1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:40:42.150 ID:b6oc09Jb0.net

グラサン「特徴は、男性、身長およそ165cm、全裸で女物の下着を被っていたらしい」

グラサン「登下校はなるべく1人で行うな。特に女子は気をつけること。以上だ」

放課後

ヴィーネ「怖いわね…不審者」

ガヴリール「別に大丈夫だろ。いつも2人で行ってるだろ?」

ヴィーネ「そういう問題じゃないのよ!相手は男の人よ?偶然会っちゃったらマズいじゃない!」

ガヴリール「速く帰れば大丈夫だって。それに、さすがにこんな時間帯にはいないだろ」

ヴィーネ「そ、そうよね…」



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:41:15.423 ID:b6oc09Jb0.net

ガヴリール「不審者ってどうしてこんなにも堂々としてるんだろうな」

ヴィーネ「なんていうか…その…見てもらいたいんじゃない?」

ガヴリール「ああ…」

ガヴリール「異常だな」

ヴィーネ「異常よね」

ガヴリール「おっと、そんなこと話してる間にもう家だ」

ヴィーネ「不審者には会わなかったわね」

ガヴリール「お前まだ距離あるだろ?送ろうか?」

ヴィーネ「いや、いいわ。ありがとね」

ガヴリール「おう。気をつけて帰れよ」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:41:44.279 ID:b6oc09Jb0.net

ヴィーネ「1人になっちゃったわね…。速く帰りましょ」スタタタタ

ヴィーネ「!?」

おまえら「あぁ~。ヴィーネちゃ~ん」ハァハァ

おまえら「やっと会えたね。僕の天使ちゃん♡」ハァハァ

ヴィーネ「ひっ!」ゾゾゾッ

ヴィーネ「キャーッ!不審者ー!」

ヴィーネ「(ここだとまだガヴの家のほうが近いわ…!中に入れてもらうしかない!)」タタタタタッ

ヴィーネ「ガヴ!いる!?助けて!お願い!」ドンドン

ガヴリール「なんだヴィーネか。どうしたんだよ。そんな慌てて」

ヴィーネ「不審者が…不審者が…!」

ガヴリール「なんだって!?入れ!」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:42:29.959 ID:b6oc09Jb0.net

ガヴリールの家

ヴィーネ「あっ…ありがとう」

ガヴリール「いいよ。それにしてもこんな時間に不審者かよ…思ってたより狂ってるな…」

ヴィーネ「怖かった…怖かったよぅ…」エグ…ヒック…

ガヴリール「おお、よしよし。今日は泊まってけよ」

ヴィーネ「いいの…?」

ガヴリール「いいよ、別に」

ヴィーネ「ありがとう…」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:42:57.793 ID:b6oc09Jb0.net

ドンドンッ!

おまえら「酷いよぉ~逃げるなんて~。素直じゃないな~♡」

ガヴリール「来たか…」

ヴィーネ「ど、どうするの!?」

ガヴリール「…」ピポパ プルルルル…

ガヴリール「あ、緊急なんですけど。家の前に不審者がいるんで助けて下さい。住所は…」

緊急「直ちに向かわせます」

ガヴリール「お願いしまーす」



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:43:45.658 ID:b6oc09Jb0.net

ガヴリール「…よし。警察呼んだからもう大丈夫だぞ」

おまえら「なんだと!?卑怯だぞ!この野郎!」バタンバタン

ガヴリール「私は野郎じゃねぇよ。逃げんなら今の内だぞ」

おまえら「僕は諦めないぞ!ヴィーネちゃんの身体を端から端まで舐め回すんだ!」

ヴィーネ「ひっ!」

ガヴリール「まだ言うか…」

ウーッ!ファンファンファンファン



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:44:13.247 ID:b6oc09Jb0.net

ガヴリール「来たか。案外速いんだな」

おまえら「離せッ!何をするんだ!やめろ!」

警察「大人しくしろ!わいせつ物陳列材で現行犯逮捕だ!」

おまえら「覚えてろよ!貴様ら!次会った時は犯してやる!絶対にだ!」

ガヴリール「勝手に言っとけ!2度と出て来んな!」

警察「犯人逮捕にご協力頂き、ありがとうございます。つきましては、事情聴取の為、署までご同行願います」

ガヴリール「え?事情聴取?どうしてもやらなきゃダメっすか?」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:44:40.855 ID:b6oc09Jb0.net

警察「はい」

ガヴリール「マジかよ、面倒くせぇ~。イベント消化しないといけねえのに」

ヴィーネ「私だけではダメでしょうか…?」

警察「はい。関係した人たちには全員行なっております」

ヴィーネ「そうですか…。ガヴ、行くわよ」

ガヴリール「へいへい」



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:45:02.613 ID:b6oc09Jb0.net

翌日 放課後

ヴィーネ「(事情聴取は昨日中に終わったけど…授業もあって疲れたわ)」

サターニャ「ヴィネット!あんた不審者に襲われたんですって!?大丈夫?」

ヴィーネ「大丈夫よ…。でも、ちょっと疲れたわ…」

サターニャ「悪魔ともあろう者がだらしないわね~。私なら返り討ちにしてたわよ!」

ガヴリール「嘘つけ」

サターニャ「ガヴリール!?いつからいたのよ?」

ガヴリール「ついさっきからだよ。職員室に行かなきゃだしな」

ヴィーネ「そうなの。サターニャは先に帰ってて」

サターニャ「分かったわ!」タタタタタッ

ヴィーネ「廊下は走るんじゃないわよ~!」

ヴィーネ「…はぁ」

ガヴリール「大丈夫か?」

ヴィーネ「ええ、平気よ」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:45:29.836 ID:b6oc09Jb0.net

職員室

ガラララ

ガヴリール「失礼しまーす」

ヴィーネ「失礼します」

グラサン「来たか。まぁ、座れ」

グラサン「大変だったな、昨日は」

ガヴリール「折角のイベントが無駄になりました」

ヴィーネ『ガヴ!』

ガヴリール『分かってるよ』

グラサン「まさか不審者の狙いが月乃瀬だったとはな…。怖い思いをさせてしまったな」

ヴィーネ「いえ!先生が謝ることないですよ!」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:46:00.235 ID:b6oc09Jb0.net

グラサン「月乃瀬は相変わらず真面目だな。天真、月乃瀬を守ってくれてありがとな」

ガヴリール「友達だから当然っす」

グラサン「そうだな。後は大人の役目だ。もう行っていいぞ」

ガヴリール「失礼しましたー」

ヴィーネ「失礼しました!」

廊下

ガヴリール「グラサン、案外いい奴じゃないか」

ヴィーネ「サターニャが問題なだけで、基本は普通の教師よ?」

ガヴリール「そうだったな」

ヴィーネ「私たちも帰らないとね」

ガヴリール「カバン取りに行きますか」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 03:46:25.924 ID:b6oc09Jb0.net

一方、サターニャは…

サターニャ「ギャーッ!不審者ー!」

おまえら2「サターニャちゃん♡待って~♡」

おしまい


元スレ
【ガヴドロ】グラサン「最近ここら辺に不審者が出没している」