが少し乱れていましたから」

穂乃果「だから、いっそコスプレってことにしてライブでも使っちゃおうって?」

海未「そういうことです」

凛「結構無理やりだにゃ……」

花陽「でもでも、とっても可愛いよぉ……猫耳メイドのことりちゃんと希ちゃん!」

絵里「はらしょお……」ウットリ



408: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 21:57:47.49 ID:AToZgPep.net

穂乃果「希ちゃんことりちゃーん」

ことり「は~い! にゃんでしょうかご主人様?」

穂乃果「あれやってほしいな! 希ちゃんと二人でやるやつ!」

絵里「!!」パチパチパチ

希「ぅえっ……ほ、ほんまにやるん……?///」

凛「凛もみたいにゃー!」

ことり「だって! やるかにゃん?」

希「わ、わかった……///」



410: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 22:01:49.70 ID:AToZgPep.net

ことり「こんにちは、私は猫耳メイドのミナリンスキー♪」ニャンッ

希「そしてウチはそのお姉ちゃんのノゾミンスキー♪」ニャンッ

ことのぞ『私たち、二人合わせて~』クルクル

ことのぞ『にゃんにゃんシスターズでーす❤』ニャニャンッ♪


パチパチパチ


穂乃果「いいぞいいぞー!」

凛「かわいいにゃー!」

絵里「はらしょぉぉおおっ!!!」

にこ「……」

にこ(この二人だけでユニット作れそうね)

海未(私も考えていました)

にこ(脳に直接!?)



416: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 22:18:27.87 ID:AToZgPep.net

ことり「にゃんにゃん♪ それでは私がケチャップでお絵描きさせていただきますにゃん♪」

花陽「ありがとうございますっ!!」キラキラ

絵里「……!」

絵里「希、私にもお願い!」

希「にゃっ……!? い、いや……これはことりちゃんの……」

ことり「ご主人さまのお願いは聞かにゃいとだよお姉ちゃん!」

希「ぅえっ……か、かしこまりました……にゃん」

絵里「うふふ……///」ニコニコ

希(ど、どうしよう……ウチ、オムライスに絵にゃんて描いたことにゃいよ……)

希(っ……下手に似顔絵にゃんてやろうとしたら……むむ、怒られるかもしれにゃいけど、仕方にゃいやんにゃ!)

希「か、書かせていただきますにゃ!」

絵里「ええ!」

希「えと……」チュー


【えりちへ♡】


絵里「……」

希「っ……」

希(お、怒らせちゃったかにゃ……)

絵里「хорошо!!!」

希「よ、よかった……です」

希(ほっ……///)



422: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 22:37:25.60 ID:AToZgPep.net

・・・

希「ドリンクまぜまぜしちゃうにゃん♪」

ことり「ご主人さまのために美味しくなる魔法をかけちゃいますにゃ!」

絵里「ええ!」


ことのぞ『おいしくにゃーれ♪ おいしくにゃーれ♪』クルクル

ことのぞ『ご主人さまのために、もっともーっとおいしくにゃーれ❤』


絵里「穂乃果……」

穂乃果「なあに?」

絵里「わたし、もう死んでもいいわ……」

穂乃果「そっか」

絵里「……相変わらず冷たいのね」

穂乃果「そんなことないよ? ……ちょっと分かんない気もしないし」

絵里「!!」



425: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 23:19:58.68 ID:AToZgPep.net

~帰り道~

ことり「今日のバイト、どうだった?」

希「最初は何事かと思ったけど、楽しかったかにゃ」

ことり「うふふ、途中からノリノリだったもんね♪」

希「まあ、そやね……///」

ことり「また明日もよろしくにゃん♪」

希「ん……よろしくにゃん」

ことり「えへへっ! 可愛いよぉ~❤」スリスリ

希「ちょっ……こ、ことりちゃん……///」

ことり「もうただ猫のコスプレした希ちゃんにしか見えないよお~」

希「そ、そんなことにゃいよ? ちゃんと猫の能力もあるんやからにゃん」

ことり「ほんとかにゃ~」

希「ほんまやもん! ……あれ?」

ことり「?」



ここあ「」テクテク

こころ「」テクテク

にこ「」オンブ

こたろう「」オブラレ



希「にこっちたち……お買い物かにゃ」

ことり「そうみたいだね」



427: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 23:36:44.41 ID:AToZgPep.net

希「妹たち連れてお買い物……大変やね、にこっち」

ことり「さすがお姉ちゃん、だね」

希「ちょうどいいし、ウチたちもお手伝いしてあげよっか」

ことり「そうだね!」

希「にこっちー!」

にこ「あら、希とことり。バイト終わり?」

ことり「うん、さっきね」

希「こんばんは~」

こころあ『こんばんは!』

こたろう「……ふーせん」

希「風船?」

こたろう「ふうせん……」

希「あら……真っ赤な風船やね。いいにゃあ」

にこ「ケータイショップの前でもらったのよ。こたろう、離しちゃダメよ?」

こたろう「うんー」

ことり「こころちゃんたちももらったんだね♪」

こころ「私は黄色です!」

ここあ「私はピンク!」

ことり「かわいいね♪」

希「ウチたちもお買い物手伝うよ」

にこ「悪いわね」



431: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 23:59:46.60 ID:AToZgPep.net

・・・

希「たくさん買ったにゃあ……」

にこ「いっつも月曜日に買い溜めしてんのよ。こころたちもお手伝いしてくれるから捗っちゃうの」

希「にゃるほどやね。ウチは一人やから買い溜めとか面倒で」

にこ「一人暮らしなら仕方ないわよね」

ことり「うちも買い溜めはするよ、お父さんお母さんと一緒に車で日曜日に」

希「家族が多いとそうにゃるやんね」

こころ「希さんは一人暮らしなのですか?」

希「あはは、そうにゃんよ。お父さんもお母さんもちょっと遠くに住んでるん」

ここあ「寂しくないの?」

希「んー……ちょっと寂しいときもあるけど、友達もいるから大丈夫かにゃ?」

こたろう「うちくるー」

希「はい?」

にこ「ああ……なんならうちでご飯食べる? 手伝ってくれたお礼。ことりもどうかしら」

ことり「えっ……い、いいの?」

にこ「いいわよ、それくらい」

ことり「じゃあお言葉に甘えちゃおうかな♪ ね、希ちゃん」

希「ほんまにいいん?」

にこ「いいってば」

希「ほにゃ、お言葉に甘えさせてもらおかにゃ」

にこ「ふふん。……おっと、こたろうちょっと持ち上げるわよ」グイッ

こたろう「あっ」パッ

にこ「え……あっ」

ここあ「風船飛んでっちゃった……」

希「あら……」



434: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 00:07:28.00 ID:t1XSOUVT.net

こたろう「ふうせん……」

にこ「あーあ……仕方ないわよ、またもらってあげるから」

こたろう「……やだ」

にこ「やだって……もう街灯まで飛んじゃってるわよ……」

こたろう「……ふーせん」

希「……ウチがとってあげるから、ちょっと待っててにゃ」ナデナデ

こたろう「……え」

にこ「え?」

ことり「ま、まさか……」

希「すう、はあ……よしっ!」タンッ


希(猫の脚力やったら……!)ダンッ

希(三角飛びの要領で……)

タンッ

ダッ

ピョンッ

希(よし、届いたっ!)パシッ

クルクル

スタッ

希「ふぅ……はい、こたろうくん」

こたろう「……」

希「ん……どうしたん?」

にこ「あ、あんた……!」

希「え?」

ことり「か……カチューシャが……」

希「えっ」

こたろう「……ねこ」

こころ「猫さんです……!」

ここあ「猫だ!」

希「ぁ……」ネコミミピコピコ



436: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 00:15:22.25 ID:t1XSOUVT.net

~にこホーム~

こころ「本物ですよね……」フニフニ

ここあ「すっごーい!」クリクリ

希「にゃあ~……やめてや……」

こたろう「しっぽー」ギュー

希「ふぎゃっ……!? し、しっぽは、あ……あかっ……ん……///」ビクビクッ


にこ「カチューシャで激しい動きはダメみたいね……」

ことり「やっぱりお外では帽子のほうがいいみたいだね」

にこ「そういうことだから、カチューシャは室内だけにしなさいね」

希「わ、わかった、けどぉ……///」ビクッビクッ

こたろう「ふさふさー」ナデナデ

ここあ「しっぽも本物だ!」ナデナデ

希「や、やめてにゃあぁぁあ……///」ビクンビクン

にこ「ごはんできるまで相手よろしくー」

希「そ……んにゃあ……///」

こころ「希さんは猫さんだったんですね! さすがお姉さまの選んだμ'sのメンバー、只者ではありせん!」

希「そんにゃん、言ってる場合やにゃいっ……の、にぃ……」ビクビク



450: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 19:49:23.15 ID:t1XSOUVT.net

・・・

希「ほにゃ、ご飯が出来るまでウチと遊んでようにゃ」

こころ「何をして遊びましょうか……あ、にっこにっこにー♪ の練習とか」

希「……それは遊びじゃにゃいと思うん」

こころ「そうですか……」

ここあ「じゃあおままごと!」

希「おままごと?」

こころ「ではここあはお母さん、私はお姉さんをやりますね」

ここあ「いいの!」

こころ「ええ、いいですよ」

希「さすがお姉ちゃんやね」

こころ「えへへっ♪」

こたろう「ぺっと……」

希「へ?」

ここあ「ナイスこたろう! じゃあ希お姉ちゃんはペットの猫さんね!」

希「にゃっ!?」



451: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 19:56:31.83 ID:t1XSOUVT.net

ここあ「ほらほら希ちゃん、ママがなでなでしてあげまちゅよ~」

希(しかも子猫!?)

希「にゃ、にゃ~お」

ここあ「よしよし」ナデナデ

希「にゃ~」

希(あ……意外と気持ちいい……)

希(にゃでにゃでを熟知しているかのようにゃ……いったい……)

ここあ「へへん、気持ちいいでしょ?」

希「うん……にゃかにゃかいい気持ちやね……」ホンワカ

こころ「ここあは近所のおばあちゃんのところでよくワンちゃんと遊んでるんですよ」

希「にゃるほどやね……それにゃら、にゃでにゃでも上手いのもわかる……」ゴロゴロ

こころ「わわっ! 喉がゴロゴロいってます……やっぱり本物の猫さんですね!」ナデナデ

ここあ「あー! いま私が撫でてるんだぞー!」

こころ「私にも撫でさせてくださいよ~!」

こたろう「ひっぱりだこー……」

希(あうぅ……めっちゃ気持ちいいやん……///)ゴロゴロ

希(おままごとやにゃいけどね、うん)



452: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 20:03:13.33 ID:t1XSOUVT.net

ここあ「あ! ねーねー、今日買ったお菓子取ってきてよ!」

こころ「クッキーですか?」

ここあ「うん!」

こころ「はいっ……えっと、あ、これですね」ガサガサ

こころ「ありましたよ~」

ここあ「これを半分に割って……はい、どーぞ!」スッ

希「はむっ」

こころあ『きゃっーっ! 食べたー!』

希「はむはむ」

希(にゃんやろぉ……うふふ、にゃんか気分が乗ってきたにゃあ……///)

希「にゃーん」

ここあ「もっとほしいの?」

希「にゃ」

こころ「それでは今度は私が! はいっ」

希「ぱくっ」

こころ「おぉ~!」

希「ぺろぺろ」

こころ「ひゃっ……ざ、ざらざらしてます……!」

ここあ「いいなー!」



にこ「希のあれは演技なのかしら」

ことり「……本能の赴くままに行動してるように見えるね」

にこ「そうよね……あのまま本物の猫にならないわよね?」

ことり「猫でいることを受け入れちゃったら……とか」

にこ「ファンタジーでありがちね」

ことり「ま、まあさすがにそんな」

にこ「である事を祈るわ……」



457: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 21:13:40.68 ID:t1XSOUVT.net

・・・

『いただきまーす』

にこ「はいどうぞー」

こころ「今日はスープもあるんですね!」

にこ「お客さんも来てるしね」

ここあ「豪華だー!」

こたろう「……ふー、ふー」

ことり「熱いから気をつけてね~」

こころあ『はーい!』

希「ふふ、みんにゃ可愛いにゃあ……あちっ!」

ことり「だ、大丈夫?!」

希「ぅあ……やけどひひゃっは……」

にこ「あれ……あんた熱いもの平気だったでしょう」

ことり「……あ、猫だから」

にこ「あー……猫舌かぁ……! ごめん希、ちょっと冷ましてあげるから」

希「ごめんにゃ……」

ことり「大丈夫?」

希「んん……次から気をつけるにゃ……」

こころ「猫さんも大変ですね」

希「あはは……そうやね……」



460: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 21:44:49.14 ID:t1XSOUVT.net

・・・

『ごちそうさまでした!』

希「ふう……舌がひりひりするにゃあ……」

にこ「猫ってめんどくさいわね」

希「ん……でも、いいこともあるけどね」

にこ「そう?」

希「身のこにゃし軽くにゃるし、飛んでった風船キャッチできるし」

ことり「さっきの凄かったよね~」

希「ふふん」

ここあ「ぴょんぴょんって風船キャッチしちゃったよね!」

こころ「ひとっ飛びでした!」

希「んー……街灯くらいの高さにゃら、三角跳びくらいでいけるかにゃ」

ことり「すごいなぁ」

にこ「でもあれでしょ、高いところ怖いんじゃない?」

希「全然」

にこ「えっ」

希「むしろ高いところ好きやよ?」

にこ「で、でもよく木に登って降りれないって」

希「ただ降りるのが苦手にゃだけよ」

にこ「……ほんま?」

希「ほんま」



463: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 22:19:59.97 ID:t1XSOUVT.net

ことり「じゃあ、希ちゃんも高いところ好きなの?」

希「ん……前はそうでもにゃかったけど、猫ににゃってからは……そうやね」

ことり「ふむふむ……」

にこ「なんで猫なのかしらね」

希「それは分かんにゃいけど、ウチは猫で良かったと思ってるん」

こころ「猫さんでですか?」

希「うん……だってほら、猫ってかわいいやろ?」

ことり「うんうん! しっぽ握るとふにゃってなっちゃうし~♪」シッポニギニギ

希「ふにゃあぁぁ……///」ゾクゾクッ

ことり「ね❤」

希「や、やめひぇえ……///」

にこ「……ふふん」



464: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 22:32:45.55 ID:t1XSOUVT.net

・・・

希「今日はありがとうにゃ、にこっち」

ことり「とっても美味しかったです♪」

にこ「またいらっしゃいよ」

ことり「うんっ!」

希「みんにゃもバイバイやね。お姉ちゃんに無理させたらダメやよ?」

こころあ『はーい!』

こたろう「ばいばいー」

希「うんっ」ナデナデ

ことり「それじゃあ帰ろっか」

希「そうやね……ほにゃ、また明日ねにこっち」

にこ「ええ、気をつけてね」

こころあ『ばいばーい!』フリフリ

ことり「……ふふっ」

希「あははっ」

ことのぞ『ばいば~い』フリフリ



465: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 22:47:05.90 ID:t1XSOUVT.net

ことり「すっかり暗くなっちゃったね」

希「もう9時やし、仕方にゃいよ」

ことり「長居しすぎちゃったね」

希「そうやね……みんにゃとお話しするのが楽しかったもんにゃあ」

ことり「うんうん! また希ちゃんに『な』がたくさん入る言葉を言われせたりね!」

希「あれは……もうやめへん?」

ことり「やめないにゃん♪ だって可愛いもんっ」

希「もぅ……///」

ことり「さっきのおままごとの写真もあるよ? というか動画も」

希「!!?」

ことり「ほら!」


希【にゃ~ん】

こころ【希さんは猫さんなのにチョコレート食べれちゃうんですね!】

希【もともと人間にゃん!】


希「けっ……消してー!」

ことり「おことわりします! 絶対に消しませーん!」

希「にゃぁーっ!!」



468: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 22:56:34.66 ID:t1XSOUVT.net

・・・

希「はあ……」←諦めた

ことり「るんるん♪」

希「……誰にも見せにゃいって約束してにゃ」

ことり「見せにゃいでーす♪」

希「ほんま?」

ことり「ほんまですっ!」

希「……にゃらいいけど」

ことり「ふふ、それじゃあ明日もバイト頑張ろうね♪」

希「うぅ……ほんまに?」

ことり「ほんまです」

希「えと、にゃんやったかにゃ……」

ことり「にゃんにゃんシスターズ!」

希「そう、それ……頑張らにゃいとダメかにゃ」

ことり「店長も喜んでたし、バイト代も出すからっ!」

希「それは、まあ……うん」

ことり「うふふ、それじゃあまた明日ね❤」

希「……うん、また明日にゃん!」



469: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 23:02:10.89 ID:t1XSOUVT.net

希「……さて、と」

希「明日もかぁ……また恥ずかしい思いしにゃいとダメやにゃあ」

希「猫は面倒、か……確かにそうかもしれにゃいけど、やっぱり便利やもんにゃ」

希「ジャンプ力とか、運動神経とか……まあ猫舌のせいでにこっちのお料理、ちょっと冷まさにゃいとやったけど」

希「んー……いつかにゃくにゃるのかも、にゃんて考えたら……今の内に猫生活も楽しんだ方がいいやんにゃ」

希「よしっ! じゃあ明日も頑張りますかー!」

希「おーっ!」



470: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 23:02:39.29 ID:t1XSOUVT.net

これでひとまずおしまい
またネタが思い付いたら書こうと思います
ありがとうございました



541: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 01:09:01.16 ID:fem54+Cw.net

~ある日~

希「おはよー」ガチャ

ことり「にゃんにゃん! おはようにゃん!」

http://i.imgur.com/nL7N68M.jpg

希「!?」

ことり「希ちゃん希ちゃん、ことりも猫ににゃっちゃったの!」

希「ええーっ!!?」

ことり「たすけてよぉ~」

希「そ、そんにゃ……ことりちゃんまで猫に……!!?」

ことり「え~ん……」

希「そ、そんにゃ……うそやん……」

ことり「ほんとだよぉ……ほら」シッポフリフリ

希「」

ことり(ふふ、うまく騙せてるかな~? リモコン式の尻尾さんなのです♪)

希「ほんまやん……」

ことり(やったね! コスプレって思わないあたり、猫生活に慣れてきてるのかな)

希「触っても……」

ことり「そ、それはダメ! 触られると……ほ、ほら、敏感になっちゃうから!」

希「そ、そうやね……ごめんにゃ、ことりちゃん……」

ことり(ほっ……)

希「でも……にゃんで、ことりちゃんまで……」

ことり「私も朝起きたらこんにゃ風ににゃってたから……」

希「ウチと同じやね」

ことり「そうにゃの……」

ことり(猫さん手袋まではめてるのにバレないなんて……ちょっとびっくりにゃん♪)



547: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 01:17:16.64 ID:fem54+Cw.net

希「でも……大丈夫やよ! にゃんかあったら、ウチも力ににゃれるから!」ガシッ

ことり「希ちゃん……!」

希「猫の先輩として、ウチにまかしときっ!」

ことり「頼もしいにゃ~」

希「まずは発情期の対処法やけど……」

ことり「あっ……そ、それはまだ大丈夫だと思うよ!」

希「えっ……どうして?」

ことり「えっと、発情期って生理のタイミングだったのよね? それにゃら、つい最近終わったばっかりだから」

希「そっか! ……でも大切にゃことやし」

ことり「それは……その時に聞くから大丈夫にゃ!」

希「んー……わかった。じゃあ授業中の猫耳の隠し方やけど……」

ことり「うんうん」


・・・


希「という感じかにゃ」

ことり「にゃるほど……よく分かりましたにゃっ」

希「ふふ、嬉しいにゃあ……」

ことり「ほえ?」

希「猫さんににゃってから、ちょっと寂しく思うところがあったんよ。ウチだけこんにゃやからね」

ことり「ん……」

希「でも良かった。ことりちゃんには悪いかもしれにゃいけど、猫の仲間が増えて、ちょっと安心しちゃった」

希「ごめんにゃ……」

ことり「希ちゃん……ううん、謝らないで?」

ことり(むしろ謝らなくちゃいけないのはことりの方だから……!)



548: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 01:24:04.84 ID:fem54+Cw.net

希「でも……頑張って元に戻る方法探そにゃ! ひとりでダメでもふたりにゃら絶対出来るって思うん!」

ことり「う、うん……」

ことり(ぁうぅ……そ、そんなキラキラした目で見ちゃイヤだよぉ……)

ことり(騙しちゃった罪悪感が……)

希「ふふ……嬉しいにゃあ……///」

ことり(わっ……希ちゃんかわいい……/// って違う違う、ダレカタスケテー!)

希「これからは二人で頑張ろうにゃ……ふふっ」ギュッ

ことり「ひゃっ……///」

ことり(お……おっぱい、おっきいよぉ……///)

希「安心してにゃ。ことりちゃんにはウチがついてるから……力を合わせて人間に戻ろ!」ムギュー

ことり「ぅ、うん……」

ことり(顔近いよぉ……こ、興奮しすぎだよ希ちゃん……///)

ことり(ぁぅうっ……///)



550: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 01:41:33.35 ID:fem54+Cw.net

希「うふふっ♪」

ことり(離れちゃった……って、なんで残念がってるの~!?)

希「よし、まずはみんなに話しとかにゃいとね!」グイッ

ことり「ぇっ……きゃっ!」ズルッ

希「あっ!」

ドタッ

カラカラン

ことり「い、いたたた……」

希「大丈夫………………え?」

ことり「大丈夫……ん、どうかしたのかにゃん?」

希「猫耳、外れて……」

ことり「えっ!!?」ババッ

ことり「ぁ……」

希「……どういう、こと……かにゃぁ。ちゃんと聞かせてもらうよー!」ガバッ

ことり「ご、ごめんなさっ……ひゃあっ! お、おっぱい揉まないで~っ///」

希「ウチを騙した罪は重いんよー!」モミモミ

ことり「ひぃい~ん……っ///」ビクビクッ

希「ことりちゃんのいじわるー!」

ことり「ごめんなさあーい!! ……んぁっ……❤」



いたずらするときは限度を弁えて行いましょう
byことり



564: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 18:27:50.10 ID:fem54+Cw.net

~またある日~

穂乃果「……」フニフニ

希「にゃにしてるん……?」

穂乃果「いやあ……気持ちいいなーと」フニフニ

希「人の耳触って楽しい?」

穂乃果「人じゃなくて猫の方だけどね、楽しいよ」

希(そういう意味じゃにゃいんやけど……)

穂乃果「可愛いにゃ~」スリスリ

希「んん……どうしたんよ、甘えん坊さんやね」

穂乃果「希ちゃんが可愛いのが悪いんだよー」

希「ぅっ……///」

希「んもう……どうして穂乃果ちゃんは、すぐ思わせぶりにゃこと言うん?」

穂乃果「ほへ?」

希(無自覚ですか……そうですか)



565: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 18:35:31.06 ID:fem54+Cw.net

希「前々から言おうって思ってたんやけどね」

穂乃果「なあに?」フニフニ

希「ウチの猫耳と尻尾は遊び道具じゃにゃいんよ? ことりちゃんも穂乃果ちゃんも、というか……みんにゃウチで遊びすぎ!」

穂乃果「もうマスコットみたいなものだもん」

希「にゃんでそんにゃことに……」

穂乃果「猫だからだよ」

希「……この耳と尻尾を引きちぎれば……」

穂乃果「だ、だめだめ! そんなことしたらダメだよ!」

希「にゃんでー? そうすればマスコット扱いされにゃいんでしょ」

穂乃果「そういうことじゃないよ!」

希「……分かってる、冗談よ」

穂乃果「ほんま?」

希「ほんま……切ったりしにゃいから、そろそろ」

穂乃果「オコトワリシマス」

希「もう……」

穂乃果「猫耳ふにふにされるの嫌?」

希「……むしろ気持ちいいけど」

穂乃果「えへへー♪」

希「むぅ……///」



570: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 19:17:56.90 ID:fem54+Cw.net

穂乃果「きもちい?」フニフニ

希「ん……もっと、耳の裏とか」

穂乃果「はーい」ナデナデ

希(よかった……向かい合って耳触られてたら、顔真っ赤ににゃってるのバレるところだった……)

穂乃果「気持ちいいね~」

希「ウチは気持ちいいけど、穂乃果ちゃんも気持ちいいの?」

穂乃果「うん! 毛並みさらさらだし、ふかふかしてて触り心地最高だよ」

希「そうにゃんや……///」

穂乃果「穂乃果も猫ににゃったらずーっと触ってられるのににゃ~」

希「……でも、辛いこともあるよ? 発情期は本当にしんどいもん」

穂乃果「そんなにしんどいの?」

希「ずっとムラムラしっぱにゃしだから……おにゃにーすればマシににゃるけど、完全には治まらにゃいから」

穂乃果「かわいそうに……」ナデナデ

希「でも、メリットもそれにゃりにあるん。身体も柔らかくにゃるし、耳も鼻も目もよくにゃるし」

穂乃果「ほんと!?」

希「うん!」

穂乃果「すごーい」

希「ふふん♪」



571: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 19:29:49.07 ID:fem54+Cw.net

希「でも、あんまり猫ににゃりたいにゃんて思わないほうがいい。いいこともあるけど、無くたって困るものじゃにゃいから」

穂乃果「しかも唯一のデメリットで希ちゃんは苦しんでるんだもんね……」

希「まあ、ね」

穂乃果「……また協力するからね。発情期で辛いとき、少しでもえっちしないで楽になれる方法考えとくから」

希「ありがとう、穂乃果ちゃん」

希(嬉しいにゃ……穂乃果ちゃんがウチのために、こんにゃに考えてくれるにゃんて)

穂乃果「だからもうちょっと触ってていい?」

希「……はい」

希(とは言ったものの、そろそろやられっぱにゃしも飽きてきたところやね……どうしてくれようかにゃん♪)



573: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 19:43:30.96 ID:fem54+Cw.net

希(でも、いまウチは穂乃果ちゃんに背を向けてる状態……そして穂乃果ちゃんはウチの猫耳を触ってる)

希(どれくらい近づいてるのか見えにゃいから分からにゃいけど、それにゃりの距離は保たれてるはず。抱きつくほどに近づかれてにゃいし)

希(それにゃら、バッと振り返ってわしわしMAX……いつものパターンでオーケーやね)

希(くっくっく……優雅にゃ顔で猫耳を触ってるのも今のうちやよ~!)

穂乃果「ふう……ちょっと休憩しようかな」

希(ここや!)クルッ

穂乃果「えっ!?」

希(ぇっ……近)


チュッ❤



584: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 21:43:20.82 ID:fem54+Cw.net

穂乃果「ん、……っ」

希「っ……むぁっ……」バッ

希「ご、ごめっ……///」

穂乃果「ん……ぅん……///」

希「……///」

穂乃果「……///」

希(うわわっ……い、勢い余ってちゅーしちゃった……)

希(こ、んにゃ近いにゃんて聞いてへんよ……///)

穂乃果(い……いきなり振り向くなんて聞いてないよぉ……///)

穂乃果(うぅ……顔真っ赤だ……)

希(恥ずかしい……けど)

穂乃果(でも……なんだか、気持ちよかった……❤)


希「あの……///」

穂乃果「ん……///」


チュッ❤


希「ん、ちゅ……んむ、んんっ……❤」

穂乃果「ちゅぷ、はむ……❤」

希「ほの、ぁひゃ……ちゅっ❤」

穂乃果「のぞみちゃ……んちゅ、ちゅく……❤」



586: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 21:54:57.18 ID:fem54+Cw.net

穂乃果(希ちゃんの舌がざらざらしてて、なんか……色んなところ舐められると気持ちいい)

希(にゃんやろ……気づいたらまたちゅーしてて……)

希(……まあ、気持ちいいからいいかにゃ……)

穂乃果「んふ……ちゅっ……」フニフニ

希「んんっ……❤」

希(ちゅーしながら猫耳いじられてる……にゃにこれぇ……すごい気持ちいい……❤)

穂乃果(希ちゃんの顔、とろけてる……ふふ、気持ち良さそう❤)

穂乃果(もっと気持ちよくなってほしいな……)

希「ん、ぁむ……れろ、ちゅる」

穂乃果(舌絡めてきた……あれ、ざらざらしてない……? 自分でコントロールできるのかな……)

穂乃果「にゅる、れろ……ぢゅるるっ」

穂乃果(舌絡めるの気持ちいいよぉ……❤)



ガチャ


絵里「おはよ――――ぇっ」



希「ふむ、ちゅ……れろ、にゅぷ……///」

穂乃果「ぢゅく、ちゅる……にゅる……///」


絵里「えっ、えっ……えっ!!?」



592: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 22:05:33.30 ID:fem54+Cw.net

絵里「……えっ」


希「ぷはっ……あ、えりち……///」

穂乃果「えりちゃんら……///」


絵里「あ、ああな、あああなあなあなたちなななななにやっあばばばば」

穂乃果「ほら、お茶飲んで落ち着いて」

絵里「ごくごく……ふう」

絵里「あなたたち何してるのよ!?」

ほののぞ『……ちゅー(キス)?』

絵里「」

希「えっ……き、きすぅ!?」

穂乃果「キスでしょ……?」

希「ちが、ちがうって! ウチはその、ちゅーのつもりで……///」

穂乃果「ちゅーとキスって何が違うのかな……」

希「ぁ……」

穂乃果「……」

ほののぞ『キスしてました』

絵里「」

希「えりちー」

絵里「ハッ!」

絵里「は、発情期ね! そうなのよね!?」

希「違うけどね……」

絵里「」



593: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 22:28:06.89 ID:fem54+Cw.net

絵里「は、発情期じゃないのに……穂乃果とキスしたの!?」

希「ぅん……///」

絵里「」

穂乃果「希ちゃんとのキス、とっても気持ちよかった……❤」

希「えへへ、ウチも……❤」

絵里「そ、そん……そんな……」ガタガタ

穂乃果「希ちゃん、ちょっと尖った歯を舌で撫でるとビクビクって気持ち良さそうにするんだよ~///」

希「あ、あれは……だって、気持ちよくて……///」

穂乃果「ざらざらの舌で歯茎撫でられたら、私もビクビクって気持ちよくなっちゃった……❤」

希「ほんま……? 実はざらざらしにゃいように出来るんよ、あれ」

穂乃果「すごいよね……❤」

絵里「……寝取られた」

絵里「穂乃果に希を寝取られたー!!」

希「えりち落ち着いて……」


絵里「うわーん! 今日はもうやる気なくなった! エリチカ、おうちに帰るー!」バタバタ


希「ぁ……帰っちゃった」

穂乃果「どうしたんだろ……寝取られたとかなんとかって」

希「さあ……」

穂乃果「……みんなが来るまで続き、する?」

希「……うん❤」



596: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 22:38:45.37 ID:fem54+Cw.net

・・・

希「はあ……はあ……」

穂乃果「希ちゃん、キス魔なんだね……❤」

希「ん……そうかも、やね……///」

穂乃果「発情期のときは、みんなにキスしてたの?」

希「……してたかも」

穂乃果「ふうん……誰と?」

希「えりちと、海未ちゃんと真姫ちゃんにはしたかにゃ……」

穂乃果「へえ……そうなんだ」

希「穂乃果ちゃん……?」

穂乃果「ふふっ❤ 私はいつでもキスおっけーだよ♪」

希「ぇ……?」

穂乃果「ふふん♪ そろそろみんなも来る頃だし、着替えとこっか」

希「あ、うん……そうやね」

希(どういうことかにゃ……)



598: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 22:53:31.79 ID:fem54+Cw.net

・・・

絵里「じー……」コソコソ

希「……ちらっ」

絵里「!」サッ

希「……」

絵里(気付かれてないわね)

希(バレバレよ……)

絵里(穂乃果に奪われた唇……取り戻すわ!)



この件以降、絵里が隙あらば希ちゃんの唇を狙うようになりました! ちゅん❤ちゅん❤



607: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 23:44:07.83 ID:fem54+Cw.net

~またある日~

凛「今日は希ちゃんにプレゼントにゃー!」

希「いきにゃりどしたん?」

凛「プレゼント! 凛から心を込めて!」

希「おぉ……にゃんだかよく分からにゃいけど、嬉しいにゃあ~」

凛「ふふん! 見て驚くがいいよ! プレゼントはこれだにゃ!」


猫缶『やあ』


希「!!?」

凛「にゃっふっふ……驚いた?」

希「そ、そりゃ驚くよ! 猫缶って……こんにゃの、食べられへんよ……」

凛「ぇっ……そんな……」ウルウル

希「ぅえっ……?!」

凛「そんな、そんなぁ……凛、たくさん頑張って探してきたのに……」

凛「希ちゃんが喜んでくれると思ってたのにぃ……」ポロポロ

希「にゃっ……にゃ、にゃーんちゃって! 驚いた? 実は逆ドッキリだったのだー!」

凛「えっ……?」

希「ふふん! ありがとう凛ちゃん、喜んで食べさせてもらうね!」

凛「ぇっ……やめたほうが」

希「せっかくのプレゼントやもん! いただきます!」

凛「こ、ここまでが凛のドッキリ作戦だからー!」

希「んっ!?」パクッ




希「……意外といけるにゃあ」

凛「えっ!?」



本当にネタ切れにゃんにゃん



612: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:00:09.77 ID:7s12JMpa.net

ネタ提供求むにゃ



619: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:55:54.23 ID:7s12JMpa.net

>>606

穂乃果「わおーん」

希「」

穂乃果「犬になっちゃったわん」シッポフリフリ

希「ほ、ほんま……?」

穂乃果「ほんまだわん!」

希「……えっと」

穂乃果「なでてなでてっ!」シッポフリフリ

希「う、うん……気持ちいい?」ナデナデ

穂乃果「わんわんっ!」ペロペロ

希「きゃっ……ちょ、くすぐったいやん……///」

穂乃果「お顔も舐めちゃうわん♪」ペロペロ

希「んんっ……ちょぉっ……///」

穂乃果「ぺろぺろ❤」

希「ん、ぁふ……ほのっ……ぁ……」

穂乃果「……ちゅ」

希「っ……ん、ちゅ……」

穂乃果「んむ……ちゅぷ、れろ」

希「にゅく……にゅるる、ちゅぴっ」

穂乃果「ぷはっ……はっ、はっ……///」

希「ね、猫と犬がキスにゃんて……聞いたことにゃいよ……///」

穂乃果「わぅ……なら、穂乃果と希ちゃんが初めてだわん❤」ペロリ

希「んふふ……そうやね///」

絵里(ぐぬぬ……)ギリギリ

絵里(私も動物になれば希と……いや、でも……どうやって動物になるのよーっ!!」

穂乃果「わぅぅ……もっとキスしよ……?」

希「ふふ、穂乃果ちゃんもキス魔やんにゃ……❤」

穂乃果「えへへ……❤」

絵里(悔しい……けど、ハラショー……///)



659: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 01:55:34.65 ID:98Xg3khr.net

遅ればせながらねこのひ


希「おはよー…………えりち?」

絵里(猫耳尻尾フル装備)「……にゃによ」

希「……何のマネにゃん」

絵里「ね、猫の日だから……」

希「猫の日……?」

絵里「ほら……2月22日は猫の日って聞いたから……」

希「う、うん……それがどうしたん?」

絵里「だ、だから……その、猫ににゃって希と遊ぼうかしらなんて……///」ゴニョゴニョ

希「……ぷっ」

絵里「っ……///」

希「ふふっ……あははっ! そんにゃことしにゃいでも、ウチにゃらいつでも遊んであげるやん!」

絵里「だ、だって希……」

希「にゃん?」

絵里「最近、穂乃果とばっかり一緒にいて……寂しかったんだもの……」

希「……ぷぷっ」

絵里「また笑ったわね!?」

希「ご、ごめっ……くく、くっ……ははははっ!」

絵里「ぅうっ……///」



661: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 02:01:21.38 ID:98Xg3khr.net

・・・

希「ふう……笑い過ぎちゃった」

絵里「もう……」

希「謝るから、そんにゃ不貞腐れんといてよ~。ごめんにゃさい! ほら、もういいやん?」

絵里「調子いいんだから……」

希「ふふん♪ ……でも、えりちが穂乃果ちゃんに嫉妬するにゃんてにゃあ……?」

絵里「そ、そりゃするわよ! あんなにキスばっかりしてるんだもの……!」

希「えっ……でも、わんちゃんの習性にゃら仕方にゃいやん?」

絵里「本当に習性だと思ってるの……?」

希「にゃ?」

絵里「はあ……」

希「……何にゃん?」

絵里「……私ともキスしましょ」

希「えっ」



663: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 02:06:56.55 ID:98Xg3khr.net

絵里「ね、ネコーチカもキスしちゃう習性なのよ! だからいいでしょ!?」

希「いや……でもそれ、付け耳……」

絵里「うるさいわよー! いいからキスさせてよ!」

希「……」

絵里「えぇっ!!?」

希「……ふんっ」

絵里「なんで……習性ならしてくれるんじゃないの!? 穂乃果とするのも習性だからなんでしょ!?」

希「それはそうやけど」

絵里「じゃあ私とも……」

希「お断りします」

絵里「!!」ガーン



664: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 02:15:28.11 ID:98Xg3khr.net

絵里「そんなぁ……」

希「……だってにゃ」

絵里「ぇ……?」

希「だって、えりちには猫にゃんて似合わへんもん」

絵里「……」

希「えりちはそのままのえりちでいいんよ。ウチの好きにゃえりちは、猫じゃなくて、人間のえりちにゃんやから」

絵里「希ぃ……」

希「だから、ネコーチカとはキスしません!」

絵里「……わかったわ」カポッ

絵里「これなら、してくれるのよね?」

希「ふふ、もちろんやん♪」

絵里「……希、好きよ」

希「うん……ウチも!」

絵里「ねえ、希」

希「にゃあに?」

絵里「今日は……可愛い子猫ちゃんを持ち帰りたいの」サワ

希「ひゃっ……ちょ、えりち……」ビクッ

絵里「ねえ……ダメかしら? 私の可愛い子猫ちゃん……❤」

希「ぅ……や、優しくして……にゃ?///」

絵里「ええ❤」


その夜
発情期に入った希の性欲により、絵里は腰がガクガクになるまでし続けることになるのだが……この時はまだそれを知らない



665: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 02:16:12.94 ID:98Xg3khr.net

結局猫の日関係ないけどのぞえりでした!



675: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 15:26:35.30 ID:98Xg3khr.net

>>616


希「発情期が来てしまった……///」

希「またあの日々が始まるんやね……つらいにゃあ……」

希「またみんにゃに迷惑かけちゃうんかにゃ……ううん、にゃるべく自分でにゃんとかしにゃいと!」




希「……と思って夜遅くまでおにゃにーしてたら遅刻しそうにゃ時間やし……」

希「あーもう、ほんまに発情期だけは嫌! 急がにゃいと……」バタバタ

希「う、裏道抜けていこう……あの野良猫たくさんいる道!」

希「よし、いってきます!」



676: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 15:35:19.91 ID:98Xg3khr.net

~裏道~

希「はあ……はあ……///」タッタッ

希(ふ、服が擦れて……///)

希(もうやだ、ほんとやだ……!)

ニャー

希「ぁ……おはよう猫さん」

ニャ

希「ごめんにゃ……ウチ急いでるから、今日は遊んであげられにゃいんよ……」

希「それに発情期やし……ごめんにゃ!」ダッ

ニャー

希「わわ、っと……ほっ」トンッ

希「今日はやけに多いにゃあ……にゃにかあったん?」

ニャー

希「ご飯の日?」

ニャン

希「そっかそっか、よかったね! じゃあウチはこれで」

ニャー

希「にゃ、にゃによぉ……///」

ニャー

希「はっ!? いい匂い……? ウチから!?」

ニャーニャー

希「でも……ウチ、何も持ってにゃいよ?」

ニャニャ

希「……っ!!?///」

ゾロゾロ

ニャーニャーニャーニャーニャーニャーニャーニャーニャーニャー

希「は、発情期の匂いって……///」

希「よく見れば雄猫ばっかり……う、うそぉ……」

希「だ、ダレカタスケテー!!」



680: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 15:44:23.36 ID:98Xg3khr.net

ニャー

希「ちょっ……か、身体擦り付けにゃいでよぉ……///」

希(ま、まずい……このままだと猫さんに……そんにゃの嫌!!)

希「たすけてぇ……うぅ……」

ニャー

スリスリ

希「ひぃっ……わ、わたし人間だから……猫じゃにゃいからぁ……」

ニャー

希「匂いとか知らにゃいよぉ……お願いだからやめてってばぁ……」

ニャーニャーニャー

希「ぃやっ……きゃっ!」ドタッ

バッ

希「にゃっ……の、乗らにゃいでよ……」

ニャー

希(ほ、ほんとにやられちゃう……猫さんに襲われる……っ)

希(やだ、やだやだやだっ……ぅぅ……)

希(たすけて、だれか……っ)



「わんっ!!」


ニャー!!



「がるるるっ……わんわんっ!!」


シュババッ


希「ぇっ……?」

穂乃果「はあ……はあ……希ちゃん大丈夫!?」

希「ほ、穂乃果ちゃん……?」

穂乃果「間に合ってよかった……」



681: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 15:55:24.04 ID:98Xg3khr.net

希「ど、どうして……」

穂乃果「ふふん! 私は犬だよ? 希ちゃんの匂いを辿ってここまで来たのです!」

希「そんにゃ……」

穂乃果「えへへっ! 実は私も遅刻しそうで……こことはちょっと違う抜け道使おうとしたらさ、希ちゃんの匂いがあったから」

希「……ありがとね」

穂乃果「ううん、いいの。それより大丈夫だった? 猫さんに……その、襲われかけてたよね」

希「うん……」

穂乃果「怖かったでしょ? 私がいるから、もう怖くないからね……」ナデナデ

希「……」ギュッ

穂乃果「よしよし」

希「ぐすっ……」

穂乃果「もう発情期のときはここ使っちゃダメだよ?」

希「ぅん……」

穂乃果「希ちゃんの事情はみんな知ってるから、ね?」

希「ごめ、ん……」

穂乃果「よしよし」ナデナデ





ことり(出遅れちゃった……)

ことり(希ちゃんの悲鳴が聞こえるから来てみれば、猫と戯れてて……)

ことり(可愛いな~って思いながら写真撮ってたら実は襲われかけてて……気づけば穂乃果ちゃんが助けに来てました)

ことり(私がもっと早く気づいてたらかっこよく助けてあげたのに……そうすればもっと希ちゃんをぎゅってしてなでなで出来たかもしれないのに……)

ことり(……ごめんね希ちゃん、気づいてあげられなくて……)

ことり(でも猫さんに襲われかけてた希ちゃん、色っぽかったなぁ……///)

ことり(この写真は絵里ちゃんに見せてあげよっと♡)



684: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 16:09:26.83 ID:98Xg3khr.net

【i(・8・)sストア】

ナレーション:内田彩

ここは、音乃木坂学院のどこかにあるという秘密のお店。

取り扱う商品はたったひとつ――――東條希の写真である。

しかもただの写真ではない。

彼女が猫耳と尻尾を晒している姿の写真。

つまり素の状態の彼女の写真ということだ。

そして本日もひとり、新たな来客がその店を訪れた――――


コンコン


店主「……ちゅんちゅん」

『にゃんにゃん』

店主「どうぞ」

ガチャ

絵里「……」

店主「いらっしゃいませ。今日はどのようなご用件で?」

絵里「……フフ、私がここに現れた時点でお分かりでしょう?」

店主「ふっふっふ……それもそうですね。では奥へどうぞ」

絵里「ええ、ありがとう」

絵里「…………ねえ、毎回これやらなくちゃいけないの? ことり……」

店主「こ、ここでは店主だよ絵里ちゃん! それと、この方が雰囲気出るでしょ! 闇のお店みたいな感じでっす」

絵里「わかったわよ……もう」


音乃木坂学院の生徒会長たる絢瀬絵里は、このi(・8・)sストアの常連客なのだ。

ちなみにこの店、『あいちゅーんずすとあ』と読む。

Appleさんとは関係ないのであしからず。



686: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 16:20:04.67 ID:98Xg3khr.net

店主「ではこちらへ」

絵里「え、ええ……」


絵里は店主の後をついて、店の奥へと進んでいく。カーテンの締め切った暗い部屋を、微妙に怖がりながら。

しかし背に腹には変えられない。目的の物を手にするまで、絵里は帰ることができないのだ。

それは堅い覚悟。

この店の存在を知った日に心に決めた、おのれとの近い。

何としてでも、恐怖すら乗り越えてでも手に入れると誓ったのだ。

東條希の写真を手に入れると……!!


店主「……怖い?」

絵里「ぜッ……ぜぜぜぜぜんぜんんんっ!!?」

店主「そう……」


絵里にとって、東條希の写真は、そこまでして手に入れる価値があるのだ。

たとえ怖くたって我慢するだけの意味があるのだ!


店主「……カーテン開ける?」

絵里「あ、開けて……」

店主「うん……」


……怖いものは怖いもんね、うん。



687: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 16:31:49.54 ID:98Xg3khr.net

店主「……こちらが、今回仕入れさせていただいた商品になります」


店主が机に並べたのは数枚の写真。その日付はどれも最近のものだ。

全て仕入れたばかりの掘り出し物、ということだろう。写真を並べる店主は少し誇らしげだった。


絵里「これは……」

店主「おお、さすが絢瀬さん……お目が高い。こちらは先日入手したばかりでしてね」

絵里「希が猫と戯れているのかしら……ふふ、可愛らしいわね……」


うっとりした表情で写真を眺める絵里に、しかし店主は口元をニヤリと歪めて否定する。


店主「それは違うのですよ」

絵里「え……?」

店主「それは戯れているのではありません。襲われているのです」

絵里「!!」


それは衝撃だった。

写真は見るからに戯れているだけ――――なのに、店主はなんと? 襲われていると言ったのか。

希が猫に襲われていると――――


絵里「ど、どういうこと!?」

店主「東條さまが発情期になられたのはご存知ですね」

絵里「ええ……もちろん」

店主「猫の発情期……雌猫の場合、雄猫わ惹きつけるために特有のフェロモンを放つと言います」

絵里「そ、それが……?」

店主「まだお分かりになられませんか? 東條さまが放つフェロモンが、雄の野良猫を魅了してしまったのですよ」

絵里「!!!!」


絵里の脳髄を叩く、さらなる衝撃。

希が雄猫を魅了するなど……そんな、まさか!!


絵里「さすが希ね……ふふ、雄猫まで虜にしてしまうなんて♡」


途端に絵里の表情は恍惚とし始めた。



688: 綾瀬さんじゃなくて絢瀬さんでしたごめんなさい。(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 16:47:37.95 ID:98Xg3khr.net

絵里「他にはないのかしら?」

店主「そうですね……では、こちらなど如何でしょうか」


そう言って店主が取り出したのは、今度はメイド服の希が映った写真であった。

フリフリのメイド服に猫耳、そしてスカートの中から覗く尻尾……その姿に、絵里はもう我慢など出来ようともなかった。


絵里「ハラショー!!」

店主「ふっふっふ……そう仰ると思っていましたよ」

絵里「素晴らしすぎるわことり!」

店主「店主だってば!」

絵里「あら、ごめんなさい。でも素晴らしいわ……さすがね!」

店主「ふっふっふ……この前、うちのお店でバイトに来てもらった時に撮っておいたのです」

絵里「うふ、うふふ……ね、ねえ……ローアングルはないの?」

店主「えっちなものはありません!!」

絵里「ご、ごめんなさい……」


あくまでこのお店は全年齢対象なのである。

それではさっきの、猫に襲われかけていた写真はどうなるのか?

それが……あくまで、と謳う所以である。

真実は襲われたと見えても、傍目では戯れてるように見えていれば問題ないのだ。

……けっこうグレーゾーンな店なのだ。



690: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 16:58:07.59 ID:98Xg3khr.net

店主「さあどうします……この二枚の写真。買いますか?」

絵里「買うわ」


即決だった。

しかし良いのだろうか……こういうものは値段交渉をしてから決めるものなのだが。


絵里「いいの。どんな値段であろうと買うもの」


明るい場所では強気の絵里である。

これがカーテンの締め切った暗い部屋なら、こうはいかなかっただろう。


店主「……良いのですね?」

絵里「ええ。言い値だろうと買うわよ」

店主「……5万」

絵里「わかったわ」


そう言ってカバンに手を伸ばそうとした絵里を、店主は血相を変えて必死に止める。


店主「ま、ままままってまって! 冗談だから、冗談だから!」

絵里「む……なんで冗談なんか」

店主「お、おっほん。……もちろん絢瀬さんの覚悟を確かめさせていただくためですよ。こちらの写真は全て裏モノですゆえ」

絵里「そう……ま、どちらにせよ関係ないわ。買わせてもらう」

店主「……では戯れの猫は2000円とさせていただきましょう。猫耳メイドは5000円です」

絵里「あら、メイドは高いのね」

店主「お店で撮ったから買わなくちゃいけなくて……」

絵里「……苦労したのね」

店主「うん……」


写真を手に入れるのだけでも一苦労なのだ。



692: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 17:23:12.75 ID:98Xg3khr.net

店主「……はい、お代金はしっかり受け取りました。商品の返品やそれに伴う返金は一切受け付けませんので」

絵里「分かってるわ。無くしたら自業自得……よね?」

店主「はい」

絵里「ふふ……ありがとうことり、いい買い物ができたわ」

店主「店主だよ絵里ちゃん!」

絵里「あらごめんなさい……うふふ、舞い上がっちゃって」

店主「んもぅ……さ、店じまいだよ! みんなが来る前に元の部室に戻しておかなきゃ」ソソクサ

絵里「ええ、わかったわ。」


ガチャ


にこ「おはよー……って、あんた何してんの」

絵里「」

にこ「……なにそれ、写真?」

絵里「こ、これは……」

にこ「なんの写真? ちょっと見せてよ」

絵里「ぅえっ……そ、それは……」

にこ「なに? ……見せられないものなの?」

絵里「い、いやその……あっ!」

にこ「いいから見せなさいよ~っと……希の写真?」

絵里「そ、そうなの! 可愛いでしょ?」

にこ「あんたが撮ったの?」

絵里「そう……そうよ!」

にこ「……盗撮よね、これ」

絵里「……へっ!?」

にこ「あんた……希を盗撮したの!!?」

絵里「し、してないわよ!! これはことりが……っていない!!」

にこ「ちょっと話聞かせなさいよ絵里!」

絵里「そ、そんなぁ……ことりーー!!」


ことり「ふう……危なかったぁ! ……ふふん♪ お金も入ったし、これでまた希ちゃんの写真仕入れちゃおっと❤」

i(・8・)sストアはいつでもお客さまたちのご来店をお待ちしております。



714: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 23:30:52.56 ID:98Xg3khr.net

>>700



凛「にゃんにゃん」

希「にゃにゃ?」

凛「にゃっ!」

希「にゃあ……」

凛「にゃーん」

希「にゃにゃ!」

凛「にゃっ!? にゃー!」

希「ふにゃ……にゃにゃん」

凛「にゃあ……」


ことり(か、かわいい……!!)パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ


凛「にゃあにゃあ」

希「にゃ?」

凛「にゃーん」

希「にゃにゃ……にゃん」

凛「にゃにゃ~♪」ゴロゴロ

希「にゃ~」ナデナデ


ことり(ぐふっ……ここが桃源郷なのかな……!)

ことり(もうカメラの容量がいっぱいだよ……)



715: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 23:36:55.24 ID:98Xg3khr.net

凛「にゃ~ん」スリスリ

希「んん……にゃ~」ナデナデ

凛「にゃ?」

希「にゃ~♪」

凛「にゃっ♡」

希「にゃにゃ~ん」

凛「ふにゃー!」

希「にゃふふ♪」


ことり(……何を話してるんだろう……)

ことり(もう写真撮れないけど、せめてこの目に焼き付けないと!)


ことり「ねえ二人とも!」

のぞりん『にゃ?』

ことり「どんなお話ししてたの?」

のぞりん『分かんにゃい(にゃ)!』

ことり「ぇー……」

ことり(ただにゃーにゃー言い合ってただけなのね……)

ことり(けど……それも可愛いっ!!)



717: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 23:44:19.33 ID:98Xg3khr.net

>>701

真姫「希、また発情期なのね」

希「ぇっ……う、うん……」

真姫「じゃあさっさと下着脱いでお尻向けなさい」

希「ま、またあれ……やるん?」

真姫「やるわ」

希「でもあれ……あの、全然気持ちよくにゃいし……」

真姫「問題ないわ。今度はコレを使うから」ガサガサ

希「にゃ……にゃに、それ……」

真姫「ピンクローターよ」

希「」

真姫「これなら希を直接絶頂させて排卵を勧められるわ。大丈夫、これは適切な医療行為よ」

希「い、いやっ……あの、でもそれっ!」

真姫「安心しなさい。この真姫ちゃんが手早く的確に火照りを沈めてあげるから」

希「ひいっ……だ、だれかたすけてー!!」

真姫「ちょっと待っててー」グイッ

希「ふぎゃーっ!!」

真姫「ちょっと暴れないでよ! パンツが脱がせにくいでしょうが!!」

希「ふぎゃぁぁああっ!!」






絵里「……!! いま希の悲鳴が聞こえた気がしたわ!」

穂乃果「気のせいじゃない? ここ校庭だよ?」

絵里「そ、そうよね……まあいいわ。フリスビーいくわよ!」

穂乃果「わんわんっ!」



718: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 23:57:03.22 ID:98Xg3khr.net

~ある日~

希「……///」ポケー

海未「ま、またですか……?」

希「ぅん……///」

凛「はつじょーき?」

海未「そうみたいですね……ずっと発情しっぱなしというのは辛そうです」

凛「ずーっとムラムラしてるんでしょ? 死にそうだにゃ……」

希「おにゃにーすれば、ちょっとはマシににゃるんやけどね……」

希「ただ、ずっとしてるわけにはいかにゃいし……おにゃにーし続けるのもしんどいしね」

凛「そ、想像を絶するにゃ……」

海未「まだウサギの方が助かったかもしれませんね……」

凛「ウサギさんだとどうなるの?」

海未「ウサギは年中発情期なんです。人間と同じで」

凛「ほえぇ……///」

希「にゃ、にゃんと……」

海未「しかも出産直後に発情するほど性欲が強いのです」

希「う、海未ちゃんからそんな言葉聞くとは思わにゃかったよ……///」

凛「凛も……///」

海未「生物学ですから」

のぞりん『便利だにゃ……』



719: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 00:05:30.16 ID:fXrt+6Dp.net

希「そっかぁ……ウサギさんは年中えっちしてるんやね……」

海未「あ、あの……あんまりそういう言葉は……///」

凛「変なところで純情だにゃ……」

海未「ううぅっ……///」

凛「じゃあ、もし凛も猫になったらはつじょーきになっちゃうのかなぁ」

希「そうにゃるね」

凛「嫌だなぁ……そんな、ずーっとムラムラしちゃうなんて」

希「だから、猫ににゃったらあかんよー?」ナデナデ

凛「うんっ!」

希「……えへへ///」

凛「!」ドキッ

海未「あの……凛?」

凛「希ちゃん……」

希「ん?」

凛「……///」スッ


チュッ❤︎


希「ん、むっ……!!?」

海未「なっ……!!?」



720: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 00:08:50.20 ID:fXrt+6Dp.net

凛「ちゅ、ちゅっ……」

希「ん、んんっ……ぁぅ……///」

凛「ぷはっ……えへへ、ちゅーしちゃったにゃ……///」

希「にゃ、にゃっ……にゃにを……///」

凛「希ちゃんの顔見てたら、なんだかキスしたくなっちゃったにゃ……♡」

希(ま、まさか凛ちゃんまで発情期のフェロモンにやられて……!?)

海未(あ、あり得ません……///)

希(うそやん……///)

凛「もっとしよぉ……?」

希「う、ぁ……うん……///」


チュッチュッ❤︎


海未「あ、あわわ……あわ、あわっ……///」

海未「な、なにしてるんですかー!」

凛「はふぅ……なんかね、希ちゃん見てたら凛までムラムラしてきちゃったにゃ~///」

海未「んなっ!?」

凛「仕方ないから、凛も希ちゃんと気持ちよくなるね……」

希「ごめんにゃ……」

凛「いいの! ……でも、ノーカンだよ?」

希「ウチもその方が助かるかにゃ……ありがと」

凛「えへへっ!」

海未「な、ななっ……あわわわっ……///」



721: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 00:14:21.78 ID:fXrt+6Dp.net

凛「希ちゃん……とりあえず脱がなきゃね……」

希「そうやね……///」


海未(こ、これは私も参加する流れなのですか……!?)

海未(そんな破廉恥な……でも凛だけにやらせるのはリリホワのリーダーとしてどうなのでしょう……)

海未(し……しかしそんな、えっちなんて……まだ初めてでさえ……)

海未(いや……こ、これはノーカンです! 凛も希もそう言ってました……いけます!)

海未「わ、私も一肌脱ぎます!」バサッ

のぞりん『にゃっ!?』

海未「凛だけに任せるんけにはいきません……私もお手伝いいたします! さあ服を脱いでください!」

のぞりん『は、はい……』



意外とノリノリの海未ちゃん
けれどこの中で一番敏感なのも海未ちゃんなのでした



734: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 16:25:19.00 ID:IKc4AREj.net

>>705

希「うぅ……///」

花陽「また発情期……?」

希「うん……」

ことり「大変だね……私たちに何かできることあるかな?」

希「……にゃでにゃでして」

ことり「じゃあ花陽ちゃんの出番だね!」

花陽「えっ……わ、わたし!?」

ことり「ことりはほら……写真撮らなきゃ♪」

花陽「あ、うん……が、頑張ります!」

希「はやく……してくれへん……?」

花陽「は……はい!」ナデナデ

希「はふぅ……///」

花陽「気持ちいいですか?」

希「うん……はにゃよちゃんは、にゃでにゃでの達人やね……❤」

花陽「そ、そうかな……///」ナデナデ


ことり「……ふふ❤」パシャパシャパシャパシャ


希「ぁ……耳のあたりとか優しく……///」

花陽「は、はいっ!」ナデナデ

希「ふあぁ……ん、はぅ……///」ビクビク

花陽「……///」ナデナデ

ことり「花陽ちゃんこっち向いて~」

花陽「あ、はい……///」

ことり「ふたりともかわいいよぉ……♪」パシャパシャ

花陽「うぅ……恥ずかしい……///」ナデナデ

希「はぁ、んん……///」ゾクゾクッ



735: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 16:34:47.41 ID:IKc4AREj.net

ガチャ

凛「おはよー!」

ことり「あ、おはよう凛ちゃん」パシャ

凛「にゃっ!? ……なにしてるの?」

花陽「希ちゃんが発情期だから、撫でてあげてるの」

凛「なでなでより遊ぶほうがいいんじゃないのかにゃ?」

希「ウチはどっちも好きやけど……今はにゃでにゃでの気分にゃんよ……///」

凛「そっかぁ……じゃあ終わったら遊ぼーね!」

希「凛ちゃんありがと……///」

花陽「あ、凛ちゃんも撫でてみる?」

凛「えっ!? ……で、でも……凛、猫アレルギーだし……」

ことり「この前だって触ってたし、大丈夫だよっ!」

凛「そ、それもそうだったにゃ……!」

希「凛ちゃんー」

花陽「ね?」

凛「う、うん……」ドキドキ

ナデナデ

希「ぅにゃあ……///」

凛「ね、猫さんの声だにゃ……」

希「んん……」

凛「も、もっと触ってもいい!?」

希「ええよぉ……」ギュッ

凛「ひゃ……だ、抱きつくの!?」

希「この方がにゃでやすいかにゃって……嫌やった?」

凛「う、ううん……大丈夫……///」ナデナデ

希「んぁ……はあ……」

凛「おぉ……痒くならないよかよちん!」

花陽「ふふ、よかったね♪」

ことり「はあ……はあ……❤」パシャパシャパシャパシャ



739: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 16:56:13.01 ID:IKc4AREj.net

ことり「かわいい……凛ちゃんと希ちゃんのにゃんにゃんコンビかわいいよぉ……」パシャパシャ

花陽「たくさん撮ってるね……」

ことり「見る!?」キラキラ

花陽「えっ……じゃあ少しだけ……」

ことり「うんっ! ここはね、ほらほら凛ちゃんが照れた顔かわいいよね! 希ちゃんも全て凛ちゃんに任せた顔しててとっても色っぽくて」ペラペラ

花陽「ひゃっ……だ、ダレカタスケテー……」



凛「希ちゃん……」

希「にゃに……?」

凛「なんか、とってもかわいいにゃ」ナデナデ

希「ど……どうしたんよ、いきにゃり……?」

凛「凛でも触れるからかな……ふふ、可愛いにゃ~」ナデナデ

希「ぁ……そこそこ……///」

凛「ここ気持ちいいの?」

希「ぅん……」シッポフリフリ

凛「どうして撫でると気持ちいいの?」

希「……わかんにゃい」

凛「そっかぁ」ナデナデ

希「ん……」フリフリ

凛「かわいいにゃ~」


花陽「……」パシャ

ことり「花陽ちゃん」

花陽「……えへ♪」



743: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 17:13:47.92 ID:IKc4AREj.net

後日談的な何か


【i(・8・)sストア】

店主「本日の写真は、花陽ちゃんと戯れる発情期希ちゃん……そして凛ちゃんと戯れる発情期希ちゃんです」

絵里「買うわ」

店主「……10枚1セットで7000円ですが」

絵里「全部買うわ」

店主「ま、毎度ありがとうございます」

店主「……あの」

絵里「なに?」

店主「なぜ全部……?」

絵里「希ファンが増えたら困るじゃない」

店主「そ、そうですね……」

絵里「うふふ♪」


後日談おわり



766: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 20:21:31.98 ID:CBpq6K2i.net

>>758



希「うぅ、今日は寒いにゃあ……」

絵里「そうね……少し肌寒いわね」

希「にゃにかあったかい物でも飲もうかにゃ……」

絵里「大丈夫なの?」

希「ん……にゃにが?」

絵里「いえ……いいけど。とりあえず食堂に行きましょうか」

希「そうやね」


~食堂~

希「あったかいミルクティーにしよっかにゃ」ピッ

絵里「それじゃあ私はコーヒーにしようかしら」

希「えりちはブラックが飲めるんやね」

絵里「飲めないの?」

希「苦いの苦手にゃんよ」

絵里「そう……」

希「さて……」ガタガタ

希「ミルクティーであたたまろ!」

絵里「の、希……いいの?」

希「え?」カシュッ

絵里「だって、あなた猫舌……」

希「ふぎゃっ……ぁ、あっつ!!」

絵里「ほら……」

希「わひゅれてたぁ……」ウルウル

絵里「気をつけないと」

希「……うん」フーフー



767: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 20:34:12.45 ID:CBpq6K2i.net

・・・

希「ふー……ふー……」

絵里「もう私飲み終わったわよ?」

希「あ、あとちょっと冷ましたら飲めそうやから……」フーフー

絵里「どれだけ猫舌なのよ……」

希「猫やもん……仕方にゃいやん」

絵里「……」

絵里(ことりは……いないか)キョロキョロ

希「ん……どうしたん?」

絵里「い、いえ……なんでもないのよ、なんでも」

希「そう?」チビチビ

絵里(かわいい……❤)

絵里(ことりがいればこの写真も買ったのに……まあ、そんな都合よく行かないわよね)

希「ぬるいにゃあ……」

絵里「あれだけ冷ませば仕方ないわよ」

希「ぅん……」

絵里「暖かいところ、探す?」

希「そうする……」

絵里「じゃあとりあえず飲んじゃいなさい」

希「うん」チビチビ



768: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 20:42:15.86 ID:CBpq6K2i.net

~中庭~

絵里「ここなんてどうかしら。太陽も出てるわ」

希「ベンチに少し……よいしょ」

絵里「ふう」

希「……」

絵里「……」


ヒュオォ…


希「陽は出てるけど……」

絵里「風のせいで寒いわね……」

希「……ほか探そ」

絵里「そうね……」



769: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 21:46:54.17 ID:CBpq6K2i.net

~教室~

絵里「ここなら暖かいでしょ?」

希「……」

絵里「どうしたのよ」

希「……空気が淀んでる」

絵里「もう、わがまま言わないの」

希「猫はこういうのに敏感にゃんよ! だから他の場所いこ!」

絵里「仕方ないわね……」


ピンポンパーン


『絢瀬絵里さん、生徒会室へ来てください。繰り返します……』

絵里「……」

希「……呼ばれてるよ?」

絵里「くっ……希ぃ……」

希「またあとでやね」

絵里「ぐぬぬ……すぐ、すぐ終わらせるわ! だからあとで耳をプニプニさせて……」

希「う、うん」

絵里「いってくる……」

希「いってらっしゃい」



希「さて……あったかい場所さがそーかにゃん」ノビー



770: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 22:21:21.39 ID:CBpq6K2i.net

希「うぅ、寒いにゃ……」ブルブル

希「風が凌げて陽射しのあたる場所……うーん」

希「部室行こかにゃ! にこっちもいるかもやし」


~部室~

希「ふんふふ~ん」ガチャ

希「……ん?」

希「……」ガチャガチャ

希「開いてにゃいやん……」

希「にこっち、いにゃいんやね……」

希「……屋上に行こうかにゃ」



787: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 17:07:37.62 ID:h/USRQod.net

~屋上~

ガチャ

希「陽は出てるけど、やっぱり風も吹いてるにゃあ……」

希「……諦めて教室戻ろうかにゃ」

にこ「なにしてんのよ」

希「あれ……にこっち? いたんやね」

にこ「いたわよ。どうしたの?」

希「暖かい場所を求めてお散歩中にゃん」

にこ「あぁ……猫って暖かいとこ好きだもんね」

希「うん。だから歩き回ってるんやけど、にゃかにゃかいいところが見つからにゃくて」

にこ「ふぅん」

希「にこっちは?」

にこ「私は……別にいいでしょ! さっさと帰りなさいよ、ここ暖かくもないんだし」

希「うーん……でもにこっちがいるんやし、ちょっとくらいおしゃべりとか」

にこ「忙しいのよ。ほら、戻った戻った!」グイグイッ

希「わ、ちょっ……押さんといてー!」

にこ「はいはい」

バタン

希「……忙しいって……」

希「ふふん。一人で苦手にゃステップの練習かにゃ~ん」

希「それにしても、屋上は無理やし……」

希「……」

希「えりちのところ行こうかにゃ」



790: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 17:16:12.60 ID:h/USRQod.net

~生徒会室~

ガチャ

希「頑張ってるかね?」

絵里「あら……」

希「ふふん。来ちゃった」

絵里「メール見てくれたのね」

希「へ?」

絵里「生徒会室、暖房あるから暖かいわよーってメールしたんだけど」

希「……ケータイ、教室に置いたまま」

絵里「もう……」

希「ま、まあいいやん! えりちの望み通りやって来たんやし!」

絵里「ふふ、そうね。そこ座ってて? すぐに終わらせるから」カリカリ

希「ほにゃ、ウチも手伝うよ」

絵里「大丈夫よ。すぐに終わるから」

希「それにゃら2人でやったほうが、にゃおさら早く終わるやんにゃ?」

絵里「む……じゃあお願いしようかしら」

希「よろしい♪」ガタッ



792: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 17:33:17.57 ID:h/USRQod.net

・・・

希「はい、こっち終わった」

絵里「わたしもちょうど終わったわ」

希「はぁ……あったかいにゃあ……」グデー

絵里「そうね」ナデナデ

希「にゃでてくれるん?」

絵里「気持ちいいでしょ?」

希「うん……」ウットリ

絵里「……///」

絵里(こ、この顔はオーケーサイン……?)

絵里(でも待ちなさい絵里……ここは学校よ? それに昼休みも残り少ない……)

絵里(けれど、据え膳食わぬはなんとやら……目の前にこんなに可愛らしい子猫ちゃんがいるのに何もしないのはどうなの?)

絵里(ああ、希……あなたはどうして私を狂わせてしまうの?)

絵里(この私の葛藤を知ればあなたは……あなたは私を受け入れてくれる?)

絵里(希、ああ……のぞみ……)


希「……くぅ、すぅ……」


絵里「……」

絵里「寝てる……」

絵里「……」パシャ

絵里「……」パシャパシャパシャパシャ



793: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/03/07(土) 17:34:08.51 ID:h/USRQod.net

日を開けすぎて展開忘れ、めちゃくちゃグダグダになってしまった
すみません



896: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 01:31:09.84 ID:gNlaYX0u.net

便乗失礼


~神田明神・神楽殿裏~

花陽「ハッ…ハッ……ふぇ~」フーフー

海未「はい、花陽お疲れ様です。先にゴールした凛も少し休憩しておいてください」
海未「では次に…

花陽「はぁはぁ…やっぱり凛ちゃんには敵わないよぉ」オミズオミズ

凛 ジーッ

花陽「ングング…凛ちゃん…?」

凛「…やっぱりそうだ…」

花陽「どうしたの?」

凛「かよちん、境内のお掃除してる希ちゃんを見てて?」

凛・花陽 ジーッ

希 ~♪ サッサッ



897: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 01:35:13.36 ID:gNlaYX0u.net

花陽「うーん…?いつも通りの希ちゃんだy

凛「シッ…ほら今!」

希 !! ピタッ (…バサバサ…)

花陽(あ、あ、袴がバサバサ動いてる!袴の中でしっぽが動いちゃってるんだ…!)

凛「ほらね?」

花陽「う、うん…動いてたね…ちょっとマズいよねぇ…?」

凛「違うにゃ!かよちんちゃんと見てた?」

花陽「えっ?えっ?違うのぉ??」

凛「その逆にゃ、希ちゃんがたまにピタッと止まるのにゃ!」

花陽(あ、そっちなんだ…)

凛「希ちゃんが猫になるまでこんな事無かったのに…」
凛「これは希ちゃんの身体に何かが起きてる匂いがするにゃ!」フンス

花陽(凛ちゃん…もう希ちゃんが猫であることが普通になってるんだね…)



898: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 01:38:15.28 ID:gNlaYX0u.net

花陽「そ、それよりしっぽが動いちゃって誰かに知られちゃう方が…」

凛「しっぽ…?ぷぷーっかよちん面白いにゃー」ケラケラ
凛「希ちゃんお尻だしてないんだよー?ちゃんと袴穿いてるよー」ケラケラ

花陽「あ、うーん…

絵里「んはっはぁ…はぁ…、やっぱりこの階段キツいわぁ…」ハァハァ

凛・花陽「あ、絵里ちゃんお疲れ様」ハイオミズニャー アリガト♪

絵里「ングング…ぷはぁー…で、二人は境内の方を見て何をしていたの?」

花陽「それがね…」カクカクシカジカ



899: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 01:43:19.60 ID:gNlaYX0u.net

絵里「んー、もし、花陽の言う通りだとすると、ちょっとマズいわね…」

花陽「そうだよねぇ!」

凛「だから、動くんじゃなくて止まってるんにゃー」
凛「あ、ちょうど今!」

凛・花陽・絵里 ジー

希 !! ピタッ (…バサバサ…)

絵里「確かに動いているわね…」

花陽「だよね…」

凛「ガーン…かよちんの洞察力に完敗にゃ…」

花陽「どちらかと言うと、観察力?」

凛「どっちでもいいにゃー!」
凛「凛、希ちゃんのお尻見てなかったから全然気づかなかったよー」ショボーン



900: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 01:47:25.80 ID:gNlaYX0u.net

絵里「ちょっと待って、顔も少しずつ動いているわ」

凛・花陽「えっ?」

・・・

凛「ガーン…酷い追い打ちにゃ…結局最初から止まってもいなかったという事にゃ…」ショボボーン

花陽「あは、あは、凛ちゃん落ち込まないで?花陽も顔は止まって見えてたし」ナデナデ
花陽「それにしても、何をしてるんだろうね?」

凛「そうにゃそうにゃ、猫になる前の希ちゃんはあんな事してなかったはずにゃ」

絵里「そうね、おはようからおやすみまで見ていても、あんな希は見たことが無いわ…」

凛・花陽 サササーッ

絵里「あ、いや、あはは、ほら、合宿の時とか…ね?」アセアセ
絵里「そ、それより希が何をしているのか確認しないと!しっぽが動いちゃうのはマズいわ!」

凛「そ、そうだね…」

花陽「うん…」



901: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 01:51:03.02 ID:gNlaYX0u.net

絵里「よーく見ていると、顔の動く方向も毎回バラバラね…」

花陽「何か見てるのかな?」

凛「んーーーーー…?視線の先っぽい所に…うーん、何だろう?何か動いてる?」

花陽「本当だ…なんか不規則に揺れてる…かな?」

絵里「何かしら…蝶…?」

凛・花陽「あ、それっぽい(にゃー)」

絵里「そう言えば私、希が蝶を見てる所を見た記憶が無いわ…く、不覚ッ!!」

凛「猫になる前はちゃんとお掃除続けながら流し見してたのになー?」



903: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 01:55:22.45 ID:gNlaYX0u.net

絵里「凛!あなた…上級希ウォッチャーね…ハラショーよ!10ハラショーあげる!」

凛「あ、ありがと…にゃ…?」

絵里「じゃあ凛!その時の希の事を出来るだけ細かk

花陽(あ、これは面倒くさくなる流れ?)

花陽「そう!そう言えば!最近街の中でちょうちょ見ないもんね!」
花陽「絵里ちゃんがちょうちょを目で追う希ちゃんを知らないのも無理無いのかも…?」

絵里「そうね…確かに学校近辺で蝶が飛んでいそうな場所ってここくらいかしら?」

凛 ホッ

凛「あっ見て!二人とも!希ちゃんが!」



904: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 02:02:26.84 ID:gNlaYX0u.net

希 フリフリ…

花陽「お尻を振りながら、姿勢を低くしてる…」

花陽・絵里(か、かわいい…)

希 バッ ズルッ ドテッ

凛「コケたにゃ…ちょうちょ捕まえようと飛んだら草履で滑ってコケたにゃ…」

希 パッパッ キョロキョロ … ~♪

凛「無かった事にしてるにゃ!無かった事にして頭掻いてるにゃ!」

花陽「あれは…猫のテレ隠しで顔洗うやつ…」

凛「本当だー舌がチロチロ出てるにゃー」

絵里(くぅ…なんで今日に限ってカメラ忘れてきたのかしら!?)
絵里(はっ…ことり!ことりはどこ…!?)キョロキョロ



905: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 02:07:35.01 ID:gNlaYX0u.net

ことり Σd(・8・) チュンッ

絵里 ホッ

絵里(目をキラキラさせながらも、サイレントでパシパシ写メってたわ…あの子大丈夫かしら…)


海未「ことり…」
海未「「ことり!なんで今携帯触っているんですか!」」

希 ビクゥッ!!

ことり アーン ウミチャーン ゴメンナサーイ オカアサンニ…
海未 アトモウスコシ ガマンデキナイノデスカ…

凛「あ、希ちゃんと目があっちゃったにゃ…」

花陽「ずっと見てたのバレちゃったね…」

凛・花陽・絵里 アハ アハハ アハハハハ…



906: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 02:12:14.06 ID:gNlaYX0u.net

希 …ツーン

花陽「今度は人間のテレ隠しみたいだね」

絵里「顔紅くして口尖らせてる♪あぁ^~希かわいいんじゃあ~」

凛(かよちんもかわいいんだよにゃー)

花陽「後で希ちゃんが練習に合流したら、しっぽの事教えて上げないとね」

絵里(そうね、知らなければ気をつけようも無いしね)
絵里「すっかり忘れてたわぁ」


凛「それじゃあ絵里ちゃん、凛たちは二本目行ってくるね!行こう?かよちん」

花陽「うん!」



おしまい



907: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 02:15:11.53 ID:gNlaYX0u.net

超日常回の希が一言も発さないスピンオフになっちゃったw
一気読みして勢いだけでやっちまいました。
>>1さんすいません



923: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 23:33:25.35 ID:xillwHzn.net

あれだけ言ってたのにネタが思い付いたので……


~部室~

にこ「練習するわよー」ガチャ

希「んー……」ピクッ

にこ「あら、希。早いのね」

希「すぅ……すぅ……」ピコピコ

にこ「……もしかして寝てる?」

希「んむ、にゃ……」モゾモゾ

にこ「ちょっと希、これから練習なんだから……」ポンポン

希「……にゃに?」モゾ

にこ「なにじゃないでしょ。なんで寝てるのよ」

希「まだ時間あるんやし……ここは気持ちいいから、にゃんだか眠たくにゃって……」

にこ「まあ、確かに今日は暖かいけど」

希「でしょ? ほにゃ、にこっちも一緒に寝よー」

にこ「寝ないわよ……そんなことして海未にバレたら怒られるじゃない」

希「ウチがいたらだいじょぶやから……にゃあ……ねよー……」ウツラウツラ

にこ「あんたねぇ……」

希「くぅ……」

にこ「もう寝てるし……」



926: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 23:35:49.72 ID:xillwHzn.net

希「ん~……」ピコピコ

にこ「……」

にこ(なんか耳がすごくピコピコしてる)

希「すぴー……」フリフリ

にこ(尻尾も……)

にこ(あ、そう言えば真姫が……)


真姫『猫って、眠っていてもすぐ起きると思わない? それには理由があるの』

真姫『猫にも人間と同じように、深い眠りと浅い眠りの周期があるんだけど、睡眠時間のほとんどを浅い眠りで過ごすと聞いたわ』

真姫『なぜかというと、猫は野生のときの習性で、どんなときでも常に警戒を怠らないようにしているの』

真姫『それは寝てるときも同じで、小さな物音を立てれば耳がピクリとそちらを向くし、音によってはすぐ飛び起きたりもするのよ。習性と言うよりは本能かしらね?』

真姫『飼い主が名前を呼ぶと、耳やしっぽをこちらに向けて返事してくれたりするわ』



にこ(なんて言ってたっけ……)

希「すぅ……」

にこ(……ふむ)



927: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 23:38:06.85 ID:xillwHzn.net

にこ「のぞみー」

希「くぅ……」ピクッ

にこ「おぉ」

希「すぅ……」

にこ「……」パチパチパチ

希「ん……」ピクッ

にこ(すごい……本当に寝てるのに聞こえてるみたいね)

にこ「いったいどんな耳してるのよ……」ツンツン

希「にゃっ……むぅ」ビクッ

にこ(髪の毛、ふわふわで気持ちいい……)ナデナデ

希「ん……すぅ……」ピコピコ

にこ(寝てるところを撫でると耳がピクピクするのね……)

希「むうぅ……」

にこ(表情も少し嫌そう……やめればいいんでしょ、もう)

希「すぅ……」



928: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 23:45:28.95 ID:xillwHzn.net

希「すー……」

にこ(人が手を離した途端に気持ちよさそうに……あ、そうだ)

にこ「……ふー」

希「ふぎゃっ!?」ガタッ

にこ「あ」

希「もー! さっきからにゃにするんよぉ!」

にこ「あ、あはは……猫の習性を確かめようと……」

希「人で遊ばんといてよにこっち!」

にこ「悪かったわよ、もうしないからゆっくり寝てなさい……ね?」ナデナデ

希「そんにゃのでまぎらわされ……へん……よ……」ピクッピクッ

にこ「ほらほら~」ナデナデ

希「……ん~♡」ゴロゴロ

にこ(ちょろいし可愛い……)ナデナデ

希「んにゃあ~♡♡」ゴロゴロ

にこ「ふふ、気持ちいいの? ここがいいの~?」ナデナデ

希「にゃあ♡」ゴロゴロ

にこ(こんなに喉鳴らして……ふふ、にこのテクニックにメロメロねぇ? 私以外にはこんなに気持ちよくなんて……)

ことり「私は希ちゃんをあやすにこちゃんにメロメロだよ~♡」

にこ「」

希「にゃ……?」

ことり「えへ♪」

にこ「……いつから?」

ことり「15分前くらいからかな~」

にこ「えー……」

ことり「ごめんね♪ あまりにも2人が可愛くて隠れてたの~」



929: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 23:51:30.68 ID:xillwHzn.net

希「ことりちゃん? おはよー……」

ことり「おはよ、希ちゃんっ」ナデナデ

希「にゃっ……♡」ゴロゴロ

にこ「!」

にこ(私だけじゃないですって!?)

ことり「にゃんにゃんにゃーん♪」ナデナデ

希「んー♪」

にこ(あの撫で方……かなり慣れてるわね)

にこ(……なんか悔しい)

ことり「ふふ、おやすみの邪魔しちゃってごめんね?」

希「ううん、だいじょぶ……」

にこ「そういえば、どうして私が来たときには寝てたのよ?」

希「今日はあったかいから……ちょっと早めに来てのんびりしてたんよ……」

にこ「ふぅん……まあ、昨日は寒かったものね」

ことり「うんうん、大違いだよね~」

希「だから、気持ちよくて…………」コクリコクリ

にこ「心地いい暖かさだものね」

ことり「猫は人間のようにうまく体温調節をするのが苦手で、自分の身を守るのに一番適した場所を探す本能があるの」

ことり「だから猫のいる場所が快適だという話の理由は、そういう自衛本能からきているの」

ことり「……って真姫ちゃんも言ってたよっ!」

にこ「なるほどね……だからここも快適だってわけら」

ことり「そうみたいだね~」



932: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 23:55:12.71 ID:xillwHzn.net

にこ「ポカポカしていい気持ちね。なんだか私まで眠くなってきた……」ノビー

ことり「少しだけ寝ててもいいよ? 海未ちゃんには私から言っておいてあげるから♪」

にこ「ほんと?」

ことり「うん♪」

にこ「そう……じゃあお言葉に甘えようかしら。ことり、クッション取ってくれる?」

ことり「どうぞ~」

にこ「ありがと」モフモフ

にこ「さて……」ポフッ

希「うちも~」ムギュ

にこ「ちょっと、あんたは自分のあるでしょ!」

希「にこっちのクッションの方が気持ちいいんやもん……ちょっと大きいんだし、ウチにも分けてほしいにゃ~」

にこ「だからってあんた……」

希「すぅ……すぅ……」ピコピコ

にこ「……ねえ、ことり」

ことり「い、いいんじゃないかな? 仲良しで♪」

にこ「な、なんか恥ずかしいじゃない……///」

ことり「猫ちゃんとお昼寝って思えば楽しいよっ」

にこ「ん……まあ、そうかしらね……オヒルジャナイケド…」

ことり「でしょ?」

にこ「しょーがないわねぇ……少しだけ分けてあげるわ。それじゃあちょっとだけお願いね」

ことり「はーい♪」

にこ「んー……」モフモフ

にこ「すう……すう……」

希「んにゃ……」スンスン

にこ「ん……」ピクッ

希「んふ……」モゾモゾ

にこ「くぅ……」

ことり「うふ♡♡」ニヤリ


後日、真姫と絵里の財布から諭吉が2人ずつ消えた

おしまい



933: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 23:56:33.81 ID:xillwHzn.net

ほんとあれだけ言ってたのにすみません……


書いてくれた人ありがとうございます、とてもよかったです!

また読ませてくださいな~


それでは、長い間ありがとうございました!


元スレ
希「猫ににゃってしもた……」